Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドラマ映画のネタバレ

ドラマ映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のドラマ映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「日日是好日」のネタバレあらすじ結末

日日是好日(にちにちこれこうじつ)の紹介:2018年日本映画。二十歳になった典子は母の薦めで同じ年でいとこの美智子とお茶を習うことになりました。毎回同じことの繰り返しと思っていたお稽古も季節ごとに入れ替わる掛け軸や器、美しい和菓子にも次第に惹かれていきます。美智子は就職が決まると同時にお茶をやめて、しばらくすると結婚して故郷に戻り子育てを始めます。典子は美智子がいなくなっても淡々とお茶を続けます。お茶を通して自分の心と向き合い、自然の光や音、風を感じながら所作を学んでいきます。長い人生の流れのなか、四季を感じながら移ろいゆく自然。日本古来から続くお茶を通しての美しい人生物語。本作が遺作となった樹木希林さんはお茶の先生役として出演しています。
監督:大森立嗣 出演:黒木華(典子)、樹木希林(武田先生)、多部未華子(美智子)、原田麻由(田所)、川村紗也(早苗)、滝沢恵(由美子)、山下美月(ひとみ)、郡山冬果(典子の母)、岡本智礼(典子の弟)、荒巻全紀(南一恵)、鶴田真由(雪野)、鶴見辰吾(典子の父)、ほか

「負け犬の美学」のネタバレあらすじ結末

負け犬の美学の紹介:2017年フランス映画。全盛期をとっくに過ぎた中年ボクサー、スティーブ。穴埋め程度の試合とレストランのバイトで家族を養っていたが、娘の夢を叶えるために、誰もが敬遠するチャンピオンのスパーリングパートナーになることを決意した。スティーブのこれまでの戦いは48戦13勝3分32敗。彼は自身の引き際のために最後の大勝負に出ることにした。チャンピオンのタレク役に元WBA世界王者のソレイマヌ・ムバイエを迎え、臨場感いっぱいのリアルなファイトシーンも見どころのひとつ。負け続け惨めな思いをしても、家族のために闘う父親、その父親を心から愛する娘と温かく見守る母親。家族愛と、信念を貫く男の姿が心を熱くさせてくれる。
監督:サミュエル・ジュイ 出演:マチュー・カソヴィッツ(スティーブ・ランドリー)、オリヴィア・メリラティ(マリオン・ランドリー)、ソレイマヌ・ムバイエ(タレク・エンバレク)、ビリー・ブレイン(オロール・ランドリー)ほか

「思えば遠くへ来たもんだ」のネタバレあらすじ結末

思えば遠くへ来たもんだの紹介:1980年日本映画。九州から、秋田の荒れた高校に赴任した熱血教師が、不良学生を柔道を通じて更生させ、二人の女性に恋焦がれながらも、わが道を進んでいく、心温まる人情ドラマです。主演は武田鉄矢で、題名と同じ曲の『思えば遠くへ来たもんだ』もヒットしました。
監督:朝間義隆 出演者:武田鉄矢(青田喜三郎)、あべ静江(高橋百合子)、熊谷真実(清水鹿子)、志方亜紀子(秋山道)、山田隆夫(黒須昭一(カラス))、吉田次昭(本間茂)、村田雄浩(高橋松男(根性))、山谷初男(檜山大八郎)、たこ八郎(大曲のやくざ)、山本圭(雫石先生)、大滝秀治(千厩校長)、泉ピン子(渡辺よし子)、大山のぶ代(よし子の母)、乙羽信子(本間あや)、植木等(本間得治)ほか

「パパはわるものチャンピオン」のネタバレあらすじ結末

パパはわるものチャンピオンの紹介:2018年日本映画。板橋雅弘と吉田尚令による絵本「パパはわるものチャンピオン」「パパのしごとはわるものです」を映画化した作品です。怪我と世代交代のため悪役に転身したかつてのエースレスラーと、その家族の絆を描いています。主演に新日本プロレスの人気現役レスラー・棚橋弘至を迎え、他にも人気レスラーが多数出演しています。
監督:藤村享平 出演者:棚橋弘至(大村孝志/ゴキブリマスク)、木村佳乃(大村詩織)、寺田心(大村祥太)、仲里依紗(大場ミチコ)、オカダ・カズチカ(ドラゴンジョージ)、田口隆祐(寄田/ギンバエマスク)、真壁刀義(スイートゴリラ丸山)、バレッタ(ジョエル・ハーディ)、淵上泰史(平野大輔)、松本享恭(町田翔平)、川添野愛(ユリ)、大泉洋(編集長)、大谷亮平(大友)、寺脇康文(本田功)、天山広吉、小島聡、永田裕志、中西学、KUSHIDA、後藤洋央紀、石井智宏、矢野通、YOSHI-HASHI、内藤哲也、高橋ヒロムほか

「家族」のネタバレあらすじ結末

家族の紹介:1970年日本映画。日本映画界の至宝・山田洋次監督が手掛けた“民子三部作”の第1弾です。高度経済性長期の時代を舞台に、故郷・長崎の小さな島を離れた主人公一家が遥か遠くの北海道に新天地を求める姿をドキュメンタリータッチで描きます。
監督:山田洋次 出演者:井川比佐志(風見精一)、倍賞千恵子(風見民子)、笠智衆(風見源蔵)、前田吟(風見力)、池田秀一(風見隆)、塚本信夫(沢亮太)、松田友絵(沢みさお)、花沢徳衛(チンケ)、渥美清(行きずりの旅人)ほか

「愛と喝采の日々」のネタバレあらすじ結末

愛と喝采の日々の紹介:1977年アメリカ映画。バレリーナとして成功を収めた女性と、将来を有望視されながらも結婚してバレエから引退した女性。かつてライバル関係にあった二人の対照的な生き方を母娘の情愛を盛り込みながら描き、女性の幸せとは何かを問いかける人生ドラマです。
監督:ハーバート・ロス 出演者:シャーリー・マクレーン(ディーディー・ロジャース)、アン・バンクロフト(エマ・ジャクリン)、ミハイル・バリシニコフ(ユーリ・コペイキン)、レスリー・ブラウン(エミリア・ロジャース)、トム・スケリット(ウェイン・ロジャース)、ジェームズ・ミッチェル(マイケル・クック)、マーサ・スコット(アデレイド)、アンソニー・ザーブ(ロージー)、マーシャル・トンプソン(カーター)、ドナルド・ペトリ(バーニー・ジョー)ほか

「ワン・モア・タイム(2015年)」のネタバレあらすじ結末

ワン・モア・タイムの紹介:2015年アメリカ映画。往年のムードシンガーで再起をかける父と、ミュージシャンとしての夢を追いながらも人生に行き詰った娘が、確執を乗り越えて互いの新たな人生に踏み出す。
監督:ロバート・エドワーズ 出演:クリストファー・ウォーケン、アンバー・ハード、ケリ・ガーナー、ハミッシュ・リンクレイター、アン・マグナソン、オリヴァー・プラット、ジョン・エリソン・コンリー、ほか

「ミスター・ロンリー」のネタバレあらすじ結末

ミスター・ロンリーの紹介:2007年イギリス,フランス映画。マイケルジャクソンになりきってパフォーマンスをしている青年がマリリンモンローの同じくパフォーマンスしている女性と出会い交流をしていくうちに、本当の自分とは何か、見つめて探していく物語です。
監督:ハーモニー・コリン 出演:ディエゴ・ルナ(マイケル)、サマンサ・モートン(マリリン)、ドニ・ラヴァン(チャップリン)、ヴェルナー・ヘルツォーク(神父)、レオス・カラックス(レナード)、ほか

「振り子」のネタバレあらすじ結末

振り子の紹介:2014年日本映画。今やパラパラ漫画のイラストレーターとしても大活躍中のお笑い芸人、鉄拳。そんな鉄拳の、動画再生回数300万回以上を記録した伝説のパラパラ漫画を実写映画化!昭和から平成にかけて、営む店の倒産から妻の病気まで、さまざまな苦難に立ち向かう夫妻の絆を描く。
監督:竹永典弘 出演:中村獅童(長谷川大介)、小西真奈美(長谷川サキ)、石田卓也(学生時代の大介)、清水富美加(学生時代のサキ)、板尾創路(サキの父)、笛木優子(米山京子)、松井珠理奈(長谷川心晴)、鈴木亮平(中村)、中尾明慶(田中)、研ナオコ(タバコ屋)、武田鉄矢(八百屋・橋本梅吉)、ほか

「散り椿」のネタバレあらすじ結末

散り椿の紹介:2018年日本映画。葉室麟の同名時代小説を、日本を代表するキャメラマン・木村大作が自身3作目となるメガホンを執り、『雨あがる』『蜩ノ記』を監督した小泉堯史が脚本を手掛けて映画化した時代劇です。架空の藩・扇野藩を追われた剣の達人が妻の死を機に故郷に舞い戻り、自分が追われるきっかけとなった藩の不正の真実に迫っていきます。モントリオール世界映画祭で審査員特別グランプリを受賞しています。
監督:木村大作 出演者:岡田准一(瓜生新兵衛)、西島秀俊(榊原采女)、黒木華(坂下里美)、池松壮亮(坂下藤吾)、麻生久美子(瓜生篠)、緒形直人(篠原三右衛門)、新井浩文(宇野十蔵)、柳楽優弥(平山十五郎)、芳根京子(篠原美鈴)、駿河太郎(坂下源之進)、渡辺大(千賀谷政家)、石橋蓮司(田中屋惣兵衛)、富司純子(榊原滋野)、奥田瑛二(石田玄蕃)、豊川悦司(ナレーション)ほか

「選挙の勝ち方教えます」のネタバレあらすじ結末

選挙の勝ち方教えますの紹介:2015年アメリカ映画。選挙戦略家という仕事をしている主人公がボリビアの大統領選挙に勝ちたいという依頼がきました。しかし敵についている戦略家は長年のライバルでした。
監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン 出演:サンドラ・ブロック(ジェーン・ボディーン)、ビリー・ボブ・ソーントン(パット・キャンディ)、アンソニー・マッキー(ベン・ソーヤー)、ヨアキム・デ・アルメイダ(ペドロ・カスティー)、ほか

「ぼくを葬る(おくる)」のネタバレあらすじ結末

ぼくを葬る(おくる)の紹介:2005年フランス映画。31歳の男性フォトグラファーが余命三カ月と宣告され自分自身を静かに見つめていく物語。ゲイであること、家族、恋人などと向き合い奔放されながら彼は生きていきます。フランソワ・オゾンが死をテーマに作った映画三部作の内の一本です。
監督:フランソワ・オゾン 出演:メルヴィル・プポー(ロマン)、ジャンヌ・モロー(ローラ)、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ(ジャニィ)、ダニエル・デュヴァル(父)、マリー・リヴィエール(母)、クリスチャン・センゲワルト(サシャ)、ルイーズ=アン・ヒッポー(ソフィー)、アンリ・ドゥ・ロルム(医師)、ウォルター・パガノ(ブルーノ)、ウゴ・スーザン・トラベルシ(ロマン / 少年時代)、アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ(ソフィー / 少女時代)、ほか

「アンネの追憶」のネタバレあらすじ結末

アンネの追憶の紹介:2009年イタリア映画。「アンネの日記」の著者として有名なユダヤ人少女アンネ・フランクの最期の日々がつづられたイタリア映画。アンネの日記、アンネの親友のハネリ・ホスラーの証言を元に作られました。
監督:アルベルト・ネグリン 出演:ロザベル・ラウレンティ・セラーズ(アンネ・フランク)、エミリオ・ソルフリッツィ(オットー・フランク)、モーニ・オヴァディア(ラビ)、バコニー・チッラ(ミープ)、スルディ・パンナ(ハネリ・ホスラー)、ほか

「立派なこどもの育てかた」のネタバレあらすじ結末

立派なこどもの育てかたの紹介:2018年カナダ映画。3人の子どもを実験台にし、子どもの性格は環境により形成されるのか、それとも血筋によって形成されるのかを研究する、科学者夫婦の実話を元に描かれた作品です。
監督:エマニュエル・ホス=デスマレ 出演:マシュー・グッド(ベン)、トニ・コレット(キャサリン)、アンドレアス・アペルギス(サミー)、マイケル・スマイリー(ガーツ)、フィオヌラ・フラナガン(フィリス)、メーガン・オケリー(マヤ)、ジョーダン・プール(ルーク)、アントン・ギリス=アデルマン(モーリス)、スザンヌ・クレマン(ジュリー)ほか

「ネコナデ」のネタバレあらすじ結末

ネコナデの紹介:2008年日本映画。亀井亨の人気動物TVドラマ『ネコナデ』を再構成した作品で、会社人間の男が一匹の子猫との出会いから次第に変わっていく姿をコミカルに描いたハートフルドラマです。「こんな子ねこにであったら、人生がちょっとだけ変わるかも。」というキャッチコピーで、主演は「300の顔を持つ男」と呼ばれ2018年急逝した名脇役・大杉漣です。
監督:大森美香 出演:大杉漣(鬼塚太郎)、青山倫子(君島凛子)、黒川芽以(田中亜里沙)、入山法子(久我珠代)、立花彩野(長島道子)、桜井聖(鈴木一郎)、海東健(西条康文)、小林且弥(山下カズキ)、EMI(益田トモヨ)、六角精児(大野恵輔)、ほか

1 2 3 4 5 107
TOP↑