ドキュメンタリー映画のネタバレ

ドキュメンタリー映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のドキュメンタリー映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「シーズンズ 2万年の地球旅行」のネタバレあらすじ結末

シーズンズ 2万年の地球旅行の紹介:2015年フランス映画。「ニュー・シネマ・パラダイス」への出演でも知られる俳優のジャック・ペランが手掛けた、壮大なスケールで描く生き物たちの叙事詩的作品である。共同監督であるジャック・クルーゾはアカデミー賞のドキュメンタリー長編部門にノミネートされた「WATARIDORI」や、セザール賞のドキュメンタリー賞に輝いた「オーシャンズ」などの作品でもタッグを組み、生き物たちのありのままの生態を捉えた。構想に4年、総製作費に40億円をかけた、全く新しいネイチャードキュメンタリーである。
監督: ジャック・ペラン / ジャック・クルーゾ 日本語ナレーション:笑福亭鶴瓶、木村文乃

「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」のネタバレあらすじ結末

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実の紹介:2020年日本映画。1969年5月13日、政治の季節のただなか、東京大学駒場キャンパス900番教室で行われた三島由紀夫と東大全共闘の討論会の映像をTBSが保管していた。1000人を超える学生たちを前に政治的立場が正反対と思われる三島と全共闘の若者たちが熱く言葉を戦わせる。貴重な映像と共に、元東大全共闘、元盾の会会員、三島に同行した新潮社のカメラマン、元TBS記者、文学者、研究者、三島の友人といった人々があの日の討論と三島、そして全共闘運動について語る。監督は討論の20年後に駒場キャンパスで学生生活を送った豊島圭介。三島原作の舞台「豊穣の海」で主演し、三島文学を愛する東出昌大がナビゲーターを務める。
監督:豊島圭介 出演者:椎根和、平野啓一郎、内田樹、小熊英二、瀬戸内寂聴、ほか

「ビッグ・リトル・ファーム」のネタバレあらすじ結末

ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方の紹介:2018年アメリカ映画。アメリカ有数の大都市のロサンゼルス、多くの娯楽がありますが、犯罪や環境汚染など多くの問題もあります。ジョンとモリーの夫婦は、犬の鳴き声がうるさいという近隣住民からの苦情をきっかけに郊外に理想の農園を作ることにします。しかし、荒れ果てたロス近郊の大地に農園を作るのには多くの問題があります。二人の挑戦はうまくいくのでしょうか?『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方 』は、大都会から郊外での農園作りに挑戦する夫婦の悪戦苦闘ぶりが描かれるドキュメンタリー、田舎暮らしの素晴らしさを伝えてくれる映画です。
監督:ジョン・チェスター 出演:ジョン・チェスター、モリー・チェスター、アラン・ヨーク、ほか

「エルミタージュ美術館 美を守る宮殿」のネタバレあらすじ結末

エルミタージュ美術館 美を守る宮殿の紹介:2014年イギリス映画。世界一の大きさを誇るエルミタージュ美術館。サンクトペテルブルクの歴史と共に生きた美術館の数奇な運命とは。
監督:マージー・キンモンス 出演:ミハイル・ピオトロフスキー館長、レム・コールハース、アントニー・ゴームリー、トム・コンティ(声の出演)、ほか

「パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト」のネタバレあらすじ結末

パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリストの紹介:2014年スペイン映画。スペインが生んだギタリスト、パコ・デ・ルシア。その音楽がどのように育まれ浸透していったのか、彼の足跡と共に辿る。
監督:クーロ・サンチェス 出演:パコ・デ・ルシア、チック・コリア、カルロス・サンタナ、ジョン・マクラフリン、ルーベン・ブラデス、サビーカス、エストレージャ・モレンテ、ほか

「さよならテレビ」のネタバレあらすじ結末

さよならテレビの紹介:2019年日本映画。東海テレビが2018年に放送したドキュメンタリー番組『さよならテレビ』は録画したDVDを全国のテレビ関係者が見る密かな話題作となった。それを再構成、再編集し2020年に劇場公開した劇場映画版。『ヤクザと憲法』等、数々の優れたドキュメンタリーを手がけてきた東海テレビのスタッフが自社の報道部にカメラを入れ、テレビの今、報道の今を映し出す。
監督:圡方宏史 出演者:東海テレビの人々

「娘は戦場で生まれた」のネタバレあらすじ結末

娘は戦場で生まれたの紹介:2019年イギリス,シリア映画。いまだ未曽有の戦地シリア。アレッポ大学に通う女学生ワアドは、デモ運動の参加をきっかけにスマホでの撮影をはじめる。しかし平和を願う市民の願いに反し、紛争は激化。そんな中、ワアドは活動家にして医師を目指す若者ハムザと出会い夫婦になる。生まれた娘はアラビア語で“空”を意味するサマと名付けられた。ワアドは娘のためにアレッポの愛すべき人々の生きた証を映像に残す。主人公にして監督であるワアド・アルカティーブが手にするカメラを通じて2012年から2016年までに映し出されたアレッポの街のドキュメンタリー。カンヌ国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞をはじめ50以上の映画賞を受賞し、現在も更新し続けている。
監督:ワアド・アルカティーブ、エドワード・ワッツ  出演:ワアド・アルカティーブ、サマ・アルカティーブ、ハムザ・アルカティーブほか

「ダゲール街の人々」のネタバレあらすじ結末

ダゲール街の人々の紹介:1975年フランス映画。パリ14区、モンパルナスの一角にあるダゲール通り。銀板写真(ダゲレオタイプ)の発明者の名をつけたこの庶民的な通りに映画監督アニエス・ヴァルダは事務所兼住居を構えていた。この映画はその通りとそこにある肉屋、香水店など様々な商店の狭い店内にカメラを置き、庶民の暮らしを点描する。2019年12月21日に「アニエス・ヴァルダをもっと知るための3本の映画」として、『アニエスによるヴァルダ』、『ラ・ポワント・クールト』と共に日本で劇場初公開される。
監督:アニエス・ヴァルダ 出演者:ダゲール街の人々

「ブロードウェイ♪ブロードウェイ」のネタバレあらすじ結末

ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢の紹介:2008年アメリカ映画。ブロードウェイミュージカルの金字塔「コーラスライン」。かつての出演者たちが審査員となり、再演までの8か月間の日々を追う。
監督:ジェームズ・D・スターン、アダム・デル・デオ 出演:ボブ・エルヴィヴァン、マイケル・ベネット、ジェイ・バインダー、ほか

「時代劇は死なず ちゃんばら美学考」のネタバレあらすじ結末

時代劇は死なず ちゃんばら美学考の紹介:2015年日本映画。時代劇における「ちゃんばら」を固有の文化と捕らえ、日本映画を支えてきた重鎮達の証言や文化人達の考察をもとに、日本的な精神世界を追及した意欲的なドキュメンタリー作品。監督は「木枯らし紋次郎」などで知られる中島貞夫。最後は中島による撮りおろし、ちゃんばらシーンが見られる。
監督:中島貞夫 出演:中島貞夫、松方弘樹、福本清三、木村彰吾、山本千尋、ほか

「シネマニア」のネタバレあらすじ結末

シネマニアの紹介:2002年アメリカ, ドイツ映画。映画鑑賞に人生を捧げた“映画マニア”達の生活を追うドキュメンタリー。世界中の映画が集まるニューヨークを拠点に、足繁く劇場に通う5人の映画マニアがいた。一口に映画マニアと言っても、彼らには独自のこだわりがある。好きな映画、嫌いな映画、下準備やスケジュール作りも人それぞれだ。取り憑かれたように映画を観る彼らの情熱と、そのために支払った代償について迫っていく。
監督:アンジェラ・クリストリーブ、スティーヴン・キヤク 出演者:ジャック・アングストライヒ、エリック・チャドボーン、ロバータ・ヒル、ビル・ハイドブレダー、ハーヴェイ・シュワルツ、ほか

「コルトレーンを追いかけて」のネタバレあらすじ結末

コルトレーンを追いかけての紹介:2016年アメリカ映画。モダンジャズの歴史に燦然と輝く伝説的サックス奏者ジョン・コルトレーン。20世紀ジャズの巨人はどのようにして誕生したのか。彼が歩んだ偉大な軌跡を縁のある人物達の貴重なインタビューとともに振り返るドキュメンタリー映画です。
監督:ジョン・シャインフェルド 出演者:デンゼル・ワシントン(語り)、ビル・クリントン、ラビ・コルトレーン、コモン、ベニー・ゴルソン、ジミー・ヒース、ウイントン・マルサリス、ソニー・ロリンズ、カルロス・サンタナ コーネル・ウェスト、藤岡靖洋、ほか

「水と権力 特別篇:盗まれた資源」のネタバレあらすじ結末

水と権力 特別篇:盗まれた資源の紹介:2017年アメリカ映画。カリフォルニア州では水の操作によってロサンゼルスもサンフランシスコも広大な農業地帯も成立した。しかし、ロマン・ポランスキー監督の『チャイナタウン』の物語の背景を成した水問題は今も続いている。持てる者が貴重な水資源を金に換え、普通の人々が干ばつや地盤沈下に苦しむ。ポランスキーやロビン・ウィリアムス等の伝記ドキュメンタリーで知られるマリナ・ゼノヴィッチが、ジャーナリストや環境活動家の活動を追いつつ、水ビジネス側の人へのインタビューも交え、水と権力の秘密に迫ったドキュメンタリー。2017年のサンダンス映画祭ドキュメンタリー部門にノミネートされ上映された後に劇場公開される。日本でも動画配信されている。
監督:マリナ・ゼノヴィッチ 出演者:マーク・アラクス、ほか

「あまくない砂糖の話」のネタバレあらすじ結末

あまくない砂糖の話の紹介:2014年オーストラリア映画。食料品メーカーのタブー、砂糖の危険性と依存性について、砂糖断ちをしていた被験者がスプーン40杯分の砂糖を毎日摂取し検証してみた!
監督:デイモン・ガモー 出演者:デイモン・ガモー、スティーヴン・フライ、イザベル・ルーカス、ブレントン・スウェイツ、ジェシカ・マーレイ、ヒュー・ジャックマン、ほか

「一人っ子の国」のネタバレあらすじ結末

一人っ子の国の紹介:2019年アメリカ映画。中国で1979~2015年まで施行されていた一人っ子政策に興味を持った監督、ナンフー・ワンが自ら取材したドキュメンタリー作品。ナンフーは一人っ子政策が始まった6年後に誕生した。一人っ子政策真っ只中の中国で育ち、その後アメリカに移住し男児を儲けた。中国から離れたこと、自身も母親になったことで一人っ子政策に疑問を抱くようになる。彼女は生まれ育った村に帰り、当時を知る人々にインタビューを行う。中国の一人っ子政策に対する民間人の様々な意見をありのままに描いている。
監督:ナンフー・ワン、ジアリン・チャン 出演:ナンフー・ワン、ほか

1 2 3 4 5 12

キーワードから探す

TOP↑