ラブストーリー映画のネタバレ

恋愛映画、ラブストーリー映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のラブストーリー映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「毛皮のエロス」のネタバレあらすじ結末

毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイトの紹介:2006年アメリカ映画。ドキュメンタリー写真の異才、ダイアン・アーバスを題材にしたオマージュであるこの作品はフリークスに引かれた女性写真家の内面をミステリアスに描いた作品です。
監督:スティーヴン・シャインバーグ 出演:ニコール・キッドマン(ダイアン・アーバス)、ロバート・ダウニー・Jr(ライオネル)、タイ・バーレル(アラン・アーバス)、ハリス・ユーリン(デヴィッド・メネノフ)、ジェーン・アレクサンダー(ガートルード)、ほか

「スコルピオンの恋まじない」のネタバレあらすじ結末

スコルピオンの恋まじないの紹介:2001年アメリカ映画。犬猿の仲の男女が催眠術にかけられたことで恋に落ちていく様を描いた大人のロマンティックコメディ。1940年代のニューヨークを舞台に、往年のハリウッド映画へのオマージュが散りばめられた作品です。
監督:ウディ・アレン 出演者:ウディ・アレン(C・W・ブリッグス)、ヘレン・ハント(ベティ=アン・フィッツジェラルド)、シャーリーズ・セロン(ローラ・ケンジントン)、ダン・エイクロイド(クリス・マグルーダー)、エリザベス・バークレー(ジル)、ほか

「夏の終り」のネタバレあらすじ結末

夏の終りの紹介:2012年日本映画。作家・瀬戸内寂聴が出家前の「瀬戸内晴美」時代に執筆した同名小説を映画化したものです。キャッチコピーは「だって、愛してるの。」で、瀬戸内自身の体験をもとに2人の男との三角関係に苦悩する女の姿を描いた恋情ドラマです。
監督:熊切和嘉 出演:満島ひかり(相澤知子)、綾野剛(木下涼太)、小林薫(小杉慎吾)、赤沼夢羅(鞠子)、安部聡子(小杉ゆき)、ほか

「ランド・オブ・ウーマン/優しい雨の降る街で」のネタバレあらすじ結末

ランド・オブ・ウーマン/優しい雨の降る街で の紹介:2007年アメリカ映画。看病を言い訳に、祖母の暮らす街に引っ越してきた男性が、向かいに住む母娘と出会うことで失恋を癒し、新しい道へ進んでいくというストーリー。
監督:ジョナサン・カスダン 出演:アダム・ブロディ(カーター・ウェブ)、クリステン・スチュワート(ルーシー・ハードウィック)、メグ・ライアン(サラ・ハードウィック)、オリンピア・デュカキス(フィリス)、マッケンジー・ヴェガ(ペイジ・ハードウィック)、ほか

「ある日モテ期がやってきた」のネタバレあらすじ結末

ある日モテ期がやってきたの紹介:2010年アメリカ映画。自分に自信のないカークの前に現れたのは完璧な女性モリー、愛を深めて行く中でもカークは常に不安を隠せない。その心を仲の良い同僚3人に支えられながら乗り越えて行くというラブコメディ。カークの同僚が最高だが家族もそれぞれとても良い味を出していて心温まる作品です。
監督:ジム・フィールド・スミス 出演:ジェイ・バルシェル(カーク・ケトナー)、アリス・イヴ(モリー・マクレイッシュ)、T・J・ミラー(ステイナー/ウェンデル)、マイク・ヴォーゲル(ジャック)、ネイト・トレンス(デヴォン)、クリステン・リッター(パティ)、ほか

「鍵」のネタバレあらすじ結末

鍵の紹介:1959年日本映画。谷崎潤一郎の同名小説を題材にした作品。精力減退に悩む初老の古美術鑑定家は娘の婚約者に妻を誘惑させることで欲望を取り戻そうとする。名匠市川崑監督が描くセンセーショナルかつ官能的なサスペンス映画です。第13回カンヌ国際映画祭にて審査員賞を勝ち取りました。
監督:市川崑 出演者:中村鴈治(剣持)、京マチ子(郁子)、仲代達矢(木村)、叶順子(敏子)、北林谷栄(はな)、菅井一郎(石塚)、倉田マユミ(小池)、ほか

「親愛なるきみへ」のネタバレあらすじ結末

親愛なるきみへの紹介:2010年アメリカ映画。わずか2週間の休暇中に恋に落ちた兵士と女子大生。愛し合いながらも遠く離れた時間の長さが2人の運命を大きく変えていく、せつないラブストーリー。
監督:ラッセ・ハルストレム キャスト:チャニング・テイタム(ジョン・タイリー)、アマンダ・サイフリッド(サヴァナ・リン・カーティス)、ヘンリー・トーマス(ティム・ウェッドン)、スコット・ポーター(ランディ)、リチャード・ジェンキンス(ミスター・タイリー)、ほか

「いきなり先生になったボクが彼女に恋をした」のネタバレあらすじ結末

いきなり先生になったボクが彼女に恋をした の紹介:2016年日本映画。『SUPER JUNIOR』のリードボーカル・イェソンと佐々木希が、沖縄を舞台に繰り広げるコメディタッチのラブロマンス。失恋した上に会社も潰れてしまったヨンウンと、韓国語が出来なければクビになってしまうシングルマザーのさくらが、韓国語の教師と生徒として出会い、徐々に距離を縮めていく。
監督:朝原雄三 キャスト:イェソン(イ・ヨンウン)、佐々木希(山城さくら)、佐藤正宏(川本)、ふせえり(小百合)、武野功雄(植木社長)、カン・ドングン(チェ社長)、吹越満(カラオケバーのマスター)、ほか

「最後に恋に勝つルール」のネタバレあらすじ結末

最後に恋に勝つルールの紹介:2005年アメリカ映画。空港前で彼らしき男性と喧嘩をして空港に向かった女性が気になり、写真に収めたオリバー。その彼女エミリーに飛行中にトイレに押し入られ、その後又偶然に何度も再会をして6年と6ヶ月という長い月日をかけ結ばれるというロマンティックコメディ。
監督:ナイジェル・コール キャスト:アシュトン・カッチャー(オリヴァー・マーティン)、アマンダ・ピート(エミリー・フリーエル)、タリン・マニング(エミリーの親友 ジーナ)、アリ・ラーター(エミリーの親友 ジーナ)、キャスリン・ハーン(エミリーの親友 ミシェル)、ほか

「伊豆の踊子(吉永小百合主演)」のネタバレあらすじ結末

伊豆の踊子の紹介:1963年日本映画。川端康成の同名小説を4度目の映画化。旅の途中で出会った学生と踊子との淡い恋を描く文芸ロマンス。あてのない旅を続けていた川崎は、伊豆で旅芸人の一行と出会った。あどけなさを残す純真無垢な踊子の薫に惹かれる川崎。薫も川崎に思いを寄せるが、身分の違う2人にはやがて別離が訪れる。
監督:西河克己 出演:高橋英樹(川崎 / 高校生)、吉永小百合(薫 / 踊り子)、大坂志郎(栄吉 / 踊り子の兄)、堀恭子(千代子 / その妻)、浪花千栄子(お芳 / 母親)、茂手木かすみ(百合子 / 雇い娘)、十朱幸代(お清 / 湯ケ野の酌婦)、南田洋子(お咲 / 湯ケ野の酌婦)、ほか

「恋は雨上がりのように」のネタバレあらすじ結末

恋は雨上がりのように の紹介:2018年日本映画。眉月じゅん原作の同名コミックを「帝一の國」「世界から猫が消えたなら」の永井怜が実写化。冴えないファミリーレストランの店長に片想いする女子高生の恋を描く。店長を「アイアムアヒーロー」の大泉洋、女子高生を「乾き。」の小松菜奈が演じる。
監督:永井聡 キャスト:小松菜奈(橘あきら)、大泉洋(近藤正己)、清野菜名(喜屋武はるか)、磯村勇斗(加瀬亮介)、葉山奨之(吉澤タカシ)、松本穂香(西田ユイ)、山本舞香(倉田みずき)、篠原篤(大塚)、濱田マリ(久保佳代子)、戸次重幸(九条ちひろ)、吉田羊(橘ともよ)、ほか

「裸足で散歩」のネタバレあらすじ結末

裸足で散歩の紹介:1967年アメリカ映画。新婚カップルが引き起こす様々な騒動をユーモアたっぷりに描いたコメディ映画。ロバート・レッドフォードとジェーン・フォンダが夫婦役を演じたことで話題になりました。
監督:ジーン・サックス 出演者:ロバート・レッドフォード(ポール・ブラッター)、ジェーン・フォンダ(コリー・ブラッター)、シャルル・ボワイエ(ヴィクター・ヴァレスコ)、ミルドレッド・ナトウィック(エセル・バンクス)、ハーブ・エデルマン(ハリー・ペッパー)、メイベル・アルバートソン(ハリエット)、ほか

「恋するインターン 現場からは以上です!」のネタバレあらすじ結末

恋するインターン ~現場からは以上です!~の紹介:2015年韓国映画。就職活動が終わりやっと就職できたのは三流新聞社。そこで初日に経験した事は非常に厳しい現実であり、見習いにも決して甘くない部長の態度そしてその部長から記者としての責任感を植え付けられ、一人前の記者に成長する過程と新聞社内でのリストラや上からの圧力による様をリアルに描いた中身の濃い作品です。
監督:チョン・ギフン 出演:パク・ボヨン(ト・ラヒ)、チョン・ジェヨン (ハ・ジェグァン)、チン・ギョン(チャン代表)、オ・ダルス(局長)、ペ・ソンウ(ハン・ソヌ)、ユン・ギュンサン(ジハン)、ほか

「ラブ×ドック」のネタバレあらすじ結末

ラブ×ドックの紹介:2017年日本映画。30過ぎてからは女として生きるにしてもかわいいだけじゃダメ。仕事や恋にと色々傷つくことも多くなり頭打ちに。それでも諦めずに頑張るパティシエの剛田飛鳥は、ある日ネットで不思議な恋愛クリニック「ラブドック」を見つける。そこには遺伝子レベルでその人の恋愛傾向や恋愛体質を調べて危険な恋愛を阻止できる注射があるという。若いときとは違う恋愛でちょっとカッコ悪かったり、あせったり、疑ったり、期待したりしながらそれでも全力で幸せになろうとするラブコメディ。
監督:鈴木おさむ 出演:吉田羊(剛田飛鳥)、野村周平(花田星矢)、大久保佳代子(細谷千種)、篠原篤(権田健一)、唐田えりか(上田美咲)、川畑要(卓球バーの店長)、山田純大(飛鳥の元カレ)、音尾琢真(飛鳥の元同僚)、大鶴義丹(熱帯魚屋の店長)、成田凌(桜木美木)、広末涼子(冬木玲子)、吉田鋼太郎(淡井淳治)、玉木宏(野村俊介)、ほか

「きみがぼくを見つけた日」のネタバレあらすじ結末

きみがぼくを見つけた日の紹介:2009年アメリカ映画。きみがぼくを見つけた日の紹介:幼少期のとあるきっかけでタイムトラベルの能力を持ってしまった主人公。行き先もタイミングも全くわからない能力に翻弄される主人公の前に、自分の事を知っている見知らぬ女性が現れた。
監督:ロベルト・シュヴェンケ 出演:エリック・バナ(ヘンリー)、レイチェル・マクアダムス(クレア)、アーリス・ハワード(リチャード・デタンブル)、ロン・リヴィングストン(ゴメス)、スティーヴン・トボロウスキー(デヴィッド・ケンドリック医師)、ジェーン・マクリーン(チャリス)、ブルックリン・プルー(少女時代のクレア)、ほか

1 2 3 4 5 33
TOP↑