ドラマ映画のネタバレ

「ムービング・ロマンス」のネタバレあらすじ結末

ムービング・ロマンスの紹介:2017年アメリカ映画。インテリアデザイナーのヒロインが解雇をきっかけに実家の引越会社の窮状を救う手伝いをしたことで、再び自分の夢を実現させるまでを描いたサクセス&ラブストーリー。
監督:ウィリアム・ホーガン 出演:アンバー・チルダーズ(オリビア)、キーガン・アレン(スコット)、ジム・オヘア(ニール)、ロミー・ローズモント(ジョージア)、ウォルター・ペレス(ピート)、ほか

「囚われの女」のネタバレあらすじ結末

囚われの女の紹介:1968年フランス, イタリア映画。ポップアート、フリーセックスといった60年代文化を背景に、アーティストの夫とその妻、友人である画商の男の三角関係とその顛末を描き、H・G・クルーゾー監督の遺作となった映画。
監督:アンリ=ジョルジュ・クルーゾー 出演:ルセル・ムーシー、ローラン・テルジェフ、エリザベート・ウィネル、ベルナール・フレッソン、ダニー・カレル、ほか

「消えない罪」のネタバレあらすじ結末

消えない罪の紹介:2021年アメリカ映画。保安官殺害の罪で20年服役したルースが釈放されます。釈放されたからと言って幸せな生活が待っているわけではありませんでした。生き別れた妹ケイティの無事を確かめるため、ルースは立ち上がりますが、それをよく思わない人物がルースの影に潜みます。
監督:ノラ・フィングシャイト 出演:サンドラ・ブロック(ルース)、ヴィンセント・ドノフリオ(ジョン・イングラム)、ヴィオラ・デイヴィス(リズ・イングラム)、ジョン・バーンサル(ブレイク)、リチャード・トーマス(マイケル・マルコム)、リンダ・エモンド(レイチェル・マルコム)、エマ・ネルソン(エミリー・マルコム)、アイスリング・フランシオシ(キャサリン・マルコム)、ウィル・プーレン(スティーヴ・ウェラン)、トム・ギリー(キース・ウェラン)ほか

「夏美のホタル」のネタバレあらすじ結末

夏美のホタルの紹介:2016年日本映画。森沢明夫の同名小説が原作。監督は「ストロボ・エッジ」の廣木隆一で、プロの写真家を目指す女性が、様々な人々と交流を通して成長していく姿を描いたヒューマンドラマ。主演は有村架純。共演は工藤阿須加、小林薫、光石研、吉行和子。
監督:廣木隆一 出演:有村架純(河合夏美)、工藤阿須加(相羽真吾)、小林薫(榊山雲月)、光石研(福井恵三)、吉行和子(福井ヤスエ)、淵上泰史(河合忠男)、村上虹郎(公英)、中村優子(美也子)、ほか

「コーダ あいのうた」のネタバレあらすじ結末

コーダ あいのうたの紹介:2021年アメリカ,フランス,カナダ映画。マサチューセッツ州の漁港をかかえた小さな町に暮らす高校生のルビー。両親と兄の4人家族の中でひとりだけ耳が聞こえるため、家族の通訳係として、家業である漁業を毎日欠かさず手伝っていた。新学期が始まると、ルビーは秘かに憧れるクラスメイトのマイルズと同じ合唱クラブを選択。すると顧問のヴィラロボス先生がルビーの才能に気付き、都会の名門音楽大学バークリーを受験するよう強く勧める。しかし、ルビーの歌声を聞くことができない両親は娘の才能を信じられず、家業のほうが大事だと猛反対。夢を諦め家族を選んだルビーだったが、父は思いがけない方法で娘の才能に触れ、意外な決断をする。原題の『CODA』とはChild of Deaf Adultsの略語で、聾者の親を持つ子どもという意味。また、楽曲の終わりを表す音楽記号のことでもあり、次の章が始まる意味を持つ。2022年のアカデミー賞で最高賞である作品賞を受賞。家族の熱く美しい絆の感動作。
監督:シアン・ヘダー 出演:エミリア・ジョーンズ(ルビー・ロッシ)、トロイ・コッツァー(フランク・ロッシ)、マーリー・マトリン(ジャッキー・ロッシ)、ダニエル・デュラント(レオ・ロッシ)、フェルディア・ウォルシュ=ピーロ(マイルズ)、エウヘニオ・デルベス(ベルナルド・ヴィラロボス/V)ほか

「MONSOON/モンスーン」のネタバレあらすじ結末

MONSOON/モンスーンの紹介:2020年イギリス,香港映画。ボートピープルとしてベトナムを離れた主人公が、30年振りに生まれ故郷を訪れるロードムービー『MONSOON/モンスーン』。監督・脚本は、自身も子どもの頃にベトナムからイギリスに移った経験をもつホン・カウだ。アイデンティティを探し求める男性・キットを演じるのは、イギリス人の父とマレーシア人の母を持つヘンリー・ゴールディング。彼と淡い恋愛関係となるアフリカ系アメリカ人男性ルイスを、父親がベトナム戦争に海軍として従軍した経験を持つパーカー・ソーヤーズが演じている。
監督・脚本:ホン・カウ キャスト:ヘンリー・ゴールディング(キット)、パーカー・ソーヤーズ(ルイス)、モリー・ハリス(リン)、デヴィッド・トラン(リー)ほか

「劇場版 きのう何食べた?」のネタバレあらすじ結末

劇場版 きのう何食べた?の紹介:2021年日本映画。同名原作やドラマで人気の作品を映画化。同性カップルという厳しい環境で生きる弁護士と美容師が難題に直面しながら少しずつ絆を深めていく話です。彼らが作り食べる数々の食事がとても美味しそうに映ります。劇場版の新キャストとして松村北斗が出演しています。
監督:中江和仁 出演:西島秀俊(筧史朗 / シロさん)、内野聖陽(矢吹賢二 / ケンジ)、山本耕史(小日向大策)、磯村勇斗(井上航)、マキタスポーツ(三宅祐)、高泉淳子(上町美江)、松村北斗(田渕剛)、田中美佐子(富永佳代子)、チャンカワイ(上町修)、奥貫薫(三宅玲子)、田山涼成(筧悟朗)、梶芽衣子(筧久栄)、ほか

「ホテルローヤル」のネタバレあらすじ結末

ホテルローヤルの紹介:2020年日本映画。北海道釧路市出身の作家・桜木紫乃が自らの経験を基に執筆し、直木賞を受賞した同名の短編集をネットドラマ『全裸監督』シリーズを手掛けた武正晴監督のメガホンで映画化した作品です。釧路湿原のラブホテルを舞台に、それぞれ問題を抱える経営者家族や従業員、利用客たちの織りなす人間模様を描いていきます。
監督:武正晴 出演者:波瑠(田中雅代)、松山ケンイチ(宮川聡史)、安田顕(田中大吉)、余貴美子(能代ミコ)、原扶貴子(太田和歌子)、夏川結衣(田中るり子)、伊藤沙莉(佐倉まりあ)、岡山天音(野島亮介)、正名僕蔵(本間真一)、内田慈(本間恵)、稲葉友(坂上朝人)、斎藤歩(能代正太郎)、和知龍範(若き日の大吉)、玉田志織(若き日のるり子)、長谷川葉生(聡史の妻)、友近(能代ミコの母)、冨手麻妙(美幸)、丞威(貴史)ほか

「クライ・マッチョ」のネタバレあらすじ結末

クライ・マッチョの紹介:2021年アメリカ映画。マイクはテキサス州の元ロデオスター、今は引退して平凡な日々を過ごしています。そんな彼に勤務先の上司は「メキシコにいる子供を連れてきてほしい」と頼みます。マイクは単身メキシコに乗り込み、その子供と鶏のマッチョとともにアメリカに帰るという危険な旅にでかけます。本作は、クリント・イーストウッド監督50周年を記念する作品。アメリカのカウボーイに憧れるメキシコの少年とともに、90歳を超えたイーストウッドがメキシコで悪人と闘い、恋に落ちるカウボーイを熱演しています。
監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド(マイク・ミロ)、エドゥアルド・ミネット(ラフォ)、ナタリア・トラヴェン(マルタ)、ドワイト・ヨーカム(ハワード・ポーク)、フェルナンダ・ウレホラ(リタ)、オラシオ・ガルシア=ロハス(アウレリオ)、ほか

「バートン・フィンク」のネタバレあらすじ結末

バートン・フィンクの紹介:1991年アメリカ映画。ニューヨークの劇作家バートンフィンクに、B級格闘映画の脚本の執筆を依頼されます。その執筆のために用意されたホテルで、悪夢のような出来事が彼に襲いかかります。コーエン兄弟の傑作と呼ばれる作品で、カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞しました。
監督:ジョエル・コーエン 出演:ジョン・タートゥーロ(バートン・フィンク)、ジョン・グッドマン(チャーリー)、ジュディ・デイヴィス、マイケル・ラーナー、ジョン・マホーニー(メイヒュー)、トニー・シャルーブ、ジョン・ポリト、スティーヴ・ブシェミ、ミーガン・フェイ、ほか

「美味しんぼ」のネタバレあらすじ結末

美味しんぼの紹介:1996年日本映画。陶芸家で美食家の海原雄山と親子の関係を断ち切った士郎は、新しく配属されたゆう子と一緒に『究極のメニー』の企画記事の担当を任されます。するとライバル社が海原雄山を擁して『至極のメニュー』企画を打ち出しました。こうして疎遠だった親子の美食対決が始まり…という内容の大ヒットコミック『美味しんぼ』の実写映画化です。三國連太郎と佐藤浩市親子が、映画の中でも親子という配役になっています。
監督:森崎東 出演者:三國連太郎(海原雄山)、佐藤浩市(山岡士郎)、羽田美智子(栗田ゆう子)、遠山景織子(里美)、柴俊夫(三川)、財津一郎(京極万太郎)、竜雷太(中川)ほか

「東への道」のネタバレあらすじ結末

東への道の紹介:1920年アメリカ映画。純真な田舎娘が都会の金持ち男に騙され出産するが赤ちゃんは死ぬ。娘は過去を隠して大農場主の家の女中になって平穏な生活を得たかと思われたが、試練が彼女を待ち受けていた。時代遅れの舞台劇が映画の父グリフィスによって生き生きとしたメロドラマ映画に生まれ変わる。川を流れる氷の上で倒れているリリアン・ギッシュをリチャード・バーセルメスが救出する名高いクライマックス等、命がけの屋外撮影が行われた。
監督:D・W・グリフィス 出演者:リリアン・ギッシュ(アンナ・ムーア)、リチャード・バーセルメス(ディヴィッド・バートレット)、ローウェル・シャーマン(レノックス・サンダースン)、バー・マッキントッシュ(大地主バートレット)、ケイト・ブルース(バートレット夫人)、メアリー・ヘイ(ケイト・ブルースター)、クレイトン・ヘイル(スターリング教授)、ほか

「嵐の孤児」のネタバレあらすじ結末

嵐の孤児の紹介:1921年アメリカ映画。孤児となった二人姉妹が盲目の妹の目の治療のためにパリに行くが折しもパリにはフランス革命の嵐が吹き荒れようとしていた。恋あり、戦闘シーンありで、『国民の創生』や『イントレランス』を彷彿させる大スペクタクル映画。D・W・グリフィス監督の『見えざる敵』(1912年)で共にデビューしたギッシュ姉妹だが、この作品が同監督の作品への最後の出演になった。1943年にはマキノ正博監督で、この映画を翻案した『阿片戦争』が製作され、原節子、高峰秀子が姉妹を演じた。
監督:D・W・グリフィス 出演者:リリアン・ギッシュ(アンリエット・ジラール)、ドロシー・ギッシュ(ルイーズ・ジラール)、ジョセフ・シルドクラウト(騎士ド・ヴォードレ)、モンテ・ブルー(ダントン)、シドニー・ハーバート(ロベスピエール)、リュシル・ラ・ヴェルヌ(フロシャール婆さん)、フランク・プリア(ピエール・フロシャール)、ほか

「パーフェクト・ノーマル・ファミリー」のネタバレあらすじ結末

パーフェクト・ノーマル・ファミリーの紹介:2020年デンマーク映画。デンマーク郊外で暮らす11歳のエマ。地元のサッカークラブで活躍し、家族とも仲が良く慎ましくも幸せな日々を送っていた。ところが突然、これまでの生活が一変してしまう。両親が離婚をすると言うのだ。しかも離婚の理由は、パパが女性として生きていきたいからだった。パニックに陥ったエマは、ホルモン治療によって女性らしくなり、名前まで変え、やがて性別適合手術を受けるというパパに戸惑いを隠せない。大嫌いと叫びながらも、本当にはパパのことが大好きなエマが、葛藤の末に気付いた気持ちとは?北欧の国デンマークのアカデミー賞を呼ばれるロバート賞で9部門にノミネートされ、メイクアップ賞、児童青少年映画賞を受賞した。1990年代末を背景にした家族の物語は、11歳の時に父親が女性になった経験を持つライマン監督の自伝的作品。
監督:マルー・ライマン 出演:カヤ・トフト・ローホルト(エマ)、ミケル・ボー・フォロスゴー(トマス/アウネーテ)、リーモア・ランテ(カロリーネ)、ニール・ランホルト(ヘレ)、ジェシカ・ディネジ(ナヤ)、ハデヴィヒ・ミニス(ペトラ)ほか

「ローラとふたりの兄」のネタバレあらすじ結末

ローラとふたりの兄の紹介:2018年フランス映画。フランス西部の都市、アングレーム。弁護士のローラには2人の兄がいる。眼鏡士の長男ブノワと、解体業者の次男ピエール。三兄妹は死別した両親の墓参りで月に一度集まることが習慣となっているが、兄たちは顔を合わせれば必ず揉め、そのたびにローラが間にはいらなければならなかった。そんな中、ブノワの三度目の結婚式で兄弟喧嘩が勃発。ピエールは仕事のトラブルを抱え、ブノワは新婚早々で妻とすれ違うことに。そして離婚調停の依頼人だったゾエールとの恋仲がはじまったローラはある事実を告げられる。様々な問題にぶつかりながらも、日常をひたむきに生きる家族の姿を描く。
監督:ジャン=ポール・ルーヴ 出演:リュディヴィーヌ・サニエ(ローラ)、ジョゼ・ガルシア(ピエール)、ジャン=ポール・ルーヴ(ブノワ)、ラムジー・ベディア(ゾエール)、ポーリ-ヌ・クレマン(サラ)、フィリピーヌ・ルノワー=ボリュー(サビーヌ)、フラン・ブリュノー(アントワーヌ)、ガブリエル・ナカーシュ(ロミュアルド)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 187

キーワードから探す

TOP↑