ラブストーリー映画のネタバレ

「愛の渇き」のネタバレあらすじ結末

愛の渇きの紹介:1967年日本映画。舅と関係を持ちながら、使用人の青年に惹かれていく未亡人を描いた文芸ロマンス。求められるまま舅に体を許す悦子の心は、どうしようもなく空虚だった。園丁・三郎の若さと逞しさに恋焦がれるが、ある日女中が彼の子どもを妊娠する。嫉妬に苦しむ悦子は、やがて静かに狂気に染まっていくのだった。原作は三島由紀夫の同名小説。
監督:蔵原惟繕 出演者:浅丘ルリ子(悦子)、石立鉄男(園丁・三郎)、中村伸郎(杉本弥吉)、山内明(謙輔)、楠侑子(千恵子)ほか

「恋する・ヴァンパイア」のネタバレあらすじ結末

恋する・ヴァンパイアの紹介:2015年日本映画。バンパイアの娘として生まれたキイラが、子供時代にあった初恋の少年を、7年後ベーカリーショップで働きながら探すと言う、バンパイアと人間の恋を描いた、ファンタジーラブストーリーです。台湾、韓国の女優、俳優も出演する国際色豊かな作品です。
監督:鈴木舞 出演者:桐谷美玲(キイラ)、戸塚祥太≪A.B.C-Z≫(哲)、三戸なつめ(ナツ)、モン・ガンルー(みき)、チェ・ジニョク(マイク)、イーキン・チェン(デレック)、田辺誠一(力彦)、大塚寧々(まりあ)、柄本明(宗二郎)ほか

「恋人までの距離」のネタバレあらすじ結末

恋人までの距離(ディスタンス)の紹介:1995年アメリカ映画。長距離列車の中でめぐり逢ったアメリカ人のジェシーとフランス人のセリーヌ。ウィーンに降り立った二人は翌朝には別れが訪れることを予感しつつも強く惹かれ合っていきます。ウィーンの美しい街並みを背景に綴られる究極のラブストーリー。監督のリチャード・リンクレイターはベルリン国際映画祭で監督賞を受賞しました。
監督: リチャード・リンクレイター 出演者:イーサン・ホーク(ジェシー)、ジュリー・デルピー(セリーヌ)、アーニ・マンゴールド(手相占い師)、ドミニク・キャステル(詩人)・ハイモン・マリア・バッテンガー(バーテンダー)ほか

「お吟さま」のネタバレあらすじ結末

お吟さまの紹介:1962年日本映画。今東光の直木賞受賞作『お吟さま』の最初の映画化。信仰と太閤秀吉の権力によって引き裂かれる、千利休の娘と高山右近の恋を描く。田中絹代の最後の監督作品になった。
監督:田中絹代 出演者:有馬稲子(吟)、高峰三枝子(りき)、冨士眞奈美(宇乃)、仲代達矢(高山右近)、中村鴈治郎(千利休)、南原宏治(石田三成)

「お買いもの中毒な私!」のネタバレあらすじ結末

お買いもの中毒な私!の紹介:2009年アメリカ映画。レベッカは重度の『お買い物中毒』。しかし、そんな彼女の勤務先がある日突然倒産してしまった。買い物をするためには働かなければいけない。レベッカの奮闘が始まる!
監督:P・J・ホーガン 出演:アイラ・フィッシャー(レベッカ・ブルームウッド)、ヒュー・ダンシー(ルーク・ブランドン)、ジョーン・キューザック(ジェーン・ブルームウッド)、ジョン・グッドマン(グレアム・ブルームウッド)、ジョン・リスゴー(エドガー・ウェスト)、クリスティン・スコット・トーマス(アレット・ネイラー)、クリステン・リッター(スーズ・クリース=スチュアート)、レスリー・ビブ(アリシア・ビリントン)、ほか

「突然炎のごとく」のネタバレあらすじ結末

突然炎のごとくの紹介:1961年フランス映画。「彼女はとくに美しくもない、聡明でも誠実でもない。だが、女そのものだ」と作品の中でジュールに語られるカトリーヌ。彼女を愛するジュールとジム。白黒の美しい映像と即興的でみずみずしい演出。
監督:フランソワ・トリュフォー 出演者:ジャンヌ・モロー(カトリーヌ)、オスカー・ヴェルナー(ジュール)、アンリ・セール(ジム)、ボリス・バシアク(アルベール)

「ローマでアモーレ」のネタバレあらすじ結末

ローマでアモーレの紹介:2012年アメリカ,イタリア,スペイン映画。ウディ・アレンらしい恋愛群像劇です。個性的な人たちばかりですが、日常のローマで起こる出来事をのぞき見するようでとても面白い作品です。結局誰を、何を選ぶのか。その選択がとっても楽しく幸せにしてくれます。
監督:ウディ・アレン 出演:ウディ・アレン(ジェリー)、ロベルト・ベニーニ(レオポルト)、ペネロペ・クルス(アンナ)、アレック・ボールドウィン(ジョン)、ジェシー・アイゼンバーグ(ジャック)ほか

「ゴースト もういちど抱きしめたい」のネタバレあらすじ結末

ゴースト もういちど抱きしめたいの紹介:2010年日本映画。1990年に公開され大ヒットを記録したハリウッド映画『ゴースト/ニューヨークの幻』を、舞台を日本に置き換えてリメイクしたファンタジー・ラブストーリーです。企業経営者の女性は韓国人青年と恋に落ちますが事件に巻き込まれて死んでしまい、ゴーストとして彼の前に現れます。
監督:大谷太郎 出演者:松嶋菜々子(星野七海)、ソン・スンホン(キム・ジュノ)、鈴木砂羽(上条未春)、橋本さとし(黒田竜二)、芦田愛菜(少女のゴースト)、樹木希林(運天五月)ほか

「光(河瀬直美監督)」のネタバレあらすじ結末

の紹介:2017年日本映画。2015年公開の映画『あん』の監督・河瀨直美と主演・永瀬正敏が再びタッグを組んだヒューマンドラマです。目の病により失明寸前の天才カメラマンと、視覚障がい者向けの映画用音声ガイドの原稿を手掛ける若き女性との出会い、そして出会いを機に何かが変わっていく女性の心境を描きます。
監督:河瀨直美 出演者:永瀬正敏(中森雅哉)、水崎綾女(尾崎美佐子)、神野三鈴(智子)、小市慢太郎(明俊)、白川和子(美佐子の母)、藤竜也(北林監督)、樹木希林(音声ガイダンスの声)ほか

「恋する輪廻 オームシャンティオーム」のネタバレあらすじ結末

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オームの紹介:2007年インド映画。冴えない脇役俳優・オームは大物俳優を夢見て日々を過ごしています。そんな彼が恋い焦がれるのはは人気女優・シャンティプリヤです。ある日、念願かなってシャンティと撮影を共にした日から、彼女との交流が始まりますが、彼女は世間にも秘密にしている事があったのでした。そのことがきっかけで、次々と事件が巻き起こります。
監督:ファラー・カーン 出演者:オーム・プラカーシュ/オーム・カプール(シャー・ルク・カーン)、シャンティ/サンディ(ディーピカー・パードゥーコーン)、パップー(シュレーヤス・タラプテー)、ムケーシュ(アルジュン・ラームパール)、ベラ(キラン・ケール)ほか

「君の名は」のネタバレあらすじ結末

君の名はの紹介:1953年日本映画。1952年~1954年にかけてNHKラジオにて放映されていた人気ラジオドラマを三部作として実写映画化した作品の第1作です。(新海誠監督の『君の名は。』(2016年公開)とは全く関係ありません)太平洋戦争の最中に偶然出会った男女の数奇な運命と許されざる愛を描きます。
監督:大庭秀雄 出演者:岸惠子(氏家真知子)、佐田啓二(後宮春樹)、淡島千景(石川綾)、月丘夢路(後宮悠起枝)、川喜多雄二(浜口勝則)ほか

「リープ・イヤー うるう年のプロポーズ」のネタバレあらすじ結末

リープ・イヤー うるう年のプロポーズの紹介:2010年アメリカ・アイルランド映画。後先を考えながら生活するタイプのアンナにはプロポーズを待つ彼がいますが待ちきれずうるう年の2月29日に彼にプロポーズをしようとしますが旅先で知り合った一人の無愛想な男性デクランに知り合い、旅を共にするうちに心を奪われるというラブストーリー。デクランとデクランをとりまく町の人たちもほのぼのとして癒されます。
監督:アナンド・タッカー 出演:出演:エイミー・アダムス(アンナ)、マシュー・グード(デクラン)、アダム・スコット(ジェレミー)、ジョン・リスゴー(ジャック)、ほか

「今夜、ロマンス劇場で」のネタバレあらすじ結末

今夜、ロマンス劇場での紹介:2018年日本映画。映画監督を夢見ている青年の牧野健司。助監督として京映撮影所で忙しく走り回る毎日を送っています。そんな彼は通い慣れている古びた映画館ロマンス劇場で忘れ去られたモノクロ映画『お転婆姫と三獣士』のお姫様の美雪に思いを寄せています。雨が降り、雷が鳴っていたある夜、健司に奇跡が起きます。なんと今まで映画のスクリーン越しに見ていたお姫様の美雪が彼の前に飛び出してきたのです。お転婆でわがままは彼女に振り回されながらも、いつしか健司は美雪に恋をするのです。
監督:武内英樹 出演:綾瀬はるか(美雪)、坂口健太郎(牧野健司)、本田翼(成瀬塔子)、北村一輝(俊藤龍之介)、中尾明慶(山中伸太郎)、石橋杏奈(吉川天音)、ほか

「カレの嘘と彼女のヒミツ」のネタバレあらすじ結末

カレの嘘と彼女のヒミツの紹介:2004年アメリカ映画。恋人の携帯電話や手帳をこっそり覗き見るチャンスがあったらどうする?そんな誰でも一度は思い当たるテーマを軽快なタッチで描く。ヒロインには2009年に惜しくもこの世を去ったブリタニー・マーフィ。同棲中の恋人が置き忘れた電子手帳(PDA)をうっかり覗いてしまった女性。そこには元カノ3人の存在があった。浮気なのか本気なのか、恋人の本心を探るため元カノ達に接近した女性が出した結末とは。米テレビ業界のすさまじい内幕も垣間見ることができるユニークなラブ・コメディ。
監督:ニック・ハラン 出演者:ブリタニー・マーフィ(ステイシー・ホルト)、ホリー・ハンター(バーブ・キャンベル=ダン)、キャシー・ベイツ(キッピ―・カーン)、ロン・リビングストン(デレク)、ラシダ・ジョーンズ(レイチェル・キース)、ジュリアンヌ・ニコルソン(ジョイス)、ジョジ―・マラン(ルル)、ケヴィン・サスマン(アイラ)ほか

「ニューヨーク、アイラブユー」のネタバレあらすじ結末

ニューヨーク、アイラブユーの紹介:2008年アメリカ,フランス映画。パリを舞台にした「パリ、ジュテーム」の第二弾で、複数の監督が手がけた短編映画がオムニバス形式でストーリーが展開していく。女優のナタリー・ポートマンが監督の作品も収録されている。
出演:ヘイデン・クリステンセン(ベン)、レイチェル・ビルソン(モリー)、アンディ・ガルシア(ギャリー)、イルファン・カーン(マンスークバイ)、ナタリー・ポートマン(リフカ)、オーランド・ブルーム(デイヴィッド)、クリスティナ・リッチ(カミーユ)、マギー・Q(娼婦)、イーサン・ホーク(作家)、アントン・イェルチン(若者)、スー・チー(中国茶店の店員)、

1 2 3 4 5 6 7 32
TOP↑