Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ファンタジー映画のネタバレ

ファンタジー映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のファンタジー映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「妖怪大戦争」のネタバレあらすじ結末

妖怪大戦争の紹介:2005年日本映画。1968年に公開された同名映画をリメイク。両親の離婚を機に、祖父の田舎に引っ越した主人公の小学生・タダシ。地元の祭りで「麒麟送子」に選ばれ、さまざまな妖怪たちを率いて、日本を破滅へと導く悪霊軍団との戦いに挑みます。
監督:三池崇史 出演者:神木隆之介(稲生タダシ)、宮迫博之(佐田)、南果歩(稲生陽子)、成海璃子(稲生タタル)、佐野史郎(「怪」編集長)、宮部みゆき(宮部先生)、永澤俊矢(阿倍晴明)、津田寛治(大人のタダシ/タダシの父)、菅原文太(稲木俊太郎)、近藤正臣(猩猩)、高橋真唯(川姫)、阿部サダヲ(川太郎)、遠藤憲一(大天狗)、根岸季衣(砂かけ婆)、三輪明日美(ろくろ首)、吉井怜(雪女)、蛍原徹(豆腐小僧)、石橋蓮司(大首)、忌野清志郎(ぬらりひょん)、竹中直人(油すまし)、水木しげる(妖怪大翁)、岡村隆史(小豆洗い)、豊川悦司(加藤保憲)、ほか

「テラビシアにかける橋」のネタバレあらすじ結末

テラビシアにかける橋の紹介:2007年アメリカ映画。孤独な少年と転校生の少女が出会い、森の中に自分たちだけの空想の王国を作り上げるファンタジー。児童文学で数々の賞を受賞したキャサリン・パターソンの同名小説を映画化。
監督:ガボア・クスポ 出演:ジョシュ・ハッチャーソン(ジェス・アーロンズ)、アナソフィア・ロブ(レスリー・バーク)、ゾーイ・デシャネル(エドマンズ先生)、ロバート・パトリック(ジャック・アーロンズ)、ベイリー・マディソン(メイベル・アーロンズ)、ケイト・バトラー(メリー・アーロンズ)、デヴォン・ウッド(ブレンダ・アーロンズ)、ほか

「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」のネタバレあらすじ結末

ナニー・マクフィーの魔法のステッキの紹介:2005年アメリカ,イギリス,フランス映画。妻亡き後7人の子供達と暮らすブラウン家のセドリックの元へやって来た18人目のナニー(乳母)であるマクフィーの不思議な力と7人の子供達のいたずらが心温まり、マクフィーの魔法の杖と子供達が次々に問題を解決していく姿は感動する作品です。
監督:カーク・ジョーンズ 出演:エマ・トンプソン(ナニー・マクフィー)、コリン・ファース(セドリック・ブラウン)、ケリー・マクドナルド(エヴァンジェリン)、アンジェラ・ランズベリー(アデレード)、セリア・イムリー(クイックリー夫人)、デレク・ジャコビ(ホィーン氏)、イメルダ・スタウントン(ブラザウィック夫人)、トーマス・サングスター(サイモン)、ホリー・ギブス(クリッシー)、ほか

「ミスター・ノーバディ」のネタバレあらすじ結末

ミスター・ノーバディの紹介:2009年フランス,ドイツ,ベルギー,カナダ映画。2092年の世界。ニモ・ノーバディーという長寿の男性がテレビに取り上げられる。永遠に死ぬことのないその時代の人々と違い有限の命を持つ彼の知られざる過去とは…。
監督:ジャコ・ヴァン・ドルマル 出演:ジャレッド・レトー(ニモ)、サラ・ポーリー(エリース)、ダイアン・クルーガー(アンナ)、リン・ダン・ファン(ジーン)、リス・エヴァンス(ニモの父親)、ナターシャ・リトル(ニモの母親)、トビー・レグボ(15歳のニモ)、ジュノー・テンプル(15歳のアンナ)、クレア・ストーン(15歳のエリース)、ほか

「リトルマーメイド 人魚姫と魔法の秘密」のネタバレあらすじ結末

リトル・マーメイド 人魚姫と魔法の秘密の紹介:2018年アメリカ映画。魂を奪われた人魚姫が自由を取り戻すために、仲間の助けをもらいながら戦う物語。ディズニーのリトルマーメイドとは違った視点で人魚姫について描かれている作品です。
監督:ブレーク・ハリス 出演:ポピー・ドレイトン(エリザベス)、ウィリアム・モーズリー(カム)、シャーリー・マクレーン(エル)、ロレート・ペラルタ(幼少期のエル)、アルマンド・グティエレス(ロック)、ほか

「インクハート/魔法の声」のネタバレあらすじ結末

インクハート/魔法の声の紹介:2008年アメリカ映画。海外では有名な小説、『魔法の声』を原作とした実写映画。ブレンダン・フレイザーやポール・ベタニーなど豪華俳優陣が出演している。物語の登場人物達が現実世界に呼び出された時、この世に危機が訪れる。
監督:イアン・ソフトリー 出演:ブレンデン・フレイザー(モーティマ・フォルチャート)、イライザ・ベネット(マギー・フォルチャート)、ポール・ベタニー(ほこり指)、アンディ・サーキス(カプリコーン)、シエンナ・ギロリー(レサ)、ほか

「クリスマス・クロニクル」のネタバレあらすじ結末

クリスマス・クロニクルの紹介:2018年アメリカ映画。毎年一家で楽しく過ごしたクリスマスイブに今年はパパがいません。死んでしまったパパに変わり仕事が忙しいママはイブの夜も夜勤でした。テディとケイトの兄妹は留守番中に本物のサンタクロースに遭遇しました。そして・・・というNETFIXオリジナルのファンタジー映画です。
監督:クレイ・ケイティス 出演者:カート・ラッセル(サンタクロース)、ジュダ・ルイス(テディ)、ダービー・キャンプ(ケイト)、ラモーン・モリス、キンバリー・ウィリアムズ=ペイズリー、ほか

「くるみ割り人形と秘密の王国」のネタバレあらすじ結末

くるみ割り人形と秘密の王国の紹介:2018年アメリカ映画。愛する母を亡くし心を閉ざしていたクララ。クリスマスイブの夜にくるみ割り人形に導かれ、不思議な世界へと迷い込む。そこには「花の国」「雪の国」「お菓子の国」「第4の国」という4つの王国があり、クララはプリンセスと呼ばれることに。しかし「第4の国」には秘密があり、あることをきっかけに起きた戦いにクララは巻き込まれていく。チャイコフスキーのバレエで知られる「くるみ割り人形」をディズニーが実写映画化。バレエ界のトップダンサー、ミスティ・コープランドとセルゲイ・ポルーニンの華麗なるバレエも必見。
監督:ラッセ・ハルストレム、ジョー・ジョンストン 出演:マッケンジー・フォイ(クララ)、キーラ・ナイトレイ(シュガー・プラム)、ヘレン・ミレン(マザー・ジンジャー)、モーガン・フリーマン(ドロッセルマイヤー)、マシュー・マクファディン(シュタールバウム)、エウヘニオ・デルベス(ホーソーン)、リチャード・E・グラント(シヴァー)、ジェイデン・フォーラ=ナイト(キャプテン・フィリップ)ほか

「Merry Christmas!ロンドンに奇跡を起こした男」のネタバレあらすじ結末

Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~の紹介:2017年アメリカ映画。チャールズ・ディケンズの「クリスマスキャロル」は英語圏で今でも読まれる小説です。映画化や舞台化もされ、本作の吹替版でスクルージ役の市村正親主演でミュージカル化もされています。強欲なビジネスマンのスクルージが幽霊との対話から心を変え自分の部下とその家族にクリスマスの夢を与えるというストーリーです。その誕生の裏にはスランプになり金にも困り父とも喧嘩をし、悩んだ末に作品を書き上げた秘話がありました。『メリークリスマス ロンドンに奇跡を起こした男』はディケンズが作品執筆から家族愛に目覚め、クリスマスを今日のような大きなイベントにしたストーリーが描かれています。
監督:バハラット・ナルルーリ 出演:ダン・スティーヴンス(チャールズ・ディケンズ)、クリストファー・プラマー(エベネーゼ・スクルージ)、ジョナサン・プライス(ジョン・ディケンズ)、ドナルド・サンプター(ハドック/マーレイの亡霊)、モーフィッド・クラーク(ケイト・ディケンズ)、マイルス・ジャップ(サッカレー)、サイモン・キャロウ(リーチ)、ジャスティン・エドワーズ(ジョン・フォースター/現在の幽霊)、ミリアム・マーゴリーズ(フィスク)、イアン・マクニース(チャップマン)、アナ・マーフィ(タラ/過去の幽霊)、ほか

「ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生」のネタバレあらすじ結末

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生の紹介:2018年アメリカ映画。J.K.ローリングが描く魔法の世界スァンタスティック・ビーストシリーズで5部にわたり展開する新たな冒険の第2部。前作でニュートによって正体を暴かれた、強力な暗黒の魔法使いゲラート・グリンデルバルド。投獄されていたアメリカ合衆国魔法議会(MACUSA)から逃げ出し、真の目的のためにパリへと向かう。ホグワーツ魔法魔術学校での恩師であり、友人でもあるダンブルドアからの依頼で、ニュートは再び危険でさらに強力になったグリンデルバルドと対峙することとなる。
監督:デイビッド・イェーツ 出演:エディ・レッドメイン(ニュート・スキャマンダー)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ・ゴールドスタイン)、ダン・フォグラー(ジェイコブ・コワルスキー)、アリソン・スドル(クイニー・ゴールドスタイン)、ジュード・ロウ(アルバス・ダンブルドア)、ジョニー・デップ(ゲラート・グリンデルバルド、エズラ・ミラー(クリーデンス).ゾーイ・クラビッツ(リタ・レストレンジ)、カラム・ターナー(テセウス・スキャマンダー)、クローディア・キム(ナギニ)ほか

「ビッケと神々の秘宝」のネタバレあらすじ結末

ビッケと神々の秘宝の紹介:2011年ドイツ映画。スウェーデンの作家ルーネル・ヨンソンの有名な児童文学を実写化した『小さなバイキング ビッケ』(2010年)の続編となるファミリー・冒険ファンタジー映画です。「神話の謎を解き、バイキングの秘宝を探し出せ!」というキャッチで、ビッケたちがライバルの海賊長に誘拐された父ハルバルの救出と、神々の秘宝を探す冒険の旅の様子をコミカルに描いた物語です。
監督:クリスティアン・ベッカー 出演:ビッケ(ヨナス・ハンメルレ)、スベンニャ(ヴァレリア・アイゼンバルト)、ハルバル(ワルデマー・コブス)、スノーレ(クリスティアン・A・コッフ)、ほか

「ビザンチウム」のネタバレあらすじ結末

ビザンチウムの紹介:2012年イギリス,アイルランド映画。永遠に年を取らない美しい吸血鬼のクララとエレノア。ある理由から吸血鬼の同盟に追われ各地を放浪しながら生きてきた二人でしたが、ある町でエレノアが青年のフランクと出会ったことから運命の歯車が狂いだします。「クライング・ゲーム」のニール・ジョーダン監督によるスリラー映画です。
監督:ニール・ジョーダン 出演者:シアーシャ・ローナン(エレノア)、ジェマ・アータートン(クララ)、 サム・ライリー(ダーヴェル)、ジョニー・リー・ミラー(ルヴェン)、 ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ(フランク)、ほか

「奥さまは魔女」のネタバレあらすじ結末

奥さまは魔女の紹介:2005年アメリカ映画。60年代アメリカで放送されたTVドラマ「奥さまは魔女」をベースにリメイクされたラブコメディ。本物の魔女がテレビドラマの魔女役に!?落ち目の映画スターと普通の恋に憧れる魔女のドキドキラブストーリー。
監督:ノーラ・エフロン 出演:ニコール・キッドマン(イザベル/サマンサ)、ウィル・フェレル(ジャック/ダーリン)、シャーリー・マクレーン(アイリス)、マイケル・ケイン(ナイジェル)、ジェイソン・シュワルツマン(リッチー)、ヘザー・バーンズ(ニーナ)、ほか

「主人公は僕だった」のネタバレあらすじ結末

主人公は僕だったの紹介:2006年アメリカ映画。ある日謎の声が聞こえるようになった男性が死を宣告され、新しい人生を模索していく様を描いたヒューマンドラマ。監督は「チョコレート」、「ネバーランド」のマーク・フォースター。主演のハロルド役は米国の喜劇俳優ウィル・フェレル、ハロルドのよき理解者となる大学教授を名優ダスティン・ホフマンが演じています。
監督:マーク・フォースター 出演者:ウィル・フェレル(ハロルド・クリック)、エマ・トンプソン(カレン・アイフル)、ダスティン・ホフマン(ジュールズ・ヒルバート)、クイーン・ラティファ(ペニー・エッシャー)、マギー・ギレンホール(アナ・パスカル)、ほか

「ベッドタイム・ストーリー」のネタバレあらすじ結末

ベッドタイム・ストーリーの紹介:2008年アメリカ映画。子どもを寝かしつける際の物語が実現するという不思議を描いたコメディ&ファンタジー。ホテルで働くスキーターは、甥パトリック、姪ボビーを1週間預かることになる。毎晩2人と一緒にオリジナルの物語を作っていくスキーター。すると翌日、子ども達が考えたストーリーが次々と実現していった。スキーターはこれを利用して、自分に都合の良い物語を作ろうとするのだが。
監督:アダム・シャンクマン 出演者:アダム・サンドラー(スキーター・ブロンソン)、ケリー・ラッセル(ジル)、ガイ・ピアース(ケンドル・ダンカン)、ラッセル・ブランド(ミッキー)、リチャード・グリフィス(バリー・ノッティンガム)ほか

1 2 3 4 5 10
TOP↑