青春映画のネタバレ

「GSワンダーランド」のネタバレあらすじ結末

GSワンダーランドの紹介:2008年日本映画。GS(グループ・サウンズ)ブームの1968年を舞台に、4人の若者たちの青春を描いた音楽コメディ。三か月でGSをデビューさせることとなり、急遽集められたマサオ、シュン、そしてケンタ。しかしデビュー曲にはオルガンパートがあり、昔、ピアノの地区大会で優勝したミックが無理やりメンバーに加入させられます。しかしミックは女性で…。
監督:本田隆一 出演者:栗山千明(ミック)、石田卓也(マサオ)、水嶋ヒロ(シュン)、浅利陽介(ケンタ)、武田真治(梶井)、温水洋一、三倉茉奈、三倉佳奈、ケンドーコバヤシほか

「イージー・ライダー」のネタバレあらすじ結末

イージー・ライダーの紹介:1969年アメリカ映画。1960年代後半からアメリカで作られた、反体制的な若者の心情を映したアメリカン・ニューシネマというジャンルの初期の作品。ジャック・ニコルソンがアカデミー賞助演男優賞にノミネートにされたほか、その映画史における重要性が再評価され、アメリカ国立フィルム登録簿に登録された。麻薬の密売に成功し大金を稼いだ2人のバイク乗りが、白人主義者たちから差別されても自由を謳歌しながら生きようとするロード・ムービーである。劇中歌には公開当時も絶大な人気を誇っていたステッペンウルフやジミ・ヘンドリクスなどの音楽が使用されている。
監督:デニス・ホッパー 出演者:ピーター・フォンダ(ワイアット)、デニス・ホッパー(ビリー)、ジャック・ニコルソン (ジョージ・ハンセン)、ルーク・アスキュー (ヒッチハイカー)、トニー・バジル (メアリー) ほか

「シムソンズ」のネタバレあらすじ結末

シムソンズの紹介:2006年アメリカ映画。北海道・常呂町で結成され、2002年ソルトレークシティオリンピックに出場した実際のチームを題材にした作品。実際のカーリングホールを使って撮影が行われ、劇中には近江谷杏菜や吉田夕梨花など、のちにカーリング日本代表として活躍する選手たちも出演しています。
監督:佐藤祐市 出演者:加藤ローサ(伊藤和子)、藤井美菜(尾中美希)、高橋真唯(小野菜摘)、星井七瀬(林田史江)、大泉洋(大宮平太)、田中圭(加藤真人)、山本浩司(渡辺恭輔)、宇梶剛士(伊藤謙一)、高田延彦(本島則之)、松重豊(高松康文)、ほか

「さよならくちびる」のネタバレあらすじ結末

さよならくちびるの紹介:2019年日本映画。インディーズ・シーンで注目を浴び出したのに、解散を決意した女性デュオ〈ハルレオ〉。ローディー兼マネージャーのシマと三人で、最後のツアーに臨むが…。小松菜奈と門脇麦が歌唱とギターを初歩から学んでハルレオ役に挑む。この映画のために主題歌「さよならくちびる」を秦基博が、挿入歌「たちまち嵐」と「誰にだって訳がある」をあいみょんが提供している。
監督:塩田明彦 出演:小松菜奈(レオ)、門脇麦(ハル)、成田凌(シマ)、篠山輝信、松本まりか、青柳尊哉、松浦祐也、篠原ゆき子、マキタスポーツ、ほか

「ポンチョに夜明けの風はらませて」のネタバレあらすじ結末

ポンチョに夜明けの風はらませての紹介:2017年日本映画。『ひゃくはち』『イノセント・デイズ』などの原作者である小説家・早見和真の同名青春小説を『世界グッドモーニング!!』の廣原暁監督が映画化した青春ロードムービーです。卒業を間近に控える三人の仲良し高校生が成り行きから父の車を奪って高校最後の旅に出、行く先々で様々な人々との触れ合いを通じて成長していきます。
監督:廣原暁 出演者:太賀(又八)、中村蒼(ジン)、矢本悠馬(ジャンボ)、染谷将太(中田)、佐津川愛美(白石愛)、阿部純子(マリア/大貫カンナ)、角田晃広(東京03)(DJジャミラ(声))、佐藤二朗(八兵衛)、西田尚美(尚美)ほか

「ひゃくはち」のネタバレあらすじ結末

ひゃくはちの紹介:2008年日本映画。早見和真の同名小説を基に、甲子園の常連である野球の強豪校に通う万年補欠の部員二人の友情と青春を描いた青春ドラマです。タイトルの“ひゃくはち(108)”とはボールの縫い目の数と人間の煩悩の数を表したものです。
監督:森義隆 出演者:斎藤嘉樹(青野雅人)、中村蒼(小林伸広)、市川由衣(相馬佐和子)、高良健吾(佐々木純平)、北条隆博(星野健太郎)、桐谷健太(コーチ)、竹内力(サンダー監督)、RED RICE(湘南乃風)、VERBAL(m-flo)ほか

「海すずめ」のネタバレあらすじ結末

海すずめの紹介:2016年日本映画。雀は愛媛県宇和島の図書館”自転車課“で図書を島民に配達する仕事をしている。雀は賞をとったことがある小説家だが、二作目が書けず故郷に戻ってきたのだった。街をあげての宇和島伊達祭りが近づく中、復刻される着物の模様を記した書物が見つからずに、図書館は大騒ぎとなる。雀は空襲で焼けた旧図書館にあった可能性を信じ、仲間達と本を探すことにする。そのうちに何事にも真剣に向き合うことができなかった雀の心境にも変化があらわれ・・。
監督:大森研一 出演:武田利奈(赤松雀)、小林豊(岡崎賢一)、内藤剛志(赤松武男)、岡田奈々(赤松京子)、目黒裕樹(赤松辰三)、宮本真希(兵藤秀子)、二階堂智(原田貴之)、 佐生雪(原田ハナ)、上野優華(渡部美咲)、佐藤永典(清家壮太)、野川由美子(戸田サチ)、吉行和子(三好トメ)、ほか

「Dear Friends ディア フレンズ」のネタバレあらすじ結末

Dear Friends ディア フレンズの紹介:2007年日本映画。「友達は利用するもの」と豪語する女子高生リナと、同級生のマキとの友情青春物語。容姿端麗で周りからちやほやされて生きてきたリナ。ある日、突然病魔に侵されてしまいます。そんなリナの前に、小学校からの同級生・マキがあらわれるのですが…。
監督:両沢和幸 出演:北川景子(高橋リナ)、本仮屋ユイカ(遠藤マキ)、黄川田将也(洋介)、大杉漣(幸三)、久保田悠来(クラブの常連客)、通山愛里(ヒロコ)、佐々木麻緒(カナエ)、松嶋初音(エミ)、ほか

「愛唄 約束のナクヒト」のネタバレあらすじ結末

愛唄 -約束のナクヒト-の紹介:2018年日本映画。「キセキ あの日のソビト」に続いて人気グループGreeeeNの楽曲「愛唄」を元に作られた作品です。前作『キセキ -あの日のソビト-』と違い、本作はGreeeeNが脚本に参加し、彼らの実体験も織り混ぜたオリジナルストーリーになっています。生と死、人を愛する事、友情と泣ける要素を盛り込んでいます。
監督:川村泰祐 出演:横浜流星(野宮透 / トオル)、清原果耶(伊藤凪)、飯島寛騎(坂本龍也)、中村ゆり(小池妙子)、野間口徹(副島浩一)、成海璃子(相川比呂乃)、中山美穂(橋野冴子)、奥野瑛太(タコス屋オーナー)、富田靖子(伊藤佐和)、財前直見(野宮美智子)、ほか

「パワー・オブ・ワン」のネタバレあらすじ結末

パワー・オブ・ワンの紹介:1992年アメリカ映画。南アフリカを舞台に人種差別に立ち向かう英国系白人少年の成長を描いた人間ドラマ。ボクシングや音楽、様々な人々との出会いを通して差別や偏見と対峙していく少年の姿が逞しく描かれていきます。「ロッキー」、「ベスト・キッド」のジョン・G・アヴィルドセンによる監督作品です。
監督:ジョン・G・アヴィルドセン 出演者:スティーヴン・ドーフ(PK)、モーガン・フリーマン(ヘール・ピート)、アーミン・ミューラー=スタール(ドク)、ダニエル・クレイグ(ヤッピー・ボータ)、クライヴ・ラッセル(ボルマン軍曹)、ジョン・ギールグッド(セント・ジョン学長)、ほか

「の・ようなもの のようなもの」のネタバレあらすじ結末

の・ようなもの のようなものの紹介:2015年日本映画。東京の下町の落語家・出船亭一門に入門した志ん田。師匠の家に住み込みで働き、師匠の一人娘・夕美に恋をしています。そんなある日、一門に在籍していた志ん魚を探し出すよう命じられる志ん田。なかなか見つからない志ん魚をやっと見つけ出したのですが…。
監督:杉山泰一 出演者:松山ケンイチ(出船亭志ん田)、北川景子(夕美)、伊藤克信(出船亭志ん魚)、尾藤イサオ(出船亭志ん米)、ピエール瀧(渡辺孝太郎)、鈴木亮平(蕎麦屋の出前)、鈴木京香(都せんべい女主人)、佐々木蔵之介(みやげ物屋の店主)、塚地武雅(銭湯の男)、笹野高史(床屋の主人)、宮川一朗太(弁当屋のオジちゃん)、仲村トオル(居酒屋の主人)、三田佳子(斉藤女会長)、ほか

「キングス・オブ・サマー」のネタバレあらすじ結末

キングス・オブ・サマーの紹介:2013年アメリカ映画。思春期のジョーは父フランクの干渉に嫌気をさしていました。ある日、ジョーはついに怒りが爆発して家を飛び出します。親友のパトリックも家の生活に不満を抱いていて、森の中へと逃げていきます。2人はビアジオという少年と出会い、3人の森の中での生活が始まります。
監督:ジョーダン・ヴォート=ロバーツ 出演者:ニック・ロビンソン(ジョー)、ガブリエル・バッソ(パトリック)、モイセス・アリアス(ビアジオ)、エリン・モリアーティ(ケリー)、ニック・オファーマン(フランク)、ほか

「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」のネタバレあらすじ結末

ケンタとジュンとカヨちゃんの国の紹介:2009年日本映画。孤児院で育った若者たちは、酷い労働環境の解体業の仕事にいら立ちを募らせていた。新しい人生の第一歩を踏み出そうとする彼らの青春ドラマ。松田翔太、高良健吾と安藤サクラの実力派俳優が共演。日々の生活に不安を抱えて生きる若者たち。人生をやりなおすために、旅に出る3人。彼らを待つ先には、いったい何があるのか。
監督:大森立嗣 出演:松田翔太(ケンタ)、高良健吾(ジュン)、安藤サクラ(カヨちゃん)、宮崎将(カズ)、柄本佑(洋輔)、洞口依子(洋輔の母)、多部未華子(ゆみか)、美保純(スナックのママ)、山本政志(二郎)、新井浩文(裕也)、小林薫(闘犬の男)、柄本明(菊ちゃん)、ほか

「七月と安生」のネタバレあらすじ結末

七月と安生の紹介:2016年中国, 香港映画。対照的な2人の女性の数奇な運命を、繊細で流れるような映像美で丁寧に描いた珠玉の青春映画です。アニー・ベイビーの同名ネット小説の映画化で、監督は『恋人のディスクール』(OAFF2011グランプリ)のデレク・ツァンです。友情、恋愛、家族愛などが交錯する中、大人になっていく少女たちの姿をチョウ・ドンユイとマー・スーチュンが好演し、第53回金馬奨で史上初の主演女優賞W受賞を果たしました。また、主題歌をフェイ・ウォンとドウ・ウェイの娘リア・ドウが歌って話題にもなりました。
監督:デレク・ツァン 出演:チョウ・ドンユイ(李安生)、マー・スーチュン(林七月)、トビー・リー(蘇家明)、ほか

「Love, サイモン 17歳の告白」のネタバレあらすじ結末

Love, サイモン 17歳の告白の紹介:2018年アメリカ映画。サイモンは同性愛者ですが、その事を周りの人に打ち明けていません。ゲイだということに対して深く悩んでるわけではなく、素敵な家族と明るい友達に囲まれて幸せに暮らしていました。そんなある日、サイモンが通う学校に同性愛者がいるという噂が広がり、サイモンはその人物と、偽名を使って連絡を取り合うことになりますが次々と問題が起きていきます。
監督:グレッグ・バーランティ 出演:ニック・ロビンソン(サイモン)、ジェニファー・ガーナー(エミリー)、ジョシュ・デュアメル(ジャック)、キャサリン・ラングフォード(リア)、アレクサンドラ・シップ(アビー)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 30

キーワードから探す

TOP↑