Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ラブストーリー映画のネタバレ

恋愛映画、ラブストーリー映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のラブストーリー映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「ラ・ブーム」のネタバレあらすじ結末

ラ・ブームの紹介:1980年フランス映画。10代の少女の淡い恋物語を描いた青春ロマンス作品。13歳のヴィックは、初めて参加した「ブーム(パーティー)」で同じ学校の少年マチューと親密な仲になった。初めての恋に夢中になるヴィックだが、父の浮気が発覚し両親は別居状態に。その上マチューにも浮気疑惑が持ち上がり、ヴィックの心は激しくかき乱されていく。ソフィー・マルソーのデビュー作であり、公開当時フランスで社会現象を巻き起こしたヒット作。主題歌「愛のファンタジー」も話題を呼んだ。
監督:クロード・ピノトー 出演者:ソフィー・マルソー(ヴィック・ベレトン)、ブリジット・フォッセー(フランソワーズ・ベレトン)、クロード・ブラッスール(フランソワ・ベレトン)、ドニーズ・グレイ(プペット・ヴァラディエ)、リシャール・ボーランジェ(アントワーヌ)ほか

「海辺の生と死」のネタバレあらすじ結末

海辺の生と死の紹介:2017年日本映画。小説家島尾敏雄の妻島尾ミホの同名小説を題材とした作品。太平洋戦争末期の奄美群島を舞台に海軍中尉と島の教師の切ない恋模様が綴られていきます。満島ひかりと永山絢斗の共演によるラブストーリーです。
監督:越川道夫 出演者:満島ひかり(大平トエ)、永山絢斗(朔中尉)、川瀬陽太(隼人少尉)、井之脇海(大坪)、 津嘉山正種(トエの父)、ほか

「跪く女」のネタバレあらすじ結末

跪く女(ひざまずくおんな)の紹介:2013年スウェーデン映画。スウェーデンを舞台に、訳ありな学校教師同士の同棲カップルの激しく欲望に満ちた性愛を、同僚の女性教師との関係も交えて描いたエロティックラブストーリーです。
監督:マニ・モータセット 出演者:グスタフ・スカルガルド(クリステル)、アンナ・オーストレム(イダ・カールソン)、レベッカ・ファーガソン(リンダ)、ステン・リュングレン(マクラーレン)、ケビン・バズ(少年)ほか

「宴」のネタバレあらすじ結末

宴の紹介:1967年日本映画。二.二六事件を題材に、クーデターに参加した青年将校と、料亭の娘の実らぬ恋を描いた物語です。藤岡弘、田村高廣、岡田英次、菅原文太、江守徹らがわきを固める豪華キャストの松竹映画です。
監督:五所平之助 出演者:岩下志麻(観世鈴子)、川辺久造(観世扇之丞)、中山仁(舘隆一郎)、高橋昌也(白坂世紀)ほか

「クジラの島の忘れもの」のネタバレあらすじ結末

クジラの島の忘れものの紹介:2018年日本映画。神戸の震災で母を亡くした愛美は、10歳のころ母と一緒に座間味の海で見たクジラのブリーチをもう一回見たくて沖縄に移り住みました。ツアー会社に就職した愛美は、取引先にいたベトナムの研修生のコアが純粋な夢を持って生きているのに魅かれ、自分も変わりたいと思い始めましたと言う内容のラブストーリーです。
監督:牧野裕二 出演者:大野いと(木元愛美)、森崎ウィン(グエン・コア)、幸地尚子(金城ケイコ)、嘉手納良智(平良)、北川彩子(木元明子)、グエン・ニュー・クインほか

「半分の月がのぼる空」のネタバレあらすじ結末

半分の月がのぼる空の紹介:2009年日本映画。肝炎で入院中の祐一は、夜に病院を抜け出し、友達と遊んで帰って来るとナースの亜希子に見つかりました。罰として新しい入院患者の友達になれと言われた裕一が会いに行くと、それは里香という女子でした。なんでも命令する里香は心臓病を患い死を覚悟していました。やがてお互いを意識し始め…という内容の切ないラブストーリーです。別の時間軸が同時進行し、後半、想定外の展開になるという、ひねりを加えた作品です。
監督:深川栄洋 出演:池松壮亮(裕一)、忽那汐里(里香)、大泉洋(夏目先生)、濱田マリ(亜希子先生)、加藤康起(保)、川村亮介(司)、緑友利恵(みゆき)、森田直幸(夏目先生に訴える少年)、螢雪次朗(現・青葉病院院長)、中村久美(里香の母親)、西岡徳馬(青葉病院院長)、ほか

「泣き虫ピエロの結婚式」のネタバレあらすじ結末

泣き虫ピエロの結婚式の紹介:2016年日本映画。第4回「日本感動大賞」の大賞に選ばれた、望月美由紀の同名作品が原作。皆を笑顔にすることを夢見る見習いピエロと、人工透析を受ける余命わずかな青年との恋を描く切ないラブストーリー。どんな時でも笑顔を絶やさないヒロインを志田未来が演じる。
監督:田中洋史 出演者:志田未来(芹澤佳奈美)、竜星涼(秋山陽介)、新木優子(稲葉真紀)、螢雪次朗(勝俣忍)、高橋洋、おかやまはじめ、岩橋道子、佐藤恒治、粟田麗、ほか

「パパは女の人が好き」のネタバレあらすじ結末

パパは女の人が好きの紹介:2009年韓国映画。性転換手術をして女性になったフォトグラファーのジヒョンに、息子だと言う9歳の少年がやって来ました。ジヒョンは恋人の特殊メイクアップアーティストのジュンソに、男に変身させてもらい、息子の相手をします。しかし息子に情が移り始め、さらにはジュンソに男であることを伝えるべきかと、ジヒョンの心は揺れ動き始めました・・という韓国のラブコメディ映画です。
監督:イ・グァンジェ 出演者:イ・ナヨン(ソン・ジヒョン)、キム・ヒス(ユビン)、キム・ジソク(ジュンソ)、チョン・エヨンほか

「パーフェクト・デート」のネタバレあらすじ結末

パーフェクト・デートの紹介:2019年アメリカ映画。金持ちの娘セリアの彼氏役になってパーティーに参加しただけで、多額の報酬をもらった高校生のブルックスは、スマホアプリを使って、女子向けに、彼氏役のエスコートのサイドビジネスを始めました。順調に行きはじめたビジネスでしたが、知らぬ間に自分の周りの人達を傷つけていました。そしてセリアの片思いの恋を成就させるための大芝居をするこになりますが…というラブコメディです。恋愛までビジネスにしてしまう高校生が本当の恋をするお話です。
監督:クリス・ネルソン 出演者:ノア・センティネオ(ブルックス・ラティガン)、ローラ・マラーノ(セリア・リーバーマン)、オディッセアス・ジョージアディス(マーフ)、ザック・スタイナー(リース)、ブレイン・カーン2世(フランクリン)ほか

「アロハ」のネタバレあらすじ結末

アロハの紹介:2015年アメリカ映画。ハワイを舞台に軍事コンサルタントとハワイ育ちの女性パイロットの恋模様を描くロマンティックコメディ。監督は「ザ・エージェント」「あの頃ペニー・レインと」のキャメロン・クロウ。「世界にひとつのプレイブック」のブラッドリー・クーパーと「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーンが共演しました。
監督:キャメロン・クロウ 出演者:ブラッドリー・クーパー(ブライアン・ギルクレスト)、エマ・ストーン(アリソン・イン)、レイチェル・マクアダムス(トレイシー・ウッドサイド)、ビル・マーレイ(カーソン・ウェルチ)、ジョン・クラシンスキー(ジョン・ウッドサイド)、ほか

「となりの801ちゃん」のネタバレあらすじ結末

となりの801ちゃんの紹介:2007年日本映画。腐女子とオタク男子との恋愛生活を描いたラブコメディー。普段は可愛らしい普通の女の子・801ちゃんですが、萌え対象のホモを見てしまうと、背中のチャックからみどりの生き物が飛び出してきます。801ちゃんとの笑える日常生活を描いた、オタク物語りです。
監督:寺内康太郎 出演:瀬戸康史(千部太郎)、広澤草(801ちゃん)、伊佐美紀(のぶこ)、野口かおる(かおり)、柳浩太郎、汐崎アイル、馬場徹、川久保雄基、川本綾、永井朋弥、ほか

「ロマンティックじゃない?」のネタバレあらすじ結末

ロマンティックじゃない?の紹介:2019年アメリカ映画。ロマンティックじゃない?の紹介:ネガティブ思考でラブコメが嫌いな建築家のナタリーが、あることをきっかけにラブコメの世界にやってきてしまいます。その世界に身を任せながら、ナタリーは一つの人生の答えを見つけます。
監督:トッド・ストラウス=シュルソン 出演:レベル・ウィルソン(ナタリー)、アダム・ディヴァイン(ジョシュ)、ベティ・ギルピン(ホイットニー)、リアム・ヘムズワース(ブレイク)、プリヤンカー・チョープラー(イザベラ)、ほか

「メールで届いた物語」のネタバレあらすじ結末

メールで届いた物語(ストーリー)の紹介:2005年日本映画。加瀬亮、相武紗季、吹石一恵や北村一輝など豪華キャストが出演する、メールにまつわる4つの恋のショートストーリー。嘘から始まる恋や守りたい恋など、普段何気なく使用するメールのやり取りで始まる恋物語です。
監督:清水浩、伊藤裕彰、鈴木元、鳥井邦男 出演者:加瀬亮(高村修)、相武紗季(谷村理沙)、吹石一恵(小柳葉子)、岡田義徳(山口)、北村一輝(柏木聡)、 ほか

「夏物語(2006年)」のネタバレあらすじ結末

夏物語の紹介:2006年韓国映画。ひとりの女性だけを想い続けてきた初老の男がテレビ番組の企画で女性を探し求めるうちに、過去の鮮やかな記憶が蘇っていく姿を、二つの時代を交互に織り交ぜて描いた韓国発の純愛ドラマで、主演のイ・ビョンホンは過去編の20代と現代編の60代を一人で演じ分けて新境地を開きました。第15回春史大賞映画祭の最優秀作品賞受賞作です。
監督:チョ・グンシク 出演者:イ・ビョンホン(ユン・ソギョン)、スエ(ソ・ジョンイン)、イ・セウン(イ・スジン)、オ・ダルス(ナム・ギュンス)、チョン・ソギョン(キム・マンドク村長)、ユ・ヘジン(プロデューサー)ほか

「嵐ケ丘(1939年)」のネタバレあらすじ結末

嵐ケ丘の紹介:1939年アメリカ映画。エミリー・ブロンテの同名小説を映画化した文芸作品。孤児ヒースクリフと美しい令嬢キャサリンの悲恋がドラマチックに綴られていきます。監督は「ローマの休日」「ベン・ハー」のウィリアム・ワイラー。主演のヒースクリフを演じたローレンス・オリヴィエは本作品がハリウッド進出第1作目となりました。
監督:ウィリアム・ワイラー 出演者:マール・オベロン(キャサリン)、 ローレンス・オリヴィエ(ヒースクリフ)、 デヴィッド・ニーヴン(エドガー・リントン)、 ジェラルディン・フィッツジェラルド(イザベラ・リントン)、 フローラ・ロブソン(エレン・ディーン)、 ヒュー・ウイリアムズ(ヒンドリー・アーンショー)、ほか

1 2 3 4 5 44
TOP↑