「リミット・オブ・アサシン」のネタバレあらすじ結末

2021/03/04掲載

リミット・オブ・アサシンの紹介:2017年アメリカ,中国映画。組織に裏切られ、最愛の家族を失った凄腕の殺し屋が暗殺の任務中に命を落とし、特殊な組成技術で24時間限りの命を与えられて組織に復讐を挑む姿を描いたノンストップアクション作品です。主人公の殺し屋をイーサン・ホークが演じ、製作には『ジョン・ウィック』シリーズの製作チームが携わっています。
監督:ブライアン・スムルツ 出演者:イーサン・ホーク(トラヴィス・コンラッド)、シュイ・チン(リン・ビセット)、リアム・カニンガム(ウェッツラー)、ルトガー・ハウアー(フランク)、ポール・アンダーソン(ジム・モロー)、タイロン・キーオ(キース・ゼラ)ほか

「怒りのガンマン/銀山の大虐殺」のネタバレあらすじ結末

2021/03/04掲載

怒りのガンマン/銀山の大虐殺の紹介:1969年イタリア映画。『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』『ウエスタン』でセルジオ・レオーネ監督の助監督を務めたジャンカルロ・サンティの監督デビュー作となるマカロニウエスタンです。西部開拓時代を舞台に、訳ありの賞金首を助けた元保安官が事件の真相を探るうちに銀の鉱脈にまつわる抗争に巻き込まれていく様を描きます。
監督:ジャンカルロ・サンティ 出演:リー・ヴァン・クリーフ(クレイトン)、ピーター・オブライエン(フィリップ・フェルメール)、ジェス・ハーン(御者)、ホルスト・フランク(デヴィッド・サクソン)、マルク・マッツァ(イーライ・サクソン)、クラウス・グリュンベルク(アダム・サクソン)、アントニオ・カサール(ホール)、ドミニク・ダレル(エリザベス)ほか

「個人教授」のネタバレあらすじ結末

2021/03/04掲載

個人教授の紹介:1968年フランス映画。年上の女性フレデリクに恋をした18歳の学生である主人公オリヴィエ。そんなフレデリクから恋の手解きを受け、オリヴィエが少しずつ大人へと成長していく過程を描いた作品。青春恋愛映画の金字塔と呼ばれ人気を博した作品でもあります。
監督:ミシェル・ボワロン 出演:ルノー・ヴェルレー(オリヴィエ・フェルモン)、ナタリー・ドロン(フレデリク・ダンピエール)、ロベール・オッセン(エンリコ・フォンタナ)、ベルナール・ル・コク(ジャン=ピエール)、カティア・クリスチーヌ(クリスティーヌ)、マルティーヌ・サルセイ(母)、ほか

「はじめてのおもてなし」のネタバレあらすじ結末

2021/03/03掲載

はじめてのおもてなしの紹介:2016年ドイツ映画。問題を抱える家族がひとりの難民を受け入れたことことで、騒動に巻き込まれながらも改めて家族の大切さに気づくまでをコミカルに描いたヒューマン・ドラマ。
監督:ジーモン・ファーフーフェン 出演:センタ・バーガー(アンゲリカ・ハートマン)、ハイナー・ラウターバッハ(Dr.リヒャルト・ハートマン)、フロリアン・ダーヴィト・フィッツ(フィリップ・ハートマン)、パリーナ・ロジンスキー(ゾフィ・ハートマン)、エリアス・ムバレク(Dr.タレク・ベルガー)、エリック・カボンゴ(ディアロ・マカブリ)、ほか

「ゴア・ゴア・ガールズ」のネタバレあらすじ結末

2021/03/03掲載

ゴア・ゴア・ガールズの紹介:1971年アメリカ映画。次々と惨殺されるストリッパーたち。探偵と共に事件の真相を追う女性記者にも危険が迫る。上品な観客が目を背ける類のエクスプロイテーション映画、とりわけ「ゴア」(血のり)まみれの映画で知られ、スプラッタームービーの始祖とみなされるハーシェル・ゴードン・ルイス監督は、本作の後、『ブラッド・フィースト 血の祝祭日2』(2002年)まで監督業から遠ざかることになる。
監督:ハーシェル・ゴードン・ルイス 出演者:フランク・クレス(エイブラハム・ジェントリー)、エミー・ファレル(ナンシー・ウェストン)、ヘッダ・ルービン(マーリーン)、ヘニー・ヤングマン(マーズドン・モブリー)そのほか

「命の代償」のネタバレあらすじ結末

2021/03/03掲載

命の代償の紹介:2010年カナダ映画。車で妊婦を撥ねて逃げ、罪悪感から子を失った彼女に寄り添う男と、そうとは知らず男に信頼を寄せていく被害女性が真実に向き合うまでを描いた人生ドラマ。
監督:デボラ・チョウ 出演:ザック・ブラフ(ヘンリー)、イザベル・ブレ(ナタリー)、パトリック・ラベ(ミシェル)、ジュリアン・ロー(ジョニー)、ほか

「数に溺れて」のネタバレあらすじ結末

2021/03/03掲載

数に溺れての紹介:1988年イギリス映画。美しい田園風景の広がる土地で連続する、男たちの溺死事故。死者の妻たちの名は皆『シシー・コルピッツ』。祖母、その娘、その姪の3人だった…。監督は独特の作風の知的な映画で人気だったピーター・グリーナウェイ。音楽は多くのグリーナウェイ作品や『ピアノ・レッスン』の音楽を担当したマイケル・ナイマン。カンヌ国際映画祭、最優秀芸術貢献賞受賞。別題は『数に溺れて/快楽の夫殺しゲーム』
監督:ピーター・グリーナウェイ 出演:バーナード・ヒル(マジェット)、ジョーン・プロウライト(シシー・コルピッツ1)、ジュリエット・スティーヴンソン(シシー・コルピッツ2)、ジョエリー・リチャードソン(シシー・コルピッツ3)、ジェイソン・エドワーズ(スマット)、ほか

「ベイビー・オブ・マコン」のネタバレあらすじ結末

2021/03/02掲載

ベイビー・オブ・マコンの紹介:1993年イギリス,ドイツ,フランス映画。バロック文化が栄えていた17世紀、フィレンツェと思われるイタリアのある都市で「ベイビー・オブ・マコン」と題された芝居が始まる。飢餓と不妊がはびこる町に、何年も生まれなかった五体満足の美しい男の赤ん坊が生まれ、奇跡の子と崇められるが、その子は大人たちの貪欲の犠牲になっていく。だが、この芝居(俳優)と現実(観客)の境はすぐさま揺らいでいく。ピーター・グリーナウェイならではの豪華絢爛な美術と美しい映像(撮影監督はグリーナウェイやアラン・レネの作品で知られるサッシャ・ヴィエルニー)にもかかわらず、血まみれで残虐な暴力とさらけ出された多数の裸体で物議をかもした作品。
監督:ピーター・グリーナウェイ 出演者:ジュリア・オーモンド(娘)、レイフ・ファインズ(司教の息子)、フィリップ・ストーン(司教)、ジョナサン・レイシー(コシモ)、ほか

「アンダーフェイス」のネタバレあらすじ結末

2021/03/02掲載

アンダーフェイスの紹介:2014年日本映画。ヤクザの親分の息子である秀治は、子供の頃から「ヤクザの息子」となじられ、成長すると父とは縁を切り一人でバーを経営していました。妹の結婚式を境に、子供時代可愛がってくれた徳田が出所し、対抗組織に寝返えると抗争が始まり、秀治も巻き込まれることになり…という内容のVシネマの面々が出演する劇場公開作品です。
監督:浅生マサヒロ 出演者:原田龍二(秀治)、小沢和義(ヨシオ)、下出丞一(ナオヤ)、中丸シオン(ミサキ)、古井榮一(野村)、史朗(田嶋)、小沢仁志(徳田)ほか

「DAU. ナターシャ」のネタバレあらすじ結末

2021/03/02掲載

DAU. ナターシャの紹介:2020年ドイツ,ウクライナ,イギリス,ロシア映画。ソ連某所の秘密研究所。その施設では科学者たちが軍事的な秘密の研究を行っていた。施設内にある食堂で働くナターシャはある日、研究所に招かれていたフランス人研究者と関係を持ってしまう。自由恋愛が禁じられていた施設内で情事をおこなったナターシャは当局よりスパイの容疑をかけられ厳しい尋問を受けることになる。オーディション人数39.2万人、衣装4万着、欧州最大1万2千平米のセット、主要キャスト400人、エキストラ1万人、制作年数15年をかけ、「ソ連全体主義」の社会を完全再現。700時間にも及ぶ収録から編成された壮大なシリーズの第1弾。
監督:イリヤ・フルジャノフスキー、エカテリーナ・エルテリ 出演:ナターリヤ・ベレジナヤ(ナターシャ)、ウラジーミル・アジッポ(本人/尋問官)、オリガ・シカバルニャ(オーリャ)、リュック・ビジェ(リュック)、アレクセイ・ブリノフ(ブリノフ教授)、ほか

「ターコイズの空の下で」のネタバレあらすじ結末

2021/03/02掲載

ターコイズの空の下での紹介:2020年日本,モンゴル,フランス映画。裕福な家庭に生まれ育ち、遊んで暮らす日本人青年タケシ。ある日突然、実業家の祖父によりモンゴル人の馬泥棒アムラと共にモンゴルの草原へと送り込まれる。終戦後モンゴルで生き別れた祖父の娘を探すために。モンゴルでタケシが見たのは日本の生活とはかけ離れた世界。想像もしなかった自然美と人々の生命力は徐々にタケシを変えていく。海外で育ち4ヶ国語を操る国際派俳優、現在ではアーティストとしても活躍するKENTARO監督の初長編作品。
監督:KENTARO 出演:柳楽優弥(タケシ)、アムラ・バルジンヤム(アムラ)、麿赤兒(三郎)、ツェツゲ・ビャンバ(遊牧民女性)、サラントゥーヤ・サンブ(ツェルマ)、サヘル・ローズ(秘書)、諏訪太朗(警察署長)、西山潤(若き日の三郎)、佐藤乃莉(タケシの彼女)、ガンゾリグ・ツェツゲ(警察官ハーディ)、ウンダルマ・トゥヴシントゥシグ(若き三郎の彼女)、ほか

「ロストックの長い夜」のネタバレあらすじ結末

2021/03/01掲載

ロストックの長い夜の紹介:2014年ドイツ映画。1992年ロストックで、難民収容センターに対して大規模運暴動な暴動が発生。警察隊と若い暴徒が二夜に渡り早朝まで争う前後の様子を描いた作品。暴動が起きる前まではモノクロで繊細な映像が映し出され、暴動が始まるとカラーモードへと移り変わります。
監督:ブルハン・クルバニ 出演:ヨナス・ナイ(ステファン)、ジョエル・バズマン(ロビー)、リエン(トラン・ル・ホン)、サスキア・ローゼンダール(ジェシー)、デーヴィト・シュトリーゾフ(マルティン)、デイビット・シュッター(サンドロ)、ほか

「オルフェ(1949年)」のネタバレあらすじ結末

2021/03/01掲載

オルフェの紹介:1949年フランス映画。詩人・小説家・劇作家・画家・批評家・映画監督と多彩な才能を発揮していたジャン・コクトーが、ギリシャ神話のオルフェウスの悲劇を現代(映画製作時の1940年代末期)に舞台を移して映画化した作品です。妻帯者である詩人オルフェはある出来事をきっかけに死の世界の王女に惹かれ、妻よりも王女を深く愛するようになってしまい…。
監督:ジャン・コクトー 出演者:ジャン・マレー(オルフェ)、マリー・デア(ユリディス)、マリア・カザレス(王女)、フランソワ・ペリエ(ウルトビイズ)、エドゥアール・デルミ(セジェスト)、ジュリエット・グレコ(アグラオーニス)、アンリ・クレミュー(警部)、ロジェ・ブラン(新聞記者)ほか

「アンチ・ライフ」のネタバレあらすじ結末

2021/03/01掲載

アンチ・ライフの紹介:2020年カナダ映画。近未来を舞台に、危機を迎えた地球を捨てて新天地の惑星を目指す宇宙船内で人々を食らう謎の生命体に挑む元軍人らの戦いを描いたSFスリラーです。主演のブルース・ウィリスにとって宇宙を舞台にした作品への出演は『アルマゲドン』(1998年)以来となります。
監督:ジョン・スーツ 出演者:ブルース・ウィリス(クレイ・ヤング)、コディ・カースリー(ノア)、カサンドラ・クレメンテイ(ヘイリー)、トーマス・ジェーン(キールナン・アダムス提督)、ティモシー・V・マーフィ(スタンリー司令官)、カラン・マルヴェイ(ティーク)、レイチェル・ニコルズ(チェンバース)ほか

「ソウルフル・ワールド」のネタバレあらすじ結末

2021/03/01掲載

ソウルフル・ワールドの紹介:2020年アメリカ映画。ディズニー・ピクサーの製作の23作目の作品となるのが本作。「モンスターズインク」「インサイドヘッド」を手掛けたピート・ドクター監督が今までのアニメ作品の子供向けな流れをすっかり排除した大人のストーリーを展開、アニメとは思えない美しい映像美にも注目したい。
監督:ピート・ドクター 声優:ジェイミー・フォックス(ジョー・ガードナー)、ティナ・フェイ(22番)、グレアム・ノートン(ムーンウィンド)、レイチェル・ハウス(テリー)、アリシー・ブラガ(カウンセラー・ジェリー)、リチャード・アイオアディ(カウンセラー・ジェリー)、フィリシア・ラシャド(リバ)、ドネル・ローリングス(デズ)、クエストラヴ・トンプソン(カーリー)、アンジェラ・バセット(ドロシア)、ダヴィード・ディグス(ポール)、ほか

1 2 3 4 5 752

キーワードから探す

TOP↑