Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

コメディ映画のネタバレ

コメディ映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のコメディ映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「レオン(2017年)」のネタバレあらすじ結末

レオンの紹介:2017年日本映画。さえない派遣社員と大企業のワンマン社長が入れ替わってしまうというドタバタコメディ作品です。派遣OL役に知英、社長役として竹中直人を迎え、性格も立場も違う2人の人格が入れ替わるという役柄をコミカルに演じています。
監督:塚本連平 出演:知英(小鳥遊玲音)、吉沢亮(一条徹)、大政絢(サリナ)、斉藤慎二(朝比奈政夫)、ミッツ・マングローブ(猫田)、原幹恵(インタビュアー)、河井青葉(愛梨)、山崎育三郎(日下)、竹中直人(朝比奈玲男)、ほか

「英雄は嘘がお好き」のネタバレあらすじ結末

英雄は嘘がお好きの紹介:2018年フランス,ベルギー映画。戦場からの手紙を待つ妹のために嘘の手紙を書き続けたエリザベット。しかし大尉の帰還に計画は思わぬ方へ転がり始める。
監督:ローラン・ティラール 出演:ジャン・デュジャルダン(ヌヴィル大尉)、メラニー・ロラン(エリザベット)、ノエミ・メルラン(ポリーヌ)、クリストフ・モンテネ、フェオドール・アトキン、ほか

「カラマリ・ユニオン」のネタバレあらすじ結末

カラマリ・ユニオンの紹介:1985年フィンランド映画。理想郷を目指す男達の旅路を描いたコメディ作品。ある日食堂に集まったカラマリ・ユニオン(イカ墨同盟)の15人の男達。名前は全員「フランク」で、そのほとんどがサングラスをかけている。住みにくい故郷に嫌気がさした彼らは、町の反対側にあるエイラという理想郷を目指して旅立つことにした。しかし旅路は険しく、フランク達は1人また1人と脱落していく。果たしてフランクは無事エイラにたどり着くことが出来るのか。監督を務めるのは、フィンランドを代表する奇才アキ・カウリスマキ。
監督:アキ・カウリスマキ 出演者:マッティ・ペロンパー(フランク)、プンティ・ヴァルトネン(フランク)、サッケ・ヤルヴェンパー(フランク)、ピルッカ=ペッカ・ペテリウス(フランク)、カリ・ヘイスカネン(フランク)ほか

「トールガール」のネタバレあらすじ結末

トールガールの紹介:2019年アメリカ映画。身長187㎝の長身に引け目を感じていた女子高校生のジョディは、はじめて自分よりも背の高い男子スティグに出会います。スティグは穏やかで気の利いいたジュディにとっては理想的な男子。しかし、ふたりの恋にも暗雲が。出会いを通して、少女自らがコンプレックスを克服する過程を描いたアメリカ映画です。
監督:ンジンガ・スチュワート 出演者:エイバ・ミッシェル(ジョディ)、グリフィン・グラック(ジャック)、ルーク・アイズナー(スティグ)、パリ・ベレルク(キミー)、ほか

「イエスタデイ」のネタバレあらすじ結末

イエスタデイの紹介:2019年イギリス映画。世界中で起きた謎の大停電の後、なぜか人々から昔の一部の記憶が消え、ビートルズを知っているのが自分しかいないという状況に陥った売れないミュージシャンのジャックは、ビートルズの曲を自分の曲として世に出して有名になる。
監督:ダニー・ボイル 出演:ヒメーシュ・パテル(ジャック・マリク)、リリー・ジェームズ(エリー・アップルトン)、ジョエル・フライ(ロッキー)、エド・シーラン(本人役)、ケイト・マッキノン(デブラ・ハマー)、ジェームズ・コーデン(本人役)ほか

「ビッグショットダディ」のネタバレあらすじ結末

ビッグショットダディ(別題:ディア・ダディ 嘘つき父さんの秘密)の紹介:2009年アメリカ映画。自慰行為中の事故により息子を亡くした高校教師のランス。息子の死を自殺と見せかけようと偽装した遺書が思わぬ評判を呼び、ランスの人生の歯車は狂い始める。ロビン・ウィリアムズ主演による奇想天外なコメディ映画です。
監督:ボブキャット・ゴールドスウェイト 出演者:ロビン・ウィリアムズ(ランス・クレイトン)、ダリル・サバラ(カイル・クレイトン)、ヘンリー・シモンズ(マイク)、アレクシー・ギルモア(クレア)、ジェフ・ピアソン(アンダーソン校長)、ほか

「ファミリーズ・シークレット」のネタバレあらすじ結末

ファミリーズ・シークレット 秘密を抱えた家族の紹介:2009年アメリカ映画。それぞれに秘密を抱えた冷え切った家族が、一人の男性をきっかけに気持ちをぶつけ合うことに。気持ちを共有した家族が待っていたものとは何かを描いた、コメディドラマ映画です。
監督:レイモンド・デ・フェリッタ 出演:アンディ・ガルシア(ヴィンス)、ジュリアナ・マルグリーズ(ジョイス)、スティーヴン・ストレイト(トニー)、エミリー・モーティマー(モリー)、エズラ・ミラー(ヴィニー)、ドミニク・ガルシア=ロリド(ヴィヴィアン)、ほか

「モンスター上司2」のネタバレあらすじ結末

モンスター上司2の紹介:2014年アメリカ映画。2011年に公開された『モンスター上司』の続編となるブラックコメディ作品です。前作で嫌な上司から解放された三人の男たちは起業を試みますが、悪徳投資家に騙されたあげくその息子の仕組んだ狂言誘拐に付き合わされることとなり・・・。
監督:ショーン・アンダース 出演者:ジェイソン・ベイトマン(ニック・ヘンドリックス)、チャーリー・デイ(デール・アーバス)、ジェイソン・サダイキス(カート・バックマン)、ジェニファー・アニストン(Dr.ジュリア・ハリス)、クリス・パイン(レックス・ハンソン)、クリストフ・ヴァルツ(バート・ハンソン)、ケヴィン・スペイシー(デビッド・ハーケン)、ジェイミー・フォックス(ディーン・“MF”・ジョーンズ)ほか

「ホーム・スイート・ヘル」のネタバレあらすじ結末

ホーム・スイート・ヘル/キレたわたしの完全犯罪の紹介:2015年アメリカ映画。妻に浮気がバレたことから思わぬ事件に巻き込まれていく夫の運命を、ブラックユーモアたっぷりに描いたクライムコメディ。家具店を経営するドンは、美しい妻モナや可愛い子どもたちに囲まれて順風満帆な人生を歩んでいるかに見えたが、独占欲が強すぎるモナの言動に悩まされていた。ある日、ドンはセクシーな部下ダスティと浮気するが、モナにバレてしまう。モナは激怒しながらも、これまで築きあげてきた理想の家庭を維持するべく、怯えるドンにある命令を突きつける。それは、浮気相手のダスティを殺害することだった。
監督:アンソニー・バーンズ 出演:キャサリン・ハイグル(モナ・シャンパン)、パトリック・ウィルソン(ドン・シャンパン)、ジム・ベルーシ(レス)、ジョーダナ・ブリュースター(ダスティ) 他

「引っ越し大名!」のネタバレあらすじ結末

引っ越し大名!の紹介:2019年日本映画。大名のお引越しは国の一大事?!引き籠り藩士が知恵を凝らし、一大事業に着手する、引っ越しエンターテインメント。何度も引っ越しをさせられたという実在の大名・松平直矩の話をもとに、遠方への莫大な費用がかかる引っ越しを、知恵や工夫で何とか乗り切ろうとする姫路藩士たちの奮闘する様子を描く。
監督:犬童一心 出演:星野源(片桐春之介)、高橋一生(鷹村源右衛門)、高畑充希(於蘭)、飯尾和樹(高橋四郎)、和田聰宏(田中衆三郎)、岡山天音(和泉屋新吉)、向井理(柳沢吉保)、小澤征悦(山里一郎太)、濱田岳(中西監物)、西村まさ彦(藤原修蔵)、松重豊(本村三右衛門)、及川光博(松平直矩)、ほか

「帰ってきたムッソリーニ」のネタバレあらすじ結末

帰ってきたムッソリーニの紹介:2018年イタリア映画。イタリアで政治家にして独裁者だったベニート・ムッソリーニ。亡くなったとされる1945年4月28日から70年余りたった同日、あの軍服姿で突如ローマの街に現れた。今や時代は変わり、街には褐色の肌の人々が溢れ、同性愛カップルもいる。これまでにムッソリーニが見たこともない世界が広がっていた。イタリアで最も多くの賞を獲得した作品を制作した監督、ルカ・ミニエーロの初の日本公開作品。ドイツで200万部以上を売り上げたベストセラー小説『帰ってきたヒトラー』からミニエーロ監督が着想を得て映画化。ムッソリーニがかつて実際におこなった演説のシーンなど歴史的映像が挟まれ、インタビューの部分のほとんどはドキュメンタリーとして撮影された。
監督:ルカ・ミニエーロ 出演:マッシモ・ポポリツィオ(ムッソリーニ)、フランク・マターノ(アンドレア・カナレッティ)、ステファニア・ロッカ(カティア・ベッリーニ)、ジョエレ・ディクス(ダニエーレ・レオナルディ)、エレオノーラ・ベルカミーノ(フランチェスカ)、アリエッラ・レッジョ(レアおばあちゃん)ほか

「ホール・パス/帰ってきた夢の独身生活<1週間限定>」のネタバレあらすじ結末

ホール・パス/帰ってきた夢の独身生活<1週間限定>の紹介:2011年アメリカ映画。夫婦生活を改めて考え始めた男と女の話。2組の夫婦、妻のマギーとグレースが、夫リックとフレッドに独身パス<1週間限定> を与えますが、独身時代とは違い試行錯誤する中、一日一日は過ぎ行き、一方、妻のマギーとグレースも独身を楽しみます。2組の夫婦は今後どうなってしまうのか、ドタバタコメディ作品です。

監督:ピーター・ファレリー、ボビー・ファレリー 出演:オーウェン・ウィルソン(リック・ミルズ)、ジェイソン・サダイキス(フレッド・シーリング)、ジェナ・フィッシャー(マギー・ミルズ)、リチャード・ジェンキンス(コークリー)、クリスティナ・アップルゲイト(グレース・シーリング)、ニッキー・ウィーラン(リー)、ほか

「悪夢のファミリー」のネタバレあらすじ結末

悪夢のファミリーの紹介:1979年アメリカ映画。内気な青年とその家族が繰り広げる、悪い夢のような日々を綴ったブラック・コメディ。高校生デニスの家族はとにかく変人揃いだった。浮気性の父にヒステリックな母、禁欲主義の兄ジェームス。家族の中で目立たないデニスも次第に覗き趣味をこじらせていく。デニスはジェームスの婚約者クリスティナに惹かれ始めるが、彼女は禁欲生活に苦しんでいた。ある日デニスの前に現れたマエストロなる男は、彼を主役にすべく映画の撮影を勧める。監督を務めるのは「キャリー(1976年)」「殺しのドレス(1980年)」等で知られるブライアン・デ・パルマ。
監督:ブライアン・デ・パルマ 出演者:ナンシー・アレン(クリスティナ)、カーク・ダグラス(ザ・マエストロ)、キース・ゴードン(デニス・バード)、ヴィンセント・ガーディニア(ドクター・バード)、ゲリット・グレアム(ジェームス・バード)ほか

「Mr.ディーズ」のネタバレあらすじ結末

Mr.ディーズの紹介:2002年アメリカ映画。純朴な田舎の青年が大企業の経営者であった大叔父の遺産を相続することになり、大都会ニューヨークへと出てきた。青年のスクープを狙う女性記者は素性を偽って彼に近づきますが、やがて二人は恋に落ちていき…。フランク・キャプラ監督による往年のロマンティックコメディ「オペラハット」のリメイク作品。アダム・サンドラーとウィノナ・ライダーが共演しました。
監督:スティーヴン・ブリル 出演者:アダム・サンドラー(ロングフェロー・ディーズ)、ウィノナ・ライダー(ベイブ・ベネット)、ジョン・タトゥーロ(エミリオ・ロペス)、アレン・コヴァート(マーティ)、ピーター・ギャラガー(チャック・セダー)、ジャレッド・ハリス(マック・マクグラス)、ほか

「いらっしゃいませ、患者さま。」のネタバレあらすじ結末

いらっしゃいませ、患者さま。の紹介:2005年日本映画。ヤクザに借金をして給与も払えず、医師やナースも次々辞めていく近馬病院の院長が、銃で撃たれた風俗界のカリスマ・恩地を手術して助けたことから、恩地の力を借り、病院を風俗風に改革し、V字回復を成し遂げるというコメディドラマです。
監督:朝間義隆 出演者:渡部篤郎(近馬仲喜)、大友康平(恩地明郎)、原沙知絵(長内和実)、藤岡弘(三島武雄)、石橋蓮司(山形知恵蔵)、渡辺えり(尾上貴子)、石原良純(沼田孝司)、板谷由夏(清水円)ほか

1 2 3 4 5 53
TOP↑