Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドラマ映画のネタバレ

ドラマ映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のドラマ映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「ソウルガールズ」のネタバレあらすじ結末

ソウルガールズの紹介:2012年オーストラリア映画。1960年代のオーストラリア。先住民族アボリジニの女性ボーカルグループの実話を題材にした人間ドラマ。4人の女性が差別や偏見を乗り越えながら逞しく成長していく姿をソウルミュージックやカントリーミュージックとともに綴っていきます。
監督:ウェイン・ブレア 出演者:クリス・オダウド(デイヴ)、デボラ・メイルマン(ゲイル)、ジェシカ・マーボイ(ジュリー)、シャリ・セベンズ(ケイ)、ミランダ・タプセル(シンシア)ほか

「サタデーナイトチャーチ 夢を歌う場所」のネタバレあらすじ結末

サタデーナイト・チャーチ 夢を歌う場所の紹介:2017年アメリカ映画。以前はアメリカ社会で隠れて暮らしていたLGBTQ。今では同性同士の結婚も認められ、多くの人たちがその権利を認め始めていますが、まだまだ偏見を持つ人もいます。この映画は主人公の少年が男性から女性になりたい夢を持ち、悩みながらも夢を実現していくストーリーです。『サタデーナイト・チャーチ・夢を歌う場所』はアメリカで多いLGBTQの少年の悩みと成長を描き、批評家から絶賛された映画、アメリカのLGTBQのコミュニティについて学べる映画です。
監督:デイモン・カーダシス 出演:ルカ・カイン(ユリシーズ)、マーゴット・ブリングハム(アマラ、ユリシーズの母)、レジーナ・テイラー(ローズ / ユリシーズの叔母)、ほか

「L.A.ジョーンズ」のネタバレあらすじ結末

L.A.ジョーンズの紹介:1997年アメリカ映画。ビバリーヒルズでエリートだけを相手にする高級娼婦リズ。愛は不要、信じられるのはお金だけ、という彼女と、そんな彼女を取り巻く男たちとの関係を淡々と映し出す。
監督:ジョイス・チョプラ 出演:トーマス・キャラブロ、デボラ・ハリー、ブリトニー・パウエル、ジョン・テリー、ほか

「懺悔」のネタバレあらすじ結末

懺悔の紹介:1984年ソ連映画。旧ソ連のグルジア(現ジョージア) が生んだ世界的巨匠テンギズ・アブラゼの「祈り三部作」の三作目。スターリン時代を想起させる粛清と、その後の苦境を寓話的・象徴的手法で描き、ペレストロイカ期のソ連映画を代表する作品となった。第40回カンヌ国際映画祭 審査員特別大賞・国際批評家連盟賞・キリスト教審査員賞受賞。
監督:テンギズ・アブラゼ 出演者:アフタンディル・マハラゼ(ヴァルラム・アラヴィゼ/アベル・アラヴィゼ)、ゼイナブ・ボツヴァゼ(ケテヴァン・バラテリ)、エディシェル・ギオルゴビアニエ(サンドロ・バラテリ)、ケテヴァン・アブラゼ(ニノ・バラテリ)、メラブ・ニニゼ(トルニケ)その他

「女王陛下のお気に入り」のネタバレあらすじ結末

女王陛下のお気に入りの紹介:2018年アイルランド,アメリカ,イギリス映画。8世紀イングランド、父親が貴族から転落した事によりアン女王と親交がある従姉妹のサラを頼って女王の城でメイドとして働く事になったアビゲイルは、女王に気に入られ親しくなると同時に自分の地位を上げていく。しかし女王はサラとも特別な親しい関係にあり、アビゲイルとサラは女王のお気に入りの座を巡り嫉妬と競争をする関係になっていく。
監督:ヨルゴス・ランティモス 出演:オリヴィア・コールマン(アン女王)、エマ・ストーン(アビゲイル・ヒル)、レイチェル・ワイズ(レディ・サラ)、ニコラス・ホルト(ロバート・ハーリー)、ジョー・アルウィン(サミュエル・マシャム)、マーク・ゲイティス(モールバラ公 / ジョン・チャーチル)、ジェームズ・スミス(ゴドルフィン)、ほか

「グッドナイト&グッドラック」のネタバレあらすじ結末

グッドナイト&グッドラックの紹介:2005年アメリカ映画。伝説的なテレビキャスター、エド・マローの実話をジョージ・クルーニーが映画化。真実を求め、権力に立ち向かうジャーナリストの姿を描いた社会派ドラマ作品である。マッカーシズムが吹き荒れていた1950年代のアメリカ。誰もが標的にされることを恐れて口をつぐみ、萎縮した時代が始まっていた。それに警鐘を鳴らしたのがCBSのキャスター、マローだった。彼は真実の報道と自由な思想を掲げ、仲間と共に敢然と権力を批判する。
監督:ジョージ・クルーニー 出演者:デヴィッド・ストラザーン(エド・マロー)、ジョージ・クルーニー(フレッド・フレンドリー)、ロバート・ダウニー・Jr(ジョー・ワーシュバ)、パトリシア・クラークソン(シャーリー・ワーシュバ)、レイ・ワイズ(ドン・ホレンベック)ほか

「あなたを見送る7日間」のネタバレあらすじ結末

あなたを見送る7日間の紹介:2014年アメリカ映画。父親の死で久しぶりに顔を合わせた兄弟姉妹。それぞれに問題を抱えた面々が喪に服する7日間で自分と向き合い、家族の絆を取り戻していく。
監督:ショーン・レヴィ 出演:ジェイソン・ベイトマン(ジャッド・アルトマン)、ティナ・フェイ(ウェンディ・アルトマン)、ジェーン・フォンダ (ヒラリー・アルトマン)、アダム・ドライバー(フィリップ・アルトマン)、ローズ・バーン(ペニー・ムーア)、コリー・ストール(ポール・アルトマン)、ほか

「一粒の麦」のネタバレあらすじ結末

一粒の麦の紹介:1958年日本映画。「東北には子供があまっていた」時代。福島県の中学校から集団就職列車に乗って東京に就職した生徒たちと、彼らを送り出した就職担当の先生の悩み多い一年間。カラー作品。
監督:吉村公三郎 出演者:菅原謙二(井上正治)、若尾文子(沼田イチ子)、東野英治郎(相沢校長)、木下雅弘(西山強)その他

「ワンスアポンアタイムインアメリカ」のネタバレあらすじ結末

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカの紹介:1984年アメリカ映画。1920年代にニューヨークで友情を結んだユダヤ人の少年たちが暗黒街でのしあがっていく。彼らの40年にわたる、友情と裏切りと喪失の物語。10年以上の構想の末に完成し1984年にカンヌ映画祭において上映時間3時間49分版でプレミア上映されたこの作品がセルジオ・レオーネ監督の遺作となった。音楽は『荒野の用心棒』以来のレオーネの協力者であるエンニオ・モリコーネ。マーティン・スコセッシ監督が設立した「フィルム・ファンデーション」がイタリアのブランドGUCCIのサポートによって2012年に修復した、レオーネの本来意図した形にいっそう近い4時間11分版が、2019年に「午前十時の映画祭9」の1本として日本各地で延べ4週間上映される。
監督:セルジオ・レオーネ 出演者:ロバート・デ・ニーロ(ヌードルス)、ジェームズ・ウッズ(マックス)、エリザベス・マクガヴァン(デボラ)、チューズデイ・ウェルド(キャロル)その他

「座頭市地獄旅」のネタバレあらすじ結末

座頭市地獄旅の紹介:1965年日本映画。江の島の宿場にやってきた座頭市は将棋好きの浪人と仲良くなり一緒に旅に出ますが、それぞれ市は夫の仇の女、浪人は親の仇の兄妹に会い、命を狙われるハメになって…という内容の勝新太郎の座頭市シリーズ12作目です。
監督:三隅研次 出演者:勝新太郎(座頭市)、成田三樹夫(十文字糺)、林千鶴(佐川粂)、岩崎加根子(お種)、丸井太郎(六平)、山本学(佐川友之進)、遠藤辰雄(江島屋)、藤山直子(ミキ)ほか

「ベル&セバスチャン 新たな旅立ち」のネタバレあらすじ結末

ベル&セバスチャン 新たな旅立ちの紹介:2015年フランス映画。セシル・オーブリー原作の児童文学を映画化した「ベル&セバスチャン」の続編となる作品。美しいアルプス山麓の村を舞台に孤児のセバスチャンと愛犬ベルの冒険を描きます。「ココ・シャネル」のクリスチャン・デュゲイ監督がメガホンを取りました。
監督:クリスチャン・デュゲイ 出演者:フェリックス・ボシュエ(セバスチャン)、チェッキー・カリョ(セザール)、マルゴ・シャトリエ(アンジェリーナ)、ティエリー・ヌーヴィック(ピエール)、ティラーヌ・ブロンドー(ガブリエラ)、ほか

「彼女が目覚めるその日まで」のネタバレあらすじ結末

彼女が目覚めるその日までの紹介:2016年カナダ,アイルランド映画。スザンナ・キャラハンのノンフィクション作品『脳に棲む魔物』を映画化。原因不明の病と闘う女性と、彼女を懸命に支える周囲の人々を描くドラマ作品。憧れのニューヨーク・ポスト紙で働き始めたスザンナは、公私ともに充実した日々を送っていた。ところがある日、原因不明の病魔が彼女を襲う。一向に病状は良くならず、やがて常軌を逸した行動を取り始めるスザンナに医師は精神疾患を疑い、専門の病院へ移そうとする。
監督:ジェラルド・バレット 出演者:クロエ・グレース・モレッツ(スザンナ・キャラハン)、トーマス・マン(スティーヴン)、リチャード・アーミティッジ(トム・キャラハン)、ジェニー・スレイト(マーゴ)、キャリー=アン・モス(ローナ・ナック)ほか

「浮草」のネタバレあらすじ結末

浮草の紹介:1959年日本映画。1934年の松竹作品『浮草物語』を同じ小津安二郎監督でリメイクしたカラー作品。撮影は宮川一夫。本作品の清に相当する役を『浮草物語』で演じた三井弘次が一座の役者として出演。松竹作品『彼岸花』に大映の山本富士子を借りた見返りに大映で製作される。
監督:小津安二郎 出演者:中村鴈治郎(嵐駒十郎)、京マチ子(すみ子)、川口浩(本間清)、若尾文子(加代)、杉村春子(お芳)、笠智衆(相生座の小屋主)、ほか

「マルティナは海」のネタバレあらすじ結末

マルティナは海の紹介:2001年スペイン映画。夫を亡くした後、富豪と再婚して不自由ない生活を送る女性に、ある日突然死んだと思われていたかつての夫が現れる。しかし互いの愛を取り戻した2人を待つものは悲しい結末だった。
監督ビガス・ルナ 出演:レオノール・ワトリング、ジョルディ・モリャ、エドゥアルド・フェルナンデス、セルジオ・キャバレロ、ほか

「美しき諍い女」のネタバレあらすじ結末

美しき諍い女(いさかいめ)の紹介:1991年フランス映画。老画家が1人の女性に出会ったことで、未完の作品を完成させる意欲を取り戻す。モデルとなった女性との緊張感溢れる制作過程を経て完成させた作品とは。
監督:ジャック・リヴェット 出演:ミシェル・ピッコリ(フレンホーフェル)、ジェーン・バーキン(リズ)、エマニュエル・ベアール(マリアンヌ)、マリアンヌ・ドニクール(ジュリアンヌ)、ダヴィッド・バースタイン(ニコラ)、ほか

1 2 3 4 5 119
TOP↑