Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

SF映画のネタバレ

SF映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のSF映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「ビギニング」のネタバレあらすじ結末

ビギニングの紹介:2015年オーストラリア映画。ある夜、隕石の衝突現場に遭遇したデヴィッドは大けがを負っていました。しかし、けがは完治し、死んだ妻に移植した片方の腎臓まで復活していました。そしてデヴィッドは、仲良くなった義足の帰還兵のザックの片足を復活させ、一緒に隕石を守るボックスを作りはじめました。その頃この隕石を戦争兵器にしようとする政府のエージェントたちが迫っていました…という内容のSFサスペンス映画です。
監督:マーク・ファーミー 出演者:ジャイ・コートラエ(デヴィッド)、ケンドラ・アップルトン(アニー)、ブレン・フォスター(スタイプ)、トッド・ラサンス(ザック)ほか

「デビルマン」のネタバレあらすじ結末

デビルマンの紹介:2004年日本映画。デーモンたちに占領され始めた地球で、半分人間の心を持ったデーモン『デビルマン』になった高校生の明が、周りの大事な家族や恋人を失いながら、親友であり、デーモンの了に戦いに挑むという永井豪の大人気漫画『デビルマン』の実写版映画です。フルに活用されたCGにより、壮大なアニメの世界をリアルに再現しています。
監督:那須博之 出演者:伊崎央登(不動明 / デビルマン)、伊崎右典(飛鳥了 / サタン)、酒井彩名(牧村美樹)、宇崎竜童(牧村啓介)、阿木燿子(牧村恵美)ほか

「ジェットストリーム」のネタバレあらすじ結末

ジェットストリームの紹介:2013年アメリカ映画。天候を操作する気象兵器が暴走、地球上空のジェット気流の異常な加速により各地で嵐や竜巻が猛威を振るい始めました。人類の存亡の危機に立ち向かう人々の姿を描いたディザスター・パニック作品です。
監督:ジェフリー・ランドー 出演者:デヴィッド・チョカチ(スティーブ・“サニー”・シンプソン)、ドン・マイケル・ポール(ニコラス・ショー空軍少佐)、ルース・カーニー(エンジェル)、スティーヴン・ハートリー(ジャック)、プレストン・ジェームス・ヒリアー(ダニエル・バーグ)ほか

「アルマゲドン2014」のネタバレあらすじ結末

アルマゲドン2014の紹介:2014年アメリカ映画。数多くの低予算B級映画・便乗系映画を世に送り出してきたアサイラムが贈るB級ディザスター・パニック映画です。もちろんマイケル・ベイ監督の「アルマゲドン」とは何の関係も繋がりもありません。地球付近に飛来してきた超巨大な小惑星の衝突を回避すべく、地球人類は深海で核爆発を起こして地球の軌道をずらすという奇想天外の驚愕の作戦に打ってでるのですが・・・。
監督:クリストファー・レイ 出演者:ティア・カレル(マリサ・ノックス)、ジェイソン・ブルックス(チェイス)、ロバート・ダヴィ(マスターソン将軍)、ティム・ラス(ロジャース艦長)、ウェイド・F・ウィルソン(ルディ)、クレイグ・ブレア(エバン・テリー)ほか

「クライシス・デイ」のネタバレあらすじ結末

クライシス・デイの紹介:2012年アメリカ映画。太陽が史上最大の爆発を起こし巨大フレアが発生したことにより、地球上では大規模停電が続いていました。地下シェルターでは大統領らが今後の方針を話し合い、住民たちは電気の無い生活を強いられました。そして食料が尽き始めた頃、想定外の問題が発生し始めました…という内容のディザスターパニック映画です。
監督:マシュー・ヤング 、ジャレッド・ヤング 出演者:トム・サイズモア(ビンセント将軍)、ウィルバー・フィッツジェラルド (大統領)、アレックス・ヴァン (スコット)、ロバート・プラルゴ(アート) ほか

「IMPACT インパクト/ムーンパニック」のネタバレあらすじ結末

IMPACT インパクト/ムーン・パニックの紹介:2009年アメリカ, ドイツ, カナダ 映画。アメリカ・カナダ・ドイツが合作して製作したテレビ映画です。月に衝突した天体が影響して39日後に月が地球に衝突してしまうことが判明、地球の滅亡の危機を回避すべく人類が奮闘していく様を描いています。
監督:マイク・ロール 出演:デヴィット・ジェームズ・エリオット(アレックス)、ナターシャ・ヘンストリッジ(ローズ)、ベンヤミン・サドラー(ローランド)、ほか

「フラッシュ・ゴードン」のネタバレあらすじ結末

フラッシュ・ゴードンの紹介:1980年アメリカ映画。今やカルト映画を語る上で外せない作品となっているのが本作「フラッシュゴードン」です。時折他の映画の中でもマニアックな話の代表作として登場することもあります。単なるアメフト選手のフラッシュが地球を守るため宇宙の悪者と戦う単純明快なストーリーもどこか懐かしさを感じてしまいます。
監督:マイク・ホッジス 出演:サム・ジョーンズ(フラッシュ・ゴードン)、マックス・フォン・シドー(ミン皇帝)、メロディ・アンダーソン(デイル・アーデン)、オルネラ・ムーティ(オーラ姫)、ティモシー・ダルトン(パリン王子)、ほか

「シー・ユー・イエスタデイ」のネタバレあらすじ結末

シー・ユー・イエスタデイの紹介:2019年アメリカ映画。黒人の秀才コンビであるCJとセバスチャンはタイムマシーンを作ることに成功します。CJの兄カルヴィンが死んでしまったことをきっかけに、タイムトラベルをする頻度が増す二人。そこで待ち受けていたリスクとは?黒人映画監督の代表格、スパイク・リーが製作を務めた作品です。
監督:ステフォン・ブリンストル 出演:エデン・ダンカン=スミス(CJ)、ダンテ・クリッチロウ(セバスチャン)、アストロ(カルヴィン)、マイケル・J・フォックス(ロックハート先生)、ほか

「メン・イン・ブラック:インターナショナル」のネタバレあらすじ結末

メン・イン・ブラック:インターナショナルの紹介:2019年アメリカ映画。ウィル・スミス主演で人気を博した人気シリーズ第4弾で、キャストを一新して新しいMIB(メン・イン・ブラック)として描いています。敏腕エージェントだがいいかげんなHと、エリート新人のエージェントMの2人が、地球に迫る危機に挑む。「マイティソー バトルロイヤル」で共演したクリス・ヘムズワースとテッサ・トンプソンが再びタッグを組んでいます。
監督:F・ゲイリー・グレイ 出演:クリス・ヘムズワース(エージェントH)、テッサ・トンプソン(エージェントM)、エマ・トンプソン(エージェントO)、リーアム・ニーソン(ハイT)、レベッカ・ファーガソン(リザ)、レイフ・スポール(エージェントC)、ほか

「絶対能力 FBIサイコメトラー捜査官」のネタバレあらすじ結末

絶対能力 FBIサイコメトラー捜査官の紹介:2006年カナダ映画。証拠品を触ることで、その時の状況が脳裏に見えるという特殊能力を持つ、女FBI特別捜査官ベックが、ある家庭の一人娘ミーガンの誘拐事件を担当することになりました。そしてベックは事件を解決しますが、まだ納得がいかない事がありました・・・という内容のSF サスペンス映画です。
監督:ジョン・ステッド 出演者:ジェニファー・ビールス(ベック特別捜査官)、ジョナサン・ゴード(ハンター捜査官)、デビッド・ストーチ(マイク・ウォーターズ)、ショーナ・ブラック(ジュリア・ウォーターズ)、オリビア・バランタイン(ミーガン・ウォーターズ)、スチュアート・ヒューズ(ベン・トムリンソン)、シャロン・ルイス(デイビス捜査官)、ローラ・バンダーボート(キャロリン)ほか

「戦国自衛隊1549」のネタバレあらすじ結末

戦国自衛隊1549の紹介:2005年日本映画。陸上自衛隊の人口磁場発生装置の実験中に戦国時代に飛ばされた、的場率いる第3特別実験中隊を救出するという名目で、戦国時代にタイムスリップするという内容の、1979年「戦国自衛隊」のリメイク作品です。オリジナルと内容は大きく違い、別物とも言っていいくらいです。
監督:手塚昌明 出演:江口洋介(鹿島勇祐 元2尉)、鈴木京香(神崎怜 2尉)、鹿賀丈史(的場毅 1佐/織田信長)、北村一輝(飯沼七兵衛)、綾瀬はるか(濃姫)、生瀬勝久(森彰彦 3佐)、嶋大輔(三國陸曹長)、的場浩司(与田 2尉)、宅麻伸(蜂須賀小六)、中尾明慶(藤介)、伊武雅刀(斉藤道三)、ほか

「ウエストワールド」のネタバレあらすじ結末

ウエストワールドの紹介:1973年アメリカ映画。アメリカ西部開拓時代・古代ローマ時代・中世ヨーロッパ時代を擬似体験できる超巨大施設「デロス」。弁護士のピーターとその友人ジョンはアメリカ西部開拓の荒野でバカンスを楽しむことに。ところが人間そっくりのロボットたちが次々に故障し始める…。
監督:マイケル・クライトン 出演:ユル・ブリンナー(ガンスリンガー)、リチャード・ベンジャミン(ピーター・マーティン)、ジェームズ・ブローリン(ジョン・ブレイン)、ノーマン・バートールド(中世の騎士)、アラン・オッペンハイマー(チーフ・スーパーバイザー)、ヴィクトリア・ショウ(中世の女王)、スティーヴ・フランケン(技術者)、ほか

「アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲」のネタバレあらすじ結末

アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲の紹介:2019年フィンランド,ドイツ映画。前作「アイアン・スカイ」から7年ぶりの続編。2047年、2018年のナチスとの戦いに勝利した人類は、壊滅した地球からかつてナチスが創り上げた月面基地で生活していた。月でのエネルギーが尽き果てようとしていた時、地球の深部「ロスト・ワールド」に新しいエネルギーがある事を知った人類はそれを求めてロスト・ワールドへと向かう。
監督:ティモ・ヴオレンソラ 出演:ララ・ロッシ(オビ)、ウラジミール・ブルラコフ(サーシャ)、キット・デイル(マルコム)、ユリア・ディーツェ(レナーテ・リヒター)、トム・グリーン(ドナルド)、ウド・キア(ウォルフガング・コーツフライシュ/アドルフ・ヒトラー)、ほか

「ネイビーシールズ vs エイリアン」のネタバレあらすじ結末

ネイビーシールズ vs エイリアンの紹介:2019年アメリカ映画。クリスら海軍特殊部隊のネイビーシールズは、大統領の指令を受け、コーカサスの森にある極秘研究所に向かいました。100人いた研究員たちがいなくなり、通信も途絶えた原因の調査でした。到着すると、一人生き残った女性研究員のイザベラがいて、ここで起った事を話し始めました…という内容のSFアクション映画です。
監督:ジェレマイア・ジョーンズ 出演者:クレイトン・スナイダー(マイク)、スコット・C・ロウ(ソープ)、ダニエル・ワシントン(ジョンシー)、デヴィッド・メドウズ(クリス)、ラリッサ・アンドラージ(イザベラ)ほか

「昆虫大戦争」のネタバレあらすじ結末

昆虫大戦争の紹介:1968年日本映画。南の孤島に水爆を積んだ米軍機が墜落しました。この様子を目撃した昆虫採集家の譲治は、乗員殺しの容疑者として逮捕され、譲治を助けるため、東京から南雲がやってきました。南雲が調べると、毒蜂がこの事件の大きなカギをにぎることが分かりました…という内容の映画です。昆虫パニックのようですが、東西の冷戦をテーマにした社会派ドラマでもあります。
監督:二本松嘉瑞 出演者:園井啓介(南雲)、川津祐介(秋山譲治)、新藤恵美(秋山ゆかり)、キャシー・ホーラン(アナベル)、チコ・ローランド(チャーリー)、瞳麗子(小室)、ロルフ・ジェッサー(ゴードン中尉)ほか

1 2 3 4 5 27
TOP↑