Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「ハードソルジャー 炎の奪還」のネタバレあらすじ結末

2019/03/12掲載

ハード・ソルジャー 炎の奪還の紹介:2012年アメリカ映画。表の顔は肉屋、裏の顔は警察も手に負えない事件を解決するジャン=クロード・ヴァン・ダム演じる傭兵が、誘拐された総合格闘家の娘を救出するために人身売買組織と死闘を繰り広げます。
監督:アーニー・バーバラッシュ 出演者:ジャン=クロード・ヴァン・ダム(サムソン・ゴール)、ジョー・フラニガン(アンドリュー・フェイデン)、アンナ=ルイーズ・プロウマン(モニカ・フェイデン)、クリストファー・ヴァン・ヴァレンバーグ(セルウィン・ゴール)、スティーブ・ニコルソン(クビトコ)、ルイス・デンプシー(ステル)、ウリエル・エミール・ポラック(ブラッド)ほか

「パピヨン(1973年)」のネタバレあらすじ結末

2019/03/12掲載

パピヨンの紹介:1973年フランス映画。1931年に無実の罪で終身刑となりながらも脱獄に成功、後にベネズエラ市民権を取得して自由の身となったアンリ・シャリエールの自伝小説を映画化した作品です。無実の罪を着せられ、孤島刑務所に収監された主人公が、仲間と協力して脱獄に成功するまでの13年間を描きます。2019年には『ボヘミアン・ラプソディ』でアカデミー主演男優賞を獲得したラミ・マレックも出演するリメイク版が公開される予定です。
監督:フランクリン・J・シャフナー 出演者:スティーブ・マックイーン(パピヨン)、ダスティン・ホフマン(ルイ・ドガ)、ウッドロー・パーフリー(ヨーハン・クルジオ)、ロバート・デマン(アンドレ・マチュレット)、ドン・ゴードン(ジュロ)、アンソニー・ザーブ(トゥーサン)ほか

「ジュリアン」のネタバレあらすじ結末

2019/03/12掲載

ジュリアンの紹介:2017年フランス映画。ベネチア国際映画賞で最優秀監督賞にあたる銀獅子賞を受賞したグザヴィエ・ルグラン監督の長編デビュー作となります。離婚した両親の板挟みにあった少年が父親のDVに苦悩していく様を描いています。
監督:グザヴィエ・ルグラン 出演:ドゥニ・メノーシェ(アントワーヌ・ベッソン)、レア・ドリュッケール(ミリアム・ベッソン)、トマ・ジオリア(ジュリアン・ベッソン)、マチルド・オヌヴー(ジョゼフィーヌ・ベッソン)、マチュー・サイカリー、ほか

「暗殺のオペラ」のネタバレあらすじ結末

2019/03/12掲載

暗殺のオペラの紹介:1969年イタリア映画。北イタリアの町に呼び寄せられた男が父の暗殺の真相の究明を依頼される。英雄だった父と、父の謎を探る息子をジュリオ・ブロージが二役で演じる。アルゼンチンの作家ホルヘ・ルイス・ボルヘスの『伝奇集』に収められた「裏切り者と英雄のテーマ」から着想を得ているが、舞台を北イタリアの架空の町に置き換えている。『地獄の黙示録』をはじめ3度アカデミー賞撮影賞に輝くヴィットリオ・ストラーロが本作で初めてベルトルッチ作品の撮影監督になり、以後二人は名コンビとして『ラストエンペラー』等の傑作を生みだす。
監督:ベルナルド・ベルトルッチ 出演者:ジュリオ・ブロージ(アトス・マニャーニ)、アリダ・ヴァリ(ドライファ)、ピッポ・カンパニーニ(ガイバッツィ)、ティノ・スコッティ(コスタ)、フランコ・ジョヴァネッリ(ラゾーリ)その他

「ディセント ザ・ダークサイド」のネタバレあらすじ結末

2019/03/11掲載

ディセント ザ・ダークサイドの紹介:2013年アメリカ映画。一人暮らしをしていた弟が兄の住む実家に帰り、父の墓参りをしていた時、偶然発見した穴が洞窟に続いていることを見つけ、兄弟で穴を広げて鍾乳洞へと入ったことから、得体の知れない化け物を呼び起こしてしまうという、洞窟ホラー作品です。
監督:デヴィッド・ハント 出演者:クリス・クリーブランド(テッド)、マシュー・アラン(ブラッド)、マーク・ヘイター(チャーリー)ほか

「いつまでも一緒に」のネタバレあらすじ結末

2019/03/11掲載

いつまでも一緒に(別題:息を止めて)の紹介:2015年リトアニア映画。外科医の母、スタントマンの父、その娘の3人家族。父と母の中は冷え切っていて、娘は2人の知らないところで好きに振舞っている。そんな家族の行きつく先は? ※EUフィルムデイズ出品時タイトルは「いつまでも一緒に」、amazon primeでは「息を止めて」です。
監督:リナ・ルジーテ 出演:Gabija Jaraminate、Dainius Gavenonis、Eila Grybinaite、Mindaugas Papinigis、ほか

「カンフーくん」のネタバレあらすじ結末

2019/03/11掲載

カンフーくんの紹介:2007年日本映画。「燃えよ“ちっちゃな”ドラゴン!!」「この強さハンパじゃねー!!!」のキャッチで、中国からやって来た少年が、日本を揺るがす陰謀に立ち向かう姿を驚きの映像で見せるカンフーアクション娯楽劇です。監督・VFXは『笑う大天使』(2006年)の小田一生で、第5回インドネシア国際児童映画祭観客賞(グランプリ)受賞作です。
監督:小田一生 出演:チャン・チュワン(カンフーくん)、泉ピン子(泉ちゃん)、藤本七海(レイコちゃん)、藤田ライアン(イケメンくん)、矢口真里(さゆり)、佐藤めぐみ(優香先生)、川平慈英(文部省潜入捜査課課長)、上野樹里(回転寿司の店員)、古田新太(CMタレント)、堤下敦(ボスバーガーの父)、桜塚やっくん(嵐の三匹 風神)、金剛地武志(嵐の三匹 雷神)、武田真治(嵐の三匹 龍神)、伊武雅刀(レイコのおじいちゃん)、笹野高史(黒校長)、佐田真由美(黒女教師)、西村雅彦(黒文部大臣)、ほか

「片腕マシンガール」のネタバレあらすじ結末

2019/03/11掲載

片腕マシンガールの紹介:2007年アメリカ,日本映画。女子高生が弟の命と自らの片腕を奪った者たちに復讐する血しぶきたっぷりのスプラッターアクション映画。低予算作品ながらカルト的な人気を博している。これを見るとしばらくは天ぷらも寿司も食べられなくなるかもしれません。
監督:井口昇 出演者:八代みなせ(日向アミ)、亜紗美(杉原ミキ)、川村亮介(日向ユウ)、西原信裕(木村翔)、石川ゆうや(杉原スグル)、島津健太郎(木村龍二)、穂花(木村スミレ)その他

「秘愛」のネタバレあらすじ結末

2019/03/11掲載

秘愛の紹介:2013年日本映画。一人孤独に生きていた男性が、ある日一人の女性と出会ったことで、二人の運命が大きく変わっていく切ないラブストーリー映画。主演に山本太郎を迎え、お笑い芸人の小島よしおなど、多彩なキャストが脇を固める。
監督:野口照夫 出演者:山本太郎 (透)、福間文香(亜梨沙)、八木菜々花、丸尾歩、淵上泰史 、小林高鹿 、芳野友美、桜井ユキ、小島よしお、本宮泰風、他

「婚活 365日!」のネタバレあらすじ結末

2019/03/11掲載

婚活 365日!の紹介:2015年アメリカ映画。親友エリースの結婚式に参列した友人トリスタ、ビビアン、アマヤの三人が、一年以内に結婚をしようと誓いをたて、その日から結婚までのカウントダウンを始めた三人の恋を綴ったラブストーリーです。
監督:ンジンガ・スチュワート 出演:レジーナ・ホール(トリスタ)、ジル・スコット(ビビアン)、イヴ(アマヤ)、スティーヴン・ビショップ(ネイト)、ジェイソン・ジョージ(ショーン)、ブルックリン・スダーノ(エリース)、ブライアン・ホワイト(デイモン) 他

「マイ・ブックショップ」のネタバレあらすじ結末

2019/03/10掲載

マイ・ブックショップの紹介:2018年スペイン,イギリス,ドイツ映画。イギリスの小さな港町。戦争で夫を亡くしたフローレンスは、この町に長年の夢だった本屋を開いた。クリスティーンという賢い少女と配達係ウォーリー少年の力を借りて、少しずつではあるものの、経営は軌道に乗り始めていた。しかし、ここは保守的な地方の町。フローレンスの挑戦を快く思わないガマート夫人は様々な手段で妨害し、彼女を追い込んでいく。人嫌いで40年も屋敷に引きこもっている読書好きの老紳士ブランディッシュ氏はフローレンスのために尽力を尽くして、助けようと試みるが事態はさらに悪くなっていく。原作は英ブッカー賞受賞作家ペネロピ・フィッツジェラルドの小説『ブックショップ』。様々な障害に凛と立ち向かい闘うフローレンスと、社会の無常や理不尽さを静かに込め描かれている。2018年のスペイン・ゴヤ賞では作品賞・監督賞・脚色賞を受賞した。
監督:イザベル・コイシュ 出演:エミリー・モーティマー(フローレンス・グリーン)、ビル・ナイ(エドモンド・ブランディッシュ)、ハンター・トレメイン(キーブル氏)、オナー・ニーフシー(クリスティーン)、フランシス・バーバー(ジェシー・ウォルフォード)、ジェームズ・ランス(ミロ・ノース)、パトリシア・クラークソン(ガマート夫人)ほか

「あしたになれば。」のネタバレあらすじ結末

2019/03/10掲載

あしたになれば。の紹介:2015年日本映画。大阪府南河内地区を舞台に、町おこしのためのグルメコンテストに参加することになった6人の男女高校生のひと夏の恋と友情を描いた青春ドラマです。「青春はいつも甘酸っぱい!」「青春まっただ中。恋も悩みも友情も、あしたになれば、きっといいことが起こるはず。」というキャッチコピーで、監督・脚本は『村の写真集』で第8回上海国際映画祭最優秀作品賞を受賞し、『しあわせのかおり』『乙女のレシピ』で料理が結ぶ心を丁寧に綴った三原光尋、主演はミュージカル『テニスの王子様』の小関裕太です。
監督:三原光尋 出演:小関裕太(松井大介)、黒島結菜(佐々木美希)、葉山奨之(安田元)、小川光樹(大野健二)、山形匠(見村昭吾)、富山えり子(大島玉子)、赤間麻里子(松井順子)、清水美沙(佐々木香織)、赤井英和(松井幸雄)、ほか

「シンプル・フェイバー」のネタバレあらすじ結末

2019/03/10掲載

シンプル・フェイバーの紹介:2018年アメリカ,カナダ映画。忙しいママ友で親友のエミリーに代わり彼女の息子ニッキーを学校へ迎えに行く“シンプル・フェイバー”を快く受けていたシングルマザーのステファニーだったが、エミリーが数日経ってもニッキーを迎えに来ず謎の失踪を遂げたことにより事件へと巻き込まれて行く。
監督:ポール・フェイグ 出演:アナ・ケンドリック(ステファニー)、ブレイク・ライヴリー(エミリー)、ヘンリー・ゴールディング(ショーン)、アンドリュー・ラネルズ(ダーレン)、リンダ・カーデリーニ(ダイアナ)、ジーン・スマート(マーガレット)、ルパート・フレンド(デニス)、ほか

「運び屋」のネタバレあらすじ結末

2019/03/10掲載

運び屋の紹介:2018年アメリカ映画。長年家族をないがしろにして仕事を優先して来た90歳の老人アール・ストーンはメキシコの麻薬組織カルテルの伝説の運び屋となり、その正体の意外さから麻薬取締局の監視の目をすり抜けていた。「The New York Times Magazine」に掲載された実話を基にしたドラマ。
監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド(アール・ストーン)、ブラッドリー・クーパー(コリン・ベイツ)、アリソン・イーストウッド(メアリー)、アンディ・ガルシア(レイトン)、ローレンス・フィッシュバーン、マイケル・ペーニャ、ダイアン・ウィースト、タイッサ・ファーミガ、ほか

「花様年華」のネタバレあらすじ結末

2019/03/10掲載

花様年華(かようねんか)の紹介:2000年香港映画。「愛は、もうはじまっている。」と1960年代の香港を舞台に、大人の切ない恋をスタイリッシュ綴ったウォン・カーウァイ監督のラブロマンス映画です。主演は『HERO』(2002年)のトニー・レオンとマギー・チャン。トニー・レオンがカンヌ国際映画祭男優賞を受賞するなど、数々の賞を受賞した作品です。
監督:ウォン・カーウァイ 出演:トニー・レオン(チャウ)、マギー・チャン(チャン夫人)、スー・ピンラン(ピン)、レベッカ・パン(スエン夫人)、ライ・チン(ホウ社長)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 546
TOP↑