ドラマ映画のネタバレ

ドラマ映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のドラマ映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「SOSタイタニック/忘れえぬ夜」のネタバレあらすじ結末

SOSタイタニック/忘れえぬ夜の紹介:1958年イギリス映画。1912年4月10日、イギリスが誇る世界最大の豪華客船タイタニック号は2000人以上もの人々を乗せてニューヨークへの処女航海に出る。だが4月14日「忘れえぬ夜」が来る。タイタニック号の悲劇について最初の本格的研究であるウォルター・ロード著のノンフィクションA Night To Remember(日本語訳タイトルは『タイタニック号の最期』)を原作とし、当時存命だった遭難事故生存者の協力も得て製作されたドラマ映画。ミニチュアを駆使した特撮とリアルなセットでの撮影により、運命の夜を再現する。その後の研究を取り入れた『タイタニック』(1997年)の方が船の沈没の経過を正確に描いているが、技術への驕りや災害に立ち向かう乗務員たちの活躍、極限状況での船客の振る舞いを描いた本作の価値は失われない。
監督:ロイ・ウォード・ベイカー 出演:ケネス・モア(二等航海士ライトラー)、オナー・ブラックマン(ルーカス夫人)、マイケル・グッドリフ(トーマス・アンドリュース)、ケネス・グリフィス(通信士フィリップス)、フランク・ロートン(イズメイ社長)、デヴィッド・マッカラム(通信士ブライド)、ローレンス・ネイスミス(スミス船長)、ジョージ・ローズ(パン焼き主任ジョーヒン)、ほか

「ペトラは静かに対峙する」のネタバレあらすじ結末

ペトラは静かに対峙するの紹介:2018年スペイン,フランス,デンマーク映画。自分の父親を探す主人公ペトラが、父親と思われる人物に接触していった事により、数奇な運命に巻き込まれていく様を描いた作品。7章にもなるパートに分かれてストーリーは語られますが、順序バラバラに語られるのが斬新な切り口と言えます。
監督:ハイメ・ロサレス 出演:バルバラ・レニー(ペトラ)、アレックス・ブレンデミュール(ルカス)、ジョアン・ボテイ(ジャウメ)、マリサ・パレデス(マリサ)、ほか

「月は上りぬ」のネタバレあらすじ結末

月は上りぬの紹介:1955年日本映画。大スター田中絹代の監督2作目。脚本は小津安二郎が斎藤良輔と共同で執筆している。日活の製作ではあるが笠智衆や佐野周二が出演しているため、まるで松竹映画のような雰囲気になっている。
監督:田中絹代 出演:笠智衆(浅井茂吉)、山根寿子(浅井千鶴)、杉葉子(浅井綾子)、北原三枝(浅井節子)、安井昌二(安井昌二)、三島耕(雨宮渉)、佐野周二(高須俊介)、増田順二(田中豊)、小田切みき(女中文や)、田中絹代(下働き米や)、汐見洋(禅寺の住持慈海)、ほか

「人間」のネタバレあらすじ結末

人間の紹介:1962年日本映画。野上弥生子の長編小説『海神丸』を監督の新藤兼人自身が脚色。極限の飢餓状態に置かれた人間が狂っていく様を冷徹に描く。出演は乙羽信子、殿山泰司、佐藤慶といった新藤作品お馴染みのメンバー。
監督:新藤兼人 出演:乙羽信子(五郎助)、殿山泰司(亀五郎)、佐藤慶(八蔵)、山本圭(三吉)、渡辺美佐子(亀五郎の妻)、加地健太郎(ボースン)、村山知義(警部)、ほか

「あに・いもうと」のネタバレあらすじ結末

あに・いもうとの紹介:1953年日本映画。1936年に映画化されたことのある室生犀星の短篇小説を巨匠成瀬巳喜男が再映画化。森雅之と京マチ子という『羅生門』コンビが兄と妹を演じている。キネ旬ベストテンでは5位に入選。
監督:成瀬巳喜男 出演:京マチ子(もん)、久我美子(さん)、森雅之(伊之吉)、山本礼三郎(赤座)、浦辺粂子(りき)、船越英二(小畑)、堀雄二(鯛一)、ほか

「女の座」のネタバレあらすじ結末

女の座の紹介:1962年日本映画。女性ばかりの大家族の人間模様を描いた成瀬巳喜男の佳作。当時の東宝の女性スターはもちろん、成瀬作品のレギュラーである高峰秀子と杉村春子も顔を揃え、豪華極まりないキャストとなっている。脚本は井手俊郎と松山善三。
監督:成瀬巳喜男 出演:笠智衆(石川金次郎)、高峰秀子(芳子)、杉村春子(あき)、三益愛子(田村松代)、小林桂樹(石川次郎)、草笛光子(石川梅子)、淡路恵子(橋本路子)、三橋達也(橋本正明)、司葉子(石川夏子)、星由里子(石川雪子)、宝田明(六角谷甲)、大沢健三郎(健)、ほか

「楢山節考」のネタバレあらすじ結末

楢山節考(ならやまぶしこう)の紹介:1958年日本映画。読書界に衝撃を与えた深沢七郎の処女作を巨匠木下惠介が映画化。残酷な民話風のストーリーをあえて様式的に処理して高い評価を得た。後に今村昌平が違ったアプローチでリメイクしている。
監督:木下惠介 出演:田中絹代(おりん)、高橋貞二(辰平)、望月優子(玉やん)、市川団子(けさ吉)、小笠原慶子(松やん)、鬼笑介(雨屋)、宮口精二(又やん)、伊藤雄之助(又やんの伜)、ほか

「アンモナイトの目覚め」のネタバレあらすじ結末

アンモナイトの目覚めの紹介:2020年イギリス,オーストラリア,アメリカ映画。1840年代、イギリス南西部の海岸に面した町ライム・レジス。人間嫌いで世間とのつながりを断って暮らすメアリー・アニング。13歳で発掘したイクチオサウルスの化石は、世界初の全身化石として一世を風靡し、大英博物館に展示されているが、女性であるメアリーの名前はすぐ世間から忘れ去られ、今は観光客の土産物用アンモナイトを探しては細々と生計を立てていた。そんなある日、裕福な化石収集家の妻シャーロットを数週間預かることになる。次第にシャーロットの存在は、メアリーの心を溶かしていき、やがて彼女自身も知らなかった本当の想いを露わにさせていく。主人公は現代の恐竜ブームにもつながる化石を掘り起こした、実在の古生物学者メアリー・アニング。
監督:フランシス・リー 出演:ケイト・ウィンスレット(メアリー・アニング)、シアーシャ・ローナン(シャーロット・マーチソン)、フィオナ・ショウ(エリザベス・フィルポット)、ジェマ・ジョーンズ(モリー・アニング)、アレック・セカレアヌ(ドクター・リーバ-ソン)、ジェームズ・マッカードル(ロデリック・マーチソン)ほか

「あのこは貴族」のネタバレあらすじ結末

あのこは貴族の紹介:2020年日本映画。『ここは退屈迎えに来て』などの小説家・山内マリコの同名小説を、『グッド・ストライプス』で新藤兼人賞金賞を獲得した岨手由貴子が監督と脚本を務めて映画化したヒューマンドラマです。門脇麦と水原希子をダブル主演に迎え、都会生まれの箱入り娘と地方から上京して自力で道を切り開く女性、二人の境遇の異なる主人公の出会いと生き方を描いていきます。
監督:岨手由貴子 出演者:門脇麦(榛原華子)、水原希子(時岡美紀)、高良健吾(青木幸一郎)、石橋静河(相良逸子)、山下リオ(平田里英)、佐戸井けん太(榛原宗郎)、篠原ゆき子(榛原麻友子)、石橋けい(岡上香津子)、山中崇(岡上真)、南出凌嘉(岡上晃太)、高橋ひとみ(青木知子)、奥瀬繁(青木謙次郎)、津嘉山正種(青木幸太郎)、銀粉蝶(榛原京子)ほか

「82年生まれ、キム・ジヨン」のネタバレあらすじ結末

82年生まれ、キム・ジヨンの紹介:2019年韓国映画。韓国でベストセラーとなり、日本でも販売された同名小説を映画化した作品。1982年に生まれた女性として1番多い名前の主人公が、子育てや仕事、妻として母として悩み苦しみながら生きていく様を描いています。韓国における女性の生き辛さが痛切に表現されています。
監督:キム・ドヨン 出演:チョン・ユミ(ジヨン)、コン・ユ(デヒョン)、キム・ミギョン(ミスク)、コン・ミンチョン(ウニョン)、キム・ソンチョル(ジソク)、イ・オル(ヨンス)、イ・ボンリョン(ヘス)、ほか

「HANDIA アルツォの巨人」のネタバレあらすじ結末

HANDIA アルツォの巨人の紹介:2017年スペイン映画。18後半から19世紀末まで、新旧体制間の緊張と混迷の欧州で、運命を翻弄されたマルティンと巨人症のホアキン。各地をまたにかけて生き抜いた実在の兄弟の波乱の人生を描く。
監督:アイトル・アレギ、ヨン・ガラーニョ 出演者:ホセバ・ウサビアガ(マルティン)、エネコ・サガルドイ(ホアキン)、イニゴ・アランブル(アルサドゥン)、ラモン・アギーレ(アントニオ)、アイア・クルセ(マリア)、ほか

「ドリームランド」のネタバレあらすじ結末

ドリームランドの紹介:2019年アメリカ映画。1930年代のアメリカ、テキサス。17歳の少年ユージンは母の再婚相手ジョージとは気が合わない様子。そんな時に起こった銀行強盗事件。ユージンは美しき逃亡者アリソンと出会い恋に落ち、逃走を助けることになります。そしてメキシコへの逃亡を企て、そこが夢見る場所『ドリームランド』だと信じます。しかし、ジョージはユージンとアリソンを捕まえようとします…。『ドリームランド』は、マーゴット・ロビー主演の映画、テキサスの広大な大地を舞台に犯罪者と開拓者の出会いと愛を描いたストーリーです。
監督:マイルズ・ジョリス=ペイラフィット 出演:フィン・コール(ユージン・エバンズ)、マーゴット・ロビー(アリソン・ウェルズ)、トラヴィス・フィメル(ジョージ・エバンズ)、ギャレット・ヘドランド(ペリー・モントロイ)、ほか

「歩けない僕らは」のネタバレあらすじ結末

歩けない僕らはの紹介:2018年日本映画。回復期リハビリテーション病院を舞台に、主人公の新人理学療法士と周りを取り巻く人々の姿を描いた短編作品です。主人公をアイドルグループ「私立恵比寿中学」の元メンバーだった宇野愛海が演じています。
監督:佐藤快磨 出演者:宇野愛海(宮下遥)、落合モトキ(柘植篤志)、板橋駿谷(田口勝)、堀春菜(相馬幸子)、細川岳(翔)、門田宗大(安田太一)、山中聡(日野智久)、佐々木すみ江(青木タエ)ほか

「きまじめ楽隊のぼんやり戦争」のネタバレあらすじ結末

きまじめ楽隊のぼんやり戦争の紹介:2020年日本映画。朝9時から夕方5時まで毎日規則正しく戦争している二つの町を舞台に、音楽隊への異動を命じられた真面目な兵士の顛末を周囲の一風変わった人々も交えてシュールに描いたヒューマンドラマです。第21回東京フィルメックスで審査員特別賞を受賞、第50回ロッテルダム国際映画祭ハーバー部門の正式出品作品となっています。
監督:池田暁 出演者:前原滉(露木)、今野浩喜(藤間)、中島広稀(三戸)、清水尚弥(平一)、橋本マナミ(春子)、矢部太郎(仁科)、片桐はいり(城子)、嶋田久作(板橋)、きたろう(伊達)、竹中直人(大木)、石橋蓮司(夏目)ほか

「満月の夜」のネタバレあらすじ結末

満月の夜の紹介:1984年フランス映画。若く美しく奔放なヒロインが、束縛の激しい恋人との同棲生活に息苦しさを感じ、自分だけの部屋を持ったことで生じた心境の変化と、その代償を描いたE・ロメールの「喜劇と格言劇」シリーズの第4作。
監督:エリック・ロメール 出演:パスカル・オジェ(ルイーズ)、チェッキー・カリョ(レミ)、ファブリス・ルキーニ(オクターヴ)、クリスチャン・ヴァディム(バスチアン)、ほか

1 2 3 4 5 173

キーワードから探す

TOP↑