ラブストーリー映画のネタバレ

恋愛映画、ラブストーリー映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のラブストーリー映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「チキンとプラム」のネタバレあらすじ結末

チキンとプラム ~あるバイオリン弾き、最後の夢~の紹介:2011年フランス,ドイツ,ベルギー映画。マルチ・アーティストのマルジャン・サトラピが自身のコミック「鶏のプラム煮」を題材に漫画家ヴァンサン・パロノーと共同で監督した作品。 あるバイオリニストの波乱に満ちた生涯をファンタジーを交えながら美しく綴っていきます。主演のナセル・アリ役を演じるのは監督としても活躍するフランス人俳優マチュー・アマルリック。ナセル・アリの娘役をマルチェロ・マストロヤンニとカトリーヌ・ドヌーヴの娘であるキアラ・マストロヤンニ、ナセル・アリの母役をイングリッド・バーグマンの娘であるイザベラ・ロッセリーニがそれぞれ演じています。
監督:マルジャン・サトラピ、ヴァンサン・パロノー 出演者: マチュー・アマルリック(ナセル・アリ・カーン)、エドゥアール・ベール(死の天使アズラエル/ナレーション)、マリア・デ・メデイロス(ファランギース)、ゴルシフテ・ファラハニ(イラーヌ)、セルジュ・アヴェディキアン(イラーヌの父)、キアラ・マストロヤンニ(リリ)、イザベラ・ロッセリーニ(ナセル・アリの母)ほか

「センセイ君主」のネタバレあらすじ結末

センセイ君主の紹介:2018年日本映画。幸田もも子の同名少女コミックを竹内涼真と浜辺美波のダブル主演で実写映画化した学園ラブコメディです。イケメンながらも冷徹でひねくれ者な数学教師と、恋に恋するおバカでパワフルな女子高生との恋愛をコミカルに描きます。
監督:月川翔 出演者:竹内涼真(弘光由貴)、浜辺美波(佐丸あゆは)、佐藤大樹(澤田虎竹)、川栄李奈(中村葵)、矢本悠馬(アオちんの彼氏)、佐生雪(詩乃)、福本莉子(夏穂)、新川優愛(秋香)、ほか

「エブリシング」のネタバレあらすじ結末

エブリシングの紹介:2017年アメリカ映画。免疫系の難病のため17年間一度も外に出たことがない少女が、隣に越してきた少年と恋に落ち、危険を冒して外の世界へ踏み出した結果、驚くべき真実を知る。
監督:ステラ・メギー 出演:アマンドラ・ステンバーグ(マデリン)、ニック・ロビンソン(オリー)、アナ・デ・ラ・レゲラ(カーラ)、アニカ・ノニ・ローズ(ポーリーン)、ほか

「今年の恋」のネタバレあらすじ結末

今年の恋の紹介:1962年日本映画。弟が友達同士で出会った姉兄。はじめは二人とも口喧嘩ばかりで素直になれずにいましたが徐々に距離を縮め互いに惹かれていきます。1962年というモノクロで古い映画だと思われるかもしれませんが、若い人から見たら逆に新鮮でヒロインが今のかわいさとはまた違う可憐さ、可愛らしさを備えていて素敵です。
監督:木下恵介 出演:岡田茉莉子(相川美加子)、吉田輝雄(山田正)、田村正和(山田光)、石川竜二(相川一郎)、東山千栄子(婆やもと子)、ほか

「華麗な関係」のネタバレあらすじ結末

華麗な関係の紹介:1977年フランス映画。『危険な関係』(1959年)に続き、ロジェ・ヴァディムがラクロの『危険な関係』を再び映画化。この作品では1826年の貴族社会に舞台を移す。不道徳に生きてきた男が、美貌と才気で人々を手玉にとる女と清楚な人妻との間で自分の生きる道を定めなければならなくなる。
監督:ロジェ・ヴァディム 出演:シルヴィア・クリステル(マチルド)、ジョン・フィンチ(シャルル)、ナタリー・ドロン(フローラ)、ジゼル・カサドゥジュ、ジャン・メルメ、ほか

「今日の恋愛」のネタバレあらすじ結末

今日の恋愛の紹介:2015年韓国映画。小学生の時からの友人のヒョヌとジュンス。それから18年たっても友人から進展する事は無いが、かけがえのない親友でジュンスはヒョヌをずっと支え続けてきましたが、その二人がやっとお互いの存在を見つめなおし、ステキな恋愛関係に発展するまでのおもしろくて時に悲しく描いた未婚者には特にお勧めの作品です。
監督:パク・チンピョ 出演:イ・スンギ(ジュンス)、ムン・チェウォン(ヒョヌ)、イ・ソジン(ドンジン)、ファヨン(ヒジン)、チョン・ジュニョン(アンドリュー)、Lizzy、ソン・ガイン、ほか

「ラムの大通り」のネタバレあらすじ結末

ラムの大通りの紹介:1971年フランス映画。禁酒法の時代、カリブ海でさかんに行われていた密輸と、それを生業にしていた密輸船の船長が恋に落ちた映画女優をめぐって巻き起こる騒動を描く。
監督:ロベール・アンリコ 出演:リノ・ヴァンチュラ(コルニー)、ブリジット・バルドー(リンダ・ラルー)、ビル・トラヴァース(サンダース)、クライヴ・レヴィル(ハモンド卿)、ほか

「50回目のファーストキス」のネタバレあらすじ結末

50回目のファーストキスの紹介:2018年日本映画。2004年公開の同名ハリウッド映画を、山田孝之と長澤まさみのダブル主演でリメイクしたラブストーリーです。舞台はオリジナル通りにハワイのままで、駆け出しの研究者と記憶障害の女性との恋愛を描きます。
監督:福田雄一 出演者:山田孝之(弓削大輔)、長澤まさみ(藤島瑠衣)、ムロツヨシ(ウーラ山崎)、勝矢(味方和彦)、太賀(藤島慎太郎)、山崎紘菜(高頭すみれ)、大和田伸也(名取医師)、佐藤二朗(藤島健太)ほか

「マンハッタン恋愛セラピー」のネタバレあらすじ結末

マンハッタン恋愛セラピーの紹介:2006年アメリカ映画。恋人ができずに悩むキャリアウーマン、グレイ。一緒に暮らす兄サムの結婚相手チャーリーに、奇妙な感情を抱くようになる。それはいつしか恋ごころとなり、グレイは自分がゲイであることに気づく…。単なるラブコメに終わらず、自分のアイデンティティと向き合い、ポジティブに生きようともがく1人の女性の成長物語となっている。また、クレアの兄サムを海外ドラマ「THE FLASH/フラッシュ」で知られるトム・キャヴァナーが演じている。「キリング・ミー・ソフトリー」(2001)や「ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」(2009)のヘザー・グラハム、そして「コヨーテ・アグリー」(2000)や「アイ、ロボット」(2004)のブリジット・モイナハンという2大セクシー女優が共演したラブコメディ。
監督:スー・クレイマー 出演者:ヘザー・グラハム(グレイ)、トム・キャヴァナー(サム)、ブリジット・モイナハン(チャーリー)、アラン・カミング(ゴーディ)、シシー・スペイセク(シドニー)、レイチェル・シェリー(ジュリア)、モリ―・シャノン(キャリー)ほか

「四日間の奇蹟」のネタバレあらすじ結末

四日間の奇蹟の紹介:2005年日本映画。浅倉卓弥の同名小説を映画化した作品。事故により両親を失った少女に寄り添いながら生きてきたピアニストの青年。島の療養所で働くある女性と出会った青年はある奇跡を体験し、自らの人生を見つめなおしていく。吉岡秀隆、石田ゆり子共演による心温まるラブストーリーです。
監督:佐々部清 出演者:吉岡秀隆(如月敬輔)、石田ゆり子(岩村真理子)、中越典子(長谷川未来)、 尾高杏奈(楠本千織)、石橋蓮司(長谷川隆)、平田満(藤本正造)、松坂慶子(倉野和枝)、西田敏行(倉野順次)ほか

「私の愛、私の花嫁」のネタバレあらすじ結末

私の愛、私の花嫁の紹介:2014年韓国映画。新婚生活が終わりときめきを求め続ける二人の前に夫ヨンミンの前には変わらぬ美しいスンヒが、寂しさを隠せない妻ミヨンの前には昔の彼氏ソンウが現れます。自制心をなんとか保った2人のその後の結婚生活をコミカルに描いた作品です。1990年にヒットした同名映画のリメイク版。当時は主演パク・チョンフンとチェ・ジンシルでした。
監督:イム・チャンサン 出演:チョ・ジョンソク(ヨンミン)、シン・ミナ(ミヨン)、ユン・ジョンヒ(スンヒ)、ソ・ガンジュン(ジュンソ)、ペ・ソンウ、ほか

「軽蔑(1963年)」のネタバレあらすじ結末

軽蔑(別題:ゴダールの軽蔑)の紹介:1963年フランス,イタリア,アメリカ映画。脚本家とその美しい妻。ある時を境に妻の愛を失った脚本家はその理由が分からず不安と苛立ちを募らせる。フリッツ・ラングが映画監督として本人役で出演。
監督:ジャン=リュック・ゴダール 出演:ミシェル・ピッコリ、ブリジッド・バルドー、ジャック・バランス、フリッツ・ラング

「千羽鶴(1969年)」のネタバレあらすじ結末

千羽鶴の紹介:1969年日本映画。鎌倉を舞台とする、亡父の愛人たちとのつながりを断つことができない青年の物語。川端康成のノーベル賞受賞記念映画。当初市川雷蔵主演の予定だったが、病気により平幹二郎に交代(市川雷蔵は1969年7月に亡くなる)。脚本は新藤兼人。増村保造・若尾文子コンビの最後の作品になった。
監督:増村保造 出演者:平幹二朗(三谷菊治)、京マチ子(栗本ちか子)、若尾文子(太田夫人)、梓英子(太田文子)、南美川洋子(稲村ゆき子)、船越英二(菊治の父)その他

「東京夜曲」のネタバレあらすじ結末

東京夜曲の紹介:1997年日本映画。小さな商店街を舞台に、秘めた想いが交錯する切ない大人の恋物語。家族を置いて姿を消した浜中が数年ぶりに帰って来た。妻久子は何事もなかったように浜中を迎え、元恋人たみは密かに動揺する。久子に好意を抱く青年朝倉は、彼らの過去を調べ始めるのだが。第21回モントリオール世界映画祭最優秀監督賞を始め、数々の映画賞に輝いた。
監督:市川準 出演者:長塚京三(浜中康一)、倍賞美津子(浜中久子)、桃井かおり(大沢たみ)、上川隆也(朝倉定二)、はやし・こば(浜中の父)ほか

「瞬 またたき」のネタバレあらすじ結末

瞬 またたきの紹介:2010年日本映画。河原れんの同名小説を映画化したラブストーリーです。恋人を交通事故で失い、心に深い傷を負った主人公の女性が、事故の真相を知るため失われた記憶を辿っていくうちに、恋人との愛の日々を思い出していきます。
監督:磯村一路 出演者:北川景子(園田泉美)、岡田将生(河野淳一)、大塚寧々(桐野真希子)、史朗(園田登)、深水元基(園田ツカサ)、清水美沙(堀川早紀)、永島暎子(河野沙恵子)、千崎若菜(桐野涼子)、田口トモロヲ(小木啓介)ほか

1 2 3 4 5 34
TOP↑