Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「ラスト4」のネタバレあらすじ結末

2019/06/22掲載

ラスト4の紹介:2010年アメリカ映画。ある田舎で起った化学工場の爆発によって、近隣の住人が感染症からゾンビ化し、人を襲い始めました。生き残ったジムは逃げ込んだ建物で3人の生き残りの人たちと合流し、生き延びる方法を考えますが・・・という内容のゾンビホラー映画です。
監督:ターナー・クレイ 出演者:ジェイ・ヘイデン(ジム)、トリ・ホワイト(イックス)、スコット・リリー(スコット)、マッケナ・ジョーンズ(エミリー)ほか

「CURE キュア」のネタバレあらすじ結末

2019/06/21掲載

CURE キュアの紹介:1997年日本映画。同じ残忍な方法で殺される殺人事件が連続して起こりました。刑事の高部は犯人は違うのに殺し方が同じだという事は催眠術で誰かが殺されているのでは…と考え、精神科医の佐久間と共に、催眠術をかける犯人の追及を始めました…というサスペンスホラー映画で、1997年日本インターネット映画大賞日本映画作品賞受賞作です。
監督:黒沢清 出演者:役所広司(高部賢一)、萩原聖人(間宮邦彦)、うじきつよし(佐久間真)、中川安奈(高部文江)、螢雪次朗(桑野一郎)、洞口依子(宮島明子 / 女医)、でんでん(大井田 / 警官)、大杉漣(藤本本部長)、戸田昌宏(花岡徹)、大鷹明良(安川)、河東燈士(精神科医)、春木みさよ(花岡とも子)、ほか

「内海の輪」のネタバレあらすじ結末

2019/06/21掲載

内海の輪の紹介:1971年日本映画。松山の呉服屋の嫁と、東京の大学の考古学者との不倫の行く末を描いた、松本清張の小説の映画化作品です。呉服屋の嫁を岩下志麻、考古学者を中尾彬が演じ、愛し合う二人が、憎悪に変わっていく様子を上手く描いています。
監督:斎藤耕一 出演者:岩下志麻(西田美奈子)、中尾彬(江村宗三)、三國連太郎(西田慶太郎)、富永美沙子(川北政代)、入川保則(江村寿夫)、夏八木勲(長谷記者)ほか

「満願旅行」のネタバレあらすじ結末

2019/06/21掲載

満願旅行の紹介:1970年日本映画。寝台特急の専務車掌の村上洋介に見合い話が持ち上がり、一目ぼれした洋介は果敢にアタックし始めますが、洋介に恋心を持つ食堂係の八重子が洋介をモノにしようと策略を立て始めました・・・という松竹映画の『旅行シリーズ』6作目です。
監督:瀬川昌治 出演者:フランキー堺(村上洋介)、ミヤコ蝶々(母お政)、団令子(庄司八重子)、森田健作(庄司隆一)、香山美子(秋山すみ江)、森川信(秋山次郎吉)、石井均(秋山とめ)、松岡きっこ(ユカ)ほか

「お受験」のネタバレあらすじ結末

2019/06/21掲載

お受験の紹介:1999年日本映画。会社の陸上部に所属し、マラソン大会に出ることが生きがいの富樫の家庭では、6歳の娘の真結美がお受験を控えていました。妻の利恵にまかせっきりでしたが、富樫が子会社の役員になってから、生活は徐々に変わり始めました・・・というロックシンガー矢沢永吉主演のヒューマンドラマです。
監督:滝田洋二郎 出演者:矢沢永吉(富樫真澄)、田中裕子(富樫利恵)、大平奈津美(富樫真結美)、西村雅彦(橘要塾長)、大杉漣(吉本監督)、余貴美子(千秋みどり)、鈴木一真(中村橋夫)ほか

「コドモのコドモ」のネタバレあらすじ結末

2019/06/21掲載

コドモのコドモの紹介:2008年日本映画。小学生の妊娠と出産を描いた、さそうあきらの同名漫画が原作。性に対して何の意識もないまま、興味本位で“くっつけっこ”を幼なじみのヒロユキとした主人公の春菜。大人たちには知られず、だんだん大きくなるお腹に子供たちが奮闘する。
監督:萩生田宏治 出演者:甘利はるな(持田春菜)、麻生久美子(八木先生)、宮崎美子(春菜のお母さん)、谷村美月(春菜のお姉さん)、草村礼子(春菜のおばあさん)、斉藤暁(春菜のお父さん)、榎木兵衛(春菜のおじいさん)、北見敏之(ミツオのお父さん)、深水元基(小林先生)、伊藤梨沙子(吉田美香)、川村悠椰(鶴巻ヒロユキ)、大熊彩花(朝倉真由)、帯金遼太(生田目ミツオ)、須藤瞳(丸山珠)、竹森雄之介(川上ダイゴ)、山田清貴(久保田万作)、安部聡子(ヒロユキのお母さん)、塩見三省(高松教頭)、ほか

「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」のネタバレあらすじ結末

2019/06/20掲載

イン・アメリカ/三つの小さな願いごとの紹介:2002年アイルランド,イギリス映画。悲しみを背負った家族の苦悩と再生を描くヒューマン・ドラマ。末っ子フランキーを亡くしたサリヴァン一家は、アイルランドからニューヨークへ引っ越した。新しい環境で励まし合い、時に傷つけ合う家族。やがて友人と新たな命を得た彼らは、悲しみに向き合い前へ進んでいく。ジム・シェリダン監督の半自伝的作品。
監督:ジム・シェリダン 出演者:サマンサ・モートン(サラ)、パディ・コンシダイン(ジョニー)、サラ・ボルジャー(クリスティ)、エマ・ボルジャー(アリエル)、ジャイモン・フンスー(マテオ)ほか

「魍魎の匣」のネタバレあらすじ結末

2019/06/20掲載

魍魎の匣(もうりょうのはこ)の紹介:2007年日本映画。京極夏彦の小説シリーズ『百鬼夜行』シリーズ第2弾であり、第1弾『姑獲鳥の夏』(2005年公開)に引き続いて映画化されました。となる同名の長編推理・伝奇小説を映画化したサスペンスです。2008年にはテレビアニメ化もされており、2019年6月には橘ケンチ(EXILE、EXILE THE SECOND)の主演で舞台化も決定しています。
監督:原田眞人 出演者:堤真一(中禅寺秋彦)、椎名桔平(関口巽)、阿部寛(榎木津礼二郎)、荒川良々(安和寅吉)、田中麗奈(中禅寺敦子)、清水美砂(中禅寺千鶴子)、篠原涼子(関口雪絵)、田村泰二郎(妹尾)、原田遊人(根路銘半次郎)、秋本つばさ(神子上マチ子)、吉沢季代(美女丸梅若)、マギー(鳥口守彦)、堀部圭亮(青木文蔵)、寺島咲(柚木加菜子)、谷村美月(楠本頼子)、黒木瞳(柚木陽子)、宮迫博之(木場修太郎)、宮藤官九郎(久保竣公)、柄本明(美馬坂幸四郎)、笹野高史(今出川所長)ほか

「パニッシャー:ウォー・ゾーン」のネタバレあらすじ結末

2019/06/20掲載

パニッシャー:ウォー・ゾーンの紹介:2008年アメリカ映画。「パニッシャー:ウォーゾーン」の紹介:この作品はアメリカのアメコミ映画で主演はレイ・スティーヴンソン。人気アメコミ作品の「パニッシャー」の3回目のオリジナル映画化作品ではありますが、今作合わせて3作品とも関連性はありません。3度目となる映画化になってパニッシャーのシンボルマークのドクロマークもアレンジが加えられています。今作の原作はアメコミの「パニッシャー:MAX」というアメコミ連載雑誌です。本作では原作のパニッシャーのヴィラン(敵役)であるキャラクターである「ジグソウ」やソープ刑事やマイクロが登場します。
監督:レクシー・アレクサンダー 出演:レイ・スティーヴンソン(パニッシャー:フランクキャッスル)、ドミニク・ウェスト(ビリー・ルソッティ:ジグソウ)、ジュリー・ベンツ(アンジェラ・ドナテッリ)、コリン・サーモン(ポール・ブディアンスキー)、ダッシュ・ミホク(マーティン・ソープ)、ウェイン・ナイト(マイクロチップ)、ほか

「北陸代理戦争」のネタバレあらすじ結末

2019/06/20掲載

北陸代理戦争の紹介:1977年日本映画。関西の巨大暴力団組織の北陸侵攻に伴い、内紛の続く地元暴力団の裏切りと寝返りの激しい抗争を描いた映画です。関西と北陸で実在する組織がモデルになっている実録物ですが、内容はかなり変更が加えられ、実際の事件とは大きく違っています。
監督:深作欣二 出演者:松方弘樹(川田登)、野川由美子(仲井きく)、伊吹吾郎(谷中組幹部・竹井義光)、高橋洋子(仲井信子)、地井武男 (仲井隆士)、矢吹二朗 (花巻伝)、西村晃(安浦富蔵)、遠藤太津朗(浅田組幹部・岡野信安)、成田三樹夫(浅田組幹部・久保利夫)、ハナ肇(万谷喜一)、千葉真一 (大阪浅田組系金井組組長・金井八郎)ほか

「仁義なき戦い 広島死闘篇」のネタバレあらすじ結末

2019/06/20掲載

仁義なき戦い 広島死闘篇の紹介:1973年日本映画。広島最大の暴力団となった村岡組と反発勢力の大友組との抗争、そして村岡組の裏切りの構図を描いた広島最大の暴力団抗争の実録モノです。前作の主役だった広能は仮出所して、この抗争を見守るような立場の構図になっています。
監督:深作欣二 出演者:菅原文太(広能昌三)、金子信雄(山守義雄)、北大路欣也(山中正治)、名和宏(村岡常夫)、小池朝雄(高梨国松)、成田三樹夫(松永弘)、 山城新伍(江田省三)、千葉真一(大友勝利)、室田日出男(中原敬助)、梶芽衣子(上原靖子)ほか

「ツインピークス 序章」のネタバレあらすじ結末

2019/06/19掲載

ツイン・ピークス パイロット版(序章)の紹介:1990年アメリカ映画。美しく平和な町ツインピークスで女子高生ローラ・パーマーが殺され、遺体となって発見されます。この事件を軸として話は進み、町や村人達が抱える闇を暴いていく事になっていきます。一時期一大ブームを巻き起こした作品でもあります。1990年から1991年にかけてアメリカ合衆国にて放映されたテレビドラマ「ツイン・ピークス」シリーズに繋がるパイロット版。
監督:デヴィッド・リンチ 出演:カイル・マクラクラン(クーパー)、マイケル・オントキーン(ハリー)、ジョアン・チェン(ジョシー)、シェリル・リー(ローラ・パーマー)、ダナ・アッシュブルッグ(ボビー)、ジェームズ・マーシャル(ジェームズ)、ララ・フリン・ボイル(ドナ)、レイ・ワイズ(リーランド)、グレイス・ザブリスキ(セーラ)

「リセット(2010年)」のネタバレあらすじ結末

2019/06/19掲載

リセットの紹介:2010年アメリカ映画。ある夜、一瞬の停電の隙に、町の住人がこつぜんと姿を消した。映画上映中に消えた人々を映写技師のポールと警備員の男が探すが、警備員は一瞬にして暗闇に連れ去られてしまう…。鬼才ブラッド・アンダーソン監督と、ヘイデン・クリステンセンが手を組んだ心理サスペンス。
監督:ブラッド・アンダーソン 出演:ヘイデン・クリステンセン(ルーク)、タンディ・ニュートン(ローズマリー)、ジョン・レグイザモ(ポール)、ジェイコブ・ラティモア(ジェームス)、テイラー・グルーサイス、ジョーダン・トロヴィリォン、ほか

「シマウマ」のネタバレあらすじ結末

2019/06/19掲載

シマウマの紹介:2015年日本映画。高校時代からワルでドラと呼ばれた竜夫は、成人しても美人局の脅迫で金を稼いでいました。ある日、何者かに拉致され拷問をうけた竜夫は、相手が高校時代にいじめられっこで、自分が助けたことのあるアカであることがわかりました。やがて竜夫は回収屋のドラとして歩きはじめます・・・というクライムバイオレンス映画です。
監督:橋本一 出演者:竜星涼(竜夫/ドラ)、須賀健太(アカ)、日南響子(キイヌ)、高橋メアリージュン(彩)、加藤雅也(シマウマ)、天乃舞衣子(網川早苗)、脇知弘(吉田)、福士誠治(網川晃児)ほか

「エル・ドラド(1966年)」のネタバレあらすじ結末

2019/06/19掲載

エル・ドラドの紹介:1966年アメリカ映画。監督ハワード・ホークスと主演ジョン・ウェインのコンビによる“テキサス三部作”の第2作(第1作は『リオ・ブラボー』(1959年公開)、第3作は『リオ・ロボ』(1970年公開))となる西部劇です。ハリー・ブラウンの『The Stars in Their Courses』を原作に、テキサスの町エル・ドラドの水場の利権を巡る争いを描きます。
監督:ハワード・ホークス 出演者:ジョン・ウェイン(コール・ソーントン)、ロバート・ミッチャム(J・P・ハラー)、ジェームズ・カーン(アラン・ベディリヨン・トレハーン / ミシシッピ)、シャーリーン・ホルト(モーディ)、アーサー・ハニカット(ブル・トマス)、エドワード・アズナー(バート・ジェイソン)、ミシェル・ケリー(ジョセフィーン・“ジョーイ”・マクドナルド)、クリストファー・ジョージ(ネルソン・マクラウド)、ポール・フィックス(ミラー医師)、R・G・アームストロング(ケヴィン・マクドナルド)ほか

1 2 3 4 5 6 581
TOP↑