青春映画のネタバレ

「KEN PARK ケンパーク」のネタバレあらすじ結末

KEN PARK ケン パークの紹介:2002年アメリカ,オランダ,フランス映画。アメリカ・ロサンゼルス郊外のとある住宅街を舞台に、それぞれに欝屈した思いを抱えた4人の若者たちとその家族のセックスやドラッグ、暴力に満ちた日常を過激な性描写とともに描いたドラマです。
監督:ラリー・クラーク、エド・ラックマン 出演者:ジェームス・ランソン(テート)、ティファニー・ライモス(ピーチーズ)、スティーヴン・ジャッソ(クロード)、ジェームズ・ブーラード(ショーン)、アダム・チューバック(ケン・パーク)ほか

「カミュなんて知らない」のネタバレあらすじ結末

カミュなんて知らないの紹介:2005年日本映画。愛知県で実際に起こった事件を基に学生たちが犯人の心理に迫るサスペンス。2006年度のキネマ旬報ベストテン第10位にランクインした。
監督:柳町光男 出演:柏原収史(松川直樹)、吉川ひなの(ユカリ)、前田愛(久田喜代子)、中泉英雄(池田)、黒木メイサ(レイ)、田口トモロヲ(大山)、玉山鉄二(西浦博)、阿部進之介(本杉)、ほか

「さよなら、ぼくのモンスター」のネタバレあらすじ結末

さよなら、ぼくのモンスターの紹介:2015年カナダ映画。幼少期に集団暴行事件を目撃してしまったことから、未だにトラウマに悩まされるゲイの青年。それでもメイクアップアーティストになる夢を叶えようと前向きな青年の前に現れた一人の男。思春期に揺れる青年の心情を卓越したセンスで描き、トロント国際映画祭で最優秀カナダ長編映画部門を受賞した青春ドラマです。
監督:ステファン・ダン 出演者:コナー・ジェサップ(オスカー・マッドリー)、アーロン・エイブラムス(ピーター・マッドリー)、アリオシャ・シュネデール(ワイルダー)、ソフィア・バンツァフ(ジェマ)、イザベラ・ロッセリーニ(バフィーの声)ほか

「パレード」のネタバレあらすじ結末

パレードの紹介:2010年日本映画。5人の男女のゆるくてほのぼのした日常に潜む連続女性暴行事件と予想外の大どんでん返しが魅力。藤原竜也や貫地谷しほり、香里奈といった個性派俳優が演じる、平凡な若者だが、それぞれの現実に不満を抱えて生きている。
監督:行定勲 出演:小出恵介(杉本良介)、貫地谷しほり(大垣内琴美)、香里奈(相馬未来)、藤原竜也(井原直輝)、林遣都(小窪サトル)、中村ゆり(貴和子)、竹財輝之助(琴美の彼氏、人気俳優、丸山友彦)、石橋蓮司(野口良夫)、野波麻帆(美咲)

「名前のない少年、脚のない少女」のネタバレあらすじ結末

名前のない少年、脚のない少女の紹介:2009年ブラジル,フランス映画。退屈な日々をネットへの投稿で紛らわせていた少年は、ある動画に映されたされた女性が気になった。いつしか少年の現実の境界線は曖昧になっていく。
監督:エズミール・フィーリョ 出演:エンリケ・ラレー(ミスター・タンブリンマン)、イズマエル・カネッペレ(ジュリアン)、トゥアネ・エジェルス(ジングル・ジャングル)、サムエル・ヘジナット(ジエゴ)、アウレア・バチスタ(少年の母)、ほか

「ちはやふる 結び」のネタバレあらすじ結末

ちはやふる 結びの紹介:2017年日本映画。末次由紀の大ヒットコミックを実写化した青春映画の金字塔「ちはやふる 上の句」「ちはやふる 下の句」の続編。前作から2年後、瑞沢高校競技かるた部は全国大会優勝を目指すべく動き出す。そんな中、綾瀬千早は幼馴染の錦谷新に告白される。しかしもう1人の幼馴染、真島太一も千早に想いを寄せていた。恋もかるたま負けられない。最後の青春が幕を開ける。出演は前作に引き続き広瀬すず、野村周平、新田真剣佑。
監督:小泉徳宏 出演:広瀬すず(綾瀬千早)、野村周平(真島太一)、新田真剣佑(錦谷新)、上白石萌音(大江奏)、矢本悠馬(西田優征)、森永悠希(駒野勉)、優希美青(花野菫)、佐野勇斗(筑波秋博)、清原果耶(我妻伊織)、松岡茉優(若宮詩暢)、賀来賢人(周防久志)、國村隼(原田秀雄)、ほか

「坂道のアポロン」のネタバレあらすじ結末

坂道のアポロンの紹介:2017年日本映画。横須賀から佐世保にある高校に転校してきた西見薫は誰もが恐れる不良の川渕千太郎と彼の幼なじみの迎 律子と出会います。憂うつな毎日を送る薫はジャズと出会い、千太郎とセッションをするのです。母親に捨てられた薫と教会に捨てられていた千太郎の友情、そして律子との三角関係も描く青春映画です。
監督:三木孝浩 出演:知念侑李(西見薫)、中川大志(川渕千太郎)、小松菜奈(迎律子)、真野恵里菜(深掘百合香)、山下容莉枝(伯母)、松村北斗(松岡星児)、野間口徹(千太郎の父)、中村梅雀(迎勉)、ディーン・フジオカ(桂木淳一)、ほか

「セイ・エニシング」のネタバレあらすじ結末

セイ・エニシングの紹介:1989年アメリカ映画。80年代アメリカにおいて、名作と呼ばれる青春映画の1本。現在は脚本や映画プロデューサーとしても活躍する俳優ジョン・キューザックが、十代の青年をみずみずしい感性で演じている。平凡な高校生ロイドが恋した少女ダイアンは、お金持ちの優等生。だめもとのアタックが成功して2人は恋人同士になるが、ダイアンの父親の猛反対にあい…。監督は、「あの頃ペニー・レインと」(2000)や「バニラ・スカイ」(2001)のキャメロン・クロウ。また、ピーター・ガブリエルをはじめ、チープ・トリック、デペッシュ・モード、ハートのナンシー・ウィルソンなど、当時大人気のミュージシャン達によるサントラも話題となった。ちなみに、キューザックの実の姉、ジョーン・キューザックが劇中でも姉役で登場している。
監督:キャメロン・クロウ 出演者:ジョン・キューザック(ロイド)、アイオン・スカイ(ダイアン)、ジョン・マホーニ―(ジェームズ)、リリ・テイラー(コリー)、ジョーン・キューザック(コンスタンス)、ロイス・チャイルズ(ダイアンの母親)、ローレン・ディーン(ジョー)ほか

「チルソクの夏」のネタバレあらすじ結末

チルソクの夏の紹介:2003年日本映画。日本の女子高生と韓国の男子高校生が織りなす国境を超えた恋模様を描く。知名度より実際に陸上競技に秀でた若手俳優を多数抜擢している。上野樹里の映画デビュー作。
監督:佐々部清 出演:水谷妃里(遠藤郁子)、上野樹里(杉山真理)、桂亜沙美(藤村巴)、三村恭代(木川玲子)、淳評(安大豪)、山本譲二(郁子の父)、高樹澪(26年後の郁子)、ほか

「君は裸足の神を見たか」のネタバレあらすじ結末

君は裸足の神を見たかの紹介:1986年日本映画。カンヌ国際映画祭で二度受賞歴がある今村昌平監督がプロデューサを務めた青春群像劇。金秀吉の第一回監督作品であり、石橋保の映画初出演作品でもあります。
監督:金秀吉 出演:石橋保(吉村茂)、児玉玄(鈴木真二)、洞口依子(寺島瞳)、会沢朋子(菊地春代)、入江雅人(高梨勉)、樋浦勉(吉村良三)、小熊恭子(吉村妙子)、出川哲朗(渋谷肇)ほか

「青空娘」のネタバレあらすじ結末

青空娘の紹介:1957年日本映画。高校を卒業して、初めて東京の両親の元で過ごすことになった有子は、満州に渡ってから足取りのわからなくなった実の母の存在を知る。増村保造監督、脚本の白坂依志夫、女優の若尾文子が初めていっしょに仕事をした映画。
監督:増村保造 出演者:若尾文子(小野有子)、菅原謙二(二見桂吉)、川崎敬三(広岡良輔)、信欣三(小野栄一)、沢村貞子(小野達子)、ミヤコ蝶々(八重)

「遊び」のネタバレあらすじ結末

遊びの紹介:1971年日本映画。原作は野坂昭如の「心中弁天島」。増村保造監督の、大映倒産前の最後の作品。関根恵子(高橋惠子)はこの映画の撮影で女優のおもしろさを知ったと語っている。不幸な生い立ちの少年と少女――チンピラと女子工員――がめぐりあってから一昼夜の恋の物語。松坂慶子がちょっとだけ出てきます。
監督:増村保造 出演者:関根恵子(少女)、大門正明(少年)、内田朝雄(少女の父)、杉山とく子(少女の母)、根岸明美(少年の母)、蟹江敬三(兄貴)

「ワンダラーズ」のネタバレあらすじ結末

ワンダラーズの紹介:1979年アメリカ映画。1963年、ワンダラーズはブロンクスにあるタリー高校のイタリア系生徒の集団。ワンダラーズに属するリッチーたちの、人種等で分断された街での冒険が同時代の音楽にのせて描かれる。息子に勧められて読んだリチャード・プライス(この映画に出演もしている)による原作をフィリップ・カウフマンと妻のローズ・カウフマンが脚本化した作品は世界中に熱狂的ファンをもつカルト映画となった。スキンヘッドの世界的流行をもたらした(?)とも言われる。
監督:フィリップ・カウフマン 出演者:ケン・ウォール(リッチー)、ジョン・フリードリック(ジョーイ)、カレン・アレン(ニーナ)、トニー・カレム(デスピー)、アラン・ローゼンバーグ(ターキー)、ジム・ヤングス(バディ)、トニー・ガニオス(ペリー)、ほか

「ボーイズ・オン・ザ・ラン」のネタバレあらすじ結末

ボーイズ・オン・ザ・ランの紹介:2009年日本映画。花沢健吾の人気コミックを映画化した作品。冴えないサラリーマン田西がある女性に恋をし、過酷な現実にぶち当たりながらも成長していく姿を疾走感たっぷりに描いた青春ドラマ。銀杏ボーイズの峯田和伸が不器用な主人公田西を好演しています。
監督:三浦大輔 出演者:峯田和伸(田西敏行)、黒川芽以(植村ちはる)、YOU(しほ)、でんでん(田中)、渋川清彦(吉久)、尾上寛之(矢野)、リリー・フランキー(斉田産業社長)、松田龍平(青山)、小林薫(鈴木さん)、ほか

「咲-Saki-」のネタバレあらすじ結末

咲-Saki-の紹介:2017年日本映画。この作品は、小林立の女子高生を主人公にした人気麻雀漫画を実写化した作品です。キャッチコピーは「少女たちの情熱が花開く!」で、麻雀がより社会的に広まった架空の世界で、女子高生たちが麻雀全国競技大会を目指して、その腕を競い合いながらも、心の交流する姿を描いた異色の学園麻雀映画です。
監督:小沼雄一 出演:浜辺美波(宮永咲)、浅川梨奈(原村和)、廣田あいか(片岡優希)、古畑星夏(竹井久)、山田杏奈(染谷まこ)、加村真美(福路美穂子)、樋口柚子(文堂星夏)、星名美津紀(深堀純代)、吉崎綾(吉留未春)、武田玲奈(池田華菜)、夏菜(藤田靖子)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 20
TOP↑