Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

青春映画のネタバレ

青春映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気の青春映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「キックス」のネタバレあらすじ結末

キックスの紹介:2016年アメリカ映画。カルフォルニア州のベイエリア(サンフランスコ、オークランド、シリコンバレーなどがあるエリア)に住むブランドンは古い靴をバカにされる少年。宇宙に憧れ、いつも宇宙の夢を見ています。そんな彼はアメリカの少年が憧れる”エア・ジョーダン”シューズを手に入れて人気者になります。しかし、その靴も町のギャンググループに奪われてしまいます。ブランドンは有名なギャングリーダーを相手に取り返すことを決意します。ブランドンは突然現れる宇宙飛行士、二人の友達に励まされながら成長していきます。『キックス』はキャストが全て黒人、小さな少年の成長、友情を描いた映画です。
監督:ジャスティン・ティッピング 出演:ジャーキング・ギロリー(ブランドン)、クリストファー・マイヤー(リコ)、クリストファー・ジョーダン・ウォーレス(アルバート)、コフィ・シリボー(フラコ)、マハーシャラ・アリ(マーロン)、ほか

「Unbalance アンバランス」のネタバレあらすじ結末

Unbalance -アンバランス-の紹介:2010年ドイツ,ベルギー映画。幼い頃に父を亡くしたことで、年の離れた男性としか付き合えない女性が、父の親友だった男性の出現で忘れていた過去を思い出していく。
監督:ソフィ・ショウケンス 出演:ハンダ・コージャ、バーバラ・サラフィアン、ヤン・デクレール、カロリーヌ・ベルリナール、ほか

「夜のピクニック」のネタバレあらすじ結末

夜のピクニックの紹介:2006年日本映画。第2回「本屋大賞」を受賞した恩田陸の同名小説を映画化した作品で、一昼夜かけて80kmの距離を歩く「歩行祭」を舞台に高校生の友情や葛藤を描いた作品になっています。シンプルな設定ながら学生生活を思い出すような描写がいくつも見られ、自然とノスタルジーに浸ることのできる一本です。
監督:長澤雅彦 出演:多部未華子(甲田貴子)、石田卓也(西脇融)、西原亜希(遊佐美和子)、郭智博(戸田忍)、加藤ローサ(榊杏奈)、貫地谷しほり(後藤梨香)、松田まどか(梶谷千秋)、柄本佑(高見光一郎)、ほか

「ラブファイト」のネタバレあらすじ結末

ラブファイトの紹介:2008年日本映画。大沢たかお初の映画プロデュースをした映画「ラブファイト」。幼い頃からいじめられっ子の稔と、彼を守るために喧嘩が強くなった亜紀。ボクシングを通して様々な人と出会う二人の、青春ラブストーリー。
監督:成島出 出演:林遣都(稔)、北乃きい(亜紀)、大沢たかお(大木)、桜井幸子(順子)、波岡一喜(タケ)、藤村聖子(恭子)、鳥羽潤(芹沢)、ほか

「シャコタン・ブギ」のネタバレあらすじ結末

シャコタン★ブギの紹介:1987年日本映画。高級車をシャコタンに改造した、80年代の若者たちの青春を描いたヤンキー映画です。当時を知る年代には、たまらないほどの改造車や、車に関する専門用語が満載の作品で、撮影場所や舞台の地域がマニアには聖地にもなっています。
監督:中原俊 出演者:木村一八(コージ)、金山一彦(ハジメ)、佐野量子(ユミ)、藤井一子(マリコ)、森一馬(ジュン)、木築沙絵子(沙世子)、松本浩一(アキラ)、松本友里子(カオリ)、田中博行(マコト)、渡辺祐子(ケイコ)、仲村トオル(白いゴルフの男)ほか

「ママレード・ボーイ」のネタバレあらすじ結末

ママレード・ボーイの紹介:2018年日本映画。吉住渉の人気少女漫画を実写映画化した青春ラブコメディ作品です。主人公の女子高生の両親が離婚してもう1組の夫婦とパートナーを交換したことをきっかけに相手の息子と出逢い、周囲を巻き込んでの大恋愛に発展していきます。
監督:廣木隆一 出演者:桜井日奈子(小石川光希)、吉沢亮(松浦遊)、佐藤大樹(須王銀太)、優希美青(秋月茗子)、藤原季節(三輪悟史)、遠藤新菜(鈴木亜梨実)、竹財輝之助(名村慎一)、寺脇康文(三輪由充)、筒井道隆(小石川仁)、谷原章介(松浦要士)、檀れい(小石川留美)、中山美穂(松浦千弥子)ほか

「スイートプールサイド」のネタバレあらすじ結末

スイートプールサイドの紹介:2013年日本映画。毛が生えない悩みを持つ少年と毛深い悩みを持った少女の交流を描いた映画。「惡の華」などの押見修造の原作漫画を松居大悟が映画化。
監督:松居大悟 出演:須賀健太(太田年彦)、刈谷友衣子(後藤綾子)、落合モトキ(二宮先輩)、荒井萌(坂下麻衣)、太賀(三村崇)、井之脇海(中山先輩)、木下隆行(高倉先生)、谷村美月(北友里子)、利重剛(後藤重雄)、松田翔太(太田光彦)、ほか
 

「走れ!T校バスケット部」のネタバレあらすじ結末

走れ!T校バスケット部の紹介:2018年日本映画。負け続きの弱小バスケットボール部に強豪校から転校生がやってくることから始まる快進撃!松崎洋のベストセラースポーツ小説を映画化した本作では、今をときめくイケメン俳優が多数集結。D-BOYSの志尊淳、EBiDAN39の佐野勇斗、劇団EXILEの佐藤寛太、ジュノン・スーパーボーイ準グランプリの鈴木勝大らがバスケットボール元日本代表半田圭史監修のもと、見事はボールさばきを見せている。また竹内涼真、千葉雄大もいいところでワンポイント出演している。
監督:古澤健 キャスト:志尊淳(田所陽一)、佐野勇斗(矢嶋俊介)、早見あかり(佐藤浩子)、戸塚純貴(川崎裕太)、佐藤寛太(牧園浩司)、鈴木勝大(川久保透)、YOU(小山先生)、椎名桔平(田所正道)、竹中直人(合宿所の管理人)、竹内涼真(佐藤準)、千葉雄大(北条一紀)、ほか

「みなさん、さようなら」のネタバレあらすじ結末

みなさん、さようならの紹介:2012年日本映画。「アヒルと鴨のコインロッカー」「ゴールデンスランバー」の中村義洋監督作品。小学校の卒業とともに「団地から一歩も出ずに生きる」と決めた、濱田岳演じる悟が、時代に取り残されながらも自分らしく生きていこうと葛藤する青春ドラマ。
監督:中村義洋 出演:濱田岳(渡会悟)、倉科カナ(緒方早紀)、永山絢斗(薗田憲明)、波瑠(松島有里)、ナオミ・オルテガ(マリア)、田中圭(堀田)、ベンガル(泰二郎)、大塚寧々(渡会日奈)、ほか

「ステータス・アップデート」のネタバレあらすじ結末

ステータス・アップデートの紹介:2018年アメリカ映画。新しい環境で馴染めずにいたカイルだったが、願い事を投稿すると現実になるという魔法のアプリ『ユニバース』を使い望むもの全てを手に入れる。しかしその一方で大切なものを失った自分に気づくのだった。
監督:スコット・スピアー 出演:ロス・リンチ(カイル)、オリビア・ホルト(ダニー)、ハーベイ・ギーエン(ロニー)、コートニー・イートン(シャーロット)、グレッグ・サルキン(デレク)、ウェンディ・マクレンドン=コーヴィ(アン・ムーア)、ロブ・リグル(ダリル・ムーア)、ファムケ・ヤンセン(キャサリン)、ほか

「ライ麦畑で出会ったら」のネタバレあらすじ結末

ライ麦畑で出会ったらの紹介:2015年アメリカ映画。J・D・サリンジャー原作の名作『ライ麦畑でつかまえて』はアメリカだけでなく日本でも多くの若者に影響を与えました。しかし、作者のサリンジャーは山奥に暮らしマスコミの取材を拒否し、映画化や舞台化も多額の金やハリウッドの大監督が頼んでも応じません。そんな彼にある若者が舞台化を頼みますがうまくいくのでしょうか?『ライ麦畑で出会ったら』は1960年代のベトナム戦争を背景とした若者の成長、恋愛を描いた青春映画で、2016年にアメリカ、2018年10月に日本公開されました。
監督:ジェームズ・サドウィズ 出演:アレックス・ウルフ(ジェイミー・シュワルツ)、ステファニア・ラヴィー・オーウェン(ディーディー)、クリス・クーパー( J・D・サリンジャー)、ジェイコブ・ラインバック(ハンク・マーカス)、エリック・ネルセン(テッド・タイラー)、カビー・ボーダーズ(モーリーン)、ゼフィール・ベンソン(ゲリー・シュワルツ)、エイドリアン・パスダー(ミスター・ティアニー)ほか

「ここは退屈迎えに来て」のネタバレあらすじ結末

ここは退屈迎えに来ての紹介:2018年日本映画。山内マリコの同名小説を橋本愛と門脇麦のダブル主演で映画化した作品です。地方都市に住む二人の女性と一人の男性の馴れ初めを周囲の人々の時を超えた群像劇と共に描き上げた切ない青春ドラマです。
監督:廣木隆一 出演者:橋本愛(「私」)、門脇麦(「あたし」)、成田凌(椎名くん)、渡辺大知(新保くん)、岸井ゆきの(山下南)、内田理央(森繁あかね)、柳ゆり菜(サツキ)、瀧内公美(まなみ先生)、亀田侑樹(遠藤)、片山友希(なっちゃん)、木崎絹子(椎名朝子)、マキタスポーツ(皆川光司)、村上淳(須賀さん)ほか

「タイムズ・スクエア」のネタバレあらすじ結末

タイムズ・スクエアの紹介:1980年アメリカ映画。ニューヨーク市の高官の娘で詩を愛する孤独な少女と不幸な生い立ちでロックを愛する怒れる少女。自由を求めて病院を脱走し二人で生活し始める。数々のロックの名曲が彩どる、ファンの熱い支持のある青春映画。ロビン・ジョンソンの生き急ぐ少女ロック・スターぶりを見ましょう。
監督:アラン・モイル 出演者:ティム・カリー(ジョニー・ラガーディア)、トリニ・アルヴァラード(パメラ・パール)、ロビン・ジョンソン(ニッキー・マロッタ)、ピーター・コフィールド(デヴィッド・パール)その他

「幕が上がる」のネタバレあらすじ結末

幕が上がるの紹介:2015年日本映画。劇作家・平田オリザの同名小説をアイドルグループ『ももいろクローバーZ』の主演で映画化した青春ドラマです。静岡の地方高校を舞台に、演劇に情熱を傾ける少女たちとかつて“学生演劇の女王”との異名を誇っていた新任教師の日々が描かれます。
監督:本広克行 出演者:百田夏菜子(高橋さおり)、玉井詩織(橋爪裕子(ユッコ))、佐々木彩夏(加藤明美(明美ちゃん))、高城れに(西条美紀(がるる))、有安杏果(中西悦子(中西さん))、黒木華(吉岡美佐子)、ムロツヨシ(溝口先生)、吉岡里帆(村上舞)、芳根京子(袴田葵)、伊藤沙莉(高田梨奈)、笑福亭鶴瓶(美紀の祖父)、清水ミチコ(さおりの母)、志賀廣太郎(滝田先生)、天龍源一郎(裕子の父)、松崎しげる(明美の父)ほか

「シエラ・バージェスはルーザー」のネタバレあらすじ結末

シエラ・バージェスはルーザーの紹介:2018年アメリカ映画。スクールカースト下位の高校生のシエラがある日突然、アメフトのエース・ジェイミーとメールをやり取りする関係になります。しかし、ジェイミーは美人のチアリーダーと連絡をとっていると勘違いしています。シエラは正直に真実を打ち明けることができるのか・・・という青春ラブストーリー映画です。シエラの母は、バックトューザフューチャーで主人公の母を演じたリー・トンプソンが演じます。
監督:イアン・サミュエルズ 出演:シャノン・パーサー(シエラ)、ノア・センティエオ(ジェイミー)、クリスティン・フロセス(ヴェロニカ)、ルジ・サイラー(ダン)、ウィリアム・ペルツ(スペンス)、アラン・ラック(シエラの父)、リー・トンプソン(シエラの母)ほか

1 2 3 4 5 23
TOP↑