青春映画のネタバレ

青春映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気の青春映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「サラバ静寂」のネタバレあらすじ結末

サラバ静寂の紹介:2017年日本映画。一切の娯楽を禁止する遊楽法が施行された日本。廃屋で楽器等を見つけ、初めて音楽を聞いたミズトとトキオ。二人は廃屋で曲作りを始めますが、警察に見つかってトキオが殺されてしまいます。楽器の持ち主で警察に殺された男の娘・ヒカリと会ったミズトは、森の中の隠れライブハウス”サノバノイズ”を目指して旅立ちます。日本の近未来を舞台にした、青春ロードムービーです。
監督:宇賀那健一 出演者:SUMIRE(ヒカリ)、吉村界人(ミズト)、若葉竜也(トキオ)、森本のぶ(三島)、斎藤工(杉村)、大貫憲章(本人役)ほか

「ファルコン・レイク」のネタバレあらすじ結末

ファルコン・レイクの紹介:2022年カナダ, フランス映画。バスティアン・ヴィヴェスによる原作「年上の人」を実写化。一夏を過ごすために湖畔のコテージにやってきた主人公のバスティアン。久しぶりに会った湖畔のコテージの娘のクロエ、大人びた雰囲気になったクロエにバスティアンは心惹かれていくのでした…。思春期の少年少女の、忘れられない夏をつづる青春映画。
監督:シャルロット・ル・ボン 出演:ジョゼフ・アンジェル(バスティアン)、サラ・モンプチ(クロエ)、モニア・ショクリ(ヴァイオレット)、カリン・ゴンティエ=ヒンドマン(ルイーズ)、アルトゥール・イグアル(ローマン)、トマ・ラペリエール(ティティ)、アンソニー・テリエン(オリヴァー)、ほか

「ステップ・アップ」のネタバレあらすじ結末

ステップ・アップの紹介:2006年アメリカ映画。不法行為の罰として芸術学校での奉仕活動を始めたタイラーは、バレリーナのノーラと出会い、バレエの伝統とヒップホップを融合させた新しいダンスの可能性を見出す。
監督:アン・フレッチャー 出演:チャニング・テイタム、ジェナ・ディーワン、ダイメン・ラドクリフ、ディシャーン・ワシントン、マリオ、ドリュー・シドラ、レイチェル・グリフィス、ジョシュ・ヘンダーソン、ティム・ラカテナ、アリソン・ストーナー、ヘヴィー・D、ディアドレ・ラヴジョイ、ほか

「TOURISM」のネタバレあらすじ結末

TOURISMの紹介:2018年日本, シンガポール映画。神奈川県大和市に住むフリーターのニーナが、抽選で当てた旅行券で、シェアハウスをしている仲間のスーとシンガポールへ飛ぶ。ところが、スーとはぐれ、スマホまでなくしていた…。『TOURISM』製作のきっかけを作ったシンガポール国際映画祭を含む世界各地の映画祭に招かれ好評を博した宮崎大祐監督の前作『大和(カリフォルニア)』に続いて遠藤新菜が出演。
監督:宮崎大祐 出演:遠藤新菜(ニーナ)、SUMIRE(スー)、柳喬之(ケンジ)ほか

「ラストサマーウォーズ」のネタバレあらすじ結末

ラストサマーウォーズの紹介:2022年日本映画。映画「恐怖人形」や「成れの果て」の宮岡太郎が監督を務めた。埼玉県入間市が舞台。ひょんなことから自主映画を制作することになった小学生のひと夏の青春映画。小学6年生の陽太は、同級生の明日香が引っ越すことを知り…。
監督:宮岡太郎 出演者:阿久津慶人 (宮竹陽太)、飯尾夢奏(高梨明日香)、井上小百合(土方美菜)、羽鳥心彩(栗原夏音)、デビット伊東(宮竹宏)、櫻井淳子(宮竹晴子)、ほか

「Gメン」のネタバレあらすじ結末

Gメンの紹介:2023年日本映画。週刊少年チャンピオンで連載された小沢としおの人気マンガ「Gメン」を実写化した作品。彼女を作るために転校してきた主人公の門松勝太。しかし実際はモテるどころか、オタクかヤンキーしかいない底辺クラスG組に入ってしまいます。
監督:瑠東東一郎 出演:岸優太(勝太)、竜星涼(瀬名)、矢本悠馬(肝田)、りんたろー。(竜二)、吉岡里帆(瞳)、星田一利(渡辺)、落合モトキ(友則)、高良健吾(伊達)、田中圭(八神)、尾上松也(加藤)、後藤剛範(松永)、恒松祐里(レイナ)、小野花梨(チーコ)、ほか

「JK☆ROCK」のネタバレあらすじ結末

JK☆ROCKの紹介:2019年日本映画。バンドの解散がきっかけで音楽への情熱を失っていた主人公の元バンドマンが、新たに結成された女子高生バンドの指導を行ううちに再び音楽への情熱を呼び覚ましていく様を描いた音楽ドラマです。。 主題歌は劇中の女子高生バンドを演じるガールズバンド「DROP DOLL」が担当しています。
監督:六車俊治 出演者:福山翔大(海江田丈)、山本涼介(香月丞/JK)、小林亮太(東海林晴信)、熊谷魁人(神保昴)、早山千尋(DROP DOLL)(中島桜)、結那(DROP DOLL)(佐々木真緒)、三宅ゆきの(DROP DOLL)(吉沢リナ)、吉本実憂(藤堂麗華)、金井勇太(種田俊太)、橋本マナミ(石山玲)、若旦那(湘南乃風)(猪俣竜吉)、吹越満(黒田)、本田博太郎(大学教授)、高島礼子(吉沢亜希)、西村まさ彦(橋本照雄)ほか

「あの群青の向こうへ」のネタバレあらすじ結末

あの群青の向こうへの紹介:2019年日本映画。未来の自分から手紙“ブルーメール”が届くようになった世界を舞台に、ひょんなことから出会った高校生と家出少女が共に東京を目指すこととなり、その過程で次第にそれぞれの過去や秘密が浮き彫りとなっていく姿を描いた青春ロードムービーです。
監督:廣賢一郎 出演者:芋生悠(ユキ)、輝山準(“中山優輝”名義)(カガリハヤト)、瀬戸かほ(彩)、斎藤友香莉(ユキの幻覚の少女)、合アレン(ユキの母)、田口由紀子(カガリの母)、ひと:みちゃん(ミヤウチイサオ)、フランキー岡村(マリコ)、石神リョウ(マリコの彼氏)、大口彰子、石上亮、鈴木ただしほか

「バーバー吉野」のネタバレあらすじ結末

バーバー吉野の紹介:2003年日本映画。監督は、本作で長篇デビューを飾った荻上直子。町に住む少年は、皆同じ髪型にしている。これは町に伝わる古くからの掟で、この伝統を守るため今日も良子はせっせと子どもたちの髪を切っている。そんなある日…。
監督:荻上直子 出演者: 米田良(吉野慶太)、もたいまさこ(吉野良子)、村松諒(カワチン)、大川翔太(ヤジ)、宮野真之介(グッチ)、ほか

「絶対領域」のネタバレあらすじ結末

絶対領域の紹介:2014年日本映画。引きこもりの青年とアイドルをしている少女との青春ラブストーリー。ネットを中心に活動している3人組アイドルユニット「絶対領域」。そのグループのセンターを務めている川島ミオは、引きこもりの青年・片山マサキと出会います。アイドルとファンという境界線を超えてしまった二人。しかしある事件がきっかけで、「絶対領域」は解散となり…。
監督:堀内博志 出演:大野未来(川島ミオ)、平牧仁(片山マサキ)、池田ショコラ(川崎ユキナ)、吉田未來(梨木リサ)、ほか

「いちご白書」のネタバレあらすじ結末

いちご白書の紹介:1970年アメリカ映画。ジェームズ・クネン(映画にも出演している)のコロンビア大学での学生生活をつづったノンフィクション『いちご白書』の、遊園地を軍事関連施設に建て直すことに端を発して学生が学部長事務所を占拠した1968年の抗議行動の記録を原作とする青春映画。撮影はコロンビア大学のあるニューヨークでなくサンフランシスコで行われた。恋と学生運動とスポーツの間で気持ちの揺れるサイモンをブルース・デイヴィソンが演じる。キム・ダービー(『勇気ある追跡』)、バッド・コート(『バード・シット』、『ハロルドとモード』)等が共演。プロデューサーは後に『ロッキー』シリーズや『レイジング・ブル』を製作することになるアーウィン・ウィンクラーとロバート・チャートフ。ジョニ・ミッチェルの代表作の一つ「サークル・ゲーム」のバフィー・セントメリーが歌ったバージョンが主題歌として用いられている。原題の“The Strawberry Statement”は、コロンビア大学教授だったハーバート・ディーンの「大学の問題について学生がイエスやノーの声を上げるのは、せいぜい苺が好きだと学生たちが言う程度の重要さしか私にはない」ということばを学生たちがからかって呼んだもの。映画『いちご白書』ではサイモンたちの大学の学部長がそのことばを言ったことになっている。103分の劇場公開版と109分の国際版が存在する。
監督:スチュアート・ハグマン 出演:ブルース・デイヴィソン(サイモン)、キム・ダービー(リンダ)、ダニー・ゴールドマン(チャーリー)、バッド・コート(エリオット[ボート部コックス])、マーレイ・マクレオド(ジョージ)、ボブ・バラバン(エリオット[ストライキのリーダーの一人])ほか

「サムライフ」のネタバレあらすじ結末

サムライフの紹介:2015年日本映画。長野県上田市にあるNPO法人「侍学園スクオーラ・今人」の設立者である、長岡秀貴氏の自伝をもとに映画化した作品。学校設立を目指して奮闘した元高校教師と、彼の教え子たちの実話。主人公のナガオカを演じるのは、「永遠の0」などで知られる三浦貴大。
監督:森谷雄 出演:三浦貴大(ナガオカ)、松岡茉優(ユミ)、加治将樹(ケンジ)、柾木玲弥(タカシ)、山本涼介(ダイスケ)、岩井堂聖子(アケミ)、岸井ゆきの(ハル)、蒼波純、山田望叶、永野宗典、上野なつひ、夏川加奈子、西山潤、河井青葉、本多力、松山三四六、田中要次、マキタスポーツ、きたろう、渡辺大、佐藤めぐみ、大杉漣、ほか

「君が世界のはじまり」のネタバレあらすじ結末

君が世界のはじまりの紹介:2020年日本映画。小説家で映画監督のふくだももこが自らの小説「えん」「ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら」を映画化した青春ドラマです。大阪のとある廃れゆく町を舞台に、主人公の女子高生とその仲間たちの人間模様が描かれます。
監督:ふくだももこ 出演者:松本穂香(縁)、中田青渚(琴子)、片山友希(純)、金子大地(猪尾)、甲斐翔真(岡田)、小室ぺい(業平)、板橋駿谷(桑田)、億なつき(ミナミ)、江口のりこ(楓)、古舘寛治(忠司)、山中崇(縁の父)、正木佐和(縁の母)、森下能幸(業平の父)ほか

「ニート・ニート・ニート」のネタバレあらすじ結末

ニート・ニート・ニートの紹介:2018年日本映画。毎日を生きることに意味を見いだせなかった若者3人と偶然出会った女子高生の少女との、北海道を巡るロードムービー。壮大な北海道を舞台に、若者たちが悩み、前に進んでいく話。夏の北海道の自然がとても美しいです。
監督:宮野ケイジ 出演:安井謙太郎(レンチ)、山本涼介(タカシ)、森田美勇人(キノブー)、灯敦生(月子)、MEGUMI(ミサコ)、石野真子(キノブーの母)、藤本隆宏(ゴジさん)、松澤一之、相田英瑞、小南光司、山優香、前田倫良、ほか

「20歳のソウル」のネタバレあらすじ結末

20歳のソウルの紹介:2022年日本映画。中井由里子原作をモチーフにして、今や市立船橋商業吹奏楽部の名物とも言える「市船ソウル」を作った、弱冠20歳という若さでガンのためこの世を去った浅野大義の実際にあった話を描いています。死に直面しながらも強く生きようとした彼の強さが涙を誘います。
監督:秋山純 出演:神尾楓珠(浅野大義)、尾野真千子(浅野桂子)、福本莉子(宮田夏月)、佐野晶哉(佐伯斗真)、前田航基(秋田豪)、若林時英(田崎洋一)、佐藤美咲(ユッコ)、宮部のぞみ(ミナ)、松大航也(滝沢翔)、塙宣之(消防隊員)、菅原永二(浅野正義)、池田朱那(浅野千鶴)、石崎なつみ(黒木まどか)、平泉成(浅野忠義)、石黒賢(木村貴教)、高橋克典(星野拓朗)、佐藤浩市(高橋健一)、ほか

1 2 3 4 5 38

キーワードから探す

  • 人気記事ランキング

    まだデータがありません。

TOP↑