Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ラブストーリー映画のネタバレ

恋愛映画、ラブストーリー映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のラブストーリー映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「二度目の初恋!?が、やってきた」のネタバレあらすじ結末

二度目の初恋!? が、やってきたの紹介:2014年韓国映画。高校時代に亡くなった初恋のひとソジンの家を購入して住む作曲家ミニョクの前に現われた、記憶喪失の日本人女性エリカにソジンを感じながら同居生活が始まり、エリカをソジンに重ね二度目の初恋をが始まるというラブストーリーです。
監督:ジョン・チュンファン 出演:ノ・ミヌ(ミニョク)、イ・チョンア(エリカ)、カン・ドンホ、ほか

「心に吹く風」のネタバレあらすじ結末

心に吹く風の紹介:2017年日本映画。北海道の富良野で撮影をしていたビデオアーティストの日高リョウスケが、車の故障で立ち寄った家で、初恋の相手の春香に23年ぶりに再会しました。一方的に別れを付けられたリョウスケは、春香に再会したことで再び春香に対する思いが蘇り、春香もまたリョウスケに心を許し始めました…という内容の大人の純愛ドラマです。冬のソナタのユン・ソクホが監督をしたことで、日本映画にはないラブストーリーに仕上がっていましす。
監督:ユン・ソクホ 出演者:眞島秀和(日高リョウスケ)、真田麻垂美(春香)、鈴木仁(高校時代のリョウスケ)、駒井蓮(高校時代の春香)、菅原大吉(春香の夫)、長谷川朝晴(リョウスケの友人)、ほか

「哀愁」のネタバレあらすじ結末

哀愁の紹介:1940年アメリカ映画。「風と共に去りぬ」のヴィヴィアン・リーと「クォ・ヴァディス」のロバート・テイラーが共演した戦争メロドラマ。戦時下で出会ったイギリス人将校と踊り子の恋模様がドラマチックに綴られた作品です。1953年制作の日本映画「君の名は」に登場する数寄屋橋は本作に登場するウォータールー橋を元にしていると言われています。
監督:マーヴィン・ルロイ 出演者:ヴィヴィアン・リー(マイラ・レスター)、ロバート・テイラー(ロイ・クローニン)、ヴァージニア・フィールド(キティ)、ルシル・ワトソン(マーガレット・クローニン)、マリア・オースペンスカヤ(マダム・キーロワ)、ほか

「帰れない二人」のネタバレあらすじ結末

帰れない二人の紹介:2018年中国,フランス映画。義侠心を重んじる裏社会に生きる男と彼を愛する女。21世紀、中国社会の変動を背景としたラブストーリー。ジャ・ジャンクー監督にとって5度目のカンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品となった。監督のミューズであるチャオ・タオがこの作品でも主役を務める。中国を代表する監督たちが脇役俳優として参加しているのも興味深い。
監督:ジャ・ジャンクー 出演者:チャオ・タオ(チャオ)、リャオ・ファン(ビン)、シュー・ジェン(カラマイから来た男)、キャスパー・リャン(リン・ジャーイエン)、フォン・シャオガン(医者)、ディアオ・イーナン(リン・ジャードン)ほか

「汚れなき情事」のネタバレあらすじ結末

汚れなき情事の紹介:2009年イギリス,アイルランド,スペイン,フランス,スイス映画。イギリスの片田舎のとある全寮制の女子高で巻き起こる愛想劇。皆からの憧れの存在であるミスG とそれを取り巻く女子生徒達の間に1人の転校生が入って来たことで大きくバランスが崩れていくという話です。ミスG 演じるエヴァ・グリーンの妖艶な演技が見所です。
監督:ジョーダン・スコット 出演:エヴァ・グリーン(ミスG)、ジュノー・テンプル(ダイ)、マリア・バルベルデ(フィアマ)、イモージェン・プーツ、シニード・キューザック、ほか

「WEEKEND ウィークエンド」のネタバレあらすじ結末

WEEKEND ウィークエンドの紹介:2011年イギリス映画。一夜の関係から始まったわずか2日間の恋。金曜日に出会った二人の同性愛者の男性ラッセルとグレンは恋愛関係になります。しかしグレンのアメリカ留学のため、日曜日には別れることになります。二人は同性愛について議論し喧嘩もしますが、忘れがたいウィークエンド(週末)を過ごすことになります。本作『WEEKEND ウィークエンド』は、近年、世界中でその権利拡大のめざましい同性愛カップルについて描いた映画で、公開は2011年、当時はまだ同性愛者への偏見の強かった頃の忘れがたい3日間を描いた映画です。同性愛者であることに悩んでいることに勇気を与えてくれるような映画です。
監督 アンドリュー・ヘイ 出演:トム・カレン(ラッセル)、クリス・ニュー(グレン)、ほか

「あなたの名前を呼べたなら」のネタバレあらすじ結末

あなたの名前を呼べたならの紹介:2018年インド,フランス映画。厳しい身分制度やしきたりが今なお残るインドを舞台に、メイドと雇い主が育くむ愛のドラマ。ムンバイ出身の女性監督ロヘナ・ゲラの長編デビュー作となります。監督自らが話すように本作のような身分を越えた恋物語はインド社会ではありえないそうで、敢えてタブーに挑戦したとのことです。そういった貧困や差別の厳しさも上手く表現できています。
監督:ロヘナ・ゲラ 出演:ティロタマ・ショーム(ラトナ)、ヴィヴェーク・ゴーンバル(アシュヴィン)、ギータンジャリ・クルカルニー、ラウル・ヴォラ、

「小さな恋のものがたり」のネタバレあらすじ結末

小さな恋のものがたりの紹介:2005年アメリカ映画。ニューヨーク・マンハッタンで暮らす10歳のゲイブは、通い始めた空手教室で幼馴染の美少女ローズマリーと再会します。彼女に恋をするゲイブでしたが、些細なことから喧嘩をしていまい、人生で初めての恋の痛手を知ることに…。淡い恋を経験しながら成長していく少年の姿を軽妙なタッチで描いたロマンティックコメディです。
監督: マーク・レヴィン 出演者:ジョシュ・ハッチャーソン(ゲイブ)、チャーリー・レイ(ローズマリー)、ブラッドリー・ウィットフォード(ゲイブの父)、シンシア・ニクソン(ゲイブの母)、ウィリー・ガーソン(アパートのドアマン)、ほか

「終着駅」のネタバレあらすじ結末

終着駅の紹介:1953年アメリカ,イタリア映画。ローマの駅を舞台に道ならぬ恋に落ちたアメリカ人の人妻とイタリア人青年の別離に至る過程をドラマティックに描いたメロドラマ。 主演は「聖処女」のジェニファー・ジョーンズと、「地上より永遠に」のモンゴメリー・クリフト。監督はネオリアリズムの巨匠ヴィットリオ・デ・シーカが務めました。
監督:ヴィットリオ・デ・シーカ 出演者:ジェニファー・ジョーンズ(メアリー・フォーブス)、モンゴメリー・クリフト(ジョヴァンニ・ドリア)、リチャード・ベイマー(ポール)、ジーノ・チェルヴィ(警察署長)、パオロ・ストッパ(セールスマン)、ほか

「ドライ・クリーニング」のネタバレあらすじ結末

ドライ・クリーニングの紹介:1997年フランス,スペイン映画。平凡な夫婦が蠱惑的な美青年に溺れていく様を描いた官能ドラマ。田舎の街で小さなクリーニング店を開くニコルとジャン=マリーの夫婦は、ある夜ドラァグクイーンの美青年ロイックと知り合った。家族に捨てられ孤独な境遇の彼を家に招き入れると、ニコルはロイックの若く美しい魅力に溺れてしまう。更にジャン=マリーも惹かれてしまい、危険な関係は3人を悲劇へと導くのだった。
監督:アンヌ・フォンテーヌ 出演者:ミュウ=ミュウ(ニコル)、シャルル・ベルリング(ジャン=マリー)、スタニスラス・メラール(ロイック)、マチルデ(マリリン)、ナヌ・マイスター(イベット)ほか

「腐女子彼女」のネタバレあらすじ結末

腐女子彼女。の紹介:2009年日本映画。筋金入りの“腐女子”と、青年とのラブ・コメディ。平凡な大学生のヒナタは、バイト先で出会った先輩社員・ヨリコと恋に落ちます。しかしヨリコには周りに隠している秘密がありました。実は彼女は、腐女子だったのです。「セバスチャン」と呼ばれて執事扱いを受けるヒナタとヨリコとの恋は、どうなってしまうのか?
監督:兼重淳 出演者:大東俊介(諏訪ヒナタ)、松本若菜(白崎ヨリコ)、古川雄大(瀬野コージ)、EMI(カスミ)、秦みずほ(ミルク)、落合恭子(リナ)、日野聡(本人)、福山潤(本人)、ほか

「ハート泥棒を捕まえろ!」のネタバレあらすじ結末

ハート泥棒を捕まえろ!の紹介:2013年韓国映画。10年前の初恋を忘れられないホテの前に現れたのは、美しい強盗ジンスク。犯人を検挙に行くとそこには初恋の相手スクチャがいます。スクチャはジンスクと名乗り、強盗犯になっていたのでした。そこから始まる警部補と強盗の42日間の奇妙な生活を描いたラブコメディです。
監督:イ・ヒョンジョン 出演:チュウォン(イ・ホテ)、キム・アジュン(ユン・ジンスク / スクチャ)、チュ・ジンモ(イの上司)、チャ・テヒョン(隣の男性)、ほか

「ラブストーリーズ エリナーの愛情」のネタバレあらすじ結末

ラブストーリーズ エリナーの愛情の紹介:2013年アメリカ映画。橋から身を投げ自殺未遂を犯した中年女性エリナー。父の勧めで大学の聴講生となったエリナーは家族や大学教授リリアンとの交流の中でこれまでの人生や夫との関係を見直し始めます。同カップルのもう一つの物語「ラブストーリーズ コナーの涙」が男性視点で描かれた作品に対し、本作品は女性の視点で物語が展開していきます。
監督:ネッド・ベンソン 出演者:ジェシカ・チャステイン(エリナー・リグビー)、ジェームズ・マカヴォイ(コナー)、ヴィオラ・デイヴィス(リリアン・フリードマン)、ジェス・ワイクスラー(ケイティ)、ウィリアム・ハート(エリナーの父)、ほか

「ルージュ」のネタバレあらすじ結末

ルージュの紹介:1987年香港映画。53年前にあの世で会おうと言って心中したユーファとチャンでしたが、チャンが来ないといってユーファは現世に降り、新聞記者のユンに探してくれと頼みに来ました。ユンと彼女のチョーはユンの為にチャンを探すことになりましたという内容の、ラブストーリーです。
監督:スタンリー・クワン 出演者:アニタ・ムイ(ユーファ)、レスリー・チャン(チャン)、アレックス・マン(ユン)、エミリー・チュー(チョー)ほか

「22才の別れ」のネタバレあらすじ結末

22才の別れ Lycoris 葉見ず花見ず物語の紹介:2006年日本映画。伊勢正三作詞・作曲の楽曲「22才の別れ」をモチーフにして、43歳の男性が母子2代にわたる恋の物語を、大林宣彦監督が撮った作品です。同級生で、その後死亡した恋人だった女性と22才で別れ、21年後、偶然21歳の娘に出会うという話で、全編に『22才の別れ』のメロディーが流れます。
監督:大林宣彦 出演者:筧利夫(川野俊郎)、鈴木聖奈(田口花鈴)、中村美玲(北島葉子)、窪塚俊介(浅野浩之)、寺尾由布樹(若き日の川野俊郎)、峰岸徹(松島専務)、村田雄浩(花鈴の父)、三浦友和(杉田部長)、長門裕之(やきとり屋甚平)、清水美砂(藤田有美)ほか

1 2 3 4 5 46
TOP↑