青春映画のあらすじ

「南へ行けば」のネタバレあらすじ結末

南へ行けばの紹介:2009年フランス映画。ある夏、暗い過去を抱えた青年がフォードを運転して北フランスから南を目指して旅をするロードムービー。『アデル、ブルーは熱い色』ので世界的に注目を集めることになるレア・セドゥが美しく奔放、でもシニカルな旅の仲間となる。
監督:セバスチャン・リフシッツ 出演者:レア・セドゥ(レア)、ヤニック・レニエ(サム)、テオ・フリレ(マチュー)、ピエール・ペリエ(ジェレミー)、ニコール・ガルシア(サムの母)、ミシュリーヌ・プレール(サムの祖母)そのほか

「WALKING MAN」のネタバレあらすじ結末

WALKING MANの紹介:2019年日本映画。日本を代表するラッパーのひとりANARCHYの監督デビュー作であり、人気漫画家の高橋ツトムが企画・プロデュース、『民衆の敵』などの梶原阿貴が脚本を手掛けた作品です。ANARCHYと親交のある野村周平が主演を務め、乞音症を抱えた極貧の若者がラップとの出会いを機に人生を大きく変えていく過程を描きます。
監督:ANARCHY 出演者:野村周平(佐巻アトム)、優希美青(佐巻ウラン)、柏原収史(山本さん)、伊藤ゆみ(キム・ヘジョン)、冨樫真(佐巻真由美)、星田英利(柳下勝弘)、渡辺真起子(福本光代)、石橋蓮司(汪さん)、T-Pablow、WILYWNKA、Leon Fanourakis、じょう、LETY、サイプレス上野、hMz、ほか

「新・個人教授」のネタバレあらすじ結末

新・個人教授の紹介:1973年フランス映画。「個人教授」のナタリー・ドロンが再び主演。官能な中年女性がまだなにも知らない気弱な若者に性の手解きをします。若者は恋することの喜びを知り、また一つ大人へと成長していく。ナタリー・ドロンが再び魅力たっぷりの演技を見せてくれています。
監督:ジャック・バラティエ 出演:ナタリー・ドロン(リーズ)、ディディエ・オードパン(パトリック)、ヨアヒム・ハンセン(バーナード)、ミュリエル・カタラ(ディナ)、ベルナール・ジャンテ(ジュリアン)、ルネ・サン=シール(祖母)、ほか

「個人教授」のネタバレあらすじ結末

個人教授の紹介:1968年フランス映画。年上の女性フレデリクに恋をした18歳の学生である主人公オリヴィエ。そんなフレデリクから恋の手解きを受け、オリヴィエが少しずつ大人へと成長していく過程を描いた作品。青春恋愛映画の金字塔と呼ばれ人気を博した作品でもあります。
監督:ミシェル・ボワロン 出演:ルノー・ヴェルレー(オリヴィエ・フェルモン)、ナタリー・ドロン(フレデリク・ダンピエール)、ロベール・オッセン(エンリコ・フォンタナ)、ベルナール・ル・コク(ジャン=ピエール)、カティア・クリスチーヌ(クリスティーヌ)、マルティーヌ・サルセイ(母)、ほか

「あの頃。」のネタバレあらすじ結末

あの頃。の紹介:2020年日本映画。音楽グループ「あらかじめ決められた恋人たちへ」のベーシスト、「神聖かまってちゃん」のマネージャー、漫画家など多彩な活動を展開する劔樹人の自伝的青春コミックエッセイ『あの頃。 男子かしまし物語』を今泉力哉監督が映画化した青春映画です。松坂桃李が若き日の劔樹人を演じ、2000年代初め頃を舞台に「ハロー!プロジェクト(ハロプロ)」のアイドルに魅せられた劔とオタク仲間たちの青春の日々を描きます。
監督:今泉力哉 出演者:松坂桃李(劔樹人)、仲野太賀(コズミン)、山中崇(ロビ)、若葉竜也(西野)、芹澤興人(ナカウチ)、コカドケンタロウ(イトウ)、大下ヒロト(アール)、木口健太(佐伯)、中田青渚(靖子)、片山友希(奈緒)、山﨑夢羽(松浦亜弥)、西田尚美(馬場)ほか

「弱虫ペダル(実写版)」のネタバレあらすじ結末

弱虫ペダルの紹介:2020年日本映画。運動の苦手な主人公がとあるきっかけで高校の自転車競技部に入部するはめになってしまいます。そこで本人すら知らなかった才能に目覚めていく、累計2500万部突破した原作コミックの実写版で気持ちの良い青春映画でもあります。
監督:三木康一郎 原作:渡辺航 出演:永瀬廉(小野田坂道)、伊藤健太郎(今泉俊輔)、橋本環奈(寒咲幹)、坂東龍汰(鳴子章吉)、柳俊太郎(巻島裕介)、菅原健(田所迅)、井上瑞稀(杉元照文)、竜星涼(金城真護)、皆川猿時(寒咲幸司)、ほか

「ベイビーティース」のネタバレあらすじ結末

ベイビーティースの紹介:2019年オーストラリア映画。オーストラリア、シドニー。病を抱える16歳の女子高生ミラは、ふとしたきっかけから孤独な不良少年モーゼスと出会う。恐いもの知らずで危険をかえりみないモーゼスはミラにとって心の支えとなり、やがて恋に落ちる。しかし両親はミラの初めての恋を心配し猛反対。命を謳歌し刹那的に生きたいミラを不器用ながらも優しく包みこむモーゼス。2人は刺激的でカラフルに色づいた日々を駆け抜けていくが…。2020年注目すべき10人の監督にも選出されたシャノン・マーフィ監督の長編デビュー作となる本作は、ミラの最初で最後の恋をヴィヴィッドに描き世界各国の映画祭で注目された。
監督:シャノン・マーフィ 出演:エリザ・スカンレン(ミラ)、トビー・ウォレス(モーゼス)、エシー・デイヴィス(アナ)、ベン・メンデルゾーン(ヘンリー)ほか

「さよなら、退屈なレオニー」のネタバレあらすじ結末

さよなら、退屈なレオニーの紹介:2018年カナダ映画。やりたいことが見つからず全てにいら立つ17歳の少女が、葛藤しながら自分の進む道を模索していく。監督はカンヌ映画祭やトロント国際映画祭でも受賞経験のあるカナダの新鋭セバスティアン・ピロット。
監督:セバスティアン・ピロット 出演:カレル・トランブレ(レオニー)、ピエール=リュック・ブリヤン(スティーヴ)、フランソワ・パピノ、マリー=フランス・マルコット、リュック・ピカール、ほか

「ぐらんぶる」のネタバレあらすじ結末

ぐらんぶるの紹介:2020年日本映画。累計発行部数600万部突破作である井上堅二・吉岡公威著の同名漫画を実写映画化した青春コメディです。『獣電戦隊キョウリュウジャー』の竜星涼と『仮面ライダービルド』の犬飼貴丈をダブル主演に迎え、酒とスキューバダイビングと裸を愛する二人の青年が離島の大学で送る、ふつうじゃない青春を描きます。
監督:英勉 出演者:竜星涼(北原伊織)、犬飼貴丈(今村耕平)、与田祐希(古手川千紗)、朝比奈彩(古手川奈々華)、小倉優香(浜岡梓)、石川恋(吉原愛菜)、鈴之助(時田信治)、岩永洋昭(寿竜次郎)、矢本悠馬(山本真一郎)、森永悠希(野島元)、平田雄也(工藤会長)、髙嶋政宏(古手川登志夫)ほか

「LOVE MY LIFE ラブ マイ ライフ」のネタバレあらすじ結末

LOVE MY LIFE ラブ マイ ライフの紹介:2006年日本映画。やまじえびねの同名コミックが原作。二人の女子大学生のピュアな恋愛を描いた青春ガールズラブ・ストーリー。主人公の泉谷いちこは、ママが亡くなった後は翻訳家のパパと2人で暮らしていました。そんなある日、いちこはエリーという女の子と恋に落ち…。
監督:川野浩司 出演:吉井怜(泉谷いちこ)、今宿麻美(城島エリー)、石田衣良(作家)、高橋一生、平岩紙、 須賀貴匡、川合千春、寺泉憲、秋本奈緒美、池内博之、小泉今日子、浅田美代子、ほか

「ハードロマンチッカー」のネタバレあらすじ結末

ハードロマンチッカーの紹介:2011年日本映画。山口県下関を舞台に、在日韓国人愚連隊と暴走族、ヤクザの抗争と関わりを、一匹狼で在日のグーを中心に描いたバイオレンス不良ドラマです。下関在住の在日韓国人グ・スーヨンの半生を書いた小説を、自ら現代風に映画化した作品です。
監督:グ・スーヨン 出演者:松田翔太(グー)、永山絢斗(辰)、柄本時生(マサル)、遠藤要(パク・ヨンオ)、渡部豪太(安田)、川野直輝(金子)、金子ノブアキ(タカシ)、落合モトキ(パク・ヨンオの弟)、遠藤雄弥(キム・チョンギ)、裴ジョンミョン(カン・テファン)ほか

「ボリショイ・バレエ 2人のスワン」のネタバレあらすじ結末

ボリショイ・バレエ 2人のスワンの紹介:2017年ロシア映画。才能を見出されバレエ学校に途中から入学したユリアと、お嬢様でエリートのカリーナ。卒業公演の主役を争う二人。その裏で講師の因縁や親の不正が渦をまく。
監督:ヴァレリー・トドロフスキー 出演:マルガリータ・シモノヴァ(ユリア・オルシャンスカヤ)、アンナ・イサエヴァ(カリーナ・クルニコヴァ)、アリーサ・フレインドリフ(ガリーナ・ミハローヴナ)、アレクサンドル・ドモガロフ(ウラジミール・ポトツキ)、ニコラ・ル・リッシュ(アントワーヌ・デュバル)、ほか

「天外者(てんがらもん)」のネタバレあらすじ結末

天外者(てんがらもん)の紹介:2020年日本映画。幕末から明治初期にかけて薩摩藩士・明治政府役人・実業家として活躍し、日本の未来のために奔走した五代友厚の生涯を元にしたオリジナルストーリーの青春群像劇です。主人公・五代友厚は本作が遺作となった三浦春馬が演じています。タイトルの天外者(てんがらもん)とは、鹿児島の方言ですごい才能の持ち主を意味しています。
監督:田中光敏 出演者:三浦春馬(五代友厚/五代才助)、三浦翔平(坂本龍馬)、西川貴教(岩崎弥太郎)、森永悠希(伊藤博文/伊藤利助)、森川葵(はる)、内田朝陽(五代徳夫)、迫田孝也(大久保利通)、六角慎司(徳山)、丸山智己(勝海舟)、徳重聡(島津久光)、かたせ梨乃(料亭女将)、田上晃吉(舟木)、榎木孝明(島津斉彬)、八木優希(きく)、河原健二(森元)、ロバート・アンダーソン(トーマス・グラバー)、蓮佛美沙子(五代豊子)、筒井真理子(五代やす)、生瀬勝久(五代秀堯)、宅間孝行(西郷隆盛)ほか

「ケミカル・ハーツ」のネタバレあらすじ結末

ケミカル・ハーツの紹介:2020年アメリカ映画。平凡な高校生の少年が、影のある転校生の少女との恋愛で、初めて愛することを知り、傷つき、悩みながら大人へと成長していくティーンエイジャーの姿を描いた作品。
監督:リチャード・タンネ 出演:オースティン・エイブラムズ(ヘンリー・ペイジ)、リリ・ラインハート(グレイス・タウン)、サラ・ジョーンズ(セイディー)、アディール・カリアン(ケム・シャルマ)、ブルース・アルトマン(トビー)、キャサリン・カーティン(サラ)、ほか

「笑顔の向こうに」のネタバレあらすじ結末

笑顔の向こうにの紹介:2019年日本映画。日本歯科医師協会の全面協力を得て、歯科医療の現場で働く若者の姿をリアルに描いた作品。新人技工士として働き始めた腕に自信がある主人公大地が、その自信を見事に砕かれながらも、もがき成長していく青春ストーリーです。
監督:榎本二郎 出演:高杉真宙(大地)、安田聖愛(真夏)、辻本祐樹、西方凌、濱田英里、ayanonono、木村祐一、池田鉄洋、佐藤藍子、聡太郎、阿部祐二、大平サブロー、中山秀征、秋吉久美子、松原智恵子、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 37

キーワードから探す

TOP↑