青春映画のネタバレ

「20歳のソウル」のネタバレあらすじ結末

20歳のソウルの紹介:2022年日本映画。中井由里子原作をモチーフにして、今や市立船橋商業吹奏楽部の名物とも言える「市船ソウル」を作った、弱冠20歳という若さでガンのためこの世を去った浅野大義の実際にあった話を描いています。死に直面しながらも強く生きようとした彼の強さが涙を誘います。
監督:秋山純 出演:神尾楓珠(浅野大義)、尾野真千子(浅野桂子)、福本莉子(宮田夏月)、佐野晶哉(佐伯斗真)、前田航基(秋田豪)、若林時英(田崎洋一)、佐藤美咲(ユッコ)、宮部のぞみ(ミナ)、松大航也(滝沢翔)、塙宣之(消防隊員)、菅原永二(浅野正義)、池田朱那(浅野千鶴)、石崎なつみ(黒木まどか)、平泉成(浅野忠義)、石黒賢(木村貴教)、高橋克典(星野拓朗)、佐藤浩市(高橋健一)、ほか

「花と雨」のネタバレあらすじ結末

花と雨の紹介:2019年日本映画。ヒップホップアーティストSEEDAこと吉田なおひとの花と雨というアルバムを手掛けるに至った経緯を彼の自叙伝として描いた作品。日本ではメジャーとは言えないヒップホップアーティスト吉田が激動の人生の末、会心のアルバム制作に至るまでを描いています。
監督:土屋貴史 出演:笠松将、大西礼芳、岡本智礼、中村織央、光根恭平、つみきみほ、松尾貴史、高岡蒼佑、花沢将人、MAX[モデル]、サンディー海、木村圭作、紗羅マリー、西原誠吾、飯田基祐、ほか

「フェイブルマンズ」のネタバレあらすじ結末

フェイブルマンズの紹介:2022年アメリカ映画。第二次世界大戦後のアメリカ。両親と初めて映画館を訪れ『地上最大のショウ』を見たサミー・フェイブルマン少年はたちまち映画に夢中になる。それ以来、自らも8ミリカメラを手に、家族の休暇や旅行を撮影し、妹や友人たちをキャストに作品を制作するまでとなった。そんなサミーを才能豊かである母親は応援するが、有能な科学者の父は不真面目な趣味だと考えていた。やがて一家は父の転職でニュージャージーからアリゾナ、そしてカリフォルニアへと引っ越した。しかし新しい土地で起こった出来事がサミーの未来を変えていくことに―。両親との葛藤や絆、様々な人々との出会いによって成長していくサミーが、夢を追い求めるという本作は、巨匠スティーヴン・スピルバーグが描いた自らの原体験。
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ミシェル・ウィリアムズ(ミッツィ・フェイブルマン)、ポール・ダノ(バート・フェイブルマン)、セス・ローゲン(ベニー・ローウィ)、ガブリエル・ラベル(サミー・フェイブルマン)、ジャド・ハーシュ(ボリスおじさん)、ジュリア・バターズ(レジー・フェイブルマン)、キーリー・カルステン(ナタリー・フェイブルマン)ほ、ジーニー・バーリン(ハダサー・フェイブルマン)、ロビン・バートレット(ティナ・シルドクラウト)、クロエ・イースト(モニカ)、サム・レヒナー(ローガン)オークス・フェグリー(チャド)ほか

「ひらいて」のネタバレあらすじ結末

ひらいての紹介:2021年日本映画。「勝手にふるえてろ」や「私をくいとめて」などの映画化が増えてきている、綿矢りさの同名小説を映画化した作品です。多感な時期の高校生たちによる、男女の関係を越えた歪な三角関係を描いています。
監督:首藤凜 出演:山田杏奈(木村愛)、作間龍斗(西村たとえ)、芋生悠(新藤美雪)、山本浩司(岡野屋)、河井青葉(藤谷)、木下あかり(守屋)、鈴木美羽(竹内ミカ)、田中偉登(多田健)、板谷由夏(木村頼子)、田中美佐子(新藤泉)、萩原聖人(西村崇)、ほか

「生きててごめんなさい」のネタバレあらすじ結末

生きててごめんなさいの紹介:2022年日本映画。出版社で忙しく働く主人公の修一、作家になる夢は持ちつつも忙殺されている毎日。一方で、修一と同棲する毎日うだつの上がらない生活をしている彼女の莉菜は、ひょんなことからチャンスを掴み充実し始めますが、二人の関係に亀裂が生じ始める…。
監督:山口健人 出演:黒羽麻璃央(修一)、穂志もえか(莉菜)、松井玲奈(今日子)、安井順平(西川)、冨手麻妙、安藤聖、春海四方、山崎潤、長村航希、八木アリサ、飯島寛騎、ほか

「レッスン!」のネタバレあらすじ結末

レッスン!の紹介:2006年アメリカ映画。ニューヨークの公立学校の授業に社交ダンスを取り入れた実在のダンサーのエピソードをもとに、不良高校生とダンス教師の心の交流を描いた青春ドラマ。
監督:リズ・フリードランダー 出演:アントニオ・バンデラス(ピエール・デュレイン)、ロブ・ブラウン(ロック)、ヤヤ・ダコスタ(ラレッタ)、アルフレ・ウッダード(校長先生)、カティア・ヴァーシラス(モーガン)、ローラ・ベナンティ(ティナ)、ダンテ・バスコ(ラモス)、ジェナ・ディーワン(サーシャ)、マーカス・T・ポールク(エディ)、ほか

「線は、僕を描く」のネタバレあらすじ結末

線は、僕を描くの紹介:2022年日本映画。水墨画家でもある砥上裕將のデビュー小説『線は、僕を描く』。水墨画との出会いを通して再生し成長していく男子大学生の姿を繊細に描いた物語である。監督は『ちはやふる』シリーズなど青春物を得意とする小泉徳宏だ。主役の霜介を演じるのは主演映画目白押しの横浜流星。撮影前一年かけて墨と筆に慣れていったといい、真剣な眼差しと時折見せる子どものような表情が印象的。同年代の天才的な絵師を清原果耶が演じ、凛とした美しさが光る。
監督:小泉徳宏 原作:砥上裕將 出演:横浜流星(青山霜介)、清原果耶(篠田千瑛)、三浦友和(篠田湖山)、江口洋介(西濱湖峰)、細田佳央太(古前巧)、河合優実(川岸美嘉)、矢島健一(国枝 豊)、夙川アトム(滝柳康博)、井上想良(笹久保隆)、富田靖子(藤堂翠山)ほか

「耳をすませば(実写版)」のネタバレあらすじ結末

耳をすませばの紹介:2020年日本映画。柊あおいの同名漫画の実写映画となる作品。スタジオジブリでアニメ版としても上映されていて、本作は中学生時代だったアニメ版の話から、2人が大人になった10年後の話を描いています。過去の思い出と現在を上手くミックスさせる演出が素晴らしいです。
監督:平川雄一朗 出演:清野菜名(月島雫)、松坂桃李(天沢聖司)、山田裕貴(杉村竜也)、内田理央(原田夕子)、安原琉那(月島雫 / 中学生)、中川翼(杉村竜也 / 中学生)、荒木飛羽(天沢聖司 / 中学生)、住友沙来(原田夕子 / 中学生)、音尾琢真(堀内部長)、松本まりか(津田みどり)、中田圭祐(高木洋輔)、小林隆(月島靖也)、森口瑤子(月島朝子)、田中圭(園村真琴)、近藤正臣(おじいさん)、ほか

「スーパーノヴァ 孤独な少女」のネタバレあらすじ結末

スーパーノヴァ 孤独な少女の紹介:2017年アメリカ映画。複雑な家庭環境の中で孤独感を募らせていた10代の少女が、後見人となった裕福な男性の助けを借りて、本当に大切なものを見つけ、夢に向かって歩き始める姿を描いた青春ドラマ。
監督:アン・マリエ・ヘス 出演:マディー・ハッソン、ビリー・バーク、ダビア・スネル、メローラ・ウォルターズ、リース・ワード、ほか

「恋するレストラン」のネタバレあらすじ結末

恋するレストランの紹介:2005年オランダ映画。嵐のような厨房で繰り広げられる、若い男女の恋愛模様を描いたロマンス&コメディ。モロッコ人青年ノルディップは、父親から医者になれと命令され思い悩んでいた。勝手に医学部への進学を決定されてしまうが、ノルディップ本人は学問に希望を見いだせずにいる。そこでノルディップは、密かにホテルの厨房でアルバイトを始めた。理不尽な先輩、陰湿な嫌がらせ、山積みの仕事。早々に嫌気が差すノルディップだったが、ウェイトレスのアグネスに一目惚れしてしまった。懸命にアプローチを続けるが、ある問題が大きな壁になる。アグネスはホテルの社長の姪であり、後継者でもあったのだった。
監督:マルティン・コールホーヴェン 出演者:ムニール・ヴァレンタイン(ノルディップ)、ブラハ・ファン・ドゥーシュバーグ(アグネス)、ヤハ・ガイール(モー)、ミモウン・オエイシャ(エミモン)、ティゴ・ヘルナンド(ゴラン)ほか

「ロックンロール・ハイスクール」のネタバレあらすじ結末

ロックンロール・ハイスクールの紹介:1979年アメリカ映画。リフとケイトはロックバンド『ラモーンズ』に憧れる高校生。二人はラモーンズのコンサートのチケットを手に入れ楽しみにします。しかし、厳しい校長のトーガーは、チケットを取り上げてしまいます。二人はなんとか憧れのラモーンズのコンサートに行こうと奮闘します。『ロックンロール・ハイスクール』は1970年代のアメリカの高校を舞台にした青春映画です。
監督:アラン・カーネッシュ 出演:P・J・ソールズ(リフ・ランデル)、ヴィンセント・ヴァン・パタン(トム・ロバーツ)、メアリー・ウォロノフ(ミス・トーガー)、ポール・バーテル(マグリー)、クリント・ハワード(イーグルバウアー)、ディック・ミラー(警察署長)、デイ・ヤング(ケイト・ランボー)、RAMONES(本人)、ほか

「Zola ゾラ」のネタバレあらすじ結末

Zola ゾラの紹介:2021年アメリカ映画。デトロイトで昼間ウェイトレスをしながらストリッパーとしての顔を持つゾラはフーターズの仕事中、客としてやってきたステファニと意気投合し連絡先を交換する。翌日、さっそくステファニから「ダンスで大金を稼ぐフロリダ旅行に出よう」と誘われ、困惑するも勢いで乗ることに。これが48時間の悪夢の始まりだとは知らずに…。2015年、アザイア“ゾラ”キングが自らの実体験をTwitterに投稿し、大きな話題となった148のツイートをスタジオA24が映画化。全米ではスマッシュヒットを記録し、各国の映画祭で高い評価を得て多数の賞に輝いた本作は、“ストリッパー・サーガ”と呼ばれ若者を中心に熱狂的なファンを生み出した。
監督:ジャニクサ・ブラヴォー  出演:テイラー・ペイジ(ゾラ)、ライリー・キーオ(ステファニ)、ニコラス・ブラウン(デレク)、コールマン・ドミンゴ(X)、アリエル・スタッチェル(ショーン)、ジェイソン・ミッチェル(ディオン)、TS マディソン(ハリウッド)、ソフィー・ホール(ベイビー)ほか

「反逆のパンク・ロック」のネタバレあらすじ結末

反逆のパンク・ロックの紹介:1983年アメリカ映画。家庭内で問題を抱えて家を出た孤児たちは自身をT.R.(The Reject=拒否された脱落者)と呼び、仲間を求めて集ってはパンク・ロックに酔いしれる日々を過ごす。彼らを嫌悪し街からの排除を求める住民たちは次第に激化、T.R.たちは追い詰められていく。社会に馴染めず、T.R.ハウスで生活を送るパンクスたちのはかない日常を描く。パンク映画のバイブルとされる本作は、T.S.O.L.、ヴァンダルズ、D.I.などのUSハードコアバンドのライヴが盛り込まれ、本物のパンクスたちの非情な現実を映し出す。
監督:ペネロープ・スフィーリス 出演:クリス・ペダーソン(ジャック・ディドリー)、ビル・コイン(エヴァン・ジョンソン)、ジェニファー・クレイ(シーラ)、ティモシー・オブライエン(スキナー)、ウェイド・ウォルストン(ジョー・シュモ)、マイク・B.ザ・フリー/フリー(ラズル)、アンドリュー・ピース(イーサン・ジョンソン)、ニッキー・ビート(クラブオーナー)、ドン・アレン(ビル・レナード)、グラント・マイナー(キーフ)ほか

「みんなのヴァカンス」のネタバレあらすじ結末

みんなのヴァカンスの紹介:2020年フランス映画。ある夏の夜、セーヌ川でフェリックスはアルマと出会い夢のような時間を過ごしたが、その翌朝アルマはヴァカンスへ旅立ってしまう。フェリックスは親友シェリフと相乗りアプリで知り合ったエドゥアールを道連れに、彼女を追って南フランスの田舎町ディーにサプライズで会いに行く。自分勝手で不器用なフェリックスと、生真面目なエドゥアール、その間を取り持つ優しいシェリフ。そんな3人の愛おしいヴァカンスが静かに映し出されていく。2017年製作の「7月の物語」に続いてギョーム・ブラック監督がフランス国立高等演劇学校の学生たちと制作した作品で、俳優には同学校の生徒たちを起用。南フランスの風光明媚な景色と生徒たちの演技が高く評価され、ベルリン国際映画祭パノラマ部門で国際映画評論家連盟賞特別賞を受賞した。
監督:ギョーム・ブラック 出演:エリック・ナンチュアング(フェリックス)、サリフ・シセ(シェリフ)、エドゥアール・シュルピス(エドゥアール)、アスマ・メサウデンヌ(アルマ)、アナ・ブラゴジェヴィッチ(エレナ)、イリナ・ブラック・ラペルーザ(ニナ)、リュシー・ガロ(リュシー)、マルタン・メニエ(マルタン)、ニコラ・ピエトリ(ニコラ)、ほか

「サバカン SABAKAN」のネタバレあらすじ結末

サバカン SABAKANの紹介:2022年日本映画。大ヒットドラマ「半沢直樹」を手掛けた金沢知樹の映画初監督となる作品。金沢知樹監督の故郷長崎を舞台に、二人の少年が育む友情物語がテーマとなります。楽しいだけじゃない一夏の思い出が少年たちを大きくさせる、そんなお話です。
監督:金沢知樹 出演:番家一路(久田孝明/子供時代)、原田琥之佑(竹本健次)、尾野真千子(久田良子)、竹原ピストル(久田広重)、貫地谷しほり(竹本雅代)、草なぎ剛(久田孝明)、岩松了(内田のじじい)、村川絵梨(弥生)、福地桃子(亜子)、ゴリけん(大内田健夫)、八村倫太郎(金山)、茅島みずき(由香)、篠原篤(宮田学)、泉澤祐希(市川)、ほか

1 2 3 4 5 6 39

キーワードから探す

TOP↑