天使にラブ・ソングを…の紹介:1992年アメリカ映画。しがない歌手として生活していた主人公デロリスは、ひょんなことからマフィアによる殺人現場を目撃。報復を恐れ、デロリスは警部のツテにより自分と正反対の世界、修道院へと匿われることになる。そこでの騒動と歌を主軸としたコメディー作品。アメリカでの映画だが、本国では6か月を記録するほどの大ヒットとなった。
監督:エミール・アルドリーノ 出演:ウーピー・ゴールドバーグ(デロリス(シスター・クラレンス)、マギー・スミス(修道院長)、キャシー・ナジミー(シスター・パトリック)、ハーヴェイ・カイテル(ヴィンス)、ウェンディ・マッケナ(シスター・ロバート)、メアリー・ウィックス(シスター・ラザラス)、ビル・ナン(サザー警部)ほか