Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「L.A.ジョーンズ」のネタバレあらすじ結末

2019/02/18掲載

L.A.ジョーンズの紹介:1997年アメリカ映画。ビバリーヒルズでエリートだけを相手にする高級娼婦リズ。愛は不要、信じられるのはお金だけ、という彼女と、そんな彼女を取り巻く男たちとの関係を淡々と映し出す。
監督:ジョイス・チョプラ 出演:トーマス・キャラブロ、デボラ・ハリー、ブリトニー・パウエル、ジョン・テリー、ほか

「眼には眼を」のネタバレあらすじ結末

2019/02/18掲載

眼には眼をの紹介:1957年フランス,イタリア映画。中東の病院のフランス人医師が、ある夜、妻の容体の悪化から診察してくれという電話を断り、他の医師に診させて死なせてしまった事から、夫が医師に対し復讐をする様子を描いたサスペンス映画です。砂漠の山岳地帯を舞台にした映像には迫力があります。
監督:アンドレ・カイヤット 出演者:クルト・ユルゲンス(ヴァルテル)、フォルコ・ルリ(ボルタク)、パスカル・オードレ(ボルタクの義理の妹)、レア・パドヴァーニ(ロラ)ほか

「パラダイス・アーミー」のネタバレあらすじ結末

2019/02/18掲載

パラダイス・アーミーの紹介:1981年アメリカ映画。楽な生活を送るためにアメリカ陸軍に入隊した男達の騒動を描いたコメディ作品。毎日毎日怠惰な生活を送っていたジョンは、衣食住が保障されている軍で楽に暮らすことを考えついた。親友ラッセルを誘って入隊したものの、厳しい訓練に嫌気がさしてしまう。ところが思いがけず将軍から評価されてしまい、ジョン達は最新鋭部隊としてイタリアに派遣されることになるのだった。
監督:アイヴァン・ライトマン 出演者:ビル・マーレイ(ジョン)、ハロルド・ライミス(ラッセル)、ショーン・ヤング(ルイーズ)、ウォーレン・オーツ(ハルカ軍曹)、P・J・ソールズ(ステラ)ほか

「プロムナイト」のネタバレあらすじ結末

2019/02/18掲載

プロムナイトの紹介:1980年カナダ映画。プロムの夜に巻き起こる復讐劇を描いたホラー作品。廃校で5人の子ども達が鬼ごっこをしていたが、1人の少女が過剰に追い詰められ死亡してしまった。残った4人は捕まることを恐れ、自分達だけの秘密にしようと誓う。数年後、彼らは高校生になりプロムの夜を迎えた。賑やかなパーティーの裏側で、加害少女達を標的にした惨劇が始まる。
監督:ポール・リンチ 出演者:ジェイミー・リー・カーティス(キム)、レスリー・ニールセン(ハモンド校長)、ケイシー・スティーヴンス(ニック)、エディ・ベントン(ウェンディ)、マイケル・タフ(アレックス)ほか

「GOTH ゴス」のネタバレあらすじ結末

2019/02/17掲載

GOTH ゴスの紹介:2008年日本映画。死体を見るのが好きな変わった趣味を持つ高校生の男女が、お互い魅かれあい、その時発生していた手首切断猟奇連続殺人事件を二人で調査し始めました。そして行きつけの喫茶店で犯人のものと思われる手帳を拾ってから状況が一変し始めました・・・という乙一の同名ミステリー小説を映画化したものです。
監督:高橋玄 出演者:本郷奏多(神山樹)、高梨臨(森野夜)、松尾敏伸(喫茶店の常連客)、柳生みゆ(樹の妹)、山中聡(喫茶店の常連客)、鳥肌実(喫茶店の常連客)、長塚圭史(夜が通う喫茶店の店主)、ほか

「懺悔」のネタバレあらすじ結末

2019/02/17掲載

懺悔の紹介:1984年ソ連映画。旧ソ連のグルジア(現ジョージア) が生んだ世界的巨匠テンギズ・アブラゼの「祈り三部作」の三作目。スターリン時代を想起させる粛清と、その後の苦境を寓話的・象徴的手法で描き、ペレストロイカ期のソ連映画を代表する作品となった。第40回カンヌ国際映画祭 審査員特別大賞・国際批評家連盟賞・キリスト教審査員賞受賞。
監督:テンギズ・アブラゼ 出演者:アフタンディル・マハラゼ(ヴァルラム・アラヴィゼ/アベル・アラヴィゼ)、ゼイナブ・ボツヴァゼ(ケテヴァン・バラテリ)、エディシェル・ギオルゴビアニエ(サンドロ・バラテリ)、ケテヴァン・アブラゼ(ニノ・バラテリ)、メラブ・ニニゼ(トルニケ)その他

「女王陛下のお気に入り」のネタバレあらすじ結末

2019/02/17掲載

女王陛下のお気に入りの紹介:2018年アイルランド,アメリカ,イギリス映画。8世紀イングランド、父親が貴族から転落した事によりアン女王と親交がある従姉妹のサラを頼って女王の城でメイドとして働く事になったアビゲイルは、女王に気に入られ親しくなると同時に自分の地位を上げていく。しかし女王はサラとも特別な親しい関係にあり、アビゲイルとサラは女王のお気に入りの座を巡り嫉妬と競争をする関係になっていく。
監督:ヨルゴス・ランティモス 出演:オリヴィア・コールマン(アン女王)、エマ・ストーン(アビゲイル・ヒル)、レイチェル・ワイズ(レディ・サラ)、ニコラス・ホルト(ロバート・ハーリー)、ジョー・アルウィン(サミュエル・マシャム)、マーク・ゲイティス(モールバラ公 / ジョン・チャーチル)、ジェームズ・スミス(ゴドルフィン)、ほか

「カケラ」のネタバレあらすじ結末

2019/02/17掲載

カケラの紹介:2009年日本映画。桜沢エリカの漫画作品「LOVE VIBES」を原作とした映画作品。平凡な女子大生はるとレズビアンのメディカル・アーティストりことの切ない恋愛模様を描いていきます。安藤モモ子の初監督作品です。
監督:安藤モモ子 出演者:満島ひかり(北川はる)、中村映里子(坂田リコ)、永岡佑(篠塚了太)、光石研(坂田昭吾)、根岸季衣(坂田啓子)、津川雅彦(田中 正)、かたせ梨乃(山城陶子)ほか

「白い婚礼」のネタバレあらすじ結末

2019/02/17掲載

白い婚礼の紹介:1989年フランス映画。長年教師を務めていた監督による、中年の教師と17歳の女子生徒の禁断の純愛の物語。歌手として既に名声を得ていた17歳のヴァネッサ・パラディは初めての映画出演で純粋であると同時に破壊的な少女を演じて、セザール賞新人女優賞とロミー・シュナイダー賞を受賞。映画女優としてもキャリアを築いていく。
監督:ジャン・クロード・ブリソー 出演者:ヴァネッサ・パラディ(マチルド・テシエ)、ブリュノ・クレメール(フランソワ・エノー)、リュドミラ・ミカエル(カトリーヌ・エノー)その他

「奇人たちの晩餐会USA」のネタバレあらすじ結末

2019/02/17掲載

奇人たちの晩餐会 USAの紹介:2010年アメリカ映画。フレンチコメディの名作を大胆にリメイクした作品。変人を集めて笑うことを目的とした食事会を発端に、繰り広げられるドタバタ劇を描く。制作総指揮はサシャ・バロン・コーエン。
監督:ジェイ・ローチ 出演者:スティーヴ・カレル、ポール・ラッド、ザック・ガリフィナーキス、ジェマイン・クレメント、ジェフ・ダナム、ブルース・グリーンウッド、ロン・リヴィングストン、ほか

「夜 (1961年)」のネタバレあらすじ結末

2019/02/16掲載

夜の紹介:1961年イタリア,フランス映画。結婚して10年になる作家とその妻。作家の親友であり、ともに妻を愛した男の死をきっかけに、互いの愛情が薄れ、それまで平穏だった夫婦の関係にかげりがさす。
監督:ミケランジェロ・アントニオーニ 出演:マルチェロ・マストロヤンニ、ジャンヌ・モロー、モニカ・ヴィッティ、ベルンハルト・ヴィッキ、ほか

「グッドナイト&グッドラック」のネタバレあらすじ結末

2019/02/16掲載

グッドナイト&グッドラックの紹介:2005年アメリカ映画。伝説的なテレビキャスター、エド・マローの実話をジョージ・クルーニーが映画化。真実を求め、権力に立ち向かうジャーナリストの姿を描いた社会派ドラマ作品である。マッカーシズムが吹き荒れていた1950年代のアメリカ。誰もが標的にされることを恐れて口をつぐみ、萎縮した時代が始まっていた。それに警鐘を鳴らしたのがCBSのキャスター、マローだった。彼は真実の報道と自由な思想を掲げ、仲間と共に敢然と権力を批判する。
監督:ジョージ・クルーニー 出演者:デヴィッド・ストラザーン(エド・マロー)、ジョージ・クルーニー(フレッド・フレンドリー)、ロバート・ダウニー・Jr(ジョー・ワーシュバ)、パトリシア・クラークソン(シャーリー・ワーシュバ)、レイ・ワイズ(ドン・ホレンベック)ほか

「あなたを見送る7日間」のネタバレあらすじ結末

2019/02/16掲載

あなたを見送る7日間の紹介:2014年アメリカ映画。父親の死で久しぶりに顔を合わせた兄弟姉妹。それぞれに問題を抱えた面々が喪に服する7日間で自分と向き合い、家族の絆を取り戻していく。
監督:ショーン・レヴィ 出演:ジェイソン・ベイトマン(ジャッド・アルトマン)、ティナ・フェイ(ウェンディ・アルトマン)、ジェーン・フォンダ (ヒラリー・アルトマン)、アダム・ドライバー(フィリップ・アルトマン)、ローズ・バーン(ペニー・ムーア)、コリー・ストール(ポール・アルトマン)、ほか

「スキャンダル (1976年)」のネタバレあらすじ結末

2019/02/16掲載

スキャンダルの紹介:1976年フランス映画。情欲の果てに身を滅ぼす女性を描いたエロティック・サスペンス。大学教授の妻であり、自らも薬局を営む上流階級のエリアーヌ。ある日雑用係のアルマンから人違いで抱きつかれ、以来彼を男として意識してしまうようになった。エリアーヌの欲望を見抜いたアルマンは彼女を性の奴隷にし、非情な仕打ちを繰り返す。
監督:サルヴァトーレ・サンペリ 出演者:リザ・ガストーニ(エリアーヌ・ミシュー)、フランコ・ネロ(アルマン)、レイモン・ペルグラン(アンリ・ミシュー)、クラウディア・マルサーニ(ジュスティーヌ・ミシュー)、アンドレア・フェレオル(ジュリエット)ほか

「一粒の麦」のネタバレあらすじ結末

2019/02/16掲載

一粒の麦の紹介:1958年日本映画。「東北には子供があまっていた」時代。福島県の中学校から集団就職列車に乗って東京に就職した生徒たちと、彼らを送り出した就職担当の先生の悩み多い一年間。カラー作品。
監督:吉村公三郎 出演者:菅原謙二(井上正治)、若尾文子(沼田イチ子)、東野英治郎(相沢校長)、木下雅弘(西山強)その他

1 2 3 4 5 6 535
TOP↑