Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

青春映画のネタバレ

青春映画のネタバレあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気の青春映画のストーリーを映画の評価や感想とともにラストまで解説します。

「恋に至る病」のネタバレあらすじ結末

恋に至る病の紹介:2011年日本映画。生物の教師マドカに憧れる女子高生ツブラは、マドカとSEXをしてアソコを交換すると言う妄想を抱いていました。ある日、生物の教室でマドカと行為に及んでしまったツブラは、自分にマドカのアソコが付いていることに気づきました。夏休みを利用してマドカの実家に行ったツブラでしたが、そこに同級生のエンとマルもやってきて騒動が始まりましたという内容の青春ラブストーリーです。
監督:木村承子 出演者:我妻三輪子(ツブラ)、斉藤陽一郎(マドカ)、佐津川愛美(エン)、染谷将太(マル)ほか

「ジョージアの日記 ゆーうつでキラキラな毎日」のネタバレあらすじ結末

ジョージアの日記/ゆーうつでキラキラな毎日の紹介:2008年アメリカ映画。少し見た目がイケてないジョージア、辛口な親友ジャス、恋愛経験豊富なロージー、空気が読めない天然なエレンの4人は青春真っ只中。ジョージアには理想の彼氏像があり、そんな素敵な彼氏をゲットするために身だしなみはもちろんキスの練習までしています。そんなジョージアはある日、理想の彼氏像にぴったりな王子様を見つけて猛アタックを始めます。
監督:グリンダ・チャーダ 出演:ジョージア・グルーム(ジョージア・ニコルソン)、エレノア・トムリンソン(ジャス)、アーロン・ジョンソン(ロビー)、カレン・テイラー(コニー・ニコルソン)、アラン・デイヴィス(ボブ・ニコルソン)、ショーン・ボーク(トム)、マンジーヴェン・グレウォル(エレン)、ジョージア・ヘンショウ(ロージー)、エヴァ・ドリュー(リビー・ニコルソン)、キンバリー・ニクソン(リンジー)、リアム・ヘス(ピーター・ダイアー)、トミー・バストウ(デイヴ)、スティーヴ・ジョーンズ(ジェム)、ほか

「ホット・サマー・ナイツ」のネタバレあらすじ結末

HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツの紹介:2017年アメリカ映画。父親を亡くし落ち込んでいた少年ダニエルは夏の間ケープコッドの叔母の家で過ごす事になり、街で有名な問題児ハンターと一緒にドラッグの売人として大金を稼ぐようになる。一方でハンターから妹マッケイラには近付くなと言われながらも一目ぼれした彼女と付き合うようになる。しかし街を襲った巨大ハリケーンの日、ダニエルの運命は大きく変わるのだった。
監督:イライジャ・バイナム 出演:ティモシー・シャラメ(ダニエル・ミドルトン)、マイカ・モンロー(マッケイラ)、アレックス・ロー(ハンター・ストロベリー)、マイア・ミッチェル、ウィリアム・フィクトナー、トーマス・ジェーン、エモリー・コーエン、ほか

「ワイルドツアー」のネタバレあらすじ結末

ワイルドツアーの紹介:2018年日本映画。『Playback』、『きみの鳥はうたえる』の三宅唱監督が山口情報芸術センター・通称「YCAM(ワイカム)」のオファーを受けて現地に約8ヶ月滞在。中高生たちといっしょに脚本や演出を考えながら撮影して完成した山口県を舞台にした青春映画。シュンやタケが恋に落ちる瞬間が見逃せない。「山口のDNA図鑑」はYCAMの実在のワークショップです。
監督:三宅唱 出演者:伊藤帆乃花(中園うめ)、安光隆太郎(シュン)、栗林大輔(タケ)、山崎隆正(ザキヤマ)、伊藤己織、高椋優気、増田結妃、桝田七海、渡邊芽惟、渋谷圭香、河村百音、川俣実穂、福田未空、横山南、ほか

「イケてる私とサエない僕」のネタバレあらすじ結末

イケてる私とサエない僕の紹介:2011年アメリカ映画。スクールの人気者の裏側を暴く映画を作る、ジョシュが選んだ主人公、それは裕福でわがままなブロッサム・クイーンになる事に全力投球するディラン。全く合いそうに無い2人の映画作りが始まり、出来た映画。それは人気者の裏側を暴く映画ではなかった…。
監督:ジェフリー・ホーナデイ 出演:サラ・ハイランド(ディラン)、マット・プロコップ(ジョシュ)、サーシャ・ピーターズ(エイミー)、ジョーダン・ニコルズ(アッシャー)、ほか

「チワワちゃん」のネタバレあらすじ結末

チワワちゃんの紹介:2019年日本映画。学生たちの遊び仲間の中心だった通称チワワという女の子が、東京湾でバラバラ死体で発見されました。殺されて当然という報道の中、友人のミキはユーコのインタビューを受け、チワワの事を話し始めました…という内容の1994年の掲載された漫画『チワワちゃん』の映画化です。
監督:二宮健 出演者:門脇麦(ミキ)、成田凌(ヨシダ)、寛一郎(カツオ)、玉城ティナ(ユミ)、吉田志織(チワワ)、村上虹郎(ナガイ)、栗山千明(ユーコ)、浅野忠信(サカタ)ほか

「ダイブ!!」のネタバレあらすじ結末

ダイブ!!の紹介:2008年日本映画。森絵都のベストセラー小説を映画化。弱小ダイビングクラブの少年たちが、クラブの存続をかけて、飛び込みでオリンピック出場を目指す青春映画。それぞれ悩みを抱え、葛藤や挫折しながらも、飛び込みを続ける中で何かを掴もうとする三人の少年。彼らはクラブの危機を救えるのか?
監督:熊澤尚人 出演:林遣都(坂井 知季)、池松壮亮(富士谷 要一)、溝端淳平(沖津 飛沫)、瀬戸朝香(麻木 夏陽子)、蓮佛美沙子(西川 恭子)、山崎将平(丸山 レイジ)、福田雄也(大広 陵)、村瀬継太(吉田 幸也)、椎名鯛造(井上 大介)、小野賢章(鈴木 英雄)、池田純(坂井 弘也)、瓜生美咲(野村 未羽)、寺内健(寺本 健太郎)、光石研(富士谷 敬介)、江守徹(前原 一朗)、ほか

「ブレス あの波の向こうへ」のネタバレあらすじ結末

ブレス あの波の向こうへの紹介:2017年オーストラリア映画。オーストラリアの小さな街。初めてサーフィンの楽しさを知り、まるで広い世界の中心にいるような感覚になった多感な少年たち。これまでに体験したことのなかった仲間意識やライバル心などの新しい感情。物語は大人になった主人公パイクレットが過去を振り返る形で語られ、70年代に生きた少年がサーフィンを通じて恋の痛みやたくましさを身につけ大人へと成長していく姿を描く。原作は日本の直木賞にあたるオーストラリアで最も栄誉あるマイルズ・フランクリン文学賞を受賞したティム・ウィントンによる自伝的小説『ブレス』。本国では5週連続トップ10入りを果たし、2018年インディーズ映画で1位の大ヒットを記録した。
監督:サイモン・ベイカー 出演:サイモン・ベイカー(サンドー)、エリザベス・デビッキ(イーヴァ)、サムソン・コールター(パイクレット)、ベン・スペンス(ルーニー)、リチャード・ロクスバーグ(パイク氏/パイクレットの父)、レイチェル・ブレイク(パイク婦人/パイクレットの母)ほか

「ダンプリン」のネタバレあらすじ結末

ダンプリンの紹介:2018年アメリカ映画。太っているウィロディーンはミスコンに夢中の母親やミスコンに対して抗議をするために、自らミスコンに出演することに。容姿の美しさとは何かを問う映画です。
監督:アン・フレッチャー 出演:ダニエル・マクドナルド(ウィロディーン)、ジェニファー・アニストン(ロージー)、オデイア・ラッシュ(エレン)、マディー・ベイリオ(ミリー)、ベックス・テイラー・クラウス(ハンナ)、ほか

「ボーイハント」のネタバレあらすじ結末

ボーイハントの紹介:1960年アメリカ映画。フロリダ州フォートローダーデールに、春休みの2週間だけ全米から2万人もの大学生が押し寄せる。男子は太陽とビールを求めて。女子が来るのはそこに男子がいるから。中西部の女子大から来た4人の春休みの成長物語。歌手として大人気だったコニー・フランシスが映画初出演。主題歌を担当するだけでなく劇中でも歌声を披露している。普通の女の子の結婚前のセックスが普通に映画で話題にできるようになった作品です。
監督:ヘンリー・レヴィン 出演者:ドロレス・ハート(メリット・アンドリュース)、ジョージ・ハミルトン(ライダー・スミス)、ポーラ・プレンティス(タグル・カーペンター)、イヴェット・ミミュー(メラニー・トールマン)、ジム・ハットン(TV・トンプソン)、コニー・フランシス (アンジー)、バーバラ・ニコルス(ローラ)、フランク・ゴーシン(バジル)その他

「気球クラブ、その後」のネタバレあらすじ結末

気球クラブ、その後の紹介:2006年日本映画。園子温監督により2006年に公開された作品で、若者たちの青春群像劇を描いた作品となっています。かつて気球サークルに入っていた主人公・二郎は、サークルの代表者であった村上の事故の知らせをきっかけに、再び集まることになります。そこで二郎は青春が終わっていくのを感じることになるのでした。
監督:園子温 出演:深水元基(北二郎)、川村ゆきえ(みどり)、長谷川朝晴(村上)、永作博美(美津子)、いしだ壱成(しゅう)、西山繭子(あいこ)、江口のりこ(さちこ)、安藤玉恵(しゅんこ)、与座嘉秋(たけし)、ほか

「ラスト・サマー ~この夏の先に~」のネタバレあらすじ結末

ラスト・サマー ~この夏の先に~の紹介:2019年アメリカ映画。高校生最後の夏休みをどのように過ごすのか、それぞれの若者たちのひと夏を描いた青春ラブストーリーです。まだ10代の高校を卒業したばかりの若者たちが、友情・恋愛・家族といった、複雑な関係を経験しつつ、人生の新たなるステージへと旅立つ様子を描きます。
監督:ウィリアム・バインドリー 出演:KJ・アパ(グリフィン)、マイア・ミッチェル(フィービー)、ハルストン・セイジ(エリン)、ソシー・ベーコン(オードリー)、ジェイコブ・ラティモア(アレック)、ほか

「夏ノ日、君ノ声」のネタバレあらすじ結末

夏ノ日、君ノ声の紹介:2015年日本映画。難病を抱えた少女と少年との、ひと夏の出会いから別れまでを描いたラブストーリー。17歳の哲夫は病院に入院中、舞子と出会います。舞子は生まれながらに耳が聞こえず、口もきけません。しかし文字を交わすことで次第に二人は仲良くなり…。
監督:神村友征 出演:葉山奨之(戸上哲夫)、荒川ちか(高代舞子)、古畑星夏(森野ユカ)、大口兼悟(戸上哲夫 / 14年後)、松本若菜(森野ユカ / 14年後)、菊池麻衣子(高代喜代美)、木乃江祐希、影山樹生弥、柾木玲弥、永倉大輔、ほか

「ブルックリンの片隅で」のネタバレあらすじ結末

ブルックリンの片隅での紹介:2017年アメリカ映画。2017年サンダンス映画祭で女流監督エリザ・ヒットマンが監督賞に輝いた作品です。今や様々な社会問題にもなりえるSNSとLGBTをキーワードに、息苦しい家庭を逃れるように不良仲間達とつるみ、彼女がいるにもかかわらず夜は出会い系サイトで年上男性とチャット。自分がゲイなのか否か、うまく受け入れる事が出来ずにいる。ブルックリンの片隅で19歳の若者は性の苦悩と模索を続ける。
監督:エリザ・ヒットマン 出演:ハリス・ディキンソン(フランキー)、マデリーン・ウェインスタイン(シモーネ)、ケイト・ホッジ、ニール・ハフ、ほか

「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」のネタバレあらすじ結末

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃんの紹介:2010年日本映画。入間人間の人気ライトノベルを実写化した作品。喜怒哀楽が壊れてしまっているまーちゃんと、話の最後に「嘘だけど」が口癖のみーくん。小学生の失踪事件と猟奇的殺人事件とが起こる町で、10年ぶりに再会した二人に待っている思いもしない展開とは?!
監督:瀬田なつき 出演者:大政絢(まーちゃん / 御園マユ)、染谷将太(みーくん)、三浦誠己(藤田:刑事)、山田キヌヲ(10年前の誘拐犯の妻)、鈴木卓爾(10年前の誘拐犯)、宇治清高(菅原道真)、田畑智子(上杜奈月)、鈴木京香(坂下恋日)、ほか

1 2 3 4 5 27
TOP↑