青春映画のネタバレ

青春映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気の青春映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「アドベンチャーランドへようこそ」のネタバレあらすじ結末

アドベンチャーランドへようこその紹介:2009年アメリカ映画。1980年代のアメリカを舞台に、ある大学生のアルバイトから生まれる友情と恋愛を描いた青春ラブストーリー。ジェシー・アイゼンバーグとクリスティン・スチュアートがタッグを組んだ話題作です。
監督:グレッグ・モットーラ 出演:ジェシー・アイゼンバーグ(ジェイムズ)、クリスティン・スチュアート(エム)、マーティン・スター(ジョエル)、ビル・ヘイダー(ボビー)、ライアン・レイノルズ(コンネル)、ほか

「スキマスキ」のネタバレあらすじ結末

スキマスキの紹介:2015年日本映画。宇仁田ゆみの同名コミックを実写映画化した青春ラブストーリーです。隣人の女子大生の私生活を覗き見していた隙間フェチの冴えない童貞の大学生が何と本当に彼女と友達になってしまい、モヤモヤとした感情抱えながらも恋に性欲にそして人生にと葛藤する姿を描きます。
監督:吉田浩太 出演者:町田啓太(ヘイサク)、佐々木心音(文緒)、中村映里子(華)、八木将康(マサジ)、久住翠希(キンタ)ほか

「ポリーナ、私を踊る」のネタバレあらすじ結末

ポリーナ、私を踊るの紹介:2016年フランス映画。小さな町でバレエの才能を見出されたポリーナ。コンテンポラリーバレエに出会い、踊りを探求する道のりが始まる。バスティアン・ヴィヴェスのグラフィックノベルが原作のドラマ映画。
監督:ヴァレリー・ミュラー、アンジュラン・プレルジョカージュ 出演:アナスタシア・シェフツォヴァ(ポリーナ)、ニールス・シュネデール(アドリアン)、ジェレミー・ベランガール(カール)、ミグレン・ミルチェフ(アントン)、ヴェロニカ・ジョフニツカ(ポリーナ(8歳))、クセニヤ・クテポヴァ(ナタリア)、ジュリエット・ビノシュ(リリア・エルサジ)、ほか

「レディ・バード」のネタバレあらすじ結末

レディ・バードの紹介:2017年アメリカ映画。受験勉強のないアメリカ、高校最後の年も恋に課外活動に大忙しですが、もちろん学業成績が低いと希望の大学に行けません。主人公のレディ・バードはそんな高校生の一人、カルフォルニアの地元から飛び出しニューヨークの大学へ行くのが夢です。レディ・バードの母は家計が苦しく、娘のニューヨーク行きに大反対。2人の関係はどうなるのでしょうか?『レディ・バード』は2001年の同時多発テロとその後の経済不況、2003年のイラク戦争を背景としたアメリカの家族の愛と高校生活を描いた物語、批評家から大絶賛され興行的にも大成功した2017年のアメリカを代表する映画です。
監督:グレタ・ガーウィグ 出演:シアーシャ・ローナン(クリスティン・“レディ・バード”・マクファーソン)、ローリー・メトカーフ(マリオン・マクファーソン)、トレイシー・レッツ(ラリー・マクファーソン)、ルーカス・ヘッジズ(ダニー・オニール)、ティモテ・シャラメ(カイル・シャイブル)、ビーニー・フェルドスタイン(ジュリー・ステファンス)、スティーヴン・マッキンリー・ヘンダーソン(リバイアッチ神父)、ロイス・スミス(シスター・サラ・ジョアン)、ほか

「ガキ帝国」のネタバレあらすじ結末

ガキ帝国の紹介:1981年日本映画。昭和40年代に実際にあった大阪の少年愚連隊をモデルにした井筒和幸監督のデビュー作品です。喧嘩と勢力争いに明け暮れる少年たちを、リアルに再現し、今では上映できないような内容まであります。
監督:井筒和幸 出演者:島田紳助(リュウ)、松本竜介(チャボ)、趙方豪(ケン)、升毅(高/明日のジョー)、玉野井徹(クロ)、中浩二(グリコ)、永田憲一(オバQ)、篠田純(チビ太)、山本孝史(工藤)、藤田佳昭(ゴキブリ)、北野誠(服部)ほか

「ちはやふる 繋ぐ」のネタバレあらすじ結末

ちはやふる 繋ぐの紹介:2018年日本映画。末次由紀の同名漫画を広瀬すず主演で映画化した『ちはやふる』シリーズのスピンオフとなるネット配信ドラマです。全5話で構成されており、映画第2作『下の句』と第3作『結び』の間に起こった知られざるエピソードを描いています。
監督:小泉徳宏 出演者:広瀬すず(綾瀬千早)、野村周平(真島太一)、新田真剣佑(綿谷新)、上白石萌音(大江奏)、松岡茉優(若宮詩暢)、賀来賢人(周防久志)ほか

「あゝ、荒野 後篇」のネタバレあらすじ結末

あゝ、荒野 後篇の紹介:2017年日本映画。寺山修司の遺した唯一の同名長編小説を二部作として映画化した作品の後編です。時代設定を2021~22年とし、生まれも育ちも違う二人の若きボクサーの宿命の対決を軸に描いた青春ドラマです。主題歌を人気ロックバンド『BRAHMAN』が手掛けたことで話題を集めました。
監督:岸善幸 出演者:菅田将暉(沢村新次/新宿新次)、ヤン・イクチュン(二木建二/バリカン健二)、ユースケ・サンタマリア(片目(堀口))、木下あかり(曽根芳子)、山田裕貴(山本裕二)ほか

「WE ARE YOUR FRIENDS」のネタバレあらすじ結末

WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズの紹介:2015年アメリカ,フランス,イギリス映画。DJを夢見る一人の青年が彼を取り巻く人間関係の中で音を通して自分の生き方と探していく物語。
監督:マックス・ジョセフ 出演:ザック・エフロン(コール)、エミリー・ラタコウスキー(ソフィー)、シャイロー・フェルナンデス(オーリー)、アレックス・シェイファー(スクワレル)、ジョニー・ウェストン(メイソン)、ウェス・ベントリー(ジェームズ・リード)、ほか

「200本のたばこ」のネタバレあらすじ結末

200本のたばこの紹介:1998年アメリカ映画。大晦日のニューヨークを舞台に新年を共に祝うパートナーを探そうと集まってきた若者達。複数の男女が織りなす恋愛模様を軽妙なテンポで描いた恋愛群像劇です。ベン・アフレックやクリスティーナ・リッチ、ケイシー・アフレックやケイト・ハドソンなど豪華俳優陣の共演が話題になりました。80年代のファッションや音楽も楽しめる映画です。
監督:リサ・ブラモン・ガルシア 出演者:ケイト・ハドソン(シンディ)、ベン・アフレック(バーテンダー)、ケイシー・アフレック(トム)、クリスティーナ・リッチ(ヴァル)、ポール・ラッド(ケヴィン)、コートニー・ラヴ(ルーシー)ほか

「月曜日のユカ」のネタバレあらすじ結末

月曜日のユカの紹介:1964年日本映画。上流ナイトクラブ「サンフランシスコ」で働くユカは、初老のパトロンを持ちながら同世代のボーイフレンドもいる奔放な女の子です。男を喜ばすことが人生の目標と宣言して憚らないユカは誰にでも体を許しますが誰にも、キスは許しません。
監督:中平康 出演者:ユカ(加賀まりこ)、修(中尾彬)、パパ(加藤武)、ユカのママ(北林谷栄)、船長(ウィリアム・パッソン)ほか

「グッバイ、サマー」のネタバレあらすじ結末

グッバイ、サマーの紹介:2015年フランス映画。破天荒な転校生テオと友達になった繊細な少年ダニエル。二人は自作の車に乗って長旅に出る決心をします。少年達のひと夏の冒険を爽やかに描きあげたロードムービー。「エターナル・サンシャイン」のミシェル・ゴンドリー監督の自伝的な作品です。
監督:ミシェル・ゴンドリー  出演者:アンジュ・ダルジャン(ダニエル)、テオフィル・バケ(テオ)、ディアーヌ・ベニエ(ローラ)、オドレイ・トトゥ(ダニエルの母)、ジャナ・ビトゥネロバ(テオの母)ほか

「爪先の宇宙」のネタバレあらすじ結末

爪先の宇宙の紹介:2017年日本映画。高校時代に仲良しだった友達に、キツい言葉を言われて以来、自分の気持ちを表に出せなくなった亜紀が、カラオケ店でバイトを始めたことによって、バイト仲間たちと交流しながら、自分を取り戻す姿を描いた作品です。
監督:谷内田彰久 出演者:桐嶋ノドカ(吉河亜紀)、北村諒(アンジ)、加村真美(ユメコ)、美沙玲奈(朋子)、名塚佳織(しおり)、廣瀬智紀(ユウ)ほか

「二度めの夏、二度と会えない君」のネタバレあらすじ結末

二度めの夏、二度と会えない君の紹介:2017年日本映画。転校生の燐と共に、バンドを作って夏を過ごした智でしたが、死の迫った燐に好きだと告白したのが最後の言葉となり落ち込みました。そんな智が土手から転がり、6か月前にタイムスリップしたことから、同じ過ちを繰り返さないと二度目の夏を迎えるという内容の、ファンタジーラブストーリーです。
監督:中西健二 出演者:村上虹郎(篠原智)、吉田円佳(森山燐)、加藤玲奈(菅野瑛子)、金城茉奈(花京院姫子)、山田裕貴(石田六郎)、本上まなみ(布施敦子)、菊池亜希子(榎本優)ほか

「パティ・ケイク$」のネタバレあらすじ結末

パティ・ケイク$の紹介:2017年アメリカ映画。パティはニューヨークの隣のニュージャージー州で暮らす23歳の白人女性、元歌手の母と病気の祖母との3人暮らし、彼女の夢は黒人歌手が多いラップミュージックのスターになることです。彼女は太った体型を笑われ、祖母の病気、経済的困難、周囲からの好奇の目にさらされるなどの困難をへながらも、黒人とインド系とバンドを結成しスターへの道を目指します。『パティ・ケイク$』は人種的、文化的な共存と目指す現代アメリカの若者を描き、スター不在ながらも批評家からは好意的に評価されたストリー、勇気や希望を与えてくれるような映画です。
監督:ジェレミー・ジャスパー 出演:ダニエル・マクドナルド(パトリシア・ドンブロウスキー / パティ・ケイク$)、シッダルト・ダナンジェイ(ジェリ)、ブリジット・エヴァレット(バーブ)、マムドゥ・アチー(バスタード)、キャシー・モリアーティ(ナナ)、ほか

「色即ぜねれいしょん」のネタバレあらすじ結末

色即ぜねれいしょん(しきそくぜねれいしょん)の紹介:2008年日本映画。みうらじゅんの小説を役者としても活躍する田口トモロヲ監督が映画化した作品。「黒猫チェルシー」の渡辺大知をはじめ、「くるり」の岸田繁他ミュージシャン陣の出演が話題を呼びました。
監督:田口トモロヲ 出演:渡辺大知(乾純)、峯田和伸(ヒゲゴジラ)、岸田繁(ヒッピー)、堀ちえみ(おかん)、リリー・フランキー(おとん)、臼田あさ美(オリーブ)、石橋杏奈(足立恭子)、大杉漣(医師)、宮藤官九郎(恭子の父)、木村祐一(池山の父)、塩見三省(法然高校 教師)、ほか

1 2 3 4 5 20
TOP↑