ドラマ映画のネタバレ

ドラマ映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のドラマ映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「マイ・ブロークン・マリコ」のネタバレあらすじ結末

マイ・ブロークン・マリコの紹介:2022年日本映画。永野芽郁がやさぐれたOLを演じ話題の『マイ・ブロークン・マリコ』。原作は第24回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞をはじめ各賞を総なめにした平庫ワカの同名マンガ。「親友の遺骨と旅に出る」物語に惚れ込んだタナダユキ監督が映画化を切望して実現した本作は、役者の熱量も生半可ではない。タバコを吸い酒を飲む姿がカッコいい永野芽郁。その親友マリコ役は実生活でも永野と仲の良い奈緒。ふたりが息のあった演技を見せている。謎の男マキオを演じる窪田正孝も秀逸。
監督:タナダユキ 原作:平庫ワカ 出演:永野芽郁(シイノトモヨ)、奈緒(イカガワマリコ)、窪田正孝(マキオ)、尾美としのり(マリコの実父)、吉田羊(タムラキョウコ)ほか

「シークレット・ガーデン」のネタバレあらすじ結末

シークレット・ガーデンの紹介:2020年イギリス映画。若くして両親を失ったメアリーは親戚に引き取られることになります。親戚の大豪邸に暮らすことになったメアリーは、庭園で不思議な体験をします。彼女は病気の少年コリンに出会い、はコリンの病気を治せるのは庭園だと考え彼を連れていきます。『シークレット・ガーデン』は、少年と少女の夢の世界を描いたファンタジー映画です。
監督:マーク・ミュンデン 出演:コリン・ファース(アーチボルド・クレイヴン卿)、ジュリー・ウォルターズ(ミセス・メドロック)、ディキシー・エゲリック(メアリー・レノックス)、ほか

「ダウントン・アビー/新たなる時代へ」のネタバレあらすじ結末

ダウントン・アビー/新たなる時代への紹介:2022年イギリス, アメリカ映画。20世紀前半のイギリスの地方貴族を描いたドラマ『ダウントン・アビー』は世界的な人気を博しました。2019年に映画化され、今回はその続編です。『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』は、人気ドラマの映画作品、グランサム伯爵家の遺産相続と映画撮影という2つのストーリーが展開されます。
監督:サイモン・カーティス 出演:ヒュー・ボネヴィル(ロバート・クローリー/グランサム伯爵)、エリザベス・マクガヴァン(コーラ・クローリー/グランサム伯爵夫人)、マギー・スミス(バイオレット・クローリー)、アレン・リーチ(トム・ブランソン)、タペンス・ミドルトン(ルーシー・ブランソン)、メアリー・タルボット(ミッシェル・ドッカリー)、イメルダ・スタウントン(モード・バグショー)、フィフィ・ハート(シビー・ブランソン)、ローラ・カーマイケル(イーディス・ペラム)、ほか

「百花」のネタバレあらすじ結末

百花の紹介:2022年日本映画。川村元気による同名小説を菅田将暉主演で映像化しました。認知症を患った母の面倒を見る主人公の泉が、過去にあった母がいない空白の一年の真実を知っていく…。日に日に記憶を失っていく母に寄り添う息子の姿が印象的です。
監督:川村元気 出演:菅田将暉(葛西泉)、原田美枝子(葛西百合子)、長澤まさみ(葛西香織)、北村有起哉(大澤哲也)、岡山天音(永井翔太郎)、河合優実(田名部美咲)、長塚圭史(佐藤雅之)、板谷由夏(関綾乃)、神野三鈴(工藤恵)、永瀬正敏
(浅葉洋平)、ほか

「アキラとあきら」のネタバレあらすじ結末

アキラとあきらの紹介:2022年日本映画。「半沢直樹」で一躍話題になった池井戸潤の同名小説の映画化。元銀行員だった経歴を持つ池井戸潤らしく業界内部を深く掘り下げた内容となっていて、そこで火花を散らす男たちの熱き戦いが描かれています。
監督:三木孝浩 出演:竹内涼真(山崎瑛)、横浜流星(階堂彬)、高橋海人(階堂龍馬)、上白石萌歌(水島カンナ)、児嶋一哉(階堂崇)、満島真之介(工藤武史)、塚地武雅(保原茂久)、宇野祥平(井口雅信)、戸田菜穂(階堂聡美)、杉本哲太(山崎孝造)、酒井美紀(山崎淑子)、馬渕英里何(井口由子)、奥田瑛二(羽根田一雄)、石丸幹二(階堂一磨)、ユースケ・サンタマリア
(階堂晋)、江口洋介(不動公二)、ほか

「手紙と線路と小さな奇跡」のネタバレあらすじ結末

手紙と線路と小さな奇跡の紹介:2021年韓国映画。1988年に開設された韓国初の私設駅ヤンウォン駅。小さな駅を作るために動いた人たちのドラマを感動的に描きます。ミナミのために駅を作りたい。主人公のジュンギョンとそれを支える姉や父、恋人たちのドラマに自然と涙が流れます。
監督:イ・ジャンフン 出演:パク・ジョンミン(ジュンギョン)、イ・ソンミン(テユン、イム・ユナ(ラヒ)、イ・スギョン(ボギョン)、ほか

「シルビーの帰郷」のネタバレあらすじ結末

シルビーの帰郷の紹介:1987年カナダ映画。身寄りのない姉妹と破天荒な叔母の心の交流を描くドラマ作品。母を早くに亡くして以来、ルーシーとルシールの姉妹は湖畔の田舎町で祖母に育てられていた。しかしその祖母も亡くなってしまい、姉妹の叔母シルビーが町に呼び戻されることになる。シルビーは美しかったが破天荒な女性で、学校をサボる姉妹に何も口を出さなかった。ルシールはシルビーに反発し、家を出てしまう。残されたルーシーにシルビーは優しく接し、ルーシーもシルビーの自由な魂の在り方に惹かれていくのだった。
監督:ビル・フォーサイス 出演者:クリスティーン・ラーチ(シルビー)、サラ・ウォーカー(ルーシー)、アンドレア・バーチル(ルシール)、アン・ピトニアック(リリー)、バーバラ・リーズ(ノナ)ほか

「モンスター」のネタバレあらすじ結末

モンスターの紹介:2013年日本映画。高校時代、醜い顔からブルドックとかモンスターと呼ばれていた少女が、短大、就職し、同様にいじめられ馬鹿にされたことから、金を出せば整形で美人になれることを知り、風俗を掛け持ちで働き絶世の美女に変身し、故郷に戻り復讐をしていくという内容のラブストーリー風のリベンジムービーです。醜い女と美女を演じる高岡早紀の妖艶さが光ります。
監督:大九明子 出演者:高岡早紀(田淵和子/鈴原美帆)、加藤雅也(高木英介)、村上淳(崎村)、大杉漣(横山)ほか

「川っぺりムコリッタ」のネタバレあらすじ結末

川っぺりムコリッタの紹介:2021年日本映画。フィンランドのヘルシンキを舞台にした映画『かもめ食堂』で知られる荻上直子監督。彼女のオリジナル脚本(小説化もされている)による新しい「つながり」の映画がこの『川っぺりムコリッタ』だ。脚本にほれこんだという松山ケンイチが孤独な青年・山田を演じ、ちょっと迷惑な隣人にムロツヨシ、アパートの大家に満島ひかり、他にも吉岡秀隆や緒形直人、柄本佑、江口のりこらが脇を固める。また、薬師丸ひろ子が声だけの出演をしているのも話題だ。
監督・脚本:荻上直子 出演:松山ケンイチ(山田たけし)、ムロツヨシ(島田幸三)、満島ひかり(南詩織)、吉岡秀隆(溝口健一)、江口のりこ(中島)、柄本佑(堤下靖男)、田中美佐子(大橋)、緒形直人(沢田)ほか

「3つの鍵」のネタバレあらすじ結末

3つの鍵の紹介:2021年イタリア, フランス映画。ローマの高級住宅地。同じアパートに住む3つの家族。ある夜、アパートに車が衝突し歩行者の女性が巻き添えになり亡くなる。運転していたのは3階に住む裁判官夫婦ジョヴァンニとドーラの息子アンドレアだった。同じ夜、2階に住むモニカは陣痛が始まり、夫の長期出張で耐えがたい孤独に苦しみながらたった一人で病院へ向かう。車を突っ込まれた1階のルーチョとサーラは向かいの老夫婦に娘を預けたが、認知症の老父は娘とともに行方不明になり、ルーチョは信頼を疑い始める…。イスラエルの作家エシュコル・ネヴォの原作をテルアビブからローマに移し、オリジナル作品を撮り続けてきたモレッティ監督初の原作の映画化。
監督:ナンニ・モレッティ 出演:マルゲリータ・ブイ(ドーラ)、ナンニ・モレッティ(ヴィットリオ)、アレッサンドロ・スペルドゥティ(アンドレア)、リッカルド・スカマルチョ(ルーチョ)、エレナ・リエッティ(サーラ)、キアラ・アバルサルモ(7歳時のフランチェスカ)、ジュリア・コッパーリ(12歳時のフランチェスカ)、ジェア・ダッロールト(17歳時のフランチェスカ)、アルバ・ロルバケル(モニカ)、アドリアーノ・ジャンニーニ(ジョルジョ)、アリーチェ・アダーム(5歳時のベアトリーチェ)、レティツィア・アルノー(10歳時のベアトリーチェ)、デニーズ・タントゥッキ(シャルロット)、アンナ・ボナユート(ジョヴァンナ)、パオロ・グラツィオージ(レナート)、ステファノ・ディオニジ(ロベルト)、トマーゾ・ラーニョ(ルイージ)、ほか

「デリシュ!」のネタバレあらすじ結末

デリシュ!の紹介:2020年フランス, ベルギー映画。1789年、革命直前のフランス。宮廷料理人のマンスロンはシャンフォール公爵主催の食事会で渾身の料理をふるまう。しかし、自慢の創作料理にジャガイモを使ったことが貴族たちの反感を買い解雇されてしまう。息子バンジャマンと共に実家に戻ったマンスロンは、彼のもとで料理を学びたいと訪ねてきた女性ルイーズの助けを借りながら世界で初めて一般人のために開かれたレストランを営むことに。店はたちまち評判となり、公爵にその存在を知られることとなる。
監督:エリック・ベナール 出演:グレゴリー・ガドゥボワ(マンスロン)、イザベル・カレ(ルイーズ)、バンジャマン・ラベルネ(シャンフォール公爵)、ギョーム・ドゥ・トンケデック(イアサント)、クリスチャン・ブイエ(ジャコブ)、ロレンゾ・ルフェーブル(バンジャマン)、マリー=ジュリー・ボー(サン=ジュネ伯爵夫人)ほか

「スワンソング」のネタバレあらすじ結末

スワンソングの紹介:2021年アメリカ映画。ミスター・パットことパトリック・ピッツェンバーガーは、かっては町の有名なヘアメイクドレッサーとして活躍し、現在は引退して老人ホームで孤独な日々を過ごしています。そんな彼に、昔の客の死の知らせと死化粧の依頼が来ます。パットは悩みながらもその依頼を引き受け、老人ホームを抜け出します。『スワンソング』は、高齢者の再起を描いた映画で、お年寄りに勇気を与えてくれるストーリーです。
監督:トッド・スティーブンス 出演:ウド・キアー(パット)、ジェニファー・クーリッジ(ディーディー)、リンダ・エヴァンス(リタ)、マイケル・ユーリー(ジャスティン)、ほか

「TANG タング」のネタバレあらすじ結末

TANG タングの紹介:2022年日本映画。イギリスの小説家デボラ・インストールの「ロボットインザガーデン」を、舞台を日本に変えてアレンジし映像化しました。ある事件で自信をなくし無気力になってしまった主人公の健を二宮和也が好演しています。
監督:三木孝浩 出演:二宮和也(健)、満島ひかり(絵美)、小手伸也(加藤)、京本大我(林原)、武田鉄矢(馬場)、奈緒(大槻)、ほか

「セイント・フランシス」のネタバレあらすじ結末

セイント・フランシスの紹介:2019年アメリカ映画。SXSWフィルムフェスティバル2019で観客賞と審査員特別賞受賞を受賞した本作。主演のケリー・オサリバンは、「レディ・バード」(2017)の女性の描き方に触発されてこの自伝的な脚本を執筆した。これが初長編作品となる監督のアレックス・トンプソンは実生活でのケリーのパートナーで、彼女のたっての願いで監督を引き受けたそうだ。観客を魅了するフランシス役のラモナ・エディス=ウィリアムズはオーディションで選ばれ、現在はスケートに夢中だという。
監督:アレックス・トンプソン 脚本:ケリー・オサリバン 出演:ケリー・オサリバン(ブリジット)、ラモナ・エディス=ウィリアムズ(フランシス)、チャリン・アルヴァレス(マヤ)、リリー・モジェク(アニー)、マックス・リプシッツ(ジェイス)、ジム・トゥルー=フロスト(アイザック)ほか

「ぜんぶ、ボクのせい」のネタバレあらすじ結末

ぜんぶ、ボクのせいの紹介:2022年日本映画。現代社会で孤立した人々を描いたこの作品、監督・脚本は、秋葉原無差別殺傷事件をモチーフにした『Noise ノイズ』が話題となった新鋭、松本優作だ。
主演の白鳥晴都はオーディションで選ばれた15歳。『とんび』でデビュー後、2作目で主役に抜擢された。彼と交流する女子高生に『ある船頭の話』で評価の高い川島鈴遥。そしてオダギリジョーがふたりを支え、息のあった家族のような雰囲気を醸し出す。
重要な部分で使われるのが大滝詠一の名曲「夢で逢えたら」。内容にリンクした歌詞と美しいメロディが切ない。
監督・脚本:松本優作 出演:白鳥晴都(松下優太)、川島鈴遥(杉村詩織)、松本まりか(松下梨花)、若葉竜也(山﨑重之)、仲野大賀(片岡)、片岡礼子(中川千里)、木竜麻生(宮本由美香)、駿河太郎(白石凌)、オダギリジョー(坂本健二)ほか

1 2 3 4 5 188

キーワードから探す

TOP↑