コメディ映画のネタバレ

コメディ映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のコメディ映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「ナッティ・プロフェッサー」のネタバレあらすじ結末

ナッティ・プロフェッサー/クランプ教授の場合の紹介:1996年アメリカ映画。ジェリー・ルイスが監督と主演を務めた『底抜け大学教授』(1963年公開)をエディ・マーフィ主演でリメイクした爆笑コメディです。超肥満体型の大学教授がスリムに痩せられる新開発の薬を試したことから起こる騒動をユーモラスに描きます。エディ・マーフィは特殊メイクなどを駆使して1人7役を演じ上げ、第69回アカデミー賞でアカデミーメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞しています。2000年には続編の『ナッティ・プロフェッサー2 クランプ家の面々』が公開されています。
監督:トム・シャドヤック 出演者:エディ・マーフィ(シャーマン・クランプ/バディ・ラヴ/アンナ・クランプ/クリータス・クランプ/アーニー・クランプ/アイダ=メイ・ジェンキンス/ランス・パーキンス)、ジェイダ・ピンケット(カーラ・パーティ)、ジェームズ・コバーン(ハーラン・ハートリー)、ラリー・ミラー(ディーン・リッチモンド)、デイヴ・チャペル(レジー・ウォーリントン)、ジョン・エルス(ジェイソン)、ジャマール・ミクソン(アーニー・クランプJr.)ほか

「一度死んでみた」のネタバレあらすじ結末

一度死んでみたの紹介:2019年日本映画。広瀬すずがデスメタルバンドのボーカルを演じる話題の映画『一度死んでみた』。共演の吉沢亮とともに、期待以上のコメディセンスを披露している。監督は、au「三太郎」シリーズや「日野の2トン」で知られるCMディレクターの浜崎慎治。脚本はソフトバンクの「白戸家」などを手掛けるCMプランナー&クリエイティブ・ディレクターの澤本嘉光。この強力布陣のためか多くの有名俳優がチョイ役で出演しており、それを見つけていくのも楽しみのひとつとなっている。
監督:浜崎慎治 脚本:澤本嘉光 音楽:ヒャダイン キャスト:広瀬すず(野畑七瀬)、吉沢亮(松岡卓)、堤真一(野畑計)、リリー・フランキー(火野)、城田優(警備員)、原日出子(掃除のおばさん)、佐藤健(ボーイ)、池田エライザ(あかね)、志尊淳(野畑製薬社員)、古田新太(計の元同僚)、大友康平(ジェームス布袋)、竹中直人(坊主)、妻夫木聡(クラウンホテル支配人)、木村多江(野畑百合子)、松田翔太(藤井さん)、ほか

「スパイク・ガールズ」のネタバレあらすじ結末

スパイク・ガールズの紹介:2019年フランス, ベルギー映画。個性あふれる女子バレーボールチームの『ファルコン』が優勝し、その後、移動先に向かう途中、立ち寄った村のレストランで暴れたことから、村人たちに襲われるという内容の、ハチャメチャスプラッターコメディ映画です。ふざけた作品のわりには、しっかりした出来ばえです。
監督:オリヴィエ・アフォンソ 出演者:ヴィクトル・アルチュス・ソラロ(コーチ)、マノン・アゼム(モルガンヌ)、ルイーズ・ブラシェール(エマ)、ティファニー・ダビオ(ジャンヌ)、マルゴ・デュフレーヌ(タチアナ)ほか

「スペシャルアクターズ」のネタバレあらすじ結末

スペシャルアクターズの紹介:2019年日本映画。『カメラを止めるな!』のヒットで2017年の日本映画界を席巻した上田慎一郎監督が、共同監督を務めた『イソップの思うつぼ』(2019年)に引き続いて贈る単独監督長編作の第3作です。売れない不器用な俳優がひょんなことから“演技”を使って依頼主の相談事や悩み事を解決していく特殊な俳優事務所に所属することになり、やがてカルト集団を巻き込んだ大騒動に巻き込まれていきます。
監督:上田慎一郎 出演者:大澤数人(大野和人)、河野宏紀(大野宏樹)、富士たくや(富士松卓也)、南久松真奈(麻奈)、北浦愛(富士松鮎)、上田耀介(田上陽介)、清瀬やえこ(清水八枝子)、仁後亜由美(丹後真由)、淡梨(大和田多磨瑠)、三月達也(大和田克樹)、川口貴弘(河田隆弘)、桜井麻七(七海)、津上理奈(津川里奈)、小川未祐(津川祐未)、原野拓巳(原田拓己)ほか

「チャップリンの殺人狂時代」のネタバレあらすじ結末

チャップリンの殺人狂時代の紹介:1947年アメリカ映画。オーソン・ウェルズのアイデアを基に伝説の喜劇王チャールズ・チャップリンが監督・脚本・製作・音楽・主演を手掛けた、これまでの喜劇色から一転してシリアスな作風となったブラックコメディ作品です。1920年代のフランスに実在した殺人鬼をモデルに、金と生活のために次々と殺人を犯す男の顛末を反戦思想と絡めて描きます。
監督:チャールズ・チャップリン出演者:チャールズ・チャップリン(アンリ・ヴェルドゥ)、マーサ・レイ(アナベラ・ボヌール)、イソベル・エルソム(マリー・グロネイ夫人)、マリリン・ナッシュ(若い未亡人)、ロバート・ルイス(モーリス・ボテロ)、メイディ・コレル(モナ・ヴェルドゥ)、アリソン・ロダン(ピーター・ヴェルドゥ)、マーガレット・ホフマン(リディア・フローレイ)、チャールズ・エヴァンズ(モロー刑事)ほか

「チャップリンの黄金狂時代」のネタバレあらすじ結末

チャップリンの黄金狂時代の紹介:1925年アメリカ映画。伝説の喜劇王チャールズ・チャップリンが監督・脚本・製作・編集・音楽・主演を務めた喜劇映画の珠玉の傑作です。ゴールドラッシュに沸く極寒のアラスカを舞台に、貧しく孤独な放浪者が欲望に駆られた者たちと渡り合いながら富と愛を手に入れる家庭をユーモアたっぷりに描きます。
監督:チャールズ・チャップリン 出演者:チャールズ・チャップリン(チャーリー)、ジョージア・ヘイル(ジョージア)、マック・スウェイン(ビッグ・ジム・マッケイ)、トム・マレイ(ブラック・ラーセン)、ヘンリー・バーグマン(ハンク・カーティス)、マルコム・ウエイト(ジャック・キャメロン)、スタンリー・J・サンフォード(バーテンダー)ほか

「ヒンディー・ミディアム」のネタバレあらすじ結末

ヒンディー・ミディアムの紹介:2017年インド映画。ヒンディー語によるコメディードラマ。娘を名門中学校に入学させようとする夫婦の葛藤を描く。世界中で500万ドルに近い興行成績を挙げ、インド映画史上で最も成功した作品の一つとして数えられるようになった。この映画の成功によって、2020年3月には続編の発表が決定されている。
監督:サケート・チョードリー 出演者:イルファーン・カーン(ラージ・バトラ)、サバー・カマル(ミータ・バトラ)、キラン・コージ(スーシラ)、ディシタ・セーガル(ピア)、アムリター・シン(グラマー校長)、ディーパク・ドブリヤル(シャーム・プラカーシュ)、ニール・コリ(ミータの母)、ラジーヴ・グプタ(ラージの父)、サミト・グラティ(チョトゥ)、マリカー・ドゥア(ドリー)ほか

「インスタントファミリー 本当の家族見つけました」のネタバレあらすじ結末

インスタント・ファミリー 本当の家族見つけましたの紹介:2018年アメリカ映画。子供を作ろうとしないピートとエリーは、エリーの妹夫婦に触発され養子を受け入れることを決意します。子育て経験のない二人が三人の子供を迎え、手探りで子育てを行うという実話をもとにコメディタッチに描かれた作品です。
監督:ショーン アンダース 出演:マーク・ウォールバーグ(ピート・ワグナー)、ローズ・バーン(エリー・ワグナー)、イザベラ・モナー(リジー・ビアーラ)、オクタヴィア・スペンサー (カレン)、ティグ・ノタロ (シャロン) 犬(ミートボール)、ほか

「グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇」のネタバレあらすじ結末

グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~の紹介:2019年日本映画。太宰治の未完の遺作『グッド・バイ』をケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で戯曲化した作品を、実写映画化。戦後の復興期、大勢の愛人を抱えるダメ男と、金に目がない担ぎ屋の女性が、偽の夫婦を演じることで巻き起こる騒動や人間模様を描く。
監督:成島出 出演:大泉洋(田島周二)、小池栄子(永井キヌ子)、水川あさみ(大櫛加代)、橋本愛(水原ケイ子)、緒川たまき(青木保子)、木村多江(田島静江)、皆川猿時(水原健一)、田中要次(採石場の親方)、池谷のぶえ(デザイナー)、犬山イヌコ(佳乃)、水澤紳吾(闇市のブローカー)、戸田恵子(易者)、濱田岳(清川伸彦)、松重豊(漆山連行)、ほか

「グリンゴ/最強の悪運男」のネタバレあらすじ結末

グリンゴ/最強の悪運男の紹介:2018年アメリカ,メキシコ,オーストラリア映画。製薬会社の管理部長として朝から晩まで真面目に働いたハロルド。しかし友達だったはずの経営者リチャードに騙され、もうすぐクビに。そのうえ最愛の妻にまで離婚される始末…。どん底まで追い詰められたハロルドはリチャードと、愛人で共同経営者のエレーンへのリベンジを果たすため、メキシコで偽装誘拐を演じ、身代金5億円を奪う企てを立てた。ところがハロルドが死ねば会社に多額の保険金が入ることに気が付いたリチャードは元傭兵の兄を殺し屋として雇う。さらにそこへ医療大麻を狙うメキシコの麻薬組織が加わり、まさかのどんでん返し。監督は俳優、スタントマンとして100本以上の作品にクレジットされる名バイプレーヤーであり、主演のジョエル・エドガートンの兄でもあるナッシュ・エドガートン。サンダンス映画祭の短編賞を始め数々の受賞歴を持つ。
監督:ナッシュ・エドガートン 出演:デヴィッド・オイェロウォ(ハロルド)、シャーリーズ・セロン(エレーン)、ジョエル・エドガートン(リチャード)、アマンダ・サイフリッド(サニー)、タンディ・ニュートン(ボニー)、シャールト・コプリー(ミッチ)、ユル・ヴァスケス(エンジェル)ほか

「前田建設ファンタジー営業部」のネタバレあらすじ結末

前田建設ファンタジー営業部の紹介:2020年日本映画。2003年、前田建設工業株式会社のWebサイトで立ち上がったコンテンツ「前田建設ファンタジー営業部」。アニメやゲームなど、空想世界に登場する構造物を実際に作ったらいくらかかるのか?真面目に考え見積もりを出すこの企画は話題を呼び、書籍化・舞台化された。その立ち上げから世間に認知されるまでのエピソードをハイテンションで映画化したのは、若手俳優を生かした作品を多く手掛ける英勉監督。そして脚本は、舞台も手掛けたヨーロッパ企画主宰の上田誠。ちなみに本作で広報部員近田を演じる本多力もヨーロッパ企画所属の役者である。
監督:英勉 脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)出演:高杉真宙(ドイ)、上地雄輔(ベッショ)、岸井ゆきの(エモト)、本多力(チカダ)、町田啓太(ヤマダ)、六角精児(フワ)、小木博明(アサガワ)、ほか

「ヒートオーバー!」のネタバレあらすじ結末

ヒートオーバー!の紹介:2006年ロシア映画。うだるような暑さのモスクワで再会した男4人の親友同士が、カフェで楽しんだ後、金を支払おうとした時にドルでは払えず、一人を残して両替に行ったものの、それぞれ騒動に巻き込まれてしまうというロシアのコメディ作品です。登場人物全てがどこかで繋がるという、趣向も凝らされた作品です。
監督:レゾ・ギギネイシュヴィリ 出演:アレクセイ・チャドフ(リョーシャ)、アルトゥル・スモリヤニノフ(アルトゥル)、コンスタンティン・クリュコフ(コーシャ)、ティマティ(本人)、アナスタシヤ・コチェットコヴァ(大佐の娘/カメラマンの女)、アグニヤ・ディトコヴスキート(ナーシャ)、デニ・ダダエフ(デニ)ほか

「クレイジー・グッド」のネタバレあらすじ結末

クレイジー・グッドの紹介:2018年アメリカ映画。理想の相手を追い求めるキャリアウーマンの姉が、刑務所から出所したばかりの妹の助けを借りて、本当に大切な相手に気づくまでを描いたラブ・コメディー。
監督:タイラー・ペリー 出演:ティファニー・ハディッシュ(ターニャ)、チカ・サンプター(ダニカ)、ウーピー・ゴールドバーグ(ローラ)、オマリ・ハードウィック(フランク)、メカード・ブルックス(チャーリー)、クリス・ロック(ローレンス)、ほか

「熱帯楽園倶楽部」のネタバレあらすじ結末

熱帯楽園倶楽部の紹介:1994年日本映画。ツアーのためバンコクを訪れていた添乗員みすずは、観光客を食い物にする二人の詐欺師と出会います。思わぬトラブルから失職したみすずは、詐欺師達と手を組むことを思いつき…。「おくりびと」の滝田洋二郎がおくる痛快なコメディー映画です。
監督:滝田洋二郎 出演者:清水美沙(紺野みすず)、萩原聖人(飛田林始)、岸部一徳(タチバナさん)、白竜(森)、風間杜夫(ジョイ)、ほか

「美人が婚活してみたら」のネタバレあらすじ結末

美人が婚活してみたらの紹介:2018年日本映画。漫画アプリ「Vコミ」で累計1000万PV突破した、とあるアラ子著の同名人気コミックを実写化したラブコメディです。美人ながらもこれまで恋愛に恵まれてこなかったアラサー女性の婚活を通じて、婚活女性のタブーなしの本音を炙り出していきます。監督は『勝手にふるえてろ』などの大九明子、脚本はお笑いコンビ「シソンヌ」のじろうが手掛けています。
監督:大九明子 出演者:黒川芽以(タカコ)、臼田あさ美(ケイコ)、中村倫也(園木)、田中圭(矢田部)、村杉蝉之介(相坂充)、レイザーラモンRG(久保田)、市川しんぺー(梅沢)、矢部太郎(荒木)、平田敦子(沢渡)、成河(前澤)ほか

1 2 3 4 5 55

キーワードから探す

TOP↑