ラブストーリー映画のネタバレ

恋愛映画、ラブストーリー映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のラブストーリー映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「Presents 合い鍵」のネタバレあらすじ結末

Presents 合い鍵の紹介:2006年日本映画。直木賞作家・角田光代の12編の短編集「Presents」の1編を映像化。広末涼子と玉山鉄二がダブル主演をつとめた切ないラブストーリー。クリスマス目前、編集プロダクションで働く由加里は、8年間付き合った彼氏の博明から突然の別れを告げられ…。
監督:日向朝子 出演者:広末涼子(由加里)、玉山鉄二(博明)、安田顕(美容師)、有村実樹(美加)、ほか

「彼女」のネタバレあらすじ結末

彼女の紹介:2021年日本映画。美香という彼女がいるレイの元に、突如10年間会っていない七恵から電話がかかってきます。久しぶりの再会を果たす2人。その時にレイは、七恵が夫から暴力を振るわれている事実を知ります。旦那を「殺してくれる?」と聞かれたレイはその翌日犯行に及び、レイと七恵は逃避行を始めます。2007年の漫画『羣青』を実写映画化。レズビアンをテーマに、愛のカタチが描かれた恋愛映画です。
監督: 廣木隆一 出演:水原希子(永澤レイ)、さとうほなみ(篠田七恵)、真木ようこ(美香)、鈴木杏(永澤悠)、田中俊介(永澤将人)、新納慎也(篠田孝太郎)、ほか

「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」のネタバレあらすじ結末

ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュの紹介:1975年フランス映画。歌手として俳優として映画監督として多大なる影響を及ぼしたセルジュ・ゲンズブール。当時物議を醸し出しながらも大ヒットした曲をモチーフに作り上げた本作。過激すぎるとも言える曲と同様にモラルの限界に挑戦した形になり注目度も高くなりました。
監督:セルジュ・ゲンズブール 出演:ジェーン・バーキン(ジョニー)、ジョー・ダレッサンドロ(クラスキー)、ジェラール・ドパルデュー、ユーグ・ケステル(パドヴァン)、ジミー・デイヴィス、ミシェル・ブランほか

「台北に舞う雪」のネタバレあらすじ結末

台北に舞う雪(台北飄雪)の紹介:2009年中国,日本,香港,台湾映画。台湾北部のローカル線の終着駅周辺を舞台に、声が出なくなった大型新人の女性歌手とこの町で孤児として育った青年との出会いとほのかな恋を描きます。『山の郵便配達』『故郷の香り』などを手がけた中国の巨匠フォ・ジェンチイ監督がメガホンを執っています。
監督:フォ・ジェンチイ 出演:チェン・ボーリン(シャオ・モウ)、トン・ヤオ(メイ)、トニー・ヤン(レイ)、モー・ズーイー(ジャック)、ジャネル・ツァイ(リサ)、テレサ・チー(ウェンディ)、ほか

「《ポルノチック》夕闇ダリア」のネタバレあらすじ結末

《ポルノチック》 夕闇ダリアの紹介:2011年日本映画。「東南角部屋二階の女」で劇場映画監督デビューを果たした、池田千尋監督の作品。恋に迷い、幻想に惑わされる女性の姿を描く。フラワーショップを営むかなえは、店員の大谷と付き合っていたが、彼には本命の恋人がいる。そんなある日、かなえの前に大谷の恋人が現れるようになり…。
監督:池田千尋 出演:吉井怜(かなえ)、柄本佑(大谷)、桃生亜希子(由希子)、鈴木晋介、ほか

「アレノ」のネタバレあらすじ結末

アレノの紹介:2015年日本映画。エミール・ゾラの小説『テレーズ・カラン』を現代日本風にアレンジした作品で、妻が愛人と共に夫を湖で殺し、夫の死体が見つかるまで、湖畔のホテルでSEXにふけりながら過ごすという内容の作品です。激しいSEXシーンが強調されていますが、未来のない二人を淡々と映し出す映像が、切なさを感じさせます。映画の中での登場人物の名前は一斉出てきません。
監督:越川道夫 出演者:山田真歩(女/妻)、渋川清彦(男/愛人)、川口覚(夫)、内田淳子(夫の母)、遊屋慎太郎(若い男)、諏訪太朗(湖畔であった男)、ほか

「ラブストーリーズ コナーの涙」のネタバレあらすじ結末

ラブストーリーズ コナーの涙の紹介:2013年アメリカ映画。ひと組の夫婦の心のすれ違いを、妻の視点で描かれた「ラブ・ストーリーズ エリナーの愛情(HER)」と、夫からの視点で描かれた本作の2作品からなる大人向けラブストーリー。
監督:ネッド・ベンソン 出演:ジェームズ・マカヴォイ(コナー・ラドロー)、ジェシカ・チャステイン(エリナー・リグビー)、キアラン・ハインズ(スペンサー・ラドロー)、ビル・ヘイダー(スチュアート)、ニナ・アリアンダ(アレクシス)、ほか

「パーフェクト・ライフ 愛のかたち」のネタバレあらすじ結末

パーフェクト・ライフ 愛のかたちの紹介:2013年アメリカ映画。夫の度重なる浮気で壊れかけた1組の夫婦。失って初めて妻の存在の大切さに気づいた夫と、夫を知ろうとする妻の葛藤が描かれた人生ドラマ。
監督:キース・ヴァン・オーストラム 出演:ジーン・トリプルホーン(ニナ)、リーヴ・シュレイバー(ジェームズ)、ジョエル・カーター(リン)、ルイーズ・フレッチャー(アビー)、レネ・ソーテンダイク(マーサ)、フープ・スターペル(ピーター)、ほか

「美しき結婚」のネタバレあらすじ結末

美しき結婚の紹介:1981年フランス映画。妻子ある男との不倫関係に嫌気がさし理想の結婚を求めて奔走する、甚だ自分勝手で思い込みの激しい主人公の姿を描いたエリック・ロメールの「喜劇と格言劇」シリーズ第2作。
監督:エリック・ロメール 出演:ベアトリス・ロマン(サビーヌ)、アンドレ・デュソリエ(エドモン)、アリエル・ドンバール(クラリス)、フェオドール・アトキン(シモン)、ユゲット・ファジェ(マリース)、ヴァンサン・ゴーティエ(クロード)、ほか

「バツイチは恋のはじまり」のネタバレあらすじ結末

バツイチは恋のはじまりの紹介:2012年フランス映画。『一族の女は最初の結婚は失敗する』という家系の女性が、長年のパートナーとの結婚を成功させるために偽装結婚し、あえてバツイチになるという作戦から思わぬ結末を迎えるまでを描いたラブ・コメディ。
監督:パスカル・ショメイユ 出演:ダイアン・クルーガー(イザベル)、ダニー・ブーン(ジャン=イヴ)、アリス・ポル(コリンヌ)、ロベール・プラニョル(ピエール)、ジョナタン・コエン(パトリック)、ベルナデット・ル・サシェ(ソランジュ)、エチエンヌ・シコ(エドモン)、ロール・カラミー(ヴァレリー)、マロン・レヴァナ(ルイーズ)、ほか

「Be With You ~いま、会いにゆきます」のネタバレあらすじ結末

Be With You ~いま、会いにゆきますの紹介:2018年韓国映画。2004年に映画化されて大ヒットした市川拓司の小説『いま、会いにゆきます』を韓国でリメイクしたヒューマンドラマです。韓国版のオリジナルエピソードを加えて日本でも2019年に公開された。雨の日に戻ると言い残して亡くなった妻。約束どおり夫の前に現れた妻は記憶を失っていました…。
監督:イ・チャンフン 出演者:ソ・ジソブ(ウジン)、ソン・イェジン(スア)、キム・ジファン(ジホ)、コ・チャンソク(ホング)、リー・ユジン(若き日のウジン)、キム・ヒョンス(若き日のスア)、ペ・ユラム(若き日のホング)ほか

「オリ・マキの人生で最も幸せな日」のネタバレあらすじ結末

オリ・マキの人生で最も幸せな日の紹介:2016年フィンランド,ドイツ,スウェーデン映画。パン屋で働くボクサーのオリ・マキが世界チャンピオンに挑んでいく話をメインに、オリ・マキの恋物語を含めて何が一番大切かを描き出した作品です。終始モノクロの画風が古い時代の話を表現していて優しい雰囲気を出しています。
監督:ユホ・クオスマネン 出演:ヤルコ・ラハティ(オリ・マキ)、オーナ・アイロラ(ライヤ)、エーロ・ミロノフ(エリス)、ほか

「ザ・シークレット 希望を信じて」のネタバレあらすじ結末

ザ・シークレット 希望を信じての紹介:2020年アメリカ映画。夫を亡くし子育てと仕事のやりくりに追われるミランダが偶然出会った、休暇中のブレイ。実は彼もミランダを探してルイジアナの町までやって来ていた。偶然が偶然を呼ぶミラクルストーリー。別題は『ザ・シークレット: デア・トゥー・ドリーム』
監督:アンディ・テナント 出演者:ケイティ・ホールズ(ミランダ・ウェルズ)、ジョシュ・ルーカス(ブレイ・ジョンソン)、ジェリー・オコンネル(タッカー)、セリア・ウェストン(ボビー)、サラ・ホフマイスター(ミッシー・ウェルズ)、ほか

「こえをきかせて」のネタバレあらすじ結末

こえをきかせての紹介:2018年日本映画。女性モデルと精肉店を営む男性とのラブストーリー。監督は、「あなたを待っています」や「闇金ぐれんたい」のいまおかしんじ氏。主人公のハルカを演じるのは、トリンプ・インターナショナル・ジャパン主催のヒップコンテスト日本大会で優勝した渡辺万美。精肉店店主は、「天然☆生活」の川瀬陽太が演じる。
監督:いまおかしんじ 出演:渡辺万美(はるか)、川瀬陽太(安春)、吉岡睦雄、今川宇宙、長屋和彰、古藤真彦、広瀬彰勇、丸純子、ほか

「血と砂(1941年)」のネタバレあらすじ結末

血と砂の紹介:1941年アメリカ映画。貧困から身を起こし親譲りの才能でスター闘牛士となる青年。だが彼を美しい罠が待っていた。1922年に伝説的美男スター、ルドルフ・ヴァレンティノ主演で製作された『血と砂』のリメイク(1921年の『椿姫』でヴァレンティノの相手役だったナジモヴァが主人公の母親を演じている)。主演は20世紀FOX社の二枚目アイドルにして名優のタイロン・パワー。可憐なリンダ・ダーネルとテクニカラーに美貌の映えるリタ・ヘイワースが主人公をめぐって争う。闘牛シーンはメキシコの闘牛場で撮影された。メキシコで異色のアメリカ人闘牛士だったバッド・ベティカーが技術顧問となり、これをきっかけに映画界に留まり、やがて西部劇等の脚本家・監督として活躍することになる。アーネスト・パーマーとレイ・レナハンが第14回アカデミー賞撮影賞(カラー)を受賞。
監督:ルーベン・マムーリアン 出演:タイロン・パワー(ファン・ガイヤルド)、リンダ・ダーネル(カルメン)、リタ・ヘイワース(ドニア・ソル)、ナジモヴァ(セニョーラ・アウグスティアス[ファンの母])、アンソニー・クイン(マノロ・デ・パルマ)、J・キャロル・ナイシュ(ガラバト)、リン・バリ(エンカルナシオン[ファンの姉])、ジョン・キャラダイン(ナショナル)、ほか

1 2 3 4 5 56

キーワードから探す

TOP↑