ファンタジー映画のネタバレ

ファンタジー映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のファンタジー映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「恋する遊園地」のネタバレあらすじ結末

恋する遊園地の紹介:2019年フランス,ベルギー,ルクセンブルク映画。主人公の女性が遊園地の遊具に恋をしてジャンボと名付けます。やがてジャンボも彼女の気持ちに応えるように彼女を愛する意思を見せ始めます。エッフェル塔に恋をし、結婚してしまったという実話を元にして本作は作られました。
監督:ゾエ・ウィトック 出演:ノエミ・メルラン(ジャンヌ)、エマニュエル・ベルコ(母 / マーガレット)、バスティアン・ブイヨン(マルク)、サム・ルーウィック(ユベール)、ほか

「バクステール」のネタバレあらすじ結末

バクステール/ぼくを可愛がってください。さもないと何かが起こります。の紹介:1988年フランス映画。犬の視点で人間の闇を描く異色のサイコ・サスペンス。独居老人ドヴィルの家で暮らすブルテリア犬のバクステールは、偏屈で退屈な彼女を嫌っていた。向かいに住む若い夫婦に引き取られたいと思ったバクステールは、ドヴィルを階段から落として殺害してしまう。晴れて若夫婦に引き取られたものの、夫妻に赤ん坊が誕生すると彼らも理想の飼い主ではなくなった。赤ん坊を殺害しようとして失敗したバクステールは、今度は1人の少年に引き取られる。バクステールは、彼こそが待ちわびていた飼い主だと期待するのだが。
監督:ジェローム・ボワヴァン 出演者:リーズ・ドラマール(マルグリット・ドヴィル)、ジャン・メルキュール(アンドレ・クッツォ)、ジャック・スピエセル(ミシェル・フェレール)、フランソワ・ドリアンクール(シャルル)、カトリーヌ・フェラン(フロランス・モレル)ほか

「13月の女の子」のネタバレあらすじ結末

13月の女の子の紹介:2020年日本映画。2017年に初演され、2019年に再演された同名舞台を、舞台演出を手掛けた監督・戸田彬弘と脚本を手掛けた角畑良幸が続投して映画化したSFファンタジーです。『特命戦隊ゴーバスターズ』『ラブライブ!サンシャイン!!』の小宮有紗が本作で映画初主演を飾り、主人公と亡くなった親友の世界線を超えた純粋な友情を描きます。
監督:戸田彬弘 出演者:小宮有紗(穴森一穂)、秋本帆華(唐木田巫女)、萩原みのり(浮間莉音)、茜屋日海夏(辰巳涼子)、田野優花(青砥景)、北村優衣(一之江瑞希)、大森莉緒(和光望)、酒井萌衣(八坂百子)、磯原杏華(中神早苗)、長谷川かすみ(乃木真琴)、石川瑠華(奥沢ほのか)、愛菜(四ツ木まどか)、杉本愛莉鈴(蓮沼鈴)、小瀬田麻由(上町瑠衣)、今野杏南(三ノ輪由梨)、津田寛治(井上努)、中島由貴(穴森七海)ほか

「ジム・ヘンソンのウィッチズ」のネタバレあらすじ結末

ジム・ヘンソンのウィッチズ(別題:大魔女をやっつけろ!)の紹介:1989年アメリカ映画。ロアルド・ダールの児童文学作品『魔女がいっぱい』を映画化。少年が祖母の知恵を借りながら、恐ろしい魔女に立ち向かうファンタジー作品。両親を事故で喪った少年ルークは、祖母ヘルガのもとで暮らし始めた。ヘルガは魔女に詳しく、魔女の見分け方や避け方をルークに教えてくれる。ある日、ヘルガと宿泊したイギリスのホテルで、ルークは魔女の集会に紛れ込んでしまった。世界中の魔女のリーダーで「大魔女」と呼ばれるエヴァは、イギリス中の子ども達をネズミに変えてしまおうと目論む。魔女達に見つかったルークはネズミに姿を変えられてしまうが、ヘルガの協力を得て、魔女の恐ろしい計画を阻止しようと奮闘するのだった。別題は「ジム・ヘンソンのウィッチズ/大魔女をやっつけろ!」。原作を同じくする作品として、ロバート・ゼメキス監督の「魔女がいっぱい(2020年)」がある。
監督:ニコラス・ローグ 出演者:アンジェリカ・ヒューストン(エヴァ・エルンスト)、マイ・ゼッタリング(ヘルガ・エバシャム)、ジェイセン・フィッシャー(ルーク)、ビル・パターソン(ブルーノの父)、ブレンダ・ブレシン(ブルーノの母)ほか

「海を駆ける」のネタバレあらすじ結末

海を駆けるの紹介:2018年日本,フランス,インドネシア映画。インドネシアのアチュ海岸に流れ着いた日本人男性ラウを、NPO法人で働く貴子は引きとります。やがて貴子と息子のタカシや友人のクリスとイルマ、そして姪のサチコ達は、ラウの不思議な力に巻き込まれていくのでした。『文學界』に掲載された深田晃司の『海を駆ける』を自ら映画化したもので、結末までわかる小説に対し、映画の方は謎が残されたまま終わります。小説ではラウは死を導く人として描かれ、倒れた貴子は死んでいます。
監督:深田晃司 出演者:ディーン・フジオカ(ラウ)、太賀(タカシ)、阿部純子(サチコ)、アディパティ・ドルケン(クリス)、セカール・サリ(イルマ)、鶴田真由(貴子)ほか

「レジェンド/光と闇の伝説」のネタバレあらすじ結末

レジェンド/光と闇の伝説の紹介:1985年アメリカ映画。北欧神話を題材に、伝説の生物『ユニコーン』を亡き者にし、世界を征服しようと企む闇の魔王にさらわれた王女を救うため立ち上がった若者と妖精たちの戦いを、監督:リドリー・スコット、主演:トム・クルーズのコンビで描くファンタジー・アドベンチャーです。
監督:リドリー・スコット 出演者:トム・クルーズ(ジャック)、ミア・サラ(リリー)、ティム・カリー(闇の魔王)、ダーフィト・ベンネント(ハニーソーン・ガンプ)、マイク・エドモンズ(ティック/魔王の父)、ティナ・マーティン(ネル)、コーク・ハバート(ブラウン・トム)、ビリー・バーティ(スクリューボール)、アリス・プレイテン(ブリックス)、キーラン・シャー(ブランダー)、ピーター・オファレル(ポックス)、アナベル・ランヨン(ウーナ)、ロバート・ピカード(メグ・マックルボーンズ)、エディ・パウエル(ミイラの衛兵)ほか

「ミミ」のネタバレあらすじ結末

ミミの紹介:1996年フランス映画。ギャスパー・ノエ監督作「カルネ(1994年)」で製作を担当したルシール・アザリロヴィックの初監督作品。童話『赤ずきんちゃん』をモチーフに、少女の恐れと戸惑いを描くドラマ作品。12歳の少女ミミは母親とアパートで暮らしていた。しかしある日、母親が薬を大量に服用し自殺未遂を起こしてしまう。母親が入院している間、叔母ソランジュに預けられることになったミミ。そこで出会ったソランジュの恋人ジャン=ピエールはミミに欲情し、まだ幼い少女の体にいやらしく触れようとする。ミミは嫌がるがソランジュも味方してくれず、彼女の心は孤独に苛まれていくのだった。
監督:ルシール・アザリロヴィック 出演者:サンドラ・サマルティーノ(ミミ)、デニス・スクロプファー(ソランジュ)、ミシェル・トリロ(ジャン=ピエール)、ロイス・ダ・シルバ(ル・ヴォイシン)、ジャックス・ギャロ(母親の恋人)、ほか

「宇宙でいちばんあかるい屋根」のネタバレあらすじ結末

宇宙でいちばんあかるい屋根の紹介:2020年日本映画。向かいの家の亨に憧れ、学校が終わると、書道教室に行き、その帰り屋上で夜空を見るのが楽しみのつばめが、派手な服装の婆さんに会います。婆さんの話はぶっ飛んでいて、話が合わないものの、何でも願いを叶えてくれることもあって、つばめは毎夜屋上で婆さんと話し始めます。野中ともその原作を、日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞した藤井道人監督が映画化したファンタジードラマです。
監督:藤井道人 出演者:清原果耶(大石つばめ)、桃井かおり(星ばあ)、伊藤健太郎(浅倉亨)、吉岡秀隆(大石敏雄)、坂井真紀(大石麻子)、水野美紀(山上ひばり)、山中崇(牛山武彦)、醍醐虎汰朗(笹川誠)ほか

「横たわる彼女」のネタバレあらすじ結末

横たわる彼女の紹介:2014年日本映画。両親が突然いなくなった家に姉妹で暮らす、桃子とみどり。妹のみどりも亡くなり、桃子は妹の彼氏だったかずみと恋に落ちます。しかしみどりは幽霊となって家に現れるようになり、桃子と彼氏にだけにはみどりの姿が見え、3人はおかしな三角関係になり…という内容のファンタジードラマです。
監督:戸田彬弘 出演者:小松彩夏(松浦桃子)、木村了(藤井かずみ)、相楽樹(松浦みどり)、瀧内公美(水嶋カナ)ほか

「十二単衣を着た悪魔」のネタバレあらすじ結末

十二単衣を着た悪魔の紹介:2019年日本映画。内館牧子の長編小説「十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞」を実写映画化した作品で、本作が監督3作目となる女優・黒木瞳がメガホンを執り、ひょんなことから源氏物語の時代にタイムスリップしてしまったフリーターの青年が、光源氏の排除を狙う弘徽殿女御の元で陰陽師となっていく過程を描きます。
監督:黒木瞳 出演者:伊藤健太郎(伊藤雷/伊藤雷鳴)、三吉彩花(弘徽殿女御)、伊藤沙莉(倫子)、田中偉登(春宮)、沖門和玖(光源氏)、MIO(藤壺女御)、YAE(桐壺更衣)、手塚真生(六条御息所)、細田佳央太(伊藤水)、LiLiCo(山下元子)、村井良大(木村)、兼近大樹(責任者)、戸田菜穂(伊藤明子)、ラサール石井(右大臣)、伊勢谷友介(桐壺帝)、山村紅葉(梅命婦)、笹野高史(良喬)ほか

「三十四丁目の奇蹟」のネタバレあらすじ結末

三十四丁目の奇蹟の紹介:1947年アメリカ映画。1947年に発表されたヴァレンタイン・デービスの著書『Miracle on 34th Street』を映画化したクリスマス映画の傑作です。ニューヨーク・マッハッタン西34丁目を舞台に、サンタクロースそっくりの老人が子供たちや人々の幸せを願うあまり大騒動を繰り広げる様を描きます。本作はアカデミー賞で助演男優賞・脚色賞・原案賞を受賞、1955年・1959年・1973年・1994年の4度にわたってリメイクされています。
監督:ジョージ・シートン 出演者: モーリン・オハラ(ドリス・ウォーカー)、ジョン・ペイン(フレデリック・フレッド・M・ゲーリー)、エドマンド・グウェン(クリス・クリングル)、ジーン・ロックハート(ヘンリー・ハーパー判事)、ナタリー・ウッド(スーザン・ウォーカー)、ポーター・ホール(グランヴィル・ソーヤー)、ウィリアム・フローリー(チャーリー・ハロラン)、ジェローム・コーワン(トーマス・マラ)、セルマ・リッター(買い物客)、ジャック・アルバートソン(郵便局員)、パーシー・ヘルトン(サンタ役の雇われ人)ほか

「ねじ式」のネタバレあらすじ結末

ねじ式の紹介:1998年日本映画。内縁の妻に浮気・妊娠され、自殺未遂をした売れない漫画家のツベが、放浪の旅に出て、幻覚とも妄想ともとれる体験をする不思議な作品です。つげ義春による2色印刷の漫画作品の映画化で、前衛的でシュールな内容を忠実に再現しています。
監督:石井輝男 出演者:浅野忠信(ツベ)、藤谷美紀(国子)、藤森夕子(看護婦)、金山一彦(木本)、砂塚秀夫(駅員)、水木薫(女医)、清川虹子(金太郎飴を売る老婆)、丹波哲郎(大家)ほか

「さびしんぼう」のネタバレあらすじ結末

さびしんぼうの紹介:1985年日本映画。尾道の高校を舞台に、近くの女子高生に片思いしたヒロキが、彼女を「さびしんぼう」と名付けて覗き見していました。そんなヒロキの前にさびしんぼうと名乗る白い顔の女子が現れます。彼女は昔の母の事をよく知っていて、ヒロキに色々な話を始め…という内容の、片思いする少年と少女時代の母との交流を描いたファンタジー映画です。大林宣彦ワールドの作品だと言えます。
監督:大林宣彦 出演者:富田靖子(さびしんぼう/橘百合子)、尾美としのり(井上ヒロキ)、藤田弓子(井上タツ子)、小林稔侍(井上道了)、岸部一徳(吉田徹)、浦辺粂子(井上フキ)ほか

「サンタクロース」のネタバレあらすじ結末

サンタクロースの紹介:1985年アメリカ映画。サンタクロースと妖精達が巻き起こす不思議な騒動を描くファミリー&ファンタジー作品。昔々、木こりのクラウスは毎年クリスマスになると、自作の玩具を子ども達にプレゼントして回っていた。ある年、妻アニヤと共に吹雪で遭難した彼は、世界中の子ども達にプレゼントを届けたいと願う妖精達に出会う。クラウスはその願いを聞き入れ「サンタクロース」になった。時は流れ、20世紀。古いやり方に反発した妖精パッチが人間界に飛び出し、悪徳な玩具会社の社長B・Zと手を組んで危険なキャンディを作り出してしまう。ひょんなことからサンタクロースの友人となったジョーとコーネリアは、悪巧みを阻止すべく奮闘するのだが。
監督:ジュノー・シュウォーク 出演者:ダドリー・ムーア(パッチ)、ジョン・リスゴー(B・Z)、デヴィッド・ハドルストン(クラウス)、バージェス・メレディス(老妖精)、ジュディ・コーンウェル(アニヤ・クラウス)ほか

「天国は待ってくれる」のネタバレあらすじ結末

天国は待ってくれるの紹介:1943年アメリカ映画。レスリー・ブッシュ=フェキート作の戯曲『Birthday』をハリウッドで映画化したロマンチック・コメディです。地獄行きを覚悟しながら死後の世界にやってきたプレイボーイの男が、閻魔大王を相手に自らが歩んできた人生を振り返る物語です。アカデミー賞でカラー撮影賞、監督賞、作品賞にノミネートされています。
監督:エルンスト・ルビッチ 出演者:ジーン・ティアニー(マーサ)、ドン・アメチー(ヘンリー・ヴァン・クリーヴ)、チャールズ・コバーン(ヒューゴ・ヴァン・クリーヴ)、レアード・クリーガー(閻魔大王)、ルイス・カルハーン(ランドルフ・ヴァン・クリーヴ)、スプリング・バイイントン(バーサ・ヴァン・クリーヴ)、ユージン・ポーレット(E・F・ストレイブル)、マージョリー・メイン(ストレイブル夫人)、アリン・ジョスリン(アルバート・ヴァン・クリーヴ)、シグネ・ハッソ(イヴェット)ほか

1 2 3 4 5 14

キーワードから探す

TOP↑