青春映画のネタバレ

「チワワちゃん」のネタバレあらすじ結末

チワワちゃんの紹介:2019年日本映画。学生たちの遊び仲間の中心だった通称チワワという女の子が、東京湾でバラバラ死体で発見されました。殺されて当然という報道の中、友人のミキはユーコのインタビューを受け、チワワの事を話し始めました…という内容の1994年の掲載された漫画『チワワちゃん』の映画化です。
監督:二宮健 出演者:門脇麦(ミキ)、成田凌(ヨシダ)、寛一郎(カツオ)、玉城ティナ(ユミ)、吉田志織(チワワ)、村上虹郎(ナガイ)、栗山千明(ユーコ)、浅野忠信(サカタ)ほか

「ダイブ!!」のネタバレあらすじ結末

ダイブ!!の紹介:2008年日本映画。森絵都のベストセラー小説を映画化。弱小ダイビングクラブの少年たちが、クラブの存続をかけて、飛び込みでオリンピック出場を目指す青春映画。それぞれ悩みを抱え、葛藤や挫折しながらも、飛び込みを続ける中で何かを掴もうとする三人の少年。彼らはクラブの危機を救えるのか?
監督:熊澤尚人 出演:林遣都(坂井 知季)、池松壮亮(富士谷 要一)、溝端淳平(沖津 飛沫)、瀬戸朝香(麻木 夏陽子)、蓮佛美沙子(西川 恭子)、山崎将平(丸山 レイジ)、福田雄也(大広 陵)、村瀬継太(吉田 幸也)、椎名鯛造(井上 大介)、小野賢章(鈴木 英雄)、池田純(坂井 弘也)、瓜生美咲(野村 未羽)、寺内健(寺本 健太郎)、光石研(富士谷 敬介)、江守徹(前原 一朗)、ほか

「ブレス あの波の向こうへ」のネタバレあらすじ結末

ブレス あの波の向こうへの紹介:2017年オーストラリア映画。オーストラリアの小さな街。初めてサーフィンの楽しさを知り、まるで広い世界の中心にいるような感覚になった多感な少年たち。これまでに体験したことのなかった仲間意識やライバル心などの新しい感情。物語は大人になった主人公パイクレットが過去を振り返る形で語られ、70年代に生きた少年がサーフィンを通じて恋の痛みやたくましさを身につけ大人へと成長していく姿を描く。原作は日本の直木賞にあたるオーストラリアで最も栄誉あるマイルズ・フランクリン文学賞を受賞したティム・ウィントンによる自伝的小説『ブレス』。本国では5週連続トップ10入りを果たし、2018年インディーズ映画で1位の大ヒットを記録した。
監督:サイモン・ベイカー 出演:サイモン・ベイカー(サンドー)、エリザベス・デビッキ(イーヴァ)、サムソン・コールター(パイクレット)、ベン・スペンス(ルーニー)、リチャード・ロクスバーグ(パイク氏/パイクレットの父)、レイチェル・ブレイク(パイク婦人/パイクレットの母)ほか

「ダンプリン」のネタバレあらすじ結末

ダンプリンの紹介:2018年アメリカ映画。太っているウィロディーンはミスコンに夢中の母親やミスコンに対して抗議をするために、自らミスコンに出演することに。容姿の美しさとは何かを問う映画です。
監督:アン・フレッチャー 出演:ダニエル・マクドナルド(ウィロディーン)、ジェニファー・アニストン(ロージー)、オデイア・ラッシュ(エレン)、マディー・ベイリオ(ミリー)、ベックス・テイラー・クラウス(ハンナ)、ほか

「ボーイハント」のネタバレあらすじ結末

ボーイハントの紹介:1960年アメリカ映画。フロリダ州フォートローダーデールに、春休みの2週間だけ全米から2万人もの大学生が押し寄せる。男子は太陽とビールを求めて。女子が来るのはそこに男子がいるから。中西部の女子大から来た4人の春休みの成長物語。歌手として大人気だったコニー・フランシスが映画初出演。主題歌を担当するだけでなく劇中でも歌声を披露している。普通の女の子の結婚前のセックスが普通に映画で話題にできるようになった作品です。
監督:ヘンリー・レヴィン 出演者:ドロレス・ハート(メリット・アンドリュース)、ジョージ・ハミルトン(ライダー・スミス)、ポーラ・プレンティス(タグル・カーペンター)、イヴェット・ミミュー(メラニー・トールマン)、ジム・ハットン(TV・トンプソン)、コニー・フランシス (アンジー)、バーバラ・ニコルス(ローラ)、フランク・ゴーシン(バジル)その他

「気球クラブ、その後」のネタバレあらすじ結末

気球クラブ、その後の紹介:2006年日本映画。園子温監督により2006年に公開された作品で、若者たちの青春群像劇を描いた作品となっています。かつて気球サークルに入っていた主人公・二郎は、サークルの代表者であった村上の事故の知らせをきっかけに、再び集まることになります。そこで二郎は青春が終わっていくのを感じることになるのでした。
監督:園子温 出演:深水元基(北二郎)、川村ゆきえ(みどり)、長谷川朝晴(村上)、永作博美(美津子)、いしだ壱成(しゅう)、西山繭子(あいこ)、江口のりこ(さちこ)、安藤玉恵(しゅんこ)、与座嘉秋(たけし)、ほか

「ラスト・サマー ~この夏の先に~」のネタバレあらすじ結末

ラスト・サマー ~この夏の先に~の紹介:2019年アメリカ映画。高校生最後の夏休みをどのように過ごすのか、それぞれの若者たちのひと夏を描いた青春ラブストーリーです。まだ10代の高校を卒業したばかりの若者たちが、友情・恋愛・家族といった、複雑な関係を経験しつつ、人生の新たなるステージへと旅立つ様子を描きます。
監督:ウィリアム・バインドリー 出演:KJ・アパ(グリフィン)、マイア・ミッチェル(フィービー)、ハルストン・セイジ(エリン)、ソシー・ベーコン(オードリー)、ジェイコブ・ラティモア(アレック)、ほか

「夏ノ日、君ノ声」のネタバレあらすじ結末

夏ノ日、君ノ声の紹介:2015年日本映画。難病を抱えた少女と少年との、ひと夏の出会いから別れまでを描いたラブストーリー。17歳の哲夫は病院に入院中、舞子と出会います。舞子は生まれながらに耳が聞こえず、口もきけません。しかし文字を交わすことで次第に二人は仲良くなり…。
監督:神村友征 出演:葉山奨之(戸上哲夫)、荒川ちか(高代舞子)、古畑星夏(森野ユカ)、大口兼悟(戸上哲夫 / 14年後)、松本若菜(森野ユカ / 14年後)、菊池麻衣子(高代喜代美)、木乃江祐希、影山樹生弥、柾木玲弥、永倉大輔、ほか

「ブルックリンの片隅で」のネタバレあらすじ結末

ブルックリンの片隅での紹介:2017年アメリカ映画。2017年サンダンス映画祭で女流監督エリザ・ヒットマンが監督賞に輝いた作品です。今や様々な社会問題にもなりえるSNSとLGBTをキーワードに、息苦しい家庭を逃れるように不良仲間達とつるみ、彼女がいるにもかかわらず夜は出会い系サイトで年上男性とチャット。自分がゲイなのか否か、うまく受け入れる事が出来ずにいる。ブルックリンの片隅で19歳の若者は性の苦悩と模索を続ける。
監督:エリザ・ヒットマン 出演:ハリス・ディキンソン(フランキー)、マデリーン・ウェインスタイン(シモーネ)、ケイト・ホッジ、ニール・ハフ、ほか

「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」のネタバレあらすじ結末

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃんの紹介:2010年日本映画。入間人間の人気ライトノベルを実写化した作品。喜怒哀楽が壊れてしまっているまーちゃんと、話の最後に「嘘だけど」が口癖のみーくん。小学生の失踪事件と猟奇的殺人事件とが起こる町で、10年ぶりに再会した二人に待っている思いもしない展開とは?!
監督:瀬田なつき 出演者:大政絢(まーちゃん / 御園マユ)、染谷将太(みーくん)、三浦誠己(藤田:刑事)、山田キヌヲ(10年前の誘拐犯の妻)、鈴木卓爾(10年前の誘拐犯)、宇治清高(菅原道真)、田畑智子(上杜奈月)、鈴木京香(坂下恋日)、ほか

「グライド・イン・ブルー」のネタバレあらすじ結末

グライド・イン・ブルーの紹介:1973年アメリカ映画。夢破れた男達の孤独と挫折を描いたドラマ作品。アリゾナの砂漠地帯で白バイ警官を務めるジョンは、殺人課の刑事になることを夢見ていた。なかなかチャンスに恵まれない中、自殺に見せかけた殺人事件が起こる。理想通りの刑事ハーブの補佐についたジョンは有頂天で捜査に取り掛かるが、待ち受けていたのは残酷な現実だった。
監督:ジェームズ・ウィリアム・ガルシオ 出演者:ロバート・ブレイク(ジョン・ウィンターグリーン)、ビリー・グリーン・ブッシュ(ジッパー)、ミッチェル・ライアン(ハーブ・プール刑事)、ジャニーン・ライリー(ジョリーン)、エリシャ・クック(ウィリー)ほか

「転入生は10点満点」のネタバレあらすじ結末

転入生は10点満点の紹介:2016年オーストラリア映画。アメリカ体操のジュニア代表チームで活躍していたケリーは、コーチである父親の指導の下、思うような成績が残せないようになり、一旦、競技の世界から離れるため、外科医の母親とともにオーストラリアに移住する。転入先の高校で友達になったニックは、体操部の入門コースに在籍。上級コースのジェスから嫌われている。ニックを上級コースのチームに入れるため、ケリーも一肌脱いで体操部に入部する。体操に情熱を持つ女子高生たちのライバル心と友情の物語。
監督: クレイ・グレン 出演: ケリー・バーグランド、リリ・カラマリキス、テス・フォウラー、ほか

「小さな恋のうた」のネタバレあらすじ結末

小さな恋のうたの紹介:2019年日本映画。沖縄出身の人気ロックバンド「MONGOL800」の代表曲のひとつ「小さな恋のうた」の世界観をモチーフに、『羊と鋼の森』『雪の華』などの橋本光二郎監督が沖縄ロケを敢行して映画化した青春ロックムービーです。ロックに全てを捧げた沖縄の高校の軽音楽部の仲間たちの青春を、沖縄の“今”を絡めながら描いていきます。
監督:橋本光二郎 出演者:佐野勇斗(真栄城亮多)、森永悠希(池原航太郎)、山田杏奈(譜久村舞)、眞栄田郷敦(譜久村慎司)、鈴木仁(新里大輝)、トミコクレア(リサ)、金山一彦(池原昌盛)、佐藤貢三(譜久村一幸)、中島ひろ子(譜久村静代)、清水美沙(真栄城慶子)、世良公則(根間敏弘)、上江洌清作(MONGOL800)、儀間崇(MONGOL800)、高里悟(MONGOL800)ほか

「湾岸バッド・ボーイ・ブルー」のネタバレあらすじ結末

湾岸バッド・ボーイ・ブルーの紹介:1992年日本映画。ガソリンスタンドで働く明夫は、大型バイクの免許を取り、憧れのバイクGSX1100S KATANAを購入しました。夜、馴らし運転を続ける明夫の前に、美緒子という女子高生が現れてから、明夫の周囲にゴタゴタが起り始めました・・・という青春映画です。
監督:富岡忠文 出演者:菊池健一郎(明夫)、瀬戸朝香(美緒子)、佐々木優子(理佐)、大森嘉之(貴志)、椎名桔平(菊地田)、ルー大柴、きたろう、翔、大事MANブラザーズバンド、ほか

「ワルボロ」のネタバレあらすじ結末

ワルボロの紹介:2007年日本映画。ゲッツ板谷の小説「ワルボロ」を映画化。1980年代の東京立川市が舞台。松田翔太演じる優等生だった中学生が、突然不良に転身し喧嘩に明け暮れます。仲間との友情や不良同士の抗争を描いた、青春コメディ。
監督:隅田靖 出演:松田翔太(コーちゃん)、新垣結衣(山田)、福士誠治(ヤッコ)、木村了(キャーム)、城田優(小佐野)、古畑勝隆(ヒデチャン)、途中慎吾(カッチン)、ピエール瀧、仲村トオル、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 30

キーワードから探す

TOP↑