「ガラスの鍵」のネタバレあらすじ結末

2020/05/23掲載

ガラスの鍵の紹介:1942年アメリカ映画。「拳銃貸します」が大ヒットしたために続いて作られたアラン・ラッドとヴェロニカ・レイクのコンビ作。ダシール・ハメットの同名小説の映画化で、フィルム・ノワールの名作のひとつになっている。原作の一部は後に黒澤明の「用心棒」に流用された。
監督:スチュワート・ハイスラー 出演:アラン・ラッド(エド・ボーモント)、ヴェロニカ・レイク(ジャネット・ヘンリー)、ブライアン・ドンレヴィ(ポール・マドヴィグ)、ジョセフ・カレイア(ニック・ヴァーナ)、ボニータ・グランヴィル(オパル・マドヴィグ)、モローニ・オルセン(ヘンリー上院議員)、ほか

「誘拐(1997年)」のネタバレあらすじ結末

2020/05/22掲載

誘拐の紹介:1997年日本映画。映画脚本コンクール「城戸賞」を受賞した脚本家・森下直によるオリジナルストーリーを『ゴジラ』シリーズの大河原孝夫監督が映画化したサスペンス作品です。ある企業の常務が誘拐され、犯人は東京のど真ん中で身代金受け取りを要求。テレビで生中継される中、身代金を運ぶ刑事たちの顛末とは…。そして事件の裏に隠された真相とは…。
監督:大河原孝夫 出演者:渡哲也(津波浩)、永瀬正敏(藤一郎)、酒井美紀(米崎マヨ)、磯部勉(安藤刑事)、岡野進一郎(佐々木刑事)、渕野直幸(田畑刑事)、西川忠志(中本刑事)、木村栄(門田刑事)山本清(山根伸一)、西沢利明(神崎守)、江藤漢(狭間兼人)、大木史郎(権藤吉次郎)、石濱朗(跡宮壮一郎)、新克利(折田英正)、柄本明(橘警視)ほか

「顔役」のネタバレあらすじ結末

2020/05/22掲載

顔役の紹介:1965年日本映画。高度成長期の中、東京、大阪に次ぐ埋め立て地の利権をめぐって『関東城政会』と『関西同志会』が睨みあっていた。『関東城政会』の会長から現場を任された中神は舎弟の早見らを連れ、現地に事務所を開くが、早速『関西同志会』の嫌がらせが始まり…という内容の任侠アクション映画です。鶴田浩二主演で、脇を高倉健、佐久間良子、三田佳子、富司純子、長門裕之らが固める豪華キャストの作品です。
監督:石井輝男 出演者:鶴田浩二(中神正治)、高倉健(早見恭一)、待田京介(染谷勇)、江原真二郎(宮田哲男)、アイ・ジョージ(桑原次郎)、佐久間良子(中神玲子)、三田佳子(柏田真弓)、富司純子(民子)、長門裕之(秋田吾郎)ほか

「リターン・トゥー・マイ・ラヴ」のネタバレあらすじ結末

2020/05/22掲載

リターン・トゥー・マイ・ラヴの紹介:2005年アメリカ映画。都会で失敗して文無しになった超ネガティヴな男。家族を疎ましく思いながらも行くあてがないため、しかたなく実家に身を寄せるが、そこで出会ったシングルマザーの看護師と付き合ううちに、自分自身を見つめ直していく。
監督:スティーヴ・ブシェミ 出演:ケイシー・アフレック(ジム)、リヴ・タイラー(アニカ)、ケヴィン・コリガン(ティム)、メアリー・ケイ・プレイス(サリー)、シーモア・カッセル(ドン)、マーク・ブーン・ジュニア(イービル)、ジャック・ロヴェロ(ベン)、ほか

「獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ恐竜大決戦!」のネタバレあらすじ結末

2020/05/22掲載

獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦!さらば永遠の友よの紹介:2013年日本映画。『スーパー戦隊シリーズ』第37作『獣電戦隊キョウリュウジャー』と第36作『特命戦隊ゴーバスターズ』がコラボレーションした作品です。本作は更に第16作『恐竜戦隊ジュウレンジャー』と第27作『爆竜戦隊アバレンジャー』といった歴代恐竜系戦隊、そしてテレビ放映開始に先駆けて第38作『烈車戦隊トッキュウジャー』が登場するという計5戦隊が参戦した豪華作となりました。

「悦楽」のネタバレあらすじ結末

2020/05/21掲載

悦楽の紹介:1965年日本映画。山田風太郎の異色小説「棺の中の悦楽」を大島渚が自ら脚色し、演出。まだATGの1千万円映画を作る前の作品で、松竹が配給している。後年の「愛のコリーダ」を連想させるようなエロチックな題材で、主演の中村賀津雄が好演。
監督:大島渚 出演:中村賀津雄(脇坂篤)、加賀まりこ(稲葉匠子)、小沢昭一(速水)、野川由美子(1番目の女)、八木昌子(2番目の女)、樋口年子(3番目の女)、清水宏子(マリ)、ほか

「魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!」のネタバレあらすじ結末

2020/05/21掲載

映画 魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!の紹介:2016年日本映画。魔法使いプリキュアの三人とモフルンの元に届いた、大魔法フェスティバルの招待状。どんな願いでも叶えてくれるという魔法の石に選ばれたモフルンだったが、石を奪いに来た悪のクマ、悪魔ダークマターに攫われてしまう。 離れ離れになってしまったみらいとモフルンは再会できるのか。そしてモフルンの願う、心からの本当の願いとは。
原作:東堂いづみ 声優:高橋李依(キュアミラクル/朝日奈みらい)、堀江由衣(キュアマジカル/十六夜リコ)、早見沙織(キュアフェリーチェ/花海ことは)、齋藤彩夏(キュアモフルン/モフルン)、浪川大輔(ダークマター)、ほか

「俺の血が騒ぐ」のネタバレあらすじ結末

2020/05/21掲載

俺の血が騒ぐの紹介:1961年日本映画。父の復讐しか頭にない邦夫が航海から帰って来た。バーで健次という男と仲良くなった邦夫は、邦夫の父を殺したリボルバーの男を知っていると言われ、密輸船に乗り込み…という内容の赤木圭一郎主演のアクション映画です。
監督:山崎徳次郎 出演者:赤木圭一郎(笠原邦夫)、沢本忠雄(笠原明)、小沢栄太郎(宮沢浩平)、広岡三枝子(宮沢光枝)、笹森礼子(宮沢節子)、南田洋子(エルムのママ恵子)、葉山良二(健次)、安部徹(立岩)ほか

「機動戦士ガンダムUC episode4 重力の井戸の底で」のネタバレあらすじ結末

2020/05/21掲載

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 4 重力の井戸の底での紹介:2011年日本映画。福井晴敏原作の機動戦士ガンダムの流れを汲む宇宙世紀シリーズの物語を全7話でアニメ化したうちの第4話。地球に降り立ったバナージは、様々な人と関わり、体験することで成長していきます。一方、オードリーは、地球で運命に翻弄されますが、やがて自分の運命に立ち向かうことを決意します。そして、ユニコーンガンダムが示した次の地点である地球連邦軍のトリントン基地でバナージは、もう1台のユニコーンガンダムに遭遇することになります。
監督:古橋一浩 声優:バナージ・リンクス(内山昂輝)、オードリー・バーン(藤村歩)、マリーダ・クルス(甲斐田裕子)、スベロア・ジンネマン(手塚秀彰)、リディ・マーセナス(浪川大輔)、ロニ・ガーベイ(伊瀬茉莉也)

「252 生存者あり」のネタバレあらすじ結末

2020/05/20掲載

252 生存者ありの紹介:2008年日本映画。篠原祐司は以前レスキュー隊であったが今は車のセールスマンをしていて、妻の由美・耳の不自由な一人娘のしおりと三人で幸せな家庭を築いている。しおりの誕生日の日、史上最大の台風に巻き込まれた祐司一家を巡るパニック映画。
監督:水田信生 出演者:伊藤英明(篠原祐司)、内野聖陽(篠原静馬)、山田孝之(重村誠)、香椎由宇(海野咲)、木村祐一(藤井圭介)、MINJI(キム・スミン)、山本太郎(宮内達也)、桜井幸子(篠原由美)、大森絢音(篠原しおり)、温水洋一(津田沼晴男)、西村雅彦(小暮秋雄)、松田悟志(青木一平)、杉本哲太(真柴哲司)、ほか

「初恋ロスタイム」のネタバレあらすじ結末

2020/05/20掲載

初恋ロスタイムの紹介:2019年日本映画。幼い頃に母親を亡くした経験から、何をやって無駄だと冷めた考え方をしていた主人公孝司が、あらゆるものが一時間だけ止まってしまう現象に巻き込まれてしまいます。その世界で唯一動く事の出来る時音に出会い、二人だけの世界を楽しんでいきますが、時音は孝司には言えない秘密があるのでした。
監督:河合勇人 出演:板垣瑞生(相葉孝司)、吉柳咲良(篠宮時音)、石橋杏奈(青年医師の妻)、甲本雅裕(相葉誠司)、竹内涼真(青年医師)、ほか

「女王蜂(1978年)」のネタバレあらすじ結末

2020/05/20掲載

女王蜂の紹介:1978年日本映画。横溝正史の代表作『金田一耕助』シリーズの映画化作品の中でも監督:市川崑、主演:石坂浩二のコンビで作られた第4作目です。石坂浩二演じる名探偵・金田一耕助が20年もの因縁に包まれた良家にまつわる連続殺人事件の謎に迫っていきます。
監督:市川崑 出演者:石坂浩二(金田一耕助)、高峰三枝子(東小路隆子)、司葉子(蔦代)、中井貴恵(大道寺智子)、沖雅也(多門連太郎)、草笛光子(お富)、坂口良子(おあき)、萩尾みどり(大道寺琴絵)、加藤武(等々力警部)、大滝秀治(加納弁護士)、神山繁(九十九龍馬)、小林昭二(木暮刑事)、佐々木勝彦(日下部仁志)、佐々木剛(駒井泰次郎)、中島久之(赤根崎嘉文)、高野浩之(文彦)、石田信之(遊佐三郎)、常田富士男(農夫)、冷泉公裕(黒沢)、武内亨(大道寺鉄馬)、白石加代子(速水るい)、伴淳三郎(山本巡査)、三木のり平(嵐三朝)、岸惠子(神尾秀子)、仲代達矢(大道寺銀造(速水銀蔵))ほか

「機動戦士ガンダムUC episode3 ラプラスの亡霊」のネタバレあらすじ結末

2020/05/20掲載

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 3 ラプラスの亡霊の紹介:2011年日本映画。福井晴敏原作の機動戦士ガンダムの流れを汲む宇宙世紀シリーズの物語を全7話でアニメ化したうちの第3話。ネェルアーガマによる攻撃に紛れてユニコーンガンダムと共に脱出したバナージは、ラプラスの箱探索に協力することになります。一方、オードリーは、戦火を大きくしないためにリディと共に地球に降りることになりました。そして、バナージもラプラスの箱探索の途中にフル・フロンタルの妨害に会い、地球への降下を余儀なくされました。
監督:古橋一浩 声優:バナージ・リンクス(内山昂輝)、オードリー・バーン(藤村歩)、マリーダ・クルス(甲斐田裕子)、フル・フロンタル(池田秀一)、スベロア・ジンネマン(手塚秀彰)、リディ・マーセナス(浪川大輔)、ダグザ・マックール(東地宏樹)、ほか

「カット/オフ」のネタバレあらすじ結末

2020/05/19掲載

カット/オフの紹介:2018年ドイツ映画。『アウトサイダー』のクリスティアン・アルヴァルト監督がメガホンを執り、『ミケランジェロの暗号』のモーリッツ・ブライブトロイが主演を務めたドイツ発のサイコスリラーです。娘が何者かに誘拐されたことを知った検視官は、謎の遺体に隠されていた暗号から事件の謎を解明しようとしますが…。
監督:クリスティアン・アルヴァルト 出演:モーリッツ・ブライブトロイ(ポール・ハーツフェルト)、ヤスナ・フリッツィ・バウアー(リンダ)、ラース・アイディンガー(ヤン・エリック・サドラー)、ファーリ・ヤルディム(エンダー・ミュラー)、エンノ・ヘッセ(インゴルフ・フォン・アッペン)、クリスチャン・クーヘンブッフ(フィリップ・シュウィントウスキー)、ウルス・ユッカー(イェンス・マリネック)、バーバラ・プラコペンカ(ハンナ・ハーツフェルト)ほか

「翼よ!あれが巴里の灯だ」のネタバレあらすじ結末

2020/05/19掲載

翼よ!あれが巴里の灯だの紹介:1957年アメリカ映画。アメリカの飛行家チャールズ・リンドバーグの自伝回想録『The Spirit of St. Louis』を映画化した伝記映画で、1927年5月20日から21日にかけての33時間半、愛機「スピリット・オブ・セントルイス号」で歴史的な無着陸での大西洋単独横断飛行を成し遂げるまでを描きます。
監督:ビリー・ワイルダー 出演者:ジェームズ・ステュアート(チャールズ・リンドバーグ)、バーレット・ロビンソン(ベンジャミン・フランク・マホニー)、アーサー・スペース(ドナルド・A・ホール)、パトリシア・スミス(鏡の少女)、マーレイ・ハミルトン(ハーラン・A・“バド”・ガーニー)、マーク・コネリー(ハスマン神父)、チャールズ・ワッツ(O・W・シュルツ)ほか

1 2 3 4 5 6 7 677

キーワードから探す

TOP↑