「ソウ3」のネタバレあらすじ結末

2015/09/08掲載

ソウ3の紹介:2006年アメリカ・カナダ映画。スリラー映画の第3弾で、今作では前2作に見られたミステリー要素がなくなり、残虐性が増した作品となっています。食肉加工工場でのゲームが繰り広げられます。
監督:ダーレン・リン・バウズマン 出演:トビン・ベル、ショウニー・スミス、アンガス・マクファーデン、バハー・スーメクほか

「ソウ2」のネタバレあらすじ結末

2015/09/08掲載

ソウ2の紹介:2005年アメリカ・カナダ映画。ソリッドシュチュエーションスリラー映画の第2弾で、今回は監督が前作と変わり、ゲームの首謀者が逮捕されるという衝撃の展開から物語が進んでいきます。
監督:ダーレン・リン・バウズマン 出演:トビン・ベル、ドニー・ウォルバーグ、ディナ・メイヤー、リリク・ベントほか

「ソウ」のネタバレあらすじ結末

2015/09/08掲載

ソウの紹介:2004年アメリカ/オーストラリア映画。密室で起こる殺人ゲームという内容となっており、サンダンス映画祭で好評を得た作品です。また、ソウという題名は、ノコギリのソウと見るの過去形であるソウ、そしてジグソウという犯人の名前をかけている題名になります。監督:ジェームズ ワン 出演:ケイリー・エルウィス、リー・ワネル、ダニー・グローヴァー、ケン・レオンほか

「ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島」のネタバレあらすじ結末

2015/09/07掲載

ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島の紹介:2010年イギリス映画。C・S・ルイスの児童文学であるナルニア国物語(原題:The Chronicles of Narnia)を映画化したシリーズ。原作第三弾のナルニア国物語 朝びらき丸 東の海へを映画化した作品です。この物語では初めてメインストーリーが陸地でなく、海と島をメインに描かれています。
監督:マイケル・アプテッド 出演: ジョージー・ヘンリー(ルーシー・ペベンシー)、スキャンダー・ケインズ(エドマンド・ペベンシー)、ウィル・ポールター(ユースチス・ペベンシー)、ベン・バーンズ(カスピアン)、ティルダ・スウィントン(白い魔女)、ローラ・ブレント(リリアンディル)ゲイリー・スウィート(ドリニアン)、テリー・ノリス(ベルン卿)、ブルース・スペンス(ループ卿)、リーアム・ニーソン (アスラン)ほか

「ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛」のネタバレあらすじ結末

2015/09/07掲載

ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛の紹介:2008年アメリカ映画。C・S・ルイスの児童文学であるナルニア国物語(原題:The Chronicles of Narnia)を映画化したシリーズ。ナルニア国物語の第二作目を原作とする物語で、今作では動物だけだったナルニア国に人間も入り乱れての大混戦が描かれます。合戦シーンが見ものとなります。
監督:アンドリュー・アダムソン 出演: ジョージー・ヘンリー(ルーシー・ペベンシー)、スキャンダー・ケインズ(エドマンド・ペベンシー)、ウィリアム・モーズリー(ピーター・ペベンシー)、アナ・ポップルウェル(スーザン・ペベンシー)、ベン・バーンズ(カスピアン王子)、ピーター・ディンクレイジ(トランプキン)ほか

「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」のネタバレあらすじ結末

2015/09/07掲載

ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女の紹介:2005年アメリカ映画。CSルイスの児童文学であるナルニア国物語(原題:The Chronicles of Narnia)を映画化した作品で、今作はアカデミー賞のメイクアップ賞を受賞しました。美しい映像のナルニア国物語は、すべてニュージーランドで撮影されています。
監督:アンドリュー・アダムソン 出演:ティルダ・スウィントン(白い魔女)、リーアム・ニーソン(アスランの声)、ジョージー・ヘンリー(ルーシー・ペベンシー)、スキャンダー・ケインズ(エドマンド・ペベンシー)、ウィリアム・モーズリー(ピーター・ペベンシー)、アナ・ポップルウェル(スーザン・ペベンシー)、ジェームズ・マカヴォイ(タムナスさん)ほか

「マンマ・ミーア!」のネタバレあらすじ結末

2015/09/06掲載

映画マンマ・ミーア!の紹介:2008年イギリス,アメリカ映画。母と娘の強い絆を描いた、見る人をハッピーにさせてくれるハートフルなミュージカル映画。サウンドトラックには、全曲ABBAの楽曲が使われていて、楽しい気持ちを盛り上げてくれること間違いなしです。
監督:フィリダ・ロイド 出演:メリル・ストリープ(ドナ)、アマンダ・セイフライド(ソフィ)、ピアース・ブロスナン(父親候補1)、コリン・ファース(父親候補2)、ステラン・スカルスガルド(父親候補3)ほか

「ローマの休日」のネタバレあらすじ結末

2015/09/06掲載

ローマの休日の紹介:1953年アメリカ映画。王女と新聞記者という身分違いの恋を描いた、ロマンチックで切ないラブストーリー。永遠の妖精と呼ばれるオードリー・ヘップバーンの可憐な魅力が遺憾なく発揮された作品です。作品の舞台となるローマの街の美しさも見どころの一つとなっています。
監督:ウイリアム・ワイラー 出演:オードリー・ヘップバーン(アン王女)、グレゴリー・ペッグ(新聞記者 ジョー)、エディ・アルバート(ジョーの同僚のカメラマン)、ハートリー・パワー(ジョーの上司)ほか

「Shall we ダンス?」のネタバレあらすじ結末

2015/09/06掲載

Shall we ダンス?(シャルウィダンス?)の紹介:1996年日本映画。社交ダンスをテーマとしたハートフルコメディー。平凡なサラリーマンが、社交ダンスに生きがいを見出していく姿を面白おかしく描かれています。興業的にも大成功をおさめ、この映画をきっかけに社交ダンスブームが巻き起こりました。
監督:周防正行 出演:役所広司(杉山)、舞(草刈民代)、竹中直人(ダンス教室の仲間)、渡辺えり子(ダンス教室の仲間)、草村礼子(たま子先生)、原日出子(杉山の妻)ほか

「着信アリFinal」のネタバレあらすじ結末

2015/09/06掲載

着信アリFinalの紹介:2006年日本映画。韓国へと修学旅行に来ていた学生たちの元に、死の予告電話が鳴り始める。その着信の電話を受けとった者は、誰かに転送すれば助かるというものであった。転送すれば死なないと分かった生徒達は、自分だけは助かろうと恐ろしい行動に出る。
監督:麻生学 出演:堀北真希、黒木メイサ、板尾創路、チャン・グンソクほか

「下妻物語(2004年)」のネタバレあらすじ結末

2015/09/06掲載

下妻物語の紹介:2004年日本映画。下妻を舞台に、ロリータとヤンキーという意表をつく組み合わせの2人が、奇妙な友情で結ばれていく様子を描いた作品。ロリータ娘の桃子を演じる深田恭子とヤンキーのイチゴを演じる土屋アンナが等身大の女子高生の姿を好演し、面白くて最期にはほろっと泣ける感動の青春映画です。
監督:中島哲也 出演:深田恭子(桃子)、土屋アンナ(イチゴ)、宮迫博之(桃子の父)、篠原涼子(桃子の母)ほか

「フラガール」のネタバレあらすじ結末

2015/09/06掲載

フラガールの紹介:2006年日本映画。常盤ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の誕生の軌跡を描いた、実話をもとにした感動作。男性優位の炭鉱の町で、フラダンスを通じて女性の自己実現を成し遂げたフラガール達の若い生命力と希望に満ち溢れる姿は、新しい時代の幕開けを感じさせ、観るものに爽やかな感動を与えます。第30回日本アカデミー賞最優秀賞作品賞受賞作品。
監督:李相日 出演:蒼井優(紀美子)、松雪泰子(まどか)、山崎静代(小百合)、豊川悦司(紀美子の兄)、岸部一徳(吉本)、富司純子(紀美子の母)ほか

「君に届け」のネタバレあらすじ結末

2015/09/05掲載

映画 君に届けの紹介:2010年日本映画。小学生の頃、遊具の土管の穴から出て来た爽子を見て子供達が、「貞子」にそっくりだと言われたのが爽子の運の尽きとなる。その日から「貞子」とあだ名が付けられ、みんなから恐れられる様になってしまった。高校生になった爽子の前に、ある日風早翔太が現れた事から爽子の運命の歯車が回り始める。
監督:熊澤尚人 出演:多部未華子(黒沼爽子)、三浦春馬(風早翔太)、夏菜(矢野あかね)、蓮佛美沙子(吉田千鶴)、桐谷美玲(胡桃沢梅)ほか

「おくりびと」のネタバレあらすじ結末

2015/09/05掲載

映画 おくりびとの紹介:2008年日本映画。死という誰にでも起こりうる最期の時に立ち会う納棺師という職業をテーマに、おくりびと(納棺師)として働く主人公の葛藤や成長を描いた映画。生と死、家族の絆、愛する人との別れについて、深く考えさせられる名作です。おくりびとは第81回アカデミー賞外国語映画賞受賞作品です。
監督:滝田洋二郎 出演:本木雅弘(大悟)、広末涼子(大悟の妻)、山崎努(社長 佐々木)、余貴美子(事務員)ほか

「スチュアート・リトル2」のネタバレあらすじ結末

2015/09/05掲載

スチュアート・リトル2の紹介:2002年アメリカ映画。養護施設から貰われてきてから2年、リトル家には新しい家族がまた増えていた。ジョージとスチュワートに、妹ができていた。スチュワートは学校へ通うようになっていた、そんなある日タカに追われて傷ついた小鳥のマーガロに出会う。
監督:ロブ・ミンコフ 出演:スチュアート・リトル(声)マイケル・J・フォックス/藤原竜也、マーガロ(声)メラニー・グリフィス/島本須美、ジーナ・デイヴィス、ヒュー・ローリーほか
     ジョナサン・リプニッキ

1 162 163 164 165 166 167 168 169 170 192
TOP↑