SF映画のネタバレ

SF映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のSF映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「美女と液体人間」のネタバレあらすじ結末

美女と液体人間の紹介:1958年日本映画。本作を遡ること4年前(1954)に映画『ゴジラ』を誕生させた男たち。製作・田中友幸、監督・本多猪四郎、特技・円谷英二の特撮映画トリオが世に送りだしたキワモノ作品です。公開時、プログラムピクチャーとして、子供から大人まで幅広い年齢層に映画館へ足を運んでもらえるよう工夫が凝らされています。子供たちは液体人間の登場に、大人は美人でグラマラスな白川由美の姿態に胸をワクワクさせたことでしょう。共に見せ場を設け、東宝エンターティメントの底力を見せつけます。
監督:本多猪四郎、特技監督:円谷英二 出演者:白川由美(新井千加子)、佐原健二(政田)、平田昭彦(富永捜査一課長)、佐藤允(内田)、小沢栄太郎(宮下刑事部長)、千田是也(真木博士)ほか

「密航者」のネタバレあらすじ結末

密航者の紹介:2021年アメリカ,ドイツ映画。2年間の火星のミッションに参加したバーネットとゾーイとデビット。ロケットは順調に発射し、3人は計画通りに火星へと向かっていました。しかし、いるはずのない人物が何かのトラブルによって、船内に潜んでいたことが発覚します。3人を想定して準備がなされていた船内では深刻な酸素問題に直面。4人で火星へ向かうことを目指してそれぞれが尽力します。
監督: ジョー・ペナ 出演:トニ・コレット(バーネット)、アナ・ケンドリック(ゾーイ)、ダニエル・デイ・キム(デビット)、シャミア・アンダーソン(マイケル)、ほか

「地球へ2千万マイル」のネタバレあらすじ結末

地球へ2千万マイルの紹介:1957年アメリカ映画。イタリアのシシリー島に墜落した宇宙船、それはワシントンから発射された金星探査船でした。宇宙船の中には捕獲された金星生物がいましたが、地球の空気を吸って巨大化し、やがてローマの街を破壊しはじめます…という内容の1957年のSF映画です。『金星怪獣イーマの襲撃』という邦題でテレビ放送されたこともあり、大ヒットSF映画『キングコング』のオマーシュとしても有名です。
監督:ネイザン・ジュラン 出演者:ウィリアム・ホッパー(ロバート・カルダー大佐)、ジョーン・テイラー(マリザ・レオナルド)、トーマス・ブラウン・ヘンリー(マッキントッシュ少将)、フランク・パグリア(レオナルド博士)、ジョン・ザレンバ(ジュドソン・ユール博士)、ジャン・アーヴァン(コンティーノ)、バート・ブレイヴァーマン(ペペ)ほか

「ドッペルゲンガー 複製された者」のネタバレあらすじ結末

ドッペルゲンガー 複製された者の紹介:2016年ブラジル映画。仕事をしない職員たちに頭を悩ませていた特許庁の部長リスボアは、申請されたタイムマシンで人間の複製が出来ることを知り、職員たちの複製を作って仕事をやらせようと実行しますが…という内容の、ブラジル発のSFコメディ映画です。後半は本物と複製が入り乱れ、どっちがどっちかわからなくなってしまう展開です。
監督:サンティアゴ・デラペ 出演者:エドゥ・モラセス(ジョナス)、エウシー・デ・ソウザ(リスボア)、ビアンカ・ミュラー(カロル)、アンドレ・デカ(ゼ)、ロザンナ・ヴィエガス(シャーリー)ほか

「ANOTHER GANTZ」のネタバレあらすじ結末

ANOTHER GANTZ(アナザーガンツ)の紹介:2011年日本。劇場版GANTZでは語られなかったもう一つのストーリーを描いたテレビ作品。電車に轢かれて大事故になったはずの現場から忽然と姿を消した遺体。その不可解な現象を追いかけるルポライターの菊地が、GANTZの存在を知り玄野達の足跡を追いながら、GANTZの秘密に迫ろうとする。
監督:佐藤信介 出演:二宮和也(玄野計)、松山ケンイチ(加藤勝)、加藤晴彦(菊地誠一)、本郷奏多(西丈一郎)、夏菜(岸本恵)、田口トモロヲ(鈴木良一)、山田孝之(重田正光)、ほか

「マックィーンの絶対の危機(ピンチ)」のネタバレあらすじ結末

マックィーンの絶対の危機(ピンチ)の紹介:1958年アメリカ映画。人間を餌に成長を続ける怪物との戦いを描くSFパニック作品。ある夜、上空から隕石のような物が森に落下した。石の中にはブヨブヨとした謎の物体が入っており、それに触った第一発見者の老人が飲み込まれてしまう。町の青年スティーヴとその恋人ジェーンは、怪物の危険を警察に知らせるが相手にして貰えなかった。その間にも怪物は人間を餌に成長を続け、手がつけられないほど巨大化してしまう。名優スティーヴ・マックィーンの映画初主演作。1988年に「ブロブ/宇宙からの不明物体」としてリメイクされた。別題は「マックィーンの人喰いアメーバの恐怖」「SF人喰いアメーバの恐怖」。
監督:アーヴィン・ショーテス・イヤワース・Jr 出演者:スティーヴ・マックィーン(スティーヴ・アンドリュース)、アール・ロウ(デイヴ)、オーリン・ハウリン(老人)、アニタ・コルシオ(ジェーン・マーティン)、スティーヴン・チェイス(ハレン医師)ほか

「竹取物語」のネタバレあらすじ結末

竹取物語の紹介:1987年日本映画。竹取物語を原案として、かぐや姫が宇宙人だったという設定で描いた、豪華キャスト出演のSF大作です。東宝の特撮技術を生かし、更にSFXも駆使し、巨大竜との戦いや『未知との遭遇』ばりのUFOシーンも見ものの一つです。
監督:市川崑 出演者:沢口靖子(加耶)、三船敏郎(竹取の造)、若尾文子(田吉女)、中井貴一(大伴の大納言)、春風亭小朝(車持の皇子)、竹田高利(安倍の右大臣)、石坂浩二(帝)、小高恵美(明野)、中村嘉葎雄(理世)、伊東四朗(僧上の道尊)ほか

「ブレイブ 群青戦記」のネタバレあらすじ結末

ブレイブ 群青戦記の紹介:2021年日本映画。笠原真樹原作の漫画『群青戦記 グンジョーセンキ』を、主演に新田真剣佑を迎えて実写映画化した歴史SFアクション映画です。部活の名門校の高校生アスリートたちがひょんなことから学校ごと戦国時代にタイムスリップしてしまい、元の時代に戻るために決死の戦いを挑む様を描きます。2020年に他界した三浦春馬が重要な役どころを演じ、渡邊圭祐『仮面ライダージオウ』、濱田龍臣『ウルトラマンジード』、飯島寛騎『仮面ライダーエグゼイド』、市川知宏『仮面ライダーセイバー』、池田純矢『海賊戦隊ゴーカイジャー』、高橋光臣『轟轟戦隊ボウケンジャー』といった特撮経験者が脇を固めています。
監督:本広克行 出演者:新田真剣佑(西野蒼)、山崎紘菜(瀬野遥)、鈴木伸之(松本考太)、渡邊圭祐(不破瑠衣/簗田政綱)、濱田龍臣(吉元萬次郎)、鈴木仁(黒川敏晃)、飯島寛騎(成瀬勇太)、福山翔大(相良煉)、長田拓郎(高橋鉄男)、足立英(藤岡由紀夫)、水谷果穂(鈴木あさみ)、宮下かな子(今井慶子)、市川知宏(佐野亮)、草野大成(小暮サトシ)、木下彩音(小池翔子)、池田純矢(木下藤吉郎)、高橋光臣(本多正信)、三浦春馬(松平元康)、松山ケンイチ(織田信長)ほか

「インベージョン」のネタバレあらすじ結末

インベージョンの紹介:2007年アメリカ映画。ジャック・フィニイのSF小説『盗まれた街』ボディスナッチャーの4度目のリメイク作品。『インベージョン』では、エイリアンを地球外のウィルスに置き換え、感染して眠ってしまうとレム睡眠中に遺伝子を乗っ取られ発症するという設定になっています。発症すると無症状で感情の無い人間になるオリジナルに沿っています。ニコール・キッドマン演じるヒロインが、感染しながらも眠らず、免疫を持った息子を助け出すというストーリーです。
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル 出演者:ニコール・キッドマン(キャロル・ベネル)、ダニエル・クレイグ(ベン・ドリスコル)、ジェレミー・ノーサム(タッカー・カウフマン)、ジャクソン・ボンド(オリバー)、ジェフリー・ライト(スティーブン・ガレアーノ)、ヴェロニカ・カートライト(ウェンディ・レンク)、ジョセフ・ソマー(ヘンリク・ベリチェク)、セリア・ウェストン(ラディ・ベリチェク)、ロジャー・リース(ヨリッシュ)ほか

「デンジャー・ゾーン」のネタバレあらすじ結末

デンジャー・ゾーンの紹介:2021年アメリカ映画。2036年、近未来の東欧で戦争が勃発。その戦争に米軍は関わり、そこでハープ中尉はドローン操縦士として活動しています。しかし、上層部の命令にはむいたことにより左遷させられ、リオ大尉と働くことに。リオ大尉は悪の組織コバルに核兵器は渡らせることを阻止するために尽力し、ハープ中尉もその危険な任務に挑みます。
監督:ミカエル・ハフストローム 出演:アンソニー・マッキー(リオ)、ダムソン・イドリス(ハープ)、エミリー・ビーチャム(ソフィア)、ピルウ・アスベック(コバル)、ほか

「アンチ・ライフ」のネタバレあらすじ結末

アンチ・ライフの紹介:2020年カナダ映画。近未来を舞台に、危機を迎えた地球を捨てて新天地の惑星を目指す宇宙船内で人々を食らう謎の生命体に挑む元軍人らの戦いを描いたSFスリラーです。主演のブルース・ウィリスにとって宇宙を舞台にした作品への出演は『アルマゲドン』(1998年)以来となります。
監督:ジョン・スーツ 出演者:ブルース・ウィリス(クレイ・ヤング)、コディ・カースリー(ノア)、カサンドラ・クレメンテイ(ヘイリー)、トーマス・ジェーン(キールナン・アダムス提督)、ティモシー・V・マーフィ(スタンリー司令官)、カラン・マルヴェイ(ティーク)、レイチェル・ニコルズ(チェンバース)ほか

「フォース・プラネット」のネタバレあらすじ結末

フォース・プラネットの紹介:2016年アメリカ映画。砂漠で水を作ることに成功したスタナフォースは、火星を目指しています。彼の任務は火星で水を作りだし、人類が移住できる環境にするという片道切符の旅でした…という内容のSFスリラー映画です。映画の大半は、火星に向かう飛行船の船内でスタナフォースが徐々に変わっていく様子を描き、CGには素晴らしいものがあります。
監督:マーク・イライジャ・ローゼンバーグ 出演者:マーク・ストロング(ウィリアム・スタナフォース)、ルーク・ウィルソン(スキニー)、サナ・レイサン(マドックス)ほか

「トランス・ワールド」のネタバレあらすじ結末

トランス・ワールドの紹介:2011年アメリカ映画。車がガス欠になり、森を彷徨い小屋にたどり着いたサマンサは、同じような境遇で小屋に来たトムに会います。更にコンビニ強盗をしたジョディもやって来ます。帰る道が見つかるまで共同生活を始めた3人でしたが、3人の言っている場所とそれぞれの年代にずれがあることに気づき…という内容のタイムトラベル要素の入ったスリラー映画です。
監督:ジャック・ヘラー 出演者:サラ・パクストン(ジョディ)、スコット・イーストウッド(トム)、キャサリン・ウォーターストーン(サマンサ)、ショーン・サイポス(ハンス)、クリストファー・デナム(ケヴィン)ほか

「怪物の花嫁」のネタバレあらすじ結末

怪物の花嫁の紹介:1955年アメリカ映画。狂気の科学者が仕掛ける恐怖を描くSFホラー。田舎町の沼付近で、近隣住民が次々行方不明になる事件が発生していた。新聞記者ジャネットは沼のほとりに建つ屋敷が怪しいと睨み、そこに住むヴォルノフ博士について調べ始める。彼は放射線によって超人を造り出す人体実験に手を出しており、実験で得た巨大なタコを沼に住まわせていた。ジャネットはヴォルノフ博士の下僕ロボに捕まり屋敷に囚われてしまう。ジャネットもまた狂気の人体実験に使われそうになるが、そこに婚約者で警部補のディックが駆けつけ、ヴォルノフ博士の凶行を阻止しようとするのだった。ヴォルノフ博士を演じるのは、「魔人ドラキュラ(1931年)」などで知られる往年の怪奇映画スター、ベラ・ルゴシ。監督を務めるのは、「史上最低の映画監督」の異名を取るエド・ウッド。
監督:エドワード・D・ウッド・Jr. 出演者:ベラ・ルゴシ(エリック・ヴォー / ルノフ博士)、トー・ジョンソン(ロボ)、ロレッタ・キング(ジャネット・ロートン)、トニー・マッコイ(ディック・クレイグ)、ハーヴェイ・B・ダン(トム・ロビンズ)ほか

「TRANSPORT トランスポート」のネタバレあらすじ結末

TRANSPORT トランスポートの紹介:2005年カナダ映画。ヤクの売人アートの恋人が、ヤクのやり過ぎで倒れ昏睡状態になりました。仲のいい浮浪者のハーベイがタイムマシンだと言った椅子を見つけためしにやってみると、本当に時間移動できました。そこでアートは恋人を助ける為、現在と過去を行き来しながら歴史を変えようとし始めました・・・という内容のSFファンタジー映画です。
監督:デヴィッド・レイ 出演者:ジェイ・バルシェル(アート)、サラ・リンド(コーディ)、ジム・バーンズ(ハーベイ)、ニール・デニス(サドン)、バークレイ・ホープ(コーディの父)、リアム・マクギガン(デビッド)ほか

1 2 3 4 5 33

キーワードから探す

TOP↑