ファンタジー映画のネタバレ

「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」のネタバレあらすじ結末

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴの紹介:2013年アメリカ,イギリス,ドイツ映画。何世紀もの時を経て現代に生き、人を襲わずスタイリッシュに暮らしていたヴァンパイアのカップルがたどる愛と葛藤の異色ラブストーリー。
監督:ジム・ジャームッシュ 出演:ティルダ・スウィントン(イヴ)、トム・ヒドルストン(アダム)、ミア・ワシコウスカ(エヴァ)、アントン・イェルチン(イアン)、ジョン・ハート(マーロウ)、ほか

「黒ひげ大旋風」のネタバレあらすじ結末

黒ひげ大旋風の紹介:1967年アメリカ映画。陸上競技のコーチとして赴任してきたスティーブは、その途中で「海賊黒ひげ旅館」の借金返済バザーに立ち寄った。そこで湯たんぽを買い、中に入っていた呪文が書かれた紙をなにげなく声を出して読んだ。その途端、海賊船長黒ひげが現れ、何か良い行いをしないと成仏出来ない呪いをかけられていると話した。スティーブは自分しか見えない黒ひげの幽霊をなんとか成仏させる為に、黒ひげ旅館の再建を手助けすることになったが・・
監督:ロバート・スティーヴンソン 出演:黒ひげ(ピーター・ユスティノフ),スティーブ(ディーン・ジョーンズ),アン(スザンヌ・プレシェット),シルキー(J・ベイカー,エルザ・ランチェスター)他

「ある日どこかで」のネタバレあらすじ結末

ある日どこかでの紹介:1980年アメリカ映画。時を超えて出会う男女の運命的な愛を描いたファンタジーロマンス。劇作家志望のリチャードは、見知らぬ老婦人から金時計を手渡され「戻ってきて」と告げられる。言葉の意味が分からないまま8年が経過し、リチャードは偶然入ったホテルの展示室で女優エリーズの写真に心を奪われた。そして謎の老婦人の正体がエリーズだったと知った時、彼は自分自身に強い催眠をかけ、約70年の時を遡りエリーズに会いに行くのだった。
監督:ジュノー・シュウォーク 出演者:クリストファー・リーヴ(リチャード・コリアー)、ジェーン・シーモア(エリーズ・マッケナ)、クリストファー・プラマー(ウィリアム・F・ロビンソン)、テレサ・ライト(ローラ・ロバーツ)、スーザン・フレンチ(晩年のエリーズ)ほか

「エンジェルウォーズ」のネタバレあらすじ結末

エンジェル ウォーズの紹介:2011年アメリカ,カナダ映画。1960年代、亡き母の遺産を狙う義父の手によって、妹を殺した罪を濡れ衣着せられ精神病院へ収容された少女。人生の全てを失い、社会的にもか弱き少女が更に自分の自我を失うまで過ごし、抵抗した、彼女なりの過酷な数日間が壮絶な戦いで表現され繰り広げられる美少女アクションファンタジー映画。
監督:ザック・スナイダー 出演者:ベイビードール(エミリー・ブラウニング)、スイートピー(アビー・コーニッシュ)、ロケット(ジェナ・マローン)、ブロンディ(ヴァネッサ・ハジェンズ)、アンバー(ジェイミー・チャン)、ベラ・ゴルスキー(カーラ・グギノ)、ブルー・ジョーンズ(オスカー・アイザック)、ほか

「天の茶助」のネタバレあらすじ結末

天の茶助の紹介:2014年日本映画。SABU監督が書き下ろした自身の小説を映画化。天界という想像を膨らませたユニークな設定の映画です。天界では、地上に生きる人間たちの人生や運命のシナリオを書きつづる天界の脚本家たちがいました。そんな彼らにお茶を振る舞う、お茶くみ係である茶助がこの物語の主人公です。彼は地上のユリという女性に魅了されていましたが、自分が不用意に脚本家に発した言葉により、天界のシナリオが書き換えられ、人間界で生きるユリが交通事故で死ぬ運命であることを知ってしまいます。ユリを助けるために茶助は人間界に降りたつことになります。ユリの暮らす沖縄に向かうこととなります。主演の茶助役には、監督の作品である「うさぎドロップ」以来2度目の主演となる松山ケンイチが演じています。独特何とか世界観があり、その中で松山ケンイチが泥臭い一面を見せていきます。
監督:SABU 出演者:松山ケンイチ(茶助)、大野いと(新城ユリ)、大杉漣(種田潤一)、伊勢谷友介(彦村ジョー)、田口浩正(チャーリー・ポン)、ほか

「ピーター・パン」のネタバレあらすじ結末

ピーター・パンの紹介:2003年アメリカ映画。ウェンディ、ジョン、マイケルが寝ていると窓から一人の少年と妖精が入ってきた。少年の名はピーター・パン。ネバーランドに行こうと言った。妖精ティンカーベルとピーター、そして子供達は空を飛びネバーランドに向かった。ネバーランドには宿敵フック船長がいる。フック船長は自分の手を食べたワニに怯えていた。仕返しをしようとピーターを狙い続けるのであった。
監督:P・J・ホーガン 出演:ジェレミー・サンプター(ピーター・パン)、ジェイソン・アイザックス(フック船長/ダーリング氏)、レイチェル・ハード=ウッド(ウェンディー・ダーリング)、リュディヴィーヌ・サニエ(ティンカー・ベル)、オリヴィア・ウィリアムズ(ダーリング夫人)、ほか

「シルク・ドゥ・ソレイユ3D」のネタバレあらすじ結末

シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語の紹介:2012年アメリカ映画。世界各地で圧倒的なパフォーマンスを魅せ続けているエンターテイメント集団、シルクドゥソレイユの舞台がまさかの映画化。数多くのタイトルを余すところなく移したファンにはたまらない一作。
監督:アンドリュー・アダムソン 出演:エリカ・リンツ(ミア)、イゴール・ザリポフ(エアリアリスト)、ルッツ・ハルフブナー(リングマスター)、ジョン・クラーク(ピエロ曲芸師)、シルク・ドゥ・ソレイユ、ほか

「世にも不幸せな物語」のネタバレあらすじ結末

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語の紹介:2004年アメリカ映画。豪華なキャスティングで見ごたえありです。2004年のアカデミー賞の最優秀メイクアップ賞を受賞しています。ジム・キャリーのイケてない役者オラフ伯爵が最低で最高です。
監督:ブラッド・シルバーリング 出演者:ジム・キャリー(オラフ伯爵)、エミリー・ブラウニング(ヴァイオレット・ボードレール)、リアム・エイケン(クラウス・ボードレール)、メリル・ストリープ(ジョセフィーンおばさん)、ダスティン・ホフマン(映画評論家)ほか

「シャーロットのおくりもの(2006年)」のネタバレあらすじ結末

シャーロットのおくりものの紹介:2006年アメリカ映画。1匹の子ブタをめぐって人間の少女と賢くて心優しいクモが奇跡を起こすファンタジー。アニメにもなったロングセラー児童書を実写版で映画化。
監督:ゲイリー・ウィニック 出演: ダコタ・ファニング(ファーン・エラブル)、ジュリア・ロバーツ(クモのシャーロット)、スティーヴ・ブシェミ(ネズミのテンプルトン)、ケヴィン・アンダーソン(Mr.エラブル)、エシー・デイヴィス(Mrs.エラブル)、キャシー・ベイツ(牛のビッツィー)、ロバート・レッドフォード(馬のアイク)、ほか

「レジェンド・オブ・ゴースト」のネタバレあらすじ結末

レジェンド・オブ・ゴースト ~カンタヴィル城と秘密の部屋~の紹介:2016年フランス,ベルギー映画。オスカー・ワイルドの「カンタヴィルの亡霊」をベースに作られた作品。とてもコミカルで面白おかしい内容に美しいCGが加わり、お城での亡霊との生活もいいのではないかと思わせるような楽しい作品です。
監督:ヤン・サミュエル 出演者:オドレイ・フルーロ(エリナー・ド・カンタヴィル)、ミカエル・ユーン(グレイルム)、ジュリアン・フリソン(エルワン)、マチルド・ダフェ(ヴァージニア)

「魔女の宅急便(実写版)」のネタバレあらすじ結末

魔女の宅急便(実写版)の紹介:2014年日本映画。魔女として生きることを決めたキキは13歳の満月の夜、両親の元を離れ故郷を旅立った。辿り着いたある港街は自然も美しくたくさんの人で賑わっている。キキは相棒の黒猫ジジと共にこの街での生活を決めることにした。そこで出会った一人の女性おソノに住む場所を紹介してもらいキキは空飛ぶ「宅急便」を始めることにする。しかし上手くは事は運ばなかった。角野栄子原作「魔女の宅急便」を実写映画化。監督はホラー映画「呪怨」などを製作した清水崇。
監督:清水崇 出演:キキ(小芝風花) とんぼ(広田亮平) ジジ(寿美菜子)  おソノ(尾野真千子) フクオ(山本浩司) すみれ(吉田羊) ナヅル(新井浩文) タカミ・カラ(YURI) ラジオDJ(LiLiCo) イシ先生(浅野忠信) オキノ(筒井道隆) コキリ(宮沢りえ) 

「グースバンプス モンスターと秘密の書」のネタバレあらすじ結末

グースバンプス モンスターと秘密の書の紹介:2015年アメリカ映画。『ガリバー旅行記』のジャック・ブラックとロブ・レターマン監督が再び手を組み、R・L・スタインの児童小説「グースバンプス」シリーズを基に描くファンタジー映画。突然現実の世界に飛び出してきた伝説のモンスターたちと、人間たちの壮絶な闘いを描く。
監督:ロブ・レターマン 出演者:ジャック・ブラック(スタイン)、ディラン・ミネット(ザック)、オデイア・ラッシュ(ハンナ)、エイミー・ライアン(ゲイル)ほか

「蜜のあわれ」のネタバレあらすじ結末

蜜のあわれの紹介:2016年日本映画。室生犀星の幻想文学『蜜のあわれ』を映画化。登場人物の「老作家」は室生犀星自身の投影とも言われている。老作家は無邪気で愛くるしい少女赤子と仲睦まじく暮らしていた。しかし彼女には秘密があった。赤子の正体は金魚だったのだ。老作家と金魚、そして老作家に思いを寄せる幽霊の三角関係を美しくエロティックに描いた幻想ロマンス。
監督:石井岳龍 出演者:二階堂ふみ(赤井赤子)、大杉漣(老作家)、真木よう子(田村ゆり子)、高良健吾(アクタガワ)、永瀬正敏(辰夫)ほか

「ブンミおじさんの森」のネタバレあらすじ結末

ブンミおじさんの森の紹介:2010年イギリス,タイ,フランス,ドイツ,スペイン映画。タイの田舎を舞台に、死期の迫った男が亡き妻の霊や行方不明になっていた息子との邂逅や不思議な出来事に遭遇していくファンタジーです。
監督:アピチャートポン・ウィーラセータクン 出演者:タナパット・サーイセイマー(ブンミ)、ジェンチラー・ポンパス(ジェン)、サックダー・ケァウブアディー(トン)、ナッタカーン・アパイウォン(フエイ)、(ブンソン)ほか

「第七の封印」のネタバレあらすじ結末

第七の封印の紹介:1956年スウェーデン映画。「夏の夜は三たび微笑む」で注目されたベルイマンが初めて深奥な神学的テーマを扱い、その国際的名声を決定づけた傑作。擬人化された死神の描写は、後の映像作品で数多くの模倣やパロディを生み出した。
監督:イングマール・ベルイマン 出演:マックス・フォン・シドー(アントニウス・ブロック)、グンナール・ビョルンストランド(ヨンス)、ベント・エケロート(死神)、ニルス・ポッペ(旅芸人)、ビビ・アンデショーン(旅芸人の妻)

1 2 3 4 5 6 7 8
TOP↑