青春映画のネタバレ

青春映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気の青春映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」のネタバレあらすじ結末

書道ガールズ!! わたしたちの甲子園の紹介:2010年日本映画。紙の生産高日本一を誇る愛媛県四国中央市にある四国中央高校の書道部は、町が衰退していくのと同じように部員も減り活気のない様相を呈している。そんな書道部に臨時の顧問がやって来たことから、書道部だけでなく町全体も活性化させようと「書道パフォーマンス甲子園」を開催する高校生たちの奮闘する姿を描いた作品。
監督:猪股隆一 出演者:成海璃子(早川里子)、山下リオ(岡崎美央)、桜庭ななみ(篠森香奈)、高畑充希(好永清美)、小島藤子(山本小春)、森崎ウィン(市ノ瀬誠)、森岡龍(中野卓也)、坂口涼太郎(村上悟)、市川知宏(高田智也)、金子ノブアキ(池澤宏人)、ほか

「町田くんの世界」のネタバレあらすじ結末

町田くんの世界の紹介:2018年日本映画。第20回手塚治虫文化賞新生賞を受賞した安藤ゆきの同名漫画を『舟を編む』などの石井裕也監督が映画化した青春ストーリーです。勉強も運動も苦手で不器用、それでも周りの人々から愛される心優しい少年の姿を描きます。共に映画初主演となる細田佳央太と関水渚がダブル主演を務め、脇を岩田剛典、高畑充希、前田敦子、仲野太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子といった豪華俳優陣が固めています。
監督:石井裕也 出演者:細田佳央太(町田一)、関水渚(猪原奈々)、岩田剛典(氷室雄)、高畑充希(高嶋さくら)、前田敦子(栄りら)、仲野太賀(西野亮太)、池松壮亮(吉高洋平)、戸田恵梨香(吉高葵)、佐藤浩市(日野)、北村有起哉(町田あゆた)、松嶋菜々子(町田百香)ほか

「彼の見つめる先に」のネタバレあらすじ結末

彼の見つめる先にの紹介:2014年ブラジル映画。視覚障害のある高校生レオナルドは、転校生のガブリエルと出会ったことでこれまでにない気持ちを抱くようになる。2人の少年と1人の少女を中心に巻き起こる青春ストーリーをとても爽やかに描いています。ダニエル・ヒベイロ監督が過去に製作し人気を博した短編映画を、当時と同じキャストで長編作品にしたものとなっています。
監督:ダニエル・ヒベイロ 出演:ジュレルメ・ロボ(レオナルド)、ファビオ・アウディ(ガブリエル)、テス・アモリン(ジョヴァンナ)、ルシア・ホマノ、セウマ・エグレイ、ほか

「彼女はハイスクール・ボーイ」のネタバレあらすじ結末

彼女はハイスクール・ボーイの紹介:1985年アメリカ映画。自分の美貌のせいで記事コンテストの選考に外れたと思い込んだテリーは、男に変装して転校することにします。男を演じたり女に戻ったりを繰り返し、ばれないように過ごしながら執筆活動に奮闘します。
監督:リサ・ゴッドリーブ 出演:ジョイス・ハイザー(テリー)、クレイトン・ローナー(リック)、ウィリアム・ザブカ(グレッグ)、デボラ・グッドリッチ(デボラ)、ほか

「アメリカン・グラフィティ」のネタバレあらすじ結末

アメリカン・グラフィティの紹介:1973年アメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズでブレイクする前のジョージ・ルーカス監督がフランシス・フォード・コッポラの製作のもと製作した青春群像劇です。ルーカスが青春時代を過ごした、ベトナム戦争の影が忍び寄る前の1960年代前半のアメリカを舞台に、人生の旅立ちを翌日に控えた高校生たちの忘れえぬ甘い想い出を描きます。1979年には後日談となる続編『アメリカン・グラフィティ2』が公開されています。
監督:ジョージ・ルーカス 出演者:リチャード・ドレイファス(カート・ヘンダーソン)、ロニー・“ロン”・ハワード(スティーヴ・ボレンダー)、ポール・ル・マット(ジョン・ミルナー)、チャールズ・マーティン・スミス(テリー・フィールズ)、キャンディ・クラーク(デビー・ダナム)、シンディ・ウィリアムズ(ローリー・ヘンダーソン)、ウルフマン・ジャック(ウルフマン・ジャック)、ハリソン・フォード(ボブ・ファルファ)、ボー・ホプキンス(ジョー・ヤング)、キャスリーン・クインラン(ペグ)、スザンヌ・ソマーズ(サンダーバードのブロンド美女)、マケンジー・フィリップス(キャロル・モリソン)、ジャナ・ベラン(ブッダ)ほか

「チア男子!!」のネタバレあらすじ結末

チア男子!!の紹介:2019年日本映画。『桐島、部活やめるってよ』『何者』などで知られる直木賞作家・朝井リョウが早稲田大学の男子チアリーディングチーム「SHOCKERS」をモデルに執筆、過去にアニメ化や舞台化もされた同名小説を実写映画化した青春ドラマです。怪我で柔道を諦めた大学生が親友と一緒に男子チアチームを結成し大舞台に挑む姿を『烈車戦隊トッキュウジャー』の横浜流星と『動物戦隊ジュウオウジャー』の中尾暢樹のダブル主演で描き、脇を『仮面ライダーエグゼイド』の瀬戸利樹、『寝ても覚めても』の唐田えりかなどが固めています。
監督:風間太樹 出演者:横浜流星(坂東晴希(ハル))、中尾暢樹(橋本一馬)、瀬戸利樹(徳川翔)、岩谷翔吾(長谷川弦(ゲン))、菅原健(鈴木総一郎(イチロー))、小平大智(遠野浩司(トン))、浅香航大(溝口渉)、清水くるみ(坂東晴子)、唐田えりか(高城さくら)、山本千尋(小久保萌)、伊藤歩(高城さつき)ほか

「きみの鳥はうたえる」のネタバレあらすじ結末

きみの鳥はうたえるの紹介:2018年日本映画。『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』 『オーバー・フェンス』 など函館を舞台にした著書を持つ小説家・佐藤泰志の小説を、函館市民映画館シネマアイリス開館20年記念作としてオール函館ロケで映画化した青春ドラマです。函館郊外の書店で出会った二人の男とひとりの女が織り成す人間模様を描きます。
監督:三宅唱 出演者:柄本佑(「僕」)、石橋静河(佐知子)、染谷将太(静雄)、足立智充(森口)、山本亜依(みずき)、渡辺真起子(直子)、萩原聖人(島田)ほか

「あいつと私」のネタバレあらすじ結末

あいつと私の紹介:1961年日本映画。石坂洋次郎の同名小説を、本作がスキー場での骨折事故から半年ぶりの完全復帰作となる石原裕次郎を主役に据えて映画化した青春ドラマです。安保闘争に揺れる1960年代を舞台に、裕福ながらも家庭複雑な環境に育った大学生と同級生の女子とのひと夏の恋を描きます。1976年には主演に三浦友和を据えて再映画化しているほか、1963年・1967年・1986年の3度に渡ってテレビドラマ化もされています。
監督:中平康 出演者:石原裕次郎(黒川三郎)、芦川いづみ(浅田けい子)、宮口精二(黒川甲吉)、轟夕起子(モトコ・桜井)、吉永小百合(浅田ゆみ子)、酒井和歌子(浅田たえ子)、中原早苗(野溝あさ子)、吉行和子(元村貞子)、笹森礼子(加山さと子)、伊藤幸子(金森あや子)、小沢昭一(金沢正太)、滝沢修(阿川正男)、渡辺美佐子(松本みち子)ほか

「芳華 Youth」のネタバレあらすじ結末

芳華 Youthの紹介:2017年中国映画。ヴェネチア映画祭やトロント映画祭など数々の映画賞に輝く中国映画の巨匠フォン・シャオガン監督が、軍の歌劇団に所属した自らの若き日々を同じ経歴を持つ作家ゲリン・ヤンと共に作り上げた歴史ドラマです。1970年代の文化大革命に揺れた時代の中国を舞台に、軍歌劇団として前線で生きる若者の姿を壮大なスケールで描きます。
監督:フォン・シャオガン 出演者:ホアン・シュワン(リウ・フォン)、ミャオ・ミャオ(シャオピン)、チョン・チューシー(シャオ・スイツ)、ヤン・ツァイユー(リン・ディンディン)、リ・シャオフェン(ハオ・シューウェン)、ワン・ティエンチェン(チェン・ツァン)、ヤン・スー(文工団分隊長)、チャオ・リーシン(文工団政治委員)ほか

「午前0時、キスしに来てよ」のネタバレあらすじ結末

午前0時、キスしに来てよの紹介:2019年日本映画。みきもと凜の同名少女漫画を片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)と橋本環奈のダブル主演で映画化した青春ドラマです。平凡な女子高生と国民的スーパースターとのまさかの出逢いと身分違いの恋を描いていきます。
監督:新城毅彦 出演者:片寄涼太(綾瀬楓)、橋本環奈(花澤日奈々)、眞栄田郷敦(浜辺彰)、八木アリサ(内田柊)、岡崎紗絵(磯山光)、鈴木勝大(中条充希)、酒井若菜(花澤陽子)、遠藤憲一(高橋茂雄)、野田理人(森川あやみ)、宇佐卓真(有村勇太)、内藤秀一郎(桐谷ナオト)ほか

「サヨナラまでの30分」のネタバレあらすじ結末

サヨナラまでの30分の紹介:2019年日本映画。他界したミュージシャン・アキが遺したカセットテープを拾った颯太、再生するとその30分間に起こる不思議な出来事、それは颯太の中身がアキになることだった。颯太の体を借りたアキは、バンドメンバーや恋人との再会を果たし…。今をときめく新田真剣佑と北村匠海のW主演。二人の歌唱が楽しめる、ファンにはたまらない映画『サヨナラまでの30分』が公開された。監督は、『東京喰種 トーキョーグール』で長編映画デビューした萩原健太郎。ショートフィルムやCMが得意な監督らしく、めまぐるしく入れ替わるテンポのいい映像が新鮮だ。ヒロインは本作が初ヒロイン・初恋愛映画出演となる久保田紗友。オーディションで役を射止めてから、ピアノを練習して撮影に臨んだという。バンドメンバーは葉山奨之、上杉柊平、清原翔という、テレビや映画で活躍する勢いのある若手俳優が演じている。
監督:萩原健太郎 出演:新田真剣佑(宮田アキ)、北村匠海(窪田颯太)、久保田紗友(村瀬カナ)、葉山奨之(山科健太)、上杉柊平(重田幸輝)、清原翔(森涼介)、牧瀬里穂(村瀬しのぶ)、筒井道隆(窪田修一)、松重豊(吉井冨士男)、ほか

「エブリバディ・ウォンツ・サム!!」のネタバレあらすじ結末

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中にの紹介:2016年アメリカ映画。野球推薦で大学へ入学することになった主人公が、一癖も二癖もある先輩たちに囲まれて新学期までの3日間をバカ騒ぎして過ごしながら未来に向けて夢と希望を抱く青春ドラマ。
監督:リチャード・リンクレイター 出演:ブレイク・ジェナー(ジェイク)、ゾーイ・ドゥイッチ(ビバリー)、ワイアット・ラッセル(ウィロビー)、オースティン・アメリオ(ネズビット)、テンプル・ベイカー(プラマー)、ウィル・ブリテン(ビューター)、ジャストン・ストリート(ナイルズ)、フォレスト・ヴィッカリー(コーマ)、ほか

「ブラック校則」のネタバレあらすじ結末

ブラック校則の紹介:2019年日本映画。人気マンガ「セトウツミ」で知られる作者此元和津也が脚本、Sexy Zoneの佐藤勝利、King&Priceの高橋海人と、二大アイドルグループの共演で話題になりました。理不尽に縛り付けるブラック校則に立ち向かう高校生の青春ドラマです。
監督:菅原伸太郎 出演:佐藤勝利(小野田創楽)、高橋海人(月岡中弥)、モトーラ世理奈(町田希央)、田中樹(松本ミチロウ)、箭内夢菜(上坂樹羅凛)、堀田真由(三池ことね)、葵揚(七浦啓太)、水沢林太郎(漆戸丈士)、達磨(東詩音)、成海璃子(田母神美南)、片山友希(大多和美那子)、吉田靖直(森有人)、戸塚純貴(月岡文弥)、星田英利(手代木豊)、坂井真紀(町田マリ)、光石研(井上)、でんでん(法月士郎)、薬師丸ひろ子(ヴァージニア・ウルフ)、ほか

「ミスエデュケーション」のネタバレあらすじ結末

ミスエデュケーションの紹介:2018年アメリカ映画。エミリー・M・ダンフォースの小説『The Miseducation of Cameron Post』をクロエ・グレース・モレッツ主演で映画化、サンダンス映画祭2018のドラマ部門でグランプリを受賞したLGBT作品です。女子高生の主人公は自分が同性愛者であることを理由にカトリック系の矯正施設へ入所させられるのですが…。
監督:デジレー・アカヴァン 出演者:クロエ・グレース・モレッツ(キャメロン・ポスト)、サシャ・レーン(ジェーン・フォンダ)、ジョン・ギャラガー・Jr(リック・マーシュ神父)、フォレスト・グッドラック(アダム・レッド・イーグル)、ジェニファー・イーリー(リディア・マーシュ医師)、クイン・シェパード(コーリー・テイラー)、エミリー・スケッグス(エリン)、ダルトン・ハロッド(ジェイミー)、ケリー・バトラー(ルース・ポスト)、オーウェン・キャンベル(マーク)ほか

「世界でいちばん長い写真」のネタバレあらすじ結末

世界でいちばん長い写真の紹介:2018年日本映画。『武士道シックスティーン』『ストロベリーナイト』などの誉田哲也が実話を基に執筆した同名小説を映画化した青春ドラマ映画です。愛知県・知多半島を舞台に現地でロケを敢行、引っ込み思案で自分に自信が持てないでいる写真部員の主人公が360度撮影できるパノラマカメラを手にしたことから人生を大きく変えていく様子を描いていきます。
監督:草野翔吾 出演者:高杉真宙(内藤宏伸)、武田梨奈(竹中温子)、松本穂香(三好奈々恵)、水野勝(小出智也)、黒崎レイナ(安藤エリカ)、吉沢悠(宮本賢一)、小松政夫(竹中芳郎)ほか

1 2 3 4 5 30

キーワードから探す

TOP↑