ホラー映画のネタバレ

「ホール・イン・ザ・グラウンド」のネタバレあらすじ結末

ホール・イン・ザ・グラウンドの紹介:2019年アイルランド映画。アイルランドの田舎町に、息子のクリスと引っ越してきたサラは、クリスが森の中へ入って帰って来てから、何かおかしいと感じていました。その時、近所の老婆が「お前の息子じゃない!」と言った事から、クリスへの疑いがますます強まったサラの取った行動は…という内容の身体侵略タイプのホラー映画です。
監督:リー・クローニン 出演者:ショーナ・カースレイク(サラ)、ジェームズ・クイン・マーキー(クリス)、シモーヌ・カービー(ルイス)、スティーヴ・ウォール(ロブ)ほか

「ヴァンプス/VAMPS」のネタバレあらすじ結末

ヴァンプス/VAMPSの紹介:2017年ロシア映画。ロシアの小説家A・K・トルストイの原作を映画化した作品で、18世紀のロシアの辺境の村を舞台に、ひとりの女性を巡って人間とヴァンパイアが壮絶な戦いを最新の映像技術を駆使して描きあげたたロシア発のアクションスリラーです。
監督:セルゲイ・ギンズバーグ 出演者:ミハイル・ポレチェンコフ(ラヴル)、コンスタンチン・ワルコフ(アンドレイ)、アグラヤ・シロフスカヤ(ミリェーナ)、ミハイル・ジガロフ(ビシュテフィ)ほか

「秘録 怪猫伝」のネタバレあらすじ結末

秘録 怪猫伝(ひろくかいびょうでん)の紹介:1969年日本映画。殿に可愛がられている盲目の竜造寺又七郎でしたが、妹の小夜を側室にしたいという殿の申し出を断った為、殿に切り殺されました。兄の死を恨みながら自害した小夜の魂が、飼い猫のタマに乗り移り、化け猫となって人に憑りつき復讐していくという怪談映画です。
監督:田中徳三 出演者:本郷功次郎(小森半左衛門)、小林直美(お豊の方)、亀井光代(小夜)、戸浦六宏(矢淵刑部)、上野山功一(鍋島丹後守)、川崎あかね(早苗)、毛利郁子(沢の井)、戸田皓久(竜造寺又七郎)ほか

「ジェイソン村」のネタバレあらすじ結末

ジェイソン村の紹介:2009年日本映画。北海道以外の全国に点在する、都市伝説ジェイソン村を調査する、フェイクドキュメンタリー作品です。フェイクと言っても、実在する心霊スポットでの撮影なので見る者に恐怖を与えます。心霊特番のパワーアップのような内容で、安西シエルさん、澄川知世さんは実名で登場します。
監督:田川幹太 出演者:安西シエル、澄川知世、ほか

「ワールド・ウォー・デッド」のネタバレあらすじ結末

WARLD WAR D ワールド・ウォー・デッドの紹介:2013年アメリカ映画。あるジャーナリストが、ゾンビ大戦の生き残りの兵士3人のゾンビ達との戦いの物語を書くために、3人と共に激戦地区へ向かい、過去を振り返りながら話を聞く、という内容のゾンビ映画です。ゾンビとの戦いより、むしろ兵士同士の人間ドラマに重点を置いています。
監督:アレック・ギアハート 出演者:ドミニク・マーセル(カーター)、カイル・ゴードン(本人)、トラヴィス・オレアリー(本人)、アレック・ギアハート、マヌエル・エドゥアルド・ラミレス、タイラー・アレン、ほか

「アナベル 死霊博物館」のネタバレあらすじ結末

アナベル 死霊博物館の紹介:2019年アメリカ映画。死霊館のスピンオフシリーズ「アナベル」の第3弾。強烈な呪いを持つアナベル人形を超常現象研究家のウォーレン夫婦が引き取り、自宅の地下室に封印していた。しかし、ウォーレン家の娘ジュディは従姉妹のメアリーとその親友ダニエラと一緒に留守番をしていたが、ダニエラの不注意によってその封印は解かれてしまう…。
監督:ゲイリー・ドーベルマン 出演:マッケンナ・グレイス(ジュディ)、マディソン・アイスマン(メアリー)、ケイティ・サリフ(ダニエラ)、パトリック・ウィルソン(エド)、ベラ・ファーミガ(ロレイン)、ほか

「監禁村」のネタバレあらすじ結末

監禁村の紹介:2013年アメリカ映画。ヘザーは恋人ジョンの叔父の別荘に友達と向かいました。しかしその森は、キチガイ研究者が森に入る若者に超狂犬病のウイルスを注射し、さらに熊に化けて殺しまでしている場所でした…という内容のゾンビ要素もブレンドしたスラッシャー映画です。邦題から想像されるような監禁映画ではありません。
監督:ポール・J・ポーター 出演者:ハーレイ・デリーベリー(ヘザー)、ジェシカ・ソネボーン(ジュリー)、ブランドン・ステーシー(デヴィッド)、ジョシュ・ハモンド(アダム)ほか

「いきすだま~生霊~」のネタバレあらすじ結末

いきすだま~生霊~の紹介:2001年日本映画。一彦と良二の兄弟を中心に、浅茅という女子の生霊の話、菜穂子という女子の迫りくる死の順番の、2つの話からなるオカルトホラー映画です。内容は違えど、一話目は良二、二話目は一彦の話と続きになっています。
監督:池田敏春 出演者:松尾雄一(吉野一彦)、三輪ひとみ(浅茅優子)、鮎瀬梢(倉本真理子)、藤井真喜子(白井和美)、中村由真(吉野恭子)、松尾光次(吉野良二)、三輪明日美(仲田菜穂子)、広岡由里子(仲田君江)ほか

「ヒットマン:ザ・バトルフィールド」のネタバレあらすじ結末

ヒットマン:ザ・バトルフィールドの紹介:2013年イタリア映画。ある男に雇われた殺し屋が、ホテル内で指示通り殺した相手は、自分と同じくある男に雇われた殺し屋でした。意味のわからなくなった殺し屋が男に説明を求めると、今度は自分がホテル内で殺し屋に襲われ始めました…という内容の、ゴアスプラッター映画です。全編VOP撮影で、主役の殺し屋の顔は映し出されず、スプラッターシーンはマニアが喜ぶようなゴアシーンの連続の作品です。
監督:ジェリオ・デ・サンティ 出演者:マイケル・ハウ(ジョージ・ミストランディア)、レイナー・バートン(フランク・ジモーサ)、ジェシカ・キャロル、ほか

「クライテリア・ワン」のネタバレあらすじ結末

クライテリア・ワンの紹介:2015年イギリス映画。山でキャンプをしていたティムとスーが、古代から地球の生物調査やコントロールをしていた宇宙ロボット人間・コレクターに捕らわれました。行方不明のスーを探すティムでしたが、コレクターによってマインドコントロールされたティムは、幻覚と現実のはざまで、もがきはじめます…という内容のイギリスの映画です。サイケ、幻覚、抽象的な表現と、よく見ていても意味不明な事が多い、異色の作品です。
監督:サイモン・D・ビセット 出演者:オリー・ワッツ(ティム)、クロエ・ルイス(スー)、ルーファス・グラハム(騎士)、ほか

「怪談雪女郎」のネタバレあらすじ結末

怪談雪女郎(かいだんゆきじょろう)の紹介:1968年日本映画。師匠と山に観音菩薩像を作る大木を探しに行った弟子の与作は、山小屋で夜を明かしている時、雪女に会い、師匠は殺されました。雪女は与作を殺さない代わりに、決して誰にも言うなと言い、誰かに話したら殺すと言って立ち去りました。その後、雨宿りにきた「ゆき」という女と結婚した与作でしたが・・・という古典怪談『雪女』の映画化作品です。
監督:田中徳三 出演者:藤村志保(ゆき)、石濱朗(与作)、長谷川待子(奥方)、内藤武敏(美濃権守)、鈴木瑞穂(行慶)、須賀不二男(地頭)、花布辰男(茂朝)、原泉(巫女)、ほか

「地獄の変異」のネタバレあらすじ結末

地獄の変異の紹介:2005年アメリカ,ドイツ映画。翼の生えた生物とテンプル騎士団が戦ったという、ルーマニアの山岳地帯の洞窟を発見したニコライ博士は、洞窟の底に水があることから、潜水専門のトレジャーハンターのジャックに調査依頼をしました。やってきたジャックら一行は早速潜水を始めますが、そこには正体不明の生物が存在していました…という、洞窟をテーマにしたモンスターホラー映画です。
監督:ブルース・ハント 出演者:パイパー・ペラーボ(チャーリー)、コール・ハウザー(ジャック)、モーリス・チェスナット(トップ)、エディ・シブリアン(タイラー)、リック・ラヴァネロ(ブリックス)、マーセル・ユーレス(ニコライ博士)、キーラン・ダーシー・スミス(ストロード)、ダニエル・デイ・キム(アレックス)、リナ・ハーディー(キャスリン)ほか

「スケルトン・キー」のネタバレあらすじ結末

スケルトン・キーの紹介:2005年アメリカ映画。看護師のキャロラインが、新聞広告で見つけた住み込み介護の仕事をすることになり、老夫婦の家で働きはじめました。この家には屋根裏部屋があり、その中に開かずの扉を見つけてしまった事から、不思議な現象に見舞われ出すという内容のオカルトホラーです。
監督:イアン・ソフトリー 出演者:ケイト・ハドソン(キャロライン)、ジーナ・ローランズ(ヴァイオレット)、ピーター・サースガード(ルーク)、ジョイ・ブライアント(ジル)、ジョン・ハート(ベン)ほか

「サンズ・オブ・ザ・デッド」のネタバレあらすじ結末

サンズ・オブ・ザ・デッドの紹介:2015年アメリカ映画。恋人ニックと蔓延したゾンビから逃げるため、メキシコへと向かう、ヤク中のモリーでしたが、途中でニックがゾンビに食われて一人で空港へ向かうことになりました。我が子を置き去りにしている事が気になるモリーを、ニックを食べたゾンビがひたすら追いかけるという異質のゾンビ映画です。
監督:コリン・ミニハン 出演者:ブリタニー・アレン(モリー)、フアン・リーディンガー(ゾンビ/スモール)、クリストファー・ヒギンズ(テッド)、マーヴィン・モンデシア(ニック)ほか

「牡丹燈籠(1968年)」のネタバレあらすじ結末

牡丹燈籠の紹介:1968年日本映画。お盆の16日、燈籠流しをしていた新三郎が、お米と若いお露という女性と会い、お露に惚れた新三郎は関係を持ってしまいました。しかしお米とお露は幽霊で、新三郎の精気は日に日に吸い取られていきました…という、中国に伝わる怪談と、三遊亭円朝の怪談話を元に撮られた怪談映画です。古典作品ながら、現在においても新鮮な怖さを見せる内容です。
監督:山本薩夫 出演者:本郷功次郎(新三郎)、赤座美代子(お露)、小川真由美(おみね)、西村晃(伴蔵)、志村喬(白翁堂)、大塚道子(お米)、宇田あつみ(次男の嫁菊)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 81

キーワードから探す

TOP↑