サスペンス映画のネタバレ

「インビテーション」のネタバレあらすじ結末

インビテーション(別題:不吉な招待状)の紹介:2015年アメリカ映画。事故で息子を死なせたことが原因で離婚したウィルの元に、2年間音信不通だった元妻からホームパーティへと招待されます。恋人のキラと家に行くと、昔からの友人たちと元妻の知り合いがいました。パーティが進むにつれ、妻たちはカルト教団の話ばかりしてウィルたちを洗脳し始めますが…という内容の不条理スリラーです。映画の流れからは連想できないラストが見ものです。
監督:カリン・クサマ 出演者:ローガン・マーシャル=グリーン(ウィル)、タミー・ブランチャード (エデン)、エマヤツィ・コーリナルディ(キーラ)、エイデン・ラヴカンプ(タイ)、ミシェル・クルージ(ジーナ)、マイク・ドイル(トミー)、トビー・ハス(ジョセフ教祖)、ジェイ・ラーソン(ベン)ほか

「ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男」のネタバレあらすじ結末

ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男の紹介:2019年アメリカ映画。1998年、オハイオ州。名門法律事務所の企業弁護士ロブ・ビロットは、突然やってきた祖母の知人だというウィルバー・テナントから調査依頼を受ける。 大手化学メーカー、デュポン社の工場から出された廃棄物によって190頭もの牛を病死させられたというのだ。最初乗り気ではなかったロブも事態の深刻さに気付き始める。そして調査の結果、デュポン社は有害物質の危険性を40年間も隠蔽し、大気中や土壌へ垂れ流してきた。ロブは7万人を原告団とし集団訴訟に踏み切った。原作はニューヨークタイムズ・マガジン紙に掲載された記事。自らも環境保護活動に取り組むマーク・ラファロが記事を読み、ロバート・ビロット氏本人に連絡し映画化が実現した。
監督:トッド・ヘインズ 出演:マーク・ラファロ(ロブ・ビロット)、アン・ハサウェイ(サラ・バーレイジ・ビロット)、ティム・ロビンス(トム・タープ)、ビル・キャンプ(ウィルバー・テナント)、ヴィクター・ガーバー(フィル・ドネリー)、メア・ウィニンガム(ダーリーン・カイガー)、ウィリアム・ジャクソン・ハーバー(ジェームス・ロス)、ルイーザ・クラウゼ(カルラ・ファイファー)、ビル・プルマン(ハリー・ディーツラー)ほか

「キラー・サスペクト」のネタバレあらすじ結末

キラー・サスペクトの紹介:2016年イギリス映画。大手銀行での大掛かりな詐欺事件が発覚し、ブレンダンが逮捕されました。しかし証拠も何もない事から、BCAは特殊能力を持つガブリエルを採用し、秘密を知っているはずのブレンダンの恋人エマを探し始めますが…という内容の、クライムサスペンス映画です。
監督:トム・ローズ 出演者:ジョー・ウッドコック(エマ)、コスモ・ジャービス(ガブリエル)、ジェームズ・コスモ(ロジャー・ダニエルズ)、リー・ボードマン(ウォルコット)、リズ・メイ・ブライス(ウォーカー)、リチャード・コーデリー(ジョン・ヒューズ)ほか

「誘拐報道」のネタバレあらすじ結末

誘拐報道の紹介:1982年日本映画。1980年1月に発生した「宝塚市学童誘拐事件」、ならびに同事件を取り上げたドキュメンタリー「誘拐報道」を原作として映画化した社会派サスペンス作品です。
監督:伊藤俊也 出演者:萩原健一(古屋数男)、小柳ルミ子(古屋芳江 )、高橋かおり(古屋香織)、岡本富士太(三田村昇)、秋吉久美子(三田村緋沙子)、和田求由(三田村英之)、宅麻伸(滝耕太郎)、藤谷美和子(津島友子)、高沢順子(ヒロミ)、池波志乃(庄司のぶ代)、中尾彬(森安泰明)、三谷昇(借金取り)、伊東四朗(遠藤警部)、平幹二朗(剣持県警捜査第一課長)、賀原夏子(数男の母)、湯原昌幸(久保信次)、松尾嘉代(ハルエ)、亜湖(ホステス)、三波伸介(大西支局長)、丹波哲郎(土門社会部長)、大和田伸也(渡辺キャップ)、小倉一郎(字野記者)、宮内洋(A社キャップ)、なべおさみ(宝塚直配所々長)、橋爪功(耕太郎の同僚)、藤巻潤(服部刑事企画課長)、菅原文太(光宗パイロット)、渥美国泰(警察広報)ほか

「行方不明」のネタバレあらすじ結末

行方不明の紹介:2012年日本映画。とある無人島を訪れた映画同好会の一向は、映画撮影中にぽつりと佇む神社を見つける。神が祀られているという噂のある神社に足を踏み入れてしまう。しかし、その神社は一度入ると二度とこの島から出られなくなるという言い伝えがあるいわくつきの神社だった…。
監督: 川野浩司 出演:高田里穂(高田里穂)、木ノ本嶺浩(信田)、神崎詩織(真子)、佐伯大地(裕行)、宮沢なお(希)、喜多陽子(ひかり)、佐藤良洋、津田寛治、なだぎ武(先生)、ほか

「パーフェクト・ケア」のネタバレあらすじ結末

パーフェクト・ケアの紹介:2020年アメリカ映画。判断能力が不十分と判決された高齢者を保護し支援する制度、法定後見人。完璧なケアで裁判所からの信頼も厚い法定後見人マーラの正体は、合法的に高齢者の資産を搾り取る悪徳後見人だった。そんなマーラが次のターゲットに狙ったのは資産家の老女ジェニファー。身寄りがなく格好の餌食となるはずが、彼女の背後にはロシアン・マフィアの存在があった…。
監督:J・ブレイクソン 出演:オザムンド・パイク(マーラ・グレイソン)、ピーター・ディンクレイジ(ローマン)、エイザ・ゴンザレス(フラン)、ダイアン・ウィースト(ジェニファー・ピーターソン)ほか

「悪なき殺人」のネタバレあらすじ結末

悪なき殺人(別題:動物だけが知っている)の紹介:2019年フランス,ドイツ映画。フランスの山中にある寒村でひとりの女性が謎の失踪後、殺害された。農夫ジョゼフ、ジョゼフと不倫する女アリス、妻のアリスに隠れてネット恋愛をする夫ミシェル、その相手とされるマリオン、そして遠く離れたアフリカで詐欺を行うアルマン。秘密を抱えた5人の男女がひとつの殺人事件を介して絡まり合っていく。フランスの雪深い山間の田舎で起きた事件は遠くアフリカとつながっていた。偶然という必然を目の当たりにし、人間の本能、滑稽さ、運命の危うさの一部始終を描く。東京国際映画祭で観客賞を受賞し、セザール賞では脚色賞と助演女優賞にノミネートされた。
監督:ドミニク・モル 出演:ドゥニ・メノーシェ(ミシェル)、ロール・カラミー(アリス)、ダミアン・ボナール(ジョゼフ)、ナディア・テレスキウィッツ(マリオン)、バスティアン・ブイヨン(セドリック)、ギイ・ロジェ・ビビーゼ・ンドゥリン(アルマン)、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ(エヴリーヌ)ほか

「CUBE 一度入ったら、最後」のネタバレあらすじ結末

CUBE 一度入ったら、最後の紹介:2021年日本映画。密室サスペンスの先駆けとなったカナダ映画の「CUBE」を日本版のキャストでリメイクした作品。CUBEの監督のヴィンチェンゾ・ナタリが監修したことも話題になりました。菅田将暉や斎藤工、杏等の豪華キャストが演じています。
監督:清水康彦 出演:菅田将暉(後藤裕一)、杏(甲斐麻子)、岡田将生(越智真司)、田代輝(宇野千陽)、斎藤工(井手寛)、吉田鋼太郎(安東和正)、山時聡真、ほか

「意のままに」のネタバレあらすじ結末

意のままにの紹介:2021年アメリカ映画。元婚約者と別れたジェンは、無職となり前向きに生きることが困難になってしまいます。そんなときに親友からコリン・ミード博士を紹介され、催眠療法を受けることに。それによって元気になったジェンでしたが、ある日突然意識を失い、目覚めると事件が起こります。
監督: マット・エンジェル、スザンヌ・クゥート 出演: ケイト・シーゲル(ジェン)、ジェイソン・オマラ(コリン・ミード)、デュレ・ヒル(ロリンズ刑事)、ハイメ・M・カリカ(ブライアン)、ルーシー・ゲスト(ジーナ)、ほか

「殺人鬼から逃げる夜」のネタバレあらすじ結末

殺人鬼から逃げる夜の紹介:2021年韓国映画。人を殺すことを快楽にしている連続殺人鬼のドシクに狙われたのは、聴覚障害のあるギョンミでした。殺人鬼が忍び寄る音も聞こえない、助けを呼ぶ声も誰にも届かない、極限の恐怖がギョンミを襲います。ギョンミが体験したスリリングな夜を描いています。
監督:クォン・オスン 出演:チン・ギジュ(ギョンミ)、ウィ・ハジュン(ドシク)、パク・フン(ジョンタク)、キル・ヘヨン(ギョンミの母)、キム・ヘユン(ソジュン)、ほか

「イントルージョン/侵入」のネタバレあらすじ結末

イントルージョン/侵入の紹介:2021年アメリカ映画。新居に引っ越してきた夫婦を突如襲う侵入者。難を逃れひと安心という所に、そこから衝撃の真実が主人公を襲います。なぜ襲われるのか、徐々に明らかになる真実がさらに話をスリリングなものに変えていき、非常に楽しめます。
監督:アダム・サルキー 出演:フリーダ・ピント(ミーラ)、ローガン・マーシャル=グリーン(ヘンリー)、ロバート・ジョン・バーク、メーガン・エリザベス・ケリー、ほか

「サイトレス」のネタバレあらすじ結末

サイトレスの紹介:2020年アメリカ映画。失明したエレンは、視覚に頼らない生活に慣れる指導を受けていたが、隣室で虐待されていると思しき女性と接触したことで、自分の置かれた状況に疑念を持ち始める…。
監督:クーパー・カール 出演者:マデリン・ベッチ(エレン)、アレクサンダー・コック(クレイトン)、ディセンバー・エンスミンガー(ラナ)、リー・ジョーンズ(ルッソ)、ほか

「グッドボタン 暴走する若者たち」のネタバレあらすじ結末

グッドボタン 暴走する若者たちの紹介:2020年アメリカ映画。SNSで人気者になりスクールカーストを賭けた戦いをする若者たちは、人気上位の同級生を蹴落とし始める。数多くのグッドボタン欲しさに若者たちの行動はどんどんエスカレートしていき、不注意で同級生を転落死させてしまうのだった…。
監督:ニック・エヴァーハート 出演者:ニッキー・ウェラン(グウェン)、マッケンジー・ヴェガ(ケリー)、ローラ・ウィッジンズ(マディ)、ケイティ・チャング(エヴァ)、ウィル・ペルツ(カート)、カーラ・ロイスター(サーシャ)、ほか

「コリーニ事件」のネタバレあらすじ結末

コリーニ事件の紹介:2019年ドイツ映画。ドイツの弁護士作家フェルディナント・フォン・シーラッハのベストセラー小説を完全映画化したのが本作です。ナチスドイツの負の遺産をテーマとし、時代に苦しめられた人達を中心に彼らと正義のために動く主人公ライネンの頑張りに目を奪われます。
監督:マルコ・クロイツパイントナー 出演:エリアス・ムバレク(カスパー・ライネン)、アレクサンドラ・マリア・ララ(ヨハナ・マイヤー)、ハイナー・ラウターバッハ(リヒャルト・マッティンガー)、マンフレート・ツァパトカ(ハンス・マイヤー)、ヤニス・ニーヴーナー(若い頃のハンス・マイヤー)、ライナー・ボック(ライマース)、カトリン・シュトリーベック(裁判長)、ピヤ・シュトゥッツェンシュタイン(ニーナ)、フランコ・ネロ(ファブリツィオ・コリーニ)、ほか

「THE GUILTY/ギルティ」のネタバレあらすじ結末

THE GUILTY/ギルティの紹介:2021年アメリカ映画。アメリカ、ロサンゼルスの911コールセンターで働くジョー。事務的に電話を処理していく仕事に疲弊しています。そんなジョーの元に、ある女性から緊急の911がかかってきます。命が危ない女性を助けるため、ジョーはあの手この手で必死になりますが‥‥。2018年のデンマーク映画『THE GUILTY』 をハリウッドがリメイクしたスリラー映画です。
監督: アントワーン・フークア 出演:ジェイク・ギレンオール(ジョー)、ライリー・キーオ(エミリー)、ピーター・サルスガード(ヘンリー)、イーサン・ホーク(ビル)、イーライ・ゴリー(リック)、クリスティアナ・モンターナ(アビー)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 96

キーワードから探す

TOP↑