Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

コメディ映画のネタバレ

コメディ映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のコメディ映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「満願旅行」のネタバレあらすじ結末

満願旅行の紹介:1970年日本映画。寝台特急の専務車掌の村上洋介に見合い話が持ち上がり、一目ぼれした洋介は果敢にアタックし始めますが、洋介に恋心を持つ食堂係の八重子が洋介をモノにしようと策略を立て始めました・・・という松竹映画の『旅行シリーズ』6作目です。
監督:瀬川昌治 出演者:フランキー堺(村上洋介)、ミヤコ蝶々(母お政)、団令子(庄司八重子)、森田健作(庄司隆一)、香山美子(秋山すみ江)、森川信(秋山次郎吉)、石井均(秋山とめ)、松岡きっこ(ユカ)ほか

「聖☆おにいさん 第II紀」のネタバレあらすじ結末

聖☆おにいさん 第II紀の紹介:2019年日本映画。2018年10月に2週間限定上映された『聖☆おにいさん』。映画『銀魂』シリーズやTVドラマ「今日から俺は!!」などで人気の福田雄一監督と、製作総指揮として活躍する山田孝之のコンビが放つ実写化プロジェクト第2弾が登場だ。前作に引き続きイエスを松山ケンイチ、ブッダを染谷将太がノリノリで演じている。今回は若手注目株の山田裕貴が福田組初出演。本人は興奮しすぎて現場で噛んでしまったというが、コミカルな演技で作品の良いアクセントになっている。
監督:福田雄一 製作総指揮:山田孝之 原作:中村光 出演:松山ケンイチ(イエス)、染谷将太(ブッダ)、山野海(大家:松田さん)、山田裕貴(警官)ほか

「やるっきゃ騎士」のネタバレあらすじ結末

やるっきゃ騎士(ナイト)の紹介:2015年日本映画。エロ大好きの豪介が転校してきた聖愛学園は、女尊男卑の制度があり、男子は奴隷のように扱われていました。この学園を元に戻すべく豪介は立ち上がりますが、女子の自治クラブの会長の静香に一目ぼれしてしまいます・・・という内容の1980年代にヒットしたお色気学園コメディアニメの映画化です。
監督:平林克理 出演者:中村倫也(誠豪介)、遠藤新菜(美崎静香)、柾木玲弥(山田たかし)、柳英里紗(星チカコ)、アレクサンダー大塚(嵐鉄美)ほか

「タミー/Tammy」のネタバレあらすじ結末

タミー/Tammyの紹介:2014年アメリカ映画。バイト先もクビになり、家に帰ると夫が隣家の女と浮気、旅に出ようとするも車も軍資金も無く、途方にくれるタミーが目をつけたのが祖母パールの車だったが、同じく旅に出たがっていたパールも同乗する事になり、パールの目的地ナイアガラに向かって走ることになります。個性あふれる2人のひっちゃかめっちゃかの旅を描いたコメディ作品です。
監督:ベン・ファルコーン 出演:メリッサ・マッカーシー(タミー)、スーザン・サランドン(パール)、キャシー・ベイツ(レノア)、アリソン・ジャネイ(デブ)、ダン・エイクロイド(ドン)、ほか

「ぱいかじ南海作戦」のネタバレあらすじ結末

ぱいかじ南海作戦の紹介:2012年日本映画。椎名誠の同名小説を2012年に映画化した作品で、阿部サダヲが主演を務めています。会社が倒産し、離婚を機に南の島で生活することにした主人公が、さまざまな人との出会いやハプニングを乗り越えていくコメディ作品となっています。
監督:細川徹 出演:阿部サダヲ(佐々木)、永山絢斗(オッコチ)、貫地谷しほり(アパ)、佐々木希(ミキ)、ピエール瀧(マンボさん)、斉木しげる(ギタさん)、浅野和之(先生)、大水洋介(ヨシオ)、ほか

「サラリーマン専科」のネタバレあらすじ結末

サラリーマン専科の紹介:1995年日本映画。日向化学工業に勤める石橋万作には、妻と子供以外に同居する弟の淳司がいました。ある日、淳司が迷子の犬を連れてきて、翌日飼い主に返し、飼い主と仲良くなりますが、その飼い主が日向化学工業の社長であったことから会社と家庭で巻き起こる騒動を描いたコメディ映画です。
監督:朝原雄三 出演者:三宅裕司(石橋万作)、加勢大周(石橋淳司)、西村晃(日向興三郎)、田中好子(石橋ふみ子)、裕木奈江(良子)、田中邦衛(魚幸の主人)、斎藤陽子(矢島ひとみ)、三東康太郎(石橋勇太)ほか

「ブライダル・ウォーズ」のネタバレあらすじ結末

ブライダル・ウォーズの紹介:2009年アメリカ映画。幼なじみで親友の2人が同時期に結婚することになるが、手違いから挙式が同じ日になってしまったことで、互いが完璧な結婚式を挙げるためにバトルを繰り広げる。
監督:ゲイリー・ウィニック 出演:ケイト・ハドソン(リヴ)、アン・ハサウェイ(エマ)、ブライアン・グリーンバーグ(ネイサン)、クリス・プラット(フレッチャー)、スティーヴ・ハウイー(ダニエル)、キャンディス・バーゲン(マリオン)、ほか

「ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲」のネタバレあらすじ結末

ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲の紹介:2001年アメリカ映画。おバカコンビ、ジェイとサイレント・ボブが、自分たちがモデルとなったコミックが無断で映画化されると知ってハリウッドに乗り込む。ベン・アフレックやマッド・デイモンらが本人役で出演。
監督:ケヴィン・スミス 出演:ジェイソン・ミューズ(ジェイ)、ケヴィン・スミス(サイレント・ボブ)、ベン・アフレック(ホールデン・マクニール)、ジェフ・アンダーソン(ランダル・グレイヴス)、ブライアン・オハローラン(ダンテ・ヒックス)、シャノン・エリザベス(ジャスティス)、エリザ・ドゥシュク(シシー)、アリ・ラーター(クリシー)、ジェニファー・シュウォールバック(ミッシー)、ほか

「オレの獲物はビンラディン」のネタバレあらすじ結末

オレの獲物はビンラディンの紹介:2016年アメリカ映画。実在する人物のゲイリー・フォークナーは2004年、神の啓示を受け、9.11事件のビンラディンを捕らえる為、7回もパキスタンに渡り、日本刀を腰につけビンラディンをあても無く探しまわる。途中何度もくじけそうになっては、神が現れるという妄想と幻覚を見る、キテレツなおやじ、ゲイリーの姿をニコラス・ケイジが熱演します。
監督:ラリー・チャールズ 出演:ニコラス・ケイジ(ゲイリー・フォークナー)、ウェンディ・マクレンドン=コーヴィ(マーシ・ミッチェル)、ラッセル・ブランド(神)、マシュー・モディーン(ロス医師)、デニス・オヘア(ドス)、レイン・ウィルソン(シモンズ)、ほか

「ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走」のネタバレあらすじ結末

ボン・ボヤージュ ~家族旅行は大暴走~の紹介:2016年フランス映画。人工知能AI搭載の最新ハイテクワンボックスカーで家族旅行に行ったトム一家でしたが、こともあろうか高速道路で車が160kmの巡航速度のまま制御不能になり、白バイ隊などを巻き込んで爆走し続けるという、フランス発のドタバタコメディ映画です。
監督:ニコラ・ブナム 出演者:ジョゼ・ガルシア(トム)、アンドレ・デュソリエ(ベン)、カロリーヌ・ビニョ(ジュリア)、ジョゼフィーヌ・キャリーズ(リゾン)、スティラノ・リカイエ(ノエ)ほか

「スウィッチ/素敵な彼女?」のネタバレあらすじ結末

スウィッチ/素敵な彼女?(別題:スウィッチ/ボクと彼女の関係は…!?)の紹介:1991年アメリカ映画。元カノらに殺されたプレイボーイの男が、天国行きを目指して神の試練を克服するため現世に戻るが、悪魔の仕業で女の姿で生き返ったことで巻き起こる騒動を描いたコメディ。
監督:ブレイク・エドワーズ 出演:エレン・バーキン、ジミー・スミッツ、ジョベス・ウィリアムズ、ロレイン・ブラッコ、トニー・ロバーツ、ペリー・キング、ブルース・マーティン・ペイン、リセット・アンソニー、ほか

「サウスバウンド」のネタバレあらすじ結末

サウスバウンドの紹介:2007年日本映画。学生運動ばかりしていた一郎が、同じ運動をしていたさくらと駆け落ちし、3人の子供をもうけていました。一郎は学生運動時代と変わらず、いつも反体制的な発言ばかりする変わり者でした。長男の二郎がかつあげをする先輩に暴行を振るった事から、一家は一郎の故郷の西表島に移り住むことになりますが、そこでも事件が待っていました・・・という内容のファミリードラマです。
監督:森田芳光 出演者:豊川悦司(上原一郎)、天海祐希(上原さくら)、北川景子(上原洋子)、田辺修斗(上原二郎)、松本梨菜(上原桃子)、松山ケンイチ(稲垣巡査)、平田満(校長先生)、吉田日出子(区役所のおばさん)、加藤治子(お祖母ちゃん / 堀内たえ)、村井美樹(南先生)、ほか

「ニコラス・ケイジの ウェザーマン」のネタバレあらすじ結末

ニコラス・ケイジの ウェザーマンの紹介:2005年アメリカ映画。「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのG・ヴァービンスキー監督が手がけた人生ドラマ。ローカルテレビ局のお天気キャスターが失った家庭や偉大な父親との交流を通じて人生を見つめ直す。
監督:ゴア・ヴァービンスキー 出演:ニコラス・ケイジ、マイケル・ケイン、ホープ・デイヴィス、ニコラス・ホルト、マイケル・リスポリ、ギル・ベローズ、ジェメンヌ・デ・ラ・ペーニャ、ほか

「Mr.&Mrs.フォックス」のネタバレあらすじ結末

Mr.&Mrs.フォックスの紹介:2018年アメリカ,イギリス映画。天才詐欺師夫妻とかつての仕事仲間、夫の元妻とその再婚相手などが巻き起こす騒動を描いたクライム・コメディです。かつての仕事仲間から横取りした大金をギャンブルでスッてしまった詐欺師夫婦は高飛びを試みますが、冷酷な仕事仲間は夫妻を追ってロサンゼルスへ・・・。
監督:ジェームズ・オークリー 出演者:ユマ・サーマン(ハリー・フォックス)、ティム・ロス(ピーター・フォックス)、マギー・Q(イリーナ)、アリス・イブ(ジャッキー)、パーカー・ポージー(ジーナ)、クリスピン・グローバー(ガブリエル・アンダーソン)、ソフィア・ベルガラ(ヴィヴィアン)、スティーブン・フライ(シドニー)ほか

「ハード・コア」のネタバレあらすじ結末

ハード・コアの紹介:2018年日本映画。狩撫麻礼といましろたかしの共作によるコミック『ハード・コア 平成地獄ブラザーズ』を、山田孝之のプロデュース兼主演、『映画 山田孝之 3D』でタッグを組んだ山下敦弘監督のコンビで映画化したカルトムービーです。世間に馴染めないチンピラな主人公(山田孝之)と対照的にエリート街道を進む弟(佐藤健)、主人公の親友(荒川良々)が古びた1体のロボットを発見したことから人生を狂わせていく様を描きます。
監督:山下敦弘 出演者:山田孝之(権藤右近)、佐藤健(権藤左近)、荒川良々(牛山)、石橋けい(水沼多恵子)、首くくり栲象(金城銀次郎)、康すおん(水沼)、松たか子(バーの女)ほか

1 2 3 4 5 50
TOP↑