Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドラマ映画のネタバレ

ドラマ映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のドラマ映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「希望の灯り」のネタバレあらすじ結末

希望の灯りの紹介:2018年ドイツ映画。旧東ドイツを舞台に、ベルリンの壁の崩壊後、残された人達がスーパーマーケットで働きながら懸命に生きていく姿を無口な主人公の青年を中心に描いています。同じ職場で働く人達が寄り添って、まるで家族のようになっていく様が見ていて気持ちの良い作品です。
監督:トーマス・ステューバー 出演:フランツ・ロゴフスキ(クリスティアン)、ザンドラ・ヒュラー(マリオン)、ペーター・クルト(ブルーノ)、アンドレアス・ロイポルト(ルディ)、ミヒャエル・シュペヒト(クラウス)、ラモナ・クンツェ=リプノウ(イリーナ)、ほか

「ブラインドスポッティング」のネタバレあらすじ結末

ブラインドスポッティングの紹介:2018年アメリカ映画。犯罪を起こして1年間の指導監督期間を言い渡された黒人男性は、トラブルメーカーの白人男性の親友と行動を共にするがゆえに問題に巻き込まれます。しかし、彼は真面目な恋人の女性の影響を受けて真摯に生きようとします。その一方で白人警官による、黒人男性射殺事件の目撃者ともなり、白人警官の人種差別にも怒りを感じます。黒人男性は、その警官とも意外な関係を持つことになります。『ブラインドスポッティング』は現代アメリカの多くの問題(銃犯罪、白人と黒人の対立、多様な人種の共存)をオークランド市を舞台に描き、批評家からも高く評価された作品です。
監督:カルロス・ロペス・エストラーダ 出演:ダヴィード・ディグス(コリン)、ラファエル・カザル(マイルズ)、ジャニナ・ガヴァンカー(ヴァル)、ウトカルシュ・アンブドゥカル(リン)、ジャスミン・シーファス・ジョーンズ(アシュリー)、ほか

「R100」のネタバレあらすじ結末

R100の紹介:2013年日本映画。変態的なMの貴文が、SMクラブの『ボンデージ』に入会したのをきっかけに、Sの女王様が家族にまで危害を加えだしたため、『ボンデージ』と対決するという内容の、松本人志が監督したコメディファンタジー作品です。映画祭では最低の評価だったものの、興行収入はまずまずという珍作です。
監督:松本人志 出演者:大森南朋(片山貴文)、大地真央(声の女王様)、寺島しのぶ(女王様)、片桐はいり(丸呑みの女王様)、冨永愛(女王様)、佐藤江梨子(女王様)、渡辺直美(唾液の女王様)、前田吟(杉浦喜一郎)、YOU(片山節子)、西本晴紀(片山嵐)、松本人志(警察官)、松尾スズキ(支配人)、渡部篤郎(岸谷)、ほか

「ITバブルと寝た女たち」のネタバレあらすじ結末

ITバブルと寝た女たちの紹介:2007年日本映画。ノンフィクション作家・家田荘子の著書『バブルと寝た女たち』を映画化したシリーズ第4作は、1990年代末期から2000年代初頭にかけて日本で巻き起こったITバブルの時代を背景に、田舎から女優を目指して上京しながらもIT企業社長と逢瀬を重ねるうちに時代の波に飲み込まれていく一人の女性の愛と悲劇を描いていきます。
監督:佐藤太 出演者:三津谷葉子(牧田碧)、金子昇(小田島悟)、三浦敦子(倉崎麻美)、七世一樹(藤代浩太)、中島宏海(時枝町子)、喜多嶋舞(小田島藍)、家田荘子ほか

「永遠に僕のもの」のネタバレあらすじ結末

永遠に僕のものの紹介:2018年アルゼンチン,スペイン映画。1971年、ブエノスアイレスで殺人や強盗など数々の罪を犯して世界に戦慄を巻き起こした17歳の少年がいた。その容姿はブロンドの巻き髪に、吸い込まれるような大きく澄んだ瞳、艶やかに濡れた柔らかな唇、磁器のように滑らかな白い肌。美しすぎるヴィジュアルに、悪魔も逃げ出す傲慢な魂をたたえた少年、カルリートス。欲しいものは手段を問わず何でも手に入れ、目障りな者は誰でも構わず殺す。アルゼンチンでは知らない人がいない実在の連続殺人犯「カルロス・エディアルド・ロブレド・プッチ」をモデルに、衝撃の実話を官能的に描く。プロデューサーは、カンヌ映画祭監督賞やアカデミー賞外国語映画賞などを受賞したペドロ・アルモドバルとその弟のアグスティン・アルモドバル。自身の美意識を引き継ぐものとして本作の監督に選んだのは、南米を中心とし世界各国の映画祭で様々な賞を受賞してきたルイス・オルテガ。主人公カルリートスと相棒ラモンの不穏で切ない名前のない愛にも注目。
監督:ルイス・オルテガ 出演:ロレンソ・フェロ(カルリートス)、チノ・ダリン(ラモン)、ダニエル・ファネゴ(ホセ/ラモンの父)、メルセデス・モラーン(アナマリア/ラモンの母)、ルイス・ニェッコ(エクトル/カルリートスの父)、ピーター・ランサーニ(ミゲル)、セシリア・ロス(オーロラ/カルリートスの母)ほか

「コッホ先生と僕らの革命」のネタバレあらすじ結末

コッホ先生と僕らの革命の紹介:2011年ドイツ映画。イギリスから持ち帰ったサッカーを、故郷ドイツ国内に広め、“ドイツ・サッカーの父”と称された英語教師コンラート・コッホと教え子たちとの交流を描いた歴史ドラマです。イギリスへの偏見や階級社会が支配する学校で、サッカーはもとよりフェアプレイの精神や自由と平等の理念を生徒たちに伝えようとしたコッホの軌跡を描きます。
監督:セバスチャン・グロブラー 出演者:ダニエル・ブリュール(コンラート・コッホ)、ブルクハルト・クラウスナー(グスタフ・メアフェルト)、ユストゥス・フォン・ドホナーニ(リヒャルト・ハートゥング)、テオ・トレブス(フェリックス・ハートゥング)、アドリアン・ムーア(ヨスト・ボーンシュテッド)、カトリン・フォン・シュタインブルク(クララ・ボーンシュテッド)ほか

「ムッソリーニとお茶を」のネタバレあらすじ結末

ムッソリーニとお茶をの紹介:1998年イタリア,アメリカ映画。ムッソリーニ政権時代のイタリアを舞台に、イタリア人の孤独な少年と、英国コミュニティーの貴婦人達の交流を描いたヒューマンドラマ。シェール、ジュディ・デンチ、マギー・スミスら実力派女優の名演が光ります。フランコ・ゼフィレッリ監督の半自伝的作品と言われている作品です。
監督:フランコ・ゼフィレッリ 出演者:シェール(エルサ)、ジョーン・プロウライト(メアリー)、 リリー・トムリン(ジョージー)、 ジュディ・デンチ(アラベラ)、 マギー・スミス(ヘスター)、チャーリー・ルーカス(少年期のルカ)、ベアード・ウォーレス(青年期のルカ)、クラウディオ・スパダロ(ベニート・ムッソリーニ)、ほか

「ルージュの手紙」のネタバレあらすじ結末

ルージュの手紙の紹介:2017年フランス映画。カトリーヌ・ドヌーヴが自由奔放に生きてきて癌になった義理の母を演じ、生真面目な助産婦で義理の娘をカトリーヌ・フロが演じます。30年前に姿を消した義理の母ベアトリスが、突然父を尋ねてクレールに電話をかけてきたことから始まるストーリー。ベアトリスが去った後、父は自殺しており、憎しみを抱いていたクレールにベアトリスはその奔放な性格でクレールの心に入って行き…。
監督:マルタン・プロヴォ 出演: カトリーヌ・フロ(クレール)、カトリーヌ・ドヌーヴ(ベアトリス)、オリヴィエ・グルメ(ポール)、カンタン・ドルメール(シモン)、ミレーヌ・ドモンジョ(ロランド)、ポーリーヌ・エチエンヌ(セシール)、ほか

「信仰と冒涜の狭間」のネタバレあらすじ結末

信仰と冒涜の狭間の紹介:2014年アメリカ映画。敬虔なクリスチャン家庭で育ったレイチェル。大学進学をきっかけに親元を離れたレイチェルは、生物学の授業を受講してから自身の信仰に疑問を抱いていた。それを知った父親のスティーブンは娘の信仰心をなくさせまいと生物学の教授の元を訪問し、進化論を教えていることに疑問を呈する。進化論者である教授はクリスチャンの父親に創造論と進化論について互いの意見を討論会で展開しようと強制的に約束をしてしまう。
監督:リッチ・クリスティアーノ 出演者:ヨルダン・トロヴィリォン(レイチェル・ウィタカー)、ジェイ・ピケット(スティーブン・ウィタカー)、ハリー・アンダーソン(ケイマン教授)クラレンス・ギルヤード・Jr(ポートランド教授)、バレット・ナハン(タイラー)、ほか

「夜の女たち」のネタバレあらすじ結末

夜の女たちの紹介:1948年日本映画。戦後の焼跡にあらわれたパンパン(売春婦)を扱った作品で、溝口監督としては珍しく社会派的な内容となっている。主演は戦後の溝口作品に欠かせない田中絹代。音楽にベートーヴェンの「運命」が使われている。
監督:溝口健二 出演:田中絹代(大和田房子)、高杉早苗(君島夏子)、角田富江(大和田久美子)、永田光男(栗山謙造)、村田宏寿(病院長9、ほか

「立ち去った女」のネタバレあらすじ結末

立ち去った女の紹介:2016年フィリピン映画。フィリピン映画界で怪物的映画作家と呼ばれるラヴ・ディアス監督、7時間や8時間の作品をたくさん作る彼にとっては短いと言える3時間48分の重厚な作品です。無実の罪で30年間も服役させられた女の、自分を陥れた元恋人への復讐劇が描かれています。第73回ベネチア国際映画祭では金獅子賞を受賞。
監督:ラヴ・ディアス 出演:チャロ・サントス(ホラシア/レナータ/レティシア)、ジョン・ロイド・クルーズ(ホランダ)、マイケル・デ・メッサ(ロドリゴ)、シャマイン・センテネラ=ブエンカミーノ(ペトラ)、ノニー・ブエンカミーノ(バロット売り)、ほか

「パラダイン夫人の恋」のネタバレあらすじ結末

パラダイン夫人の恋の紹介:1947年アメリカ映画。セルズニック時代のヒッチコックが作った異色の法廷劇。殺人事件の裁判と共に、依頼人に恋愛感情を抱いた弁護士とその妻の心理的葛藤が描かれる。脚本はヒッチコック夫人であるアルマ・レヴィルとプロデューサーのデイヴィッド・O・セルズニック自身。
監督:アルフレッド・ヒッチコック 出演:グレゴリー・ペック(アンソニー・キーン)、アリダ・ヴァリ(マッダレナ・パラダイン)、ルイ・ジュールダン(アンドレ・ラトゥール)、アン・トッド(ゲイ・キーン)、チャールズ・ロートン(ホーフィールド判事)

「日本統一4」のネタバレあらすじ結末

日本統一4の紹介:2014年日本映画。信闘会を解散に追い込んだ侠和会では、功労者の三上が幹部に昇格しました。一方、氷室と田村はそれぞれ別々の刑務所で、思わぬ出来事が待っていました。日本統一シリーズ4作目です。別々の刑務所に入った氷室と田村のその後と、氷室不在中の侠和会内部の三上組と川谷が2代目になった山崎組のかけひきを中心に話は進みます。
監督:山本芳久 出演者:本宮泰風(氷室 蓮司)、山口祥行(田村 悠人)、小沢仁志(川谷 雄一)、古井榮一(三上 哲也)、川村亜紀(リョウコ)、白竜(工藤 雅信)、小沢和義(大宮和也)、岡田謙(宮本 稜治)、永倉大輔(植木 尚人)、哀川翔(秋本 照政)ほか

「日本統一3」のネタバレあらすじ結末

日本統一3の紹介:2013年日本映画。信闘会によって、銃撃された山崎若頭の報復を始めた侠和会側でしたが、直参を一人殺したことで、幹部が出歩かなくなり小康状態を迎えていました。そんな時、九州の至誠会会長の川端が仲裁に乗り込んできました…という内容の、日本統一を目指す任侠シリーズ『日本統一』の3作目です。
監督:山本芳久 出演者:本宮泰風(氷室 蓮司)、山口祥行(田村 悠人)、小沢仁志(川谷 雄一)、誠直也(山崎 義政)、古井榮一(三上 哲也)、岡崎二朗(上田 秀次)、川村亜紀(リョウコ)、白竜(工藤 雅信)、梅宮辰夫(至誠会会長・川端)、飛野 悟志(八神)、松田 優(信闘会会長島田)ほか

「日本統一2」のネタバレあらすじ結末

日本統一2の紹介:2013年日本映画。横浜出身の愚連隊のリーダー氷室が、巨大暴力団組織『侠和会』に入り、組織の拡大と日本統一を目指す任侠シリーズの2作目です。氷室の親分の三上が直参になり、侠和会が分裂するまでを描いています。
監督:山本芳久 出演者:本宮泰風(氷室 蓮司)、山口祥行(田村 悠人)、小沢仁志(川谷 雄一)、誠直也(山崎 義政)、古井榮一(三上 哲也)、岡崎二朗(上田 秀次)、川村亜紀(リョウコ)、白竜(工藤 雅信)ほか

1 2 3 4 5 135
TOP↑