ドラマ映画のネタバレ

「ダウン・バイ・ロー」のネタバレあらすじ結末

ダウン・バイ・ローの紹介:1986年アメリカ,西ドイツ映画。無実の罪で投獄された元ラジオDJ、ポン引きのチンピラ、殺人罪で投獄された陽気なイタリア人。意気投合した三人は共に脱獄、逃避行のうちに奇妙な友情が芽生えていきます。全編モノクロで撮影されたヒューマン・コメディです。
監督:ジム・ジャームッシュ 出演者:トム・ウェイツ(ザック)、ジョン・ルーリー(ジャック)、ロベルト・ベニーニ(ロベルト)、ニコレッタ・ブラスキ(ニコレッタ)、ロケッツ・レッドグレア(ギグ)ほか

「トリコロール/赤の愛」のネタバレあらすじ結末

トリコロール/赤の愛の紹介:1994年フランス,ポーランド映画。クシシュトフ・キェシロフスキ監督による、フランス国旗の「トリコロール」をモチーフにした三部作の完結編にして監督の遺作ともなりました。遠距離恋愛に悩むモデル兼女子大生、恋人との関係に悩む若き法大生、盗聴の趣味を持つ老いた元判事の人間模様を描くうちに、やがて三部作を締めくくるラストへと向かっていきます。
監督:クシシュトフ・キェシロフスキ 出演者:イレーヌ・ジャコブ(ヴァランティーヌ・デュソー)、ジャン=ルイ・トランティニャン(ジョセフ・ヴェルヌ)、ジャン=ピエール・ロリ(オーギュスト・ブルーナー)、サミュエル・ル・ビアン(ジャン)、ジュリエット・ビノシュ(ジュリー)、ブノワ・レジャン(オリヴィエ)、ズビグニエウ・ザマホフスキ(カロル・カロル)、ジュリー・デルピー(ドミニク)ほか

「ミッション」のネタバレあらすじ結末

ミッションの紹介:1986年アメリカ映画。カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドール、アカデミー賞で撮影賞、ゴールデングローブ賞で脚本賞を獲得した歴史ドラマです。18世紀のスペイン植民地下の南米を舞台に、時代の波に翻弄されるキリスト教宣教師たちの運命と葛藤を描きます。
監督:ローランド・ジョフィ 出演者:ロバート・デ・ニーロ(ロドリゴ・メンドーサ)、ジェレミー・アイアンズ(ガブリエル神父)、レイ・マカナリー(アルタミラーノ枢機卿)、リーアム・ニーソン(フィールディング宣教師)、エイダン・クイン(フィリッポ・メンドーサ)、シェリー・ルンギ(カルロッタ)ほか

「点子ちゃんとアントン」のネタバレあらすじ結末

点子ちゃんとアントンの紹介:2000年ドイツ映画。二人の小学生が子供から苦難を経て一歩大人に近づく物語。彼らの目に両親や大人たちはどのように映っているのか。エーリヒ・ケストナーの原作「点子ちゃんとアントン」を映画化。
監督:カロリーヌ・リンク 出演:エレア・ガイスラー(点子ちゃん)、マックス・フェルダー(アントン)、ユリアーネ・ケーラー(ベッティーナ・ポッゲ / 点子ちゃんのママ)、アウグスト・ツィルナー(リヒャルト・ポッゲ / 点子ちゃんのパパ)、メレト・ベッカー(エリ・ガスト(アントンのママ))、シルヴィー・テステュー(ロランス)、グードルーン・オクラス(太っちょベルタ)、ほか

「私の、息子」のネタバレあらすじ結末

私の、息子の紹介:2013年ルーマニア映画。気の弱い中年の息子に過剰な執着を見せる母親。息子が交通事故を起こしたことから二人の関係性に変化が生まれていきます。歪んだ親子関係に鋭く斬り込んだ人間ドラマとして高く評価され、2013年のベルリン国際映画祭で金熊賞と国際映画批評家連盟賞を受賞しました。
監督:カリン・ペーター・ネッツアー 出演者:ルミニツァ・ゲオルギウ(コルネリア)、ボグダン・ドゥミトラケ(バルブ)、イリンカ・ゴヤ(カルメン)、ナターシャ・ラーブ(オレガ・チェルケス)、フロリン・ザムフィレスク(アウレリアン・ファガラシァヌ)

「アラモベイ」のネタバレあらすじ結末

アラモベイの紹介:1985年アメリカ映画。ベトナム戦争の後テキサス州の漁師町に移住したベトナム人たちが白人の漁師たちと対立し迫害される。一人の若者が人種差別に対して立ち上がるが、流血の事態が待ち受けていた。監督は『死刑台のエレベーター』や『地下鉄のザジ』のルイ・マル。本作と『プレイス・イン・ザ・ハート』(1984年)で不倫関係にある男女を演じているエド・ハリスとエイミー・マディガンは1983年に結婚している。
監督:ルイ・マル 出演者:エイミー・マディガン(グローリー)、エド・ハリス(シャーン)、ホー・ニュエン(ディン)、ドナルド・モファット(ウォリー)ほか

「若さま侍捕物帖 呪いの人形師」のネタバレあらすじ結末

若さま侍捕物帖 呪いの人形師の紹介:1951年日本映画。江戸南町奉行の嫡男でありながら侍の暮らしを捨てて船宿・喜仙の二階座敷に寝転んで酒を呑んで暮らす「若さま」が活躍する連作の一本。等身大の人形たちと暮らす元南町奉行に大泥棒の呪いがふりかかる。若さまが名推理で事件に挑む。
監督:中川信夫 出演者:黒川弥太郎(「若さま」堀田左馬介)、田崎潤(佐々島俊蔵)、鳥羽陽之助(遠州屋小吉)、江川宇礼雄(前田丹波守)、香川京子(おいと)ほか

「暴力の季節」のネタバレあらすじ結末

暴力の季節の紹介:1956年アメリカ映画。21歳まで生き延びられるか危ぶまれる18歳の不良を映画監督としても知られることになるジョン・カサヴェテスが演じて注目される。仲間の不良少年のマーク・ライデルも『黄昏』(1981年)等の監督になる。ほとんど主人公の住むアパートとその周囲のセットの中だけで緊密なドラマが展開する。
監督:ドン・シーゲル 出演者:ジョン・カサヴェテス(フランキー)、サル・ミネオ(アンジェロ)、マーク・ライデル (ルー)、ジェームズ・ホイットモア(ベン・ワグナー)、ピーター・ヴォトリアン(リッチー)ほか

「日曜日には鼠を殺せ」のネタバレあらすじ結末

日曜日には鼠を殺せの紹介:1964年アメリカ映画。共和国軍の敗北で幕を閉じたスペイン内乱から20年後。亡命先でひっそりと暮らしていた共和国の闘士マヌエルをある少年が訪ねます。負け犬のまま年月を過ごしていたマヌエルは、葛藤しながらも己の信じる道を進みます。エメリック・プレスバーガー原作の小説を映画化。名匠F・ジンネマン監督の元、G・ペックら名男優陣が出演しています。
監督:フレッド・ジンネマン 出演者:グレゴリー・ペック(マヌエル)、アンソニー・クイン(ヴィニョラス)、オマー・シャリフ(フランシスコ神父)、ミルドレッド・ダンノック(ピラール)、レイモン・ペルグラン(カルロス)ほか

「ゲームの規則」のネタバレあらすじ結末

ゲームの規則の紹介:1939年フランス映画。ミュッセの戯曲『マリアンヌの気まぐれ』に着想を得た、上流階級の恋愛遊戯を描く社会風刺作品。飛行家アンドレは、愛人のロベール・ラ・シュネイ公爵夫人クリスチーヌを熱烈に愛していた。ロベールには別れたいと思っている愛人ジュヌビエーブが、小間使いリゼットには嫉妬深い夫シュマシェールがいる。アンドレの友人オクターブが見守る中、狂騒の恋愛物語が幕を開けるのだった。
監督:ジャン・ルノワール 出演者:マルセル・ダリオ(ロベール・ラ・シュネイ)、ジャン・ルノワール(オクターブ)、ノラ・グレゴール(クリスチーヌ)、ローラン・トゥータン(アンドレ・ジュリユー)、ポーレット・デュボスト(リゼット)ほか

「ククーシュカ ラップランドの妖精」のネタバレあらすじ結末

ククーシュカ ラップランドの妖精の紹介:2002年ロシア映画。ラップランドで出会った、サーミ族の女性、フィンランド兵、ロシア兵、言葉の通じない三人はすれ違いながら奇妙な生活を送る。
監督:アレクサンドル・ロゴシュキン 出演:アンニ=クリスティーナ・ユーソ(アンニ)、ヴィッレ・ハーパサロ(ヴェイッコ)、ヴィクトル・ブィチコフ(イワン)、ほか

「ジェシー・ジェームズの暗殺」のネタバレあらすじ結末

ジェシー・ジェームズの暗殺の紹介:2007年アメリカ映画。南北戦争後のアメリカ。グループで強盗・殺人を行い生計を立てるジェシー・ジェームズというアウトローがいた。彼の一味に加わったロバート・フォードという青年はジェシーにあこがれを抱いていたが、次第に彼の狂気に命の危険を感じ始める…。
監督:アンドリュー・ドミニク キャスト:ブラッド・ピット(ジェシー・ジェームズ)、ケイシー・アフレック(ロバート・フォード)、サム・シェパード(フランク・ジェームズ)、メアリー=ルイーズ・パーカー(ジー・ジェームズ)、ジェレミー・レナー(ウッド・ハイト)、ポール・シュナイダー(ディック・リディル)、ゾーイ・デシャネル(ドロシー)、サム・ロックウェル(チャーリー・フォード)、ほか

「トリコロール/白の愛」のネタバレあらすじ結末

トリコロール/白の愛の紹介:1994年フランス,ポーランド映画。フランス国旗の象徴「自由、平等、博愛」をテーマとするクシシュトフ・キエシロフスキ監督の「トリコロール」三部作の第2作です。異国フランスで美容師をしていたポーランド人の男がフランス人妻に捨てられたことから始まる、国境や言葉の壁を超えた愛憎劇を描きます。
監督:クシシュトフ・キェシロフスキ 出演者:ヤヌーシュ・ガヨス(カロル・カロル)、ジュリー・デルピー(ドミニク・ヴィダル)、ズビグニェフ・ザマホフスキ(ミコワイ)、アレクサンダー・バルディーニ(弁護士)、イエルジー・スチュエル(ジュレック)ほか

「PASSION」のネタバレあらすじ結末

PASSION(パッション)の紹介:2008年日本映画。酒井耕との共同監督で東日本大震災以後の東北で作られた『なみのおと』『なみのこえ』『うたうひと』のドキュメンタリー映画三部作、演技経験のない出演者と作った6時間を超える大作『ハッピーアワー』、第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品された『寝ても覚めても』と活躍を続ける濱口竜介の東京藝術大学大学院映像研究科の修了制作作品。結婚を間近に控えた果歩と智也。だが、果歩の誕生日を祝うパーティーをきっかけに恋模様は急変。三人の男と二人の女が本音をぶつけあうことになる。
監督:濱口竜介 出演者:河井青葉(果歩)、岡本竜汰(智也)、占部房子(貴子)、岡部尚(健一郎)、渋川清彦(毅)、ほか

「ペンギン夫婦の作りかた」のネタバレあらすじ結末

ペンギン夫婦の作りかたの紹介:2012年日本映画。石垣島ラー油を生み出した夫婦の実話を題材にした作品です。石垣島の美しい風景をバックに、二人三脚で夢を追いかける夫婦と彼らを見守る優しい島の人々の交流が描かれた心温まるヒューマンドラマです。
監督:平林克理 出演者:小池栄子(辺銀歩美)、ワン・チュアンイー(辺銀ギョウコウ)、深水元基(法務局担当者)、北村三郎(ひろしおじい)、吉田妙子(ふさおばあ)、ほか

1 2 3 4 5 6 97
TOP↑