ホラー映画のあらすじ

「シャーク・ウィーク」のネタバレあらすじ結末

シャーク・ウィークの紹介:2012年アメリカ映画。孤島に拉致された7人が、生き残りをかけて様々な種類のサメと戦うホラー&パニック。麻薬王ティブロンは、息子の死に関わった8人の男女に復讐する計画を立てた。8人を次々拉致したティブロンは、あるデスゲームを開催する。ゲームの内容は、1種類ずつ現れるサメを全て倒し、島を脱出するというもの。当然納得出来ない8人だったが、見せしめに1人がサメに食い殺されてしまい、生き残りをかけた戦いに挑む羽目になった。7人は協力しながらサメを倒していくが、次々に犠牲者が出てしまう。
監督:クリストファー・レイ 出演者:ヤンシー・バトラー(エレナ)、パトリック・バーギン(ティブロン)、ジョシュア・マイケル・アレン(キャル)、バート・バゲット(ホルト)、エリン・コカー(リーガン)ほか

「DAY-X 人類VSゾンビ最終戦争」のネタバレあらすじ結末

DAY-X 人類VSゾンビ最終戦争の紹介:2005年アメリカ映画。人類の存亡をかけ、襲い来る化物との戦いを描くホラー&アクション。ある日人間の多くは突然苦しみ出し、ゾンビのような化物に変わってしまった。政府機関の警備運転手チェンバーズは、警護対象の少女を連れ廃工場に逃げ込む。そこには同じく化物から逃げて来た数人の男女がいた。チェンバーズはこれが生物兵器「シリーズ14」による混乱だと説明し、全員でシェルターへ逃げることを提案する。
監督:ジェイソン・ハック 出演者:ケン・エドワーズ(フランク・チェンバー)、ジェイソン・ブレニザー(ダグラス)、カトリン・ケイグル(患者X)、ブレア・コックス(コート)、ロバート・H・ランバート(ジェイソン)ほか

「リバービースト ある半漁人の憂鬱」のネタバレあらすじ結末

リバービースト ある半漁人の憂鬱の紹介:2013年アメリカ映画。平和な田舎町に現れた半魚人と、住人達との戦いを描くホラー作品。ニューイングランドの田舎町で暮らしていたニールは、町一番の家庭教師と評価されるほど優秀な人物だった。ところが森の中で伝説の怪物リバービーストに遭遇し、それを話したところ周囲の信頼を失ってしまう。町中から馬鹿にされ、婚約者エマリンにも去られてしまったニールは、失意の中故郷を去った。3年後、町に戻ったニールは信頼とエマリンの心を取り戻すため、猛獣ハンターのフートキンスに依頼しリバービーストの捕獲に乗り出す。
監督:チャールズ・ロクスバーグ 出演:マット・ファーリー(ニール・スチュアート)、シャロン・スカルツォ(アリー・ストーン)、ケヴィン・マッギー(フランク・ストーン)、エリザベス・M・ピーターソン(エマリン・プライス)、ジム・マクヒュー(ポールティーク・ハンソン保安官)ほか

「H・P・ラヴクラフトの ダンウィッチの怪」のネタバレあらすじ結末

H・P・ラヴクラフトの ダンウィッチの怪の紹介:1970年アメリカ映画。H・P・ラヴクラフトの小説『ダンウィッチの怪』を映画化。人知を超えた怪物の恐怖を描くホラー作品。講義を終えた大学教授アーミテッジ博士は、助手で学生のナンシーに奇書『ネクロノミコン』を図書館に戻すよう頼んだ。ナンシーが図書館へ行くと、『ネクロノミコン』を読みたいと言う青年ウィルバーが現れる。ウィルバーがバスに乗り遅れたため、彼の家に車で送り届けたナンシー。するとウィルバーは薬物で彼女の思考能力を奪い、屋敷に留めてしまった。実はウィルバーは超越神ヨグ=ソトースと人間の母の間に生まれた子で、ナンシーを生贄に父神を召喚しようとしていたのだ。アーミテッジ博士とその助手エリザベスは不穏な気配を感じ、ナンシーを屋敷から救出しようとする。しかし彼らの前に、恐ろしい怪物が立ち塞がるのだった。
監督:ダニエル・ホラー 出演者:サンドラ・ディー(ナンシー)、ディーン・ストックウェル(ウィルバー・ウェイトリー)、エド・ベグリー(ヘンリー・アーミテッジ教授)、サム・ジャッフェ(老ウェイトリー)、ロイド・ボックナー(コリー医師)ほか

「禁じられた遊び」のネタバレあらすじ結末

禁じられた遊びの紹介:2023年日本映画。ホラー作家、清水カルマのホラー小説を原作に映像化した作品。父親が冗談半分で息子についた小さな嘘が、後に起こった悲劇をきっかけに恐ろしい恐怖を引き起こし、そこに潜んでいた予想もつかない過去が明らかになって行く様を描いています。
監督:中田秀夫 出演:重岡大毅(直人)、橋本環奈(比呂子)、正垣湊都(春翔)、ファーストサマーウイカ(美雪)、長谷川忍(大門)、倉悠貴(柏原)、猪塚健太(黒崎)、ほか

「スイート・マイホーム」のネタバレあらすじ結末

スイート・マイホームの紹介:2023年日本映画。神津凛子のデビュー作である同名小説を、俳優としても活躍する斎藤工が監督して映像化しました。理想の家、理想の家族を手に入れたはずの主人公・賢二が巻き込まれる恐怖体験と、その裏に隠された真実を描いています。
監督:斎藤工 出演:窪田正孝(賢二)、蓮佛美沙子(ひとみ)、磯村アメリ(サチ)、奈緒(本田)、松角洋平(甘利)、根岸季衣(美子)、窪塚洋介(悟)、里々佳(原)、中島歩(柏原)、ほか

「オクス駅お化け」のネタバレあらすじ結末

オクス駅お化けの紹介:2022年韓国, 日本映画。韓国・ソウルに実在する駅を舞台にした韓国発のウェブ漫画を『リング』シリーズなどの脚本家・高橋洋と『アパートメント』(2007年)のイ・ソヨンが共同で脚本を手がけ、『貞子vs伽椰子』(2016年)などのメガホンを執った白石晃士が脚本協力として参加して完成させた日韓合作のホラー作品です。本作は1948年に日本で実際に発生した「寿産院事件」をモチーフに舞台を現代のソウルに置き換え、駆け出しのウェブニュース記者がオクス駅で発生した謎の人身事故を追ううちに、この駅の地下に隠された廃駅にまつわる怪奇現象の裏側に隠された社会の闇に迫っていく様を描きます。
監督:チョン・ヨンギ 出演者:キム・ボラ(パク・ナヨン)、キム・ジェヒョン(チェ・ウウォン)、シン・ソユル(ヨン・テヒ)、パク・ジェハン(テホ)、イム・ハユン(幼少期のテヒ)、チョ・ヨンホ(幼少期のテホ)、ジン・デヨン(テホの父(テヒの義父))、オ・ジンソク(スンジュン)、キム・グァンヒョン(地下鉄の機関士)、キム・ギョンハ(チェ・ガンサ)、キム・カンイル(湯灌士)、キム・スジン(モ社長)ほか

「死霊館のシスター 呪いの秘密」のネタバレあらすじ結末

死霊館のシスター 呪いの秘密の紹介:2023年アメリカ映画。超常現象を題材にしたアメリカのホラー映画フランチャイズ『死霊館ユニバース』の第9作目で、シリーズの前日譚にあたる第5作『死霊館のシスター』(2018年)の続編です。本作もシリーズ全作品に携わるジェームズ・ワン(『ワイルド・スピード SKY MISSION』『アクアマン』など)がプロデュースを務め、『死霊館のシスター』で登場した悪魔のシスター・ヴァラクとの新たなる戦いを描きます。
監督:マイケル・チャベス 出演:タイッサ・ファーミガ(修道女アイリーン)、ジョナ・ブロケ(モーリス・“フレンチー”・テリオー)、ストーム・リード(修道女デボラ)、アナ・ポップルウェル(ケイト)、ケイトリン・ローズ・ダウニー(ソフィー)、マーゴット・ベルナッツィ(少女時代のアイリーン)、マキシム・エリアス=メネ(ジャック)、パスカル・オベール(ノワレ神父)、スザンヌ・ベルティッシュ(マダム・ローラン)、デヴィッド・ホロヴィッチ(コンロイ枢機卿)、ボニー・アーロンズ(ヴァラク/悪魔の尼僧)ほか

「名探偵ポアロ:ベネチアの亡霊」のネタバレあらすじ結末

名探偵ポアロ:ベネチアの亡霊の紹介:2023年アメリカ映画。第二次世界大戦後の1947年、水上の迷宮都市と称されるイタリアのベネチアで、隠居生活をしていた名探偵エルキュール・ポアロ。ある霊能者のトリックに興味を持った彼は、ハロウィーンの日に子供の霊が現れるという屋敷でのパーティと降霊会に参加する。集まったのは秘密を抱えた客ばかり。そんな中、招待客の1人が人間には不可能な方法で殺される。やがてポアロ自身の命も狙われ、事件は思わぬ末路へ…。原作は“ミステリーの女王”アガサ・クリスティの『ハロウィーン・パーティ』。ケネス・ブラナー監督・主演の≪名探偵ポアロ≫シリーズとしては、『オリエント急行殺人事件』、『ナイル殺人事件』に続く3作目。
監督:ケネス・ブラナー 出演:ケネス・ブラナー(エルキュール・ポアロ)、リッカルド・スカマルチョ(ヴィターレ・ポルトフォリオ)、ティナ・フェイ(アリアドニ・オリヴァ)、カミーユ・コッタン(オルガ・セミノフ)、ケリー・ライリー(ロウィーナ・ドレイク)、ジュード・ヒル(レオポルド・フェリエ)、ジェイミー・ドーナン(フェリエ医師)、ミシェル・ヨー(ジョイス・レイノルズ)、エマ・レアード(デズデモーナ・ホランド)、カイル・アレン(マキシム・ジェラード)、アリ・カーン(ニコラス・ホランド)ほか

「大江山酒天童子」のネタバレあらすじ結末

大江山酒天童子の紹介:1960年日本映画。平安時代に都を脅かした大江山に巣くう悪鬼の伝説を川口松太郎原作の新解釈で描く。若かりし日の大映オールスター豪華キャストと、当時としては斬新だった特撮が見どころ。
監督:田中 徳三 出演:長谷川一夫、市川雷蔵、勝新太郎、本郷功次郎、中村鴈治郎、山本富士子、小沢栄太郎、左幸子、中村玉緒、浜田ゆう子、島田竜三、林成年、田崎潤、金田一敦子、ほか

「ヴィーガンズ・ハム」のネタバレあらすじ結末

ヴィーガンズ・ハムの紹介:2021年フランス映画。完全菜食主義者であるヴィーガンを、肉屋を営むヴィンセントとソフィの夫婦が偶然殺害し、その肉を販売して大好評を得たことで、夫妻がもう二度と後戻りの出来ない道を突き進むことになります。人間の本質的な点をついたブラックコメディホラーです。
監督:ファブリス・エブエ 出演:マリナ・フォイス(ソフィ)、ファブリス・エブエ(ヴィンセント)、ジャン=フランソワ・キ エレイ(マルク)、ヴィルジニー・ホック(ステファニー)、リサ・ドゥ・クート・テイシェイラ(クロエ)、ヴィクトール・ムトレ(リュカ)、ほか

「ドラキュラ/デメテル号最期の航海」のネタバレあらすじ結末

ドラキュラ/デメテル号最期の航海の紹介:2023年アメリカ映画。ブラム・ストーカーの有名小説「吸血鬼ドラキュラ」の原作を元に実写化したのが本作。ルーマニアからイギリスに向かう船内で、異形の怪物が現れ主人公ら乗組員を恐怖に陥れます。皆がよく知るドラキュラとはまた違う姿が刺激的です。
監督:アンドレ・ウーヴレダル 出演:コーリー・ホーキンズ(クレメンス)、アシュリン・フランシオーシ(アンナ)、デビッド・ダストマルチャン(ヴォイチェク)、ハビエル・ボテット(ドラキュラ)、リーアム・カニンガム(エリオット)、ジョン・ジョン・ブリオネス(ジョセフ)、ステファン・カピチッチ(オルガーレン)、ニコライ・ニコラエフ(ペトロフスキー)、マルティン・フルルンド(ラーセン)、クリス・ウォーリー(エイブラムス)、ウッディ・ノーマン(トビー)、ほか

「ゴーストマスター」のネタバレあらすじ結末

ゴーストマスターの紹介:2019年日本映画。恋愛映画の撮影中、助監督の書いたホラー映画「ゴーストマスター」の台本から”ゴーストマスター”から飛び出し、主役の勇也の体の中に入りこみます。殺人鬼となった勇也はスタッフを殺し暴れ出します。助監督はこの様子を撮りつづけますが、展開は助監督の書いた台本通りに進んでいました・・・という内容の、コメディスプラッターホラー映画です。カメラを止めるな!的作品の様ですが、実際は80年代のホラー映画をネタにした笑える1本で、ラストはそのまま「スペースバンパイア」です。
監督:ヤング・ポール 出演者:三浦貴大(黒沢明)、成海璃子(渡良瀬真菜)、板垣瑞生(桜庭勇也)、永尾まりや(牧村百瀬)、原嶋元久(石田謙信)、寺中寿之(室井凡太)、篠原信一(鈴木敦)、川瀬陽太(土田太志)、柴本幸(白石景子)、森下能幸(松尾正平)、手塚とおる(柴田彰久)、麿赤兒(轟哲彦)ほか

「スペイン一家監禁事件」のネタバレあらすじ結末

スペイン一家監禁事件の紹介:2010年スペイン映画。引っ越ししたばかりの豪邸に押し入ってきた強盗3人組。家族3人を拉致すると、ボスが父親を連れて金を引き出そうとしますが、その頃、残った二人は母と娘を…という内容のバイオレンス作品です。問題作「ファニーゲーム」のように、ヒーローもヒロインもいないリアリティだけを追求した後味の悪い1本です。
監督:ミゲル・アンヘル・ビバス 出演者:フェルナンド・カヨ(ハイメ)、アナ・ワヘネル(マルタ)、マヌエラ・ベイェス(イサ)、ギレルモ・バリエントス(ボス)ほか

「28時間後…」のネタバレあらすじ結末

28時間後…の紹介:2011年アメリカ映画。ウイルス研究をする田舎の施設から女性が逃げ出したことで、ウイルス感染が広がり、ゾンビ化した人々が増え始めます。ジョンの独身最後を祝おうとやってきたマット、クレイグ、ジョンはくしくも、このウィルス感染騒動に巻き込まれてしまうのです…。という内容の感染型ゾンビ映画です。28日後や28週後のパクリか?と思われますが、原題はHorridで、日本版のパッケージと、原版のパッケージは別物です。
監督:ジェームス・プロネス 出演者:ケヴィン・カイザー(ジョン)、リズ・リバーチェック(マリア)、カイル・バーグ(クレイグ)、アンバー・レイ・ハラマ(バレリー)ほか

1 2 3 4 5 6 7 108

キーワードから探す

TOP↑