「ARIA The AVVENIRE」のネタバレあらすじ結末

2020/05/19掲載

ARIA The AVVENIREの紹介:2015年日本映画。原作は天野こずえによる漫画作品。2005年からテレビアニメが三期まで順次放映され、人気を博した。その独特の緩やかな世界観から未だにファンが多い。TVアニメ10周年の記念作品として制作された。テレビアニメ最終から1年後の世界を舞台に未公開の話を3話収録している。
監督:佐藤順一 声優:葉月絵理乃(水無灯里)、斎藤千和(藍華・S・グランチェスタ)、広橋涼(アリス・キャロル)、 水橋かおり(愛野アイ)、大原さやか(アリシア・フローレンス)、 皆川純子(晃・E・フェラーリ)、水橋かおり(愛野アイ)、中原麻衣(あずさ・B・マクラーレン)、茅野愛衣(アーニャ・ドストエフスカヤ)、ほか

「平原の落雷」のネタバレあらすじ結末

2020/05/18掲載

平原の落雷の紹介:1953年アメリカ映画。悪徳商人が跋扈する、南北戦争で敗北した後のテキサス。正義の無法者を無実の罪から救おうとする軍人を代表的西部劇スター、ランドルフ・スコットが演じる。彼と対立する若い軍人はターザン役者だったレックス・バーカー。ハンガリー出身の監督、アンドレ・ド・トスは主に西部劇で有名だが、3Dホラー映画『肉の蝋人形』やフィルム・ノワールの佳作も手がけている。
監督:アンドレ・ド・トス 出演者:ランドルフ・スコット(デイヴィッド・ポーター)、レックス・バーカー(ビル・ホッジス)、フィリス・カーク(ノラ・ポーター)、ヘンリー・ハル(チャンドラー大佐)、エライシャ・クック・Jr(スタンディッシュ)、チャールズ・マックグロー(ベン・ウェストマン)、ヒュー・サンダース(バルフォア)ほか

「雪夫人絵図」のネタバレあらすじ結末

2020/05/18掲載

雪夫人絵図(ゆきふじんえず)の紹介:1950年日本映画。舟橋聖一の代表作のひとつを巨匠溝口健二が映画化。脚色に当ったのは戦前から溝口とコンビを組んでいた依田義賢と舟橋の実弟である舟橋和郎。溝口監督の特徴である長回しの技法が効果を上げている。1968年にはやはり溝口作品の脚本家として知られる成沢昌茂によってリメイクされた。
監督:溝口健二 出演:木暮実千代(信濃雪)、久我美子(安部濱子)、上原謙(菊中方哉)、柳永二郎(信濃直之)、加藤春哉(誠太郎)、浦辺粂子(さん)、山村聡(立岡)、ほか

「拳銃貸します」のネタバレあらすじ結末

2020/05/18掲載

拳銃貸しますの紹介:1942年アメリカ映画。グレアム・グリーン原作によるフィルム・ノワール。低予算で作られたが大ヒットし、主演のアラン・ラッドは一躍ドル箱スターとなった。脚色は「アスファルト・ジャングル」などで知られたW・R・バーネットと「裸の町」で有名なアルバート・モルツが担当。
監督:フランク・タトル 出演:アラン・ラッド(フィリップ・レイブン)、ヴェロニカ・レイク(エレン)、ロバート・プレストン(クレイン)、レアード・クリーガー(ウィラード・ゲイツ)、タリー・マーシャル(ブリュースター)、ほか

「機動戦士ガンダムUC episode2 赤い彗星」のネタバレあらすじ結末

2020/05/18掲載

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 2 赤い彗星の紹介:2010年日本映画。福井晴敏原作の機動戦士ガンダムの流れを汲む宇宙世紀シリーズの物語を全7話でアニメ化したうちの第2話。
ユニコーンガンダムを操りネオジオン軍を追い払ったバナージ・リンクスでしたが、シャア・アズナブルの再来と呼ばれるフル・フロンタルによりユニコーンガンダムもろとも捕獲されてしまいます。一方、オードリー・バーンも、その正体が、ザビ家の遺児である「ミネバ・ザビ」であることがわかり、それにより彼女の運命も大きく動くこととなります。
監督:古橋一浩 声優:バナージ・リンクス(内山昂輝)、オードリー・バーン(藤村歩)、マリーダ・クルス(甲斐田裕子)、フル・フロンタル(池田秀一)、スベロア・ジンネマン(手塚秀彰)、リディ・マーセナス(浪川大輔)、ダグザ・マックール(東地宏樹)、ほか

「家族のはなし」のネタバレあらすじ結末

2020/05/17掲載

家族のはなしの紹介:2018年日本映画。お笑い芸人の鉄拳が2013年に発表した同名パラパラ漫画を実写化したのが本作です。自分の進むべき道を見つけられない主人公拓也が、様々な挫折を経験し改めて支えてくれていた家族の大切さを知り、成長していくストーリーです。
監督:山本剛義 原作:鉄拳 出演:岡田将生(小林拓也)、成海璃子(明日香)、金子大地(柴田)、財前直見(小林愛子)、時任三郎(小林徹)、ほか

「ポーカーナイト 監禁脱出」のネタバレあらすじ結末

2020/05/17掲載

ポーカーナイト 監禁脱出の紹介:2014年カナダ,アメリカ映画。何者かに恋人のエイミーと一緒に拉致監禁されたスタン刑事。スタンはポーカーナイトという集まりで先輩刑事から聞いた逮捕劇の話を思い出し、脱出方法を探っていました。しかし何度拘束を解いても犯人の男に見つかり再び拘束されていました。はたして二人は脱出できるのか、そして男の目的は何か?という内容のスリラー映画です。監禁された男の回想シーンと、現在のシーンが同時進行で映し出され、少し複雑な内容になっています。
監督:グレッグ・フランシス 出演者:ボー・マーショフ(スタン・ジータ)、ロン・パールマン(カラブレーゼ)、ジャンカルロ・エスポジート(バーナード)、タイタス・ウェリヴァー(マックスウエル)、ロン・エルダード(カニンガム)、ハルストン・セイジ(エミリー)ほか

「ラブクラフト・ガール」のネタバレあらすじ結末

2020/05/17掲載

ラブクラフト・ガールの紹介:2013年日本映画。意図せず女性向けのセクシャルグッズを取り扱う会社に入社した女性が、悪戦苦闘しながらも成長していくラブコメディー。夢だったデザイナーの仕事に就いた主人公の茜は、入社した会社が取り扱う商品が女性向けのセクシャルグッズだと知り愕然とします。しかも仕事ではミスを連発し…。
監督:平林克理 出演:安藤聖(茜)、中村倫也(田村)、羽鳥名美子、黒瀬友望、千葉雅子、矢柴俊博、神戸アキコ、桜井ユキ、小村裕次郎、木野 花、ほか

「機動戦士ガンダムUC episode 1 ユニコーンの日」のネタバレあらすじ結末

2020/05/17掲載

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 1 ユニコーンの日の紹介:2010年日本映画。福井晴敏原作の機動戦士ガンダムの流れを汲む宇宙世紀シリーズの物語を全7話でアニメ化したうちの第1話。「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」から3年後の宇宙世紀0096年、開かれると地球連邦政府が滅びると言われる「ラプラスの箱」を巡る地球連邦軍とネオジオンの争いに巻き込まれたバナージ・リンクスが、「ラプラスの箱」を開くための鍵と言われるモビルスーツ「ユニコーンガンダム」に出会うまでを描いています。
監督:古橋一浩 声優:バナージ・リンクス(内山昂輝)、オードリー・バーン(藤村歩)、マリーダ・クルス(甲斐田裕子)、サイアム・ビスト(永井一郎)、カーディアス・ビスト(菅生隆之)、スベロア・ジンネマン(手塚秀彰)

「DISTANCE/ディスタンス」のネタバレあらすじ結末

2020/05/16掲載

DISTANCE/ディスタンスの紹介:2001年日本映画。カルト集団が無差別殺人事件を起こし、その実行犯の遺族4人が命日に湖を訪れる。そこで実行犯でありながら事件直前に逃げ出した元信者と出会い、ロッジで5人が過ごした時間を描いた物語。是枝監督の長編映画3作目であり、カンヌ国際映画祭コンペティション部門招待作品である。
監督:是枝裕和 出演:ARATA(敦)、伊勢谷友介(勝)、寺島進(実)、夏川結衣(きよか)、浅野忠信(坂田)、りょう(夕子)、遠藤憲一(きよかの夫 環)、中村梅雀(菊間刑事)、津田寛治(勝の兄)、山下容莉枝(実の元、妻)、村杉蝉之介(宮村)、梓(勝のガールフレンド、梓)、木村多江(老人ホームの看護婦)、平岩友美(実の現、妻)、中村育二(実の上司)、杉本安生(田辺老人)、ほか

「恐怖のまわり道」のネタバレあらすじ結末

2020/05/16掲載

恐怖のまわり道の紹介:1945年アメリカ映画。フィルム・ノワールの代表作のひとつ。ミュージシャンの男がヒッチハイクをしたばかりに不幸な運命の渦に巻き込まれる。極めて低予算で作られたB級映画で、撮影期間もわずか6日間。劇中に出てくる車も監督のウルマーが自分のものを提供した。
監督:エドガー・G・ウルマー 出演:トム・ニール(アル)、クライディア・ドレイク(スー)、エドマンド・マクドナルド(ハスケル)、アン・サヴェージ(ヴェラ)、ほか

「赤ちゃんはトップレディがお好き」のネタバレあらすじ結末

2020/05/16掲載

赤ちゃんはトップレディがお好きの紹介:1987年アメリカ映画。仕事一筋で結婚すら考えていなかったキャリアウーマンが、疎遠だった親戚の急死によってその子を引き取ることになったことで人生が一転するハートフルコメディ。
監督:チャールズ・シャイア 出演:ダイアン・キートン(J・C)、サム・シェパード(ジェフ)、ハロルド・ライミス(スティーヴン)、サム・ワナメイカー(フリッツ)、ジェームズ・スペイダー、パット・ヒングル、ブリット・リーチ、メアリー・グロス、ほか

「劇場版 境界の彼方 I’LL BE HERE 未来篇」のネタバレあらすじ結末

2020/05/16掲載

劇場版 境界の彼方 -I’LL BE HERE- 未来篇の紹介:2015年日本映画。京都アニメーション初のファンタジー作品であり、2013年にテレビアニメが放映され反響を呼んだ。本作ではテレビ作品最終回後の世界を舞台に、復活を果たしたが記憶をなくしてしまった異界士栗山未来と、不死身の半妖の高校生神原秋人の物語が描かれる。
監督:石立太一 出演者:種田梨沙(栗山未来)、KENN(神原秋人)、茅原実里(名瀬美月)、鈴木達央(名瀬博臣)、山岡ゆり(新堂愛)、進藤尚美(新堂彩華)、渡辺明乃(二ノ宮雫)、豊田萌絵(伊波桜)、松風雅也(藤真弥勒)、川澄綾子(名瀬泉)ほか。

「フレーム 危険動画サイト」のネタバレあらすじ結末

2020/05/15掲載

フレーム 危険動画サイトの紹介:2017年スペイン映画。規約の全くない危険動画サイト『フレーム』に殺人動画を流していた男たちが、卒業記念パーティーをするアレックスら若者のグループの家に侵入し、動画を中継しながら一人ずつ惨殺していくという内容のゴアムービーです。近年コメディ要素の多いゴアムービーやスプラッタームービーの多い中、この作品は正統派の部類に入ります。
監督:マーク・マルチネス 出演者:ダニエル・ホルヴァート(モリス)、ジョー・マンジョン(アレックス)、クラウディア・ポンズ(クラウディア)、アレックス・マーニー(殺し屋主犯格)、ビエル・モントーロ(トム)、エンリック・オーカー(ハビ)ほか

「赤西蠣太」のネタバレあらすじ結末

2020/05/15掲載

赤西蠣太(あかにしかきた)の紹介:1936年日本映画。伊達騒動渦中の伊達兵部の邸に密偵として送りこまれた赤西蠣太。みごと秘密を手にして国元に戻ることになりますが、邸を脱け出るのがひと苦労。さあ、どうしたものか。赤西蠣太、原田甲斐役には片岡千恵蔵が一人二役。志賀直哉原作の同名小説を、伊丹万作が脚色・演出した時代劇コメディです。
監督:伊丹万作 出演者:片岡千恵蔵(赤西蠣太、原田甲斐)、毛利峯子(さざ波)、原健作(青鮫鱒次郎)、瀬川路三郎(伊達兵部)、滝沢静子(老女沖の石)、梅村蓉子(政岡)、志村喬(角又鱈之進)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 677

キーワードから探す

TOP↑