Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドラマ映画のネタバレ

ドラマ映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のドラマ映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「多十郎殉愛記」のネタバレあらすじ結末

多十郎殉愛記(たじゅうろうじゅんあいき)の紹介:2019年日本映画。無類の剣豪なのに無為に日々を過ごす長州脱藩者と彼を想う女。やがて二人の運命を変える出来事が。『木枯し紋次郎』等の中島貞夫監督が時代劇の成立と衰退と尽きせぬ魅力を描いたドキュメンタリー映画『時代劇は死なず ちゃんばら美学考』(2015年)の監督を経て20年ぶりに手掛けた時代劇は『長恨』等の巨匠、伊藤大輔監督の霊に捧げられた。画一化された時代劇への危機感に突き動かされ、殺陣の魅力にこだわったこの作品のクライマックスは30分に及ぶ大立ち回り。
監督:中島貞夫 出演者:高良健吾(清川多十郎)、多部未華子(おとよ)、木村了(清川数馬)、寺島進(溝口蔵人)、永瀬正敏(桂小五郎)、栗塚旭(老僧)、ほか

「人質の朗読会」のネタバレあらすじ結末

人質の朗読会の紹介:2014年日本映画。南米のある国でテロが起こり人質となった日本人が、人生の一片を語る朗読会をはじめる。その録音データは2年後、ラジオ報道局記者の手に渡ることから物語はさらに繋がっていく。小川洋子の原作を映像化した作品。
監督:谷口正晃 出演:佐藤隆太(中原誠一)、大谷直子(平澤咲子)、長谷川朝晴(堂島裕)、原日出子(高橋聡子)、阿南健治(平田良平)、三浦貴大(江藤高広)、鷲尾真知子(倉木祥子)、波瑠(平澤ひとみ)、西田尚美(堂島祥子)、ほか

「つる-鶴-」のネタバレあらすじ結末

つる-鶴-の紹介:1988年日本映画。名匠市川崑監督が吉永小百合を主演に迎え、民話として有名な「つるの恩返し」を映画化した作品。つるの夫太寿役の野田秀樹を始め、樹木希林、川谷拓三、菅原文太といった豪華な俳優陣が脇を固めています。本作は吉永小百合の映画出演100本目にあたる記念すべき作品でもあります。
監督:市川崑 出演者:吉永小百合(つる)、野田秀樹(大寿)、樹木希林(由良)、川谷拓三(馬右衛門)、菅原文太(鼻把の長者)、岸田今日子(吉備)、石坂浩二(ナレーション)、ほか

「霧の子午線」のネタバレあらすじ結末

霧の子午線の紹介:1996年日本映画。芥川賞作家高樹のぶ子の同名小説を映画化した作品。無二の親友でありながら二度も同じ男性を好きになってしまった希代子と八重。友情と恋の間で揺れる二人の中年女性の愛憎を描いていきます。吉永小百合と岩下志麻の二大女優の競演が話題を呼びました。
監督:出目昌伸 出演者:岩下志麻(鳥飼希代子)、吉永小百合(沢田八重)、山本耕史(鳥飼光夫)、玉置浩二(高尾耕介)、 林隆三(淡路新一郎)、ほか

「利休」のネタバレあらすじ結末

利休の紹介:1989年日本映画。天下統一を果たした秀吉の側近、千利休。茶の湯を通して弟子や名だたる武将と交流した彼の波乱に満ちた半生を静かに描く。
監督:勅使河原宏 出演:三國連太郎、山崎努、三田佳子、松本幸四郎、中村吉右衛門、田村亮、坂東八十助、ほか

「ラグタイム」のネタバレあらすじ結末

ラグタイムの紹介:1981年アメリカ映画。米国の小説家E・L・ドクトロウによる同名小説を映画化した作品。人種差別が渦巻く20世紀初頭のアメリカを舞台に様々な人々の人生模様を描いた群像劇です。監督は「カッコーの巣の上で」や「アマデウス」などで知られる巨匠ミロシュ・フォアマンが務めました。
監督:ミロシュ・フォアマン 出演者:ジェームス・キャグニー(ウォルド警視総監)、ハワード・E・ロリンズ(コールハウス・ウォーカー・ジュニア)、エリザベス・マクガヴァン(イヴリン)、モーゼス・ガン(ワシントン牧師)、ノーマン・メイラー(スタンフォード・ホワイト)、マンディ・パティンキン(ターテ)、ほか

「質屋」のネタバレあらすじ結末

質屋の紹介:1964年アメリカ映画。強制収容所で妻子を殺され、心を閉ざして生きてきた質屋の店主がある事件に遭遇し、人間らしい感情を取り戻していくまでを描いた社会派ドラマ。監督は「十二人の怒れる男」のシドニー・ルメット、主演のロッド・スタイガーが第14回ベルリン国際映画祭において男優賞を獲得しています。
監督:シドニー・ルメット 出演者:ロッド・スタイガー(ソル・ナザーマン)、ジェラルディン・フィッツジェラルド(マリリン・バーチフィールド)、 ハイメ・サンチェス(ヘズス・オルティス)、マルケータ・キンブレル(テッシー)、バルーク・ルメット(メンデル)ほか

「大殺陣」のネタバレあらすじ結末

大殺陣(だいさつじん)の紹介:1964年日本映画。「十三人の刺客」と並ぶ工藤栄一監督の代表作で、いわゆる東映集団抗争時代劇のひとつ。何と言っても圧巻はラストの17分に及ぶ乱闘場面。モノクロの画面と相まって、ドキュメンタリーと見紛う迫力がある。
監督:工藤栄一 出演:里見浩太朗(神保平四郎)、平幹二朗(浅利又之進)、安部徹(山鹿素行)、宗方奈美(山鹿みや)、大木実(北条氏長)、大友柳太朗(酒井忠清)、ほか

「幸せになるための5秒間」のネタバレあらすじ結末

幸せになるための5秒間の紹介:2014年イギリス, ドイツ映画。ロンドンの大晦日の夜、人生に悲観した四人の男女が集まったのは自殺の名所と言われている高層ビルだった。それぞれの事情を抱える大人達が奇妙な絆で結ばれていく様を綴ったハートフルヒューマンコメディです。
監督:パスカル・ショメイユ 出演者:ピアース・ブロスナン(マーティン)、トニ・コレット(モーリン)、アーロン・ポール(JJ)、イモージェン・プーツ(ジェス)、ロザムンド・パイク(ペニー)、ほか

「アンダーカヴァー」のネタバレあらすじ結末

アンダーカヴァーの紹介:2007年アメリカ映画。エリート警察官一家に生まれながらも、父と同じく警察官への道を歩んだ兄と裏社会で生きることを選んだ弟が警察と裏社会を仕切るマフィアとの抗争に巻き込まれていく過程を描いた犯罪ドラマです。ダブル主演で兄弟を演じたホアキン・フェニックスとマーク・ウォールバーグは本作のプロデュースも手掛けています。
監督:ジェームズ・グレイ 出演者:ホアキン・フェニックス(ロバート・“ボビー”・グリーン)、マーク・ウォールバーグ(ジョセフ・“ジョー”・グルジンスキー)、エヴァ・メンデス(アマダ・ファレス)、ロバート・デュヴァル(アルバート・“バート”・グルジンスキー)、アレックス・ヴィードフ(ヴァディム・ニジンスキー)、トニー・ムサンテ(ジャック・シャピロ)、アントニー・コロン(マイケル・ソロ)、ダニー・ホック(ルイス・“ジャンボ”・ファルセッティ)、モニ・モシュノフ(マラット・バザエフ)、ほか

「阿弥陀堂だより」のネタバレあらすじ結末

阿弥陀堂だよりの紹介:2002年日本映画。南木佳士の同名小説を映画化したヒューマンドラマで、パニック障害を患った妻の療養のため夫の故郷へ帰郷した夫婦と、地元の阿弥陀堂を守り続ける老婆との心の交流を、四季折々の大自然の描写と共に描きあげた作品です。
監督:小泉堯史 出演者:寺尾聰(上田孝夫)、樋口可南子(上田美智子)、田村高廣(幸田重長)、香川京子(幸田ヨネ)、井川比佐志(小百合の父)、内藤安彦(村長)、塩屋洋子(田辺)、吉岡秀隆(中村医師)、小西真奈美(小百合)、北林谷栄(おうめ婆さん)ほか

「荒野にて」のネタバレあらすじ結末

荒野にての紹介:2017年イギリス映画。幼い頃に母に捨てられ、1人で自分を育ててきてくれた父も亡くし、1人ぼっちになった15歳の少年チャーリーは、世話をしていた競走馬のリーン・オン・ピートと一緒に、唯一残された家族である叔母を探す旅に出る。
監督:アンドリュー・ヘイ 出演:チャーリー・プラマー(チャーリー・トンプソン)、クロエ・セヴィニー(ボニー)、トラヴィス・フィメル(レイ)、スティーヴ・ザーン(シルバー)、スティーヴ・ブシェミ(デル・モンゴメリー)、ほか

「ビューティフル・ボーイ」のネタバレあらすじ結末

ビューティフル・ボーイの紹介:2018年アメリカ映画。優等生でスポーツ万能、そんな才能豊かなニック。常に家族からの愛情に包まれた"いい息子・いい兄"だったが、つい手を出してしまったドラッグにより次第に堕ちていくこととなる。罪悪感と恐怖感に襲われるニックを、大きな愛と献身的なサポートで包む父デヴィッド。痛ましくも美しい父の愛と絶望の中に見えてくる確かな希望のひかりを描く。タイトルはジョン・レノンとオノ・ヨーコの最後のアルバムの収録曲『ビューティフル・ボーイ』から。なお、ジョン・レノンの生前最期のロングインタビューを行ったのは、当時音楽ライターだったデヴィッドだった。
監督:フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン 出演:スティーヴ・カレル(デヴィッド・シェフ)、ティモシー・シャラメ(ニック・シェフ)、モーラ・ティアニー(カレン・バーバー)、エイミー・ライアン(ヴィッキー・シェフ)、ケイトリン・デヴァー(ローレン)ほか

「娼婦ベロニカ」のネタバレあらすじ結末

娼婦ベロニカの紹介:1998年アメリカ映画。女性が男性の所有物とされていた1580年代のベネチアで、高級娼婦として自由に生きる道を選んだ実在の女流詩人ベロニカの波乱に富んだ半生を映画化。
監督:マーシャル・ハースコヴィッツ 出演:キャサリン・マコーマック、ルーファス・シーウェル、オリヴァー・プラット、モイラ・ケリー、ジャクリーン・ビセット、ナオミ・ワッツ、フレッド・ウォード、ジェローン・クラッベ、ほか

「はじまりの街」のネタバレあらすじ結末

はじまりの街の紹介:2016年イタリア,フランス映画。父親の暴力から逃れてきたアンナと息子ヴァレリオ。新しく生活を始めた街に馴染むようになるまでの日々をつぶさに描く。
監督:イヴァーノ・デ・マッテオ 出演:マルゲリータ・ブイ(アンナ)、ヴァレリア・ゴリノ(カルラ)、アンドレア・ピットリーノ(ヴァレリオ)、カテリーナ・シュルハ(ラリッサ)、ブリュノ・トデスキーニ(マチュー)、ほか

1 2 3 4 5 126
TOP↑