Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホラー映画のあらすじ

「ファントム」のネタバレあらすじ結末

ファントムの紹介:1998年アメリカ映画。未知の敵に襲われる恐怖を描いたSFホラー作品。開業医のジェニーは、妹リサを連れてコロラド州スノーフィールドの診療所に帰って来た。しかし町は異様な静寂に包まれている。生活感と数人の異様な遺体だけを残し、町の住人が忽然と消えていたのだ。そして怯える姉妹の前に「太古の敵」と呼ばれる未知の生命体が現れる。原作はディーン・R・クーンツの同名小説。脚本も彼が自ら行っている。
監督:ジョー・チャペル 出演者:ローズ・マッゴーワン(リサ・ペイリー)、ジョアンナ・ゴーイング(ジェニー・ペイリー)、ベン・アフレック(ブライス・ハモンド)、リーヴ・シュレイバー(ステュー・ワーグル)、ピーター・オトゥール(ティモシー・フライト)ほか

「ピラニア リターンズ」のネタバレあらすじ結末

ピラニア リターンズの紹介:2012年アメリカ映画。古代ピラニアの群れが襲い、大参事を招いたヴィクトリア湖の事件から1年、クロス湖ではウォーターパークが開園しようとしていました。そのころプールに水を引いているクロス湖ではピラニアの群れが人々を襲い始めていました…と言う内容の、コメディスプラッターホラーです。2010年の映画『ピラニア3D』の続編にあたります。
監督:ジョン・ギャラガー 出演者:ダニエル・パナベイカー(マディ)、マット・ブッシュ(バリー)、デビッド・ケックナー(チェット)、クリス・ジルカ(カイル)、カトリーナ・ボウデンシェルビー)ほか

「バイオハザード・アイランド」のネタバレあらすじ結末

バイオハザード・アイランドの紹介:2012年アメリカ映画。突然拡散したゾンビ達から逃げるために、途中で知り合った女性と一緒に、ゾンビのいない島へボートで向かったエルビスでしたが、その島にもゾンビ達が居て襲われました。しかし、軍人のカート率いる集団に助けられ一緒に生活するようになりまが・・・という内容のゾンビ映画です。低予算作品ながら真面目に作られた作品で、正統派のゾンビ物と言えます。
監督:アダム・デヨー 出演者:マリッサ・メリル(ツイーター)、スコット・ピート(エルビス)、ジェームズ・C・バーンズ(カート)、コーシカ・ウィルソン(レイチェル)ほか

「ゾンビシャーク 感染鮫」のネタバレあらすじ結末

ゾンビシャーク 感染鮫の紹介:2015年アメリカ映画。実験によって偶然出来てしまったゾンビ鮫が逃げ出してしまい、バカンスに訪れた観光客達を恐怖のどん底に陥れてしまいます。咬まれたら感染しゾンビにというゾンビ映画の良いところと鮫に襲われる恐怖感が上手くミックスされた作品になっています。
監督:ミスティ・タリ― 出演:キャシー・スティール(アンバー)、ロジャー・J・ティンバー(レスター)、ロス・ブリッツ(ジェンナー)、スローン・コー(ソフィ)、バッキー・アンドリューズ(ブリジット)、ローラ・カユーテ(パーマー博士)、ほか

「カシマさんの呪い 封印された都市伝説」のネタバレあらすじ結末

カシマさんの呪い -封印された都市伝説-の紹介:2011年日本映画。正社員として採用された涼子は、会社近くの寮に住むことになりました。隣に住む先輩の女性社員の緑から『カシマさんの呪い』の話を聞かされたことから、良子の目の前にカシマさんが現れるようになりました…という内容のジャパニーズホラー映画です。
監督:関顕嗣 出演者:秋山莉奈(加山涼子)、川本淳一(富士堂努)、こばやしあきこ(佐藤緑)、阿部能丸、佐伯めぐみ、ほか

「シンジェノア」のネタバレあらすじ結末

シンジェノアの紹介:1990年アメリカ映画。「バイオ・スケアード/悪魔の遺伝子(1980年)」に登場した人気クリーチャー「シンジェノア」をフィーチャーするSFホラー。ストーリーに繋がりは無いため、完全な続編ではない。深夜に帰宅したスーザンは、瀕死の叔父イーサンを発見した。彼を襲ったのは人造兵士「シンジェノア」。ノートン・サイバーダイン社でイーサンが開発していたプロトタイプが脱走したらしい。スーザンは真実を暴くため、記者のニックと共にノートン・サイバーダイン社へ乗り込んでいく。
監督:ジョージ・エランジアン・Jr 出演者:スター・アンドレフ(スーザン・バレンタイン)、ミッチェル・ローランス(ニック・キャレイ)、デヴィッド・ゲイル(カーター・ブラウン)、チャールズ・ルシア(スタン・アームブロウスター)、リバ・スピアー(ポーラ・ゴースキー)ほか

「鉄男 TETSUO」のネタバレあらすじ結末

鉄男 TETSUOの紹介:1989年日本映画。ある日、頬に金属の突起物が出来た男が、だんだん金属に蝕まれ、体が金属化していくという内容のホラー映画です。会話はほとんどなく、効果音とBGM主体のモノクロ作品で、前衛的な内容で、正直意味不明な作品です。
監督:塚本晋也 出演者:田口トモロヲ(男)、塚本晋也(やつ)、藤原京(彼女)、叶岡伸(眼鏡の女)、石橋蓮司(浮浪者)ほか

「ニードフル・シングス」のネタバレあらすじ結末

ニードフル・シングスの紹介:1993年アメリカ映画。小さな町に骨董品屋がやってきたのをきっかけに、町の人々が狂気へと駆り立てられる。スティーブン・キング原作小説をチャールトン・ヘストンの息子F・C・ヘストンが監督したホラー。
監督:フレイザー・C・ヘストン 出演:マックス・フォン・シドー、エド・ハリス、ボニー・ベデリア、アマンダ・プラマー、J・T・ウォルシュ、シェーン・メイア、レイ・マッキノン、リサ・ブロント、ロックリン・マンロー、ほか

「バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所」のネタバレあらすじ結末

バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所の紹介:2012年イギリス映画。1970年代、イギリス人録音技師がジャッロ映画(マリオ・バーヴァ、ダリオ・アルジェント、ルチオ・フルチ等の監督作に代表されるイタリア残酷スリラー)の音響効果を任されるが、過酷な職場環境、慣れないイタリア人との仕事、そして何より映画の残酷描写は彼の精神を蝕んでいく。ジャン=リュック・ゴダールの『軽蔑』等、映画製作についての映画は数多いが、映画のポスト・プロダクション、特に録音作業をあつかった異色作。映画の後半の解釈は人それぞれに異なりましょう。
監督:ピーター・ストリクランド 出演:トビー・ジョーンズ(ギルデロイ)、コジモ・ファスコ(フランチェスコ・コラッジオ)、アントニオ・マンチーノ(ジャンカルロ・サンティーニ)、ファトマ・モハメド(シルヴィア)その他

「トイレの花子さん 新劇場版」のネタバレあらすじ結末

トイレの花子さん 新劇場版の紹介:2013年日本映画。転校してきた長澤さよは、佐伯まほと仲良くなりますが、まほは圭子らに毎日いじめられ、トイレで死んでいました。その時さよは赤いスカートの女の子を見ました・・という日本の都市伝説として有名な『トイレの花子さん』の新解釈の劇場版です。
監督:山田雅史 出演者:上野優華(長澤さよ)、水崎綾女(小山貴子)、安田聖愛(佐伯達也)、田中瞳佳、山川りなほか

「ザ・シャウト/さまよえる幻響」のネタバレあらすじ結末

ザ・シャウト/さまよえる幻響の紹介:1978年イギリス映画。叫び声で命を奪う男に狙われた夫婦の恐怖を描くサスペンス・ホラー。音楽家のアンソニーは、ある日気味の悪い男クロスリーに出会う。彼は叫ぶことで生物を殺害出来ると話し、実際にアンソニーの前で家畜を殺して見せた。更にクロスリーは古代の魔法でアンソニーの妻を手中に収め、家を乗っ取ろうとする。
監督:イエジー・スコリモフスキ 出演者:アラン・ベイツ(チャールズ・クロスリー)、スザンナ・ヨーク(レイチェル)、ジョン・ハート(アンソニー)、ロバート・スティーヴンス(医者)、ティム・カリー(ロバート)ほか

「ライヴ」のネタバレあらすじ結末

ライヴの紹介:2014年日本映画。期待されて外してきた直人の人生。その彼が、何者かに拉致された母親を救うために理不尽なマラソンに挑む。山田悠介の小説に基づくサスペンス映画。『片腕マシンガール』の井口昇監督が描く、街を血で染める死のレース。
監督:井口昇 出演者:山田裕貴(田村直人)、生稲晃子(直人の母)、大野いと(室田瑠実)、森永悠希(金沢紳介)、入来茉里(水野アカリ)、大友康平(鮎川雄一)その他

「トワイライトシンドローム 卒業」のネタバレあらすじ結末

トワイライトシンドローム 卒業の紹介:2000年日本映画。卒業記念に降霊の儀式を4人でやった友里でしたが、本当に霊が降りてきて友達が一人ずつ消えて行きました。霊を封印しようしますがうまくいかず更に友達が消えてしまいました…といった内容の人気ホラーゲーム『トワイライトシンドローム 再会』を題材にしたオカルト映画です。
監督:舞原賢三 出演者:酒井若菜(安堂友里)、岡元夕起子(安堂麻沙)、高野八誠(藤川誠)、内藤陽子(網野綾)、福井裕佳梨(大下美咲)、菅原あずさ(千葉美香)、石田梨紗(逸島千里)、白鳥智恵子(羽柴奈緒子)ほか

「シャークネード6 ラストチェーンソー」のネタバレあらすじ結末

シャークネード ラスト・チェーンソー 4DXの紹介:2018年アメリカ映画。サメと竜巻が合体して「シャークネード」となった物と人類との壮絶なる戦いを描いた作品。その奇想天外なアイデアが人気を呼び、シリーズも6作目となり晴れて完結を迎えます。主人公フィンが過去や未来を行き来し大活躍を見せます。劇場では4DX作品として公開されました。
監督:アンソニー・C・フェランテ 出演:アイアン・ジーリング(フィン)、タラ・リード(エイプリル)、カサンドラ・スケルボ(ノヴァ)、ヴィヴィカ・A・フォックス(スカイ)、ジュダ・フリードランダー(ブライアン)、ほか

「ディスコード DISCORD」のネタバレあらすじ結末

ディスコード -DISCORD-の紹介:2012年アメリカ映画。霊に導かれながら忌まわしい真相を暴いていく、新感覚ホーンテッドハウス・ホラー。母の死で久しぶりに実家に戻ったアニーは、次々に不可解な現象に襲われた。姉やいとこが忽然と消え、物が勝手に動き、視線を感じる。恐怖に震えるアニーの前に現れた女の霊は、あることを教えようとしていた。それはアニー達の母が必死に隠そうとした、おぞましい真実だった。
監督:ニコラス・マッカーシー 出演者:ケイティ・ロッツ(アニー・バーロウ)、キャスリーン・ローズ・パーキンス(リズ)、ヘイリー・ハドソン(スティービー)、サム・ボール(ジャイルズ)、マーク・スティガー(チャールズ・バーロウ/ジューダス)ほか

1 2 3 4 5 6 69
TOP↑