青春映画のネタバレ

青春映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気の青春映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「君が落とした青空」のネタバレあらすじ結末

君が落とした青空の紹介:2022年日本映画。櫻いいよが2010年に小説アプリ『野いちご』で発表し、「野いちご切ない小説ランキング」第1位を獲得した同名ケータイ小説を福本莉子と本作が映画初出演となるジャニーズJr.のアイドルグループ「Travis Japan」の松田元太のダブル主演で映画化した青春ラブストーリーです。主人公の女子高生の彼氏が突然の事故に遭い、女子高生はタイムリープを繰り返しながら彼を助けようとするのですが・・・。
監督:Yuki Saito 出演者:福本莉子(水野実結)、松田元太(篠原修弥)、板垣瑞生(本山佑人)、横田真悠(西村トモカ)、莉子(丸井佐喜子)、矢柴俊博(クラスの担任教師)、松本若菜(実結の母)ほか

「ハニーレモンソーダ」のネタバレあらすじ結末

ハニーレモンソーダの紹介:2021年日本映画。累計発行部数500万部を超える人気コミックを、SnowManのラウールを主演に実写化されました。地味で大人しい子だった羽花が、人気者の界と一緒にいることで恋をし、強く成長していく青春ラブストーリーとなっています。
監督:神徳幸治 出演:ラウール(三浦界)、吉川愛(石森羽花)、堀田真由(菅野芹奈)、坂東龍汰(瀬戸悟)、岡本夏美(遠藤あゆみ)、濱田龍臣(高嶺友哉)、ほか

「ランナウェイズ」のネタバレあらすじ結末

ランナウェイズの紹介:2010年アメリカ映画。1970年代後半に一大ブームを起こし、時のグループとなったガールズバンド『ザ・ランナウェイズ』の結成から解散までを、ボーカルのシェリーとギターのジョーンを中心に描いたサクセスストーリーです。原作は本人のシェリーとあって、『ザ・ランナウェイズ』の歴史を忠実に再現されています。配役も本人たちに良く似ていて、歌声もそっくりです。
監督:フローリア・シジスモンディ 出演:クリステン・スチュワート(ジョーン・ジェット)、ダコタ・ファニング(シェリー・カーリー)、マイケル・シャノン(キム・フォーリー)、ステラ・メイヴ(サンディ・ウェスト)、スカウト・テイラー=コンプトン(リタ・フォード)ほか

「乳酸菌飲料販売員の女」のネタバレあらすじ結末

乳酸菌飲料販売員の女の紹介:2017年日本映画。高校3年生の春樹と元喜は、胸をはだけ太ももをあらわに出し男たちを釘づけにして乳酸菌飲料を販売する女を見て、虜になります。二人は女を調べるため、彼女の家に忍び込んで覗き見をはじめますが、女は自分たちに見せる様に肌をさらけ出します。二人の初体験は成功するのでしょうか?という思春期のエロスを描いた青春ドラマです。
監督:熊谷祐紀 出演者:卯水咲流(岬)、長村航希(春樹)、吉原卓弥(元喜)、落丸紗矢(千里)ほか

「かそけきサンカヨウ」のネタバレあらすじ結末

かそけきサンカヨウの紹介:2021年日本映画。『ふがいない僕は空を見た』などの作家・窪美澄が2014年に発表した短編集『水やりはいつも深夜だけど』収録の一編を映画化したヒューマンドラマです。父親の再婚に戸惑う主人公の女子高生が「家族」のありかたについて悩みながら成長していく姿を描きます。
監督:今泉力哉 出演者:志田彩良(国木田陽)、井浦新(国木田直)、鈴鹿央士(清原陸)、中井友望(鈴木沙樹)、鎌田らい樹(有村みやこ)、遠藤雄斗(宮尾数人)、石川恋(劇中劇:レマ役)、鈴木咲(国木田ひなた)、芹澤興人(須田)、海沼未羽、古屋隆太、鷺坂陽菜、和宥、辻凪子、佐藤凛月、梅沢昌代(清原絹枝)、菊池亜希子(国木田美子)、西田尚美(清原夏紀)、石田ひかり(三島佐千代)ほか

「うみべの女の子」のネタバレあらすじ結末

うみべの女の子の紹介:2021年日本映画。浅野いにお原作の同名青年漫画を実写映画化した青春ラブストーリーです。夏になっても賑わうことのない田舎の海辺の町を舞台に、思春期を迎えた少女と少年の恋愛とセックスを描きあげていきます。
監督:ウエダアツシ 出演者:石川瑠華(佐藤小梅)、青木柚(磯辺恵介)、前田旺志郎(鹿島翔太)、中田青渚(小林桂子)、倉悠貴(三崎修平)、宮﨑優(白瀬香菜惠)、髙橋里恩(湯ノ原明)、平井亜門(大津克俊)、円井わん(鈴木摩理)、西洋亮(土井洋文)、高崎かなみ(うみべの女の子)、村上淳(磯辺の父)ほか

「太陽の子」のネタバレあらすじ結末

映画 太陽の子の紹介:2021年日本, アメリカ映画。太平洋戦争末期を舞台に、極秘裏に日本の原爆開発に携わった若き科学者たちが時代に翻弄されていく姿を描いた青春群像劇として2020年にテレビ放送されたドラマ『太陽の子』。本作はドラマ版の作・演出を手掛けた黒崎博がメガホンを執り、テレビドラマ版とは異なる視点と結末を加えた劇場版として広島原爆投下から76年目の2021年8月6日に劇場公開されました。
監督:黒崎博 出演者:柳楽優弥(石村修)、有村架純(朝倉世津)、三浦春馬(石村裕之)、イッセー尾形(澤村)、山本晋也(朝倉清三)、ピーター・ストーメア(アルベルト・アインシュタインの声)、三浦誠己(木戸貴一)、宇野祥平(岡野真三)、尾上寛之(清田薫)、渡辺大知(花岡喜一)、葉山奨之(堀田茂太郎)、奥野瑛太(村井正史)、土居志央梨(澤村はな)、國村隼(荒勝文策)、田中裕子(石村フミ)ほか

「GAGARINE/ガガーリン」のネタバレあらすじ結末

GAGARINE/ガガーリンの紹介:2020年フランス映画。パリの郊外に実在するガガーリン団地に母を待つ主人公ユーリが、団地の取り壊しに反対し滞在し続ける様を描いた作品。本作がスクリーンデビューとなるアルセニ・バティリが、デビューとは思えない質の高い演技を披露しています。
監督:ファニー・リアタール&ジェレミー・トルイユ 出演:アルセニ・バティリ(ユーリ)、リナ・クードリ(ディアナ)、ジャミル・マクレイヴン(フサーム)、ドニ・ラヴァン(ジェラルド)、フィネガン・オールドフィールド(ダリ)、ほか

「子供はわかってあげない」のネタバレあらすじ結末

子供はわかってあげないの紹介:2020年日本映画。マンガ大賞2015など数々の漫画賞を受賞した田島列島の同名漫画を実写映画化。高校2年生の水泳部員の女子と書道部員の男子が織りなす、ひと夏の甘酸っぱい冒険を描いた青春映画です。
監督:沖田修一 出演者:上白石萌歌(朔田美波)、細田佳央太(門司昭平)、千葉雄大(門司明大)、古舘寛治(朔田清)、斉藤由貴(朔田由起)、豊川悦司(藁谷友充)、高橋源一郎(善さん)、湯川ひな(ミヤジ)、坂口辰平(水泳部顧問の先生)、中島琴音(じんこちゃん)、兵藤公美(じんこちゃんの母)、品川徹(門司くんの祖父)、きたろう(阿堀先生)ほか

「ミュジコフィリア」のネタバレあらすじ結末

ミュジコフィリアの紹介:2021年日本映画。『神童』『マエストロ』を手掛け、文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を2度にわたり受賞している漫画家さそうあきらの同名作品を脚本・大野裕之(『太秦ライムライト』)、監督・谷口正晃(『時をかける少女』2010年版)のコンビで映画化した青春群像劇です。京都の芸術大学を舞台に、主人公の学生が様々な出会いを経て自分なりの音楽を追究していく姿を描きます。タイトルの「ミュジコフィリア」とは「音楽に情熱を注ぐ者たち」を意味しています。
監督:谷口正晃 出演者:井之脇海(漆原朔)、松本穂香(浪花凪)、川添野愛(谷崎小夜)、阿部進之介(青田完一)、石丸幹二(貴志野龍)、濱田マリ(椋本美也子)、神野三鈴(漆原君江)、山崎育三郎(貴志野大成)ほか

「はじまりのボーイミーツガール」のネタバレあらすじ結末

はじまりのボーイミーツガールの紹介:2016年フランス映画。フランスを舞台に、思春期の少年少女の淡く切ない恋を描いたラブストーリーです。落ちこぼれの少年が同じクラスの優等生の少女に恋をし、人知れず大きな秘密を抱えていた彼女のために奮闘することに…。ズリーン国際映画祭2017観客賞、ドバイ国際映画祭2016観客賞を受賞しています。
監督:ミシェル・ブジュナー 出演者:ジャン=スタン・デュ・パック(ヴィクトール)、アリックス・ヴァイヨ(マリー)、パスカル・エルベ(ヴィクトールの父)、シャルル・ベルリング(マリーの父)、アントワーヌ・コルサン(ハイカム)、イラン・レヴィ(エチエンヌ)、ノア・レヴィ(マルセル)、ヴィンセント・クナール(アズラ)、オード・ロイテル(マリーの母)、マックス・ガラン(ロマン)ほか

「浅草キッド」のネタバレあらすじ結末

浅草キッドの紹介:2021年日本映画。80年代に一世を風靡させ、今でもお笑い界の巨匠として活躍し続けている、ビートたけしが過ごした浅草での青春時代を描いた作品。浅草フランス座で芸人として舞台に立っていた深見千三郎師匠に憧れたたけしは、フランス座のエレベータボーイとして師匠への弟子入りの機会をうかがいます。『誰も知らない』で一気に名を広めた柳楽優弥が、ビートたけしを名演します。
監督:劇団ひとり 出演:柳楽優弥(ビートたけし)、大泉洋(深見千三郎)、鈴木保奈美(麻里)、門脇麦(千春)、土屋伸之(キヨシ)、ほか

「明け方の若者たち」のネタバレあらすじ結末

明け方の若者たちの紹介:2021年日本映画。俳優、アーティストとして大活躍の北村匠海主演の本作は、大好きな“彼女”と過ごした魔法のような数年間を追った切ない恋愛映画だ。明大前や高円寺、下北沢を舞台に、大学生から社会人になる時期の、現実に打ちひしがれながらもがいていく若者たちの姿を描いている。共演は、2022年NHK連続テレビ小説のヒロインが決まっている黒島結菜と、『ウルトラマンタイガ』主演の井上祐貴。主題歌は、マカロニえんぴつ『ハッピーエンドへの期待は』。
監督:松本花奈 脚本:小寺和久 原作: カツセマサヒコ キャスト:北村匠海(僕)、黒島結菜(彼女)、井上祐貴(古賀尚人)、楽駆(石田)、菅原健(黒澤)、高橋春織(桐谷)、佐津川愛美(ミカ)、山中崇(中山)、高橋ひとみ(僕の母)、濱田マリ(女将)ほか

「ブラス!」のネタバレあらすじ結末

ブラス!の紹介:1996年イギリス映画。実在のバンド「グライムソープ・コリアリー・バンド」をモデルに、仲間と共に音楽を奏でる炭坑労働者達の姿を描いた青春&音楽作品。炭坑町グリムリーでは、労働者達が「グリムリー・コリアリー・バンド」を結成して練習を行っていた。特にリーダーで指揮者のダニーは、ブラスバンドの全英大会に出場するという目標に燃えている。しかしイギリス全土で炭坑の閉鎖騒ぎが勃発しており、メンバーは練習どころではなかった。そんな中、町の出身者グロリアが久しぶりに帰郷する。彼女が加入したことでバンドは活気を取り戻すが、実はグロリアは炭坑を閉鎖しようとする会社側の人間だった。
監督:マーク・ハーマン 出演者:ピート・ポスルスウェイト(ダニー)、ユアン・マクレガー(アンディ)、タラ・フィッツジェラルド(グロリア)、スティーヴン・トンプキンソン(フィル)、ジム・カーター(ハリー)ほか

「桜ノ雨」のネタバレあらすじ結末

桜ノ雨の紹介:2015年日本映画。合唱部の活動に情熱を傾ける、若者たちの青春を描いた作品。美しい自然に囲まれた小さな田舎町の高校が舞台。自分の居場所を見つけようと奮闘する主人公に、本作が映画初主演となる若手女優の山本舞香。共演者に浅香航大、広田亮平、久松郁実。
監督:ウエダアツシ 出演者:山本舞香(遠野未来)、浅香航大(桜音ハル)、広田亮平(北村薫)、久松郁実(美月瑠華)、三浦透子(鹿島友梨)、井上由貴(佐山鈴)、田畑智子(高田芽衣子)、奥貫薫(遠野みどり)、ほか

1 2 3 4 5 36

キーワードから探す

TOP↑