青春映画のネタバレ

「GAGARINE/ガガーリン」のネタバレあらすじ結末

GAGARINE/ガガーリンの紹介:2020年フランス映画。パリの郊外に実在するガガーリン団地に母を待つ主人公ユーリが、団地の取り壊しに反対し滞在し続ける様を描いた作品。本作がスクリーンデビューとなるアルセニ・バティリが、デビューとは思えない質の高い演技を披露しています。
監督:ファニー・リアタール&ジェレミー・トルイユ 出演:アルセニ・バティリ(ユーリ)、リナ・クードリ(ディアナ)、ジャミル・マクレイヴン(フサーム)、ドニ・ラヴァン(ジェラルド)、フィネガン・オールドフィールド(ダリ)、ほか

「子供はわかってあげない」のネタバレあらすじ結末

子供はわかってあげないの紹介:2020年日本映画。マンガ大賞2015など数々の漫画賞を受賞した田島列島の同名漫画を実写映画化。高校2年生の水泳部員の女子と書道部員の男子が織りなす、ひと夏の甘酸っぱい冒険を描いた青春映画です。
監督:沖田修一 出演者:上白石萌歌(朔田美波)、細田佳央太(門司昭平)、千葉雄大(門司明大)、古舘寛治(朔田清)、斉藤由貴(朔田由起)、豊川悦司(藁谷友充)、高橋源一郎(善さん)、湯川ひな(ミヤジ)、坂口辰平(水泳部顧問の先生)、中島琴音(じんこちゃん)、兵藤公美(じんこちゃんの母)、品川徹(門司くんの祖父)、きたろう(阿堀先生)ほか

「ミュジコフィリア」のネタバレあらすじ結末

ミュジコフィリアの紹介:2021年日本映画。『神童』『マエストロ』を手掛け、文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を2度にわたり受賞している漫画家さそうあきらの同名作品を脚本・大野裕之(『太秦ライムライト』)、監督・谷口正晃(『時をかける少女』2010年版)のコンビで映画化した青春群像劇です。京都の芸術大学を舞台に、主人公の学生が様々な出会いを経て自分なりの音楽を追究していく姿を描きます。タイトルの「ミュジコフィリア」とは「音楽に情熱を注ぐ者たち」を意味しています。
監督:谷口正晃 出演者:井之脇海(漆原朔)、松本穂香(浪花凪)、川添野愛(谷崎小夜)、阿部進之介(青田完一)、石丸幹二(貴志野龍)、濱田マリ(椋本美也子)、神野三鈴(漆原君江)、山崎育三郎(貴志野大成)ほか

「はじまりのボーイミーツガール」のネタバレあらすじ結末

はじまりのボーイミーツガールの紹介:2016年フランス映画。フランスを舞台に、思春期の少年少女の淡く切ない恋を描いたラブストーリーです。落ちこぼれの少年が同じクラスの優等生の少女に恋をし、人知れず大きな秘密を抱えていた彼女のために奮闘することに…。ズリーン国際映画祭2017観客賞、ドバイ国際映画祭2016観客賞を受賞しています。
監督:ミシェル・ブジュナー 出演者:ジャン=スタン・デュ・パック(ヴィクトール)、アリックス・ヴァイヨ(マリー)、パスカル・エルベ(ヴィクトールの父)、シャルル・ベルリング(マリーの父)、アントワーヌ・コルサン(ハイカム)、イラン・レヴィ(エチエンヌ)、ノア・レヴィ(マルセル)、ヴィンセント・クナール(アズラ)、オード・ロイテル(マリーの母)、マックス・ガラン(ロマン)ほか

「浅草キッド」のネタバレあらすじ結末

浅草キッドの紹介:2021年日本映画。80年代に一世を風靡させ、今でもお笑い界の巨匠として活躍し続けている、ビートたけしが過ごした浅草での青春時代を描いた作品。浅草フランス座で芸人として舞台に立っていた深見千三郎師匠に憧れたたけしは、フランス座のエレベータボーイとして師匠への弟子入りの機会をうかがいます。『誰も知らない』で一気に名を広めた柳楽優弥が、ビートたけしを名演します。
監督:劇団ひとり 出演:柳楽優弥(ビートたけし)、大泉洋(深見千三郎)、鈴木保奈美(麻里)、門脇麦(千春)、土屋伸之(キヨシ)、ほか

「明け方の若者たち」のネタバレあらすじ結末

明け方の若者たちの紹介:2021年日本映画。俳優、アーティストとして大活躍の北村匠海主演の本作は、大好きな“彼女”と過ごした魔法のような数年間を追った切ない恋愛映画だ。明大前や高円寺、下北沢を舞台に、大学生から社会人になる時期の、現実に打ちひしがれながらもがいていく若者たちの姿を描いている。共演は、2022年NHK連続テレビ小説のヒロインが決まっている黒島結菜と、『ウルトラマンタイガ』主演の井上祐貴。主題歌は、マカロニえんぴつ『ハッピーエンドへの期待は』。
監督:松本花奈 脚本:小寺和久 原作: カツセマサヒコ キャスト:北村匠海(僕)、黒島結菜(彼女)、井上祐貴(古賀尚人)、楽駆(石田)、菅原健(黒澤)、高橋春織(桐谷)、佐津川愛美(ミカ)、山中崇(中山)、高橋ひとみ(僕の母)、濱田マリ(女将)ほか

「ブラス!」のネタバレあらすじ結末

ブラス!の紹介:1996年イギリス映画。実在のバンド「グライムソープ・コリアリー・バンド」をモデルに、仲間と共に音楽を奏でる炭坑労働者達の姿を描いた青春&音楽作品。炭坑町グリムリーでは、労働者達が「グリムリー・コリアリー・バンド」を結成して練習を行っていた。特にリーダーで指揮者のダニーは、ブラスバンドの全英大会に出場するという目標に燃えている。しかしイギリス全土で炭坑の閉鎖騒ぎが勃発しており、メンバーは練習どころではなかった。そんな中、町の出身者グロリアが久しぶりに帰郷する。彼女が加入したことでバンドは活気を取り戻すが、実はグロリアは炭坑を閉鎖しようとする会社側の人間だった。
監督:マーク・ハーマン 出演者:ピート・ポスルスウェイト(ダニー)、ユアン・マクレガー(アンディ)、タラ・フィッツジェラルド(グロリア)、スティーヴン・トンプキンソン(フィル)、ジム・カーター(ハリー)ほか

「桜ノ雨」のネタバレあらすじ結末

桜ノ雨の紹介:2015年日本映画。合唱部の活動に情熱を傾ける、若者たちの青春を描いた作品。美しい自然に囲まれた小さな田舎町の高校が舞台。自分の居場所を見つけようと奮闘する主人公に、本作が映画初主演となる若手女優の山本舞香。共演者に浅香航大、広田亮平、久松郁実。
監督:ウエダアツシ 出演者:山本舞香(遠野未来)、浅香航大(桜音ハル)、広田亮平(北村薫)、久松郁実(美月瑠華)、三浦透子(鹿島友梨)、井上由貴(佐山鈴)、田畑智子(高田芽衣子)、奥貫薫(遠野みどり)、ほか

「彼女が好きなものは」のネタバレあらすじ結末

彼女が好きなものはの紹介:2021年日本映画。普通の男女としてつき合い始める【ゲイ】の男子と【BL好き】の女子の物語。原作は、2016年に発表された浅原ナオトのWEB小説「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」。2019年に「腐女子、うっかりゲイに告る。」のタイトルでテレビドラマ化もされている。ゲイであることを隠して“普通”の幸せを模索する男子高校生・純を演じるのは、NEXT国宝級イケメン1位にも選ばれた神尾楓珠。BLを好みながらも自分の恋人がゲイだという現実に戸惑う女子高生・紗枝を、『ひらいて』など主演作目白押しの山田杏奈が演じる。
監督・脚本: 草野翔吾 原作: 浅原ナオト キャスト:神尾楓珠(安藤純)、山田杏奈(三浦紗枝)、前田旺志郎(高岡亮平)、三浦獠太(小野雄介)、池田朱那(今宮くるみ)、渡辺大知(近藤隼人)、三浦透子(佐倉奈緒)、磯村勇斗(Mr.ファーレンハイト)、山口紗弥加(安藤みづき)、今井翼(佐々木誠)ほか

「フレンズ/ポールとミシェル」のネタバレあらすじ結末

フレンズ/ポールとミシェルの紹介:1970年イギリス,アメリカ映画。互いに孤独感を募らせる15歳の少年と14歳の少女が出会い、友情から始まった幼いカップルが大人の世界から離れた場所で過ごす、2人だけの愛の日々を描いた青春ラブ・ストーリー。音楽はエルトン・ジョンが担当。
監督:ルイス・ギルバート 出演:ショーン・バリー(ポール)、アニセー・アルヴィナ(ミシェル)、パスカル・ロベール(アニー・マチルド)、ロナルド・ルイス(ロバート・ハリソン)、トビー・ロビンズ(ジェーン・ガードナー)、ほか

「転がるビー玉」のネタバレあらすじ結末

転がるビー玉の紹介:2019年日本映画。古い大きな部屋をシェアする同世代の3人の女性。愛、瑞穂、恵梨香とそれぞれ立場も仕事も違う3人でしたが、町の再開発により、3か月以内の退去を命じられます。それぞれ自分の夢を持つ3人の共同生活を描いた、青春ドラマです。
監督:宇賀那健一 出演者:吉川愛(愛)、萩原みのり(瑞穂)、今泉佑唯(恵梨香)、笠松将(啓介)、大野いと(テテ)、大下ヒロト(田村)、日南響子(紘子)ほか

「ホリミヤ(実写版)」のネタバレあらすじ結末

ホリミヤの紹介:2021年日本映画。孤独で暗く存在感のない宮村が、学年一番の成績と学校一の美貌の人気者の堀京子と付き合うようになるという、萩原ダイスケとHEROのWEBコミックの実写版です。全7話のテレビドラマの1~3話までに撮り下ろしシーンを追加した劇場版で1週間だけ公開された作品です。
監督:松本花奈 出演者:鈴鹿央士(宮村伊澄)、久保田紗友(堀京子)、鈴木仁(石川透)、岡本莉音(吉川由紀)、小野寺晃良(仙石翔)、マーシュ彩(綾崎レミ)、さくら(河野桜)、井上祐貴(進藤晃一)、板垣李光人(柳明音)、河井青葉(堀百合子)、木村了(堀京介)ほか

「ビルド・ア・ガール」のネタバレあらすじ結末

ビルド・ア・ガールの紹介:2019年イギリス映画。ジョアンナはイギリスの高校生、学校では笑いものにされ、売れないミュージシャンの父と母、兄弟と暮らしています。彼女の夢は音楽ライターになること。辛口コラムで人気ものになるものの、傲慢になり家族との関係は悪化するばかり。しかし家族の愛に支えられ成長していきます。『ビルド・ア・ガール』は、10代の高校生の悩みとサクセスストーリーを描いた映画で、家族の愛と絆、少女の成長がテーマです。主人公ジョアンナを演じるのはビニー・フェルドスタイン。カルフォルニア生まれの撮影当時25歳の彼女が16歳の高校生役を熱演しています。
監督:コーキー・ギェドロイツ 出演:ビーニー・フェルドスタイン(ジョアンナ・モリガン)、パディ・コンシダイン(パット・モリガン)、サラ・ソルマーニ(アンジー・モリガン)、アルフィー・アレン(ジョン・カイト)、フランク・ディレイン(トニー・リッチ)、ローリー・キナストン(クリッシー・モリガン)、エマ・トンプソン(アマンダ・ワトソン)、ほか

「君は永遠にそいつらより若い」のネタバレあらすじ結末

君は永遠にそいつらより若いの紹介:2020年日本映画。芥川賞受賞作家・津村記久子のデビュー作であり、第21回太宰治賞受賞作である同名小説を映画化したヒューマンドラマです。 児童福祉の就職に内定し、日々をただ何となく過ごしてきた女子大生が、暴力や児童虐待、ネグレクトといった社会の闇と向き合ううちに成長していく姿を描きます。
監督:吉野竜平 出演者:佐久間由衣(堀貝“ホリガイ”佐世)、奈緒(猪乃木“イノギ”楠子)、小日向星一(吉崎“ヨシザキ”壮馬)、笠松将(穂峰“ホミネ”直)、葵揚(安田“ヤスダ”貴一)、森田想(岡野“オカノ”あかり)、宇野祥平(江藤“エトウ”敏光)、馬渕英里何(杉田“スギタ”千鶴)、坂田聡(八木“ヤギ”圭介)ほか

「少年の君」のネタバレあらすじ結末

少年の君の紹介:2019年中国,香港映画。チオ・ユエシーのオンライン小説『少年的你,如此美麗』を映画化した青春映画です。いじめられていた女子高生が親に捨てられた不良少年と出会い、ボディガードを依頼するうちに互いに心を通わせ合っていきます。
監督:デレク・ツァン 出演者:チョウ・ドンユイ(チェン・ニェン)、イー・ヤンチェンシー(シャオベイ)、イン・ファン(チェン・イー)、ホアン・ジュエ(ラオヤン)、ウー・ユエ(ジョウ・レイ)、チョウ・イエ(ウェイ・ライ)、チャン・ヤオ(リー・シアン)、チャン・イーファン(フー・シャオディエ)、趙潤南(ダーカン)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 39

キーワードから探す

TOP↑