青春映画のネタバレ

青春映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気の青春映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「ガールズ・アタック」のネタバレあらすじ結末

ガールズ・アタックの紹介:2006年アメリカ映画。マドンナ高校にて大火災が発生しバレーチームに所属するローレンたちはカセドラル高校に転入する。マドンナ高校と同様バレーチームへと入るローレンたちだったが、カセドラル高校のバレー部のギャビーたちとは因縁の中だった。はじめは衝突しあうもチームのため、勝利のために協力し奮闘する。
監督:ニーマ・バーネット 出演:シアラ(ベッカ)、エイドリアン・ベイロン(ギャビー)、サラ・メイソン(ローレン)、エフレン・ラミレス、フェイゾン・ラヴ、レニー・ヴィクター、マイケル・コポン、テイラー・コール、ほか

「深呼吸の必要」のネタバレあらすじ結末

深呼吸の必要の紹介:2004年日本映画。沖縄の離島を舞台に、さとうきびを刈るアルバイトに参加した若者たちの成長を描いた青春ドラマ。都会から来た若者たちが、沖縄の大自然と向き合いながらも島の人々の温かさに触れて成長して行く姿を香里奈や長澤まさみなどが演じる。
監督:篠原哲雄 出演者:香里奈(立花ひなみ)、谷原章介(池永悠一)、成宮寛貴(西村大輔)、金子さやか(川野悦子)、久遠さやか(辻元美鈴)、長澤まさみ(土居加奈子)、大森南朋(田所豊)、 北村三郎(平良誠 / おじぃ)、吉田妙子(平良ツル / おばぁ)ほか

「初恋ロスタイム」のネタバレあらすじ結末

初恋ロスタイムの紹介:2019年日本映画。幼い頃に母親を亡くした経験から、何をやって無駄だと冷めた考え方をしていた主人公孝司が、あらゆるものが一時間だけ止まってしまう現象に巻き込まれてしまいます。その世界で唯一動く事の出来る時音に出会い、二人だけの世界を楽しんでいきますが、時音は孝司には言えない秘密があるのでした。
監督:河合勇人 出演:板垣瑞生(相葉孝司)、吉柳咲良(篠宮時音)、石橋杏奈(青年医師の妻)、甲本雅裕(相葉誠司)、竹内涼真(青年医師)、ほか

「その愛を走れ」のネタバレあらすじ結末

その愛を走れの紹介:2012年スペイン映画。F・G・モリナ監督の「空の上3メートル」の続編。初恋に敗れ親友を亡くすという心の傷を負った青年が、故郷に戻り、過去と葛藤しながらも新しい人生をスタートさせる。
監督:フェルナンド・ゴンサレス・モリナ 出演:マリオ・カサス、クララ・ラゴ、マリア・バルベルデ、ルイス・フェルナンデス、マリナ・サラス、ネレア・カマチョ、ペレ・ブラッソ、ほか

「潮騒(1954年)」のネタバレあらすじ結末

潮騒の紹介:1954年日本映画。三島由紀夫の名作小説を谷口千吉が初めて映画化。その後リメイクが繰り返された。脚色には谷口とともに純文学作家の中村真一郎が当たっている。谷口作品がデビュー作だった三船敏郎が特別出演。
監督:谷口千吉 出演:久保明(新治)、青山京子(宮田初江)、沢村貞子(とみ)、上田吉二郎(宮田照吉)、加東大介(燈台長)、三戸部スエ(燈台長の奥さん)、大刀川洋一(安夫)、三船敏郎(歌島丸の船長)、ほか

「いなくなれ、群青」のネタバレあらすじ結末

いなくなれ、群青の紹介:2019年日本映画。河野裕の青春ミステリー小説『階段島』シリーズの第1作を横浜流星と飯豊まりえのダブル主演で実写映画化した作品です。“捨てられた”人間が行き着く謎の孤島「階段島」を舞台に、主人公の男子高校生と幼馴染とのまさかの再会をきっかけに島の人々を巻き込んで繰り広げられるストーリーを描きます。
監督:柳明菜 出演者:横浜流星(七草)、飯豊まりえ(真辺由宇)、矢作穂香(堀)、松岡広大(佐々岡)、松本妃代(水谷)、中村里帆(豊川)、伊藤ゆみ(トクメ先生)、片山萌美(時任)、君沢ユウキ(野中)、岩井拳士朗(ハル)、黒羽麻璃央(ナド)ほか

「いちごの唄」のネタバレあらすじ結末

いちごの唄の紹介:2019年日本映画。『ビーチボーイズ』『いま、会いにゆきます』など数多くのヒット作を手掛ける脚本家の岡田惠和と「銀杏BOYZ」の峯田和伸が共同執筆した同名小説を映画化した青春ドラマです。中学時代に親友を亡くした男と女が10年ぶりに偶然再会を果たし、それから親友の命日である七夕の日だけに会うことにしたのですが…。
監督:菅原伸太郎 出演者:古舘佑太郎(笹沢コウタ)、石橋静河(天野千日)、和久井映見(コウタの母)、光石研(コウタの父)、小林喜日(伸二)、大西利空(中学時代の笹沢コウタ)、清原果耶(中学時代の天野千日)、しゅはまはるみ(涼子)、渡辺道子(さゆり)、ポール・マグサリン(ガブリエル)、蒔田彩珠(震災の女の子)、泉澤祐希(シゲ)、山﨑光(小学時代のシゲ)、恒松祐里(かずみ)、吉村界人(千日の恋人)、岸井ゆきの(アケミ)、宮本信子(園長先生)、峯田和伸(ラーメン屋)ほか

「岸和田少年愚連隊」のネタバレあらすじ結末

岸和田少年愚連隊の紹介:1996年日本映画。1970年代の大阪岸和田を舞台に、喧嘩に明け暮れる中学、高校の愚連隊の様子をコミカルに描いた作品です。主役をナインティナインが務め、取り巻く俳優陣は今や有名人の吉本興業所属のお笑い芸人が出演していました。島田紳助・松本竜介を主演に起用した出世作『ガキ帝国』の井筒和幸が監督を務めています。
監督:井筒和幸 出演者:矢部浩之(チュンバ)、岡村隆史(小鉄)、大河内奈々子(リョーコ)、秋野暢子(おかん)、小林稔侍(カオルちゃん)、辰巳裕二(サンダ)、辰巳浩三(ガイラ)、宮川大輔(アキラ)、原西孝幸(ゴリ)、宮迫博之(サイ)、木下ほうか(サダ)、山本太郎(ダイナマイトの薫)ほか

「WAVES/ウェイブス」のネタバレあらすじ結末

WAVES/ウェイブスの紹介:2019年アメリカ映画。高校のレスリング部のスター選手タイラーは彼女ともうまくいき、学校の人気者です。彼は家庭では厳しい父との距離はあるものの、継母との関係も良く妹もいます。ところが怪我でレスリングをあきらめ、彼女の妊娠で関係も悪化していきます。両親と妹は彼のことで大いに悩み、夫婦関係にも危機が訪れます。『WAVES/ウェイブス』は、10代の少年と少女の葛藤を中心に描いた映画で、批評家からも好意的に評価され、カニエ・ウェストら多くのミュージシャンが曲を提供しています。
監督:トレイ・エドワード・シュルツ 出演:ケルヴィン・ハリソン・Jr(タイラー・ウィリアムズ)、ルーカス・ヘッジズ(ルーク)、テイラー・ラッセル(エミリー・ウィリアムズ)、アレクサ・デミー(アレクシス)、レネー・エリス・ゴールズベリー(キャサリン・ウィリアムズ)、スターリング・K・ブラウン(ロナルド・ウィリアムズ)、ほか

「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」のネタバレあらすじ結末

書道ガールズ!! わたしたちの甲子園の紹介:2010年日本映画。紙の生産高日本一を誇る愛媛県四国中央市にある四国中央高校の書道部は、町が衰退していくのと同じように部員も減り活気のない様相を呈している。そんな書道部に臨時の顧問がやって来たことから、書道部だけでなく町全体も活性化させようと「書道パフォーマンス甲子園」を開催する高校生たちの奮闘する姿を描いた作品。
監督:猪股隆一 出演者:成海璃子(早川里子)、山下リオ(岡崎美央)、桜庭ななみ(篠森香奈)、高畑充希(好永清美)、小島藤子(山本小春)、森崎ウィン(市ノ瀬誠)、森岡龍(中野卓也)、坂口涼太郎(村上悟)、市川知宏(高田智也)、金子ノブアキ(池澤宏人)、ほか

「町田くんの世界」のネタバレあらすじ結末

町田くんの世界の紹介:2018年日本映画。第20回手塚治虫文化賞新生賞を受賞した安藤ゆきの同名漫画を『舟を編む』などの石井裕也監督が映画化した青春ストーリーです。勉強も運動も苦手で不器用、それでも周りの人々から愛される心優しい少年の姿を描きます。共に映画初主演となる細田佳央太と関水渚がダブル主演を務め、脇を岩田剛典、高畑充希、前田敦子、仲野太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子といった豪華俳優陣が固めています。
監督:石井裕也 出演者:細田佳央太(町田一)、関水渚(猪原奈々)、岩田剛典(氷室雄)、高畑充希(高嶋さくら)、前田敦子(栄りら)、仲野太賀(西野亮太)、池松壮亮(吉高洋平)、戸田恵梨香(吉高葵)、佐藤浩市(日野)、北村有起哉(町田あゆた)、松嶋菜々子(町田百香)ほか

「彼の見つめる先に」のネタバレあらすじ結末

彼の見つめる先にの紹介:2014年ブラジル映画。視覚障害のある高校生レオナルドは、転校生のガブリエルと出会ったことでこれまでにない気持ちを抱くようになる。2人の少年と1人の少女を中心に巻き起こる青春ストーリーをとても爽やかに描いています。ダニエル・ヒベイロ監督が過去に製作し人気を博した短編映画を、当時と同じキャストで長編作品にしたものとなっています。
監督:ダニエル・ヒベイロ 出演:ジュレルメ・ロボ(レオナルド)、ファビオ・アウディ(ガブリエル)、テス・アモリン(ジョヴァンナ)、ルシア・ホマノ、セウマ・エグレイ、ほか

「彼女はハイスクール・ボーイ」のネタバレあらすじ結末

彼女はハイスクール・ボーイの紹介:1985年アメリカ映画。自分の美貌のせいで記事コンテストの選考に外れたと思い込んだテリーは、男に変装して転校することにします。男を演じたり女に戻ったりを繰り返し、ばれないように過ごしながら執筆活動に奮闘します。
監督:リサ・ゴッドリーブ 出演:ジョイス・ハイザー(テリー)、クレイトン・ローナー(リック)、ウィリアム・ザブカ(グレッグ)、デボラ・グッドリッチ(デボラ)、ほか

「アメリカン・グラフィティ」のネタバレあらすじ結末

アメリカン・グラフィティの紹介:1973年アメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズでブレイクする前のジョージ・ルーカス監督がフランシス・フォード・コッポラの製作のもと製作した青春群像劇です。ルーカスが青春時代を過ごした、ベトナム戦争の影が忍び寄る前の1960年代前半のアメリカを舞台に、人生の旅立ちを翌日に控えた高校生たちの忘れえぬ甘い想い出を描きます。1979年には後日談となる続編『アメリカン・グラフィティ2』が公開されています。
監督:ジョージ・ルーカス 出演者:リチャード・ドレイファス(カート・ヘンダーソン)、ロニー・“ロン”・ハワード(スティーヴ・ボレンダー)、ポール・ル・マット(ジョン・ミルナー)、チャールズ・マーティン・スミス(テリー・フィールズ)、キャンディ・クラーク(デビー・ダナム)、シンディ・ウィリアムズ(ローリー・ヘンダーソン)、ウルフマン・ジャック(ウルフマン・ジャック)、ハリソン・フォード(ボブ・ファルファ)、ボー・ホプキンス(ジョー・ヤング)、キャスリーン・クインラン(ペグ)、スザンヌ・ソマーズ(サンダーバードのブロンド美女)、マケンジー・フィリップス(キャロル・モリソン)、ジャナ・ベラン(ブッダ)ほか

「チア男子!!」のネタバレあらすじ結末

チア男子!!の紹介:2019年日本映画。『桐島、部活やめるってよ』『何者』などで知られる直木賞作家・朝井リョウが早稲田大学の男子チアリーディングチーム「SHOCKERS」をモデルに執筆、過去にアニメ化や舞台化もされた同名小説を実写映画化した青春ドラマです。怪我で柔道を諦めた大学生が親友と一緒に男子チアチームを結成し大舞台に挑む姿を『烈車戦隊トッキュウジャー』の横浜流星と『動物戦隊ジュウオウジャー』の中尾暢樹のダブル主演で描き、脇を『仮面ライダーエグゼイド』の瀬戸利樹、『寝ても覚めても』の唐田えりかなどが固めています。
監督:風間太樹 出演者:横浜流星(坂東晴希(ハル))、中尾暢樹(橋本一馬)、瀬戸利樹(徳川翔)、岩谷翔吾(長谷川弦(ゲン))、菅原健(鈴木総一郎(イチロー))、小平大智(遠野浩司(トン))、浅香航大(溝口渉)、清水くるみ(坂東晴子)、唐田えりか(高城さくら)、山本千尋(小久保萌)、伊藤歩(高城さつき)ほか

1 2 3 4 5 30

キーワードから探す

TOP↑