「リアリズムの宿」のネタバレあらすじ結末

2018/08/13掲載

リアリズムの宿の紹介:2003年日本映画。カルト的な人気を誇るつげ義春の漫画を題材にした作品。ひなびた温泉街を訪れた青年二人は海辺で出会った若い女性と一緒に旅をはじめますが、彼女は何も言わずに姿を消してしまいます。行き当たりばったりの奇妙な旅を続ける青年達の姿を独特なユーモアと悲哀を交えて描くロードムービーです。
監督:山下敦弘 出演者:長塚圭史(坪井小介)、山本浩司(木下俊弘)、尾野真千子(川島敦子)、康すおん(ポンちゃん)、山本剛史(船木テツヲ)ほか

「ニンゲン合格」のネタバレあらすじ結末

2018/08/13掲載

ニンゲン合格の紹介:1999年日本映画。「心温まる、現代の寓話。」というキャッチコピーで、10年間昏睡状態だった青年が奇跡的に目覚めたことで、崩壊していた家族が新たな展開を見せる情景をリアルに描写した人間ドラマです。映画初主演の西島秀俊は、この作品で第9回日本映画プロフェッショナル大賞主演男優賞しました。
監督:黒沢清 出演者:西島秀俊(吉井豊)、役所広司(藤森岩雄)、菅田俊(吉井真一郎)、りりィ(岩谷幸子)、麻生久美子(吉井千鶴)、哀川翔(加崎)、大杉漣(室田)、洞口依子(ミキ)、鈴木ヒロミツ(久留米)、豊原功補(医師)、ほか

「光る眼」のネタバレあらすじ結末

2018/08/13掲載

光る眼の紹介:1995年アメリカ映画。1960年のSF映画『未知空間の恐怖/光る眼』のリメイクです。ある日何かによって妊娠させられたミッドウイッチの女性たちが出産した子供たちが、成長するにつれ、目を光らせ大人たちをコントロールし始めるという話です。リメイクの監督はホラー映画の名監督のジョン・カーペンターです。
監督:ジョン・カーペンター 出演者:クリストファー・リーヴ(アラン・チェフィー医師)、カースティ・アレイ(スーザン・ヴァーナー博士)、リンダ・コズラウスキー(ジル)、マイケル・パレ(フランク)、メレディス・サレンジャー(メラニー)、マーク・ハミル(ジョージ牧師)、ピッパ・ペアスリー(サラ)、ピーター・ジェイソン(ベン)、コンスタンス・フォルスランド(キャリ)、カレン・カーン(バーバラ)、トーマス・デッカー(デヴィッド)ほか

「オーシャンズ8」のネタバレあらすじ結末

2018/08/12掲載

オーシャンズ8の紹介:2018年アメリカ映画。全世界で社会現象を巻き起こした”オーシャンズ”がスケールアップして帰ってきた。新生”オーシャンズ”を率いる司令塔はあのダニー・オーシャンの妹、デビー・オーシャン。彼女が声をかけたのはいずれも才能と個性の溢れる犯罪のプロたち。彼女らのターゲットとなるのは世界最大のファッションの祭典”メットガラ”に登場するダイヤモンド。カルティエのクリエイティブ・ディレクターの名前からトゥーサンと名付けられた3キロのダイヤモンドを擁する総額1億5000万ドルの宝石。世界中から600人以上のセレブが集い、世界一の最高難度のセキュリティに守られた宝石を奪うことができるのか?『オーシャンズ』前3作の監督、スティーブン・ソダーバーグをプロティーサーに迎え、ゲイリー・ロスがメガホンを取った。たった1秒の狂いが命取りというゴージャスな作戦と豪華キャストのチームワークは必見。
監督:ゲイリー・ロス 出演:サンドラ・ブロック(デビー・オーシャン)、ケイト・ブランシェット(ルー)、アン・ハサウェイ(ダフネ・クルーガー)、ミンディ・カリング(アミーダ)、オークワフィナ(コンスタンス)、サラ・ポールソン(タミー)、リアーナ(ナインボール)、ヘレナ・ボナム=カーター(ローズ・ワイル)、ジェームズ・コーデン(ジョン・フレイジャー)、リチャード・アーミティッジ(クロード・ベッカー)ほか

「モスキートマン」のネタバレあらすじ結末

2018/08/12掲載

モスキートマンの紹介:2012年アメリカ映画。ある日、解雇を言い渡された、妻の浮気現場も目撃した男は人生に絶望します。しかし、意気投合した昆虫学者に人体実験を強行され、男はモスキートマンに変貌します。モスキートマンとなった男は特殊能力を駆使して、自分を貶めた奴らの血を吸い取り、復讐劇を繰り広げます。
古典的なホラー映画を現代風に仕上げた独特な魅力を放つ作品です。
監督:マイケル・マナッセリ 出演者:マイケル・マナッセリ(ジム・クローリー)、キンバリー・ケイツ(ジャッキー・クローリー)、ジョーダン・トロヴィリォン(エブリン)、ロイド・カウフマン(コッペル)、ダニー・ムーニー(ボーエン刑事)ほか

「炎の戦線 エル・アラメイン」のネタバレあらすじ結末

2018/08/12掲載

炎の戦線 エル・アラメインの紹介:2002年イタリア映画。第二次世界大戦の激戦地となったエジプトのエル・アラメインでの死闘を、当時の記録や生存者の証言をもとに描いた戦争ドラマです。敗退したひとりのイタリア軍の若き兵士の視点から炎天下の砂漠地帯での苦闘を克明に描いていきます。
監督:エンツォ・モンテレオーネ 出演者:パオロ・ブリグリア(セッラ)、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ(リッツォ曹長)、エミリオ・ソルフリッツィ(フォオーレ中尉)、ルチアーノ・スカルパ(スパーニャ)、トマ・トラバッチ(デ・ヴィータ)、ピエロ・マッジオ(タロッツィ)ほか

「ドライブ&鎧武MOVIE大戦フルスロットル」のネタバレあらすじ結末

2018/08/12掲載

仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットルの紹介:2014年日本映画。『平成仮面ライダーシリーズ』第16作の『仮面ライダードライブ』と第15作『仮面ライダー鎧武』が共演する作品です。それぞれ強敵との死闘を経たドライブと鎧武が手を組み、地球を機械化しようと目論む機械生命体と対決します。
監督:柴﨑貴行 出演者:竹内涼真(泊進ノ介/仮面ライダードライブ(声))、佐野岳(葛葉紘汰/始まりの男/仮面ライダー鎧武(声))、内田理央(詩島霧子)、上遠野太洸(チェイス/魔進チェイサー(声))、小林豊(駆紋戒斗/仮面ライダーバロン(声))、高杉真宙(呉島光実/仮面ライダー龍玄(声))、志田友美(高司舞/始まりの女)、久保田悠来(呉島貴虎/仮面ライダー斬月(声)/仮面ライダー斬月・真(声))、綾部祐二(ゾルーク東条/仮面ライダールパン(声)/サイバロイドZZZ(声))ほか

「スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号」のネタバレあらすじ結末

2018/08/12掲載

スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号の紹介:2015年日本映画。『仮面ライダーシリーズ』の原作者・石ノ森章太郎が構造を練りながらも実現しなかった幻のライダー『仮面ライダー3号』を初めて映像化した作品です。『平成仮面ライダーシリーズ』第16作の『仮面ライダードライブ』を軸に、悪の秘密結社ショッカーによって歴史が改変された世界を描きます。ゲストとして『スーパー戦隊シリーズ』第39作の『手裏剣戦隊ニンニンジャー』が登場します。
監督:柴﨑貴行 出演者:竹内涼真(泊進ノ介 /仮面ライダードライブ(声))、中村優一(桜井侑斗/仮面ライダーゼロノス(声))、稲葉友(詩島剛/仮面ライダーマッハ(声))、内田理央(詩島霧子)、半田健人(乾巧/仮面ライダーファイズ(声))、天野浩成(橘朔也/仮面ライダーギャレン(声))、倉田てつを(南光太郎/仮面ライダーBLACK(声)/仮面ライダーBLACK RX(声))、西川俊介(伊賀崎天晴/アカニンジャー(声))、高田延彦(ブラック将軍/ヒルカメレオン(声))、井手らっきょ(立花藤兵衛)、及川光博(黒井響一郎/仮面ライダー3号(声))ほか

「血を吸う粘土」のネタバレあらすじ結末

2018/08/12掲載

血を吸う粘土の紹介:2017年日本映画。芸術大学に合格させるための、陶芸を専門とする田舎の予備校の経営者が、怨念のこもった土の粉を掘り起こし、粘土に混ぜてしまった事から巻き起こる惨劇を描いたグロスプラッターホラー映画です。講談社主催のオーディション「ミスiD 2017」の受賞者たちが出演する梅沢壮一監督の初作品です。
監督:梅沢壮一 出演者:武田杏香(日高香織)、杉本桃花(望月愛子)、藤田恵名(谷レイナ)、牧原ゆゆ(青木由香)、篠田諒(山下寛治)、奥瀬繁(三田塚実)、津田寛治(伏見恭三)、黒沢あすか(藍那ゆり)ほか

「あの頃、君を追いかけた」のネタバレあらすじ結末

2018/08/11掲載

あの頃、君を追いかけた の紹介:2011年台湾映画。台湾の人気作家ギデンズ・コーが、自伝的小説「那些年,我們一起追的女孩」を自らの監督・脚本で映画化した青春ドラマで、台湾や香港では記録的な大ヒット作となりました。1990年代の台湾中西部を舞台に、不真面目な男子高生と優等生の女子高生との馴れ初めを描きます。2018年には舞台を日本に置き換え、山田裕貴と齋藤飛鳥(乃木坂46)のダブル主演でリメイクされる予定です。
監督:ギデンズ・コー 出演者:クー・チェンドン(コー・チントン(コートン))、ミシェル・チェン(シェン・チアイー)、スティーブン・ハオ(シエ・ミンハ)、ジュアン・ハオチュエン(ツァオ・グオション)、イエン・ションユー(シュー・ボーチュン)、ツァイ・チャンシエン(リャオ・インホン)、ワンワン(フー・チアウェイ)ほか

「それから」のネタバレあらすじ結末

2018/08/11掲載

それからの紹介:2017年韓国映画。韓国映画界の名匠ホン・サンス監督が贈るユーモラスなヒューマンドラマです。ある小さな出版社に就職した女性が社長の愛人と間違えられたことから起こる騒動を美しいモノクロ映像で描きます。
監督:ホン・サンス 出演者:キム・ミニ(ソン・アルム)、クォン・ヘヒョ(キム・ボンワン)、キム・セビョク(イ・チャンスク)、チョ・ユニ(ボンワンの妻)ほか

「カメラを止めるな!」のネタバレあらすじ結末

2018/08/11掲載

カメラを止めるな!の紹介:2018年日本映画。映画製作・俳優養成の専門学校「ENBUゼミナール」のシネマプロジェクト第7弾として製作され、当初わずか2館のみの公開ながら瞬く間に大反響を巻き起こした低予算インディーズムービーです。「37分間のワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイバル映画」を撮った人たちを、意表を突いた衝撃的な展開で描きます。
監督:上田慎一郎 出演者:濱津隆之(日暮隆之)、真魚(日暮真央)、しゅはまはるみ(日暮晴美)、長屋和彰(神谷和明)、細井学(細田学)、市原洋(山ノ内洋)、山﨑俊太郎(山越俊助)、大沢真一郎(古沢真一郎)、竹原芳子(笹原芳子)、吉田美紀(吉野美紀)、合田純奈(栗原綾奈)、岩地紗希奈(松浦早希)、秋山ゆずき(松本逢花)、山口友和(谷口智和)、藤村拓矢(藤丸拓哉)、イワゴウサトシ(黒岡大吾)、高橋恭子(相田舞)、生見司織(温水栞)ほか

「エブリシング」のネタバレあらすじ結末

2018/08/11掲載

エブリシングの紹介:2017年アメリカ映画。免疫系の難病のため17年間一度も外に出たことがない少女が、隣に越してきた少年と恋に落ち、危険を冒して外の世界へ踏み出した結果、驚くべき真実を知る。
監督:ステラ・メギー 出演:アマンドラ・ステンバーグ(マデリン)、ニック・ロビンソン(オリー)、アナ・デ・ラ・レゲラ(カーラ)、アニカ・ノニ・ローズ(ポーリーン)、ほか

「K SEVEN STORIES Episode1「R:B BLAZE」」のネタバレあらすじ結末

2018/08/11掲載

K SEVEN STORIES Episode 1 「R:B ~BLAZE~」の紹介:2018年日本映画。異能力者達の凄絶なバトルを描くテレビアニメ「K」シリーズの新作劇場版。6作連続公開される内、本作は第1作目となる。《赤の王》周防は、自身の強大な力を制御し続けることに苦しんでいた。更に赤のクラン《吠舞羅》は急速に肥大化したことで軋轢を生み始める。そんな周防の前に、新しく覚醒した《青の王》宗像が現れた。全く異なる性質を持つ彼らは、宿命づけられたように戦いに身を投じていく。
監督:鈴木信吾 声優:津田健次郎(周防尊)、杉田智和(宗像礼司)、櫻井孝宏(草薙出雲)、梶裕貴(十束多々良)、八代拓(矢俣大智)ほか

「スターシップ9」のネタバレあらすじ結末

2018/08/11掲載

スターシップ9の紹介:2016年スペイン,コロンビア映画。住めなくなった地球を捨てて、新天地へと向かうため20年もの旅を続けてきた宇宙船。そこでたった1人生きてきた女性が、修理のため派遣されたエンジニアの男性と出会う。2人は恋に落ちるが、この宇宙船には信じられない事実が隠されていた…。2012年、「注目すべき若手スペイン映画製作者」の1人にも選ばれたアテム・クライチェ監督のSFサスペンス。宇宙船で生まれ落ち、地上の人間を見たことがないという複雑なキャラクターのヒロインを、クライチェ監督の「ヒドゥン・フェイス」(2011)にも出演していたクララ・ラゴが演じている。
監督:アテム・クライチェ 出演者:クララ・ラゴ(エレナ)、アレックス・ゴンザレス(アレックス)、アンドレス・パーラ(ウーゴ)、ジョン・アレックス・カスティーロ(チャオ)、ベレン・ルエダ(シルビア)、クリスティーナ・リレイ(キャサリン)、サラ・デレー(エレナの母親)ほか

1 2 3 4 5 6 459
TOP↑