ドラマ映画のネタバレ

ドラマ映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のドラマ映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「アリバイなき男」のネタバレあらすじ結末

アリバイなき男の紹介:1952年アメリカ映画。タランティーノ監督の「レザボア・ドッグス」のヒントになったフィルム・ノワール。お互いに身分を知らない悪党たちが現金を強奪し、冤罪をかけられた男に復讐される。原題は「Kansas City Confidential」で、これ以降、題名に「コンフィデンシャル」がつく映画が流行した。
監督:フィル・カールソン 出演:ジョン・ペイン(ジョー・ロルフ)、コリーン・グレイ(ヘレン)、プレストン・フォスター(ティモシー・フォスター)、ジャック・エラム(ピート)、リー・ヴァン・クリーフ(トニー)、ネヴィル・ブランド(ボイド)

「大阪物語(1957年)」のネタバレあらすじ結末

大阪物語の紹介:1957年日本映画。もともと溝口健二が監督する予定だったが、企画途中で急死したため吉村公三郎が代わって仕上げた作品。西鶴の「日本永代蔵」「当世胸算用」中のエピソードをうまくつなげてある。市川雷蔵は配役ではトップだが、実際には助演。
監督:吉村公三郎 出演:市川雷蔵(忠三郎)、中村鴈治郎(仁兵衛)、香川京子(おなつ)、浪花千栄子(お筆)、林成年(吉太郎)、三益愛子(お徳)、ほか

「からみ合い」のネタバレあらすじ結末

からみ合いの紹介:1962年日本映画。南条範夫の同名小説を映画化したもので、小林正樹監督としては異色のミステリー。小林作品のレギュラースタッフである武満徹が音楽を担当し、珍しく純粋なジャズスコアを書いている。
監督:小林正樹 出演:山村聡(河原専造)、岸恵子(宮川やす子)、渡辺美佐子(河原里枝)、千秋実(藤井純一)、宮口精二(吉田禎蔵)、仲代達矢(古川菊夫)、ほか

「十三人の刺客(1963年)」のネタバレあらすじ結末

十三人の刺客の紹介:1963年日本映画。1963年から64年にかけて流行した東映集団抗争時代劇の代表作。2010年にジェレミー・トーマス製作・三池崇史監督でリメイクされている。ラスト30分の大掛かりな殺陣の場面は圧巻。
監督:工藤栄一 出演:片岡千恵蔵(島田新左衛門)、菅貫太郎(松平左兵衛督斉韶)、内田良平(鬼頭半兵衛)、西村晃(平山九十郎)、丹波哲郎(土井大炊頭利位)、里見浩太朗(島田新六郎)、ほか

「カリフォルニア・ドールス」のネタバレあらすじ結末

カリフォルニア・ドールスの紹介:1981年アメリカ映画。美人だがいまひとつさえない女子プロレスリングのタッグ「カリフォルニア・ドールズ」。彼女たちのマネージャーのハリーは、ついに大舞台への切符を手にし、全財産をかけて2人と勝利を目指す…。
監督:ロバート・アルドリッチ 出演:ピーター・フォーク(ハリー・シアーズ)、ヴィッキー・フレデリック(アイリス)、ローレン・ランドン(モリー)、バート・ヤング(エディ・シスコ)、トレイシー・リード(ダイアン)、ウルサリン・ブライアント(ジューン)、ほか

「密使と番人」のネタバレあらすじ結末

密使と番人の紹介:2017年日本映画。鎖国下の日本の山中で密かに繰り広げられる追う者と追われる者の静かな攻防。どこまでも自然な息遣いや風景と、それに見事に馴染むリズムサウンドのコントラストも美しい新感覚時代劇。
監督:三宅唱 出演:道庵(森岡龍)、高山(渋川清彦)、サチ(石橋静河)、大二郎(井之脇海)、平蔵(足立智充)、耕助(柴田貴哉)、ほか

「ワンダー 君は太陽」のネタバレあらすじ結末

ワンダー 君は太陽の紹介:2017年アメリカ映画。いじめが深刻化するアメリカ、その理由は様々ですがオギーは生まれながらの顔の形とその治療の跡が原因でいじめをうけます。しかし、両親と姉から励まされ、また得意の理科で周囲の尊敬を得て友達と友情を築いていきます。『ワンダー 君は太陽』は少年が家族の愛と学校の助けで、いじめを克服し成長する姿を描いたストーリー。サイドストーリーとして少年の姉の恋愛と友情も描かれます。子供達を中心としたキャストをジュリア・ロバーツとオーウェン・ウィルソンがサポートし、アメリカでは批評家から好意的に評価され興行的にも成功しました。
監督:スティーヴン・チョボスキー 出演:ジェイコブ・トレンブレイ(オギー)、オーウェン・ウィルソン(ネート)、ジュリア・ロバーツ(イザベル)、マンディ・パティンキン(トゥシュマン先生)、ダヴィード・ディグス(ブラウン先生)、イザベラ・ヴィドヴィッチ(ヴィア)、ダニエル・ローズ・ラッセル(ミランダ)、ナジ・ジーター(ジャスティン)、ノア・ジュープ(ジャック)、ほか

「終わった人」のネタバレあらすじ結末

終わった人の紹介:2017年日本映画。今まで仕事一筋だった壮介が定年退職となり、毎日愚痴ばかり言って過ごす。これからの余生をどのように過ごせばいいのかわからず妻の千草や娘に愛想をつかされながらも自らの第二の人生を試行錯誤しながら家族や友人達とのつながりを通して確立していく。誰もが人生の転機を迎えたときに考えさせられるテーマをコメディ化している。舘ひろしが扮する壮介が情けないやら背中を押してあげたくなったりの面白くてちょっと切ない物語。
監督:中田秀夫 出演:舘ひろし(田代壮介)、黒木瞳(田代千草)、広末涼子(浜田久里)、臼田あさ美(山崎道子)、今井翼(鈴木直人)、ベンガル(工藤元一)、清水ミチコ(山下正美)、温水洋一(山下良夫)、高畑淳子(桜田美雪)、ほか

「万引き家族」のネタバレあらすじ結末

万引き家族の紹介:2018年日本映画。「誰も知らない」「そして父になる」の是枝裕和監督が、犯罪を通して繋がっていく家族の物語をオリジナル脚本で映画化。2018年第71回カンヌ国際映画祭で日本映画としては21年ぶりとなる、最高賞パルムドールを受賞した話題作。リリー・フランキー、安藤さくら、樹木希林等、ベテラン俳優に、松岡茉優や城桧吏ら期待の若手俳優が出演。
監督:是枝裕和 出演:リリー・フランキー(柴田治)、安藤サクラ(柴田信代)、城桧吏(柴田祥太)、松岡茉優(芝田亜紀)、樹木希林(柴田初枝)、佐々木みゆ(ゆり、凛)、池松壮亮(4番さん)、柄本明(川戸頼次)、高良健吾(前園巧)、池脇千鶴(宮部希衣)、ほか

「鬼畜」のネタバレあらすじ結末

鬼畜の紹介:1978年日本映画。推理小説の大家、松本清張の同名小説を映画化した作品です。善良で気の弱い男が隠し子を押し付けられたことで追い詰められ、非道な行為に走っていく様がスリリングに描かれた人間ドラマです。
監督:野村芳太郎 出演:緒形拳(竹下宗吉)、岩下志麻(お梅)、大滝秀治(銀行貸付係)、加藤嘉(医師)、田中邦衛(パトカーの警官)、蟹江敬三(阿久津)、穂積隆信(ブローカーの水口)、大竹しのぶ(婦人警官)、ほか

「スキャタリング・ダッド」のネタバレあらすじ結末

スキャタリング・ダッドの紹介:1998年アメリカ映画。心の病のため何年も家から出ていない女性が、遺灰をまいてほしいという夫の遺言を果たすために外の世界に踏み出し、失いかけていた自信と娘たちとの絆を取り戻す。
監督:ジョーン・テュークスベリー 出演:オリンピア・デュスキス、アンディ・グリフィス、ミシェル・ルネ・トーマス、ルシンダ・ジェニー、ほか

「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」のネタバレあらすじ結末

セント・オブ・ウーマン/夢の香りの紹介:1992年アメリカ映画。名門高校に通うチャーリーは、オレゴンの実家に帰るための旅費を稼ごうと、感謝祭の期間中アルバイトをすることに。ある家の離れに住む盲目の退役軍人フランクの面倒をみることになったのだ。気難しい性格のフランクかと思いきや、突然旅行に出ると言い出し…。
監督:マーティン・ブレスト 出演:アル・パチーノ(フランク・スレード中佐)、クリス・オドネル(チャーリー・シムズ)、ジェームズ・レブホーン(トラスク校長)、ガブリエル・アンウォー(ドナ)、フィリップ・S・ホフマン(ジョージ・ウィリス・Jr)、リチャード・ヴェンチャー(W・R・スレード)、ほか

「ダウン・バイ・ロー」のネタバレあらすじ結末

ダウン・バイ・ローの紹介:1986年アメリカ,西ドイツ映画。無実の罪で投獄された元ラジオDJ、ポン引きのチンピラ、殺人罪で投獄された陽気なイタリア人。意気投合した三人は共に脱獄、逃避行のうちに奇妙な友情が芽生えていきます。全編モノクロで撮影されたヒューマン・コメディです。
監督:ジム・ジャームッシュ 出演者:トム・ウェイツ(ザック)、ジョン・ルーリー(ジャック)、ロベルト・ベニーニ(ロベルト)、ニコレッタ・ブラスキ(ニコレッタ)、ロケッツ・レッドグレア(ギグ)ほか

「トリコロール/赤の愛」のネタバレあらすじ結末

トリコロール/赤の愛の紹介:1994年フランス,ポーランド映画。クシシュトフ・キェシロフスキ監督による、フランス国旗の「トリコロール」をモチーフにした三部作の完結編にして監督の遺作ともなりました。遠距離恋愛に悩むモデル兼女子大生、恋人との関係に悩む若き法大生、盗聴の趣味を持つ老いた元判事の人間模様を描くうちに、やがて三部作を締めくくるラストへと向かっていきます。
監督:クシシュトフ・キェシロフスキ 出演者:イレーヌ・ジャコブ(ヴァランティーヌ・デュソー)、ジャン=ルイ・トランティニャン(ジョセフ・ヴェルヌ)、ジャン=ピエール・ロリ(オーギュスト・ブルーナー)、サミュエル・ル・ビアン(ジャン)、ジュリエット・ビノシュ(ジュリー)、ブノワ・レジャン(オリヴィエ)、ズビグニエウ・ザマホフスキ(カロル・カロル)、ジュリー・デルピー(ドミニク)ほか

「ミッション」のネタバレあらすじ結末

ミッションの紹介:1986年アメリカ映画。カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドール、アカデミー賞で撮影賞、ゴールデングローブ賞で脚本賞を獲得した歴史ドラマです。18世紀のスペイン植民地下の南米を舞台に、時代の波に翻弄されるキリスト教宣教師たちの運命と葛藤を描きます。
監督:ローランド・ジョフィ 出演者:ロバート・デ・ニーロ(ロドリゴ・メンドーサ)、ジェレミー・アイアンズ(ガブリエル神父)、レイ・マカナリー(アルタミラーノ枢機卿)、リーアム・ニーソン(フィールディング宣教師)、エイダン・クイン(フィリッポ・メンドーサ)、シェリー・ルンギ(カルロッタ)ほか

1 2 3 4 5 97
TOP↑