ターミネーターシリーズのネタバレ

ターミネーターシリーズのネタバレあらすじと結末の作品一覧です。スターミネーターシリーズのストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「ターミネーター:ニュー・フェイト」のネタバレあらすじ結末

ターミネーター:ニュー・フェイトの紹介:2019年アメリカ映画。1984年、アクション映画の革命作として世界を騒然とさせた『ターミネーター』。 そして7年後の1991年、バージョンアップを遂げ社会現象を起こした『ターミネーター2(T2)』。そのT2の“正統”な続編の物語。今回は予想をはるかに超える機能を備えた最新型ターミネーター“REV-9”、同じく未来から送り込まれてきた強化型兵士“スーパーソルジャー”のグレースが加わり、驚愕のバトルが展開されていく。
製作:ジェームズ・キャメロン 監督:ティム・ミラー  出演:リンダ・ハミルトン(サラ・コナー)、アーノルド・シュワルツェネッガー(T-800)、マッケンジー・デイヴィス(グレース)、ナタリア・レイエス(ダニー・ラモス)、ガブリエル・ルナ(REV-9)、ディエゴ・ボネータ(ディエゴ・ラモス)ほか

「ターミネーター2 3D」のネタバレあらすじ結末

ターミネーター2 3Dの紹介:2017年アメリカ映画。1991年に公開されたSF映画の金字塔、ターミネーター2が3D版になってスクリーンに帰ってきた。前作から10年後、1994年のロサンゼルスが舞台。人類抵抗軍と機械軍の双方から現代へ送り込まれたターミネーター。そして審判の日(ジャッジメント・デイ)を回避するために立ち上がる人類の戦いを描いた作品。アカデミー賞視覚効果賞、メイクアップ賞、音響効果賞、録音賞受賞作品。他、英国アカデミー賞やサターン賞などを多数受賞した伝説のSFアクション超大作。本作の上映時間は137分となりターミネーター2の劇場公開版と同じ構成となっている。
監督:ジェームズ・キャメロン 出演:アーノルド・シュワルツェネッガー(ターミネーター:T-800)、リンダ・ハミルトン(サラ・コナー)、エドワード・ファーロング(ジョン・コナー)、ロバート・パトリック(ターミネーター:T-1000)、ほか

「ターミネーター5:新起動/ジェニシス」のネタバレあらすじ結末

ターミネーター:新起動/ジェニシス(原題: Terminator Genisys)の紹介:2015年アメリカ映画。ジェームズ・キャメロン監督が生み出したSF映画の金字塔であるターミネーターシリーズ5作目です。新たな発想で再映画化した新ターミネーター3部作の1作目です。アメリカでは酷評されましたが、各国ではネームバリューもあり「ターミネーター:新起動/ジェニシス」は大ヒットを記録しました。しかし新3部作の2作目以降は製作中止となり、ジェームズ・キャメロンによる新たな「ターミネーター」シリーズを製作、2019年に「ターミネーター:ニュー・フェイト」が公開されることになりました。
監督:アラン・テイラー 出演:アーノルド・シュワルツェネッガー(T-800)、ジェイソン・クラーク(ジョン・コナー)、エミリア・クラーク(サラ・コナー)、イ・ビョンホン(T-1000)、ジェイ・コートニー(カイル・リース)、J・K・シモンズ(オブライエン刑事)、コートニー・B・ヴァンス(マイルズ・ダイソン)、ほか

「ターミネーター4」のネタバレあらすじ結末

ターミネーター4(原題: Terminator Salvation)の紹介:2009年アメリカ作品。ターミネーターシリーズ第4作。スカイネットが世界を滅ぼした審判の日(ジャッジメント・デイ)後の荒廃した世界で、人類は抵抗軍となりマシンと戦っていた。そこでジョン・コナーがマシンとの戦いに身を投じていく姿を圧倒的なスケールで描く。カリフォルニア州知事として俳優業から遠ざかっていたアーノルド・シュワルツェネッガーが、ターミネーターシリーズの中で唯一主演していない作品となった。
監督:マックG 出演:クリスチャン・ベイル(ジョン・コナー)、サム・ワーシントン(マーカス・ライト)、アントン・イェルチン(カイル・リース)、ムーン・ブラッドグッド(ブレア・ウィリアムズ)、コモン(バーンズ)、ブライス・ダラス・ハワード(ケイト・コナー)、ジェーン・アレクサンダー(ヴァージニア)、ジェイダグレイス(スター)、ヘレナ・ボナム・カーター(セレナ・コーガン)、ほか

「ターミネーター3」のネタバレあらすじ結末

ターミネーター3(原題: Terminator 3: Rise of the Machines)の紹介:2003年アメリカ作品。ターミネーターシリーズ第3作。サラ・コナーの活躍により、審判の日は回避され、ジョンは放浪の日々を送っていました。しかし、彼の前にかつてのターミネーターと同じ形をしたT-850が現れます。そして新たなターミネーターT-Xがジョンを狙おうとします。本作から監督はジェームズ・キャメロンからジョナサン・モストウへとバトンタッチしています。
監督:ジョナサン・モストウ 出演:アーノルド・シュワルツェネッガー(T-850)、ニック・スタール(ジョン・コナー)、クレア・デインズ(ケイト・ブリュースター)、クリスタナ・ローケン(T-X)、デヴィッド・アンドリュース(ロバート・ブリュースター)、マーク・ファミリエッティ(スコット・ピーターソン)、アール・ボーエン(ドクター・シルバーマン)、ほか

「ターミネーター2」のネタバレあらすじ結末

ターミネーター2(原題: Terminator2: Judgment Day)の紹介:1991年アメリカ作品。ターミネーターシリーズ第2作。前回ターミネーターを倒したサラ・コナーは、息子ジョン・コナーを出産したものの、彼女自身は精神病院へ収監され、ジョンは10歳となっていました。そこへ彼を抹殺しようと、未来から新たなターミネーターが現れる。2017年には3D版「ターミネーター2 3D」が日本公開されました。
監督:ジェームズ・キャメロン 出演:アーノルド・シュワルツェネッガー(T-800)、リンダ・ハミルトン(サラ・コナー)、エドワード・ファーロング(ジョン・コナー)、ロバート・パトリック(T-1000)、アール・ボーエン(ドクター・シルバーマン)、ジョー・モートン(マイルズ・ダイソン)、ほか

「ターミネーター」のネタバレあらすじ結末

ターミネーター(原題: The Terminator)の紹介:1984年アメリカ作品。アーノルド・シュワルツェネッガーによるターミネーターシリーズ第1作目。2029年、マシンが人類を支配する世界となり、マシンに反旗を翻した残りの人類は、必死の抵抗をし、マシンを劣勢に追い込むことに成功。それに業を煮やしたマシンは人類の抵抗軍リーダー:ジョン・コナーが生まれてくる前に抹殺しようと、彼の母サラがいる1984年へ殺人マシーンを送り込む。
監督:ジェームズ・キャメロン 出演:アーノルド・シュワルツェネッガー(ターミネーター)、マイケル・ビーン(カイル・リース)、リンダ・ハミルトン(サラ・コナー)、ポール・ウィンフィールド(エド・トラクスラー警部補)、ランス・ヘンリクセン(ブコヴィッチ)、アール・ボーエン(ドクター・シルバーマン)、ベス・モッタ(ジンジャー)、リック・ロソヴィッチ(マット)、ほか

「ターミネーターシリーズ(1~3)」のネタバレあらすじ結末

ターミネーターシリーズ(1~3)の紹介:映画ターミネーターシリーズはジェームズ・キャメロン監督が手がけたSFアクション映画です。 ターミネーター2まではジェームズ・キャメロンが監督を担当し、3作目はジョナサン・モストウが監督しています。いずれもアーノルド・シュワルツェネッガーが殺人マシーン、ターミネーターを演じています。
監督:ジェームズ・キャメロン、ジョナサン・モストウ 出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン、マイケル・ビーン、エドワード・ファーロング、ニック・スタール、ロバート・パトリック、クリスタナ・ローケンほか

TOP↑