「婚約三羽烏 (1937年)」のネタバレあらすじ結末

2018/04/12掲載

婚約三羽烏の紹介:1937年日本映画。デパートの面接に受かった三人の男性は、想い人がいる身ながらも社長令嬢のアプローチに心動かされます。さて、いたずらな令嬢との関係はどうなるのでしょうか。
監督:島津保次郎 出演者:加村(佐野周二)、谷山(上原謙)、三木(佐分利信)、怜子(高峰三枝子)、順子(三宅邦子)ほか

「ホワイトハンター ブラックハート」のネタバレあらすじ結末

2018/04/12掲載

ホワイトハンター ブラックハートの紹介:1990年アメリカ映画。象狩りに執着する破天荒な映画監督の姿を描くドラマ作品。映画「アフリカの女王(1951年)」の制作秘話とも呼べる作品であり、原作は「アフリカの女王」のアフリカロケに同行した脚本家ピーター・ヴィアテルの同名小説である。型破りな映画監督ウィルソンは、新作映画撮影のためアフリカへ渡った。しかし本当の目的は現地の象を狩ることだった。友人の脚本家ヴェリルは映画に集中するよう忠告するが、ウィルソンは聞く耳を持たない。
監督:クリント・イーストウッド 出演者:クリント・イーストウッド(ジョン・ウィルソン)、ジェフ・フェイヒー(ピート・ヴェリル)、ジョージ・ズンザ(ポール・ランダース)、アラン・アームストロング(ラルフ・ロックハート)、マリサ・ベレンソン(ケイ・ギブソン)ほか

「第九軍団のワシ」のネタバレあらすじ結末

2018/04/12掲載

第九軍団のワシの紹介:2010年イギリス,アメリカ映画。第九軍団のワシの紹介:ローズマリー・サトクリフの同名小説を映画化。西暦140年、消息を立ったローマ軍の将を父に持つ主人公マーカス・アクイラ。父の名誉を取り戻すためマーカスは同じく消息不明となったローマ軍の象徴「ワシ」を探しに未踏の地への旅に出発する。ローマ軍と先住民族の戦士団がぶつかる迫力の戦闘シーンが話を盛り上げる歴史映画。
監督:ケヴィン・マクドナルド 出演:チャニング・テイタム(マーカス・アクイラ)、ジェイミー・ベル(エスカ)、ドナルド・サザーランド(伯父アクイラ)、マーク・ストロング(元ローマ軍の生き残りグアーン)、タハール・ラヒム(アザラシ族シール王子)、ほか

「侠女」のネタバレあらすじ結末

2018/04/12掲載

侠女の紹介:1971年台湾映画。北京に生まれ香港で映画人としてのキャリアを築いたキン・フー(胡金銓)が大ヒットした前作『残酷ドラゴン・血斗!竜門の宿』に続いて台湾に渡って製作した『侠女』(『聊斎志異』の中の一篇「侠女」の映画化)は武侠アクション映画の歴史的名作となり、キン・フーを世界的巨匠の地位に押し上げた。竹林での戦いのシーンは特に名高い。前作『竜門の宿』と同様に、明王朝時代の特務機関である東廠の魔の手を逃れようとする逃亡者の物語。
監督:キン・フー 出演者:シー・チュン(グー・ションザイ)、シュー・フォン(ヤン・フィジュン)、パイ・イン(シー将軍)、ロイ・チャオ(フイエン大師)、ハン・インチェ(シュー・シェンチェン)

「あなたの旅立ち、綴ります」のネタバレあらすじ結末

2018/04/12掲載

あなたの旅立ち、綴りますの紹介:2017年アメリカ映画。高齢化社会で離婚が多く子供と暮らす習慣のないアメリカでは、孤独に死を迎える人が多いのが現実です。80歳を過ぎた孤独な老婦人は自分勝手で嫌われ者、なんでも自分でコントロールしたいために自分の訃報記事まで生前に用意しようとします。訃報記事担当に示された若い女性、ひどい評判の彼女をなんとか死の間際まで素晴らしい女性に変えようとし、老婦人も80を越えての過去と決別し、素晴らしい訃報記事作成のため新しい人生を始めます。『あなたの旅立ち、綴ります』は、人生は最後まで素晴らしく楽しく、人のために生きるのだということを教えてくれるような映画です。
監督:マーク・ペリントン 出演:シャーリー・マクレーン(ハリエット・ローラー)、アマンダ・セイフライド(アン・シャーマン)、アン・ヘッシュ(エリザベス)、トーマス・サドスキー(ロビン・サンズ)、フィリップ・ベイカー・ホール(エドワード)、トム・エヴェレット・スコット(ロナルド・オドム)、ほか

「人狼ゲーム3 クレイジーフォックス」のネタバレあらすじ結末

2018/04/12掲載

人狼ゲーム クレイジーフォックスの紹介:2015年日本映画。川上亮の小説『人狼ゲーム』シリーズを原作とするスリラー映画シリーズの第3弾です。参加者が「村人」と「人狼」に分かれての生死を賭けた究極の心理ゲーム“人狼ゲーム”に今回は新たに「狐」が加わり、否応なく巻き込まれた若者たちの駆け引きをスリリングに描きます。
監督:綾部真弥 出演者:高月彩良(森井あやか)、冨手麻妙(橘有希)、柾木玲弥(多喜川陽介)、斎藤嘉樹(星力)、萩原みのり(佐伯桃子)、冨田佳輔(樋口健太郎)、長村航希(菅原広大)、村上穂乃佳(戸塚芽亜里)、水石亜飛夢(椎木美孝)、奥村秀人(ジョー)、山崎綺(隅田安奈)、藤井武美(小澤梢)ほか

「さよなら渓谷」のネタバレあらすじ結末

2018/04/11掲載

さよなら渓谷の紹介:2013年日本映画。ごく普通の子どものいない夫婦には誰にも言えない秘密があって「一緒に不幸になる」という奇妙な約束をしていた。モスクワ国際映画祭で審査員賞を受賞した。
監督:大森立嗣 出演:真木よう子(尾崎かなこ、水谷夏美)、大西信満(尾崎俊介)、鈴木杏(小林杏奈)、鶴田真由(渡部の妻)、大森南朋(渡部一彦)、井浦新(夏美の元夫、青柳亨)、木下ほうか(刑事)、立花里美(薬袋いづみ)、木の花(かなこ、夏美の母)

「リバーズ・エッジ」のネタバレあらすじ結末

2018/04/11掲載

リバーズ・エッジの紹介:2017年日本映画。岡崎京子の同名漫画を映画化した青春ドラマです。ごく普通の女子高生とゲイでいじめられっ子の同級生を中心に、彼女らの周囲の歪んだ人間関係や欲望、そして焦燥感を炙り出していきます。
監督:行定勲 出演者:二階堂ふみ(若草ハルナ)、吉沢亮(山田一郎)、上杉柊平(観音崎)、SUMIRE(吉川こずえ)、土居志央梨(小山ルミ)、森川葵(田島カンナ)ほか

「ザ・マシーン」のネタバレあらすじ結末

2018/04/11掲載

ザ・マシーンの紹介:2013年イギリス映画。近未来を舞台に、無敵の兵器として生まれながらも、やがて人間的感情に目覚めていくアンドロイドの姿を通して、機械と人間の融合というテーマを描いたSFアクション作品です。
監督:カラドッグ・ジェームズ 出演者:トビー・スティーヴンス(ヴィンセント・マッカーシー)、ケイティ・ロッツ(エヴァ/マシーン(二役))、デニス・ローソン(トムソン)、サム・ヘイゼルダイン(ジェームズ)、プーネ・ハジモアンマディ(スリ)ほか

「クソ野郎と美しき世界」のネタバレあらすじ結末

2018/04/11掲載

クソ野郎と美しき世界の紹介:2018年日本映画。SMAP解散から新たなスタートを切った稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の主演による、アクション・ファンタジー・ラブ・ミュージカルの要素をそれぞれ詰め込んだ全4話からなるオムニバス形式のオールジャンル・ムービーです。4人の監督が撮った3人のそれぞれのエピソードが、最終章でひとつに繋がっていきます。
監督:園子温、山内ケンジ、太田光、児玉裕一 出演者:稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾、ほか

「奇跡の丘」のネタバレあらすじ結末

2018/04/11掲載

奇跡の丘の紹介:1964年イタリア,フランス映画。イタリアが生んだ鬼才ピエル・パオロ・パゾリーニ監督が『マタイによる福音書』を基に、イエス・キリストの生涯を描いた歴史伝記ドラマです。出演者のほとんどが演技経験のほとんどない素人であり、聖母マリアの処女懐胎からキリスト復活までの主要エピソードを余すところなく描いています。
監督:ピエル・パオロ・パゾリーニ 出演者:エンリケ・イラソキ(イエス・キリスト)、マルゲリータ・カルーソ(聖母マリア(若年期))、スザンナ・パゾリーニ(聖母マリア(老年期))、マルチェロ・モランテ(ヨセフ)、マリオ・ソクラテ(洗礼者ヨハネ)ほか

「娼年」のネタバレあらすじ結末

2018/04/11掲載

娼年の紹介:2017年日本映画。「僕を、買ってください」石田衣良の同名小説の映画化作品で、2016年に舞台化された際の演出・脚本:三浦大輔と主演:松坂桃李が再びタッグを組んで製作されたR-18指定のエロティック・ドラマです。会員制ボーイズクラブを舞台に、無気力に生きてきた青年が様々な女性と肌を重ねるうちに新たな自分の可能性を見出だしていく姿を、出演者総体当たりの過激な性描写を交えて描きます。
監督:三浦大輔 出演者:松坂桃李(森中領/リョウ)、真飛聖(御堂静香)、冨手麻妙(咲良)、猪塚健太(平戸東)、桜井ユキ(白崎恵)、小柳友(田島進也)、馬渕英里何(イツキ)、荻野友里(主婦)、佐々木心音(紀子)、大谷麻衣(ヒロミ)、階戸瑠李(ギャル風の女)、西岡徳馬(泉川)、江波杏子(老女)ほか

「ヴァンパイアX」のネタバレあらすじ結末

2018/04/10掲載

ヴァンパイアXの紹介:2005年アメリカ映画。ロサンゼルスで警官として働くデリクは、ある事件現場にて、存在するはずのないヴァンパイアと遭遇する。同僚を殺されてしまったデリクは復讐を誓うのだったが、それは長く険しい道のりだった。
監督:ロン・ホール 出演:ロン・ホール、メル・ノヴァク、ジェラルド・オカムラ、エル・ベネット、ほか

「荒神」のネタバレあらすじ結末

2018/04/10掲載

荒神の紹介:2002年日本映画。戦で傷ついた侍二人が山奥の一軒の寺に迷い込んでしまいます。そこには女と自分を荒神だという男が住んでいました。生き残った一人の侍に荒神が酒を飲みながら話をするうちに・・・という話。ラストでもう一人出演するが、実質3人だけの物語。
監督:北村龍平 出演者:大沢たかお(侍)、加藤雅也(荒神)、魚谷佳苗(女) ほか

「ハイテンション」のネタバレあらすじ結末

2018/04/10掲載

ハイテンションの紹介:2003年フランス映画。友人のアレックスと一緒にアレックスの実家に向かったマリー。アレックスの実家は田舎で家族に歓迎されました。その夜、一人の男がやって来てアレックス以外全員を殺害し、アレックスをさらいました。マリーはアレックスを助けるべく殺人鬼を追います・・・という話のフランス発のスプラッターホラー映画です。
監督:アレクサンドル・アジャ 出演者:セシル・ドゥ・フランス(マリー)、マイウェン(アレックス)、フィリップ・ナオン(殺人鬼)、フランク・カルフン(ジミー)、アンドレイ・フィンティ、ワーナ・ペリーアほか

1 2 3 4 5 6 7 8 412
TOP↑