ホラー映画のあらすじ

「ISOLA 多重人格少女」のネタバレあらすじ結末

ISOLA 多重人格少女の紹介:2000年日本映画。阪神淡路大震災のボランティアに参加した由香里は、心理カウンセラーの浩子から、13人の人格を持った千尋を紹介されます。千尋は狂暴な人格も出てくることがあり、それが13人目の磯良に関していると思い調べ始めます。阪神淡路大震災後の神戸を舞台に、多重人格症の女子高生の恐怖を描いたホラー作品です。「ISOLA」のタイトルでホラー小説大賞を受賞した作品の映画化です。
監督:水谷俊之 出演者:木村佳乃(加茂由香里)、黒澤優(森谷千尋)、手塚理美(野村浩子)、石黒賢(真部和彦)、 渡辺真起子(高野弥生)、寺島進(前園勝美)、室田日出男(老人)ほか

「ジュラシック・ブリーダー」のネタバレあらすじ結末

ジュラシック・ブリーダーの紹介:2013年アメリカ, ロシア映画。アメリカの田舎で、ひっそりを恐竜を育てていた老人が死んでしまい、都会から来た若者たちが恐竜の柵を解放したことから巻き起こる、恐竜VS人間の話です。Z級作品の様な匂いがしますが、CGもしっかりできていて、コメディホラーとして楽しめる作品です。
監督:ダニー・ビショップ 出演者:ヤナ・メイション(アビー)、ロレンツォ・ラマス(ローガン)、デクラン・ジョイス(オライリー)、コールブラウン(ビリー)、ドニー・ボアズ(ルーカス)、コーディー・ヴォーン(シェルドン)、アレクサンドラ・フルム(コリン)、キム・マトゥーラ(ジョーシー)ほか

「ラスト・ドア」のネタバレあらすじ結末

ラスト・ドアの紹介:2018年イタリア映画。移民難民排除運動にに賛成する若者エンリケが、突然現れたゾンビ達から逃げる為、ビルの中に入ります。そこは移民や難民が隠れているビルだったのです。エンリケは移民難民反対運動に反対をしていたと言って、仲間に入れてもらいますが、ビルの周囲はゾンビ達に囲まれていました。イタリア発のゾンビ映画ですが、根底に移民難民に対する人種差別問題があり、イタリアゾンビ映画の中でも異色の作品だと言えます。
監督:ルナ・グアラーノ 出演者:アントニオ・バンノ(エンリケ)、シディ・ディオップ(イブラヒム)、アワ・コウンドウル(サラ)、パピ・モマル・ディオップ(アリ)、シーク・ドーダ(ファルハン)ほか

「エビデンス 第6地区」のネタバレあらすじ結末

エビデンス 第6地区の紹介:2011年アメリカ映画。ドキュメンタリー映画の撮影の為に、森に入った4人が、得体のしれない獣に襲われます。その一帯には獣以外にゾンビ化した人間までいたのでした。はたして4人は逃げることが出来るのか?という内容のPOV手法で撮影された、サバイバルホラーです。カメラブレが酷く、見慣れた人でないと見づらい映像で、評価真っ二つという作品です。
監督:ハウィー・アスキンス 出演者:ブレット・ローゼンバーグ(ブレット)、アビゲイル・リッチー(アビー)、アシュリー・ブラッケン(アシュリー)、ライアン・マッコイ(ライアン)ほか

「新選組オブ・ザ・デッド」のネタバレあらすじ結末

新選組オブ・ザ・デッドの紹介:2015年日本映画。幕末に存在した新撰組をテーマにし、南蛮渡来のゾンビをかけあわせたコメディゾンビ時代劇です。主人公は男装し新選組に入った山本千尋演ずる火籐で、バナナマンの日村演じる屑山はわき役になっています。坂本龍馬も登場し、歴史上の出来事とは無関係に物語は進みます。
監督:渡辺一志 出演者:日村勇紀(屑山下衆太郎)、山本千尋(火藤純)、竹石吾朗(拝勘助)、上杉周大(風吉)、水樹たま(なすび奴)、チャド・マレーン(ジョージ)、尚玄(唐人エックス)、渡辺一志(坂本龍馬)、コッセこういち(黄泉慎之介)、川岡大次郎(山崎烝)ほか

「ジェイコブス・ラダー」のネタバレあらすじ結末

ジェイコブス・ラダーの紹介:1990年アメリカ映画。ベトナム戦争で腹を刺されたジェイコブは、妻・サラと別れ同僚のジェジーと暮らしています。そんなジェイコブには突如として、戦場に戻ったり、サラや息子たちと一緒に生活したりと不安定な状態です。ジェイコブはベトナムで何かされたに違いないと、かつての戦友たちと真相を探ろうとし始めます。当時の米軍が開発したとされる「化学兵器BZガス」による自軍兵士への人体実験と、その後遺症を背景にしたスリラー作品です。
監督:エイドリアン・ライン 出演者:ティム・ロビンス(ジェイコブ・シンガー)、エリザベス・ペーニャ(ジェジー)、ダニー・アイエロ(ルイ)、マット・クレイヴン(マイケル)、マコーレー・カルキン(ゲイブ)、プルイット・テイラー・ヴィンス(ポール)、ジェイソン・アレクサンダー(ギアリー)、パトリシア・カレンバー(サラ)、エリック・ラ・サール(フランク)、ヴィング・レイムス(ジョージ)ほか

「都市霊伝説 霊視学園」のネタバレあらすじ結末

都市霊伝説 霊視学園の紹介:2008年日本映画。ダンスの授業中に、同級生が殺される様子が見えてしまった美咲は、それ以来、殺された同級生が見えるようになります。同じころ、幼馴染だった信吾が編入してきます。更に二人の犠牲者が出たことで、美咲は信吾を疑いはじめますが・・・という内容のオカルトサスペンス作品です。60分強の短い作品ですが、展開がよく見ごたえがあります。
監督:雑賀俊郎 出演者:武田航平(風間信吾)、佐久間信子(大宮里子)、藤原ひとみ(藤原美咲)、勝村美香(美咲の姉)ほか

「ラビッド」のネタバレあらすじ結末

ラビッドの紹介:1977年カナダ映画。バイク事故で重度のやけどを負ったローズは、ケロイドクリニックのダニー医師から、認められていない皮膚移植手術を施されます。この手術により、吸血鬼になったローズは次々人を襲い、感染が一気に広がっていくのでした。アイドルからポルノ女優に転身したマリリン・チェンバースの主演の感染映画で、監督は異才デビット・クローネンバーグです。マリリン・チェンバースの美貌が光ります。
監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演者:マリリン・チェンバース(ローズ)、フランク・ムーア(ハート・リード)、ジョー・シルヴァー(マレイ・サイファー)、スーザン・ロマン(ミンディ・ケント)、ハワード・リシュパン(Dr.ダニー・ケロイド)、ジュリー・アナ(看護婦リタ)ほか

「リゾートバイト」のネタバレあらすじ結末

リゾートバイトの紹介:2023年日本映画。初投稿以降、インターネットで語り継がれてきた都市伝説「リゾートバイト」を映画化した作品。リゾートバイトに参加するためにとある旅館にやってきた若者たちが、ほんの僅かな好奇心で踏み入れた禁断の場所で、とんでもない恐怖体験をすることになります…。
監督:永江二朗 出演:伊原六花(内田桜)、藤原大佑(真中聡)、秋田汐里(華村希美)、松浦祐也(岩崎公太)、佐伯日菜子(八代真樹子)、梶原善(佐々木六朗)、坪内守(八代健介)、ほか

「ジェラティノス」のネタバレあらすじ結末

ジェラティノスの紹介:2001年アメリカ映画。神出鬼没の化物の恐怖を描くSFホラー。人類が火星に移住するための計画「ミノタウロス計画」の一環として、酸化鉄と二酸化炭素から酸素を生み出す人工生物「ジェラティノス」が宇宙に送り込まれた。しかしジェラティノスを載せたスペースシャトルオリンパス号は謎の事故で通信が途絶えてしまう。更に保管されていた2体目のジェラティノスが何者かに盗み出されてしまった。行方不明となったジェラティノスはその間に恐るべき進化を遂げ、あらゆるものを酸化させる凶悪な怪物となる。国防省と製作チームは何とかジェラティノスの弱点を見つけ出そうとするが、次々と犠牲者が生まれてしまうのだった。
監督:ジェイ・アンドリュース 出演者:パトリック・マルドゥーン(マイク・コナーズ)、テレサ・ラッセル(ナンシー・バーンハム博士)、ビリー・キーン(スティーヴ・エルキンス)、カーティス・アームストロング(キーチ)、タマラ・デイヴィス(シド・ブリーム)ほか

「シャーク・ウィーク」のネタバレあらすじ結末

シャーク・ウィークの紹介:2012年アメリカ映画。孤島に拉致された7人が、生き残りをかけて様々な種類のサメと戦うホラー&パニック。麻薬王ティブロンは、息子の死に関わった8人の男女に復讐する計画を立てた。8人を次々拉致したティブロンは、あるデスゲームを開催する。ゲームの内容は、1種類ずつ現れるサメを全て倒し、島を脱出するというもの。当然納得出来ない8人だったが、見せしめに1人がサメに食い殺されてしまい、生き残りをかけた戦いに挑む羽目になった。7人は協力しながらサメを倒していくが、次々に犠牲者が出てしまう。
監督:クリストファー・レイ 出演者:ヤンシー・バトラー(エレナ)、パトリック・バーギン(ティブロン)、ジョシュア・マイケル・アレン(キャル)、バート・バゲット(ホルト)、エリン・コカー(リーガン)ほか

「DAY-X 人類VSゾンビ最終戦争」のネタバレあらすじ結末

DAY-X 人類VSゾンビ最終戦争の紹介:2005年アメリカ映画。人類の存亡をかけ、襲い来る化物との戦いを描くホラー&アクション。ある日人間の多くは突然苦しみ出し、ゾンビのような化物に変わってしまった。政府機関の警備運転手チェンバーズは、警護対象の少女を連れ廃工場に逃げ込む。そこには同じく化物から逃げて来た数人の男女がいた。チェンバーズはこれが生物兵器「シリーズ14」による混乱だと説明し、全員でシェルターへ逃げることを提案する。
監督:ジェイソン・ハック 出演者:ケン・エドワーズ(フランク・チェンバー)、ジェイソン・ブレニザー(ダグラス)、カトリン・ケイグル(患者X)、ブレア・コックス(コート)、ロバート・H・ランバート(ジェイソン)ほか

「リバービースト ある半漁人の憂鬱」のネタバレあらすじ結末

リバービースト ある半漁人の憂鬱の紹介:2013年アメリカ映画。平和な田舎町に現れた半魚人と、住人達との戦いを描くホラー作品。ニューイングランドの田舎町で暮らしていたニールは、町一番の家庭教師と評価されるほど優秀な人物だった。ところが森の中で伝説の怪物リバービーストに遭遇し、それを話したところ周囲の信頼を失ってしまう。町中から馬鹿にされ、婚約者エマリンにも去られてしまったニールは、失意の中故郷を去った。3年後、町に戻ったニールは信頼とエマリンの心を取り戻すため、猛獣ハンターのフートキンスに依頼しリバービーストの捕獲に乗り出す。
監督:チャールズ・ロクスバーグ 出演:マット・ファーリー(ニール・スチュアート)、シャロン・スカルツォ(アリー・ストーン)、ケヴィン・マッギー(フランク・ストーン)、エリザベス・M・ピーターソン(エマリン・プライス)、ジム・マクヒュー(ポールティーク・ハンソン保安官)ほか

「H・P・ラヴクラフトの ダンウィッチの怪」のネタバレあらすじ結末

H・P・ラヴクラフトの ダンウィッチの怪の紹介:1970年アメリカ映画。H・P・ラヴクラフトの小説『ダンウィッチの怪』を映画化。人知を超えた怪物の恐怖を描くホラー作品。講義を終えた大学教授アーミテッジ博士は、助手で学生のナンシーに奇書『ネクロノミコン』を図書館に戻すよう頼んだ。ナンシーが図書館へ行くと、『ネクロノミコン』を読みたいと言う青年ウィルバーが現れる。ウィルバーがバスに乗り遅れたため、彼の家に車で送り届けたナンシー。するとウィルバーは薬物で彼女の思考能力を奪い、屋敷に留めてしまった。実はウィルバーは超越神ヨグ=ソトースと人間の母の間に生まれた子で、ナンシーを生贄に父神を召喚しようとしていたのだ。アーミテッジ博士とその助手エリザベスは不穏な気配を感じ、ナンシーを屋敷から救出しようとする。しかし彼らの前に、恐ろしい怪物が立ち塞がるのだった。
監督:ダニエル・ホラー 出演者:サンドラ・ディー(ナンシー)、ディーン・ストックウェル(ウィルバー・ウェイトリー)、エド・ベグリー(ヘンリー・アーミテッジ教授)、サム・ジャッフェ(老ウェイトリー)、ロイド・ボックナー(コリー医師)ほか

「禁じられた遊び」のネタバレあらすじ結末

禁じられた遊びの紹介:2023年日本映画。ホラー作家、清水カルマのホラー小説を原作に映像化した作品。父親が冗談半分で息子についた小さな嘘が、後に起こった悲劇をきっかけに恐ろしい恐怖を引き起こし、そこに潜んでいた予想もつかない過去が明らかになって行く様を描いています。
監督:中田秀夫 出演:重岡大毅(直人)、橋本環奈(比呂子)、正垣湊都(春翔)、ファーストサマーウイカ(美雪)、長谷川忍(大門)、倉悠貴(柏原)、猪塚健太(黒崎)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 109

キーワードから探す

TOP↑