Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「誰もがそれを知っている」のネタバレあらすじ結末

2019/07/15掲載

誰もがそれを知っているの紹介:2018年スペイン,フランス,イタリア映画。『別離』『セールスマン』で二度のアカデミー賞に輝くイランの巨匠アスガー・ファルハディ監督が手掛けたヒューマン・サスペンス作品です。スペインのとある小さな村で起こった誘拐事件をきっかけに、これまで隠し通していたはずの被害者家族の秘密と嘘が明らかになっていきます。
監督:アスガー・ファルハディ 出演:ペネロペ・クルス(ラウラ)、ハビエル・バルデム(パコ)、リカルド・ダリン(アレハンドロ)、エドゥアルド・フェルナンデス(フェルナンド)、バルバラ・レニー(ベア)、インマ・クエスタ(アナ)、エルビラ・ミンゲス(マリアナ)、ラモン・バレア(アントニオ)、カルラ・カンプラ(イレーネ)、サラ・サラモ(ロシオ)、ロジェール・カサマジョール(ホアン)、ホセ・アンヘル・エヒド(ホルヘ)ほか

「パラレルワールド・ラブストーリー」のネタバレあらすじ結末

2019/07/15掲載

パラレルワールド・ラブストーリーの紹介:2018年日本映画。恋人同士の崇史と麻由子が幸せな日々を過ごす世界と、麻由子が崇史の親友・智彦と交際している世界が並行するパラレルワールドの世界を描く。見るものを惹き付ける今や誰もが知る有名作家である東野圭吾の同名小説を原作に、映像化不可能と言われていた作品を見事に映像化しました。どちらが現実なのか全く分からない見せ方に、後に分かる衝撃的な結末に驚かされてしまうでしょう。
監督:森義隆 出演:玉森裕太(敦賀崇史)、吉岡里帆(津野麻由子)、染谷将太(三輪智彦)、筒井道隆(小山内護)、美村里江(桐山景子)、清水尋也(篠崎伍郎)、水間ロン(柳瀬礼央)、石田ニコル(岡田夏江)、田口トモロヲ(須藤隆明)、ほか

「恐竜時代」のネタバレあらすじ結末

2019/07/15掲載

恐竜時代の紹介:1969年イギリス映画。太陽に犠牲として捧げられる直前に逃亡した娘をめぐる、原始人の恋と冒険の物語。ジム・ダンフォースによる恐竜のストップモーション・アニメーションは高く評価されている。ハマー・フィルム・プロダクション製作のイギリス映画ですが、英語を話しているのはナレーターだけです。主演でヌードを披露するビクトリア・ヴェトリはPlayboy誌の1968 年のプレイメイト・オブ・ザ・イヤー。
監督:ヴァル・ゲスト 出演:ビクトリア・ヴェトリ(サンナ)、ロビン・ホードン(タラ)、パトリック・アレン(キングソル)、 ドリュー・ヘンリー、ショーン・キャフレイ、マグダ・コノプカ、イモジン・ハッスオール、ほか

「ウエストワールド」のネタバレあらすじ結末

2019/07/15掲載

ウエストワールドの紹介:1973年アメリカ映画。アメリカ西部開拓時代・古代ローマ時代・中世ヨーロッパ時代を擬似体験できる超巨大施設「デロス」。弁護士のピーターとその友人ジョンはアメリカ西部開拓の荒野でバカンスを楽しむことに。ところが人間そっくりのロボットたちが次々に故障し始める…。
監督:マイケル・クライトン 出演:ユル・ブリンナー(ガンスリンガー)、リチャード・ベンジャミン(ピーター・マーティン)、ジェームズ・ブローリン(ジョン・ブレイン)、ノーマン・バートールド(中世の騎士)、アラン・オッペンハイマー(チーフ・スーパーバイザー)、ヴィクトリア・ショウ(中世の女王)、スティーヴ・フランケン(技術者)、ほか

「ブラック・ウィドー」のネタバレあらすじ結末

2019/07/14掲載

ブラック・ウィドーの紹介:1986年アメリカ映画。ブラック・ウィドーと呼ばれるクモのメスは交尾後にオスを食い殺す。そのように次々と年上の億万長者と結婚しては殺し、財産と共に姿を消す謎の悪女と、彼女に妄執しシアトル、そしてハワイへと旅する司法省の女性調査官。二人の女の愛憎を描いたサスペンス映画。ターゲットの男に合わせて変身し続けるテレサ・ラッセル。一方、デブラ・ウィンガーが心揺れ動くヒロインを繊細に演じる。監督は『郵便配達は二度ベルを鳴らす』(1981年)等のボブ・ラフェルソン。
監督:ボブ・ラフェルソン 出演者:デブラ・ウィンガー(アレックス・バーンズ)、テレサ・ラッセル(キャサリン/ マリエル/ マーガレット/ レニー)、サミー・フレー(ポール・ニュイッテン)、デニス・ホッパー(ベン・ダマーズ)、ニコル・ウィリアムソン(ウィリアム・マクローリー)その他

「アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲」のネタバレあらすじ結末

2019/07/14掲載

アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲の紹介:2019年フィンランド,ドイツ映画。前作「アイアン・スカイ」から7年ぶりの続編。2047年、2018年のナチスとの戦いに勝利した人類は、壊滅した地球からかつてナチスが創り上げた月面基地で生活していた。月でのエネルギーが尽き果てようとしていた時、地球の深部「ロスト・ワールド」に新しいエネルギーがある事を知った人類はそれを求めてロスト・ワールドへと向かう。
監督:ティモ・ヴオレンソラ 出演:ララ・ロッシ(オビ)、ウラジミール・ブルラコフ(サーシャ)、キット・デイル(マルコム)、ユリア・ディーツェ(レナーテ・リヒター)、トム・グリーン(ドナルド)、ウド・キア(ウォルフガング・コーツフライシュ/アドルフ・ヒトラー)、ほか

「死刑ドットネット」のネタバレあらすじ結末

2019/07/14掲載

死刑ドットネットの紹介:2010年日本映画。ギャンブルの借金がもとで、デリヘル店の店番をする隆太は、店長にいつもいじめられていました。死刑ドットネットというサイトを見つけた隆太は、殺したいほど憎い店長をこのサイトにかけるために参加しますが、参加者の一人が、殺す相手に隆太を指名した事から隆太の計画が狂ってしまいます…という内容のサスペンスホラー映画です。
監督:坂牧良太 出演者:桑田尚樹(岩木隆太)、松本未夢、迫田朋美、平井夏貴、佐藤絢香、山崎潤、二宮康、高橋のぶ、藤田薫子、須田浩章ほか

「抱きしめたい」のネタバレあらすじ結末

2019/07/14掲載

抱きしめたいの紹介:1978年アメリカ映画。その後ビデオ化されたが、DVD化は長年スルーだったためにファンの間で幻の作品と呼ばれていた傑作コメディ。メガホンを取るのは、これが初監督となる「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのロバート・ゼメキス。さらに制作総指揮はスティーヴン・スピルバーグという豪華な顔ぶれ。1964年、アメリカを席巻したビートルズ旋風。生放送のテレビ番組「エド・サリバン・ショー」のビートルズ・ライブを見るため、ニュージャージーの田舎町に住む若者6人がニューヨークへと向かう。個性もビートルズへの想いもバラバラな6人が巻き起こす騒動は、笑いとドキドキと青春がいっぱい。数あるビートルズ映画の中でも、ベストと呼べる一作。
監督:ロバート・ゼメキス 出演者:ナンシー・アレン(パム)、ウェンディ・ジョー・スパーバー(ロージー)、テレサ・サルダナ(グレース)、スーザン・ケンダル・ニューマン(ジャニス)、マーク・マクル―ア(ラリー)、ボビー・ディ・シッコ(トニー)、エディ・ディーゼン(リチャード)、クリスチャン・ジャトナー(ピーター)、ウィル・ジョーダン(エド・サリバン)ほか

「サイバー・リベンジャー」のネタバレあらすじ結末

2019/07/14掲載

サイバー・リベンジャーの紹介:2016年アイルランド,フランス,アメリカ映画。“007シリーズ”の5代目ジェームズ・ボンドとして知られるピアース・ブロスナンと『エネミー・ライン』『ダイ・ハード/ラスト・デイ』などのジョン・ムーア監督がダッグを組んだサイコ・スリラーです。派遣社員のITエンジニアと親しくなった大物実業家。しかし、エンジニアは実業家の娘と接触したことから解雇され、逆恨みしてサイバー攻撃を仕掛け、実業家を破滅に追い込もうと暗躍します・・・。
監督:ジョン・ムーア 出演者:ピアース・ブロスナン(マイク・ローガン)、アンナ・フリエル(ローズ・ローガン)、ステファニー・スコット(ケイトリン・ローガン)、ジェームズ・フレッシュビル(エド・ポーター)、ミカエル・ニクヴィスト(ヘンリック)ほか

「異国の出来事」のネタバレあらすじ結末

2019/07/13掲載

異国の出来事の紹介:1948年アメリカ映画。敗戦後のベルリンを舞台にしたビリー・ワイルダー監督のロマンチック・コメディー。私生活で親しかったマレーネ・ディートリヒを起用し、その歌声もたっぷり聞かせている。アメリカ軍にとって都合の悪い描写があるせいか、GHQ統治下の日本では公開されなかった。
監督:ビリー・ワイルダー 出演:ジーン・アーサー(フィービー・フロスト)、マレーネ・ディートリヒ(エリカ)、ジョン・ランド(ジョン・W・プリングル)、ミラード・ミッチェル(プラマー)、ウィリアム・マーフィー(ジョー)

「トイ・ストーリー4」のネタバレあらすじ結末

2019/07/13掲載

トイ・ストーリー4の紹介:2019年アメリカ映画。ウッディたちは新しい持ち主のボニーと幸せな日々を過ごしていたが、ウッディは徐々に彼女に遊ばれなくなっていく。そんなある日、幼稚園でボニーが自分で作ったおもちゃ「フォーキー」が家にやってくる。フォーキーとウッディたちの冒険が始まる。トイ・ストーリー3の完璧な結末を経て、おもちゃ達のさらなる物語が描かれる。
監督:ジョシュ・クーリー キャスト:トム・ハンクス(ウッディ)、ティム・アレン(バズ・ライトイヤー)、アニー・ポッツ(ボー・ピープ)、トニー・ヘイル(フォーキー)、キーガン=マイケル・キー(ダッキー)、マデリーン・マックグロウ(ボニー)、クリスティナ・ヘンドリックス(ギャビー・ギャビー)、ジョーダン・ピール(バニー)、キアヌ・リーヴス(デューク・カブーン)、アリー・マキ(ギグル・マクディンプルズ)、ジェイ・ヘルナンデス(ボニーの父)、ジョーン・キューザック(ジェシー)、ブレイク・クラーク(スリンキー・ドッグ)、ウォーレス・ショーン(レックス)、ドン・リックルズ(ミスター・ポテトヘッド)、ジェフ・ガーリン(バターカップ)、エステル・ハリス(ミセス・ポテトヘッド)、ジョン・モリス(アンディ)、ほか

「ハッピー・デス・デイ 2U」のネタバレあらすじ結末

2019/07/13掲載

ハッピー・デス・デイ 2Uの紹介:2019年アメリカ映画。2019年(日本公開)に大ヒットした映画『ハッピー・デス・デイ』の続編です。前作では主人公ツリーの18日の誕生日が繰り返され、ベビー・マスクの男に殺されるデス(死)の日になるというものでした。ツリーは続編でもループ地獄が繰り返されますが、今回は2つの次元の選択に悩むツリーの姿がコメディタッチで描かれます。続編ということもあり、前作の登場人物のエピソードが多数紹介されるので、前作を見ていない人は『ハッピー・デス・デイ』のあらすじと登場人物のキャラクターを理解してから見ると良いと思います。
監督:クリストファー・ランドン 出演:ジェシカ・ローテ(テレサ・”ツリー”・ゲルプマン)、イズラエル・ブルザード(カーター)、ルビー・モディーン(ロリ)、レイチェル・マシューズ(ダニエル)、フィー・ヴ(ライアン)、スティーブ・ジシズ(ブロンソン)、スラージ・シャルマ(サマール)、サラ・ヤーキン(ドレ)、ほか

「プラスティック・ナイトメア/仮面の情事」のネタバレあらすじ結末

2019/07/13掲載

プラスティック・ナイトメア/仮面の情事の紹介:1991年アメリカ映画。顔と記憶を失った男が恐ろしい真実にたどり着くサスペンス作品。事故で大怪我を負い、顔と記憶を失ったダン。妻ジュディスの献身的な介抱もあり次第に日常生活に戻っていくが、小さな違和感を覚えることが多くなっていく。そしてジュディスの愛人スタントンについて調べ始めた彼の前に、受け入れ難い真実が姿を現すのだった。
監督:ウォルフガング・ペーターゼン 出演者:トム・ベレンジャー(ダン・メリック)、グレタ・スカッキ(ジュディス・メリック)、ボブ・ホスキンス(ガス・クライン)、コービン・バーンセン(ジェブ・スコット)、ジョアンヌ・ウォーリー=キルマー(ジェニー・スコット)ほか

「さらば愛しきアウトロー」のネタバレあらすじ結末

2019/07/13掲載

さらば愛しきアウトローの紹介:2018年アメリカ映画。1930年代の少年時代から強盗、逮捕と脱獄を繰り返してきたフォレスト・タッカーは、60歳を超えても「黄昏ギャング」なる犯罪組織を作り、強盗をやめません。そんな彼の強盗は笑顔で礼儀正しくという意外なスタイルでした。『さらば愛しきアウトロー』はタッカーを追う刑事と、恋愛関係になった女性との交流の様子が描かれます。ロバート・レッドフォード(1936年生まれ)の引退作とも呼ばれる作品。彼の演技は高く評価され、長い俳優人生の集大成とも言える作品です。
監督:デヴィッド・ロウリー 出演:ロバート・レッドフォード(フォレスト・タッカー)、ケイシー・アフレック(ジョン・ハント)、ダニー・グローヴァー(テディ)、チカ・サンプター(モーリーン)、トム・ウェイツ(ウォラー)、シシー・スペイセク(ジュエル)、ほか

「山のトムさん」のネタバレあらすじ結末

2019/07/12掲載

山のトムさんの紹介:2015年日本映画。「クマのプーさん」、「ピーターラビット」シリーズの翻訳で知られる児童文学作家石井桃子の原作をもとにした作品。東京を離れ、慣れない田舎で農業を始めたハナと友人のトキ。トキの娘やハナの甥、可愛い猫のトムとともに自然と共存しながら暮らす家族の姿を温かく描いたヒューマンドラマです。
監督:上田音 出演者:小林聡美(ハナ)、市川実日子(トキ)、伊東清矢(アキラ)、光石研(ゲン)、高橋ひとみ(シオリ)、木南晴夏(イノグチ)、ベンガル(獣医)、もたいまさこ(よろず屋のおばさん)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 590
TOP↑