Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

西部劇映画のネタバレ

西部劇映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気の西部劇映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「向う見ずの男」のネタバレあらすじ結末

向う見ずの男の紹介:1958年アメリカ映画。ライフル射撃の腕は抜群だが心優しいトッド・ローマンが、ボイド家の息子を殺したと誤解され、ボイド一家に追われる身となる。『ナイアガラ』や『勇気ある追跡』のヘンリー・ハサウェイ監督による西部劇。主演は『バス停留所』のカウボーイ、ドン・マレー。トッド・ローマンと恋に落ちる男勝りの娘を『青春物語』で注目されたダイアン・ヴァーシが演じる。コマンチ族襲撃シーンの馬車を使ったスタント等も見どころ。
監督:ヘンリー・ハサウェイ 出演者:ドン・マレー(トッド・ローマン)、ダイアン・ヴァーシ(ニータ・ブラッドリー)、チル・ウィルス(エイモス・ブラッドリー)、デニス・ホッパー(トム・ボイド)、R・G・アームストロング(ハンター・ボイド)、ジェイ・C・フリッペン(レファートフィンガー)ほか

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト」のネタバレあらすじ結末

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェストの紹介:1968年イタリア,アメリカ映画。19世紀のアメリカ西部、結婚した男が殺害され、広大な土地を相続することになった女性は、その土地に鉄道が建設されることにより、その利権をめぐる男たちの対立に巻き込まれます。ハーモニカを吹く謎のガンマンは彼女を助け、鉄道利権を狙う男と闘いますが、意外な過去がありました。『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』は19世紀の鉄道建設が巨大ビジネスであった頃のアメリカ西部を舞台にした映画で、当時イタリアで多く制作されたマカロニ・ウエスタン(イタリア製西部劇)の代表作です。この映画は1968年にヨーロッパで公開され大ヒット、日本では1969年に『ウエスタン』というタイトルで公開されています。マカロニ・ウエスタンの創始者レオーネ監督が当時の大スターを共演させ壮大な叙事詩になっています。
監督:セルジオ・レオーネ 出演:クラウディア・カルディナーレ(ジル・マクベイン)、ヘンリー・フォンダ(フランク)、ジェイソン・ロバーズ(シャイアン)、チャールズ・ブロンソン(ハーモニカ)、ガブリエル・フェルゼッティ(モートン)、フランク・ウォルフ(ブレット・マクベイン)、ジャック・イーラム(スネイキー)、ウディ・ストロード(ストーニー)、パオロ・ストッパ(サム)、キーナン・ウィン(シェリフ)、ライオネル・スタンダー(バーマン)、ほか

「アラモ(1960年)」のネタバレあらすじ結末

アラモの紹介:1960年アメリカ映画。1836年、当時メキシコ領だったテキサスで独立派のテキサス軍とメキシコ軍との間に勃発した、アメリカの西部開拓史上名高い“アラモ砦の戦い”を名優ジョン・ウェインが主演と製作、そして自ら初監督を務めて映画化した一大スペクタクル巨編です。1987年と2004年にはリメイク版も制作されています。
監督:ジョン・ウェイン 出演者:ジョン・ウェイン(デイビー・クロケット)、リチャード・ウィドマーク(ジム・ボウイ)、ローレンス・ハーヴェイ(ウィリアム・バレット・トラビス)、リチャード・ブーン(サム・ヒューストン)、リンダ・クリスタル(マリア)、チル・ウィルス(ビーキーパー)、ルーベン・パディラ(サンタ・アナ)、リチャード・ブーン(サム・ヒューストン)ほか

「ワイルドガン」のネタバレあらすじ結末

ワイルドガンの紹介:2015年カナダ,フランス,アメリカ映画。銃を捨てて故郷に舞い戻った元ガンマン。確執のある牧師の父や元恋人を巡る葛藤を経て、男は町を泣かす悪党に立ち向かうべく再び銃を取ることになり…。ドナルドとキーファーのサザーランド親子が約32年ぶりに親子役で共演する西部劇です。
監督:ジョン・カサー 出演者:キーファー・サザーランド(ジョン・ヘンリー・クレイトン)、ドナルド・サザーランド(サミュエル・クレイトン)、ブライアン・コックス(ジェームズ・マッカーディ)、マイケル・ウィンコット(デイヴ・ターナー)、デミ・ムーア(メアリー・アリス・ワトソン)ほか

「荒野の誓い」のネタバレあらすじ結末

荒野の誓いの紹介:2017年アメリカ映画。かつてアメリカ先住民族・インディアンと激しい戦いをしたアメリカ軍人のブロッカー大尉は、宿敵の首長の護送を頼まれます。渋々引き受けた彼は目的地までの道中、様々な体験をしながら首長との友情を深めていきます。また、道中で会った女性、夫を先住民に殺された未亡人とも関係を深めていきます。『荒野の誓い』は19世紀末のアメリカ、白人と先住民族との対立が激しかった時代に、彼らが友人や家族を殺されながらも理解し友情を深めるストーリーです。
監督:スコット・クーパー 出演:クリスチャン・ベイル(ジョー・ブロッカー大尉)、ロザムンド・パイク(ロザリー・クウェイド)、ウェス・ステューディ(イエロー・ホーク首長)、ジェシー・プレモンス(ルディ・キダー中尉)、アダム・ビーチ(ブラック・ホーク)、ロリー・コクレイン(トーマス・メッツ曹長)、ベン・フォスター(チャールズ・ウィルス軍曹)、ティモシー・シャラメ(フィリップ・デジャルダン上等兵)、ポール・アンダーソン(トミー・トーマス伍長)、ジョン・ベンジャミン・ヒッキー(ロイス・トーラン大尉)、スティーヴン・ラング(エイブラハム・ビッグス大佐)、ビル・キャンプ(ジェレマイア・ウィルクス)ほか

「熱砂の戦い」のネタバレあらすじ結末

熱砂の戦いの紹介:1951年アメリカ映画。友人だった騎兵隊大尉とインディアンの酋長が敵味方に分かれる。見えざる敵を求めて渇きと戦いながら砂漠を進む騎兵隊。そして最後は、岩山に立てこもった騎兵隊員たちがインディアンの攻撃を迎え撃つ。主演は『ジョニー・ベリンダ』、『西部戦線異状なし』等のリュー・エアーズ。
監督:アーヴィング・ライス 出演者:リュー・エアーズ(ハント大尉)、マリリン・マクスウェル(チェリー)、ロバート・ハットン(ヴァーモント)、アンディ・ディヴァイン(ギャリティ軍曹)、ジェフ・コーリイ(コヨーテ)、レイモンド・バー(アンダーソン)ほか

「ゴールデン・リバー」のネタバレあらすじ結末

ゴールデン・リバーの紹介:2018年フランス,スペイン,ルーマニア,ベルギー,アメリカ映画。ブッカー賞を受賞したパトリック・デウィットの『シスターズ・ブラザーズ』を映画化した西部劇です。19世紀半ば、ゴールドラッシュに沸いた時代を舞台に、雇い主から所有物を奪った者を殺すよう依頼された殺し屋兄弟が標的を探しに度に出る様を描いています。
監督:ジャック・オーディアール 出演者:ジョン・C・ライリー(イーライ・シスターズ)、ホアキン・フェニックス(チャーリー・シスターズ)、ジェイク・ギレンホール(ジョン・モリス)、リズ・アーメッド(ハーマン・カーミット・ワーム)、ルトガー・ハウアー(コモドア)、キャロル・ケイン(ミセス・シスターズ)ほか

「ワーロック(1959年)」のネタバレあらすじ結末

ワーロックの紹介:1959年アメリカ映画。1958年に出版されたオークリー・ホールの『Warlock』を映画化した西部劇で、アメリカ・ユタ州の無法者に支配された田舎町ワーロックを舞台に、無法者一味から手を洗って郡保安官補になった男と保安官として雇われたガンマンの生き方の違いを浮き彫りにしていきます。
監督:エドワード・ドミトリク 出演:リチャード・ウィドマーク(ジョニー・ギャノン)、ヘンリー・フォンダ(クレイ・ブレイスデール)、アンソニー・クイン(トム・モーガン)、ドロシー・マローン(リリー・ダラー)、ドロレス・マイケルズ(ジェシー・マーロー)、トム・ドレイク(エイブ・マキューン)、デフォレスト・ケリー(カーリー・バーン)、ウォーレス・フォード(ハロウェイ判事)、フランク・ゴーシン(ビリー・ギャノン)、ウォルター・コイ(ロイ・トンプソン)、L・Q・ジョーンズ(フェン・ジッグス)、ゲイリー・ロックウッド(ギャングの一員)ほか

「エル・ドラド(1966年)」のネタバレあらすじ結末

エル・ドラドの紹介:1966年アメリカ映画。監督ハワード・ホークスと主演ジョン・ウェインのコンビによる“テキサス三部作”の第2作(第1作は『リオ・ブラボー』(1959年公開)、第3作は『リオ・ロボ』(1970年公開))となる西部劇です。ハリー・ブラウンの『The Stars in Their Courses』を原作に、テキサスの町エル・ドラドの水場の利権を巡る争いを描きます。
監督:ハワード・ホークス 出演者:ジョン・ウェイン(コール・ソーントン)、ロバート・ミッチャム(J・P・ハラー)、ジェームズ・カーン(アラン・ベディリヨン・トレハーン / ミシシッピ)、シャーリーン・ホルト(モーディ)、アーサー・ハニカット(ブル・トマス)、エドワード・アズナー(バート・ジェイソン)、ミシェル・ケリー(ジョセフィーン・“ジョーイ”・マクドナルド)、クリストファー・ジョージ(ネルソン・マクラウド)、ポール・フィックス(ミラー医師)、R・G・アームストロング(ケヴィン・マクドナルド)ほか

「午後の喇叭」のネタバレあらすじ結末

午後の喇叭(ラッパ)の紹介:1952年アメリカ映画。かつて将校の地位を剥奪されたシャフターは、リンカーン砦の第七騎兵隊の一兵卒となった。しかし、そこには因縁の男がいた。カスター将軍の部隊の全滅で有名な1876年のリトルビッグホーンの戦いを背景に騎兵隊員たちの友情や、恋をめぐる争いが描かれる。
監督:ロイ・ローランド 出演者:レイ・ミランド(カーン・シャフター)、ヘレナ・カーター(ジョセフィン・ラッセル)、ヒュー・マーロウ(エドワード・ガーネット)、バートン・マクレーン(マイルズ・モイラン)、ほか

「赤い河」のネタバレあらすじ結末

赤い河の紹介:1948年アメリカ映画。ボーデン・チェイスが史実に基づいて執筆した『チザム・トレイル』を基に、いくつもの名作を作り上げてきた監督:ハワード・ホークスと主演:ジョン・ウェインのタッグで制作された西部劇の傑作です。幌馬車隊を離れ、大牧場を築き上げた開拓者が、相棒たちと共にテキサスからカンザスまでの壮大な牛追いの苦難の旅に出ます。
監督:ハワード・ホークス 出演者:ジョン・ウェイン(トーマス・ダンスン)、モンゴメリー・クリフト(マシュー・“マット”・ガース)、ジョーン・ドルー(テス・ミレイ)、ウォルター・ブレナン(グルート・ナディン)、ハリー・ケリー(Mr.メルヴィル)、ジョン・アイアランド(チェリー・ヴァランス)、ハリー・ケリー・Jr.(ダン・ラティマー)、コリーン・グレイ(フェン)ほか

「勇魂よ永遠に」のネタバレあらすじ結末

勇魂よ永遠にの紹介:1950年アメリカ映画。『ロビンフッドの冒険』等のアクション・スター、エロール・フリン主演の西部劇。リー将軍の密命を帯びた8人の南軍兵士がカリフォルニアへ。だが、先住民に襲撃される駅馬車の客を救出したために、彼らは窮地に陥る。フリンと共演者のパトリス・ワイモアは、この作品の後に結婚します。
監督:ウィリアム・キーリー 出演者:エロール・フリン(バーストウ大尉)、パトリス・ワイモア(ジョアンナ)、スコット・フォーブズ(リック)、ハワード・ペトリー(コール・スミス)その他

「悪の花園」のネタバレあらすじ結末

悪の花園の紹介:1954年アメリカ映画。西部開拓時代、成り行きで美貌の女性から鉱山で事故に遭った夫の救出を以来された男たちが、先住民アパッチ族の聖地である“悪の花園”へと至る経緯をアドベンチャー・タッチで描いた異色の西部劇です。
監督:ヘンリー・ハサウェイ 出演者:ゲイリー・クーパー(フッカー)、スーザン・ヘイワード(リア・フラー)、リチャード・ウィドマーク(フィスク)、ヒュー・マーロウ(ジョン・フラー)、キャメロン・ミッチェル(ルーク・デイリー)、リタ・モレノ(酒場の歌手)、ヴィクター・マニュエル・メンドーザ(ヴィセンテ・マダリアガ)ほか

「遠い喇叭(ラッパ)」のネタバレあらすじ結末

遠い喇叭(ラッパ)の紹介:1963年アメリカ映画。『リオ・グランデ』の原作者であるポール・ホーガンの小説『A Distant Trumpet』を基に製作された西部劇です。インディアン討伐隊のため砦に赴任した新任士官が指揮官の妻に恋をしてしまい、やがて彼女の夫を殺したインディアンを追撃すべく仲間たちと出撃するのですが・・・。
監督:ラオール・ウォルシュ 出演者:トロイ・ドナヒュー(マシュー・ハザード少尉)、スザンヌ・プレシェット(キティ・メインウェアリング)、ジェームズ・グレゴリー(アレキサンダー・クエイント少将)、ダイアン・マクベイン(ローラ・フレリーフ)、クロード・エイキンス(シーリー・ジョーンズ)、ウィリアム・レイノルズ(テディ・メインウェアリング中尉)ほか

「モンタナの西」のネタバレあらすじ結末

モンタナの西(別題:大西部の誓い)の紹介:1964年アメリカ映画。死んだ親友のダメ息子を立ち直らせるために元保安官が通販カタログを頼りに花嫁をさがす。この異色西部劇の脚本・監督のバート・ケネディはランドルフ・スコット主演、バッド・ベティカー監督の西部劇『七人の無頼漢』の脚本家として映画のキャリアをスタートさせ、監督としても『女ガンマン・皆殺しのメロディ』等多くの西部劇を手掛けた。
監督:バート・ケネディ 出演者:バディ・イブセン(ウィル・レーン)、ケア・デュリア(リー・キャリー)、マリー・ウィンザー(ヘレン)、ウォーレン・オーツ(ジェイス)、ロイス・ネトルトン(アニー)その他

1 2 3 4 5 10
TOP↑