ホラー映画のネタバレ

「アーバン・エクスプローラー」のネタバレあらすじ結末

アーバン・エクスプローラーの紹介:2011年ドイツ映画。ベルリンの地下で謎の男に襲われる若者達の恐怖を描いたホラー&サスペンス映画。旧ドイツ軍のバンカーを探検する非合法ツアーに参加するため、世界各国から4人の若者が集まった。しかし地下でガイドが負傷してしまい、身動きが取れなくなってしまう。そこへ地下に住んでいるという男が現れ、救助を呼んでくれることになった。ところが男は若者達を住処に招き入れると態度を豹変させ、凄惨な拷問を加え始める。彼は、迷い込んだ人間を惨殺する狂気の殺人鬼だったのだ。
監督:アンディ・フェッチャー 出演:ニック・エヴァスマン(デニス)、ナタリー・ケリー(ルシア)、ブレンダ・クー(ジュナ)、カトリーヌ・ドゥ・レアン(マリー)、マックス・リーメルト(クリス)、ほか

「ウィッチ」のネタバレあらすじ結末

ウィッチの紹介:2015年アメリカ映画。1630年代のニューイングランド。人里を離れ、森の近くで強い信仰に根差した生活を送る開拓者一家を次々と不幸が襲う。やがて家族は長女トマシンに、悪魔に魂を売って魔女となったという疑いをかける。民話、おとぎ話、歴史的資料に基づくホラー。台詞の多くもそれらの記録の中のことばをそのまま使っている。ロバート・エガースは本作品でサンダンス映画祭監督賞を受賞。主演は『スプリット』、『ミスター・ガラス』のアニヤ・テイラー=ジョイ。
監督:ロバート・エガース 出演者:アニヤ・テイラー=ジョイ(トマシン)、ラルフ・アイネソン(ウィリアム)、ケイト・ディッキー(キャサリン)、ハーヴィー・スクリムショウ(ケイレブ)、エリー・グレインジャー(マーシー)、ルーカス・ドーソン(ジョナス)ほか

「自殺マニュアル」のネタバレあらすじ結末

映画 自殺マニュアルの紹介:2003年日本映画。テレビ局の橘と理恵が集団自殺の取材をしたことから、『自殺マニュアル』というDVDを見てしまい、自殺願望に取りつかれてしまうというミステリー風のホラー映画です。普通の人間が自殺願望に取りつかれるというオカルト的な内容です。
監督:福谷修 出演者:森下千里(泉川理恵)、水橋研二(橘悠)、中村優子(リッキー)、榊英雄(屋代啓太)、堀江慶(西山刑事)ほか

「血まみれスケバンチェーンソー」のネタバレあらすじ結末

血まみれスケバンチェーンソーの紹介:2016年日本映画。うぐいす学園でスケバンをはるギーコは、チェーンソーを持って登校し、暴れまくっていました。元いじめられっ子のネロは、ネロ様と崇められ、生徒達を改造して人間兵器にしていました。ネロの最終目標はギーコでした。ネロに恨まれる覚えのないギーコは、訳のわからないままネロを追い詰めました・・という内容のコメディスプラッター映画です。
監督:山口ヒロキ 出演者:内田理央(鋸村ギーコ)、山地まり(碧井ネロ)、佐藤聖羅(爆谷さゆり)、玉城裕規(怨憎)、奥田佳弥子(仙崎)ほか

「アラン 阿娘」のネタバレあらすじ結末

アラン-阿娘-の紹介:2006年韓国映画。立て続けに友人同士の男性が殺害されました。3人の共通点は『塩の村』からのメールとホームページでした。女刑事ソヨンは新人刑事のヒョンギと捜査を続けるうち、ミンジョンという女性が鍵を握っていることを突き止めますが・・・という内容の韓国のホラーサスペンス映画です。
監督:アン・サンフン 出演者:イ・ドンウク(ヒョンギ)、ソン・ユナ(ソヨン)、イム・ジュファン、チュ・サンウク、イ・ジョンス(ドンミン)ほか

「RAW 少女のめざめ」のネタバレあらすじ結末

RAW 少女のめざめの紹介:2016年フランス,ベルギー映画。ジュリア・デュクルノー監督の長編デビュー作にして、第69回カンヌ国際映画祭批評家週間で国際批評家連盟賞を受賞した作品。主人公の少女が大人へと目覚めていく様子と、人の肉を食べたいという欲望「カニバリズム」に目覚めていく様子が色彩豊かに描かれています。十六歳の少女・ジュスティーヌは家庭での教育によりベジタリアンとして育ちます。両親の母校であり姉も在学している獣医科大学に進学したことで、初めて親元を離れ寮生活となります。しかしそこでは動物の血を浴びる、ウサギの腎臓を食べるなど想像を超えた洗礼儀式が待ち受けていました。ベジタリアンだからといって許される訳もなく、ジュスティーヌは初めて動物を口にします。それからというもの、彼女の体には異変が起き始めます。その原因を突き止めようとするうちに、彼女は自分自身のカニバリズムに気が付いてしまいます。カニバリズムと懸命に向き合おうとするジュスティーヌが知る驚愕の事実とは。
監督:ジュリア・デュクルノー 出演:ギャランス・マリリエ(ジュスティーヌ)、エラ・ルンプフ(アレックス)、ラバ・ナイト・ウフェラ(アドリアン)、ほか

「呪いの家」のネタバレあらすじ結末

呪いの家(呪ひの家)の紹介:1944年アメリカ映画。イギリスを舞台としたクラシックホラー。映画史上初めて幽霊を実体のあるものとして扱った作品で、スコセッシ監督もホラーのベストイレブンに選んでいる。ジャズのスタンダードナンバー「星影のステラ」は元々この映画のために書かれた曲。
監督:ルイス・アレン 出演:レイ・ミランド(リック)、ルース・ハッセイ(パメラ)、ドナルド・クリスプ(ビーチ中佐)、ゲイル・ラッセル(ステラ・メレデス)、アラン・ネイパー(スコット医師)、コーネリア・オーティス・スキナー(ミス・ハロウェイ)、ドロシー・スティックニー(ミス・バード)、ほか

「放課後戦記」のネタバレあらすじ結末

放課後戦記の紹介:2018年日本映画。学校の屋上でいじめられていた弓立を見ていた瀬名は鼻血を出していました。弓立に借りたハンカチを返すため、屋上で待っていた瀬名は、やがて眠りこけて目が覚めると夜になっていました。夜が明けると瀬名は、生徒同士が殺し合いをする世界に変わっていることに気づきました…という内容のサバイバルホラー映画です。妄想と思い出、そして現実の世界が交錯し、非常に難解な作品に仕上がっています。パッケージにあるような殺戮シーンはほとんどありません。
監督:土田準平 出演:市川美織(門脇瀬名)、秋月成美(護華養子)、りりか(憑対弓立)、小宮有紗(配諏野支檻)、遠藤新菜(宝示戸顕乃)、青島心加(撃摘政兎)、窪田美沙(求邑知歌)、井上美那(自尊慈律子)、大野未来(親河和枝)、小泉萌香(闘鷹争)、片岡沙耶(都解未明)ほか

「クロール 凶暴領域」のネタバレあらすじ結末

クロール ―凶暴領域―の紹介:2019年アメリカ映画。大学で行われた競泳大会に参加していたヘイリーに、姉のベスから、ハリケーンが通る地区に住んでいる父と連絡が取れないと電話がありました。幼い頃から父と競泳に取り組んできたヘイリーは、ハリケーンに向かって父の家に行きますが、父はワニに襲われて動けなくなっていました…という内容のモンスターパニックホラー映画です。
監督:アレクサンドル・アジャ 出演者:カヤ・スコデラリオ(ヘイリー・ケラー)、バリー・ペッパー(デイヴ・ケラー)、アンソン・ブーン(スタン)、ホセ・パルマ(ピート)ほか

「ハロウィン1988 地獄のロック&ローラー」のネタバレあらすじ結末

ハロウィン1988・地獄のロック&ローラーの紹介:1986年アメリカ映画。死亡したロック・スターが悪霊となって蘇り、ハロウィンの夜を恐怖に叩き落とすホラー作品。学校中からいじめに遭っていたエディは、崇拝するロック歌手サミーの死に絶望していた。ところが友人のラジオDJから貰ったレコードを逆再生させると、亡きサミーと会話出来ることに気付く。エディは大喜びでサミーのメッセージに傾倒していくのだが、次第に増していく凶暴性を疑問視し、ついに彼と対峙することになるのだった。ジーン・シモンズやオジー・オズボーンが出演したことでも話題を呼んだ。
監督:チャールズ・マーティン・スミス 出演者:マーク・プライス(エディ・ウェインバウアー)、トニー・フィールズ(サミー・カー)、ジーン・シモンズ(ヌーク)、オジー・オズボーン(アーロン・ギルストローム牧師)、チャールズ・マーティン・スミス(ウィンブリー氏)ほか

「スモーク」のネタバレあらすじ結末

スモークの紹介:2012年アメリカ映画。真っ黒な「スモーク」に包囲された無人の街で、謎の怪物に立ち向かう男女を描いたSFホラー。深夜バスで知り合ったアナとフレディは、大きな衝撃を受け意識を失った。スモークに覆われていく無人の街で目を覚ました2人は、ここが生と死の境であることに気付く。脱出するにはスモークの中にある扉を通らなければならないが、正体不明の怪物がそれを阻んでいた。果たして2人は無事現実世界に生還することが出来るのか。
監督:ライアン・スミス 出演者:スティーヴン・ストレイト(フレディ)、カロリーナ・ヴィドラ(アナ)、マディソン・リンツ(幼少期のアナ)、サンドラ・エリス・ラファーティ(ルー)ほか

「ソウル・トゥ・キープ/Soul to Keep」のネタバレあらすじ結末

ソウル・トゥ・キープ(原題:Soul to Keep)の紹介:2018年アメリカ映画。田舎にある祖父の屋敷を遺産相続したジョシュとエリンの兄妹が、仲間を呼んで屋敷にやって来ました。8人は面白がって地下室にある儀式部屋で古文書の呪文を唱えたことによって、悪魔に憑依された女が次々仲間を襲うという『死霊のはらわた』のような作品です。ラストに思わぬどんでん返しもありサスペンス要素も入っています。
監督:デイビット・アレンズワース、モニエール 出演者:ケイト・ローズ・レイノルズ(グレース)、オーロラ・ハイムバッハ(エリン)、サンドラ・メイ・フランク(タラ)、ジェシー・ジョーダン(キンバリー)、デレック・ロング(トビー)、ブライアン・ドノバン(ジョシュ)ほか

「バチカン・テープ」のネタバレあらすじ結末

バチカン・テープの紹介:2015年アメリカ映画。誕生日パーティで怪我をした25歳のアンジェラは、病院で手術後に人格が変わり、狂暴になり始めました。当初は多重人格の疑いで精神病院に入院させますが、神父らは悪魔が憑りついたとして、悪魔祓いをすると言い出しました…という内容のオカルトホラー映画です。
監督:マーク・ネヴェルダイン 出演者:オリビア・テイラー・ダドリー(アンジェラ・ホーム)、マイケル・ペーニャ(ロサーノ神父)、ダグレイ・スコット(ロジャー・ホームズ)、ジャイモン・フンスー(イマーニ教皇代理)ほか

「(r)adius ラディウス」のネタバレあらすじ結末

(r)adius ラディウスの紹介:2017年カナダ映画。記憶をなくしてしまったリアムは自身の周りで不可解な死が多発していることに気づく。彼を中心に半径15メートルに近寄ったものは死んでしまうのである。彼の力の及ばない助成ローズと出会うが…。
監督:カロリーヌ・ラブレシュ、スティーヴ・レオナール 出演:ディエゴ・クラテンホフ(リアム)、シャーロット・サリヴァン(ジェーン)、ブレット・ドナヒュー(サム)、ほか

「ハリウッド1969 シャロンテートの亡霊」のネタバレあらすじ結末

ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊の紹介:2019年アメリカ映画。数々の作品で映画化されているシャロン・テート事件。ロマン・ポランスキー監督婦人で当時妊娠8ヵ月だったシャロンが、チャールズ・マンソン率いるカルト集団に惨殺されたという有名な事件をシャロン・テート側の視点で描いたのが本作になります。
監督:ダニエル・ファランズ 出演:ヒラリー・ダフ(シャロン・テート)、ジョナサン・ベネット(ジェイ・セブリング)、リディア・ハースト(アビゲイル・フォルガー)、タイラー・ジョンソン(テックス・ワトソン)、パヴェウ・シャイダ(ヴォイテック・フライコウスキー)、ライアン・カーギル(スティーヴン・ペアレント)、イエロー(フィヴェル・スチュワート)、ベラ・ポパ(スーザン・アトキンス)、ベン・メリッシュ(チャールズ・マンソン)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 81

キーワードから探す

TOP↑