「ダイ・ハード4.0」のネタバレあらすじ結末

2017/02/12掲載

ダイ・ハード4.0の紹介:2007年アメリカ映画。人気の映画「ダイハード」シリーズ第4弾作品。今回ダイ・ハード4.0では全米をサイバーテロによって支配するテロ集団に事件に巻き込まれたジョン・マクレーンが立ち向かう痛快アクション映画です。果たして、ジョン・マクレーンはテロ集団を撃退することができるのか!?
監督:レン・ワイズマン 出演:ブルース・ウィリス(ジョン・マクレーン)、ジャスティン・ロング(マット・ファレル)、ティモシー・オリファント(トーマス・ガブリエル)、クリフ・カーティス(ボウマン)、マギー・Q(マイ・リン)、ほか

「ダイ・ハード3」のネタバレあらすじ結末

2017/02/12掲載

ダイ・ハード3の紹介:1995年アメリカ映画。ある日ニューヨークで爆破テロ事件が起こり、主犯であるサイモンは、警部補のマクレーンを呼び出します。様々な謎解きでマクレーンと偶然巻き込まれたゼウスを惑わし、爆破予告を次々にしていくサイモン、彼の目的とは。ダイハードシリーズ第3弾です。
監督:ジョン・マクティアナン 出演者:ブルース・ウィルス(ジョン・マクレーン)、サミュエル・L・ジャクソン(ゼウス・カーバー)、ジェレミー・アイアンズ(サイモン)ほか

「ダイ・ハード2」のネタバレあらすじ結末

2017/02/12掲載

ダイ・ハード2の紹介:1990年アメリカ映画。ヒット作品『ダイ・ハード』(1988年)の続編作品。ナカトミビルでのテロ事件の、ちょうど1年後という設定で話が展開される。クリスマス時期にテロリストに占拠された空港を舞台に、ジョン刑事が再び活躍する。
監督:レニー・ハーリン 出演者:ブルース・ウィリス(ジョン・マクレーン)、ボニー・ベデリア(ホリー・マクレーン)、ウィリアム・サドラー(スチュアート)、フランコ・ネロ(ラモン・エスペランザ)、ウィリアム・アザートン(リチャード・ソーンバーグ)ほか

「ダイ・ハード」のネタバレあらすじ結末

2017/02/12掲載

ダイ・ハードの紹介:1988年アメリカ映画。ニューヨーク市警察の刑事ジョンマクレーンがテロリストと戦うダイハードシリーズの第一作で、別居中の妻の職場を訪ねた際にテロリストの襲撃に巻き込まれたマクレーンはひとりテロリストと戦います。
監督:ジョン・マクティアナン 出演者:ブルース・ウィルス(ジョン・マクレーン)、ボニー・ベデリア(ホリー・マクレーン)、アラン・リックマン(ハンス・グルーパー)ほか

「A.I.」のネタバレあらすじ結末

2017/02/12掲載

A.I.の紹介:2001年アメリカ映画。地球温暖化が進み、人間の出生の制限がかけられた時代。心を持った少年型ロボットデイビッドが開発されました。彼は起動させた人間を愛するようにプログラムされていました。デイビッドは息子が病気で冷凍保存されている夫婦の元に試作品としてやってきます。ロボットと人間の間に愛情は生まれるのか?ロボットと人間は家族になれるのか?スタンリー・キューブリックが長年温めてきた企画をスティーヴン・スピルバーグが監督した作品。
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演者:ハーレイ・ジョエル・オスメント(デイビッド)、ジュード・ロウ(ジゴロ・ジョー)、ジャック・エンジェル(テディ)、フランセス・オコナー(モニカ・スウィントン)ほか

「スター・トレック (2009年)」のネタバレあらすじ結末

2017/02/12掲載

スター・トレックの紹介:2009年アメリカ映画。スタートレックシリーズ11作目で、リブート版1作目。SFテレビや映画の名作「スター・トレック」を、往年のファンも、そうでない人も楽しめる娯楽に仕上げたのが本作品です。カークとスポットの生い立ち、2人が対立しながらも徐々に友情が芽生えていく様を、宇宙艦隊エンタープライズ号の誕生話と絡めて描いています。コスチュームや艦隊のフォルムなど、従来の雰囲気はそのままに、圧倒的なスケールと、緩急つけたテンポ感はJ・J・エイブラムスならではの仕上がりです。
監督:J・J・エイブラムス 出演:クリス・パイン(ジェームズ・T・カーク)、ザカリー・クイント(スポック)、エリック・バナ(ネロ)、ウィノナ・ライダー(アマンダ・グレイソン)、ゾーイ・サルダナ(ウフーラ)、ブルース・グリーンウッド(クリストファー・パイク)、ほか

「アダムス・ファミリー2」のネタバレあらすじ結末

2017/02/11掲載

アダムス・ファミリー2の紹介:1993年アメリカ映画。1991年に大ヒットを博した「アダムス・ファミリー」の続編。新しい家族、ピューパートを加え更にパワーアップしたアダムス家が、家で、サマーキャンプで大暴れする。
監督:バリー・ソネンフェルド 出演:ラウル・ジュリア、(ゴメズ・アダムス)、アンジェリカ・ヒューストン、(モーティシア・アダムス)、クリスティーナ・リッチ(ウェンズデー・アダムス)、ジミー・ワークマン(パグズリー・アダムス)、ほか

「アダムス・ファミリー」のネタバレあらすじ結末

2017/02/11掲載

アダムス・ファミリーの紹介:1991年アメリカ映画。「アダムスのお化け一家@」というTVシリーズで、リチャード・アダムスの怪奇漫画を映画化した作品。公開から20年以上経った現在でも根強い人気を誇るホラーコメディ映画のトップに君臨するとも言える一作。その人気から、第2作にあたる「アダムス・ファミリー2」も製作されている。
監督:バリー・ソネンフェルド 出演:ラウル・ジュリア、(ゴメズ・アダムス)、アンジェリカ・ヒューストン、(モーティシア・アダムス)、クリスティーナ・リッチ(ウェンズデー・アダムス)、ジミー・ワークマン(パグズリー・アダムス)、クリストファー・ロイド/ゴードン・グレイヴ(クリストファー・ロイド)ほか

「ホーム・アローン4」のネタバレあらすじ結末

2017/02/11掲載

ホーム・アローン4の紹介:2002年アメリカ映画。マーブ達の企みを阻止すべく豪邸のハイテク設備で立ち向かうケビンの奮闘を描いた作品。ホーム・アローン/ホーム・アローン2の続編として製作されたが、テレビ映画。前作から10年経過しているため、主演がマコーレー・カルキンからマイケル・ワインバーグとなっている。ホーム・アローン3とは関連が無いため、時系列はホーム・アローン→ホーム・アローン2→ホーム・アローン4となる。
監督:ロッド・ダニエル 出演:マイケル・ワインバーグ(ケビン・マカリスター)、ジェイソン・ベギー(ピーター・マカリスター)、フレンチ・スチュワート(マーブ・チャント)、ミッシー・パイル(ベラ)ほか

「ホーム・アローン3」のネタバレあらすじ結末

2017/02/11掲載

ホーム・アローン3の紹介:1998年アメリカ映画。少年ケビンが泥棒二人とたたかうホームアローンシリーズの3作目です。主人公はシカゴに住む8歳のアレックスで世界的に指名手配の4人とトップシークレットのチップをめぐって戦います。
監督:ラージャ・ゴスネル 出演:アレックス・D・リンツ(アレックス)、オレク・クルパ(ポープレー)、リア・キルステッド(アリス)、レニー・フォン・ドーレン(ジャーニガン)、デヴィッド・ソーントン(アンガー)、ほか

「ホーム・アローン2」のネタバレあらすじ結末

2017/02/11掲載

ホーム・アローン2の紹介:1992年アメリカ映画。家族とはぐれ、たった一人で泥棒に立ち向かうことになったケビンのドタバタ劇を描くコメディ。当時、プラザホテルのオーナーだった現アメリカ合衆国大統領のドナルド・トランプがカメオ出演している。ホームレスの女性=鳩おばさん役のブレンダ・フリッカーは、奇しくも私生活で本当に破産してしまったことを明かしている。劇中使用されているプラザホテルの電話番号は実際の電話番号。
監督:クリス・コロンバス 出演:マコーレー・カルキン(ケビン)、ジョー・ペシ(ハリー)、ダニエル・スターン(マーヴ)、ジョン・ハード(ピーター)、キャサリン・オハラ(ケイト)、ブレンダ・フリッカー(鳩の婦人)、ティム・カリー(ホテルの接客係)、ほか

「カオス」のネタバレあらすじ結末

2017/02/11掲載

カオスの紹介:2000年日本映画。萩原聖人演じる便利屋が美しい人妻(中谷美紀)に狂言誘拐を依頼され、予定通り実行にうつします。しかしその妻は殺されてしまいます。その後死んだはずの妻を目撃した便利屋は真相の解明に乗り出します。
監督:中田秀夫 出演:萩原聖人(便利屋・黒田五郎)、中谷美紀(津島さと美)、光石研(小宮山隆幸)、國村隼(浜口警部)、ほか

「セイフヘイヴン」のネタバレあらすじ結末

2017/02/11掲載

セイフヘイヴンの紹介:2013年アメリカ映画。『君に読む物語』の作者であるニコラス・スパークスの恋愛小説をもとに映画化されたラブサスペンス作品。小さい港町で暮らし始める女性が、妻を亡くした男性と恋に落ちるが、逃亡中の身でもあった女性の真実が明かされていく様子を描く。
監督:ラッセ・ハルストレム 出演:ジョシュ・デュアメル(アレックス・ウィートリー)、ジュリアン・ハフ(ケイティ・フェルドマン)、コビー・スマルダーズ(ジョー)、デヴィッド・ライオンズ(ケヴィン・ティアニー)、ほか

「ピッチ・パーフェクト」のネタバレあらすじ結末

2017/02/11掲載

ピッチ・パーフェクトの紹介:2012年アメリカ映画。『バーデン・ベラーズ』というアカペラサークルに集まった変わり者たちが繰り広げるミュージカルコメディ映画。主人公のベッカはバーデン大学に入学したばかり。大学生活を楽しみにしていたわけでもなく、クールな性格ゆえ、友達も積極的に作ろうとはしない。心配した父が部活動を提案するもベッカは乗り気ではない。ところが、ベッカの美声に惚れ込んだアカペラ部ベラーズのクロエが、ベラーズの入部を強く勧めてきた。半ば強引に入部するも、さまざまな仲間と出会い、いつしかベッカ自身も本気で全国大会を目指すようになる。
監督:ジェイソン・ムーア 出演:アナ・ケンドリック(ベッカ)、スカイラー・アスティン(ジェシー)、レベル・ウィルソン(ファット・エイミー)、アダム・ディヴァイン(バンパー)、ほか

「インターステラー」のネタバレあらすじ結末

2017/02/10掲載

インターステラーの紹介:2014年アメリカ映画。死滅しかけた地球にすむ人々を救うため宇宙飛行士達は宇宙へと旅立ちます。その中の一人クーパーは、娘マーフに必ず帰ると誓い宇宙、時間など科学の謎をとくためチームへと加わったのでした。
監督:クリストファー・ノーラン 出演者:マシュー・マコノヒー(ジョセフ・クーパー)、アン・ハサウェイ(アメリア・ブランド)、ジェシカ・チャステイン(マーフ)、ビル・アーウィン(TARS)、マイケル・ケイン(ブランド教授)ほか

1 162 163 164 165 166 167 168 169 170 350
TOP↑