「おとなのけんか」のネタバレあらすじ結末

2018/02/17掲載

おとなのけんかの紹介:2011年フランス,ドイツ,ポーランド映画。子供同士がけんかしケガをしたのでそのために話し合うために集まっただけの二組の夫婦…ですがお互いヒートアップしていき子供以上に子供っぽい言い争いになっていくようすコミカルに描いた映画です。
監督:ロマン・ポランスキー 出演:ジョディ・フォスター(ペネロペ・ロングストリート)、ケイト・ウィンスレット(ナンシー・カウアン)、クリストフ・ヴァルツ(アラン・カウアン)、ジョン・C・ライリー(マイケル・ロングストリート)、ほか

「LOOP/ループ 時に囚われた男」のネタバレあらすじ結末

2018/02/17掲載

LOOP/ループ 時に囚われた男の紹介:2016年ハンガリー 映画。裏稼業から抜けようとするアダムは、 妊娠した恋人アンナとの関係に行き詰ります。アンナが命を落とす現場を目撃したアダムは、もう一人の自分がいるタイム・ループの渦に捕らわれてしまいます。なぜがもう一度見直したくなる、ハンガリー発の異色タイム・ループ系の作品です。
監督:イシュティ・マダラース 出演者:ディーネシュ・サーラズ(アダム)、ドリナ・マルティノヴィチ(アンナ)、ジョルト・アンゲル(デジュー)ほか

「今夜、ロマンス劇場で」のネタバレあらすじ結末

2018/02/16掲載

今夜、ロマンス劇場での紹介:2018年日本映画。映画監督を夢見ている青年の牧野健司。助監督として京映撮影所で忙しく走り回る毎日を送っています。そんな彼は通い慣れている古びた映画館ロマンス劇場で忘れ去られたモノクロ映画『お転婆姫と三獣士』のお姫様の美雪に思いを寄せています。雨が降り、雷が鳴っていたある夜、健司に奇跡が起きます。なんと今まで映画のスクリーン越しに見ていたお姫様の美雪が彼の前に飛び出してきたのです。お転婆でわがままは彼女に振り回されながらも、いつしか健司は美雪に恋をするのです。
監督:武内英樹 出演:綾瀬はるか(美雪)、坂口健太郎(牧野健司)、本田翼(成瀬塔子)、北村一輝(俊藤龍之介)、中尾明慶(山中伸太郎)、石橋杏奈(吉川天音)、ほか

「狂乱のアメリカ」のネタバレあらすじ結末

2018/02/16掲載

狂乱のアメリカの紹介:1932年アメリカ映画。大恐慌のさなか、ディクソン頭取の経営方針は他の役員の批判を浴びる。そこに銀行強盗とディクソンの結婚生活の危機が。フランク・キャプラ監督の『スミス都へ行く』、『素晴らしき哉、人生!』等の作品に通じる、理想を高く掲げる主人公をウォルター・ヒューストンが演じる。
監督:フランク・キャプラ 出演者:ウォルター・ヒューストン(トム・ディクソン)、パット・オブライエン(マット・ブラウン)、コンスタンス・カミングス(ヘレン)、ケイ・ジョンソン(フィリス・ディクソン)、ほか

「民衆の敵 (1931年)」のネタバレあらすじ結末

2018/02/16掲載

民衆の敵の紹介:1931年アメリカ映画。ギャング映画の古典の一つ。撮影直前に脇役から主役に換えられたジェームズ・キャグニーを大スターにした。愛人を演じるメエ・クラークの頬にグレープフルーツを押し付けるシーン等の瞬発的で、そして優雅な動作が強い印象を与える。
監督:ウィリアム・A・ウェルマン 出演者:ジェームズ・キャグニー(トム・パワーズ)、ジーン・ハーロウ(グウェン)、エドワード・ウッズ(マット・ドイル)、ドナルド・クック(マイク・パワーズ)、メエ・クラーク(キティ)、メイミー(ジョーン・ブロンデル)、ほか

「アルプスの若大将」のネタバレあらすじ結末

2018/02/16掲載

アルプスの若大将の紹介:1966年日本映画。加山雄三の代名詞である若大将シリーズの第7作です。今回はシリーズ二度目となる海外ロケをヨーロッパのアルプス山脈やウィーン、ローマで敢行、加山雄三も吹き替えなしでスキーのシーンに挑んでいます。
監督:古澤憲吾 出演者:加山雄三(田沼雄一(若大将))、星由里子(岸澄子)、田中邦衛(石山新次郎(青大将))、江原達怡(江口敏)、イーデス・ハンソン(リセエンヌ)ほか

「キャンプ・ロック」のネタバレあらすじ結末

2018/02/16掲載

キャンプ・ロックの紹介:2008年アメリカ映画。「キャンプロック」はディズニーチャンネルオリジナルムービーでロックを愛する少女の、思春期によくあることをアメリカらしく映画作品にしています。ロック歌手を目指す女の子達がキャンプで共同生活して行くうちに、成長して行く物語です。主人公の女の子はキャンプに参加する女の子達が裕福なため、つい自分は社長の娘だと嘘をついてしまいます。そのことでゴタゴタに巻き込まれてしまいます。そのゴタゴタで鬱々した気持ちを音楽で跳ね除けていきます。スターを目指す女の子の気持ちをアメリカらしく描いています。
監督:マシュー・ダイアモンド 出演:ジョー・ジョナス(シェーン)、ニック・ジョナス(ネイト)、ケヴィン・ジョナス(ジェイソン)、デミ・ロヴァート(ミッチー)、メーガン・ジェット・マーティン(テス)、アリソン・ストーナー(ケイトリン)、ほか

「結婚詐欺師」のネタバレあらすじ結末

2018/02/16掲載

結婚詐欺師の紹介:2007年日本映画。「結婚詐欺師」は及南アサの小説を原作とした作品です。加藤雅也扮する結婚詐欺師を内村光良扮する冴えない刑事が追いかけます。結婚詐欺師は背が高くカッコ良く、女性が魅力的に思える職業を装い騙されてもおかしくない完璧な出で立ちで女性達を騙していきます。
監督:金子修介 出演:内村光良(阿久津洋平)、加藤雅也(橋口雄一郎)、鶴田真由(江本美和子)、星野真里(曽田理恵)、満島ひかり(藤本ゆか)、奥寺広和(遠藤憲一)、笹野高史(橋口の親戚)ほか

「大いなる遺産 (1998年)」のネタバレあらすじ結末

2018/02/16掲載

大いなる遺産の紹介:1998年アメリカ映画。イギリスの文豪チャールズ・ディケンズの同名長編小説の映画化作品で、数度映画化された作品の1998年版です。舞台を1998年当時のアメリカに置き換え、画家を志す青年と幼馴染との恋、脱獄囚との心の交流などを描いています。
監督:アルフォンソ・キュアロン 出演者:イーサン・ホーク(フィネガン・“フィン”・ベル)、グウィネス・パルトロー(エステラ・ディンズモア)、アン・バンクロフト(ノーラ・ディンズモア)、クリス・クーパー(ジョー・コールマン)、ロバート・デ・ニーロ(アーサー・ラスティグ)ほか

「クロッカーズ」のネタバレあらすじ結末

2018/02/16掲載

クロッカーズの紹介:1995年アメリカ映画。スパイク・リーとマーティン・スコセッシが製作した黒人たちの住む地域の問題を題材にしたテーマ。肌の色の違いで収入の方法がこうも変わるのか、銃をもたない世界にはなれないのか、と思うと切なく考えさせられる作品です。
監督:スパイク・リー  出演者:ハーヴェイ・カイテル(ロッコ刑事)、ジョン・タトゥーロ(ラリー刑事)、デルロイ・リンドー(ロドニー)、メキ・ファイファー(ストライク)、イザイア・ワシントン(ヴィクター)

「エル・トポ」のネタバレあらすじ結末

2018/02/15掲載

エル・トポの紹介:1969年メキシコ映画。奇才アレハンドロ・ホドロフスキーによる伝説のカルト・ムービー。西部劇の体裁を取りながら、キリストの死と再生を連想させる衝撃的な内容が話題を呼びました。
監督:アレハンドロ・ホドロフスキー 出演:アレハンドロ・ホドロフスキー(エル・トポ)、ブロンティス・ホドロフスキー(幼少時のブロンティス)、マーラ・ロレンツィオ(マーラ)、ポーラ・ロモ(女ガンマン)、ロバート・ジョン(成人したブロンティス)ほか

「暁の用心棒」のネタバレあらすじ結末

2018/02/15掲載

暁の用心棒の紹介:1966年イタリア映画。名無しの主人公と盗賊団の戦いを描いたマカロニ・ウェスタン。アメリカ政府がメキシコに援助金を渡すという情報を得た名無しの男<よそ者>は、金が運ばれてくる町までやって来た。よそ者はそこで遭遇した盗賊団と協力して金を手に入れるが、裏切られ命を狙われてしまう。盗賊団に攫われた女と金を取り戻すため、よそ者は銃を手に戦いを挑むのだった。
監督:ヴァンス・ルイス 出演者:トニー・アンソニー(よそ者)、フランク・ウォルフ(アギラ)、ジア・サンドリ(マルカ)、ヨランダ・モディオ(チーカ)、ラフ・バルダッサーレ(カルボ)ほか

「殺人者」のネタバレあらすじ結末

2018/02/15掲載

殺人者の紹介:1946年アメリカ映画。食堂に現れた二人の殺し屋と彼らに殺されることを部屋で待つばかりの元ボクサーを描いたアーネスト・ヘミングウェイの短編小説を膨らませた映画は典型的なフィルム・ノワールになった。元ボクサー役のバート・ランカスターの映画デビュー作。ドン・シーゲル監督によるリメイク、『殺人者たち』(1964)が存在する。
監督:ロバート・シオドマク 出演者:バート・ランカスター(スウェード)、エヴァ・ガードナー(キティ)、エドモンド・オブライエン(リアドン)、アルバート・デッカー(コルファクス)、チャールズ・マッグロー(殺し屋)、ウィリアム・コンラッド(殺し屋)

「推理作家ポー 最期の5日間」のネタバレあらすじ結末

2018/02/15掲載

推理作家ポー 最期の5日間の紹介:2012年アメリカ映画。数々の名作を発表してきたミステリー作家、エドガー・アラン・ポー。実は彼の死は、多くの不可解な謎を残したものだった。彼の最期に何がおこったのか。
監督:ジェームズ・マクティーグ 出演:ジョン・キューザック(エドガー・アラン・ポー)、ルーク・エヴァンス(エメット・フィールズ刑事)、アリス・イヴ(エミリー・ハミルトン)、ブレンダン・グリーソン(ハミルトン大尉)、ケヴィン・マクナリー(マドックス編集長)、ほか

「雪の断章 情熱」のネタバレあらすじ結末

2018/02/15掲載

雪の断章 情熱の紹介:1985年日本映画。佐々木丸美の同名小説の映画化。当時アイドルとして人気だった斎藤由貴の初映画主演作として話題を呼びました。監督は「台風クラブ」で脚光を浴びた相米慎二。
監督:相米慎二 出演:斉藤由貴(夏樹伊織)、榎木孝明(広瀬雄一)、岡本舞(那波裕子)、矢代朝子(細野恵子)、藤本恭子(那波佐智子)、塩沢とき(学校の先生)、河内桃子(カネ)、世良公則(津島大介)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 385
TOP↑