コメディ映画のネタバレ

「エバン・オールマイティ」のネタバレあらすじ結末

エバン・オールマイティの紹介:2007年アメリカ映画。ある日突然下院議員のエバンの前に現れた神からのお告げで箱船を作り、沢山の動物達と人々を救う事になる感動と笑いのコントラストも良く、箱舟の完成まじかではたくさんの動物や鳥たちも手伝いながら箱舟を作りあげる所はとても微笑ましい愛があふれた作品です。
監督:トム・シャドヤック 出演:スティーヴ・カレル(エバン・バクスター)、モーガン・フリーマン(神)、ローレン・グレアム(ジョーン・バクスター)、ジョン・グッドマン(ロング)、ワンダ・サイクス(リタ)、ジョン・マイケル・ヒギンズ(マーティ)、ほか

「シリアル・ママ」のネタバレあらすじ結末

シリアル・ママの紹介:1994年アメリカ映画。普通の主婦が実はシリアルキラーだったと言う話です。主婦ビバリーは夫と子供の家族4人で暮らしていました。しかし彼女に裏の顔があり、自分や家族に対し嫌な思いをさせる人を殺害する殺人鬼だったのです。彼女の連続殺人は過激さを増しついに…という話です。コメディドラマですが見方によってはホラー映画ともいえます。
監督:ジョン・ウォーターズ 出演者:キャスリーン・ターナー(ビバリー(母))、サム・ウォーターストン(ユージーン(父))、リッキー・レイク(ミスティ(娘))、マシュー・リラード(チップ(息子))、トレイシー・ローズ(カールのガールフレンド)、ジャスティン・ホーリン(スコッティ)、ミンク・ストール(ドティ)、メアリー・ジョー・キャトレット(ローズマリー)ほか

「キューティ・バニー」のネタバレあらすじ結末

キューティ・バニーの紹介:2008年アメリカ映画。頭が空っぽのグラビアモデルが、仕事と住まいを奪われ危機に陥っている女子学生寮の寮母になる事から寮生達とも徐々に友情が芽生え乳児院で育った彼女にはその場所が我が家になり、花のない皆を変身させ自分自身も変わっていく様を描いた作品です。
監督:フレッド・ウルフ 出演:アンナ・ファリス(シェリー・ダーリントン)、コリン・ハンクス(オリバー)、エマ・ストーン(ナタリー)、カット・デニングス(モナ)、キャサリン・マクフィー(ハーモニー)、キーリー・ウィリアムズ(リリー)、デイナ・グッドマン(キャリー・メイ)、ビヴァリー・ダンジェロ(ハグストローム夫人)、ほか

「ナイスガイズ!」のネタバレあらすじ結末

ナイスガイズ!の紹介:2016年アメリカ映画。シングルファーザーのマーチは毎日安酒に浸りながら冴えない日々を送っている私立探偵。ある日ふとしたきっかけから、横暴な元海軍の示談屋ヒーリーと組みアメリアという女性の捜索をする。簡単にこなせるはずの仕事だったが、やがてデトロイトの闇へとつながり2人は大きな騒動に巻き込まれていく。
監督:シェーン・ブラック 出演:ラッセル・クロウ(ジャクソン・ヒーリー)、ライアン・ゴズリング(ホランド・マーチ)、アンガーリー・ライス(ホーリー・マーチ)、マット・ボマー(ジョン・ボーイ)、キース・デヴィッド(オールドガイ)、ボー・ナップ(ブルー・フェイス)、ヤヤ・ダコスタ(タリー)、マーガレット・クアリー(アメリア・カットナー)、キム・ベイシンガー(ジュディス・カットナー)ほか

「進め!ジャガーズ 敵前上陸」のネタバレあらすじ結末

進め!ジャガーズ 敵前上陸の紹介:1968年日本映画。闇取引の相手と人違いされたばっかりに、命を狙われるはめになってしまったジャガーズのメンバー。ライブ活動を続けながら、敵の本拠地まで向かい全滅させるハラハラドキドキのドタバタコメディです。
監督:前田陽一 出演者:ジャガーズ(ジャガーズ)、アキ(中村晃子)、伊藤(伊東四朗)、雪子(尾崎奈々)、警部(三遊亭円楽)ほか

「ライアーライアー」のネタバレあらすじ結末

ライアー ライアーの紹介:1997年アメリカ映画。凄腕弁護士フレッチャー・リードは出世の為なら上司にでも顧客にでも平気で大ウソをつく人物だった。さんざん約束を破り愛想を尽かした別居中の妻オードリーは息子マックスの誕生日パーティーは必ず出席するように釘を刺す。しかし案の定フレッチャーは約束を破る。マックスは誕生日パーティーに父が姿を見せなかったことにショックを受け、ある願い事をする。「一日でいいからパパが嘘をつかなくなりますように…。」大事な裁判を前にフレッチャーは嘘つき弁護士から一転、正直者になってしまう!
監督:トム・シャドヤック 出演:ジム・キャリー(フレッチャー・リード)、モーラ・ティアニー(オードリー・リード)、ジャスティン・クーパー(マックス・リード)、ジェニファー・ティリー(サマンサ・コール)、ケイリー・エルウィズ(ジェリー)、ほか

「ディセンダント2」のネタバレあらすじ結末

ディセンダント2の紹介:2017年アメリカ映画。ディズニー作品の歴代の悪役“ディズニー・ヴィランズ”の子供たちを主役とした青春ラブコメディーTV映画です。前作『ディセンダント』(2015年)の数ヶ月後を舞台に、4人の登場人物の恋と友情と騒動を描きます。2019年には続編『ディセンダント3(仮)』の公開も予定されています。
監督:ケニー・オルテガ 出演者:ダヴ・キャメロン(マル・バーサ)、ソフィア・カーソン(イヴィ)、キャメロン・ボイス(カルロス)、ブーブー・スチュワート(ジェイ)、ミッチェル・ホープ(ベン)、チャイナ・アン・マクレーン(ウーマ)ほか

「ジョイフル♪ノイズ」のネタバレあらすじ結末

ジョイフル♪ノイズの紹介:2012年アメリカ映画。廃れた町の聖歌隊が町の活性化のため、ゴスペルの大会「ジョイフルノイズ」の全国大会優勝を目指して奮闘する姿を描いたハートフルコメディ。
監督:トッド・グラフ 出演:クイーン・ラティファ(ヴァイ・ローズ・ヒル)、ドリー・パートン(G.G.スパロウ)、キキ・パーマー(オリビア・ヒル)、ジェレミー・ジョーダン(ランディ)、コートニー・B・ヴァンス(デ-ル牧師)、ほか

「ガン・ホー」のネタバレあらすじ結末

ガン・ホー(別題:ガン・ホー/突撃!ニッポン株式会社)の紹介:1986年アメリカ映画。工場が閉鎖され、住民のほとんどが無職になってしまったアメリカのある小さな町。かつてその工場長だったハント・スティーブンソンは、日本の自動車アッサンの工場を町に誘致しようとわざわざ本社がある日本に赴く。しかし企業幹部の反応は薄く、ハントのプレゼンは失敗。次々に人が商売を辞めていく中、アッサンの工場誘致が実現したと一報を貰い…。
監督:ロン・ハワード 出演:マイケル・キートン、ゲディ・ワタナベ、ミミ・ロジャース、山村聡、ジョージ・ウェント、ジョン・タートゥーロ、クリント・ハワード、ほか

「ジャックはしゃべれま1,000」のネタバレあらすじ結末

ジャックはしゃべれま1,000(せん)の紹介:2012年アメリカ映画。エディ・マーフィ主演のこの作品は日本では劇場未公開。口のうまさが武器のジャックは数々の契約をまとめてきた出版代理人。スピリチュアル指導者であるシンジャとの出会いがきっかけで信じられない災難が降りかかることになる。スピリチュアルな内容で早口でたくさんしゃべるエディ・マーフィにはピッタリなストーリー。
監督:ブライアン・ロビンス 出演:エディ・マーフィ(ジャック)、クリフ・カーティス(シンジャ師)、クラーク・デューク(アーロン)、ケリー・ワシントン(キャロライン)、ルビー・ディー(ジャックの母)ほか

「おとなのけんか」のネタバレあらすじ結末

おとなのけんかの紹介:2011年フランス,ドイツ,ポーランド映画。子供同士がけんかしケガをしたのでそのために話し合うために集まっただけの二組の夫婦…ですがお互いヒートアップしていき子供以上に子供っぽい言い争いになっていくようすコミカルに描いた映画です。
監督:ロマン・ポランスキー 出演:ジョディ・フォスター(ペネロペ・ロングストリート)、ケイト・ウィンスレット(ナンシー・カウアン)、クリストフ・ヴァルツ(アラン・カウアン)、ジョン・C・ライリー(マイケル・ロングストリート)、ほか

「アルプスの若大将」のネタバレあらすじ結末

アルプスの若大将の紹介:1966年日本映画。加山雄三の代名詞である若大将シリーズの第7作です。今回はシリーズ二度目となる海外ロケをヨーロッパのアルプス山脈やウィーン、ローマで敢行、加山雄三も吹き替えなしでスキーのシーンに挑んでいます。
監督:古澤憲吾 出演者:加山雄三(田沼雄一(若大将))、星由里子(岸澄子)、田中邦衛(石山新次郎(青大将))、江原達怡(江口敏)、イーデス・ハンソン(リセエンヌ)ほか

「舞妓はレディ」のネタバレあらすじ結末

舞妓はレディの紹介:2014年日本映画。訛りのきつい少女が一人前の舞妓になるべく奮闘する姿を描いた作品。歌は吹き替えなしで出演者が生歌を披露している。
監督:周防正行 出演:上白石萌音(西郷春子)、長谷川博己(京野法嗣)、富司純子(小島千春)、田畑智子(百春)、草刈民代(里春)、渡辺えり(豆春)、竹中直人(富さん)、ほか

「空飛ぶペンギン」のネタバレあらすじ結末

空飛ぶペンギンの紹介:2011年アメリカ映画。マンハッタンに暮らすトム・ポッパーは一流不動産ディーラー。不動産買収の交渉はお手の物で、会社ではそろそろ役員に…と話が出ていた。付近で唯一の個人所有物件老舗レストランの取引を成功させよとの指示に、鼻息を荒くするトムだったが、そんな矢先に南極で亡くなった父から遺産として木箱が届く。中には生きたペンギンが入っていた!?
監督:マーク・ウォーターズ 出演:ジム・キャリー(トム・ポッパー)、カーラ・グギーノ(アマンダ)、アンジェラ・ランズベリー(セルマ・ヴァン・ガンディ)、クラーク・グレッグ(ナット・ジョーンズ)、ほか

「ミックマック」のネタバレあらすじ結末

ミックマックの紹介:2009年フランス映画。「アメリ」や「デリカテッセン」の監督、ジャン=ピエール・ジュネの作品。反戦を訴える作品で、復讐などテーマが重たいのですがジュネらしいコミカルにみせる素晴らしい作品。
監督:ジャン=ピエール・ジュネ  出演:ダニー・ブーン(バジル)、ジュリー・フェリエ(軟体女性)、アンドレ・デュソリエ(ド・フヌイエ社長)、ニコラ・マリエ(マルコーニ社長)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 40
TOP↑