Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホラー映画のネタバレ

ホラー映画のネタバレあらすじと結末の一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のホラー映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。ホラー映画の一覧には洋画や邦画の、スプラッター系、スリラー系、ゴシック系、サイコ系、パニック系、カルト系、ディザスター系などあらゆるジャンルの作品が含まれます。

「肉」のネタバレあらすじ結末

肉の紹介:2013年アメリカ映画。先祖代々、1年に一回だけ人肉を食べる儀式を行う山に住む一家の物語です。死体を解体するシーンなどはありませんが過激な内容で、各国で本編の修正を余儀なくされた作品で、日本国内版は修正なしで収められています。
監督:ジム・マイクル 出演者:ビル・セイジ(フランク・パーカー)、アンビル・チルダーズ(アイリス・パーカー)、ジュリア・ガーナー(ローズ・パーカー)、ジャック・ゴア(ロリー・パーカー)、ケリー・マクギリス(ミセス・マージ)、ワイアット・ラッセル(アンダース)、ニック・ダミチ(ミークス保安官)、マイケル・パークス(バロー)ほか

「ポゼッション(2012年)」のネタバレあらすじ結末

ポゼッションの紹介:2012年アメリカ,カナダ映画。「スパイダーマン」等で日本でも有名な監督サム・ライミが久々に手掛けたホラー作品です。実際にあった話を元に悪魔が取り付いた箱に翻弄される親子の壮絶なる戦いを描いています。じわじわくる恐怖がたまらなく怖い作品です。
監督:オーレ・ボールネダル 出演:ジェフリー・ディーン・モーガン(クライド)、キーラ・セジウィック(ステファニー)、ナターシャ・カリス(エム / エミリー)、マディソン・ダヴェンポート(ハンナ)、グラント・ショウ(ブレット)、ロブ・ラベル(ラッセル)、ナナ・グベウォニョ(ダリウス)、ほか

「呪島 jutou」のネタバレあらすじ結末

呪島 jutouの紹介:2008年日本映画。無人島探検クラブの男女10人が、入り込んだら生きて帰れないという無人島に渡り、順番に一人ずつ殺されていくという内容の、オカルトスプラッターホラー映画です。低予算ながら、ツボを押さえた演出で楽しめる作品です。
監督:永岡久明 出演者:里久鳴祐果(ヒトミ)、Shihomi(アカネ)、小川瀬里奈(ミズホ)、池見典子(マキ)、雨宮徹(タクマ)ほか

「弟切草」のネタバレあらすじ結末

弟切草(おとぎりそう)の紹介:2000年日本映画。弟切草というゲームを制作中のゲーム会社社長の公平は、元恋人の奈美が相続した屋敷を訪ねるため二人で向かいました。古い屋敷に着いた二人が、部屋を順番に調べて行くうちに驚愕の事実を知りましたという内容の、テレビゲームの実写映画化作品です。
監督:下山天 出演者:奥菜恵(菊島奈美 / 階沢直美)、斉藤陽一郎(松平公平)、大倉孝二(浮田真一)、松尾れい子(小関透子)、minoru(階沢蒼一)ほか

「アナと世界の終わり」のネタバレあらすじ結末

アナと世界の終わりの紹介:2017年イギリス映画。ミュージカルとゾンビ映画がミックスされた異色の作品。イギリスの田舎町で巻き起こるゾンビパニックで、主人公の女子高生アナが騒動に巻き込まれながら勇敢に立ち向かっていきます。巷で溢れるありきたりのゾンビ映画でなく、ミュージカルも取り入れた斬新なアイデアが秀逸な作品です。
監督:ジョン・マクフェイル 出演:エラ・ハント(アナ)、マルコム・カミング(ジョン)、セーラ・スワイア(ステフ)、クリストファー・ルヴー(クリス)、マルリ・シウ(リサ)、ベン・ウィギンズ(ニック)、マーク・ベントン(トニー)、ポール・ケイ(サヴェージ校長)、ほか

「巨乳ドラゴン 温泉ゾンビVSストリッパー5」のネタバレあらすじ結末

巨乳ドラゴン 温泉ゾンビ VS ストリッパー5の紹介:2010年日本映画。寂れた温泉町のストリップ小屋に働きに行ったレナは、楽屋の隠し部屋を見つけて同僚らと探索しました。そして『死者の書』を見つけたマリアが呪文を唱えると、井戸の中から死者が次々と蘇り始めました…という内容の、ちょっとエッチなコメディゾンビスプラッター映画です。
監督:中野貴雄 出演者:蒼井そら(丈堂レナ)、桜井まり(黒伊マリア)、かすみりさ(星影銀子)、TAMAYO(桜咲ネネ)、相川イオ(ダーナ)ほか

「ZVC ゾンビVSチアガール」のネタバレあらすじ結末

ZVC ゾンビVSチアガールの紹介:2007年アメリカ映画。田舎の森で合宿キャンプをするチアガールたちが、60年前に捨てられたゾンビ生成薬によってゾンビ化し、チアガールゾンビとなって襲ってくるという内容の超低予算コメディゾンビ映画です。
監督:ジョン・フィーバー 出演者:ジェミー・アン・ブラウン(アシュリー)、クリス・ホワイト(コットン)、ニコール・ローズ(ブリトニー)、ジェイソン・グリーネ(ランディ)、ブランディ・ブラックモン(ニッキー)ほか

「ゴーストマンション」のネタバレあらすじ結末

ゴーストマンションの紹介:2002年アメリカ映画。カンザス州の田舎に古い屋敷を格安で買ったジェフ一家でしたが、毎夜不思議な現象が起こることから、超常現象を調査するテレビ番組に調査を依頼しました。全てトリックだと考えるディレクターのデレックをはじめ、専門家のアレンが調査にやって来ました。アレンは少女の霊が住んでいると言い、やがて調査メンバーの目の前でも不思議な現象が起りはじめました…という内容のオカルトホラー映画です。
監督:ブライアン・トレンチャード・スミス 出演者:ボー・ブリッジス(デレク)、ニア・ロング(ルウ)、ミゲル・フェラー(アレン)、ガブリエル・オールズ(ジェフ)、テア・ギル(パム)、マシュー・カリー・ホームズ(ノーラン)、レイチェル・ヘイワード(ジェイミー)、トレヴァー・ロバーツ(アーノルド)ほか

「がっこうぐらし!」のネタバレあらすじ結末

がっこうぐらし!の紹介:2018年日本映画。私立巡ヶ丘学院高等学校の学園生活部に所属する胡桃、悠里、由紀は屋上で菜園をし、保健の佐倉先生と一緒に、学校で生活する合宿の『がっこうぐらし』を行っていました。楽しいはずの学園生活でしたが、学校はゾンビ達に囲まれていました…という内容のアニメ『がっこうぐらし!』の実写映画化ホラーです。
監督:柴田一成 出演者:阿部菜々実(恵飛須沢胡桃)、長月翠(丈槍由紀)、間島和奏(若狭悠里)、清原梨央(直樹美紀)、おのののか(佐倉慈)、金子大地(葛城紡)ほか

「アルカディア」のネタバレあらすじ結末

アルカディアの紹介:2017年アメリカ映画。とある兄弟が10年前に脱退し、ずっと関わって来なかったキャンプ・アルカディアから送られてきた一本のビデオテープがきっかけで久しぶりにアルカディアに戻る事になり、そこで不可思議な現象に巻き込まれていくというSFスリラーです。
監督:アーロン・ムーアヘッド 、ジャスティン・ベンソン 出演:アーロン・ムーアヘッド(アーロン)、ジャスティン・ベンソン(ジャスティン)、キャリー・ヘルナンデス(アナ)、リュー・テンプル(ティム)、テイト・エリントン(ハル)、ジェームズ・ジョーダン、ほか

「ヘブンズ・ゲート」のネタバレあらすじ結末

ヘブンズ・ゲート(別題:ザ・ミニオン/悪魔の封印)の紹介:1998年アメリカ映画。世紀末、人に憑依しながら反キリスト(悪魔)を地獄から解き放とうとする悪魔の従者“ミニオン”を阻止すべく、修道士と考古学者が死闘を繰り広げる。
監督:ジャン=マルク・ビシェ 出演:ドルフ・ラングレン、フランソワーズ・ロバートソン、ロック・ラフォーチュン、デヴィッド・ナーマン、アレン・オルトマン、ほか

「怨廻」のネタバレあらすじ結末

怨廻の紹介:2005年日本映画。ニートでひきこもりになったアキコとサトシは、サトシの運営する動画チャット『ドラの部屋』を通じて知り合いになりました。ある日、杉並区で起こったガス拡散事件で、一人部屋で助けを待つサトシを、ビデオチャットを使って助けようとしたアキコでしたが・・・という内容のジャパニーズホラー映画です。題名やパッケージにある怨廻らしきものは出てきません。
監督:福居ショウジン 出演者:溝手真喜子(木魂アキコ)、伊藤主税(及川タケシ)、福山知沙(田島サトミ)、河端保成(管理人)ほか

「オープンウォーター・サバイバル」のネタバレあらすじ結末

オープンウォーター・サバイバルの紹介:2011年アメリカ映画。プレジャーボートをチャーターして、沖合に釣りに出かけた男女の若者6人が、エンジンの故障で漂流中に通りかかった漁師の船に助けられたものの、彼らは人間をエサに漁をするキチガイ軍団だったという内容のグロスラッシャー作品です。
監督:マット・ロックハート 出演者:ジェイソン・ミューズ(トレイラー)、ルーク・ガルダン(マイク)、タイラー・ジョンソン(ブレッド)、ジョイ・グラス(リサ)、タラ・ヘストン(ダイアン)、アシュリー・マイヤーズ(クリッシー)、ほか

「もうひとりいる」のネタバレあらすじ結末

もうひとりいるの紹介:2002年日本映画。瑞貴たちアイドルが廃校となった学校の教室でグラビア写真を撮影している時、マネージャーの男性にもう一人の自分が現れ、殺されてしまいました。やがてもう一人の自分が瑞貴らに迫って来ました・・・という内容の、都市伝説『ドッペルゲンガー』を題材にしたホラー映画です。
監督:柴田一成 出演者:佐久間信子(上野瑞貴)、世那(島崎摩耶)、河辺千恵子(北条有香)、榊英雄(山崎浩平)、稲田千花(倉橋晶子)、津田寛治(井坂洋樹)、諏訪太朗(滝本康則)ほか

「サマー・オブ・84」のネタバレあらすじ結末

サマー・オブ・84の紹介:2017年カナダ映画。80年代の米国オレゴン州。郊外の穏やかな住宅街で地元を騒がす連続殺人事件が勃発する。15歳のデイビーを中心とする親友4人組にとって事件は胸がワクワクする冒険であり、イベントでもあった。自分たちの手で殺人鬼の正体を暴くという彼らの野心は、図らずもおぞましい世界への扉をこじあけていくこととなる。単なるホラーにとどまらず、デイビーと仲間たちの友情、恋、家庭環境など子供目線で細やかに描かれた物語は、観る者をタイムスリップさせてくれる。監督を務めたのはROADKILL SUPERSTARS (RKSS)というユニット名で数多くの短編を手掛けたのち、SXSW映画祭最優秀観客賞などを受賞したフランソワ・シマール、アヌーク・ウィッセル、ヨアン・カール・ウィッセル。誰もが体験する好奇心に胸を膨らませた子供時代をノスタルジーとリアリティと共に描いた青春ホラー。
監督:RKSS(フランソワ・シマール/アヌーク・ウィッセル/ヨアン=カール・ウイッセル) 出演:グラハム・バーチャー(デイビー・アームストロング)、ジュダ・ルイス(トミー・‘イーツ’・イートン)、コリー・グルーター=アンドリュー(カーティス・ファラディ)、カレブ・エメリー(デール・’ウッディ‘・ウッドワース)、ティエラ・スコビー(ニッキー)、リッチ・ソマー(マッキー)ほか

1 2 3 4 5 75
TOP↑