ホラー映画のあらすじ

「スプートニク」のネタバレあらすじ結末

スプートニクの紹介:2020年ロシア映画。地球への帰還中に何かに襲われた宇宙飛行士。軍事施設に連れて行かれた宇宙飛行士の体内に何かが寄生していると知った女性学者と宇宙飛行士は、軍が目論む陰謀に巻き込まれていきます…。生物と共存共栄する宿主となった宇宙飛行士の悲哀を描いています。
監督:エゴール・アブラメンコ 出演:オクサナ・アキンシナ(タチアナ)、ピョートル・フョードロフ(コンスタンティン)、フョードル・ボンダルチュク(セミドラフ)、アントン・ヴァシレフ(リゲル)、ヴィタリヤ・コルニェンコ、ほか

「人狼ゲーム 夜になったら、最後」のネタバレあらすじ結末

人狼ゲーム 夜になったら、最後の紹介:2021年アメリカ映画。フィンは田舎町ビーバーフィールドに自然保護管として赴任します。小さな町はパイプラインの建設をめぐり、環境破壊かビジネス優先かでもめている様子。そこへ原因不明の停電と殺人事件が起こり、町は人狼の仕業ではないかとパニックになります。本作は全米で大ヒットしたゲーム「人狼ゲーム」の映画化作品で、誰が人狼なのか?最後まで目が離せません。
監督:ジョシュ・ルーベン 出演:サム・リチャードソン(フィン)、ミラーナ・ヴァイントゥルーブ(セシリー)、ジョージ・ベイジル(マーカス)、サラ・バーンズ(グウェン)、マイケル・チャーナス(ピート)、グレン・フレシュラー(エマーソン・フリント)、ミカエラ・ワトキンス(トリッシュ)、キャサリン・カーティン(ジャニーン)、ほか

「ニート・オブ・ザ・デッド」のネタバレあらすじ結末

ニート・オブ・ザ・デッドの紹介:2014年日本映画。ゾンビになった引きこもりの息子を、家から追放しようと考え衝突する父と、大人しいからこのまま家で暮らしていても大丈夫だと反論する母を通して、家族や夫婦といったテーマを描くゾンビホームドラマ。
監督:南木顕生 出演者:筒井真理子(早苗)、木下ほうか(康彦)、金子鈴幸(伸也)ほか

「2ちゃんねるの呪い 新劇場版・本危」のネタバレあらすじ結末

2ちゃんねるの呪い 新劇場版・本危の紹介:2012年日本映画。山本不動産に勤める結香は、自社物件に自己物件が多い事を知ります。一緒に働く雛乃は、結香の彼氏の智行らと大学時代から続くオカルト研究会の集まりで、レンギ山の廃墟ビルに行くことになりました。中に入らなかった雛乃だけが助かり、智行らは帰って来ませんでした。色々調べる結香はレンギ山の廃墟ビルと自分の両親が関係があることを知り、レンギ山に向いました…という内容のオカルトホラーです。人気アイドルグループ「AKB48」の鈴木まりやが主演を務めています。
監督:森川圭 出演者:鈴木まりや(木南結香)、NATSUME(吉田雛乃)、高橋健悟(智行)、ふくまつみ(山本)、ほか

「ブラック・ストーン 呪いの召喚石」のネタバレあらすじ結末

ブラック・ストーン 呪いの召喚石の紹介:2016年アメリカ映画。1890年代の略奪王が隠した財宝を求めて、発掘にあたるトレジャーハンター達が、黒い石を見つけます。その石こそ、牛と人間を混ぜ合わせた化け物のクランプスを呼び戻す召喚石でした。この石によって蘇ったクランプスが、ちょうど帰省していた二つの家族を襲うという内容のモンスターホラー映画です。
監督:ロバート・コンウェイ 出演者:アメリア・ブラントリー(ボニー)、ブライソン・ホール(トミー)、キャロライン・ラセッター(フィオナ)、テイラー・バックリー(トロイ)、ティム・ザウアー(ウィル)、ダニエル・リンク(デイヴィット)ほか

「LOST 呪われた島」のネタバレあらすじ結末

LOST 呪われた島の紹介:2006年日本映画。鬼伝説を調べるゼミのために八丈島に渡った小夜子らは、新聞記者で案内役の梨花から、鬼にまつわる言い伝えを聞きます。やがて鬼の話に沿うように由之が失踪。そして結衣、大地までもがいなくなり、小夜子は鬼が本当にいると思い始めます…という内容のホラーミステリー作品です。
監督:山本清史 出演者:佐藤和沙(越前小夜子)、松崎桃子(能勢結衣)、田中伸彦(鶴間大地)、坂本真(細谷由之)、遠藤みずき(寺山梨花)、阿部進之介(伊勢崎真一郎)ほか

「オレゴン・ホテル 恐怖の館」のネタバレあらすじ結末

オレゴン・ホテル 恐怖の館の紹介:2017年アメリカ映画。生活費がなく、職を探していたアマンダを、田舎町のオレゴンホテルが住み込みで雇ってくれました。愛想がよく面倒見のいいミリーを信頼したアマンダでしたが、ミリーの本当の狙いはアマンダを息子のビリーの嫁にすることでした…という内容の母子の異常愛を背景にした不条理監禁ホラー映画です。
監督:ブラッド・ダグラス 出演者:アビー・ワスン(アマンダ)、マーリン・メイソン(ミリー)、マイケル・マイヤー(ビリー)、マックス・グットフロイント(ブラッド)、ほか

「吸血ゾンビ」のネタバレあらすじ結末

吸血ゾンビの紹介:1966年イギリス映画。19世紀のイギリス。迷信深い村を奇病が襲った。犠牲者たちの棺は空っぽになっていた。ジョージ・A・ロメロ登場前夜の、ハマー・プロ製作の伝統的ゾンビ映画。ゾンビはブードゥー教の魔術で操られる死者というあり方にとどまっています。でも、死者たちが土を掘り返して立ち上がり人を襲う鮮烈なイメージや頭部を切断されたゾンビが死ぬという発想は現代的ゾンビ映画に刺激を与えたと思われます。
監督:ジョン・ギリング 出演:アンドレ・モレル(サー・ジェームズ・フォーブス)、ダイアン・クレア(シルヴィア)、ブルック・ウィリアムズ(ピーター・トンプソン医師)、ジャクリーン・ピアース(アリス)、ジョン・カーソン(クライヴ・ハミルトン)、マイケル・リッパー(スウィフト巡査部長)、ほか

「キャンディマン」のネタバレあらすじ結末

キャンディマンの紹介:2021年アメリカ映画。1992年に映画化され、カルト的な人気を獲得した同名タイトルを「ゲットアウト」や「アス」を手掛けたジョーダン・ピールが製作に加わり、新たなキャンディマンとしてリメイクしました。同じコンセプトに新たな解釈を加えているところが、ファンならずとも楽しみな点となります。
監督:ニア・ダコスタ 出演:ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世(アンソニー)、テヨナ・パリス(プリアンナ)、ネサン・スチュアート=ジャレット(トロイ)、コールマン・ドミンゴ(ウィリアム)、ブライアン・キング(クライブ)、ほか

「マリグナント 狂暴な悪夢」のネタバレあらすじ結末

マリグナント 狂暴な悪夢の紹介:2021年アメリカ映画。「ソウ」や「インシディアス」シリーズを手掛けたジェームズ・ワン監督が作り上げたホラー作品。凶暴かつ残忍な男と、その男が悪夢として常々マディソンの前に現れる。その関係性には、過去にあったある事件が絡んでいるのだった…。
監督:ジェームズ・ワン 出演:アナベル・ウォーリス(マディソン)、ジェイク・アベル(デレク)、ジョージ・ヤング(ケコア)、ジャクリーン・マッケンジー(フローレンス)、マディー・ハッソン(シドニー)、ミコレ・ブリアナ・ホワイト(レジーナ)、ジーン・ルイーザ・ケリー(セリーナ)、ほか

「ザ・ボーイ 鹿になった少年」のネタバレあらすじ結末

ザ・ボーイ 鹿になった少年の紹介:2015年アメリカ映画。アルコール依存症の父ジョンが経営するモーテルに住む9歳のテッド。母親は出ていき、父親から構われない日々の中で、ふとしたきっかけから「死」への憧れを抱きはじめる。テッドに芽生えた邪悪な心によって行動はエスカレートしていく。
監督:クレイグ・ウィリアム・マクニール 出演:デヴィッド・モース(ジョン・ヘンリー)、ジャレッド・ブリーズ(テッド・ヘンリー)、レイン・ウィルソン(ウィリアム・コルビー)、ビル・セイジ(保安官ディーコン・ホワイト)ほか

「スワンズソング」のネタバレあらすじ結末

スワンズソングの紹介:2002年日本映画。不気味な連続殺人事件を主軸に、現代日本が抱える「得体の知れなさ」を描くホラー&サスペンス。東京に住む松田美奈は妹の美月と同じバレエ教室に通っていた。ある日、バレエ教室で美月と喧嘩した美奈は1人で先に帰ってしまう。その夜美月は何者かに誘拐され、後日黄色いレインコートを着せられた惨殺体で発見された。美奈は自分を激しく責め、姉妹の母輝子も動転して様子がおかしくなっていく。しばらくして2人は好奇の目から逃れるため、小さな田舎町に引っ越した。ところが美奈の周囲で次々と陰惨な殺人事件が起こる。そしてその現場には、必ず黄色いレインコートを着た謎の人物が現れていた。別題は「少女惨殺 -スワンズソング-」。
監督:笠木望 出演者:石川佳奈(松田美奈)、藤原ひとみ(若生すず)、麻乃佳世(大槻恵子)、中田あすみ(志村香苗)、玉手みずき(加納みゆき)ほか

「フランケンジョーズ」のネタバレあらすじ結末

フランケンジョーズの紹介:2016年アメリカ映画。1942年にドイツで行われていたフランケンシュタイン実験から押収した生きた心臓と脳を、現代でも生かし続けて人造サメを作る実験をしている男がいました。男は観光地であるカッツコーブにサメを放ち、人を襲わせていました。休暇でやってきたマッジら3人は、おりしもその実験室を見つけてしまい…という内容の超低予算でチープ映像のホラー映画です。
監督:マーク・ポロニア 出演者:グレタ・ヴォルコヴァ(マッジ)、ケン・ヴァン・サント(デューク)、ジェームズチャールズ(スキップ)、タイタス・ヒムルバーガー(クープ)、ジェフ・カーケンドール(クラウス)ほか

「アンダーウォーター」のネタバレあらすじ結末

アンダーウォーターの紹介:2020年アメリカ映画。突然の大震動で壊滅的打撃を負った海底基地。エンジニアのノラをはじめとする基地に残された6人がサバイバルを図るが、彼らに深海の未知の大小の生物が襲いかかる。環境破壊への警鐘とも言えるSFパニック・スリラー映画。ディズニー傘下に入った20世紀フォックス社はこの作品の公開の後、伝統ある社名を「20世紀スタジオ」に変更したため、本作が20世紀フォックス名義で配給された最後の映画になりました。
監督:ウィリアム・ユーバンク 出演者:クリステン・スチュワート(ノラ・プライス)、ジェシカ・ヘンウィック(エミリー・ハヴァシャム)、ジョン・ギャラガー・Jr(リアム・スミス)、ママドゥ・アティエ(ロドリゴ・ナジェンダ)、ヴァンサン・カッセル(W・ルシアン)、T・J・ミラー(ポール・アベル)

「JIGSAW 第10ゲーム」のネタバレあらすじ結末

JIGSAW 第10ゲームの紹介:2009年アメリカ映画。山奥の別荘に囚われた若者8人が、極限状態の中殺し合いを命じられるサスペンス&ホラー。大学卒業を間近に控え、ブレントは仲の良い友人6人を誘って別荘にやって来た。義姉アレックスも加わり、楽しい時間を過ごす若者達。ところが深夜、仲間の1人ニコールが惨殺された。ニコールを殺害した犯人は、午前6時までに仲間同士で殺し合い、生き残った1人だけを助けると言い出す。2人以上残っていた場合は、皆殺しにすると。はじめは協力して立ち向かおうとしたブレント達だったが、次第に疑心暗鬼に囚われ、仲間の命を狙うようになっていく。
監督:クリス・ムーア 出演者:ドン・マクマナス(カール・トルフティン博士)、リーアン・ドゥージッチ(アンバー)、テディ・ダン(ブレント)、ダニエル・フランゼーゼ(フレディ)、パトリック・フリューガー(マイク)ほか

1 2 3 4 5 6 99

キーワードから探す

TOP↑