Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドラマ映画のネタバレ

ドラマ映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のドラマ映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「今日も嫌がらせ弁当」のネタバレあらすじ結末

今日も嫌がらせ弁当の紹介:2018年日本映画。反抗期の高校生の娘をもつ母親が負けじと卒業まで作り続けた風変わりな弁当を紹介したブログを基にしたエッセイを映画化した作品です。反抗期の娘に向けたメッセージとも言える弁当が良くも悪くも胸に響いてきます。
監督:塚本連平 出演:篠原涼子(持丸かおり)、芳根京子(持丸双葉)、松井玲奈(持丸若葉)、佐藤寛太(山下達雄)、岡田義徳(持丸島次郎)、村上知子(浩実)、佐藤隆太(岡野信介)、ほか

「小さな嘘」のネタバレあらすじ結末

小さな嘘の紹介:2009年フランス映画。妻子ある眼科医の男の愛人が、子どもの同級生がついた小さな嘘から、男の浮気を疑いはじめ、やがてその猜疑心にとりつかれた彼女は凶行に走る。
監督:ドゥニ・マルバル 出演:フレデリック・ヴァン・デン・ドリーシュ、ジュリー・ジャド、ガエラ・ル・デヴェア、ミッキー・セバスチャン、ほか

「闇に住む女」のネタバレあらすじ結末

闇に住む女の紹介:1918年アメリカ映画。幸福な箱庭で生きてきた少女が、辛い現実を知り苦悩しながら成長していくドラマ作品。幼少から寝たきりの生活を送っていたステラ・マリスは、彼女を愛する叔父達によって大切に大切に育てられ、一切の不幸から隔絶されて生きてきた。しかし手術を受けて歩けるようになった彼女は、行動範囲が広がるにつれ世の中の貧困や悲しみの存在に気付く。更に想いを寄せていた青年が実は既婚者だったと知り、無垢なステラは深く傷つくのだった。
監督:マーシャル・ニーラン 出演者:メアリー・ピックフォード(ステラ・マリス/ユニティ・ブレイク)、コンウェイ・タール(ジョン・リスカ)、アイダ・ウォーターマン(ブラント嬢)、ハーバート・スタンディング(オリバー卿)、マーシャ・マノン(ルイザ・リスカ)ほか

「司祭」のネタバレあらすじ結末

司祭の紹介:1994年イギリス映画。カトリックの司祭でありながら同性愛者という相克に苦悩する、若き神父の姿を描いたドラマ作品。リバプールの労働者区域の教会に着任したグレッグ神父は、信仰心に絶対の自信を持ち理想に燃えていた。しかし理想と現実はあまりにもかけ離れており、苦しむグレッグは夜のゲイバーに足を向ける。そんな中、グレッグは父親から性的虐待を受けているという少女の告解を受けた。放っておく訳にはいかないが、懺悔の秘密を他言する訳にもいかない。グレッグは己の良心と宗規の狭間で、更に激しい苦悩に陥っていくのだった。
監督:アントニア・バード 出演者:ライナス・ローチ(グレッグ神父)、キャシー・タイソン(マリア)、ロバート・カーライル(グレアム)、クリスティン・トレマルコ(リサ)、トム・ウィルキンソン(マシュー神父)ほか

「夜霧よ今夜も有難う」のネタバレあらすじ結末

夜霧よ今夜も有難うの紹介:1967年日本映画。結婚式を挙げるはずの教会に来ないまま行方の分からなくなった秋子が、相良の目の前に外国人の男と一緒に現れたのは4年後でした。4年間の事を何も話さない秋子に冷たくあたる相良でしたが、夫で政治活動家のクエンが命を狙われていると知り、秋子の為に外国へ逃がす手配をし始めましたという内容の、石原裕次郎と浅丘ルリ子主演の作品です。アメリカ映画の『カサブランカ』を翻訳して作られた映画で、同名タイトルの石原裕次郎の曲「夜霧よ今夜もありがとう」も大ヒットしました。
監督:江崎実生 出演者:石原裕次郎(相良徹)、浅丘ルリ子(北沢秋子)、二谷英明(クエン)、高品格(仙吉)、郷えい治(ビル)、梶芽衣子(ヒロミ)、佐野浅夫(宮武刑事)、鈴木瑞穂(チャン)、内田稔(鬼頭)ほか

「真夜中の虹」のネタバレあらすじ結末

真夜中の虹の紹介:1988年フィンランド映画。希望を求めて南下する男の波乱万丈な日々を淡々と描くハードボイルドロマン。仕事も住居も有り金も、全てを失ったカスリネン。父から譲られたキャデラックに乗り、希望となり得る何かを求めて一路南を目指した。偶然知り合ったシングルマザーと恋に落ちたり、強盗に仕返しをするつもりが逆に逮捕されたり、刑務所で得た友人と共に脱獄を図ったり。目まぐるしい毎日を淡々と生きるカスリネンは、ひたすら遠い南の地に思いを馳せる。
監督:アキ・カウリスマキ 出演者:トゥロ・パヤラ(カスリネン)、スサンナ・ハーヴィスト(イルメリ)、マッティ・ペロンパー(ミッコネン)、E・ヒルカモ(リキ)ほか

「PRINCE OF LEGEND」のネタバレあらすじ結末

PRINCE OF LEGEND(プリンスオブレジェンド)の紹介:2019年日本映画。EXILE HIROがエグゼクティブプロデューサーを務め、映画のほか、ドラマ、ゲーム、ライブなど様々なメディアミックスで展開されたエンターテイメント。個性豊かな王子たちが集結し、“伝説の王子”となるべく壮絶かつ華麗なバトルを繰り広げる。主題歌「Piece of me」をはじめ、劇中で流れる楽曲はm-floが担当。
監督:守屋健太郎 出演:片寄涼太(朱雀奏)、鈴木伸之(京極尊人)、佐野玲於(綾小路葵)、関口メンディー(ガブリエル笹塚)、清原翔(嵯峨沢ハル)、町田啓太(結城理一)、飯島寛騎(鏑木元)、川村壱馬(京極竜)、吉野北人(天堂光輝)、加藤諒(実相寺光彦)、白石聖(成瀬果音)、ほか

「理想の夫」のネタバレあらすじ結末

理想の夫(別題:理想の結婚、理想の良人)の紹介:1947年アメリカ映画。原作は数度に渡って映画化されているオスカー・ワイルドの同名戯曲で1895年の作品。清廉潔白と評判の政治家が、過去の罪を知る女性に脅迫され苦悩するドラマ作品。高潔な政治家ロバート・チルターンと誠実な妻ガートルードは、公人の模範と誰もが認める仲睦まじい夫婦だった。ところがウィーン上流階級の顔チェブリー夫人がロバートに近付き、旧悪を暴露されたくなければ自分の要求を呑めと脅迫する。ロバートはガートルードを失うことを恐れ、親友アーサー・ゴーリング卿に相談するのだが。
監督:アレクサンダー・コルダ 出演:ポーレット・ゴダード(ローラ・チェブリー)、マイケル・ワイルディング(アーサー・ゴーリング卿)、ヒュー・ウィリアムズ(ロバート・チルターン)、ダイアナ・ウィンヤード(ガートルード・チルターン)、C・オーブリー・スミス(キャバーシャム伯爵)ほか

「ホテル・ハイビスカス」のネタバレあらすじ結末

ホテル・ハイビスカスの紹介:2002年日本映画。仲宗根みいこの漫画作品を原作とした映画。沖縄を舞台に、小さな民宿ホテル・ハイビスカスを営む一家の日常の悲喜こもごもを描いていきます。「ナビィの恋」、「恋しくて」の中江裕司監督による心温まるヒューマンドラマです。
監督:中江裕司 出演者:蔵下穂波(仲宗根美恵子)、照屋政雄(父ちゃん)、余貴美子(母ちゃん)、平良とみ(おばぁ)、ネスミス(ケンジにぃにぃ)、亀島奈津樹(サチコねぇねぇ)、和田聡宏(能登島)、登川誠仁(キジムナータンメー)、大城美佐子(まやー食いおばぁ)、ほか

「生きてみたいもう一度 新宿バス放火事件」のネタバレあらすじ結末

生きてみたいもう一度 新宿バス放火事件の紹介:1985年日本映画。1980年に起きた新宿バス放火事件の被害者、石井美津子の手記を映画化した作品。放火に巻き込まれ、全身に重い熱傷を負った主人公が、過酷な運命に立ち向かっていく様を描いた社会派人間ドラマです。石井美津子役を演じた桃井かおりの迫真の演技が光ります。
監督:恩地日出夫 出演者:桃井かおり(石井美津子)、石橋蓮司(杉原荘六)、柄本明(丸山博文)、 初井言榮(石井なお子)、 岸部一徳(石井義治)、 原田大二郎(斉藤宏保)、 佐藤慶(中島研郎医師)、ほか

「パドマーワト 女神の誕生」のネタバレあらすじ結末

パドマーワト 女神の誕生の紹介:2018年インド映画。16世紀に記された、インドにかつて存在していたメーワール王国の伝説を基に映画化した超大作歴史ドラマです。インド映画史上最大の製作費を投じ、伝説の王妃パドマーワティの愛と戦いの生涯を壮大なスケールと映像美で描きあげました。
監督:サンジャイ・リーラ・バンサーリー 出演者:ディーピカー・パードゥコーン(パドマーワティ)、シャーヒド・カプール(ラタン・シン)、ランビール・シン(アラーウッディーン・ハルジー)、アディティ・ラーオ・ハイダリー(メフルニサ)、ジム・サルブ(マリク・カーフール)、ラザー・ムラード(ジャラールッディーン・ハルジー)、アヌプリヤー・ゴーエンカー(ナグマティ)、アーヤム・メフタ(ラーガヴ・チェータン)、ヴィバーヴ・ロイ(イタート・カーン)ほか

「スリ」のネタバレあらすじ結末

スリの紹介:2000年日本映画。伝説のスリ師・海藤はアル中により右手が思うように動かせず、禁断症状にも悩まされています。海藤に拾われた若い娘レイは、彼を立ち直らせるため断酒会への参加を勧めますが…。「竜馬暗殺」「浪人街」の黒木和雄監督と俳優原田芳雄がタッグを組んだハードボイルド映画です。
監督:黒木和雄 出演者:原田芳雄(海藤正彦)、風吹ジュン(松浦鈴子)、真野きりな(レイ)、柏原収史(一樹)、香川照之(鴨井)、石橋蓮司(矢尾板徹)、平田満(渡辺)、ほか

「ラヴィ・ド・ボエーム」のネタバレあらすじ結末

ラヴィ・ド・ボエームの紹介:1992年フィンランド映画。アンリ・ミュルジェールの小説『ボヘミアン生活の情景』を映画化。3人の売れない芸術家達のボヘミアンな生活を綴るドラマ作品。画家のロドルフォは作家マルセル、作曲家ショナールと奇妙な縁から共同生活を送ることになった。独自の芸術を突き詰める彼らはなかなか評価を受けられず、困窮の日々が続いている。そんな中、ロドルフォは偶然知り合った女性ミミと恋に落ちるが、貧しさは2人の間にも影を落としていくのだった。1992年のベルリン映画祭で国際批評家賞を受賞。
監督:アキ・カウリスマキ 出演者:マッティ・ペロンパー(ロドルフォ)、アンドレ・ウィルム(マルセル)、カリ・ヴァーナネン(ショナール)、イヴリーヌ・ディディ(ミミ)、ジャン=ピエール・レオ(ブランシュロン)ほか

「ドンファン」のネタバレあらすじ結末

ドンファンの紹介:1995年アメリカ映画。自分の事をドンファンと呼び、1000人以上の女性と関係を持ったいう若者が、飛び降り自殺をしようとしていました。説得に向かったのは精神科医のジャックでした。自殺を止め、自分の病院に入院させたジャックがドンファンの話を聞くうち、自分がドンファンに引き込まれていくのがわかり…という内容の、マーロン・ブランドとジョニー・デップの共演するコメディロマンス映画です。
監督:ジェレミー・レビン 出演者:マーロン・ブランド(ジャック・ミックラー)、ジョニー・デップ(ドンファン・デマルコ)、フェイ・ダナウェイ(マリリン・ミックラー)、ジェラルディン・ペラス(ドンナ・アナ)、ボブ・デイシー(ポール院長)、タリサ・ソト(ドンナ・フリア)ほか

「人間失格 太宰治と3人の女たち」のネタバレあらすじ結末

人間失格 太宰治と3人の女たちの紹介:2019年日本映画。2019年7月に『Diner』が公開されたばかりの蜷川実花監督。その『Diner』にも出演していた小栗旬を主役に迎え、『斜陽』『人間失格』を執筆し入水心中に至るまでの太宰治と彼を取り巻く女たちの愛憎を描いた新作が『人間失格 太宰治と3人の女たち』だ。太宰の正妻美知子に宮沢りえ、『斜陽』のモデルで太宰の愛人静子に沢尻エリカ、太宰最後の愛人でともに心中した富栄に二階堂ふみ。三者三様の愛で太宰を癒やし、追い詰める様を、蜷川監督らしい花いっぱいの映像で艶やかに紡ぎ上げる。
監督:蜷川実花 出演:小栗旬(太宰治)、宮沢りえ(津島美知子)、沢尻エリカ(太田静子)、二階堂ふみ(山崎富栄)、成田凌(佐倉潤一)、千葉雄大(太田薫)、瀬戸康史(伊馬春部)、高良健吾(三島由紀夫)、藤原竜也(坂口安吾)、ほか

1 2 3 4 5 139
TOP↑