Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

青春映画のネタバレ

青春映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気の青春映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「キングス・オブ・サマー」のネタバレあらすじ結末

キングス・オブ・サマーの紹介:2013年アメリカ映画。思春期のジョーは父フランクの干渉に嫌気をさしていました。ある日、ジョーはついに怒りが爆発して家を飛び出します。親友のパトリックも家の生活に不満を抱いていて、森の中へと逃げていきます。2人はビアジオという少年と出会い、3人の森の中での生活が始まります。
監督:ジョーダン・ヴォート=ロバーツ 出演者:ニック・ロビンソン(ジョー)、ガブリエル・バッソ(パトリック)、モイセス・アリアス(ビアジオ)、エリン・モリアーティ(ケリー)、ニック・オファーマン(フランク)、ほか

「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」のネタバレあらすじ結末

ケンタとジュンとカヨちゃんの国の紹介:2009年日本映画。孤児院で育った若者たちは、酷い労働環境の解体業の仕事にいら立ちを募らせていた。新しい人生の第一歩を踏み出そうとする彼らの青春ドラマ。松田翔太、高良健吾と安藤サクラの実力派俳優が共演。日々の生活に不安を抱えて生きる若者たち。人生をやりなおすために、旅に出る3人。彼らを待つ先には、いったい何があるのか。
監督:大森立嗣 出演:松田翔太(ケンタ)、高良健吾(ジュン)、安藤サクラ(カヨちゃん)、宮崎将(カズ)、柄本佑(洋輔)、洞口依子(洋輔の母)、多部未華子(ゆみか)、美保純(スナックのママ)、山本政志(二郎)、新井浩文(裕也)、小林薫(闘犬の男)、柄本明(菊ちゃん)、ほか

「七月と安生」のネタバレあらすじ結末

七月と安生の紹介:2016年中国, 香港映画。対照的な2人の女性の数奇な運命を、繊細で流れるような映像美で丁寧に描いた珠玉の青春映画です。アニー・ベイビーの同名ネット小説の映画化で、監督は『恋人のディスクール』(OAFF2011グランプリ)のデレク・ツァンです。友情、恋愛、家族愛などが交錯する中、大人になっていく少女たちの姿をチョウ・ドンユイとマー・スーチュンが好演し、第53回金馬奨で史上初の主演女優賞W受賞を果たしました。また、主題歌をフェイ・ウォンとドウ・ウェイの娘リア・ドウが歌って話題にもなりました。
監督:デレク・ツァン 出演:チョウ・ドンユイ(李安生)、マー・スーチュン(林七月)、トビー・リー(蘇家明)、ほか

「Love, サイモン 17歳の告白」のネタバレあらすじ結末

Love, サイモン 17歳の告白の紹介:2018年アメリカ映画。サイモンは同性愛者ですが、その事を周りの人に打ち明けていません。ゲイだということに対して深く悩んでるわけではなく、素敵な家族と明るい友達に囲まれて幸せに暮らしていました。そんなある日、サイモンが通う学校に同性愛者がいるという噂が広がり、サイモンはその人物と、偽名を使って連絡を取り合うことになりますが次々と問題が起きていきます。
監督:グレッグ・バーランティ 出演:ニック・ロビンソン(サイモン)、ジェニファー・ガーナー(エミリー)、ジョシュ・デュアメル(ジャック)、キャサリン・ラングフォード(リア)、アレクサンドラ・シップ(アビー)、ほか

「黒い暴動」のネタバレあらすじ結末

黒い暴動の紹介:2016年日本映画。かつてガングロギャルだった女子高生たちがアラサー女性となり、自分たちの生き方を見つめ直す青春映画。田舎の高校に通う美羽は平凡な毎日に退屈していました。ある日ギャル集団の「ブラック・ハマナス」のリーダー・紗都美と出会い、人生が変わった美羽は…。
監督:宇賀那健一 出演者:馬場ふみか(美羽)、柳英里紗(彩香)、平松可奈子(あおい)、今井華(紗都美)、間宮祥太朗(柴田)、稲川実代子、川瀬陽太、山本浩司、三浦誠己、加藤雅美、ほか

「おのぼり物語」のネタバレあらすじ結末

おのぼり物語の紹介:2010年日本映画。カラスヤサトシの自伝的漫画「おのぼり物語」を映画化した作品。上京した駆け出しの漫画家が様々な出会いや別れを通して成長していく様を描いた青春映画。ミュージカル界のスター井上芳雄の長編映画初主演となった作品です。
監督:毛利安孝 出演者:井上芳雄(片桐聡)、肘井美佳(野島由美子)、チチ松村(片桐章雄)、キムラ緑子(片桐景子)、佐伯日菜子(片桐ゆきの)、哀川翔(田淵稔)、徳井優(チャンス山崎)、八嶋智人(小野賢一)、ほか

「20世紀ノスタルジア」のネタバレあらすじ結末

20世紀ノスタルジアの紹介:1997年日本映画。高校生の男女の青春映画。この映画が初主演となった広末涼子。高校生の杏はある日、同じ学年の徹に声を掛けられます。「宇宙人に体を乗っ取られている」と話す不思議な徹に、淡い恋心を抱く杏ですが…。
監督:原将人 出演:広末涼子(遠山杏 / ポウセ)、圓島努(片岡徹 / チュンセ)、余貴美子(遠山桃 / 吉野桃)、根岸吉太郎(遠山伸也)、多田亜沙美(芦川ひろ子)、新田聡子(北村嘉代)、大島蓉子(片岡信子)、佐藤正宏(教頭先生)、梅垣義明(お巡りさん)、ほか

「あしたになれば。」のネタバレあらすじ結末

あしたになれば。の紹介:2015年日本映画。大阪府南河内地区を舞台に、町おこしのためのグルメコンテストに参加することになった6人の男女高校生のひと夏の恋と友情を描いた青春ドラマです。「青春はいつも甘酸っぱい!」「青春まっただ中。恋も悩みも友情も、あしたになれば、きっといいことが起こるはず。」というキャッチコピーで、監督・脚本は『村の写真集』で第8回上海国際映画祭最優秀作品賞を受賞し、『しあわせのかおり』『乙女のレシピ』で料理が結ぶ心を丁寧に綴った三原光尋、主演はミュージカル『テニスの王子様』の小関裕太です。
監督:三原光尋 出演:小関裕太(松井大介)、黒島結菜(佐々木美希)、葉山奨之(安田元)、小川光樹(大野健二)、山形匠(見村昭吾)、富山えり子(大島玉子)、赤間麻里子(松井順子)、清水美沙(佐々木香織)、赤井英和(松井幸雄)、ほか

「フランソワの青春」のネタバレあらすじ結末

フランソワの青春の紹介:1969年フランス映画。両親を事故で亡くし、伯父夫婦に引き取られた孤独な少年が、伯父の友人の娘だという若く美しい娘に淡い恋心を抱くが、彼女がやってきたことには秘密があった。11歳の少年の、美しく寂しすぎる初恋…ジャクリーン・ビセット絶頂期の美貌が堪能できる激レア映画。
監督:ロバート・フリーマン 出演:ジャクリーン・ビセット 、ジャン=フランソワ・モーラン 、ピエール・ジメール 、ジゼール・パスカル 、マルク・ポレル、ほか

「小さな恋のメロディ」のネタバレあらすじ結末

小さな恋のメロディの紹介:1971年イギリス映画。ロンドンを舞台に、まだ幼い少年と少女の淡い恋をメインに、厳格な大人に反抗する子供たちの姿や友情を織り交ぜた青春ラブストーリーです。後にハリウッドで監督として成功を収めるアラン・パーカーの脚本家デビュー作です。
監督:ワリス・フセイン 出演者:マーク・レスター(ダニエル・ラティマー)、トレイシー・ハイド(メロディ・パーキンス)、ジャック・ワイルド(トム・オーンショー)、シェイラ・スティーフェル(ミセス・ラティマー)、ジェームズ・コシンズ(校長先生)ほか

「さらば青春の光」のネタバレあらすじ結末

さらば青春の光の紹介:1979年イギリス映画。ザ・フーの同名ロックオペラを映画化。退屈な生活から抜け出そうと藻掻く若者の姿を描いた青春ドラマ。鬱屈とした毎日を送るモッズのジミーは、仲間と騒ぐことだけに生きがいを見出していた。毎夜クラブやパーティーに顔を出し、薬物と恋に溺れ、敵対するロッカーズとの喧嘩に明け暮れる。若者達の鬱憤と熱狂はついに海辺の町ブライトンで爆発し、暴動騒ぎにまで発展してしまう。スティングの映画デビュー作。
監督:フランク・ロッダム 出演者:フィル・ダニエルズ(ジミー・クーパー)、レスリー・アッシュ(ステフ)、マーク・ウィンゲット(デイヴ)、フィリップ・デイヴィス(チョーキー)、スティング(エース・フェイス)ほか

「いま、輝くときに」のネタバレあらすじ結末

いま、輝くときにの紹介:2013年アメリカ映画。いま、輝くときにの紹介:高校3年生の夏、進路など自分の将来に不安を抱いている中で、男女が支え合って乗り越えて行く様子を描いた青春ラブストーリーです。セッションで注目を集めたマイルズ・テラーとルームのブリー・ラーソンがブレイク前に出演している話題作です。
監督:ジェームズ・ポンソルト 出演:マイルズ・テラー(サッター)、シェイリーン・ウッドリー(エイミー)、ブリー・ラーソン(キャシディ)、メアリー・エリザベス・ウィンステッド(ホリー)、ジェニファー・ジェイソン・リー(サラ)、カイル・チャンドラー(トミー)、ほか

「カケラ」のネタバレあらすじ結末

カケラの紹介:2009年日本映画。桜沢エリカの漫画作品「LOVE VIBES」を原作とした映画作品。平凡な女子大生はるとレズビアンのメディカル・アーティストりことの切ない恋愛模様を描いていきます。安藤モモ子の初監督作品です。
監督:安藤モモ子 出演者:満島ひかり(北川はる)、中村映里子(坂田リコ)、永岡佑(篠塚了太)、光石研(坂田昭吾)、根岸季衣(坂田啓子)、津川雅彦(田中 正)、かたせ梨乃(山城陶子)ほか

「ノーザン・ソウル」のネタバレあらすじ結末

ノーザン・ソウルの紹介:2014年イギリス映画。1960年〜70年代のイングランド。北部の工業地帯では、ワーキング・クラスの若者たちが10代の頃から選択の余地はなく工場労働に従事していた。単調な仕事をこなし、週末になると地元のクラブでソウル・ミュージュックに身体を委ね朝まで踊る。彼らが退屈な毎日から解き放たれる唯一の場所であり時間でもあった。題名にもなっている「ノーザン・ソウル」とは、彼らが好んだアップ・ビートなレアソウル。それは自分たちの魂を守り抜こうという生き方そのものの音楽でもあった。商業主義に走る音楽も多い中で、純粋にアンダーグラウンドとして今日まで愛され続けているノーザン・ソウル。後の音楽シーンに影響を与えつつもあまり知られることのなかった実態を描く。
監督:エイレン・コンスタンティン 出演:エリオット・ジェームズ・ラングリッジ(ジョン)、ジョシュ・ホワイトハウス(マット)、スティーブ・クーガン(ミスター・バンクス)、アントニア・トーマス(アンジェラ)、リサ・スタンスフィールド(ジョンの母親)ほか

「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」のネタバレあらすじ結末

牯嶺街少年殺人事件の紹介:1991年台湾映画。クーリンチェ少年殺人事件の紹介:台湾の巨匠エドワード・ヤンの代表作で、1960年初頭の台湾の情勢と、それに影響を受けて奮闘する生徒の実話をもとに描かれた3時間56分の超大作です。台湾のみならず、海外の映画賞を多数受賞した話題作です。
監督:エドワード・ヤン 出演:チャン・チェン(シャオスー)、リサ・ヤン(シャオミン)、ワン・チーザン(ワンマオ)、クー・ユールン(フェイジー)、タン・チーガン(シャオマー)ほか

1 2 3 4 5 25
TOP↑