「オーバードライヴ」のネタバレあらすじ結末

2018/07/09掲載

オーバードライヴの紹介:2013年アメリカ映画。衝撃の実話をもとに製作された映画。ジョン・マシューズは息子ジェイソンが麻薬密売容疑で逮捕されたことを聞かされ愕然とします。弁護士からは実刑で懲役10年にはなると言われなんとか助ける手段を探すことに。そしてたどり着いたその先で待っていたものは。
監督:リック・ローマン・ウォー 出演:ドウェイン・ジョンソン(ジョン・マシューズ)、バリー・ペッパー(クーパー)、ジョン・バーンサル(ダニエル・ジェームズ)、マイケル・K・ウィリアムズ(マリクマリーク)、メリーナ・カナカレデス(シルヴィー)、ナディーン・ヴェラスケス(アナリッサ)、ラフィ・ガヴロン(ジェイソン)、デヴィッド・ハーバー(ジェイ)、ベンジャミン・ブラット(エル・トポ)、スーザン・サランドン(ジョアン・キーガン)、ほか

「マークスの山」のネタバレあらすじ結末

2018/07/09掲載

マークスの山の紹介:1995年日本映画。目黒区で起こった暴力団員猟奇殺害事件を捜査する警視庁の合田は、捜査を進めるうち、関係者まで命を狙われるハメになり、後ろに大きな力を感じ始め…という内容のクライムサスペンス映画です。刑事合田雄一郎を主人公とした高村薫の推理小説の映画化です。
監督:崔洋一 出演者:中井貴一(合田雄一郎)、萩原聖人(水沢裕之)、名取裕子(高木真知子)、小林稔侍(林原雄三)、古尾谷雅人(肥後和己)、西島秀俊(森義孝)、小木茂光(吾妻哲郎)、笹野高史(林省三)、萩原流行(須崎靖邦)、岸部一徳(木原郁夫)、前田吟(花房課長)、遠藤憲一(有沢三郎)ほか

「デビル・インサイド」のネタバレあらすじ結末

2018/07/09掲載

デビル・インサイドの紹介:2012年アメリカ映画。悪魔祓いの最中に聖職者を3人も殺害した女性。その娘は母の起こした事件の真相に迫ろうとするのですが…。モキュメンタリー(ドキュメンタリー風フィクション)タッチで描かれたホラー作品です。
監督:ウィリアム・ブレント・ベル 出演者:フェルナンダ・アンドラーデ(イザベラ・ロッシ)、サイモン・クォーターマン(ベン・ローリングス)、エヴァン・ヘルムス(デヴィッド・キーン)、イオヌット・グラマ(マイケル・シェーファー)、スーザン・クロウリー(マリア・ロッシ)ほか

「ぼくは怖くない」のネタバレあらすじ結末

2018/07/08掲載

ぼくは怖くないの紹介:2003年イタリア映画。大人達の秘密を知った少年が、迷いながらも勇気を出して成長していくサスペンス&ドラマ作品。イタリアの小さな村で暮らす少年ミケーレは、ある日不審な穴を見つける。そこには鎖で繋がれた少年フィリッポが監禁されていた。動揺しつつもフィリッポと友情を育むミケーレ。しかしその裏で、大人達が不穏な動きを見せ始めていた。原作はニコロ・アンマニーティの同名小説。
監督:ガブリエレ・サルヴァトレス 出演者:ジョゼッペ・クリスティアーノ(ミケーレ)、マッティーア・ディ・ピエッロ(フィリッポ)、アイタナ・サンチェス=ギヨン(アンナ)、ディーノ・アッブレーシャ(ピーノ)、ディエゴ・アバタントゥオーノ(セルジョ)ほか

「瞬 またたき」のネタバレあらすじ結末

2018/07/08掲載

瞬 またたきの紹介:2010年日本映画。河原れんの同名小説を映画化したラブストーリーです。恋人を交通事故で失い、心に深い傷を負った主人公の女性が、事故の真相を知るため失われた記憶を辿っていくうちに、恋人との愛の日々を思い出していきます。
監督:磯村一路 出演者:北川景子(園田泉美)、岡田将生(河野淳一)、大塚寧々(桐野真希子)、史朗(園田登)、深水元基(園田ツカサ)、清水美沙(堀川早紀)、永島暎子(河野沙恵子)、千崎若菜(桐野涼子)、田口トモロヲ(小木啓介)ほか

「たたら侍」のネタバレあらすじ結末

2018/07/08掲載

たたら侍の紹介:2016年日本映画。戦国時代の日本を舞台に、製鉄技術を受け継ぐ“たたら場”の後継ぎとして産まれた伍介が、伝統と戦乱の狭間で真の強さを求めて成長していく様を描いた物語。出演者の凛とした佇まいと美しい映像が心に響く作品となっています。
監督:錦織良成 出演:青柳翔(伍介)、小林直己(新平)、田畑智子(お京)、石井杏奈(お國)、高橋長英(喜介)、甲本雅裕(弥介)、宮崎美子(八重)、品川徹(豊衛門)、でんでん(源蔵)、橋爪遼(熊吉)、菅田俊(佐吉)、音尾琢真(仙吉)、早乙女太一(井上辰之進)、津川雅彦(与平)、ほか

「Bros.マックスマン」のネタバレあらすじ結末

2018/07/08掲載

Bros.マックスマンの紹介:2016年日本映画。ヒーローアクションコメディ「Mr.マックスマン」の続編。主役の竜星涼、千葉雄大をはじめ、内田理央、要潤、松島庄汰など、戦隊シリーズや仮面ライダーシリーズなどの特撮出演者が数多く参加している。兄の部屋で見つけた隕石のかけらを使ってスーパーヒーローに変身する能力を得たマックスマンこと谷口正義の弟・英雄だったが…。
監督:増田哲英 出演:竜星涼(谷口英雄)、内田理央(五十嵐梨奈)、千葉雄大(谷口正義)、山本美月(辻村祐子)、要潤(谷口真一郎)、ケンドーコバヤシ(堤貴之)、なだぎ武(津村徹)、大和田伸也(海東剛史)、久保田悠来(神田隆俊)、松島庄汰(堀北海斗)、丸山敦史(島崎英二)、髙橋裕二郎(ユーリ)ほか

「コドモ警察」のネタバレあらすじ結末

2018/07/08掲載

コドモ警察の紹介:2013年日本映画。コドモ警察の紹介:「勇者ヨシヒコシリーズ」などで知られる福田雄一監督が手掛けた人気テレビドラマの映画化作品。悪の組織の罠にかかり、特殊ガスを吸い込んでしまい子供の姿になってしまったベテラン刑事たちが活躍するコメディタッチの刑事ドラマ。「太陽にほえろ!」をはじめとした刑事ドラマのパロディ満載です。
監督:福田雄一 出演:鈴木福(大沼茂(50)/デカ長)、勝地涼(国光信(23) /新人)、本田望結(林舞子(30) /マイコ)、鏑木海智(渡辺稔(59) /ナベさん)、青木勁都(下山武雄(49) /イノさん)、秋元黎(川島寛太(39) /スマート)、相澤侑我(野上浩二郎(29) /エナメル)、竜跳(今村剛(28) /ブル)、マリウス葉(間聖四郎(38))、吉瀬美智子(松田凛子)、北乃きい(神崎絵里子)、ほか

「ひとりかくれんぼ 劇場版 真・都市伝説」のネタバレあらすじ結末

2018/07/08掲載

ひとりかくれんぼ 劇場版 -真・都市伝説-の紹介:2012年日本映画。『ひとりかくれんぼ』劇場版のシリーズ3作目です。高校の映画クラブのメンバーが卒業記念に『ひとりかくれんぼ』の映画を撮影しようと、深夜の校内で実践し、霊にとりつかれると言う内容です。主演はAKB48の野中美郷さんです。
監督:鳥居康剛 出演者:野中美郷(さくら)、鮎川太陽(康介)、替地桃子(ミサキ)、松本唯(基樹)、真樹孝介(仁志)、橋倉靖彦(土屋先生)、田中涼子(陽子先生)ほか

「ノー・エスケープ」のネタバレあらすじ結末

2018/07/07掲載

ノー・エスケープの紹介:2016年アメリカ映画。さまざまな心の痛みを抱える女性達が参加した、あるサバイバル・キャンプ。それは厳しい自然環境を体験することで自身と向き合い、新しい人生を踏み出すことが目的だった。恋人からDVを受け、心身ともに傷ついていたキャットは、兄の勧めでキャンプに参加することを決める。ところが、森へ足を踏み入れたキャットと6人の女性達の前に“人間狩り”を楽しむ謎の男達が現れる…。究極の状況下に放り出され、勇敢に立ち向かっていくオンナ達の痛快B級サスペンス・ホラー。
監督:ニルス・テイラー 出演者:ニコル・マリー・ジョンソン(キャット)、キャリー・フィンクリー(レン)、ニコール・デュポート(エイプリル)、レイシャ・ヘイリー(マディソン)、サラ・モーネル(ジーン)、ジョイ・マケルヴィーン(ジョイ)、ジェームズ・デヴォティ(テッド)、ウェズ・マクジー(ゼブ)ディーン・アリオート(コーディ)ほか

「友罪」のネタバレあらすじ結末

2018/07/07掲載

友罪の紹介:2017年日本映画。小さな町工場に就職した元雑誌記者。そこで知り合った男は世間を震撼させた少年殺人者だった…。薬丸岳の同名小説を原作とする、それぞれの周囲の人間模様も含めて〝贖罪“とは何かを問いかける人間ドラマです。
監督:瀬々敬久 出演者:生田斗真(益田純一)、瑛太(鈴木秀人/青柳健太郎)、夏帆(藤沢美代子)、山本美月(杉本清美)、富田靖子(白石弥生)、佐藤浩市(山内修司)ほか

「パンク侍、斬られて候」のネタバレあらすじ結末

2018/07/07掲載

パンク侍、斬られて候の紹介:2018年日本映画。「狂い咲きサンダーロード」等で知られる鬼才、石井岳流(当時は石井聰亙)監督。原作は数々の受賞歴がある小説家であり音楽活動や役者もこなす才人、町田康。脚本は言わずと知れた宮藤官九郎。このメンツだけでも凄いのに、主役級の俳優を惜しげもなく使い、しかも全員が振り切った演技でぶつかり合う、強烈にブッ飛んだ映画が出来てしまいました。主演は、作品ごとに全く違った顔をみせる綾野剛。長い刀を振り回す殺陣シーンは綾野剛史上最高にかっこいいです!
監督:石井岳龍 脚本:宮藤官九郎 キャスト: 綾野剛(掛十之進)、北川景子(ろん)、東出昌大(黒和直仁)、染谷将太(幕暮孫兵衛)、浅野忠信(茶山半郎)、永瀬正敏(大臼延珍)、國村隼(大浦主膳)、豊川悦司(内藤帯刀)ほか

「クローサー」のネタバレあらすじ結末

2018/07/07掲載

クローサーの紹介:2002年香港,アメリカ映画。電脳天使と呼ばれる殺し屋美人姉妹のリンとクワンはある日セキュリティ会社の社長殺しを依頼される。任務を無事終えた二人だったが裏切りにより命を狙われるはめとなる。
監督:コーリー・ユン キャスト:リン(スー・チー)、クワン(ヴィッキー・チャオ)、コン(カレン・モク)、ティンヤン(ソン・スンホン)、ほか

「アシク・ケリブ」のネタバレあらすじ結末

2018/07/07掲載

アシク・ケリブの紹介:1988年ソ連映画。主人公のアシク・ケリブは貧しい吟遊詩人。愛するマグリに1000の昼と夜の後に戻ると約束して旅に出る。トルコの伝説をロシア人のミハイル・レールモントフが翻案した物語を原作としてアルメニア人のパラジャーノフ監督が作ったこのエキゾチックな冒険映画では、アゼルバイジャン語の詩、グルジア語のナレーション、そしてヨーロッパのクラシック音楽のメロディーも聞かれる。投獄期間を含めた長い沈黙の後に作られた『スラム砦の伝説』に続くこの作品は同じソ連の映画監督、故アンドレイ・タルコフスキーに捧げられたが、パラジャーノフの遺作になってしまった。共同監督のダヴィッド・アバシーゼは、パラジャーノフの幼な友達の俳優。
監督:セルゲイ・パラジャーノ フ、ダヴィッド・アバシーゼ 出演者:ユーリー・ムゴヤン(アシク・ケリブ)、ヴェロニカ・メトニーゼ(マグリ・メヘル)、ソフィコ・チアウエリ(アシクの母)、ほか

「ノンフィクション」のネタバレあらすじ結末

2018/07/07掲載

ノンフィクションの紹介:2003年カナダ映画。世界的有名なホラー作家が自殺を図り精神科へと入院してくる。担当医であるポールは自殺の原因を解明しようとする。しかしロワを追う記者から聞かされたのは衝撃のノンフィクションだった。
監督:エリック・テシエ 出演:ポール(ミッシェル・コテ)ジャンヌ(カトリーヌ・フロラン)ロワ(パトリック・ユアール)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 447
TOP↑