ラブストーリー映画のネタバレ

恋愛映画、ラブストーリー映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のラブストーリー映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「冬時間のパリ」のネタバレあらすじ結末

冬時間のパリ(別題:ノン・フィクション)の紹介:2018年フランス映画。オリヴィエ・アサイヤス監督が『夏時間の庭』、『アクトレス 女たちの舞台』に続いてジュリエット・ビノシュを主演に迎えて贈る新作は大人たちのラブストーリー。ビノシュが演じるのはテレビドラマで活躍する女優。彼女の夫は老舗出版社の編集者。でも女優は作家と、夫はデジタル担当の部下と不倫中。編集者と女優、作家と政治家秘書という二組の夫婦を核に、紙からデジタルへのテクノロジーの進化に揺さぶられる出版の未来や小説についての会話と情事とが同時進行する。
監督:オリヴィエ・アサイヤス 出演:ジュリエット・ビノシュ(セレナ)、ギヨーム・カネ(アラン)、ヴァンサン・マケーニュ(レオナール)、ノラ・ハムザウィ(ヴァレリー)、クリスタ・テレ(ロール)、パスカル・グレゴリー(マルク=アントワーヌ・ルーヴェル)そのほか

「最高に素晴らしいこと」のネタバレあらすじ結末

最高に素晴らしいことの紹介:2020年アメリカ映画。姉を交通事故で亡くしてしまったバイオレットは失意のどん底にいます。そこから救ってくれたのは学校で変人呼ばわりされているフィンチという青年でした。しかしそのフィンチは父親から虐待されていた過去を持ち精神的に不安定です。自分を救ってくれたようにフィンチを助けたいバイオレットでしたが、根深く残った傷を癒すことはとても難しいことでした。この映画は精神的な問題を抱えている人々に捧げられた作品です。
監督:ブレット・ヘイリー 出演:エル・ファニング(バイオレット)、ジャスティス・スミス(フィンチ)、ヴァージニア・ガードナー(アマンダ)、フェリックス・マラード(ローマー)、ラマー・ジョンソン(チャーリー)、ほか

「映画版 ふたりエッチ」のネタバレあらすじ結末

映画版 ふたりエッチの紹介:2011年日本映画。お互い異性経験のない二人が見合い結婚をして初夜を迎えますが、満足な営みにはなりませんでした。そこで夫と妻はそれぞれ、相手を喜ばす方法を習い毎夜実践しながら成長する様子を描いた、ちょっとエッチなラブコメディです。克・亜樹によるラブ漫画の実写映画化作品です。
監督:横山一洋 出演者:森下悠里(小野田 優良)、三浦力(小野田 真)、横山美雪(河田 梨香)、二宮敦(永塚 裕介 )、中村愛美(杉山 真紀絵)ほか

「好きだった君へ P.S.まだ大好きです」のネタバレあらすじ結末

好きだった君へ P.S.まだ大好きですの紹介:2020年アメリカ映画。前作「好きだった君へのラブレター」の時、ララは過去に好きだった人にこっそりとラブレターを書いて保存していました。それを知っていた妹のキティはそのラブレターをそれぞれの男の子に送ってしまいます。その一人だったピーターとめでたくカップルになることに成功します。この作品はその後のララとピーターについて描かれています。ピーターは初めての彼氏だったのでララにとっては初めてのことばかり。ピーターは人気者だったため、自分は彼女にふさわしいのか悩み、元カノと比較してしまいます。そんなある日、以前送ったラブレターの中の1人、ジョンから返事が来ます。その手紙を読むと当時2人は両思いであったことが発覚します。ピーターのことは好きだけど、ジョンのことも頭から離れない!そんなララの気持ちを描いたラブコメディ映画です。
監督:マイケル・フィモナリ 出演:ラナ・コンドル(ララ・ジーン)、ノア・センティネオ(ピーター)、ジョーダン・フィッシャー(ジョン・アンブローズ)、エミリハ・バラナック(ジェン)、アンナ・カスカート(キティ)、ほか

「恋するレシピ 理想のオトコの作り方」のネタバレあらすじ結末

恋するレシピ ~理想のオトコの作り方~の紹介:2006年アメリカ映画。三十五歳の独身男性トリップのもとに現れた美しい女性ポーラ。彼女はトリップの両親が雇ったプロの恋愛カウンセラーでした。トリップの恋人を演じることになったポーラは次第にトリップに魅かれてしまい…。マシュー・マコノヒーとサラ・ジェシカ・パーカーの共演で贈るロマンティックコメディです。
監督:トム・デイ 出演者:マシュー・マコノヒー(トリップ)、サラ・ジェシカ・パーカー(ポーラ)、 ズーイー・デシャネル(キット)、ジャスティン・バーサ(エース)、ブラッドレイ・クーパー(デモ)、 テリー・ブラッドショウ(アル)、キャシー・ベイツ(スー)、ほか

「4月の君、スピカ。」のネタバレあらすじ結末

4月の君、スピカ。の紹介:2019年日本映画。東京から長野の進学校に転校した星が、授業について行けず試験で酷い点数をとっていました。友達も出来ない星に初めに話しかけてきたのは泰陽。泰陽はいつも星をバカにし、口げんかしていました。やがて星を見ていると深月が話しかけてきます。そして深月と泰陽のいる天文部に入った星は憧れの深月、そして自分に告白する泰陽と楽しい日々を続けていましたが咲という転校生がやって来て、状況は一変し…という内容の杉山美和子による人気漫画の映画化作品です。
監督:大谷健太郎 出演者:福原遥(早乙女星)、佐藤大樹(宇田川泰陽)、鈴木仁(大高深月)、井桁弘恵(天川咲)、夏目かな(須藤瑠衣)、南山あずさ(鴻池鈴)、大原優乃(立花楓)酒井美紀(七瀬)、大谷亮平(購買のおじさん)ほか

「アイネクライネナハトムジーク」のネタバレあらすじ結末

アイネクライネナハトムジークの紹介:2019年日本映画。伊坂幸太郎の同名連作短編集を本作が3度目の共演となる三浦春馬と多部未華子のダブル主演で映画化したラブストーリー群像劇で、10年の時を超えて紡がれる“恋”と“出会い”の物語が描かれていきます。全編に渡って仙台にてロケを敢行、主題歌は原作者・伊坂幸太郎と交流があり本作誕生のきっかけを作った斉藤和義が手掛けています。タイトルはモーツァルトの同名楽曲から取られており、「ある小さな夜の曲」を意味しています。
監督:今泉力哉 出演者:三浦春馬(佐藤)、多部未華子(本間紗季)、矢本悠馬(織田一真)、森絵梨佳(織田由美)、恒松祐里(織田美緒)、萩原利久(久留米和人)、成田瑛基(ウィンストン小野)、八木優希(亜美子)、こだまたいち(斉藤)、MEGUMI(板橋香澄)、柳憂怜(久留米邦彦)、濱田マリ(久留米マリ子)、藤原季節(青年)、中川翼(少年)、祷キララ(女子高生)、伊達みきお(サンドウィッチマン)(セコンド)、富沢たけし(サンドウィッチマン)(セコンド)、貫地谷しほり(美奈子)、原田泰造(藤間)ほか

「ヴァイブレータ」のネタバレあらすじ結末

ヴァイブレータの紹介:2003年日本映画。赤坂真理による芥川賞候補作の映画化。心に問題を抱える女が、コンビニで出会った若いトラック運転手の道づれとなり、癒されていく。旺盛な活動を続けている監督廣木隆一、脚本荒井晴彦の傑作の一つ。主人公のモノローグと彼女の内面の声を告げるサイレント映画的な黒画面の字幕が特徴的。この作品と、同年公開の『赤目四十八瀧心中未遂』で寺島しのぶは多くの賞を受賞。大森南朋も2003年度キネマ旬報ベスト・テン助演男優賞を受賞している。
監督:廣木隆一 出演者:寺島しのぶ(早川玲)、大森南朋(岡部希寿)、田口トモロヲ(警官)、戸田昌宏(ホテトルの客)、牧瀬里穂(雑誌の女)ほか

「ただ君だけ」のネタバレあらすじ結末

ただ君だけの紹介:2011年韓国映画。「映画は映画だ」のソ・ジソブと「トンイ」のハン・ヒョジュが描くラブストーリー。過去のあるボクサー“チョルミン”と、目が不自由だが前向きに生きる“ジョンファ”が知り合い、互いに辛い事故の記憶を乗り越え愛し合う姿を美しく描いた作品です。
監督:ソン・イルゴン 出演:ソ・ジソブ(チャン・チョルミン)、ハン・ヒョジュ(ハ・ジョンファ)、カン・シニル、パク・チョルミン、チョ・ソンハ、ほか

「初恋」のネタバレあらすじ結末

初恋の紹介:2019年日本映画。ホラー、バイオレンスからコメディまで、日本のエンタメ界を牽引する三池崇史監督が放つ新作はオリジナルのラブストーリー。とはいっても新宿・歌舞伎町を中心に蠢くキャラクターたちは一筋縄ではいかない。主役のボクサー・レオには、10年前に監督に見出された窪田正孝。武闘派ヤクザの権藤に内野聖陽。悪徳刑事、大伴に大森南朋。策を巡らす頭脳派ヤクザに染谷将太。恋人を殺され復讐の鬼と化す女ジュリにベッキー。そしてヒロインのモニカは、3,000人のオーディションからの大抜擢となった小西桜子が初々しく演じている。
監督:三池崇史 キャスト:窪田正孝(葛城レオ)、内野聖陽(権藤)、大森南朋(大伴)、染谷将太(加瀬)、小西桜子(モニカ)、ベッキー(ジュリ)、村上淳(市川)、塩見三省(組長代行)ほか

「二十六夜待ち」のネタバレあらすじ結末

二十六夜待ちの紹介:2017年日本映画。佐伯一麦の同名小説を原作とする作品。記憶を取り戻せない男と震災によってすべてを失った女。孤独を抱える二人は何かに引き寄せられるかのように激しい恋に落ちていきますが…。井浦新、黒川芽以共演による官能的なラブストーリーです。
監督:越川道夫 出演者:井浦新(杉谷)、黒川芽以(由実)、天衣織女(由実の叔母)、鈴木晋介(由実の叔父)、鈴木慶一(大沢)、諏訪太朗(木村)、ほか

「蝶の眠り」のネタバレあらすじ結末

蝶の眠りの紹介:2017年日本,韓国映画。5年ぶりに映画主演を務めた中山美穂と、韓国俳優のキム・ジェウクとが共演した大人のラブストーリー。アルツハイマー病に侵された女性が人生の最後をどう迎えるか、そして年の差を超えた究極の愛が描かれている。
監督:チョン・ジェウン 出演者:中山美穂(松村涼子)、キム・ジェウク(ソ・チャネ)、石橋杏奈(アンナ)、菅田俊(綾峰龍二)、勝村政信(石井)、永瀬正敏(大村)、ほか

「ラスト・クリスマス」のネタバレあらすじ結末

ラスト・クリスマスの紹介:2019年イギリス映画。毎年クリスマスシーズンになると必ず耳にしたことのあるWham!の名曲「ラストクリスマス」をモチーフにして作られた作品です。毎日何気なく暮らしてきた主人公のケイトが、魅力的で不思議な青年トムと出会った事から始まるロマンチックなラブストーリーです。
監督:ポール・フェイグ 出演:エミリア・クラーク(ケイト)、ヘンリー・ゴールディング(トム)、ミシェル・ヨー(サンタ)、エマ・トンプソン(ペトラ)、ほか

「愛と死をみつめて」のネタバレあらすじ結末

愛と死をみつめての紹介:1964年日本映画。1960年代、当時大学生だったジャーナリストの河野實と軟骨肉腫により21年の短い生涯を閉じた大島みち子との3年間に及ぶ文通にまつわる実話を基にした同名のベストセラー書簡集を映画化した作品です。当時の日活の花形スターであり、幾度も共演している吉永小百合と浜田光夫がダブル主演を務めています。
監督:斎藤武市 出演者:吉永小百合(小島道子)、浜田光夫(高野誠)、内藤武敏(K先生)、初井言栄(オールドミス)、笠智衆(小島正次)、北林谷栄(吉川ハナ)、笠置シヅ子(中井スマ)、ミヤコ蝶々(佐竹トシ)、宇野重吉(中山仙十郎)ほか

「ヲタクに恋は難しい」のネタバレあらすじ結末

ヲタクに恋は難しいの紹介:2020年日本映画。pixivに連載されていた漫画「ヲタクに恋は難しい」。2018年にテレビアニメ化もされたこの作品が、あの「銀魂」「斉木楠雄のΨ難」の福田雄一監督によって、全く新しいミュージカルラブコメディとして生まれ変わった。W主演を務めたのは数多くのミュージカル主演経験をもつ高畑充希と、漫画実写化映画なら他の追随を許さない山﨑賢人。美声を披露する菜々緒やムロツヨシ、斉藤工のダンスも見逃せない。そして、最近の福田組には欠かせない賀来賢人の振り切った演技も大きな見どころのひとつだ。
脚本・監督:福田雄一 キャスト:高畑充希(桃瀬成海)、山﨑賢人(二藤宏嵩)、菜々緒(小柳花子)、斎藤工(樺倉太郎)、賀来賢人(坂元真司)、今田美桜(森田悠季)、若月佑美(未来)、ムロツヨシ(バーのマスター)、佐藤二朗(石山邦雄)、内田真礼(本人役)ほか

1 2 3 4 5 49

キーワードから探す

TOP↑