SF映画のネタバレ

「侍女の物語」のネタバレあらすじ結末

侍女の物語の紹介:1990年アメリカ,ドイツ映画。マーガレット・アトウッドの同名小説を原作にした近未来SF映画。ほとんどの女性が子供を産めなくなった未来、とりわけ女性が抑圧されている全体主義国家のギレアデ共和国。妊娠可能な少数の女性は「侍女」として特権階級の夫婦に仕えなければならなかった。夫を殺され娘と引き離されたケイトも侍女にさせられる。同じ原作から2017年にHuluにより製作されたドラマは第69回エミー賞の主要部門で受賞を果たした。
監督:フォルカー・シュレンドルフ 出演者:ナターシャ・リチャードソン(ケイト/オフフレッド)、フェイ・ダナウェイ(セリーナ)、エイダン・クイン(ニック)、エリザベス・マクガヴァン(モイラ)、ロバート・デュヴァル(フレッド)

「宇宙人の解剖」のネタバレあらすじ結末

宇宙人の解剖の紹介:2006年ドイツ,イギリス映画。違法コピー製品を販売していたレイが、ある老人から宇宙人の解剖フィルムを見せられます。このフィルムで金儲けをしようと買ったものの、フィルムには何も映っていなく悩んだ末、ヤラセフィルムを作ることにしました。しかしこれが本物と称され二人の嘘は嘘の上塗りをはじめ後戻りできなくなりました・・・とう話の実在する『宇宙人解剖フィルム』に関する再現映画です。
監督:ジョニー・キャンベル 出演者:デクラン・ドネリー(レイ・サンティリ)、アント・マクパートリン(ゲイリー・シュフィールド)、ビル・プルマン(モーガン・バナー)、モーウィーナ・バンクス(ジャスミン)、ハリー・ディーン・スタントン(ハーヴェイ)、オミッド・ジャリリ(メリック)、ジョン・カーター(モーリス)ほか

「RECON 2022 サイボーグ惑星攻略」のネタバレあらすじ結末

RECON(リーコン)2022 -サイボーグ惑星攻略-の紹介:2007年カナダ映画。銀河系最強舞台といわれるチームの宇宙戦闘シリーズものの2作目です。今回は氷の惑星メゾを舞台に、中尉に昇格したシャープらの基地爆破作戦が決行されます。スターウォーズに似た作品ですが、CGもスケールもスターウォーズの比ではありません。
監督:クリスチャン・ヴィール 出演者:アンディ・ブラッドショー(シャープ)、ハイジ・ホーキンス(ジェシー)、ディーク・リチャーズ(スコット)、ジョン・ファロン、ジリアン・リーほか

「漂流教室」のネタバレあらすじ結末

漂流教室の紹介:1987年日本映画。神戸の国際学校で突然起こった竜巻で学校が未来にタイムスリップし中にいた生徒や先生など全員が一緒にタイムスリップしてしまうという楳図かずおの同名漫画を大林宣彦による映画化した作品です。日本映画でありながら学校内は英語の会話が多い異色作です。
監督:大林宣彦 出演者:林泰文(高松翔)、三田佳子(高松恵美子)、小林稔侍(高松芳男)、トーマス・サットン(マーク)、オーラ・ラニ(ジェシカ)、南果歩(久和みどり)、トロイ・ドナヒュー(タガート)、尾美としのり(関谷)ほか

「ソーラー・ストライク2013」のネタバレあらすじ結末

ソーラー・ストライク2013の紹介:2013年カナダ映画。「全人類の祈りとともに男たちは宇宙へ旅立つ」というキャッチコピーで、制御不能となった宇宙船が太陽に向けて暴走したことを契機に、地球を焼失させる未曾有のソーラー・ストームが発生し、人類滅亡までの日が迫る中、勇士たちの命懸けの挑戦を描いた感動のSFパニック・アクション映画です。
監督:マイケル・ロビソン 出演:デヴィッド・ジェームズ・エリオット(ドン・ウィンクロフト)、ジュリア・オーモンド(ジョーン)、アンソニー・レムケ(クレイグ・バーカス)、ナタリー・ブラウン(シェリル)、アレクサンドル・ウィーナー(レジー)、ミレーヌ・ディン=ロビック(デニース)、ほか

「ブロブ/宇宙からの不明物体」のネタバレあらすじ結末

ブロブ/宇宙からの不明物体の紹介:1988年アメリカ映画。1958年のスティーブ・マックイーン主演の『SF人喰いアメーバの恐怖』のリメイクです。火の玉隕石が落ちてきたことによりアメーバ状の生命体が人々を襲うと言う内容です。オリジナルを当時のSFX技術を結集して見ごたえのある映像に作り上げています。
監督:チャック・ラッセル 出演者:ケヴィン・ディロン(ブライアン・フラッグ)、ショウニー・スミス(メグ・ペニー)、ドノヴァン・リーチ(ポール・テイラー)、ジェフリー・デマン(ハーヴ保安官)、ポール・マクレーン(ブリッグス保安官)、キャンディ・クラーク(フラン)、リッキー・ポール・ゴールディン(スコット・ジェスク)、ジョー・セネカ(メドウズ博士)
ほか

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のネタバレあらすじ結末

スター・ウォーズ/最後のジェダイの紹介:2017年アメリカ映画。邪悪な軍隊によって銀河の支配を企むファースト・オーダーが台頭。その脅威に対抗するにはジェダイの力が必要です。最後のジェダイであるルーク・スカイウォーカーを探し出すべく、レイはレイア・オーガナ将軍によって惑星オクトーにやって来るのです。ファースト・オーダーは新兵器をレジスタンスに破壊されたものの、レジスタンス基地を突きとめて、激しい攻撃を加え、レジスタンスを追い詰めていきます。一方のレイはルークを見つけ出したものの、彼はレイを拒否し続けるのですが、彼が明らかにする衝撃の真実とは?銀河を舞台に新たな物語が始まります。
監督:ライアン・ジョンソン 出演:デイジー・リドリー(レイ)、マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、アダム・ドライバー(カイロ・レン)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)、ジョン・ホイエガ(フィン)、オスカー・アイザック(ポー・ダメロン)、ドーナル・グリーソン(八ックス将軍)他

「スターウォーズ エピソード8/最後のジェダイ」のネタバレあらすじ結末

スター・ウォーズ/最後のジェダイの紹介:2017年アメリカ映画。ジョージ・ルーカス原作のSFスペースオペラの金字塔「スターウォーズ」シリーズの第8作(第8話)です。前作「スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒」の直後、ファースト・オーダーの反撃が激しくなる中、フォースを覚醒したレイは伝説のジェダイ・マスターであるルーク・スカイウォーカーと対面するのですが…。レイア姫役のキャリー・フィッシャーは今作が遺作となりました。
監督:ライアン・ジョンソン 出演者:デイジー・リドリー(レイ)、マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、アダム・ドライバー(カイロ・レン/ベン・ソロ)、キャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ・ソロ)、ジョン・ボイエガ(フィン)、オスカー・アイザック(ポー・ダメロン)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ジミー・ヴィー(R2-D2)ほか

「未来警察」のネタバレあらすじ結末

未来警察の紹介:1985年アメリカ映画。ロボットが生活必需品となった近未来で、警察にもロボット担当部署がありました。部署のラムゼイはロボットの改造チップにより、ロボットが犯罪に使われている事実を突き止め、相棒のトンプソンと共に首謀者を追うという内容の近未来アクション映画です。
監督:マイケル・クライトン 出演者:トム・セレック(ラムゼイ)、シンシア・ローズ(トンプソン)、ジーン・シモンズ(ルーサー)、カースティ・アレイ(ジャッキー)、スタン・ショウ(マーヴィン)、G・W・ベイリー(チーフ)、ジョーイ・クレイマー(ボビー)ほか

「予兆 散歩する侵略者 劇場版」のネタバレあらすじ結末

予兆 散歩する侵略者 劇場版の紹介:2017年日本映画。黒沢清監督『散歩する侵略者』のスピンオフ作品としてWOWOWで5話にわたって放送された『予兆 散歩する侵略者』の劇場版。『散歩する侵略者』と別の町で起きる、人から概念を奪う侵略者の物語。そして、侵略者に翻弄される夫婦の愛の物語。
監督:黒沢清 出演者:夏帆(山際悦子)、染谷将太(辰雄)、東出昌大(真壁司郎)、岸井ゆきの(浅川みゆき)、中村映里子(斉木葉子)、大杉漣(西崎)ほか

「アポロ18」のネタバレあらすじ結末

アポロ18の紹介:2011年アメリカ,カナダ映画。2011年に偶然ネットで発見された映像は、中止されたはずのアポロ18号の記録映像だった。秘密裏に打ち上げられたアポロ18号が月面に着陸し、乗組員が恐るべき事件に直面する様子をドキュメンタリータッチで映し出します。
監督:ゴンサーロ・ロペス=ガイェゴ 出演者:ライアン・ロビンズ(ジョン・グレイ)、ロイド・オーウェン(ネイサン・ウォーカー)、ウォーレン・クリスティー(ベン・アンダーソン)ほか

「タイムライン」のネタバレあらすじ結末

タイムラインの紹介:2003年アメリカ映画。「ジュラシック・パーク」の原作者であるマイケル・クライトンの同名小説を映画化したタイムトラベル映画です。中世と現代を股にかけ、行方不明になった遺跡発掘チームリーダーを助け出すために奮闘する考古学者らの冒険を描きます。
監督:リチャード・ドナー 出演者:ポール・ウォーカー(クリス・ジョンストン)、フランセス・オコナー(ケイト・エリクソン)、ジェラルド・バトラー(アンドレ・マレク)、ビリー・コノリー(エドワード・ジョンストン)、デヴィッド・シューリス(ロバート・ドニガー)ほか

「ジュラシック・プラネット 恐竜の惑星」のネタバレあらすじ結末

ジュラシック・プラネット 恐竜の惑星の紹介:2007年アメリカ映画。とある惑星からSOS信号を傍受した宇宙船は、発信元である惑星に兵士と科学者たちを送り込み調査を始めました。その惑星は人食い恐竜が沢山いました。そして異星人と会ったことから、科学者チームの陰謀が明らかになりはじめました・・・という低予算SF作品です。
監督:ゲイリー・ジョーンズ
出演者:スティーブン・バウアー(カーター)、テッド・ライミ(タイゴン)、ミュゼッタ・バンダー(ジャック)、バネッサ・エンジェル(アンナ)、ピーター・ジェイソン(パピー)ほか

「EXO エクソ:地球外侵略者」のネタバレあらすじ結末

EXO エクソ:地球外侵略者の紹介:2016年ドイツ映画。EXO(エクソ)と呼ばれる地球外生命体に襲撃されて破滅した人類。僅かに生き残った人々は地下生活を営み、兵士となった者達は地上でEXOと闘っていた。100日間という任務期間を与えられた1人の兵士が、監視塔で体験した悪夢を描く。海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のラムジー役で知られるイワン・リオン主演。閉鎖的な空間、不気味な深い森、声で繋がる“仲間”など、低予算ながらスリリングな展開でラストまで見せるSFサスペンス。
監督:クリスティアン・パスクァリエロ 出演:イヴァン・リオン(SUM1)、アンドレ・ヘンニック(MAC)、ライナー・ヴェルナー(VAX7)、ゾーイ・グライズデール(“はぐれ者”の女性)、ノーマン・リーダス(KER4)、ニルス・ブルーノ・シュミット(“はぐれ者”の男性)ほか

「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」のネタバレあらすじ結末

大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIEの紹介:2009年日本映画。長年人々に愛され続けてきたウルトラマンシリーズ。そんなウルトラマン達が一堂に会する超豪華作。新たなウルトラマン、ウルトラゼロも登場する、ウルトラマンファンならば見ない手はない超大作!
監督:坂本浩一 出演:南翔太(レイ)、黒部進(ハヤタ(ウルトラマン))、森次晃嗣(モロボシ・ダン(ウルトラセブン))、つるの剛士(アスカ・シン(ウルトラマンダイナ))、五十嵐隼士(ヒビノ ミライ(ウルトラマンメビウス))、宮迫博之(ウルトラマンベリアル)、宮野真守(ウルトラマンゼロ/テクターギア・ゼロ)、蝶野正洋(レイブラッド星人)、西岡徳馬(ウルトラの父)、小泉純一郎(ウルトラマンキング)、長谷川理恵(ウルトラの母)、石丸博也(ウルトラマンタロウ)、杉浦太陽(ムサシ)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 20
TOP↑