Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」のネタバレあらすじ結末

2019/09/15掲載

ガメラ対宇宙怪獣バイラスの紹介:1968年日本映画。地球を植民地にしようとするバイラス星人の宇宙船により、ガメラを操り、正夫とジムの少年二人を人質にとられた人類は、全面降伏の危機を迎えていました…という内容の大映ガメラシリーズの4作目です。
監督:湯浅憲明 出演者:本郷功次郎(島田伸彦)、高塚徹(中谷正夫)、カール・クレイク(ジム・モーガン)、八重垣路子(中谷マリ子)、渥美マリ(青山順子)ほか

「INFINI/インフィニ」のネタバレあらすじ結末

2019/09/15掲載

INFINI/インフィニの紹介:2014年オーストラリア映画。オーパスという岩石を採掘する惑星の基地『インフィニ』に取り残されたウィットを救出するために向かった8人の隊員は、インフィニで起こった事実を知り、驚愕してしまいます…という内容のSFスリラー映画です。地球外惑星を舞台にしながら、閉ざされた基地の中のみの展開で、『遊星からの物体X』を彷彿させる作品です。
監督:シェーン・アベス 出演者:ダニエル・マクファーソン(ウィット・カーマイケル)、グレース・ファン(クレア)、ルーク・ヘムズワース(チャーリー)、ブレン・フォスター(モーガン)、ルーク・フォード(チェスター)、ドゥエイン・スティーブンソン(レックス)ほか

「マリス・イン・ワンダーランド」のネタバレあらすじ結末

2019/09/15掲載

マリス・イン・ワンダーランドの紹介:2009年イギリス映画。二人の男から逃げるアリスは、ホワイティの運転するタクシーに撥ねられました。アリスをタクシーに乗せたホワイティはアリスに、頭に効く薬を飲ませました。目覚めたアリスは不思議な世界にいました…という内容のファンタジー映画です。題名通り『アリス・イン・ワンダーランド』を元ネタにし、現代風にアレンジした作品です。
監督:サイモン・フェローズ 出演者:マギー・グレイス(アリス)、ダニー・ダイヤー(ホワイティ)、マット・キング(ゴンゾ)、ブロナー・ギャラガー(ヘイティ)、ナサニエル・パーカー(ハリー)ほか

「僕たちは希望という名の列車に乗った」のネタバレあらすじ結末

2019/09/15掲載

僕たちは希望という名の列車に乗ったの紹介:2018年ドイツ映画。1956年、ベルリンの壁の建設の5年前に旧東ドイツで起こった実話を、元教員ディートリッヒ・ガルスカの手記『沈黙する教室』を基に『アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男』のラース・クラウメ監督が映画化したヒューマンドラマです。東ドイツのごく普通の高校生たちが取った“たった2分間の黙祷”が国家から問題視され、高校生たちは友情をとるのか、密告してエリートへの道を進むのか選択を迫られることになります。
監督:ラース・クラウメ 出演者:レオナルド・シャイヒャー(テオ・レムケ)、トム・グラメンツ(クルト・ヴェヒター)、レナ・クレンク(レナ)、ヨナス・ダスラー(エリック・バビンスキー)、イザイア・ミカルスキ(パウル)、ロナルト・ツェアフェルト(ヘルマン・レムケ)、ブルクハルト・クラウスナー(ランゲ国民教育大臣)ほか

「復讐のセクレタリー」のネタバレあらすじ結末

2019/09/15掲載

復讐のセクレタリーの紹介:2015年フランス, ベルギー, ルクセンブルク映画。交通事故で息子を失った母親が復讐のため加害者の一家に近づき、やがて常軌を逸した彼女は加害者の息子を我が子と混同し、息子を取り戻すため一家を排除しようとする。
監督:クリストフ・アリ 出演者:ナタリー・バイ(マリー)、マリック・ジディ(トマ)、ヨハン・レイゼン(エリック)、サブリナ・セヴク(オドレイ)、ジーン・スタン・デュ・パック(レオ)ほか

「隣人は静かに笑う」のネタバレあらすじ結末

2019/09/14掲載

隣人は静かに笑うの紹介:1998年アメリカ映画。大学で米国史を教える教授が越してきたばかりの向かいの一家と親しくなるが、彼らの恐るべき陰謀を知り巻き込まれていく、なんとも後味の悪い結末のサスペンス。
監督:マーク・ペリントン 出演:ジェフ・ブリッジス(マイケル・ファラディ)、ティム・ロビンス(オリヴァー・ラング)、ジョーン・キューザック(シェリル・ラング)、ホープ・デイヴィス(ブルック・ウルフ)、ロバート・ゴセット(ホイット・カーヴァー)、メイソン・ギャンブル(ブラディ・ラング)、スペンサー・トリート・クラーク(グラント・ファラディ)、スタンリー・アンダーソン(アーチャー・スコビー)、ほか

「あなたのママになるために」のネタバレあらすじ結末

2019/09/14掲載

あなたのママになるためにの紹介:2015年スペイン映画。乳がんで余命宣告を受けた女性が妊娠、愛する家族や献身的な医師に囲まれて前向きに生き、娘を出産する。主演のP・クルスがプロデュースも兼ねたヒューマンドラマ。
監督:フリオ・メデム 出演:ペネロペ・クルス(マグダ)、ルイス・トサル(アルトゥーロ)、アシエル・エチェアンディア(フリアン)、テオ・プラネル(ダニ)、シルビア・アバスカル、アレックス・ブレンデミュール、ほか

「僕のワンダフル・ジャーニー」のネタバレあらすじ結末

2019/09/14掲載

僕のワンダフル・ジャーニーの紹介:2019年アメリカ映画。何度も生まれ変わる犬のベイリーと飼い主のイーサンが紡ぐラブストーリーが感動を巻き起こした、『僕のワンダフル・ライフ』。あれから2年。待望の続編として本作が完成。イーサンとの約束通り、孫娘CJを守り抜くベイリー。何度も生まれ変わり家族の絆をつなぐための長い旅路を感動と共に送る。前作の監督ラッセ・ハルストレムからバトンを受け継いだゲイル・マンキューソはTVシリーズ「モダン・ファミリー」でエミー賞を2度受賞。温かい涙が止まらない感動の物語。
監督:ゲイル・マンキューソ 出演:ジョシュ・ギャット(声:ベイリー/モリー/ビッグ・ドッグ/マックス)、デニス・クエイド(イーサン)、キャスリン・ブレスコット(大人のCJ)、マージ・ヘルゲンバーガー(ハンナ)、ベティ・ギルビン(グロリア)、ヘンリー・ラウ(トレント)、アビー・ライダーフォートソン(子供のCJ)ほか

「デストラップ・死の罠」のネタバレあらすじ結末

2019/09/14掲載

デストラップ・死の罠の紹介:1982年アメリカ映画。アイラ・レヴィンの同名舞台劇を映画化。巧妙に仕組まれた殺人劇が二転三転するミステリー作品。落ち目の劇作家シドニーのもとに、ある日教え子クリフォードの原稿が送られて来る。その素晴らしさに、シドニーはクリフォードを殺害して作品を奪おうと考えた。妻マイラの必死の説得もシドニーには届かず、ついに彼はクリフォードを殺害してしまうのだが。
監督:シドニー・ルメット 出演者:マイケル・ケイン(シドニー・ブリュール)、クリストファー・リーヴ(クリフォード・アンダーソン)、ダイアン・キャノン(マイラ・ブリュール)、アイリーン・ワース(ヘルガ・テン・ドープ)、ヘンリー・ジョーンズ(ポーター・ミルグリム)ほか

「怪談雪女郎」のネタバレあらすじ結末

2019/09/14掲載

怪談雪女郎(かいだんゆきじょろう)の紹介:1968年日本映画。師匠と山に観音菩薩像を作る大木を探しに行った弟子の与作は、山小屋で夜を明かしている時、雪女に会い、師匠は殺されました。雪女は与作を殺さない代わりに、決して誰にも言うなと言い、誰かに話したら殺すと言って立ち去りました。その後、雨宿りにきた「ゆき」という女と結婚した与作でしたが・・・という古典怪談『雪女』の映画化作品です。
監督:田中徳三 出演者:藤村志保(ゆき)、石濱朗(与作)、長谷川待子(奥方)、内藤武敏(美濃権守)、鈴木瑞穂(行慶)、須賀不二男(地頭)、花布辰男(茂朝)、原泉(巫女)、ほか

「プライベート・ウォー」のネタバレあらすじ結末

2019/09/13掲載

プライベート・ウォーの紹介:2018年イギリス,アメリカ映画。主人公メリー・コルヴィンは戦争記者としてアジア、中東などで戦乱に苦しむ市民の現実を世界中に伝えました。彼女はスリランカ内戦中に片目を負傷し、眼帯がトレードマークになります。そんな彼女は私生活では、アルコールとタバコに依存し、ストレス障害に悩まされます。2012年、周囲の反対も聞かずに戦乱のシリアに向かい、死に直面する女性と子供を取材します。『プライベート・ウォー』はコルヴィンのジャーナリスト魂をロザムンド・パイクが好演し、批評家からも好意的に評価されました。2019年現在、今も続くシリア内戦、多くの人が死に直面しているということを世界に知らせたいという彼女の願いが伝わるような映画です。
監督:マシュー・ハイネマン 出演:ロザムンド・パイク(メリー・コルヴィン)、ジェイミー・ドーナン(ポール・コンロイ)、トム・ホランダー(ショーン・ライアン)、スタンリー・トゥッチ(トニー・ショウ)、ほか

「山羊座のもとに」のネタバレあらすじ結末

2019/09/13掲載

山羊座のもとにの紹介:1949年イギリス映画。イギリスの流刑地だった19世紀のオーストラリアを舞台としたメロドラマ。『ガス燈』でイングリッド・バーグマンと共演したジョゼフ・コットンが再び彼女の相手役となる。『巌窟の野獣』以来のイギリスでの撮影となった本作はヒッチコックの自他共に認める失敗作という評価が一般的だが、『赤い靴』等のカメラマンであるジャック・カーディフのテクニカラー撮影等見どころはたっぷり。
監督:アルフレッド・ヒッチコック 出演者:イングリッド・バーグマン(ヘンリエッタ・フラスキー)、ジョゼフ・コットン(サム・フラスキー)、マイケル・ワイルディング(チャールズ・アデア)、マーガレット・レイトン(ミリー)、セシル・パーカー(総督)その他

「アンリ・カルティエ=ブレッソン 瞬間の記憶」のネタバレあらすじ結末

2019/09/13掲載

アンリ・カルティエ=ブレッソン 瞬間の記憶の紹介:2003年スイス,フランス映画。20世紀の写真家カルティエ=ブレッソン、彼はどのように被写体と向き合い、瞬間を捉えてきたのか、インタビューと共に振り返る。
監督:ハインツ・ビュートラー 出演者:アンリ・カルティエ=ブレッソン、エリオット・アーウィット、アーサー・ミラー、イザベル・ユペール、ジョセフ・クーデルカ、フェルディナンド・シアナ、ロベール・デルピエール

「疑惑の影」のネタバレあらすじ結末

2019/09/13掲載

疑惑の影の紹介:1942年アメリカ映画。カリフォルニアのある街で家族と平凡に暮らしているチャーリーは、突然訪れた叔父に秘密があることを感じとる。やがてチャーリーは叔父に未亡人殺しの容疑があることを知る。チャーリーだけが日常の中で叔父の殺人の疑惑にさいなまれていく様を描く。ヒッチコックの代表作のひとつで、日本では戦後すぐに公開されて好評を得た。ヒッチコック作品の中では、ドメスティックな異常心理ものという点で、2年前(1941年)に作った「断崖」と似た題材になっている。
監督:アルフレッド・ヒッチコック 出演:テレサ・ライト(チャーリー・ニュートン)、ジョゼフ・コットン(チャールズ・オークリー)、マクドナルド・ケリー(ジャック・グラハム)、パトリシア・コリンジ(エマ・ニュートン)、ヘンリー・トラヴァース(ジョセフ・ニュートン)、ほか

「あなたの名前を呼べたなら」のネタバレあらすじ結末

2019/09/13掲載

あなたの名前を呼べたならの紹介:2018年インド,フランス映画。厳しい身分制度やしきたりが今なお残るインドを舞台に、メイドと雇い主が育くむ愛のドラマ。ムンバイ出身の女性監督ロヘナ・ゲラの長編デビュー作となります。監督自らが話すように本作のような身分を越えた恋物語はインド社会ではありえないそうで、敢えてタブーに挑戦したとのことです。そういった貧困や差別の厳しさも上手く表現できています。
監督:ロヘナ・ゲラ 出演:ティロタマ・ショーム(ラトナ)、ヴィヴェーク・ゴーンバル(アシュヴィン)、ギータンジャリ・クルカルニー、ラウル・ヴォラ、

1 2 3 4 5 6 609
TOP↑