コメディ映画のネタバレ

コメディ映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のコメディ映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「HIT&RUN」のネタバレあらすじ結末

HIT&RUNの紹介:2012年アメリカ映画。証言保護監察中のチャーリーの恋人アナが、カリフォルニア大学の教員の面接を受けることになり、ロスまで車で送ることになりました。しかし後ろからは保護観察執行官のランディ、アナの元カレのギル、その兄で警官のテリー、そして銀行強盗仲間のアレックスが追いかけていました…という内容のコメディアクション映画です。
監督:ダックス・シェパード、デビッド・パルマー 出演:ダックス・シェパード(チャーリー)、クリステン・ベル(アニー)、ブラッドリー・クーパー(アレックス)、トム・アーノルド(ランディ)、クリスティン・チェノウェス(デビー)ほか

「テルアビブ・オン・ファイア」のネタバレあらすじ結末

テルアビブ・オン・ファイアの紹介:2018年ルクセンブルク,フランス,イスラエル,ベルギー映画。エルサレムに住むパレスチナ人のサラームは自国の大人気テレビドラマ『テルアビブ・オン・ファイア』の制作スタッフのひとり。プロデューサーを務める叔父バッサムの助手をしながら、ヘブライ語も堪能なため言語指導も担っている。しかし現場に通うためには毎日面倒な検問所を通らなくてはいけない。ある日検問所でイスラエル軍事司令官アッシに呼び止められ、とっさにドラマの脚本家と嘘をついてしまう。アッシはドラマの熱烈なファンである妻に自慢するために、毎日サラームを呼び止めて脚本に口出しをし始める。しかし、ドラマが終盤に近づくと結末をめぐって、イスラエル側のアッシとパレスチナ側の制作陣の間でサラームは板ばさみになってしまう。ヴェネチア国際映画祭で作品賞を受賞したほか東京国際映画祭コンペティション部門でも上映するなど世界中の劇場を笑いに包んだ作品。
監督:サメフ・ゾアビ 出演:カイス・ナシェフ(サラーム )、ルブナ・アザバル(タラ/ラヘル)、 ヤニブ・ビトン(アッシ)、 ナディム・サワラ(バッサム)、マイサ・アブドゥ・エルハディ(マリアム)、ユーセフ・スウェイド(イェフダ)、アシュラフ・ファラー(マルワン)ほか

「ファイティング・ファミリー」のネタバレあらすじ結末

ファイティング・ファミリーの紹介:2019年アメリカ映画。プロレスの本場アメリカWWE(ワールド・レスリング・エンターテイメント)に憧れるイギリスの少女はチャンスをものにするも、厳しさに勝てずイギリスに帰ることになります。しかし、家族の励ましを受け、再びWWEに挑戦し夢をかけたタイトルマッチに挑みます。『ファイティング・ファミリー』は、実在のレスラー”ペイジ”ことサラヤ・ジェィド・べヴィスと彼女のプロレス家族の夢を実現する物語です。プロレスファンはもちろん、夢に向けて頑張る女性などに勇気を与えてくれる映画です。プロレスに興味のない人も、この映画を見たらプロレス好きになるかもしれません。
監督:スティーヴン・マーチャント 出演:フローレンス・ピュー(サラヤ・ナイト / ペイジ)、レナ・ヘディ(ジュリア・ナイト)、ニック・フロスト(リッキー・ナイト)、ジャック・ロウデン(ザック・ナイト)、ヴィンス・ヴォーン(ハッチ・モーガン)、ドウェイン・“ザ・ロック”・ジョンソン(本人役)

「釣りバカ日誌スペシャル」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌スペシャルの紹介:1994年日本映画。やまさき十三と北見けんいちの原作による人気コミック『釣りバカ日誌』を西田敏行と三國連太郎のダブル主演で映画化したシリーズ第7作にして特別編第1作です。スーさん(三國連太郎)の親友の息子が浜ちゃん(西田敏行)の上司の娘に恋をするのですが、そこに恋のライバルが現れ・・・。さらには些細なことで浜ちゃん夫妻の仲がこじれてしまい・・・。
監督:森崎東 出演:西田敏行(浜崎伝助(浜ちゃん))、三國連太郎(鈴木一之助(スーさん))、石田えり(浜崎みち子)、加藤武(秋山専務)、谷啓(佐々木和男)、戸川純(恵)、山瀬まみ(久美子)、中本賢(太田八郎)、富田靖子(佐々木志野)、加勢大周(山内健吾)、西村晃(山内昭男)、田中邦衛(田宮辰夫)、清川虹子(田宮はな)、松尾嘉代(舞子)、大森嘉之(武)ほか

「スペインは呼んでいる」のネタバレあらすじ結末

スペインは呼んでいるの紹介:2017年イギリス映画。前作『イタリアは呼んでいる』の続編。イギリスで活躍する俳優スティーヴ・クーガンとロブ・ブライドンが、グルメ取材の旅に出る人気シリーズ。今回は舞台をスペインに移し、北はバスク地方から南はアンダルシアまで地中海を目指しレンジローバーで旅をする。世界遺産の街など一度は訪れたい観光名所で知る人ぞ知るレストランやパラドールと呼ばれる古城や修道院を改装したホテルなど五感を楽しませてくれる。アドリブだらけのウィットに富んだ会話にも注目の作品。
監督:マイケル・ウィンターボトム 出演:スティーヴ・クーガン(本人)、ロブ・ブライドン(本人)、クレア・キーラン(エマ/スティーヴのマネージャー)、マルタ・バリオ(ヨランダ/カメラマン)レベッカ・ジョンソン(サリー/ロブの妻)、マルゴ・スティリー(ミーシャ/スティーヴの恋人)、ティモシー・リーチ(ジョー/スティーヴの息子)ほか

「POSTMAN BLUES ポストマンブルース」のネタバレあらすじ結末

POSTMAN BLUES ポストマン・ブルースの紹介:1997年日本映画。仕事に疲れた郵便配達員の沢木が、覚せい剤の取締りで張り込みをされていた同級生の野口の部屋に配達に行って上がり込んだため、覚せい剤の売人と決め付けられ、しまいには凶悪殺人犯として指名手配されるという、何事も悪い方向へいってしまう内容のコメディ映画です。ラストは少し切なくなります。
監督:サブ 出演者:堤真一(沢木龍一)、遠山景織子(小夜子)、大杉漣(殺し屋ジョー)、堀部圭亮(野口修二)、清水宏(土門泰三)ほか

「キラー・ヴァージンロード」のネタバレあらすじ結末

キラー・ヴァージンロードの紹介:2009年日本映画。小さい頃からドジでマヌケだったひろ子が、寿退社することになりました。結婚式を翌日に控えたひろ子は、アパートの大家さんを誤って殺してしまい、結婚式まで死体を隠そうとスーツケースに入れ、車で走り出しますが…という内容のドタバタコメディ映画です。
監督:岸谷五朗 出演者:上野樹里(沼尻ひろ子)、木村佳乃(小林福子)、寺脇康文(大家さん)、眞木大輔(江頭賢一)、小出恵介(小峰くん)、中尾明慶(北翔)、高島礼子(春日先輩)、北村一輝(景山道生)、北村総一朗(沼尻源一郎)ほか

「ザ・ランドロマット パナマ文書流出」のネタバレあらすじ結末

ザ・ランドロマット パナマ文書流出の紹介:2019年アメリカ映画。実際に大事件となったパナマ文書を題材にしたコメディ作品です。ユルゲンとラモンは、税金対策としてオフショアカンパニーを立ち上げ、利用する富豪たちにペーパー会社を次々作らせ、租税逃れを指南しながら私欲を肥やしていました。夫をクルージング事故で亡くし、クルージング会社からの保険金をあてにしていたエレンでしたが、クルージング会社が加入していた保険会社が実際には存在しないペーパー会社で詐欺に遭っていたことがわかり、納得のいかないエレンは独自で調べ始めます…という内容です。登場人物が多く、専門的用語も多いため少し難解です。
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演者:メリル・ストリープ(エレン・マーティン)、ゲイリー・オールドマン(ユルゲン・モサック)、アントニオ・バンデラス(ラモン・フォンセカ)、ロバート・パトリック(ペリー)、デヴィッド・シュワイマー(マシュー・カーク)ほか

「アストラル・アブノーマル鈴木さん」のネタバレあらすじ結末

アストラル・アブノーマル鈴木さんの紹介:2018年日本映画。群馬県の何もない田舎でユーチューバーをするララの破天荒な生き方を描いた作品です。2018年6月から9月にかけYoutubeに公開された『アストラル・アブノーマル鈴木さん』を劇場用に編集された話題作です。
監督:大野大輔 出演者:松本穂香(鈴木ララ/リリ)、西山繭子(久美子)、田中偉登(鈴木ルルオ/流留男)、広山詞葉(神野)、谷のばら(望月)ほか

「記憶にございません!」のネタバレあらすじ結末

記憶にございません!の紹介:2019年日本映画。舞台演出を経て、いまや日本を代表するコメディ映画監督となった三谷幸喜の長編映画第8作目。史上最低の支持率を記録する、身勝手で横暴な総理大臣・黒田啓介は市民の投石が頭に命中し、記憶を失くしてしまう。首相の記憶喪失で引き起こされる、周囲の官僚、家族、そして日本国全体を巻き込んだドタバタ喜劇。実力派俳優陣のコミカルな演技に注目。
監督:三谷幸喜 出演:中井貴一(黒田啓介)、ディーン・フジオカ(井坂) 、小池栄子(番場)、石田ゆり子(黒田聡子)、斉藤由貴(寿賀)、木村佳乃(スーザン・セントジェームス・ナリカワ)、草刈正雄(鶴丸大悟)、佐藤浩市(古郡裕)、 木村佳乃(スーザン・セントジェームス・ナリカワ)、吉田羊(山西あかね)、田中圭(大関平太郎)、濱田龍臣(黒田篤彦)、ほか

「レオン(2017年)」のネタバレあらすじ結末

レオンの紹介:2017年日本映画。さえない派遣社員と大企業のワンマン社長が入れ替わってしまうというドタバタコメディ作品です。派遣OL役に知英、社長役として竹中直人を迎え、性格も立場も違う2人の人格が入れ替わるという役柄をコミカルに演じています。
監督:塚本連平 出演:知英(小鳥遊玲音)、吉沢亮(一条徹)、大政絢(サリナ)、斉藤慎二(朝比奈政夫)、ミッツ・マングローブ(猫田)、原幹恵(インタビュアー)、河井青葉(愛梨)、山崎育三郎(日下)、竹中直人(朝比奈玲男)、ほか

「英雄は嘘がお好き」のネタバレあらすじ結末

英雄は嘘がお好きの紹介:2018年フランス,ベルギー映画。戦場からの手紙を待つ妹のために嘘の手紙を書き続けたエリザベット。しかし大尉の帰還に計画は思わぬ方へ転がり始める。
監督:ローラン・ティラール 出演:ジャン・デュジャルダン(ヌヴィル大尉)、メラニー・ロラン(エリザベット)、ノエミ・メルラン(ポリーヌ)、クリストフ・モンテネ、フェオドール・アトキン、ほか

「カラマリ・ユニオン」のネタバレあらすじ結末

カラマリ・ユニオンの紹介:1985年フィンランド映画。理想郷を目指す男達の旅路を描いたコメディ作品。ある日食堂に集まったカラマリ・ユニオン(イカ墨同盟)の15人の男達。名前は全員「フランク」で、そのほとんどがサングラスをかけている。住みにくい故郷に嫌気がさした彼らは、町の反対側にあるエイラという理想郷を目指して旅立つことにした。しかし旅路は険しく、フランク達は1人また1人と脱落していく。果たしてフランクは無事エイラにたどり着くことが出来るのか。監督を務めるのは、フィンランドを代表する奇才アキ・カウリスマキ。
監督:アキ・カウリスマキ 出演者:マッティ・ペロンパー(フランク)、プンティ・ヴァルトネン(フランク)、サッケ・ヤルヴェンパー(フランク)、ピルッカ=ペッカ・ペテリウス(フランク)、カリ・ヘイスカネン(フランク)ほか

「トールガール」のネタバレあらすじ結末

トールガールの紹介:2019年アメリカ映画。身長187㎝の長身に引け目を感じていた女子高校生のジョディは、はじめて自分よりも背の高い男子スティグに出会います。スティグは穏やかで気の利いいたジュディにとっては理想的な男子。しかし、ふたりの恋にも暗雲が。出会いを通して、少女自らがコンプレックスを克服する過程を描いたアメリカ映画です。
監督:ンジンガ・スチュワート 出演者:エイバ・ミッシェル(ジョディ)、グリフィン・グラック(ジャック)、ルーク・アイズナー(スティグ)、パリ・ベレルク(キミー)、ほか

「イエスタデイ」のネタバレあらすじ結末

イエスタデイの紹介:2019年イギリス映画。世界中で起きた謎の大停電の後、なぜか人々から昔の一部の記憶が消え、ビートルズを知っているのが自分しかいないという状況に陥った売れないミュージシャンのジャックは、ビートルズの曲を自分の曲として世に出して有名になる。
監督:ダニー・ボイル 出演:ヒメーシュ・パテル(ジャック・マリク)、リリー・ジェームズ(エリー・アップルトン)、ジョエル・フライ(ロッキー)、エド・シーラン(本人役)、ケイト・マッキノン(デブラ・ハマー)、ジェームズ・コーデン(本人役)ほか

1 2 3 4 5 54

キーワードから探す

TOP↑