Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドラマ映画のネタバレ

ドラマ映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のドラマ映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「運命は踊る」のネタバレあらすじ結末

運命は踊るの紹介:2017年イスラエル,ドイツ,フランス,スイス映画。イスラエルのサミュエル・マオズ監督が戦地に送り出した息子と彼の両親3人の運命が巧みに交差していく様を描いた良作です。彼らの運命を動き回っては元の場所に戻るFoxtrotのステップに準えているところがとても芸術的に映ります。
監督:サミュエル・マオズ 出演:リオル・アシュケナージ(ミハエル)、サラ・アドラー(ダフナ)、ヨナタン・シレイ(ヨナタン)、シラ・ハース、ほか

「ジェイン・エア(1996年)」のネタバレあらすじ結末

ジェイン・エアの紹介:1996年イギリス映画。シャーロット・ブロンテの同名小説を映画化。過酷な人生を自らの力で切り拓き、真実の愛を掴んだ女性を描く文芸ドラマ作品。幼い頃両親を亡くして寄宿学校に追いやられたジェインは、周囲の理不尽を耐え抜き成長して家庭教師となった。屋敷の主人ロチェスターと運命的な恋に落ち、身分を超えた愛を誓ったジェイン。しかし結婚式当日、思いがけない闖入者によって残酷な真実を知らされる。
監督:フランコ・ゼフィレッリ 出演者:シャルロット・ゲンズブール(ジェイン・エア)、アンナ・パキン(少女時代のジェイン・エア)、ウィリアム・ハート(エドワード・ロチェスター)、ジョーン・プロウライト(フェアファックス夫人)、ジェラルディン・チャップリン(スカッチャード)ほか

「お受験」のネタバレあらすじ結末

お受験の紹介:1999年日本映画。会社の陸上部に所属し、マラソン大会に出ることが生きがいの富樫の家庭では、6歳の娘の真結美がお受験を控えていました。妻の利恵にまかせっきりでしたが、富樫が子会社の役員になってから、生活は徐々に変わり始めました・・・というロックシンガー矢沢永吉主演のヒューマンドラマです。
監督:滝田洋二郎 出演者:矢沢永吉(富樫真澄)、田中裕子(富樫利恵)、大平奈津美(富樫真結美)、西村雅彦(橘要塾長)、大杉漣(吉本監督)、余貴美子(千秋みどり)、鈴木一真(中村橋夫)ほか

「コドモのコドモ」のネタバレあらすじ結末

コドモのコドモの紹介:2008年日本映画。小学生の妊娠と出産を描いた、さそうあきらの同名漫画が原作。性に対して何の意識もないまま、興味本位で“くっつけっこ”を幼なじみのヒロユキとした主人公の春菜。大人たちには知られず、だんだん大きくなるお腹に子供たちが奮闘する。
監督:萩生田宏治 出演者:甘利はるな(持田春菜)、麻生久美子(八木先生)、宮崎美子(春菜のお母さん)、谷村美月(春菜のお姉さん)、草村礼子(春菜のおばあさん)、斉藤暁(春菜のお父さん)、榎木兵衛(春菜のおじいさん)、北見敏之(ミツオのお父さん)、深水元基(小林先生)、伊藤梨沙子(吉田美香)、川村悠椰(鶴巻ヒロユキ)、大熊彩花(朝倉真由)、帯金遼太(生田目ミツオ)、須藤瞳(丸山珠)、竹森雄之介(川上ダイゴ)、山田清貴(久保田万作)、安部聡子(ヒロユキのお母さん)、塩見三省(高松教頭)、ほか

「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」のネタバレあらすじ結末

イン・アメリカ/三つの小さな願いごとの紹介:2002年アイルランド,イギリス映画。悲しみを背負った家族の苦悩と再生を描くヒューマン・ドラマ。末っ子フランキーを亡くしたサリヴァン一家は、アイルランドからニューヨークへ引っ越した。新しい環境で励まし合い、時に傷つけ合う家族。やがて友人と新たな命を得た彼らは、悲しみに向き合い前へ進んでいく。ジム・シェリダン監督の半自伝的作品。
監督:ジム・シェリダン 出演者:サマンサ・モートン(サラ)、パディ・コンシダイン(ジョニー)、サラ・ボルジャー(クリスティ)、エマ・ボルジャー(アリエル)、ジャイモン・フンスー(マテオ)ほか

「セブン・デイズ・イン・ハバナ」のネタバレあらすじ結末

セブン・デイズ・イン・ハバナの紹介:2012年フランス,スペイン映画。キューバの首都ハバナを舞台に月曜日から日曜日までの7日間に起こる様々な出来事を7人の監督が独自の視点で描くオムニバス映画。「グッバイ、レーニン!」のダニエル・ブリュール、「アンダーグラウンド」のエミール・クストリッツァ、「ハンガー・ゲーム」のジョシュ・ハッチャーソンらが出演しています。ハバナの美しき景色やキューバ音楽を楽しめる映画です。
監督:ベニチオ・デル・トロ、パブロ・トラペロ、フリオ・メデム、エリア・スレイマン、ギャスパー・ノエ、ファン・カルロス・タビオ、ローラン・カンテ 出演者:ジョシュ・ハッチャーソン、ウラジミール・クルス、デイジー・グラナドス、オテロ・レンソリ、エミール・クストリッツァ、アレクサンダー・アブレウ、ダニエル・ブリュール、メルビス・サンタ・エステベス、レオナルド・ベニテス、エリア・スレイマン、セバスティアン・バルーソ、クリステラ・エレラ、ドゥニア・マトス、ミルタ・イバラ、ホルヘ・ペルゴリア、ベアトリス・ドルタ、ナタリア・アモーレ、アレクシス・ビダル、ほか

「思いやりのススメ」のネタバレあらすじ結末

思いやりのススメの紹介:2016年アメリカ映画。思いやりのススメの紹介:実の子を失って立ち治れないままの作家のベンが、介護士の資格を取って性格のひねくれたトレヴァーの世話をすることになります。お互いに時間を過ごすことで、前向きになっていく様子を描いたヒューマン映画です。
監督:ロブ・バーネット 出演:ポール・ラッド(ベン)、クレイグ・ロバーツ(トレヴァー)、セレーナ・ゴメス(ドット)、ミーガン・ファーガソン(妊婦)、ジェニファー・イーリー(エルサ)、ほか

「旅のおわり世界のはじまり」のネタバレあらすじ結末

旅のおわり世界のはじまりの紹介:2019年日本,ウズベキスタン映画。日本のテレビバラエティ番組のリポーターである葉子は、異郷をさまよい異文化の人々と出会い、新しい世界に自分を開いていく。日本とウズベキスタンが国交を樹立してから25年が経ち、また戦後に抑留された日本人が建設に関わったナヴォイ劇場が完成から70周年を迎えたことを記念した両国の合作映画のために黒沢清監督がオリジナル脚本を執筆。主演は『Seventh Code』、『散歩する侵略者』に続き黒沢監督と組んだ前田敦子。ウズベキスタンの人気俳優アディズ・ラジャボフが見事に日本語の台詞をこなしている。
監督:黒沢清 出演者:前田敦子(藤田葉子)、染谷将太(吉岡)、柄本時生(佐々木)、アディズ・ラジャボフ(テムル)、加瀬亮(岩尾)その他

「カサノバ(1976年)」のネタバレあらすじ結末

カサノバの紹介:1976年イタリア映画。18世紀のヴェネチアと周辺地域を舞台に、波乱とエクスタシーに満ちた生涯を送った資産家ジャコモ・カサノバの生涯を追う。いかにして彼は多くの女性とロマンスに至ったのか。
監督:フェデリコ・フェリーニ 出演:ドナルド・サザーランド(ジャコモ・カサノバ)、ティナ・オーモン(アンリエット)、マルガレート・クレマンティ(マッダレーナ)、サンドラ・エレーン・アレン(アンジェリーナ)、シシリー・ブラウン(マダム・デルフェ)、カルメン・スカルピッタ(マダム・シャルピヨン)、クララ・アルグランティ(マルコリーナ)、ダニエラ・ガッティ(ジゼルダ)、オリンピア・カルリシ(イザベラ)、シルヴァーナ・フサッキア(イザベラの妹)、クラリッサ・メアリー・ロール(アンナ・マリア)、ダニエル・エミルフォルク(デュ・ボワ)、ほか

「ガラスの城の約束」のネタバレあらすじ結末

ガラスの城の約束の紹介:2017年アメリカ映画。アルコール依存症、暴力的で定職につけない父親は子供を連れて放浪生活を始めます。学校にも行けずお腹の空いた子どもたちは不満ばかりです。父は「ガラスの城」なる理想の家を作ると約束しますが、父親の約束は守られるのでしょうか?『ガラスの城の約束』はいい加減な父に育てられた子供の視点から描いた自伝の映画化。原作はアメリカでベストセラーになりました。キャプテン・マーベルで注目されたブリー・ラーソンが主演、ブリーの本作での演技は批評家から高く評価されました。映画は主人公の成人した現在と少女時代の回想シーンで構成され、家族関係、親子愛などについて考えさせられる映画です。
監督:デスティン・ダニエル・クレットン 出演:ブリー・ラーソン(ジャネット・ウォールズ)、ウディ・ハレルソン(レックス・ウォールズ)、ナオミ・ワッツ(ローズマリー・ウォールズ)、マックス・グリーンフィールド(デヴィッド)、セーラ・スヌーク(ローリ)、ジョシュ・カラス(ブライアン)、ブリジェット・ランディ=ペイン(モーリーン)、ほか

「デンデラ」のネタバレあらすじ結末

デンデラの紹介:2011年日本映画。佐藤友哉の同名小説を映画化した作品。村の掟により山に捨てられた老婆達が作った共同体デンデラ。熊や自然の脅威に晒されながら生き延びるためたくましく戦い続ける老婆達の姿をスリリングに描いた人間ドラマです。監督は「楢山節考」などで知られる名監督今村昌平の息子天願大介が務めました。浅丘ルリ子、倍賞美津子、草笛光子らベテラン女優の鬼気迫る演技が光ります。
監督:天願大介 出演者:浅丘ルリ子(斎藤カユ)、赤座美代子(黒井クラ)、 白川和子(石塚ホノ)、角替和枝(桂川マクラ)、山本陽子(浅見ヒカリ)、倍賞美津子(椎名マサリ)、草笛光子(三ツ星メイ)、ほか

「山猫」のネタバレあらすじ結末

山猫の紹介:1963年イタリア,フランス映画。イタリア貴族の子孫であるジュゼッペ・トマージ・ディ・ランペドゥーサの同名小説を、同じくイタリア貴族の血を引くルキノ・ヴィスコンティ監督が映画化した歴史ドラマで、第16回カンヌ国際映画祭で最高賞パルム・ドールを受賞した大作です。1860年代のイタリア統一革命に揺れるシチリアを舞台に、没落の一途を辿る貴族と野心的な甥の対照的な生き方を描いていきます。
監督:ルキノ・ヴィスコンティ 出演:バート・ランカスター(サリーナ公爵ドン・ファブリツィオ・コルベーラ)、アラン・ドロン(タンクレーディ・ファルコネリ)、クラウディア・カルディナーレ(アンジェリカ・セダーラ)、パオロ・ストッパ(ドン・カロージェロ・セダーラ)、ジュリアーノ・ジェンマ(ガルバルディ軍将軍)、マリオ・ジロッティ(カヴリアーギ伯爵)、セルジュ・レジアニ(チッチョ)、ロモロ・ヴァリ(ピローネ神父)、リナ・モレリ(マリア・ステラ(サリーナ公爵夫人))ほか

「パリの家族たち」のネタバレあらすじ結末

パリの家族たちの紹介:2018年フランス映画。これから母になる、母になったばかり、母になりたいがなれない、母になりたくない、それぞれの母への感情や理想が交錯する群像劇。
監督:マリー=カスティーユ・マンシヨン=シャール 出演:オドレイ・フルーロ(アンヌ)、クロチルド・クロ(ダフネ)、オリヴィア・コート(ナタリー)、パスカル・アルビロ(イザベル)、ジャンヌ・ローザ(ブランシュ)、カルメン・マウラ(テレーズ)、ニコール・ガルシア(アリアン)、ヴァンサン・ドゥディエンヌ(スタン)、マリー=クリスティーヌ・バロー(ジャクリーヌ)、パスカル・ドゥモロン(ジャック)、ギュスタヴ・ケルヴェン(グレゴワール)、ノエミー・メルラン(ココ)、ほか

「僕はイエス様が嫌い」のネタバレあらすじ結末

僕はイエス様が嫌いの紹介:2019年日本映画。是枝裕和監督や女優大竹しのぶさんなど、名だたる映画人から称賛のコメントが寄せられている『僕はイエス様が嫌い』。本作は22歳の奥山大史監督が、青山学院大学在学中に撮った長編デビュー作。サンセバスチャン国際映画祭で最優秀新人監督賞を受賞し、フランス・スペイン・韓国でも既に劇場公開が決まっている話題作だ。オーディションで選ばれた主演・佐藤結良くんの自然体の演技と、撮影カメラマン出身の監督こだわりの映像が魅力の佳品である。
監督:奥山大史 キャスト: 佐藤結良(星野由来)、大熊理樹(大隈和馬)、チャド・マレーン(小さなイエス様)、木引優子(由来の母)、ただのあっ子(由来の祖母)、二瓶鮫一(由来の祖父)、秋山建一、大迫一平、北山雅康、佐伯日菜子(和馬の母:大隈理香子)ほか

「斬る」のネタバレあらすじ結末

斬るの紹介:1962年日本映画。柴田錬三郎の長編を新藤兼人が脚色した、勧善懲悪ではない異色の時代劇。同じ監督主演コンビの「剣」「剣鬼」と並んで「剣三部作」と称されている。冒頭の暗殺場面が印象的。
監督:三隅研次 出演:市川雷蔵(高倉信吾)、浅野進治郎(高倉信右衛門)、藤村志保(山口藤子)、天知茂(多田草司)、稲葉義男(池辺義一郎)、柳永二郎(松平大炊頭)、ほか

1 2 3 4 5 131
TOP↑