アドベンチャー映画のネタバレ

アドベンチャー映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気アドベンチャー映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「ムーンフリート」のネタバレあらすじ結末

ムーンフリートの紹介:1955年アメリカ映画。18世期中頃のイングランド。幼い少年ジョン・モフーンは、彼の先祖の伝説が残るムーンフリートの地にひとりやってくる。密輸のはびこるその地の密輸団の首領こそ、ジョンの亡き母の恋人ジェレミー・フォックスに他ならなかった。シネマスコープは葬列と蛇の撮影に向いているという言葉で知られるフリッツ・ラング監督が、ミクロス・ローザの勇壮な音楽で始まるイーストマンカラー冒険活劇で、シネスコ画面をダイナミックに生かしている。
監督:フリッツ・ラング 出演者:スチュワート・グレンジャー(ジェレミー・フォックス)、ジョン・ホワイトリー(ジョン・モフーン)、ヴィヴェカ・リンドフォース(アン・ミントン)、ジョージ・サンダース(アシュウッド卿)、ジョーン・グリーンウッド(アシュウッド卿夫人)そのほか

「マーシャル博士の恐竜ランド」のネタバレあらすじ結末

マーシャル博士の恐竜ランドの紹介:2009年アメリカ映画。タキオン増幅器を使ってタイムワープできるという持論を持つマーシャル博士は、テレビ対談で、税金を無駄に使ったとして悪評を受け、小学生にタイムワープを講義するまでに落ちぶれています。そこへマーシャル博士の信者であるホリーという若い女性がやって来て、彼女に言われるがままタキオン増幅器を作り実践すると、本当にタイムワープしてしまいます。喜ぶ二人でしたが、なくしたタキオン増幅器を見つけないと、元に戻れない事から探し始めますが…という内容のファンタジーアドベンチャー映画です。
監督:ブラッド・シルバーリング 出演者:ウィル・フェレル(リック・マーシャル博士)、ダニー・マクブライド(ウィル・スタントン )、アンナ・フリエル(ホリー・カントレル)、ヨーマ・タッコン(チャカ)、 ジョン・ボーイラン(エニック)ほか

「ピートとドラゴン」のネタバレあらすじ結末

ピートとドラゴンの紹介:1977年アメリカ映画。ディズニー作品として初めて、現実の世界にアニメが入り込んだ作品を作り上げました。日本では劇場未公開作品で幻のディズニー映画とも呼ばれています。本作に登場するピートと緑色のドラゴンであるエリオットは、日本では東京ディズニーランドのエレクトリカルパレードに登場するキャラクターとして親しまれています。本作は2016年にリメイク作品「ピートと秘密の友達」が公開されています。
監督:ドン・チャフィ 出演:ショーン・マーシャル(ピート)、シェリー・ウィンターズ(レナ)、レッド・バトンズ(ホーギー)、ジム・デール(ターミナス博士)、チャーリー・カラス(エリオットの声)、ヘレン・レディ(ノラ)、ミッキー・ルーニー(ランピー)、ジム・バッカス(町長)ほか

「ソニック・ザ・ムービー」のネタバレあらすじ結末

ソニック・ザ・ムービーの紹介:2020年アメリカ映画。日本で生まれた有名ゲームキャラ「ソニックザヘッジホッグ」を主役に映画化した作品。実写とCG が合成し、ゲームさながらのアクションシーンも見せてくれます。声優にジム・キャリーを起用しているのも見所の一つです。
監督:ジェフ・フォウラー 出演:ベン・シュワルツ(ソニックの声)、ジェームズ・マースデン(トム)、ティカ・サンプター(マディ)、ジム・キャリー(ドクター・ロボトニック)、ナターシャ・ロスウェル、アダム・パリー、ほか

「宝島(1950年)」のネタバレあらすじ結末

宝島の紹介:1950年アメリカ映画。ロバート・ルイス・スティーヴンソンの同名冒険小説を映画化したアドベンチャー作品で、1934年にも映画化された作品の2度目の映画化作品です。ディズニー初の全編実写作品となる本作はディズニーの創設者ウォルト・ディズニー自ら製作総指揮を務め、18世紀中頃を舞台に海賊船長から宝島の地図を渡された少年の冒険を描きます。
監督:バイロン・ハスキン 出演:ボビー・ドリスコール(ジム・ホーキンス)、ロバート・ニュートン(ロング・ジョン・シルヴァー)、ベイジル・シドニー(スモレット船長)、ウォルター・フィッツジェラルド(スクワイアー・トレローニー)、デニス・オディア(リヴジー医師)、フィンレイ・カリー(ビリー・ボーンズ船長)、ラルフ・トルーマン(ジョージ・メリー)、ジェフリー・ウィルキンソン(ベン・ガン)、フランシス・デ・ウルフ(ブラック・ドッグ)、デイヴィッド・デイヴィス(アロー)、ほか

「グランド・ジャーニー」のネタバレあらすじ結末

グランド・ジャーニーの紹介:2019年フランス,ノルウェー映画。クリスチャンは少々変わり者の気象学者で鳥類保護活動家。フランス・カマルグで渡り鳥、ガンの研究に夢中だ。超軽量飛行機ULMを使い、渡り鳥に安全に飛行ルートを教えるという無謀で誰もがあきれるプロジェクトを実行しようとしていた。そんな父を持つ思春期の息子トマはこの大自然に預けられることになった。室内にこもりきりのトマと父クリスチャンの心の交流を描く。モデルとなったクリスチャン・ムレクは脚本にも参加し、ガンや飛行を担当した。CGはほとんど使わずに、大自然をガンと共に飛行するリアルな映像もみどころのひとつ。
監督: ニコラ・ヴァニエ 出演:ジャン=ポール・ルーヴ(クリスチャン)、メラニー・ドゥーテ(パオラ)、ルイ・バスケス(トマ)、フレデリック・ソレル(ビョルン)、リル・フォッリ(ディアンヌ)、グレゴリー・バケ(ジュリアン)、ドミニク・ビノン(ビチョン)、アリアンヌ・ビリー(ジャンヌ)、フィリップ・マニャン(メナール)ほか

「海の狼(1941年)」のネタバレあらすじ結末

海の狼の紹介:1941年アメリカ映画。他の船を避けて太平洋を航行する帆船に、一人の作家と一人の暗い過去のある女が救助される。ジャック・ロンドンの同名小説を原作とする冒険映画。名優エドワード・G・ロビンソンが残虐で知的、複雑な人格の船長を演じる。監督は『カサブランカ』のマイケル・カーティズ。脚本は後年『オール・ザ・キングスメン』や『ハスラー』の監督となるロバート・ロッセン。エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルトによる音楽も名高い。
監督:マイケル・カーティズ 出演者:エドワード・G・ロビンソン(ウルフ・ラーソン)、アイダ・ルピーノ(ルース・ブリュースター)、ジョン・ガーフィールド(ジョージ・リーチ)、アレクサンダー・ノックス(ハンフリー・ヴァン・ワイデン)、ジーン・ロックハート(ルイ・プレスコット)、スタンリー・リッジス(ジョンソン)、バリー・フィッツジェラルド(クッキー)ほか

「ヘル・トラップ」のネタバレあらすじ結末

ヘル・トラップの紹介:2011年フランス映画。ドイツ占領下の中、ユダヤ人3人が乗った飛行機が大西洋に墜落。ゴムボートで脱出した3人は無人島を見つけ上陸しますが、次々落とし穴に落ち、一人が死んでしまいます。出口を探す二人は冷凍された美女と、ドイツの研究室を見つけますが・・・という内容のアドベンチャーホラー映画です。
監督:オリヴィエ・ボワイヨ 出演:ミシェル・ベアトリクス(アルベール)、シリエル・ドゥブレイユ(フランシーヌ)、カドゥール・ドルガン(フランク)、ジェレミー・デュプロイ・J(ピエール)ほか

「ドクター・ドリトル(2020年)」のネタバレあらすじ結末

ドクター・ドリトルの紹介:2020年アメリカ映画。動物と話せるドリトル先生は名医だが、変わり者。世間から距離を置き、さまざまな動物たちと暮らしていたが、重い病に倒れたヴィクトリア女王を救うために、唯一の治療法を求めて伝説の島へと冒険の旅に出る。同行するのは頑固なオウム、臆病なゴリラ、寒がりのシロクマなど個性豊かな動物たちと、助手のスタビンズ少年。大砲が飛び交う中での航海や狂暴なトラとの対峙など壮大なスケールの冒険物語。原作は100年間も愛され続けてきた世界的ベストセラー。主題歌は数多くのグラミー賞を獲得しているオーストラリア出身のシンガーソングライター、シーアが務めている。
監督:スティーヴン・ギャガン  出演:ロバート・ダウニーJr(ジョン・ドリトル先生)、アントニオ・バンデラス(ラソーリ)、マイケル・シーン(マッドフライ医師)、ハリー・コレット(スタビンズ少年)、カーメル・ラニアード(レディ・ローズ)、ジム・ブロードベント(バッジリー卿)、ジェシー・バックリー(ヴィクトリア女王)、エマ・トンプソン(オウムのポリー/声)、ラミ・マレック(ゴリラのチーチー/声)、ジョン・シナ(シロクマのヨシ/声)、クメイル・ナンジアニ(ダチョウのプリンプトン/声)、オクタヴィア・スペンサー(アヒルのダブダブ)、トム・ホランド(イヌのジップ/声)、クレイグ・ロビンソン(リスのケヴィン/声)、レイフ・ファインズ(トラのバリー/声)、セレーナ・ゴメス(キリンのベッツィ/声)、マリオン・コチヤール(キツネのチュチュ/声)ほか

「トムとトーマス」のネタバレあらすじ結末

トムとトーマスの紹介:2002年イギリス,ニュージーランド映画。生き別れの双子が再会し、人身売買の魔の手に立ち向かっていくアドベンチャー・ドラマ。9歳のトーマスにはトムという名の空想上の友人がいた。ところがある日、トムが目の前に現れ実在していたことを知る。彼らは赤ん坊の頃に生き別れた双子だった。児童養護施設で育っていたトムは、施設内で人身売買の現場を目撃してしまい逃げて来たのだと話す。そして人身売買の魔の手は、トムと間違われたトーマスにも迫るのだった。
監督:エスメ・ラマーズ 出演者:ショーン・ビーン(ポール・シェパード)、デレク・デ・リント(バンクロフト)、アーロン・ジョンソン(トム/トーマス)、インデイ・バ(シリア・スコフィールド)、ビル・スチュワート(フィンチ)、ほか

「ウォー・オブ・ザ・ジャングル」のネタバレあらすじ結末

ウォー・オブ・ザ・ジャングルの紹介:2012年アメリカ映画。アスガードという部隊に所属していたイナラの父親が死亡しました。仲間の兵士を殺したことで兵士たちの間では彼は悪者でした。マーカスから入隊を勧められた娘のイナラは、父の死の真相を探るため、父の行ったヴァルハラ島に上陸しますが、そこはアマゾネスが支配する女部族の島で…という内容の、超低予算アクションジャングルムービーです。
監督:パトリック・デスマラッテス 出演者:カリ・デンジャー(イナラ)、デスティニー・デュモン(ガレン)、オーランド・リッチ(リアム)、ジャック・ステッチャー(マーカス・フレッチャー)、ティム・ロス(マーシャル・ハワード)ほか

「サムソン 神に選ばれし戦士」のネタバレあらすじ結末

サムソン 神に選ばれし戦士の紹介:2018年アメリカ,南アフリカ映画。旧約聖書のエピソードのひとつを基に映画化された『サムソンとデリラ』(1949年)を最新鋭のCG技術などを駆使してリメイクした一代スペクタクル巨編です。紀元前の古代イスラエルを舞台に、神に怪力を授けられた男サムソンが圧政に立ち向かう様を圧巻の映像で綴ります。
監督:ブルース・マクドナルド、ガブリエル・サブロフ 出演者:テイラー・ジェームズ(サムソン)、ビリー・ゼーン(バレク王)、ジャクソン・ラスボーン(ラッラー)、ケイトリン・レイヒー(デリラ)、ルトガー・ハウアー(マノア)、リンゼイ・ワグナー(ジルコニス)、ブランドン・オーレ(アシュドド)、フランシズ・ショルト・ダグラス(タレン)、グレッグ・クリーク(カレブ)ほか

「トム・ソーヤー&ハックルベリー・フィン」のネタバレあらすじ結末

トム・ソーヤー&ハックルベリー・フィンの紹介:2014年ドイツ映画。文豪マーク・トウェインの小説「トム・ソーヤーの大冒険」を原作とするアドベンチャー映画。19世紀半ばの豊かな自然が広がるミズーリ州の田舎町を舞台に、少年トム・ソーヤと親友ハックルベリー・フィンの冒険と友情を描いていきます。「バットマン フォーエヴァー」、「ドアーズ」のヴァル・キルマーが特殊メイクでマーク・トウェイン役を好演しています。
監督:ジョー・カストナー 出演:ジョエル・コートニー(トム・ソーヤ)、ジェイク・T・オースティン(ハックルベリー・フィン)、ヴァル・キルマー(マーク・トウェイン)、キャサリン・マクナマラ、ノア・マンク、シーウェル・ホイットニー、ソニア・キルヒバーガー、クリスティーネ・カウフマン、ダン・ヴァン・ハッセン、ほか

「マニカルニカ ジャーンシーの女王」のネタバレあらすじ結末

マニカルニカ ジャーンシーの女王の紹介:2019年インド映画。「バーフバリ」シリーズで世界的に名を馳せたヴィジャエーンドラ・プラサードが脚本を務める歴史大作。19世紀中盤に起きた「セポイの反乱」で指導的役割を果たし、「インドのジャンヌ・ダルク」の異名を持つラクシュミー・バーイーの生涯について描く。
監督:カンガナー・ラーナーウト 出演者:カンガナー・ラーナーウト(ラクシュミー・バーイー(マニカルニカ)、モハメッド・ジーシャン・アイユーブ(サダーシヴ・ラーオ)、アトゥル・クルカルニー(タンティヤ・トーペー)、ジーシュ・セーングプタ(ガンガーダル・ラーオ)、リチャード・キープ(ヒュー・ローズ卿)、スレーシュ・オベロイ(宰相バージーラーオ2世)、クルブーシャン・カルバンダー(ディクシト)、ダニー・デンゾンパ(ガウス・カーン)、エドワード・ソネンブリック(ゴードン少将)、ダニエル・オカーン(ニコラス少将)ほか

「イントゥ・ザ・スカイ」のネタバレあらすじ結末

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたりの紹介:2019年イギリス,アメリカ映画。2013年に発表されたリチャード・ホームズの著書『Falling Upwards : How We Took to the Air』を基に、19世紀のイギリスの気象学者ジェームズ・グレーシャーが行った気球による気象観測飛行の実話にアレンジを加えて映画化したアドベンチャー作品です。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のフェリシティ・ジョーンズと『ファンタスティック・ビースト』シリーズのエディ・レッドメインが『博士と彼女のセオリー』以来となる共演でダブル主演を務めています。
監督:トム・ハーパー 出演者:フェリシティ・ジョーンズ(アメリア・レン)、エディ・レッドメイン(ジェームズ・グレーシャー)、フィービー・フォックス(アントニア)、ヒメーシュ・パテル(ジョン・トリュー)、ヴァンサン・ペレーズ(ピエール・レン)、アン・リード(エセル・グレーシャー)、トム・コートネイ(アーサー・グレーシャー)、ティム・マッキナリー(ジョージ・ビドル・エアリー)、レベッカ・フロント(フランシス)ほか

1 2 3 4 5 14

キーワードから探す

TOP↑