ファンタジー映画のネタバレ

ファンタジー映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のファンタジー映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「HESOMORI ヘソモリ」のネタバレあらすじ結末

HESOMORI -ヘソモリ-の紹介:2011年日本映画。福井県越前町を舞台にヘソを守るヘソモリを代々する紙漉き職人を主人公に、ヘソと呼ばれる穴を通ってタイムスリップをすることが出来るというファンタジー映画です。
撮影は全て福井県越前町で行われ地元の名所が随所に登場します。
監督:入谷朋視 出演者:永島敏行(相場さとし)、渡辺いっけい(うっちゃん)、石丸謙二郎(エズ)、中村育二(おっさん)、佐野史郎(井口)、谷村美月(相場リコ)、烏丸せつこ(相場ユキコ)、中西良太(田中)、谷田歩(右近)、村田雄浩(伊賀並)、若林豪(たけじい)ほか

「クソ野郎と美しき世界」のネタバレあらすじ結末

クソ野郎と美しき世界の紹介:2018年日本映画。SMAP解散から新たなスタートを切った稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の主演による、アクション・ファンタジー・ラブ・ミュージカルの要素をそれぞれ詰め込んだ全4話からなるオムニバス形式のオールジャンル・ムービーです。4人の監督が撮った3人のそれぞれのエピソードが、最終章でひとつに繋がっていきます。
監督:園子温、山内ケンジ、太田光、児玉裕一 出演者:稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾、ほか

「フェノミナン」のネタバレあらすじ結末

フェノミナンの紹介:1996年アメリカ映画。この作品は、「人生には、説明できない不思議がある」というキャッチコピーで、ある一人の男がある夜不思議な体験に遭遇したことで、超能力が備わり、人々に色々な影響を与えていく姿を描いた、切なくも心温まるファンタジー・ラブストーリー映画です。最後に流れる劇中歌、エリック・クラプトンの『Change the World』が有名です。
監督:ジョン・タートルトーブ 出演:ジョン・トラヴォルタ(ジョージ・マレー)、キーラ・セジウィック(レイス・ペンナミン)、フォレスト・ウィテカー(ネイト・ポープ)、ロバート・デュヴァル(ブランデー先生)、デヴィッド・ギャラガー(アル・ペンナミン)、ジェフリー・デマン(ジョン・リンゴールド博士)、ほか

「ジェニイの肖像」のネタバレあらすじ結末

ジェニイの肖像の紹介:1947年アメリカ映画。ロバート・ネイサンの同名小説に基づくファンタジー映画の佳作。製作は当時のハリウッドタイクーンのひとりだったデヴィッド・O・セルズニック(「風と共に去りぬ」)。主演を務めているのは、後にセルズニックと結婚するジェニファー・ジョーンズ。
監督:ウィリアム・ディターレ 出演:ジェニファー・ジョーンズ(ジェニー・アップルトン)、ジョゼフ・コットン(イーベン・アダムス)、エセル・バリモア(ミス・スピニー)、リリアン・ギッシュ(尼僧)、セシル・ケラウェイ(マシューズ)、ほか

「アーサーとふたつの世界の決戦」のネタバレあらすじ結末

アーサーとふたつの世界の決戦の紹介:2010年フランス映画。リュック・ベッソン監督・原作による三部作最終章。長きに渡りミニモイとアーサーの前に立ちはだかっていた魔王マルタザールとの最後の戦いが始まる。アーサーは、人間界とミニモイの世界を守ることができるのか。
監督:リュック・ベッソン 出演:フレディ・ハイモア(アーサー)、セレーナ・ゴメス(セレニア)、ダグ・ランド(ベタミッシュ)、ルー・リード(マルタザール)、ほか

「アーサーと魔王マルタザールの逆襲」のネタバレあらすじ結末

アーサーと魔王マルタザールの逆襲の紹介:2009年フランス映画。リュック・ベッソン監督・原作による三部作の、第2部にあたるこの作品。前作で倒した筈の敵、魔王マルタザールが再び現れる。最終章に続く重要なストーリー展開となっている。
監督:リュック・ベッソン 出演:フレディ・ハイモア(アーサー)、ミア・ファロー(おばあちゃん)、ペニー・バルフォー(ママ)、ロバート・スタントン(パパ)、セレーナ・ゴメス(セレニア)、スヌープ・ドッグ(マックス)、ステイシー・ファーガソン(リプレイ)、ルー・リード(マルタザール)、ジミー・ファロン(ベタメッシュ)、ほか

「BALLAD 名もなき恋のうた」のネタバレあらすじ結末

BALLAD 名もなき恋のうたの紹介:2009年日本映画。戦国時代にタイムスリップした真一一家を中心にしたアニメ映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』を原案に、「守ることが,愛することだった。祈ることが,愛することだった。」というキャッチコピーで、草彅剛が演じる1人の武士と新垣結衣が演じるお姫様の恋物語を中心した時代劇映画です。
監督:山崎貴 出演:草なぎ剛(井尻又兵衛)、新垣結衣(廉姫)、大沢たかお(大倉井高虎)、夏川結衣(川上美佐子)、筒井道隆(川上暁)、武井証(川上真一)、吹越満(仁右衛門)、斉藤由貴(お里)、吉武怜朗(文四郎)、ほか

「スターダスト」のネタバレあらすじ結末

スターダストの紹介:2007年アメリカ,イギリス映画。N・ゲイマンのファンタジー小説を原作とした映画。片思いの女性の心を射止めるため、流れ星を取ってくる決心したトリスタンは、壁を越えて魔法の王国ストームホールドに行きます。そこで、トリスタンは思わぬ大冒険をすることになります。見終わった後に、幸せな気分に浸れるファンダジー映画です。脇を固めるR・デ・ニーロやM・ファイファーのノリノリの怪演は、一見の価値があります。
監督:マシュー・ヴォーン 出演者:クレア・デインズ(イヴェイン)、チャーリー・コックス(トリスタン)、ミシェル・ファイファー(ラミア)、ロバート・デ・ニーロ(キャプテン・シェイクスピア)、シエナ・ミラー(ヴィクトリア・フォレスター)ほか

「地下鉄(メトロ)に乗って」のネタバレあらすじ結末

地下鉄(メトロ)に乗っての紹介:2006年日本映画。実の父親を憎み、家から離れた男性。しかしある日タイムスリップをしたことで、今まで知らなかった父親の姿を目の当たりにすることとなる。家族という近くて遠い存在を描いた感動作。
監督:篠原哲雄 出演:堤真一(長谷部真次)、岡本綾(軽部みち子)、大沢たかお(小沼佐吉)、常盤貴子(お時)、田中泯(野平啓吾)、北条隆博(小沼昭一)、網島郷太郎(小沼圭三)、吉行和子(長谷部民枝)

「シェイプ・オブ・ウォーター」のネタバレあらすじ結末

シェイプ・オブ・ウォーターの紹介:2017年アメリカ映画。ギレルモ・デル・トロ監督が映画『大アマゾンの半魚人』(1954年)に着想を得て制作したファンタスティックなラブストーリーです。幼少期に発声障害を負った女性と、政府の研究所に囚われた半魚人の男の許されざる愛の行方を描いている。シェイプ・オブ・ウォーターはヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞、ゴールデングローブ賞で監督賞と作曲賞を受賞したほか、2018年の第90回アカデミー賞で最優秀作品賞、最優秀監督賞など4部門を制した。
監督:ギレルモ・デル・トロ 出演者:サリー・ホーキンス(イライザ・エスポジート)、マイケル・シャノン(リチャード・ストリックランド)、リチャード・ジェンキンス(ジャイルズ)、ダグ・ジョーンズ(アセット)、マイケル・スタールバーグ(ロバート・ホフステトラー)、オクタヴィア・スペンサー(ゼルダ・デリラ・フラー)ほか

「空海 ―KU-KAI― 美しき王妃の謎」のネタバレあらすじ結末

空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎(原題:妖猫傳/LEGEND OF THE DEMON CAT)の紹介:2018年日本,中国映画。夢枕猛原作の「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」を「さらば、わが愛 覇王別姫」のチェン・カイコー監督が映画化。遣唐使として中国に渡った若き天才僧侶空海が怪事件を解決していく。やがて謎は絶世の美女、楊貴妃の歴史を揺るがす事実に繋がっていく。主演の空海を染谷将太が演じる日中合作映画。
監督:チェン・カイコー 出演:染谷将太(空海)、ホアン・シュアン(白楽天)、チャン・ロンロン(楊貴妃)、火野正平(大師 / 空海師父)、松坂慶子(白玲)、キティ・チャン(春琴)、チン・ハオ(陳雲樵)、チャン・ティエンアイ(玉蓮)、オウ・ハオ(丹龍)、チャン・ルーイー(玄宗皇帝)、阿部寛(阿倍仲麻呂)、ほか

「ニルスのふしぎな旅(実写版・後編)」のネタバレあらすじ結末

ニルスのふしぎな旅 後編の紹介:2011年ドイツ、スウェーデン 映画。スウェーデンの作家であるセルマ・ラーゲルレーヴが執筆した児童文学を実写映画化したものの後編。後編ではキツネに仲間を殺されて復讐を誓います。ニルスは無事元の世界に戻れるのでしょうか。
監督:ディルク・リゲル 出演:ユストゥス・カメラー(ニルス・ホルガション)、パウリーネ・ルヌヴィエ(オーサ・ベルグレン)、セシリア・ユング(セルマ・ラーゲルレーヴ )、ハンス・ツィシュラー(コボル)、ほか

「ニルスのふしぎな旅(実写版・前編)」のネタバレあらすじ結末

ニルスのふしぎな旅 前編の紹介:2011年ドイツ、スウェーデン 映画。スウェーデンの作家であるセルマ・ラーゲルレーヴが執筆した児童文学を実写映画化したものの前編。少年ニルスはある日、妖精のトムテに出会う。トムテに自分のいたずらの後始末をさせようとしたニルスは、魔法をかけられ体が小さくなってしまう。
監督:ディルク・リゲル 出演:ユストゥス・カメラー(ニルス・ホルガション)、パウリーネ・ルヌヴィエ(オーサ・ベルグレン)、セシリア・ユング(セルマ・ラーゲルレーヴ )、ハンス・ツィシュラー(コボル)、ほか

「人魚姫」のネタバレあらすじ結末

人魚姫の紹介:2016年中国,香港映画。「少年サッカー」(2001)や「カンフーハッスル」(2004)の監督チャウ・シンチーによる、ノンストップ・ファンタジーコメディ。怖いものなしの青年実業家が、美しい人魚と出会ったことから大事件が巻き起こる。ナンセンスすぎるギャグ、そしてピュアなラブロマンス、さらには真面目な環境問題まで盛り込んだという、ある意味、怪作とも呼べる衝撃的な一本。中国では、歴代興業記録を塗り返る大ヒットとなった。純粋な人魚役のリン・ユンと、冷酷な悪女役のキティ・チャンの好対照な存在感も魅力。
監督:チャウ・シンチー 出演者:ダン・チャオ(リウ・シュエン)、リン・ユン(シャンシャン)、キティ・チャン(ルオラン)、ショウ・ルオ(タコ兄)、アイヴァン・コティック(ジョージ)、ジェン・ジーン(ジェン社長)、クリス・ウー(ロン・ジェンフェイ)ほか

「ダークタワー」のネタバレあらすじ結末

ダークタワーの紹介:2017年アメリカ映画。ニューヨークの少年ジェイクは黒衣の男と拳銃使いなど謎の夢を見てうなされます。その謎がとけないまま、ニューヨークから不思議な世界へと行きます。そこで待っていたのは夢の世界で見た黒衣の男と拳銃使いが謎の塔ダークタワーをめぐり争う世界でした。『ダークタワー』はスティーヴン・キングの長編ダークファンタジー小説を凝縮した激しいアクション映画です。
監督:ニコライ・アーセル 出演:イドリス・エルバ(ガスリンガー/ローランド・デスチェイン)、マシュー・マコノヒー(黒衣の男/ウォルター)、トム・テイラー(ジェイク)、クローディア・キム(アラ)、ほか

1 2 3 4 5 8
TOP↑