Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「みんな私に恋をする」のネタバレあらすじ結末

2019/02/15掲載

みんな私に恋をするの紹介:2010年アメリカ映画。恋愛に臆病なベスが妹の結婚式でローマを訪れ、式場の前の“愛の泉”に投げ入れられたコインを拾う事から物語は始まり、コインを投げ入れた男たちから言い寄られ始めます。その中のニックは本物の愛なのか、ニックとの結婚は本物だったのかを描いた夢のあるラブストーリーです。又この作品は”後ろを向いてコインを投げ入れると願いが叶う”という、ローマの名所“トレビの泉”の言い伝えを、モデルにして製作されたと言われています。
監督:マーク・スティーヴン・ジョンソン 出演:クリステン・ベル(ベス)、ジョシュ・デュアメル(ニック)、ジョン・ヘダー(ランス)、アンジェリカ・ヒューストン(セレステ)、ダニー・デヴィート(アル・ルッソ)、ほか

「ボディ・バッグス」のネタバレあらすじ結末

2019/02/15掲載

ボディ・バッグスの紹介:1993年アメリカ映画。遺体安置所に運ばれて来る「ボディ・バッグス(遺体袋)」の物語を紹介するホラー・オムニバス。深夜の給油所で殺人鬼に狙われた女性の恐怖を描く「ザ・ガス・ステーション」。薄毛に悩む男性の悲劇を描く「ヘアー」。移植した右目の幻覚に苦しみ、やがて陰惨な最後を迎える「アイ」の三部作となっている。監督を務めるのは奇才ジョン・カーペンターとトビー・フーパー。サム・ライミやロジャー・コーマンなど、ホラー映画ファン必見の豪華キャストが揃っている。
監督:ジョン・カーペンター(「ザ・ガス・ステーション」、「ヘアー」)、トビー・フーパー(「アイ」) 出演者:ジョン・カーペンター(検視官)、ロバート・キャラダイン(「ザ・ガス・ステーション」ビル)、アレックス・ダッチャー(「ザ・ガス・ステーション」アン)、ステイシー・キーチ(「ヘアー」リチャード)、マーク・ハミル(「アイ」ブレント)ほか

「シャーク・ナイト」のネタバレあらすじ結末

2019/02/14掲載

シャーク・ナイトの紹介:2011年アメリカ映画。湖畔にバカンスに来た大学生の男女7人が次々サメに襲われ、食われてしまいました。塩水湖にサメがいることを知った大学生たちは、地元の知り合いに助けを求めますが、この男たちこそサメを放流した張本人でした…というパニックホラー映画です。劇場では3D上映された作品です。
監督:デビッド・R・エリス 出演者:サラ・パクストン(サラ)、ダスティン・ミリガン(ニック)、クリス・カーマック(デニス)、キャサリン・マクフィー(ベス)、ドナル・ローグ(グレッグ保安官)、ジョシュア・レナード(レッド)、ジョエル・デビッド・ムーア(ゴードン)、シンカ・ウォールズ(マリク)、アリッサ・ディアス(マヤ)、クリス・ジルカ(ブレイク)ほか

「クロース 孤独のボディーガード」のネタバレあらすじ結末

2019/02/14掲載

クロース 孤独のボディーガードの紹介:2019年イギリス, アメリカ映画。鉱山の発掘をする巨大企業の娘が、死亡した経営者の遺産を引き継ぐことになったことから、凄腕の女性ボディガードのサムが雇われました。娘と行動を共にするサムでしたが、娘を狙った武装組織が現れ、サムは娘を連れて逃亡しましたという内容のNetflix配信のサスペンス映画です。
監督:ビッキー・ジューソン 出演者:ノオミ・ラパス(サム)、インディラ・バルマ(リマ)、オーエン・マッケン(コナル)、ソフィー・ネリッセ(ゾーイ)ほか

「モールコップ ラスベガスも俺が守る!」のネタバレあらすじ結末

2019/02/14掲載

モール・コップ ラスベガスも俺が守る!の紹介:2015年アメリカ映画。太っちょのモールで働く警備員ポールが悪と戦う映画第2弾。警備員のポールは離婚から未だ立ち直れずいましたが、今回は愛娘マヤと警備連盟の総会に出席する為にラスベガスに行き、ラスベガスのホテルに潜入した盗賊団と戦う事になります。マヤへの度が過ぎる愛情と警備の仕事への情熱が強いポールが、今回もまた楽しませてくれます。
監督:アンディ・フィックマン 出演:ケヴィン・ジェームズ(ポール)、レイニ・ロドリゲス(マヤ)、ニール・マクドノー(ヴィンセント)、シャーリー・ナイト(ポールの母) ほか

「馬上の二人」のネタバレあらすじ結末

2019/02/14掲載

馬上の二人の紹介:1961年アメリカ映画。ウィル・クックの小説「Comanche Captives」を巨匠ジョン・フォード監督が映画化した西部劇で、先住民に誘拐された白人拉致被害者を救出するため、保安官とその旧友である騎兵隊長が反目し合いながらも立ち向かう姿を差別などの社会問題も絡めて描きます。
監督:ジョン・フォード 出演者:ジェームズ・ステュアート(ガスリー・マケーブ)、リチャード・ウィドマーク(ジム・ゲイリー)、シャーリー・ジョーンズ(マーティ・パーセル)、ジョン・マッキンタイア(フレーザー)、ウディ・ストロード(ストーン・カルフ)、エメ・マーシュ(ハンナ・クレッグ)、リンダ・クリスタル(エレナ・デ・ラ・マドリアーガ)、アネル・ヘイズ(ベル・アレゴン)、デビッド・ケント(ランニング・ウルフ)ほか

「恋するシェフの最強レシピ」のネタバレあらすじ結末

2019/02/14掲載

恋するシェフの最強レシピの紹介:2017年香港,中国映画。ラン・バイスーの小説『男人使用手册』を原作として、金城武とチョウ・ドンユィのダブル主演で製作された香港・中国合作のグルメなラブコメディです。上海を舞台に、傲慢な美食家の大富豪と老舗ホテルの女性見習いコックがひょんなことから出会い、性格が正反対ながらも食を通じて心を通わせ合っていきます。
監督:デレク・ホイ 出演者:金城武(ルー・ジン)、チョウ・ドンユィ(グー・ションナン)、スン・イージョウ(リチャード・モン)、ミン・シー(シュウ・ジャオティ)、トニー・ヤン(チェン・ジーチェン)、リン・チーリン(ルーの個人シェフ)ほか

「スワンの恋」のネタバレあらすじ結末

2019/02/14掲載

スワンの恋の紹介:1983年フランス,西ドイツ映画。フランスの文豪マルセル・プルーストの長編小説『失われた時を求めて』の第1篇「スワン家のほうへ」の第2部「スワンの恋」を映画化したラブストーリーです。1890年代のパリを舞台に、社交界の花形的存在であるユダヤ人青年が魅惑的な高級娼婦に惹かれていく姿を描きます。
監督:フォルカー・シュレンドルフ 出演:ジェレミー・アイアンズ(チャールズ・スワン)、オルネラ・ムーティ(オデット・ド・クレシ)、アラン・ドロン(シャルリュス男爵)、ファニー・アルダン(ゲルマント公爵夫人)、マリー・クリスティーヌ・バロー(ヴェルデュラン夫人)、アンヌ・ベネント(クロエ)、ジャック・ブーデ(ゲルマント公爵)、ジュフロワ・トリー(フォルシュヴィル子爵)ほか

「マネー・ピット」のネタバレあらすじ結末

2019/02/13掲載

マネー・ピットの紹介:1986年アメリカ映画。豪邸を欠陥物件とも知らずに格安で買わされた結婚間近のカップルが周囲の人々を巻き込んで起こす騒動を描いたコメディ作品です。
監督:リチャード・ベンジャミン 出演者:トム・ハンクス(ウォルター・フィールディング・Jr)、シェリー・ロング(アンナ・クロウリー・フィールディング)、アレクサンドル・ゴドゥノフ(マックス・ベイサート)、モーリン・ステイプルトン(エステル)、ジョー・マンテーニャ(アート・シャーク)、フィリップ・ボスコ(カーリー)ほか

「七つの会議」のネタバレあらすじ結末

2019/02/13掲載

七つの会議の紹介:2018年日本映画。池井戸潤原作の社会派エンターテインメント映画「空飛ぶタイヤ」に続く第2弾です。ぐうたら社員からのパワハラ告発をきっかけに社内に思わぬ波乱が巻き起こる。その先で待っていたのは巨大企業の深い闇だった…。野村萬斎、香川照之といった豪華実力派俳優が集結。会社や仕事の「正義」と、そこで働く「意義」とは何なのか、日本企業の在り方に問題提起をする「七つの会議」は、リコール隠しや内部告発をテーマにした、働く人全てに贈る究極の企業サスペンス映画です。
監督:服澤克雄 キャスト:野村萬斎(八角民夫)、香川照之(北川誠)、及川光博(原島万二)、片岡愛之助(坂戸宣彦)、音尾琢真(三沢逸郎)、藤森慎吾(新田雄介)、朝倉あき(浜本優衣)、岡田浩暉(佐野健一郎)、木下ほうか(田部)、吉田羊(淑子)、土屋太鳳(三沢奈々子)、小泉孝太郎(奈倉翔平)、溝端淳平(星野)、春風亭昇太(飯山孝実)、立川談春(江木恒彦)、勝村政信(加茂田久司)、世良公則(村西京助)、鹿賀丈史(梨田元就)、橋爪功(宮野和広)、北大路欣也(徳山郁夫)、ほか

「ミルドレッド・ピアース」のネタバレあらすじ結末

2019/02/13掲載

ミルドレッド・ピアース 深夜の銃声の紹介:1945年アメリカ映画。ジェームズ・M・ケインの同名小説を『カサブランカ』などのマイケル・カーティス監督が映画化した犯罪ドラマです。平凡な主婦から一流の経営者に上り詰めた女性が娘の犯した過ちによって追い詰められていく姿を描き、主役のジョーン・クロフォードは第18回アカデミー賞で主演女優賞を受賞しています。
監督:マイケル・カーティス 出演者:ジョーン・クロフォード(ミルドレッド・ピアース)、ジャック・カーソン(ウォーリー・フェイ)、ザカリー・スコット(モンティ・ベラゴン)、イヴ・アーデン(アイダ・コーウィン)、アン・ブライス(ヴィーダ・ピアース)、ブルース・ベネット(バート・ピアース)ほか

「ザ・ブリザード」のネタバレあらすじ結末

2019/02/13掲載

ザ・ブリザードの紹介:2016年アメリカ映画。1952年に大西洋上で発生した。アメリカ沿岸警備隊史上最も困難とされる海難事故である巨大タンカー「SSペンドルトン号」の救出劇を実話を基に映画化した作品です。遭難したタンカーに残された生存者32人を救うため、4人の沿岸警備隊が定員12人の小型木製救助艇で挑みます。
監督:クレイグ・ギレスピー 出演者:クリス・パイン(バーニー・ウェバー)、ケイシー・アフレック(レイ・シーバート)、ベン・フォスター(リチャード・リヴシー)、エリック・バナ(ダニエル・クラフ)、ホリデイ・グレインジャー(ミリアム・ペンティネン)、ジョン・オーティス(ウォレス・クイリー)、カイル・ガルナー(アンディ・フィッツジェラルド)、ジョン・マガロ(アーヴィン・マスキー)ほか

「ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ」のネタバレあらすじ結末

2019/02/13掲載

ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズの紹介:2018年日本映画。2017年~2018年にかけて放映された“平成仮面ライダーシリーズ”第19作『仮面ライダービルド』の続編となるVシネマ作品で、2019年1月に期間限定で劇場公開されました。監督は『仮面ライダー 平成ジェネレーションズFOREVER』(2018年公開)の山口恭平監督、脚本はテレビ本編全話を執筆した武藤将吾が手掛け、テレビ本編最終回で創造された“新世界”を舞台に、テレビ本編の主人公・桐生戦兔(犬飼貴丈)の相棒・万丈龍我(赤楚衛二)を主役にした全く新しいストーリー、そしてテレビ本編での宿敵だった地球外生命体“エボルト”とのまさかの共闘が描かれます。
監督:山口恭平 出演者:赤楚衛二(万丈龍我/仮面ライダークローズ/仮面ライダークローズエボル)、永尾まりや(馬渕由衣)、高田夏帆(石動美空)、武田航平(猿渡一海/仮面ライダーグリス)、越智友己(内海成彰)、滝裕可里(滝川紗羽)、水上剣星(氷室幻徳/仮面ライダーローグ)、進藤学(柿崎悟志/キルバス(人間態))、勝杏里(仮面ライダーキルバス)、金尾哲夫(エボルト/ブラッドスターク/仮面ライダーエボル)、犬飼貴丈(桐生戦兎)ほか

「カジノゾンビ BET OR DEAD」のネタバレあらすじ結末

2019/02/13掲載

カジノ・ゾンビ BET OR DEADの紹介:2011年アメリカ映画。爆発事故によって大量発生したゾンビを相手に、生き延びようと闘う人間達を描いたホラー&アクション。世界有数のカジノ・シティであるリノでは、核抹消機の起動実験が行われていた。ところが実験は失敗して大爆発が起こり、爆発の光を浴びた人間は全員ゾンビになってしまった。たまたまゾンビ化を免れた4人の男女はカジノに籠城。果たして彼らは無事死の街から脱出出来るのか。
監督:コリン・ゼイズ 出演者:グラント・バウラー(トム)、エヴァレナ・マリー(トーリー)、タウニー・サイプレス(シンディ)、ミコ・ヒューズ(ジェンセン)、ランス・レディック(ラムジー)ほか

「ベル&セバスチャン 新たな旅立ち」のネタバレあらすじ結末

2019/02/12掲載

ベル&セバスチャン 新たな旅立ちの紹介:2015年フランス映画。セシル・オーブリー原作の児童文学を映画化した「ベル&セバスチャン」の続編となる作品。美しいアルプス山麓の村を舞台に孤児のセバスチャンと愛犬ベルの冒険を描きます。「ココ・シャネル」のクリスチャン・デュゲイ監督がメガホンを取りました。
監督:クリスチャン・デュゲイ 出演者:フェリックス・ボシュエ(セバスチャン)、チェッキー・カリョ(セザール)、マルゴ・シャトリエ(アンジェリーナ)、ティエリー・ヌーヴィック(ピエール)、ティラーヌ・ブロンドー(ガブリエラ)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 534
TOP↑