SF映画のネタバレ

SF映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気のSF映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「アンチ・ライフ」のネタバレあらすじ結末

アンチ・ライフの紹介:2020年カナダ映画。近未来を舞台に、危機を迎えた地球を捨てて新天地の惑星を目指す宇宙船内で人々を食らう謎の生命体に挑む元軍人らの戦いを描いたSFスリラーです。主演のブルース・ウィリスにとって宇宙を舞台にした作品への出演は『アルマゲドン』(1998年)以来となります。
監督:ジョン・スーツ 出演者:ブルース・ウィリス(クレイ・ヤング)、コディ・カースリー(ノア)、カサンドラ・クレメンテイ(ヘイリー)、トーマス・ジェーン(キールナン・アダムス提督)、ティモシー・V・マーフィ(スタンリー司令官)、カラン・マルヴェイ(ティーク)、レイチェル・ニコルズ(チェンバース)ほか

「フォース・プラネット」のネタバレあらすじ結末

フォース・プラネットの紹介:2016年アメリカ映画。砂漠で水を作ることに成功したスタナフォースは、火星を目指しています。彼の任務は火星で水を作りだし、人類が移住できる環境にするという片道切符の旅でした…という内容のSFスリラー映画です。映画の大半は、火星に向かう飛行船の船内でスタナフォースが徐々に変わっていく様子を描き、CGには素晴らしいものがあります。
監督:マーク・イライジャ・ローゼンバーグ 出演者:マーク・ストロング(ウィリアム・スタナフォース)、ルーク・ウィルソン(スキニー)、サナ・レイサン(マドックス)ほか

「トランス・ワールド」のネタバレあらすじ結末

トランス・ワールドの紹介:2011年アメリカ映画。車がガス欠になり、森を彷徨い小屋にたどり着いたサマンサは、同じような境遇で小屋に来たトムに会います。更にコンビニ強盗をしたジョディもやって来ます。帰る道が見つかるまで共同生活を始めた3人でしたが、3人の言っている場所とそれぞれの年代にずれがあることに気づき…という内容のタイムトラベル要素の入ったスリラー映画です。
監督:ジャック・ヘラー 出演者:サラ・パクストン(ジョディ)、スコット・イーストウッド(トム)、キャサリン・ウォーターストーン(サマンサ)、ショーン・サイポス(ハンス)、クリストファー・デナム(ケヴィン)ほか

「怪物の花嫁」のネタバレあらすじ結末

怪物の花嫁の紹介:1955年アメリカ映画。狂気の科学者が仕掛ける恐怖を描くSFホラー。田舎町の沼付近で、近隣住民が次々行方不明になる事件が発生していた。新聞記者ジャネットは沼のほとりに建つ屋敷が怪しいと睨み、そこに住むヴォルノフ博士について調べ始める。彼は放射線によって超人を造り出す人体実験に手を出しており、実験で得た巨大なタコを沼に住まわせていた。ジャネットはヴォルノフ博士の下僕ロボに捕まり屋敷に囚われてしまう。ジャネットもまた狂気の人体実験に使われそうになるが、そこに婚約者で警部補のディックが駆けつけ、ヴォルノフ博士の凶行を阻止しようとするのだった。ヴォルノフ博士を演じるのは、「魔人ドラキュラ(1931年)」などで知られる往年の怪奇映画スター、ベラ・ルゴシ。監督を務めるのは、「史上最低の映画監督」の異名を取るエド・ウッド。
監督:エドワード・D・ウッド・Jr. 出演者:ベラ・ルゴシ(エリック・ヴォー / ルノフ博士)、トー・ジョンソン(ロボ)、ロレッタ・キング(ジャネット・ロートン)、トニー・マッコイ(ディック・クレイグ)、ハーヴェイ・B・ダン(トム・ロビンズ)ほか

「TRANSPORT トランスポート」のネタバレあらすじ結末

TRANSPORT トランスポートの紹介:2005年カナダ映画。ヤクの売人アートの恋人が、ヤクのやり過ぎで倒れ昏睡状態になりました。仲のいい浮浪者のハーベイがタイムマシンだと言った椅子を見つけためしにやってみると、本当に時間移動できました。そこでアートは恋人を助ける為、現在と過去を行き来しながら歴史を変えようとし始めました・・・という内容のSFファンタジー映画です。
監督:デヴィッド・レイ 出演者:ジェイ・バルシェル(アート)、サラ・リンド(コーディ)、ジム・バーンズ(ハーベイ)、ニール・デニス(サドン)、バークレイ・ホープ(コーディの父)、リアム・マクギガン(デビッド)ほか

「GANTZ: PERFECT ANSWER」のネタバレあらすじ結末

GANTZ: PERFECT ANSWER(ガンツ:パーフェクトアンサー)の紹介:2011年日本映画。奥浩哉原作の人気コミックを実写化した二部作の後編部分に当たるのが本作。謎の黒い球体GANTZに集められた者達が街に潜む星人と命懸けの戦いを繰り広げる様を描いています。原作とは違うオリジナルの展開に注目です。
監督:佐藤信介 原作:奥浩哉 出演:二宮和也(玄野計)、松山ケンイチ(加藤勝)、吉高由里子(小島多恵)、本郷奏多(西丈一郎)、夏菜(岸本恵)、千阪健介(加藤歩)、白石隼也(桜井弘斗)、緑友利恵(山本真子)、玄覺悠子(坂野理沙)、若葉竜也(高橋光輝)、阪田マサノブ(小林新一)、越村友一(中村孝太)、橋本まつり(玉男)、戸田菜穂(北倉玲子)、綾野剛(黒服 壹)、伊藤歩(鮎川映莉子)、田口トモロヲ(鈴木良一)、山田孝之(重田正光)、ほか

「ドミニオン(2014年)」のネタバレあらすじ結末

ドミニオンの紹介:2014年アメリカ映画。元政府エージェントのロバートは宇宙人だと名乗るジェレインから「5日後にドラコニアンの侵略が始まり、人類にとって大きな転換を迎える」と教えられます。半信半疑のロバートでしたが、ジェレインがUFOを呼び、降りてきた女性を紹介したことから、ジェレインを信じ地球を守ろうと動きはじめます…という内容のSFサスペンス映画です。スケールの大きいテーマですが、宇宙人との戦闘シーンは無く、ロバートとジェレインのやり取りのストーリーになっています。
監督:リチャード・ロウリー 出演者:バリー・リンチ(ロバート・ケイシー)、トラヴィス・ハマー(ジェレイン)、クリスティーン・ジョエル(アリッサ)、ブーブー・スチュワート(マレク)ほか

「ザ・メッセージ 地球侵略」のネタバレあらすじ結末

ザ・メッセージ 地球侵略の紹介:2014年アメリカ映画。レイプや中絶の暗い過去を持つ妹のレベッカに12年ぶりに会い、母の遺骨を散骨するため思い出の別荘を訪れたアビーが、湖畔で黒い玉を見つけたことから、12年前にレベッカを襲ったエイリアンにつけ狙われることになるというSFスリラー映画です。
監督:ジェレミー・バーグ 出演者:アンジェラ・ディマルコ(アビー)、デヴィッド・ホーガン(カルヴィン)、ケイト・オルデン(レベッカ)ほか

「人造人間クエスター」のネタバレあらすじ結末

人造人間クエスターの紹介:1974年アメリカ映画。クエスターを名乗る人造人間が、開発者の助手と共に自分の使命を探っていくSFサスペンス。各国より頭脳の粋が集められ、アンドロイド開発プロジェクト「クエスター計画」が極秘に進められていた。しかし主要メンバーのヴァスロヴィック博士が行方をくらませてしまい、残った人員ではアンドロイドを起動することが出来ない。計画は失敗に終わるかと思われたが、無人の研究室でアンドロイドが目を覚ました。彼は自らを「クエスター」と称し、ヴァスロヴィックの助手ロビンソンに協力してもらいロンドンへと向かう。彼には何故かヴァスロヴィックを探し出さなければならないという強い使命感があった。クエスターが逃走したと知った研究員ダーロ博士は、軍にも協力を要請してクエスターとロビンソンの後を追う。
監督:リチャード・A・コーラ 出演者:ロバート・フォックスワース(クエスター)、マイク・ファレル(ジェリー・ロビンソン)、ジョン・ヴァーノン(ジェフリー・ダーロ)、リュー・エアーズ(ヴァスロヴィック)、ジェームズ繁田(ドクター・チェン)ほか

「アイ・アム・オメガ」のネタバレあらすじ結末

アイ・アム・オメガの紹介:2007年アメリカ映画。未知のウィルスによって凶暴化した人類と戦う男性の姿を描くSFホラー。世界中で人間を凶暴化させるウィルスが広まった。感染者は爆発的に増加し、ついに世界は滅亡寸前まで追い詰められてしまう。数少ない生存者であるレンチャードは、ある日パソコンを通じて見知らぬ女性からの救助要請を受け取った。ブリアナと名乗る彼女は、生存者が集まる街アンテオケを目指す途中で感染者に囲まれてしまい、建物から出られなくなったらしい。一旦はブリアナの頼みを拒絶したレンチャードだったが、通信を傍受していたアンテオケの兵士達に脅され、救出作戦に参加することになった。ブリアナはウィルスの抗体を有している貴重な人間だったのだ。
監督:グリフ・ファースト 出演者:マーク・ダカスコス(レンチャード)、ジェフ・ミード(ヴィンセント)、ジェニファー・リー・ウィギンス(ブリアナ)、ライアン・ロイド(マイク)、ジョシュア・シュレーゲル(レンチャードの息子)ほか

「THX-1138」のネタバレあらすじ結末

THX-1138の紹介:1971年アメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズの生みの親であるジョージ・ルーカスの監督デビュー作となるSFディストピア映画です。フランシス・フォード・コッポラが製作総指揮を務め、全ての人がコンピューターで管理される近未来を舞台に人間としての自由を追い求める主人公の苦悩と闘いを描きます。後にルーカスが設立した会社名や音響技術の「THX」も本作が由来です。
監督:ジョージ・ルーカス 出演者:ロバート・デュヴァル(THX-1138)、マギー・マコーミー(LUH-3417)、ドナルド・プレザンス(SEN-5241)、ドン・ペドロ・コリー(SRT)、マーシャル・エフロン(TWA)、シド・ヘイグ(NCH)、ジョン・ピアーズ(DWY)、ジェームス・ウィートン(OMM-0910)ほか

「ドラゴンヘッド」のネタバレあらすじ結末

ドラゴンヘッドの紹介:2003年日本映画。漫画家、望月峯太郎の同名人気コミックを妻夫木聡、神田沙也加ことSAYAKAのW主演で映画化。修学旅行中の若者たちに突如世界の終わりが訪れる。その極限状態の中懸命に生き抜く姿が描かれています。
監督:飯田譲治 出演:妻夫木聡(青木テル)、SAYAKA(瀬戸アコ)、山田孝之(高橋ノブオ)、藤木直人(仁村)、近藤芳正(岩田)、根津甚八(松尾)、寺田農(安藤)、谷津勲(福島)、大川翔太(シュン)、吉岡祥仁(ジュン)、ほか

「ミッドナイト・スカイ」のネタバレあらすじ結末

ミッドナイト・スカイの紹介:2020年アメリカ映画。2049年、人類滅亡の危機に瀕している地球。科学者オーガスティンは北極圏の天文台にひとり残り、宇宙探査ミッションを終えて地球に帰還しようとする宇宙船へ交信し帰還を止めようと奔走する。原作はリリー・ブルックス=ダルトンのSF小説『世界の終わりの天文台』。Netflixオリジナル映画作品。
監督:ジョージ・クルーニー 出演:ジョージ・クルーニー(オーガスティン・ロフトハウス)、フェリシティ・ジョーンズ(アイリス・“サリー”・サリヴァン)、カイル・チャンドラー(ミッチェル大佐)、デミアン・ビチル(サンチェス)、デヴィッド・オイェロウォ(ゴードン・アドウォール船長)、ティファニー・ブーン(マヤ・ローレンス)、ソフィー・アンドル(ジーン・サリヴァン)、ティム・ラス(メイソン・モズリー)、ミリアム・ショア(ミッチャルの妻)ほか

「新エイリアン 最終繁殖」のネタバレあらすじ結末

新エイリアン 最終繁殖の紹介:2015年アメリカ映画。宇宙から飛来してきた巨大な卵から新種のエイリアンが生まれ、更生キャンプを行っていた若者たちとスタッフを襲うという内容のモンスター映画です。舞台は宇宙ではなく砂漠地帯で、エイリアンは鋼鉄製のターミネーターのような体で、どんな攻撃をしてもなかなか死なないエイリアンです。
監督:グレッグ・キーファー 出演者:ジョン・レッドリンガー(ロス・ヤング)、ジェス・マッカラン(クレア・テイラー)、カール・マキネン(バート・グッドマン)、クレア・ニエーダープルーム(コートニー)、ライアン・ジマー(ルイス・ラミレス)ほか

「H.G.ウェルズのSF月世界探検」のネタバレあらすじ結末

H.G.ウェルズのSF月世界探検の紹介:1964年イギリス映画。SF作家で名高いハーバート・ジョージ・ウェルズの、日本では児童書として訳されている『月世界最初の人間』を原作としたSF映画。最初に月に降り立った男が語る恐るべき真実とは。
監督:ネイザン・ジュラン 出演:エドワード・ジャッド(アーノルド・ベッドフォード)、マーサ・ハイヤー(キャサリン・カレンダー)、ライオネル・ジェフリーズ(ジョセフ・カボール)、マイルズ・メイルソン、ピーター・フィンチ、ほか

1 2 3 4 5 32

キーワードから探す

TOP↑