ファンタジー映画のネタバレ

「月の満ち欠け」のネタバレあらすじ結末

月の満ち欠けの紹介:2022年日本映画。直木賞を受賞しベストセラー小説となった佐藤正午の同名小説を映画化。愛する妻と娘を同時に亡くした主人公・小山内の前に、あなたの亡くなった娘は、自分の亡くした恋人の生まれかわりだと語る三角という男が現れます。年月を越えても愛する人と結ばれたい想いが作り出した美しいファンタジーラブストーリーです。
監督:廣木隆一 出演:大泉洋(小山内堅)、有村架純(正木瑠璃)、目黒蓮(三角哲彦)、伊藤沙莉(緑坂ゆい)、田中圭(正木竜之介)、柴咲コウ(小山内梢)、菊池日菜子(小山内瑠璃)、寛一郎(中西)、波岡一喜(レコードショップ店長)、安藤玉恵(荒谷清美)、丘みつ子(小山内和美)、ほか

「ブラックナイトパレード」のネタバレあらすじ結末

ブラックナイトパレードの紹介:2022年日本映画。人気漫画家、中村光の最新作になる作品。何をやっても冴えない主人公の日野三春が、サンタクロースになるという不思議な会社に内定し、サンタを目指しながら、やがてくるクリスマスの危機を救うというストーリーです。
監督:福田雄一 出演:吉沢亮(日野三春)、橋本環奈(北条志乃)、中川大志(カイザー)、渡邊圭祐(古平鉄平)、佐藤二朗(店長)、山田裕貴(冬馬)、藤井美菜(三春の母)、玉木宏(クネヒト)、ほか

「ギレルモ・デル・トロのピノッキオ」のネタバレあらすじ結末

ギレルモ・デル・トロのピノッキオの紹介:2022年アメリカ, メキシコ, フランス映画。ギレルモ・デル・トロのピノッキオ:最愛の息子カルロを亡くし、悲しみに暮れる木彫師ゼペット。心を癒すため作られた木製の操り人形に命が吹き込まれた。ピノッキオと名付けられた人形は、いたずら好きでわがままでゼペットを困らせてばかり。そんなピノッキオが世界をつなぐ魔法の冒険を繰り広げ、苦難を乗り越えていく物語。世代を超えて愛され続けるカルロ・コッローディの名作童話を新たにストップモーション・アニメーション・ミュージカルとして蘇らせた。
監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:グレゴリー・マン(ピノッキオ)、デヴィッド・ブラッドリー(ゼペットじいさん)、ユアン・マクレガー(セバスチャン・J・クリケット)、クリストフ・ヴァルツ(ヴォルペ伯爵)、ティルダ・スウイントン(木の精霊/死後の世界の精霊)、ロン・パールマン(市長)、フィン・ウルフハード(キャンドルウイック)、ケイト・ブランシェット(スパッツァツゥーラ)、バーン・ドーマン(神父)、ジョン・タトゥーロ(イル・ドットーレ)、ティム・ブレイク・ネルソン(黒ウサギ)ほか

「天使に恋して」のネタバレあらすじ結末

天使に恋しての紹介:2014年イタリア映画。ある日突然、天使になるべく命じられたその日暮らしのナンパ男が、心から愛する女性に出会ったことで、天使見習いを通して人々への思いやりや真の愛を知るまでを描いたファンタジー作品。
監督:ステファノ・レアリ 出演:ラウル・ボヴァ、ヴァネッサ・インコントラーダ、ウーゴ・パリアイ、ヴィットリア・ピアンカステッリ、ほか

「天間荘の三姉妹」のネタバレあらすじ結末

天間荘の三姉妹の紹介:2021年日本映画。高橋ツトム原作の人気漫画で2003年にドラマ化もされた「スカイハイ」のスピンオフとなる作品。地上と天界の間に存在する街、三ツ瀬に迷い込んだ臨死状態の主人公・たまえが、様々な人々に出会い、別れの末に成長していく物語です。
監督:北村龍平 出演:のん(小川たまえ)、門脇麦(天間かなえ)、大島優子(天間のぞみ)、高良健吾(魚堂一馬)、山谷花純(芹崎優那)、萩原利久(早乙女海斗)、平山浩行(早乙女勝造)、柳葉敏郎(魚堂源一)、中村雅俊(宝来武)、三田佳子(財前玲子)、永瀬正敏(小川清志)、寺島しのぶ(天間恵子)、柴咲コウ(イズコ)、ほか

「魔法遣いに大切なこと」のネタバレあらすじ結末

魔法遣いに大切なことの紹介:2008年日本映画。山田典枝が原案の青春ファンタジー。一人前の魔法遣いを目指す少女・ソラの恋と成長を描く。監督は『櫻の園 -さくらのその-』の中原俊。主人公のソラを演じるのは12代目リハウスガールの山下リオ。相手役は岡田将生が演じる。
監督:中原俊 出演:山下リオ(鈴木ソラ)、岡田将生(緑川豪太)、田中哲司(原誠一郎)、木野花(白石沙織)、緑友利恵(浅葱ほのみ)、太賀(黒田浩二)、斎藤歩(ソラの父)、山本浩司(藍本栄之進)、水橋研二(森下魔法士)、水島かおり(豪太の母)、清水ゆみ(桃園風音)、秋本渚(権田澪奈)、曽我彩音(小学生のソラ)、村山謙太(権田紫苑)、草村礼子(赤池菊子)、鶴見辰吾(権田伊佐男)、余貴美子(川田女史)、永作博美(ソラの母)、ほか

「秘密の森の、その向こう」のネタバレあらすじ結末

秘密の森の、その向こうの紹介:2021年フランス映画。大好きなおばあちゃんを亡くし、両親と共に森の中に佇む祖母の家を訪れたネリー。母が少女時代を過ごしたこの家を片付けることになったのだ。しかし母は思い出の詰まったこの土地に耐えられず何も言わないまま出て行ってしまう。残されたネリーはかつて母が遊んだ森を探索するうちに、自分と同じ年の少女と出会う。彼女の名前は母と同じ「マリオン」。彼女の家に行くと、そこは“おばあちゃんの家”だった。ネリーとマリオンはたちまち友情を深めていく。やがて意を決したネリーは「私はあなたの娘なの」と打ち明ける。スタジオジブリの作品にインスパイアされたとシアマ監督自身が語る子供たちのナチュラルな演出と、痛みを抱えた娘・母・祖母の三世代の時空を超えた出会いが壮大な物語を作っていく。
監督:セリーヌ・シアマ 出演:ジョセフィーヌ・サンス(ネリー)、ガブリエル・サンス(マリオン)、ニナ・ミュリス(ネリーの母マリオン)、ステファン・ヴァルペンヌ(父)、マルゴ・アパスカル(祖母)ほか

「コンビニエンス・ストーリー」のネタバレあらすじ結末

コンビニエンス・ストーリーの紹介:2022年日本映画。絶賛スランプ中の脚本家の加藤が山の中で迷い込んだ際に見つけた不思議なコンビニで南雲と恵子の夫婦と出会います。やがて恵子と深い関係となった加藤は徐々に南雲から疑いの目を向けられるようになり事態は思いもしない方向へと進んでいくのでした。
監督:三木聡 出演:成田凌(加藤)、前田敦子(惠子)、片山友希(ジグザグ)、岩松了(榊)、渋川清彦(沼津)、ふせえり(国木田)、六角精児(南雲)、ほか

「ジャバーウォッキー」のネタバレあらすじ結末

ジャバーウォッキーの紹介:1977年イギリス映画。樽職人デニスは父に勘当され愛する女性からも見捨てられます。彼は成功を目指して王様の暮らす城に向かいます。しかし城内はモンスターに怯える避難民であふれ、王様は悩んでいます。デニスは城内で村では考えられない体験をします…。本作は1970年代の伝説的な名作で、今回4Kレストア版が完成、再び注目を集めています。
監督:テリー・ギリアム 出演:マイケル・ペイレン(デニス・クーパー)、マックス・ウォール(ブルーノ懐疑王)、テリー・ジョーンズ(密猟者)、デボラ・ファレンダー(王女)、ジョン・ル・メスリエール(パセルリュー)、アネット・バッドランド(グリゼルダ・フィッシュフィンガー)、ハリー・H・コルベット(従者)、ほか

「ホリック xxxHOLiC」のネタバレあらすじ結末

ホリック xxxHOLiCの紹介:2022年日本映画。『カードキャプターさくら』などで知られる漫画家集団CLAMPの人気コミック『XXXHOLiC』初の実写映画化作品。監督は『Diner ダイナー』の蜷川実花。原作のファンである監督が構想に約10年かけたという本作では、艶やかな花にあふれたセットや豪華で妖艶な衣装で観る者を魅了する。神木隆之介、柴咲コウがW主演のほか、吉岡里帆が大胆な演技で新境地を開く。またオリジナルキャラクター・アカグモを磯村勇斗がセクシーに演じ、監督の期待に応えている。
監督:蜷川実花 原作:CLAMP『xxxHOLiC』 出演:神木隆之介(四月一日君尋)、柴咲コウ(壱原侑子)、松村北斗(百目鬼静)、玉城ティナ(九軒ひまわり)、吉岡里帆(女郎蜘蛛)、磯村勇斗(アカグモ)、趣里(美咲)、橋本愛(座敷童)ほか

「ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密」のネタバレあらすじ結末

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密の紹介:2022年アメリカ, イギリス映画。前作『黒い魔法使いの誕生』での出来事から数年後の1930年代。闇の魔法使いグリンデルバルドが魔法界を支配しようと企てていることを知ったダンブルドアは、ニュートに助けを求める。グリンデルバルドの軍隊との衝突につながる任務を託されたニュートは、助手のバンティ、兄のテセウス、そしてマグル(=普通の人間)のジェイコブらとチームを結成。史上最悪の魔法使いグリンデルバルドに立ち向かう。そしてダンブルドアの過去に隠された秘密が明かされることとなる。『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法の誕生』の続編であり、「ファンタスティック・ビースト」シリーズの3作目。原作者J.K.ローリングがつくり上げた「魔法ワールド」では11作目となる本作。ホグワーツ城、ホグズミード村、そして魔法動物たちと動物の世界につながる不思議なドランクなど、物語はますます「ハリー・ポッター」の世界とつながっていく。
監督:デイビッド・イェーツ 出演:エディ・レッドメイン(ニュート・スキャマンダー)、ジュード・ロウ(アルバス・ダンブルドア)、マッツ・ミケルセン(ゲラート・グリンデルバルド)、エズラ・ミラー(クリーンデンス)、ダン・フォグラー(ジェイコブ・コワルスキー)、アリソン・スドル(クイニー・ゴールドスタイン)、ウィリアム・ナディラム(ユスフ・カーマ)、カラム・ターナー(テセウス・スキャマンダー)、ジェシカ・ウィリアムズ(ユーラリー・ヒックス)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ・ゴールドスタイン)、ヴィクトリア・イェーツ(バンティ・ブロードエーカー)、リチャード・コイル(アバーフォース・ダンブルドア)、マリア・フェルナンダ・カーンヂド(ヴィセンシア・サントス)、オリバー・マスッチ(アントン・フォーゲル)ほか

「ターン」のネタバレあらすじ結末

ターンの紹介:2000年日本映画。北村薫の同名小説を映画化。同じ1日を繰り返し続ける女性と、彼女を救おうと奔走する男性の心の交流を描くドラマ&ファンタジー。銅版画家の真希は、6月16日に交通事故に遭ってしまう。ところが次の瞬間、気付くと真希は自宅に戻っていた。手には昨日図書館に返却したはずの本があり、昨日投函したはずのハガキも残っている。外に出てみると生き物の姿はなく、町はひっそりと静まり返っていた。「昨日」に引き戻された真希は、1日経って事故の時刻になると再び「昨日」の世界に戻ってしまう。自分以外誰も存在しない世界で、同じ1日を繰り返し続ける真希。そんな彼女のもとに、突然1本の電話がかかって来る。
監督:平山秀幸 出演者:牧瀬里穂(森真希)、中村勘太郎(泉洋平)、倍賞美津子(森里子)、北村一輝(柿崎清隆)、柄本明(松原)ほか

「あなた、そこにいてくれますか」のネタバレあらすじ結末

あなた、そこにいてくれますかの紹介:2016年韓国映画。フランスの作家ギヨーム・ミュッソのベストセラー小説『時空を超えて』を、舞台を韓国に移して映画化したSFラブストーリーです。飲めば願いを叶えてくれる薬を手に入れた中年の医師が30年前に亡くなった恋人を救うために過去に飛び、若き日の自分と愛と葛藤のストーリーを繰り広げます。
監督:ホン・ジヨン 出演者:キム・ユンソク(ハン・スヒョン)、ピョン・ヨハン(青年時代のハン・スヒョン)、チェ・ソジン(チェ・ヨナ)、キム・サンホ(カン・テホ)、アン・セハ(青年時代のカン・テホ)、パク・ヘス(ハン・スア)ほか

「HOMESTAY(ホームステイ)」のネタバレあらすじ結末

HOMESTAY(ホームステイ)の紹介:2022年日本映画。死んだシロの魂が、管理人によって同じく死んだ真の体に移されます。管理人は、真の体にホームステイしたんだ、100日以内に真が死んだ理由を見つけてほしい、そうすればシロも真も消えずに済むと言います。シロは真として生きはじめますが…という内容のファンタジーミステリーです。森絵都の小説『カラフル』を原作に、Amazonがオリジナル作品として世界に配信した作品です。
監督:瀬田なつき 出演者:長尾謙杜(シロ(小林真))、山田杏奈(藤枝晶)、八木莉可子(高坂美月)、望月歩(小林満)、濱田岳(管理人)、石田ひかり(小林早苗)、佐々木蔵之介(小林治)ほか

「レア・エクスポーツ 囚われのサンタクロース」のネタバレあらすじ結末

レア・エクスポーツ ~囚われのサンタクロース~の紹介:2010年フィンランド映画。「本物の」サンタクロースを巡って巻き起こる騒動を描いたブラック・コメディ。北フィンランドの田舎町に住む少年ピエタリは、サンタクロースを恐ろしい存在だと信じて疑わなかった。そんな中、ロシア国境近くのコルヴァチュンチュリ山の山頂では、ある企業が大規模な掘削作業を行っていた。山の地下400メートルには、なんと本物のサンタクロースが凍ったまま埋められていたのだ。時を同じくして、ピエタリの周囲では不可解な事件が続発する。町がサンタクロースに狙われていると考えたピエタリは、勇気を振り絞って立ち向かう覚悟をするのだった。
監督:ヤルマリ・へランダー 出演者:オンニ・トンミラ(ピエタリ)、ヨルマ・トンミラ(ラウノ)、イルマリ・ヤルヴェンパー(ジューソ)、ペートル・ヤコビ(ピエタリの妖精)、ペール・クリスティアン・エレフセン(ライリー)ほか

1 2 3 4 5 6 16

キーワードから探す

TOP↑