「スパイク・ガールズ」のネタバレあらすじ結末

2020/03/28掲載

スパイク・ガールズの紹介:2019年フランス, ベルギー映画。個性あふれる女子バレーボールチームの『ファルコン』が優勝し、その後、移動先に向かう途中、立ち寄った村のレストランで暴れたことから、村人たちに襲われるという内容の、ハチャメチャスプラッターコメディ映画です。ふざけた作品のわりには、しっかりした出来ばえです。
監督:オリヴィエ・アフォンソ 出演者:ヴィクトル・アルチュス・ソラロ(コーチ)、マノン・アゼム(モルガンヌ)、ルイーズ・ブラシェール(エマ)、ティファニー・ダビオ(ジャンヌ)、マルゴ・デュフレーヌ(タチアナ)ほか

「アメリカン・ソルジャー」のネタバレあらすじ結末

2020/03/27掲載

アメリカン・ソルジャーの紹介:2017年アメリカ映画。戦場で活躍したアダムは一見健康な体でイラクから帰還しましたが、心に大きな傷を抱えています。多くの帰還兵が病院の手当を求めるため、スムーズな治療が行えず、アダムの精神状況は深刻になっていくばかり。この映画は実話に基づくストーリーで、アメリカ軍の帰還兵たちが持つ問題について現実的に描かれた作品です。『セッション』でアンドリューを演じて一躍有名になったマイルズ・テラーが、帰還兵として苦悩を抱えるアダム役を演じます。
監督:ジェイソン・ホール 出演:マイルズ・テラー(アダム・シューマン)、ヘイリー・ベネット(サスキア・シューマン)、ビューラ・コアレ(ソロ)、ジョー・コール(ビリー)、ケイシャ・キャッスル=ヒューズ(アリア)、スコット・エイズ(エモリー)、ほか

「仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ」のネタバレあらすじ結末

2020/03/27掲載

仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティの紹介:2020年日本映画。『平成仮面ライダーシリーズ』最終作(第20作)の『仮面ライダージオウ』(2018年~2019年放映)に登場する“2号ライダー”の仮面ライダーゲイツこと明光院ゲイツを主人公に据えたスピンオフ作品です。テレビシリーズ最終回の後であり『仮面ライダー 令和ザ・ファースト・ジェネレーション』(2019年公開)とは展開が異なる世界を舞台に、普通の高校生として暮らしていたゲイツと仲間たちが新たな事件に巻き込まれていきます。本作が初主演作となるゲイツ役・押田岳をはじめテレビシリーズのオリジナルキャストが再集結、歴代2号ライダーを演じた戸谷公人(『仮面ライダーディケイド』)、 村上幸平(『仮面ライダー555』)、木ノ本嶺浩(『仮面ライダーW』)、岩永洋昭(『仮面ライダーオーズ』)がゲスト出演しています。監督はテレビシリーズで最多演出を務めた諸田敏(『百獣戦隊ガオレンジャー』『仮面ライダーゴースト』など)、脚本はテレビシリーズのサブライターを務めた毛利亘宏(『宇宙戦隊キュウレンジャー』など)が手掛けています。
監督:諸田敏 出演者:押田岳(明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツ(声))、奥野壮(常盤ソウゴ/仮面ライダージオウ(声))、大幡しえり(ツクヨミ/仮面ライダーツクヨミ(声))、渡邊圭祐(ウォズ(黒ウォズ)/白ウォズ/仮面ライダーウォズ(声))、板垣李光人(ウール)、紺野彩夏(オーラ)、兼崎健太郎(スウォルツ)、小山力也(オーマジオウ(声))、津田健次郎(カッシーン(声))、村上幸平(草加雅人/仮面ライダーカイザ(声))、木ノ本嶺浩(照井竜/仮面ライダーアクセル(声))、岩永洋昭(伊達明/仮面ライダーバース(声))、戸谷公人(海東大樹/仮面ライダーディエンド(声))、生瀬勝久(常磐順一郎)ほか

「七人の無頼漢」のネタバレあらすじ結末

2020/03/27掲載

七人の無頼漢(ぶらいかん)の紹介:1956年アメリカ映画。7人組の悪党に妻を殺され、金を奪われた元保安官が、幌馬車の夫婦と出会いながら悪党たちに復讐していく様を描いた西部劇です。名優ジョン・ウェインがノンクレジットでプロデューサーとして参加しています。
監督:バッド・ベティカー 出演者:ランドルフ・スコット(ベン・ストライド)、ゲイル・ラッセル(アニー・グリーア)、リー・マーヴィン(ビル・マスターズ)、ウォルター・リード(ジョン・グリーア)、ジョン・ラーチ(ペイト・ボディーン)、ドン・“レッド”・バリー(クリート)、ジョン・ベラディーノ(クリント)、ジョン・フィリップス(ジェド)、チャック・ロバーソン(メイソン)、スチュアート・ホイットマン(コリンズ中尉)、ほか

「チャーリーズ・エンジェル(2019年)」のネタバレあらすじ結末

2020/03/27掲載

チャーリーズ・エンジェルの紹介:2019年アメリカ映画。 初めはテレビドラマシリーズで始まった同作品。キャメロン・ディアスらが出演した映画版から17年の時を経て、そのリブート版の新しいチャーリーズ・エンジェルとして生まれ変わりました。タフでクールな美女三人が所狭しと大活躍を繰り広げます。
監督:エリザベス・バンクス 出演:クリステン・スチュワート(サビーナ)、ナオミ・スコット(エレーナ)、エラ・バリンスカ(ジェーン)、パトリック・スチュワート(ジョン)、エリザベス・バンクス(レベッカ)、ほか

「駅までの道をおしえて」のネタバレあらすじ結末

2020/03/26掲載

駅までの道をおしえての紹介:2019年日本映画。伊集院静の同名短編小説を、数々の話題作をプロデュースしてきた橋本直樹が監督・脚色を務めて映画化したヒューマンドラマです。主演を『君の名は。』『天気の子』の新海誠監督の娘であり音楽ユニット「Foorin」のメンバーでもある新津ちせが務め、愛犬を亡くした少女と息子を失った老人との心の交流が描かれます。
監督:橋本直樹 出演者:新津ちせ(サヤカ)、笈田ヨシ(フセコウタロー)、坂井真紀(サヤカの母)、滝藤賢一(サヤカの父)、羽田美智子(サヤカの伯母)、マキタスポーツ(サヤカの伯父)、市毛良枝(サヤカの祖母)、塩見三省(サヤカの祖父)、余貴美子(看護師長)、柄本明(動物病院院長)、有村架純(10年後のサヤカ(モノローグ))ほか

「町田くんの世界」のネタバレあらすじ結末

2020/03/26掲載

町田くんの世界の紹介:2018年日本映画。第20回手塚治虫文化賞新生賞を受賞した安藤ゆきの同名漫画を『舟を編む』などの石井裕也監督が映画化した青春ストーリーです。勉強も運動も苦手で不器用、それでも周りの人々から愛される心優しい少年の姿を描きます。共に映画初主演となる細田佳央太と関水渚がダブル主演を務め、脇を岩田剛典、高畑充希、前田敦子、仲野太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子といった豪華俳優陣が固めています。
監督:石井裕也 出演者:細田佳央太(町田一)、関水渚(猪原奈々)、岩田剛典(氷室雄)、高畑充希(高嶋さくら)、前田敦子(栄りら)、仲野太賀(西野亮太)、池松壮亮(吉高洋平)、戸田恵梨香(吉高葵)、佐藤浩市(日野)、北村有起哉(町田あゆた)、松嶋菜々子(町田百香)ほか

「最高に素晴らしいこと」のネタバレあらすじ結末

2020/03/26掲載

最高に素晴らしいことの紹介:2020年アメリカ映画。姉を交通事故で亡くしてしまったバイオレットは失意のどん底にいます。そこから救ってくれたのは学校で変人呼ばわりされているフィンチという青年でした。しかしそのフィンチは父親から虐待されていた過去を持ち精神的に不安定です。自分を救ってくれたようにフィンチを助けたいバイオレットでしたが、根深く残った傷を癒すことはとても難しいことでした。この映画は精神的な問題を抱えている人々に捧げられた作品です。
監督:ブレット・ヘイリー 出演:エル・ファニング(バイオレット)、ジャスティス・スミス(フィンチ)、ヴァージニア・ガードナー(アマンダ)、フェリックス・マラード(ローマー)、ラマー・ジョンソン(チャーリー)、ほか

「ルパン三世 THE FIRST」のネタバレあらすじ結末

2020/03/26掲載

ルパン三世 THE FIRST(ザ・ファースト)の紹介:2019年日本映画。23年振りに長編アニメとして製作された「ルパン三世」の新作です。「ドラゴンクエスト ユアストーリー」で3Dアニメに挑んだ山崎貴監督が再び3Dアニメでルパンに息を吹き込みます。今回はルパン一味が唯一成し得ることが出来なかったお宝に挑戦します。
監督:山崎貴 声優:栗田貫一(ルパン三世)、小林清志(次元大介)、浪川大輔(石川五右衛門)、沢城みゆき(峰不二子)、山寺宏一(銭形警部)、広瀬すず(レティシア)、吉田鋼太郎(ランベール)、藤原竜也(ゲラルト)、ほか

「パラダイス・ネクスト」のネタバレあらすじ結末

2020/03/25掲載

パラダイス・ネクストの紹介:2019年日本,台湾映画。台湾を舞台に、暗い過去を持つ孤独な二人の男が織り成す逃避行劇を描いたノワール・サスペンスです。妻夫木聡と豊川悦司がダブル主演を務め、全編台湾でロケを敢行しました。音楽は坂本龍一が担当しています。
監督:半野喜弘 出演者:妻夫木聡(牧野)、豊川悦司(島)、ニッキー・シエ(シャオエン/シンルー(二役))、カイザー・チュアン(346)、マイケル・ホアン(ガオ)、大鷹明良(加藤)ほか

「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」のネタバレあらすじ結末

2020/03/25掲載

ヒックとドラゴン 聖地への冒険の紹介:2019年アメリカ映画。クレシッダ・コーウェルの児童文学を原作とする3DCG長編アニメ『ヒックとドラゴン』シリーズの第3弾にして最終章です。前作『ヒックとドラゴン2』(2014年)から1年後を舞台に、落ちこぼれから勇敢なリーダーへと成長したバイキングの青年ヒックと相棒のドラゴン・トゥースたちが新天地を目指して新たな冒険の旅へ出発します。
監督:ディーン・デュボア 声の出演者:ジェイ・バルチェル(ヒック)、アメリカ・フェレーラ(アストリッド(アスティ))、F・マーレイ・エイブラハム(グリメル・ザ・グリズリー)、ジェラルド・バトラー(ストイック・ザ・ヴァスト)、ケイト・ブランシェット(ヴァルカ)、A・J・ケーン(ヒック(少年期))ほか

「戦争と平和」のネタバレあらすじ結末

2020/03/25掲載

戦争と平和の紹介:1956年アメリカ,イタリア映画。帝政ロシアを代表する文豪レフ・トルストイの代表作である同名長編小説をオードリー・ヘプバーン主演で映画化した歴史ドラマの超大作です。フランス皇帝ナポレオン1世の時代の帝政ロシアを舞台に、時代に翻弄されて没落していく貴族子女の恋愛模様を描きます。
監督:キング・ヴィダー 出演者:オードリー・ヘプバーン(ナターシャ・ロストフ)、ヘンリー・フォンダ(ピエール・ベズーホフ)、メル・ファーラー(アンドレイ・ボルコンスキー公爵)、ヘルムート・ダンティン(ドーロホフ大尉)、ヴィットリオ・ガスマン(アナトール・クラーギン)、ハーバート・ロム(ナポレオン・ボナパルト)、オスカー・ホモルカ(ミハイル・クトゥーゾフ)、アニタ・エクバーグ(エレーナ・クラーギン)、ジェレミー・ブレット(ニコラス・ロストフ)、ジョン・ミルズ(プラトン・カラターエフ)、メイ・ブリット(ソーニャ・ロストフ)、アンナ・マリア・フェレーロ(マリヤ・ボルコンスキー)、ウィルフレイッド・ローソン(アンドレイの父)、バリー・ジョーンズ(ロストフ伯爵)、ミリー・ヴィターレ(リーザ・ボロコンスキー)、ショーン・バレット(ペーチャ・ロストフ)ほか

「プロメア」のネタバレあらすじ結末

2020/03/25掲載

プロメアの紹介:2019年日本映画。『天元突破グレンラガン』『キルラキル』でタッグを組んだ監督・今石洋之と脚本・中島かずきが贈るSFアニメーション作品です。炎を自在に操る新人類“バーニッシュ”によって荒廃した近未来を舞台に、バーニッシュに対抗する高機動救命消防隊バーニングレスキューの活動、そして主人公と宿敵の対決とその行方を描きます。主題歌はSuperflyが担当しています。
監督:今石洋之 声の出演:松山ケンイチ(ガロ・ティモス)、早乙女太一(リオ・フォーティア)、堺雅人(クレイ・フォーサイト)、ケンドーコバヤシ(ビニー)、古田新太(デウス・プロメス博士)、佐倉綾音(アイナ・アルデビット)、吉野裕行(レミー・プグーナ)、稲田徹(バリス・トラス)、新谷真弓(ルチア・フェックス)、小山力也(イグニス・エクス)、小清水亜美(エリス・アルデビット)、楠大典(ヴァルカン・ヘイストス)、檜山修之(ゲーラ)、小西克幸(メイス)、柚木涼香(ビアル・コロッサス)ほか

「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」のネタバレあらすじ結末

2020/03/24掲載

T-34 レジェンド・オブ・ウォーの紹介:2018年ロシア映画。第二次世界大戦中、ナチスドイツ軍の捕虜になったソ連の戦車兵が、たった4人の仲間と1台の戦車で脱走を試みる姿を描いた戦争アクション映画です。ロシア本国では驚異的な大ヒットを記録、ロシアの二大映画賞のひとつゴールデン・イーグル賞で監督賞・脚本賞・視覚効果賞の3冠を達成、日本でも興行収入が6500万円を超えてこれまでのロシア作品の興収記録を更新しました。
監督:アレクセイ・シドロフ 出演者:アレクサンドル・ペトロフ(ニコライ・イヴシュキン)、ヴィンツェンツ・キーファー(クラウス・イェーガー)、イリーナ・ストラシェンバウム(アーニャ・ヤルツェヴァ)、ヴィクトル・ドブロヌラボフ(ステパン・サヴェリエヴィチ・ヴァシリョノク)、アントン・ボグダノフ(ディミヤン・ヴォルチョク)、ユーリイ・ボリソフ(セラフィム・イオノフ)、ウヴォルフガング・チェルニー(ヴォルフ・ハイン)、ジョシュア・グロース(ティーリケ)、ディルク・シンプソン(グリム)、ロビンソン・レイチェル(ハインリヒ・ヒムラー)ほか

「コレクター 暴かれたナチスの真実」のネタバレあらすじ結末

2020/03/24掲載

コレクター 暴かれたナチスの真実の紹介:2016年オランダ映画。オランダのジャーナリスト、ハンス・クノープが第二次世界大戦中にナチス将校と結託してユダヤ人から財宝を巻き上げていた大富豪を追い詰めていく実話を基に制作された歴史サスペンスです。本国オランダではテレビのミニシリーズとして放映され、2017年オランダ映画祭でテレビドラマ部門の最優秀賞を受賞しています。
監督:ティム・オリーフーク 出演者:ヒィ・クレメンス(ハンス・クノープ)、アウス・フレイダヌス(ピーター・メンテン)、アリアン・フォッベン(若き日のピーター・メンテン)、ノーチェ・ヘルラール(ベティ・クノープ)、カリーヌ・クルツェン(メタ・メンテン)、カミラ・モイラー(エリザベス・メンテン)、ヴィンセント・リンソースト(ヘンク・デメスター)ほか

1 2 3 4 5 6 662

キーワードから探す

TOP↑