ラブストーリー映画のネタバレ

恋愛映画、ラブストーリー映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のラブストーリー映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「古都(1963年)」のネタバレあらすじ結末

古都の紹介:1963年日本映画。川端康成の新聞小説を名匠中村登が映画化。赤ん坊の頃から別々の環境で育てられた双子の美しい姉妹が偶然出会うという物語で、その背景となる京都の風物を丹念に映している点が最大の魅力。武満徹の音楽が秀逸。
監督:中村登 出演:岩下志麻(千重子、苗子)、宮口精二(佐田太吉郎)、中村芳子(佐田しげ)、長門裕之(大友秀男)、吉田輝雄(水木竜助)、早川保(水木真一)、ほか

「美しさと哀しみと」のネタバレあらすじ結末

美しさと哀しみとの紹介:1965年日本映画。川端康成の小説を篠田正浩が映画化。エロチックで特異なストーリーを忠実に映像に移し替えていて、川端自身が映画化作品の中で最も好んでいたとされている。デビューまもない加賀まりこが魅力的。
監督:篠田正浩 出演:山村聡(大木年雄)、加賀まりこ(坂見けい子)、八千草薫(上野音子)、渡辺美佐子(大木文子)、山本圭(大木太一郎)、杉村春子(音子の母)、ほか

「落葉とくちづけ」のネタバレあらすじ結末

落葉とくちづけの紹介:1969年日本映画。大学時代演劇部のヒロインだった信子は卒業後CM女優をしていました。信子の周りには大学時代から付き合いのある水谷たち5人組がいつもそばにいます。そんな時、信子の彼氏だったというジュンという青年が現れます。覚えのない信子にジュンは2年前に記憶喪失になっているんだと言いますが…という内容のヴィレッジ・シンガーズ、オックスの共演とヒット曲に合わせたラブストーリーです。ラストはミステリー映画並みのどんでん返しがあります。
監督:斎藤耕一 出演者:ヴィレッジ・シンガーズ、オックス、尾崎奈々(田代信子)、藤岡弘(ジュン)、香山美子(亜紀)、早瀬久美(田代悦子)ほか

「第3の愛」のネタバレあらすじ結末

第3の愛の紹介:2016年中国映画。大財閥の若き御曹司が出逢ったのは、自分の会社で起きたトラブルを担当する女性弁護士でした…。上海を舞台に、最初は反目し合っていた男女がいつしか惹かれ合う姿を描いた美しく切ない中国発の大人のラブストーリーです。監督は『私の頭の中の消しゴム』などを手掛けたイ・ジェハンが勤め、韓国のソン・スンホンと中国のリウ・イーフェイという二大スターがダブル主演を果たしています。
監督:イ・ジェハン 出演者:ソン・スンホン(リン・チージョン)、リウ・イーフェイ(ゾウ・ユー)、モン・ジア(ゾウ・ユエ)、オウ・ハンシェン(ガオ・ジャンチー)、ジェジー・ジャン(ジャン・シンヤオ)ほか

「カフェ・オ・レ」のネタバレあらすじ結末

カフェ・オ・レの紹介:1993年フランス映画。異人種間で繰り広げられる三角関係を描いたロマンス&コメディ。貧乏なユダヤ人青年フェリックスと、アフリカ某国外交官の息子でエリート大学生のジャマル。一切接点の無い2人には、ひとつだけ共通点があった。2人は同じ黒人女性と交際していたのだ。二股をかけていた恋人ローラは妊娠していることを明かし、産みたいと言い出した。どちらが子どもの父親なのか分からないまま、対立するフェリックスとジャマル。しかしローラをサポートする内に、いつしか不思議なシンパシーを感じるようになる。
監督:マチュー・カソヴィッツ 出演者:ジュリー・モデュエシュ(ローラ)、ユベール・クンデ(ジャマル)、マチュー・カソヴィッツ(フェリックス)、ヴァンサン・カッセル(マックス)、タデック・ロクチンスキー(フェリックスの祖父)ほか

「きみの瞳が問いかけている」のネタバレあらすじ結末

きみの瞳が問いかけているの紹介:2020年日本映画。盲目の柏木明香里と元キックボクサーの篠崎塁は、運命的な出会いを果たしながらも、それぞれ深い過去の傷を背負っていた。互いの関係が進展していく中で、知り合う前の記憶が蘇り、互いに共通する過去と対峙することになります。チャールズチャップリンの「街の灯」をリスペクトしたとされる韓国の映画作品「ただ君だけを」を原作にし、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」で知られる三木孝浩監督が手掛ける意欲作品。
監督:三木孝浩 出演:吉高由里子(柏木明香里)、横浜流星(篠崎塁)、やべきょうすけ(原田陣)、田山涼成(大内会長)、野間口徹(尾崎隆文)、岡田義徳(坂本晋)、奥野瑛太(久慈充)、般若(金井)、森矢カンナ(麻衣子)、三船海斗(レン)、坂ノ上茜(津ノ森恵子)、町田啓太(佐久間恭介)、風吹ジュン(大浦美恵子)、ほか

「ソフィー・マルソーの愛人日記」のネタバレあらすじ結末

ソフィー・マルソーの 愛人日記の紹介:1991年フランス映画。芸術家が集うジョルジュ・サンドの館で繰り広げられる愛人ショパン、娘ソランジュらとの愛と確執を描く。ショパン役のヤヌーシュ・オレイニチャクは18歳でショパン・コンクールに入賞し、「戦場のピアニスト」でも音楽を担当したピアニスト。
監督:アンジェイ・ズラウスキー 出演:ソフィー・マルソー(ジョルジュの娘ソランジュ・サンド)、マリー=フランス・ピジェ(ジョルジュ・サンド)、ヤヌーシュ・オレイニチャク(フレデリック・ショパン)、フェオドール・アトキン(ウジェーヌ・ドラクロワ)、ほか

「いつも2人で」のネタバレあらすじ結末

いつも2人での紹介:1967年アメリカ,イギリス映画。イギリスに暮らす夫婦の6回にわたるフランス旅行。二人を結び付けたヒッチハイクの旅、夫の元ガールフレンドの一家との旅、オンボロ自動車に苦しんだ記念日の旅、夫だけで仕事に行った旅、娘を連れての旅、そして関係が冷えきった二人の旅。6つの時間軸を交錯させながら夫婦の軌跡を描いた野心作。アルバート・フィニーとオードリー・ヘップバーンが夫婦を演じる。オードリーは『パリの恋人』、『シャレード』に続いてスタンリー・ドーネン監督と3度目のタッグを組む。脚本は『ダーリング』の脚本でアカデミー賞を受賞したフレドリック・ラファエル。音楽はヘンリー・マンシーニ。ジャクリーン・ビセットの初期の出演作ですが、彼女の声は吹替だそうです。
監督:スタンリー・ドーネン 出演者:オードリー・ヘップバーン(ジョアンナ・ウォレス)、アルバート・フィニー(マーク・ウォレス)、ウィリアム・ダニエルズ(ハワード・マンチェスター)、エレノア・ブロン(キャシー・マンチェスター)、クロード・ドーファン(モーリス)、ナディア・グレイ(フランソワーズ)、ジャクリーン・ビセット(ジャッキー)、ほか

「45歳からの恋の幕アケ !!」のネタバレあらすじ結末

45歳からの恋の幕アケ !!の紹介:2013年アメリカ映画。ジュリアン・ムーア演じる孤独な女教師が、劇作家を目指す元教え子の力になろうと奮闘すると同時に、自らも変わっていく様を描いたラブコメディ。
監督:クレイグ・ジスク 出演:ジュリアン・ムーア(リンダ)、マイケル・アンガラノ(ジェイソン)、グレッグ・キニア(トム)、リリー・コリンズ(ハリー)、ネイサン・レイン(カール)、ほか

「ジュリアン・ポーの涙」のネタバレあらすじ結末

ジュリアン・ポーの涙(別題:愛しのジュリアン)の紹介:1997年アメリカ映画。人生に疲れ旅に出た男性が閉鎖的な田舎町にたどり着き、死に向き合う姿を描いたロマンス作品。ジュリアンは海を見るため、鞄ひとつで1人きりの旅を続けていた。とある田舎町で宿を取ったところ、町の住人達から異様に敵視されてしまう。住人達はジュリアンを犯罪者と邪推し、集団で町に来た理由を問い詰めてきた。ジュリアンは咄嗟に自殺するためだと答えてしまう。すると住人達は急に態度を変え、優しく親切になった。偉大な決断をした人物と持て囃され、引っ込みがつかなくなったジュリアン。そんな折、彼はサラという少女と出会い運命的な恋に落ちる。
監督:アラン・ウェイド 出演者:クリスチャン・スレーター(ジュリアン・ポー)、ロビン・タニー(サラ)、チェリー・ジョーンズ(ルーシー)、フランキー・フェイソン(レオン)、アリソン・ジャネイ(ライラ・リーチ)ほか

「Hello,My Love」のネタバレあらすじ結末

Hello,My Love(ハローマイラブ)の紹介:2009年韓国映画。結婚を約束した彼氏のウォンジェが2年ぶりにパリから帰って来ました。ウォンジェは後輩というドンファという青年を連れています。プロポーズを待つホジョンは、ウォンジェとドンファがゲイの関係であることを知ってしまい、ウォンジェからドンファを遠ざけるために、ドンファと肉体関係を結びますが・・・という同性愛者とのはざまで揺れ動く女心を描いたラブストーリーです。
監督:ダニー・ラーナー 出演者:チョ・アン(ホジョン)、ミンソク(ウォンジェ)、リュ・サンウク(ドンファ)、キム・ミンギョ(パク)、ヤン・ウニョン(ジニョン)ほか

「ウェディング・バンケット」のネタバレあらすじ結末

ウェディング・バンケットの紹介:1993年台湾,アメリカ映画。ニューヨークで成功をおさめて帰化したゲイの台湾人青年ウェイトンと、その恋人の白人青年サイモン。そして永住権であるグリーンカードを得るためにサイモンの妻となった中国人女性ウェイウェイを含めた愛のストーリー。同性愛、人種等の様々な問題を取り上げた作品でもあります。
監督:アン・リー 出演:ウィンストン・チャオ(ウェイトン)、ミッチェル・リヒテンシュタイン(サイモン)、メイ・チン(ウェイウェイ)、ロン・ション(ウェイトンの父)、グア・アーレイ(ウェイトンの母)、ほか

「ブリミングウィズラブ 幸せを呼ぶカフェ」のネタバレあらすじ結末

ブリミング・ウィズ・ラブ 幸せを呼ぶカフェの紹介:2018年アメリカ映画。運命の人と出会わせてくれる店主がいるという縁結びのカフェを取材することになったライター志望のヒロインが、自らの心の傷を乗り越えながら仕事と恋を成就させるまでを描いたロマンティック・ストーリー。
監督:W・D・ホーガン 出演:ケルシー・アスビル(アリー・モーガン)、ジョナサン・ケルツ(サム・ジェンソン)、ジェイフェス・ゴードン(エリック・スタファー)、アレクサンドラ・メッツ(ミア・バード)、ほか

「ブルー・ジェイ」のネタバレあらすじ結末

ブルー・ジェイの紹介:2016年アメリカ映画。ブルージェイの紹介:高校生の時に付き合っていたジムとアマンダは、偶然地元のスーパーで再会します。そのまま2人はカフェへ行ったり、2人の思い出の場所を巡ったりして、当時に戻ったかのように楽しみますが・・・。『アメリカン・ホラーストーリー』で常連のサラ・ポールソンがアマンダを演じます。
監督:アレックス・レーマン 出演:マーク・デュプラス(ジム・ヘンダーソン)、サラ・ポールソン(アマンダ・ストーン)、クルー・ギャラガー(ウェイニー)ほか

「クレールの膝」のネタバレあらすじ結末

クレールの膝の紹介:1970年フランス映画。エリック・ロメール監督の「六つの教訓物語」の第5話目にあたるドラマ作品。恋多き大人の男性と、10代の姉妹による危険な恋の騒動を描く。外交官ジェロームは、結婚を間近に控え湖畔の別荘に足を運んだ。そこで友人のオーロラ、幼馴染のヴォルテール夫人と再会する。ヴォルテール夫人の娘クレールの膝に一目惚れしてしまったジェロームは、何とかしてその膝を愛撫しようと悪だくみをする。
監督:エリック・ロメール 出演者:ジャン=クロード・ブリアリ(ジェローム)、オーロラ・コルシュ(オーロラ)、ベアトリス・ロマン(ローラ)、ローラン・ド・モナガン(クレール)、ミシェール・モンテル(ヴォルテール夫人)ほか

1 2 3 4 5 53

キーワードから探す

TOP↑