ホラー映画のネタバレ

「Z WORLD ゼット・ワールド」のネタバレあらすじ結末

Z WORLD ゼット・ワールドの紹介:2014年カナダ映画。アメリカ全土が新種のウィルスの感染症に見舞われ、ゾンビ化した人間で溢れていました。リー・ロゼッタ博士は、感染症のワクチンの研究で安全な政府の施設にいました。しかし家にいる両親が気になり、施設を抜け出し両親の住む家に向かいますが・・・という内容の低予算ゾンビ映画です。
監督:ライアン・M・アンドリューズ 出演者:クリスティーナ・アセト(リー・ロゼッタ)、リチャード・サットン(セフ)、ロバート・ノーラン(マッカイ)、ジェニファー・ポランスキー(クローディア)ほか

「犬鳴村」のネタバレあらすじ結末

犬鳴村の紹介:2019年日本映画。日本最凶の心霊スポットといわれる福岡県の旧犬鳴トンネルの先に位置するとされ、立ち入った者は生きて出られないという都市伝説「犬鳴村伝説」を題材とし、ホラー映画の巨匠・清水崇監督が映画化したホラー映画です。幼い頃から心霊を見ることのできる特集な能力を有する臨床心理士と周囲の人々が犬鳴村伝説にまつわる怪事件に巻き込まれていきます。
監督:清水崇 出演者:三吉彩花(森田奏)、坂東龍汰(森田悠真)、大谷凜香(西田明菜)、古川毅(成宮健司)、宮野陽名(籠井摩耶)、奥菜恵(優子)、須賀貴匡(圭祐)、寺田農(山野辺)、石橋蓮司(中村隼人)、高嶋政伸(森田晃)、高島礼子(森田綾乃)ほか

「グリズリー」のネタバレあらすじ結末

グリズリーの紹介:1976年アメリカ映画。世界的に大ヒットした1975年の「ジョーズ」以降、数え切れないほど作られることとなったアニマルパニック映画のある意味では先駆けとなった作品。「上役の妨害に遭いながらも男達が協力し合い奮闘して巨大な敵を倒す」というプロットは「ジョーズ」そのものだが、この型をいち速く取り入れたウィリアム・ガードラー監督はこの他の作品も概ねヒット映画の類似作と言われ、「エピゴーネン監督」「二番煎じ監督」として、B級映画マニアの間では知られた存在となっている。
監督:ウィリアム・ガードラー 出演:クリストファー・ジョージ(マイケル・ケリー)、アンドリュー・プライアン(ドン・ストーパー)、リチャード・ジャッケル(アーサー・スコット)、ジョー・ドーシー(チャールズ・キトリッジ)

「ワウンズ: 呪われたメッセージ」のネタバレあらすじ結末

ワウンズ: 呪われたメッセージの紹介:2019年イギリス映画。バーテンダーとして働くウィルは、バーで常連同士の喧嘩が始まりどうにか収めた後、片付け中に黄色いカバーのスマホを拾います。これは大学生風の若者グループがケンカを撮影していたものでした。スマホの中にはスナッフめいた画像や動画がたくさんあり、ギャレットという名からメッセージが頻繁に届いていました。恋人キャリーの警察に届けてという言葉をウィルが無視してスマホを持っていると、ウィルの身の回りに不穏な出来事が次々起こりはじめ…。NETFLIX配信の心理を揺さぶるホラー映画です。衝撃的なラストを迎えることから評価が分かれる作品です。
監督:ババク・アンバリ 出演者:アーミー・ハマー(ウィル)、ダコタ・ジョンソン(キャリー)、サジ・ビーツ(アリシア)、ブラッド・ウィリアム・ヘンケ(エリック)、カール・グルスマン( ジェフリー)ほか

「ゾンビ・ウォー101」のネタバレあらすじ結末

ゾンビ・ウォー101の紹介:2010年アメリカ映画。炭鉱の爆発事故により、近くに埋蔵していた薬品兵器が流出し、その水を使った密造酒を飲んだ人たちが次々ゾンビになって襲い始め、ゾンビの拡散が始まります。そのころ義理の父がゾンビになり、ショットガンで撃ったケイは、友人のデイブ兄弟とゾンビから逃れてスーパーに籠っていました。しかし事態は悪化する一方になり、車を改造して逃げ出しますが…という内容の低予算コメディゾンビ映画です。
監督:ネリー・ローソン 出演者:ティーグ・クィレン(ケン)、トラヴィス・ムーディ(デイブ)、ブランドン・ジェンキンス(ブランドン)、シャノン・ウォーレン(ジミー)ほか

「スケアリーストーリーズ 怖い本」のネタバレあらすじ結末

スケアリーストーリーズ 怖い本の紹介:2019年アメリカ映画。ベトナム戦争のため多くの若者が戦場に送られた1968年のアメリカ。十代の若者たちはハロウィンで楽しい時を過ごします。しかし、地元の幽霊屋敷に忍び込み、そこで見つけた怖い本にあったストーリーが現実化して高校生たちを襲います。怖い本の謎を探る高校生たちは、幽霊屋敷の所有者であったベロウズ家のサラとその一族の謎を追います。『スケアリーストーリーズ 怖い本』は十代の若者の恐怖体験を描いた映画で、アメリカ映画批評サイト”Rotten Tomatoes” でも好意的に評価され続編も企画されています。
監督:アンドレ・ウーヴレダル 出演:ゾーイ・マーガレット・コレッティ(ステラ)、マイケル・ガーザ(ラモン)、ゲイブリエル・ラッシュ(オギー)、オースティン・エイブラムズ(トミー)、ディーン・ノリス(ロイ)、ギル・ベローズ(ターナー警察署長)、ロレイン・トゥーサント、ほか

「ラストサマー3」のネタバレあらすじ結末

ラストサマー3の紹介:2006年アメリカ映画。前作より10年の時が過ぎて、あのフィッシャーマンの悪夢が三度繰り返されます。キャストを一新しフレッシュなメンバーで前作よりもさらにパワーアップした伝説の殺人鬼に追われる若者達の様を描いています。
監督:シルヴァン・ホワイト 出演:ブルック・ネヴィン(アンバー)、デヴィット・パートコー(コルビー)、トーレイ・デヴィート(ゾーイ)、ベン・イースター(ランス)、クレイトン・テイラー(PJ)、セス・パッカード(ロジャー)、ほか

「隙魔 すきま」のネタバレあらすじ結末

隙魔 すきまの紹介:2005年日本映画。団地の隙間に落ちて死んだ少女の霊に呼ばれるという怖い噂を友人から聞いたルミは、3人の友人たちと実際にその噂通りの事態に遭遇してしまいました。気にしないようにしていたルミですが、周囲の人たちの態度が変わり、一緒に遭った人たちが死にはじめ…という内容のジャパニーズホラー映画です。
監督:中田圭 出演者:野村恵理(ルミ)、山口美也子(ルミの母)、米里友利(サエコ先生)、宇佐美なな、小倉唯、伊藤さやか、ほか

「ラストサマー2」のネタバレあらすじ結末

ラストサマー2の紹介:1998年アメリカ映画。前作ラストサマーで恐怖のドン底に落とされたかぎ爪の男の恐怖が再び主人公ジュリーの前に現れます。ジュリーとレイのカップルを前作と同じキャストで挑み、新たな恐怖に晒される様をパワーアップした殺人シーンを加えて描かれています。
監督:ダニー・キャノン 出演:ジェニファー・ラヴ・ヒューイット(ジュリー)、フレディ・プリンゼ・Jr(レイ)、ブランディ(カーラ)、メキー・ファイファー(タイ)、マシュー・セトル、ほか

「ミッドサマー」のネタバレあらすじ結末

ミッドサマーの紹介:2019年アメリカ, スウェーデン映画。美しい森に湖やノーベル賞授賞式などで知られるスウェーデンは、社会福祉が充実し、平均年齢も高く豊かな国です。そんなスウェーデンで90年に一度の伝統的行事が行われるという話があります。大学で民族学を専攻する学生たちが論文を書くため、そして楽しい祭りのようなイベントがあると聞き、スウェーデンを訪れます。しかしその行事はスウェーデンが貧しかった頃からの恐ろしい儀式であり、学生たちは何も知らずに恐怖体験に巻き込まれます。『ミッドサマー』はスウェーデンを舞台に不可解な宗教儀式を描いたホラー映画で、『ヘレディタリー/継承』のアリ・アスターが監督で約2時間半の長い映画ですが、学生たちの運命に時間を忘れてしまいます。
監督:アリ・アスター 出演:フローレンス・ピュー(ダニー・アルドール)、ジャック・レイナー(クリスチャン・ヒューズ)、ウィル・ポールター(マーク)、ウィリアム・ジャクソン・ハーパー(ジョシュ)、ヴィルヘルム・ブロングレン(ペレ)、アーチ・マデクウィ(サイモン)、エローラ・トルキア(コニー)ほか

「ガール・イン・ザ・ミラー」のネタバレあらすじ結末

ガール・イン・ザ・ミラーの紹介:2018年カナダ映画。オリヴィア・ハッセーの娘インディア・アイズリーが主演を務めたスリラー作品です。両親からも同級生からも虐げられていた孤独な少女が、鏡の中に映るもう一人の「邪悪な自分」と出会ったことから惨劇へと突き進んでいきます。
監督:アサフ・バーンスタイン 出演者:インディア・アイズリー(マリア/アイラム)、ミラ・ソルヴィーノ(エイミー)、ペネロープ・ミッチェル(リリー)、ジェイソン・アイザックス(ダン)、ジョン・C・マクドナルド(マーク)、ハリソン・ギルバートソン(ショーン)、クリステン・ハリス(ナオミ)、キエラ・ジョンソン(ジニー)、マイケル・バーンスタイン(クラウディア)ほか

「Virginia/ヴァージニア」のネタバレあらすじ結末

Virginia/ヴァージニアの紹介:2011年アメリカ映画。売れないホラー小説家のホールは、スワンバレーの町にやって来て自分の著書を売っています。保安官のボビーが本を買ってくれて、ボビーから殺された少女の死体を見せられ、この町の噂話を聞かされます。その夜、夢を見たホールは、憧れのエドガー・アラン・ポーに会いました。そして夢と現実の世界を行き来しながら、小説を書き上げるというオカルトミステリーホラー映画です。
監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演者:ヴァル・キルマー(ホール・ボルティモア)、ブルース・ダーン(保安官ボビー・ラグレインジ )、エル・ファニング(V/ヴァージニア)、ベン・チャップリン(エドガー・アラン・ポー)、ジョアンヌ・ウォーリー(妻デニース)、デヴィッド・ペイマー(サム)、オールデン・エアエンライク(フラミンゴ)、ドン・ノヴェロ(メルヴィン)ほか

「ラストサマー」のネタバレあらすじ結末

ラストサマーの紹介:1997年アメリカ映画。仲良し四人組が人を轢き殺すという罪を犯しますが隠蔽、1年後幸せに過ごしていた所に事件の事を知る者と思われる何者かに追い込まれていくというサスペンスホラー作品です。誰が犯人なのか分からない者に追われる様が恐怖を誘います。
監督 ジム・ギレスピー 出演:ジェニファー・ラヴ・ヒューイット(ジュリー)、サラ・ミシェル・ゲラー(ヘレン)、ライアン・フィリップ(バリー)、フレディ・プリンゼ・Jr(レイ)、ミューズ・ワトソン(ベンジャミン)、ブリジット・ウィルソン(エルサ)、ジョニー・ガレッキ(マックス)、アン・ヘッシュ(メリッサ)、ほか

「悪魔の奴隷」のネタバレあらすじ結末

悪魔の奴隷の紹介:2017年インドネシア映画。元歌手だった母が病床について3年目に死にます。その後、母の霊が見えるようになった家では、祖母も死んでしまいます。祖母の遺した手紙から、不妊症の女性を引き込む悪魔教団の存在を知ったリニは、神父の息子ヘンドラと真相を突き止めようとしますが…という内容のインドネシア発のオカルトホラー映画です。和製ホラーのような怖さがあります。
監督:ジョコ・アンワル 出演者:タラ・バソロ(リニ)、ディマス・アディティア(ヘンドラ)、アユ・ラクシュミ(マワルニ)、ブロント・パララエ(父)、エンディ・アーフィアン(トニー)ほか

「劇場版 東京伝説 恐怖の人間地獄」のネタバレあらすじ結末

劇場版 東京伝説 恐怖の人間地獄の紹介:2014年日本映画。5人の女性が、東京で体験する、想像を絶する怖い五つの話を集めたオムニバスホラーです。『立ち読み』『エンスト』『ネックレス』『夜道』『食べてはいけない』で構成され、それぞれ一話完結となっています。
監督:千葉誠治 出演者:足立梨花(第一話)、藤澤志帆(第二話)、真凛(第三話)、林裕子(第四話)、鵜飼真帆(第五話)ほか

1 2 3 4 5 6 7 83

キーワードから探す

TOP↑