「カリガリ博士」のネタバレあらすじ結末

カリガリ博士の紹介:1919年ドイツ映画。ドイツ表現主義映画の代表作であり、世界初のホラー映画とも言われている。フランシスは村人に、ある恐ろしい体験を語って聞かせることにした。フランシスは親友アランと共に祭りへ出かけ、カリガリ博士と名乗る人物の見世物小屋を見つける。カリガリ博士が所有している夢遊病の男チェザーレは、どんな質問にも答えられる能力を持っているらしい。面白がったアランが自分の寿命を尋ねると、チェザーレは明日の朝までだと答えた。翌朝、アランは何者かに殺害され遺体で発見される。不審に思ったフランシスは、思い人ジェインの父親オルセン博士と共に、カリガリ博士の身辺を調べ始めるのだった。
監督:ロベルト・ウイーネ 出演者:コンラート・ファイト(チェザーレ)、ヴェルナー・クラウス(カリガリ博士)、リル・ダゴファー(ジェイン)、フリードリッヒ・フェーヘル(フランシス)、ハンス・ハインリッヒ・フォン・トワルドフスキー(アラン)ほか

「サニーサイド」のネタバレあらすじ結末

サニーサイドの紹介:1919年アメリカ映画。ホテルの雑用係が愛する女性を振り向かせようと奮闘するコメディ作品。とある農村のホテルで働くチャーリーは、唯一の従業員としてあらゆる仕事を行っていた。しかし朝寝坊をしたり、牛に逃げられたりとドジばかり踏んでいる。そんな彼にも美しい想い人がいた。ところが彼女は街からやって来た紳士に惹かれ始めてしまう。チャーリーは何とか娘を振り向かせようと、あの手この手でアピールを続けるのだが。監督・脚本・主演を務めるのは、喜劇王チャールズ・チャップリン。
監督:チャールズ・チャップリン 出演者:チャールズ・チャップリン(ホテルの雑用係)、エドナ・パーヴィアンス(村一番の美人)、トム・ウィルソン(ホテルの主人)、トム・テリス(都会からきた若者)、アルバート・オースチン(村の医者)ほか

「ジャズ・シンガー」のネタバレあらすじ結末

ジャズ・シンガーの紹介:1927年アメリカ映画。映像と音声が同期したトーキー映画での長編第一作となるのが本作。本作をきっかけに時代はトーキー映画へ結びつき今に至ります。映画史上初めての「お楽しみはこれからだ」は映画史に残る名台詞として語り継がれています。
監督:アラン・クロスランド 出演:アル・ジョンソン(ジェイキー/ジャック)、メイ・マカヴォイ(メアリー)、ユージニー・ベッセラー(サラ)、ワーナー・オーランド、オットー・レデラー、ウィリアム・デマレスト、ロスコー・カーンズ、マーナ・ロイ、ほか

「散り行く花」のネタバレあらすじ結末

散り行く花の紹介:1919年アメリカ映画。トーマス・バークの短編小説「中国人と子供」を映画化。無垢な少女と中国人青年の美しくも儚い恋を描いたサイレント映画。仏教を広めるため渡英した中国人青年チェン・ハンは、挫折を味わい中国人街で阿片を吸う生活を送っていた。そんな折、彼は美しい少女ルーシーに恋をする。ルーシーは父バトリングから凄絶な虐待を受けており、笑うことすら出来なくなっていた。チェンは家から逃げ出したルーシーを匿い、2人は心を通わせる。しかし居所がバトリングにばれてしまい、ルーシーは連れ戻されてしまうのだった。
監督:D・W・グリフィス 出演者:リリアン・ギッシュ(ルーシー)、リチャード・バーセルメス(チェン・ハン(イエローマン))、ドナルド・クリスプ(バトリング・バロウズ)、アーサー・ハワード(バトリング・バロウズのマネージャー)、エドワード・ペイル・シニア(イーヴィル・アイ)ほか

「國民の創生」のネタバレあらすじ結末

國民の創生の紹介:1915年アメリカ映画。北部の有力議員ストーンマンの子供たちは南部のキャメロン一家と親交を結んでいたが、南北戦争によって両家は引き裂かれる。そして内乱の後、南部をさらなる不幸が襲う。「映画の父」D・W・グリフィスがニューヨークからカリフォルニアに製作拠点を移して放った空前の超大作。映画史の最初の二十年の芸術的・技術的達成を詰め込み、大ヒットを記録し映画産業を巨大ビジネスに育てた。しかし、あからさまな黒人差別は公開当時から批判を浴び、今日この作品を嫌悪するアメリカ国民は多い(白人至上主義団体クー・クラックス・クランの復興に結果的に力を貸してしまったという汚名も)。映画史のランドマークであると同時に映画史上最大の問題作の一つであり続ける。
監督:D・W・グリフィス 出演者:リリアン・ギッシュ(エルシー・ストーンマン)、エルマー・クリフトン(フィル・ストーンマン)、ヘンリー・B・ウォルソール(ベン・キャメロン)、ミリアム・クーパー(マーガレット・キャメロン)、メエ・マーシュ(フローラ・キャメロン)、ジョージ・シーグマン(サイラス・リンチ)その他

「つばさ」のネタバレあらすじ結末

つばさの紹介:1927年アメリカ映画。ジャックとデイヴィットは恋敵でありながら、共に空を夢見る飛行士です。ジャックを一途に想うメリーとの関係や、二人の友情は戦争によりどのような結果を辿るのでしょうか。アカデミー第一回作品賞受賞作。
監督:ウィリアム・A・ウェルマン 出演:ジャック(チャールズ・バディー・ロジャース)、デイヴィット(リチャード・アーレン)、メリー(クララ・ボウ)、シルヴィア(ジョビナ・ラルストン)、ほか

「サンライズ」のネタバレあらすじ結末

サンライズの紹介:1927年アメリカ映画。「吸血鬼ノスフェラトゥ」や「最後の人」で広く知られた巨匠F・W・ムルナウがアメリカに渡って撮ったサイレント映画史上に残る傑作。オールセットによる凝った撮影で、映像の交響楽ともいうべき仕上がりになっている。
監督:F・W・ムルナウ 出演:男(ジョージ・オブライエン)、妻(ジャネット・ゲイナー)

「メトロポリス (1926)」のネタバレあらすじ結末

メトロポリス (1926)の紹介:1926年ドイツ映画。権力者が労働者を支配する未来都市メトロポリスを舞台に、支配者と労働者の歩み寄りを描いた物語。現存するフィルムを可能な限りの編集技術で再現したSF映画の原点とも称されるモノクロサイレント映画。日本での初公開は1929年ですが、一般的に知られるようになったのは作曲家ジョルジオ・モロダーが再編集し1984年に公開されたジョルジオ・モロダー版と思われます。
監督:フリッツ・ラング 出演:ブリギッテ・ヘルム、アルフレート・アーベル、グスタフ・フレーリヒ、テオドア・ロースほか

「フォーエバー・パージ」のネタバレあらすじ結末

フォーエバー・パージの紹介:2021年アメリカ映画。人種差別的な政党が政権を掌握したアメリカで、12時間だけ殺人を含むあらゆる犯罪が合法になるパージが行われます。ところがパージが終わってもメキシコ移民を敵視する白人グループによる殺人、暴力、放火などの犯罪が続きます。メキシコ系のアデラとホアンは、パージを避けながらアメリカからメキシコへの脱出の旅を続けます。激しいアクション、カーチェイス、戦闘シーンが見どころになっています。
監督:エヴェラウド・ヴァレリオ 出演:アナ・デ・ラ・レゲラ(アデラ)、テノッチ・ウエルタ(ホアン)、ジョッシュ・ルーカス(ディラン・タッカー)、キャシディ・フリーマン(キャシディ・タッカー)、ウィル・パットン(ケイレブ・タッカー)レヴェン・ランビン(ハーパー・タッカー)、ほか

「エコー・イン・ザ・キャニオン」のネタバレあらすじ結末

エコー・イン・ザ・キャニオンの紹介:2018年アメリカ映画。ロサンゼルスとハリウッド近郊にあるローレル・キャニオンは、1960年代半ばに多くのミュージシャンが集まり、多くのヒット曲をだしました。本作は1960年代のローレル・キャニオンを当時のミュージシャンたちが振り返ります。ボブ・ディランの息子ジェイコブがミュージシャンをインタビューしながら進みます。
監督:アンドリュー・スレイター 出演:トム・ペティ、エリック・クラプトン、ブライアン・ウィルソン、リンゴ・スター、スティーヴン・スティルス、デヴィッド・クロスビー、ミシェル・フィリップス、ジャクソン・ブラウン、ジョン・セバスチアン、グラハム・ナッシュ、ロジャー・マッギン、ルー・アドラー、ベック、ノラ・ジョーンズ、フィオナ・アップル、キャット・パワー、ジェイド・カストリニス、レジーナ・スペクター、ほか

「シェイン 世界が愛する厄介者のうた」のネタバレあらすじ結末

シェイン 世界が愛する厄介者のうたの紹介:2020年アメリカ, イギリス, アイルランド映画。シェイン・マガウアンは、1957年イギリス生まれ。彼は5歳で酒とタバコをはじめ、10代で麻薬所持で学校を中退。1970年代に流行したパンク音楽に出会い歌手として大ブレークします。アイルランドにルーツを持つ彼は愛国心を歌にします。一方、ステージで酒やタバコをやり麻薬中毒になるなどの醜態をさらします。問題を抱えながらもアイルランド人の誇りを高めます。本作はアイルランド系の人気歌手シェインの破天荒な人生を彼自身のインタビューで振り返るドキュメンタリー映画です。
監督:ジュリアン・テンプル 出演:シェイン・マガウアン、ジョニー・デップ、ヴィクトリア・マリー・クラーク(妻)、モーリス・マガウアン(父)、テレサ・マガウアン(母)、ショバン・マガウアン(姉)、ほか

「セールスマン」のネタバレあらすじ結末

セールスマンの紹介:2016年イラン, フランス映画。イランとフランスの合作で2度目のアカデミー賞外国語映画賞を獲得した作品。劇団をしている夫婦、妻が何者かに襲われた事で生活が一変し、夫は犯人探しに躍起になり始めます。やがて犯人に辿り着くと彼らに皮肉とも言える結末が待ち受けていました。
監督:アスガー・ファルハディ 出演:シャハブ・ホセイニ(エマッド)、タラネ・アリシュスティ(ラナ)、ファリド・サッジャディホセイニ(義父)、ミナ・サダティ(サナム)、ババク・カリミ(ババク)、ほか

「ポリスアカデミー」のネタバレあらすじ結末

ポリスアカデミーの紹介:1984年アメリカ映画。警察学校の生徒たちが巻き起こす騒動を描いたコメディ映画。後に7作続く人気シリーズになっていくその記念すべき第一作となります。警察学校に通うことになったチンピラのマホーニーが、騒動を通じて成長していきます。
監督:ヒュー・ウィルソン 出演:スティーヴ・グッテンバーグ(ケリー・マホーニー)、G・W・ベイリー(ハリス警部補)、ジョージ・ゲインズ(ラサール校長)、キム・キャトラル(カレン・トンプソン)、ババ・スミス(モーゼス・ハイタワー)、ドノヴァン・スコット(レスリー・バーバラ)、アンドリュー・ルービン(ジョージ・マーティン)、デヴィッド・グラフ(タックルベリー)、ブルース・マーラー(ダグ・ファックラー)、レスリー・イースターブルック(キャラハン)、マイケル・ウィンスロー(ラーヴェル・ジョーンズ)、デブラリー・スコット(ファックラー夫人)、テッド・ロス(リード署長)、スコット・トムソン(チャド・コープランド)、ブラント・フォン・ホフマン(カイル・ブランクス)、マリオン・ラムジー(ラヴァーン・フックス)、ジョージナ・スペルヴィン(娼婦)、ほか

「ハッチング 孵化」のネタバレあらすじ結末

ハッチング―孵化―の紹介:2022年フィンランド映画。新鋭ハンナ・ベルイホルム監督の長編初監督作品。一見なんの問題もなく幸せだった一家に、娘がある卵を持ち込んだために起こった悲劇を描いています。不思議な卵から生まれた不思議な雛鳥が徐々に変貌し、誰もがうらやむ完璧な家族の本当の姿を暴き出していきます。
監督:ハンナ・ベルイホルム 出演:シーリ・ソラリンナ(ティンヤ アッリ)、ソフィア・ヘイッキラ(母親)、ヤニ・ヴォラネン(父親)、レイノ・ノルディン(テロ)、ほか

「マリー・ミー」のネタバレあらすじ結末

マリー・ミーの紹介:2022年アメリカ映画。世界的な歌姫キャット・バルディスは、音楽界の超新星バスティアンとのデュエット曲「Marry Me」を歌いながら大観衆の前で華々しい結婚式を挙げる予定だった。しかし挙式の直前、バスティアンの浮気がSNSで拡散されてしまう。キャットは失意のままステージに登壇し観客の中からひとりの男を指名すると、突然プロポーズをするという驚きの行動に出る。新たなお相手は冴えない平凡な数学教師。周囲のスタッフやマスコミ、そしてファンたちは大混乱。お互いを知るところから始まった結婚生活は前途多難な道のりだった。そんな中、バスティアンとのデュエット曲「Marry Me」がグラミー賞にノミネートされた。これを機にキャットとバスティアンの関係も親密になっていく。原作はボビー・クロスビーの同名グラフィックノベル。ジェニファーとマルーマの歌がストーリーを彩り、圧巻のウェディングドレスをはじめとする豪華な衣装や、煌びやかなステージも見どころ。
監督:カット・コイロ 出演:ジェニファー・ロペス(キャット・バルディス)、オーウェン・ウィルソン(チャーリー)、マルーマ(バスティアン)、ジョン・ブラッドリー(コリン)、サラ・シルバーマン(パーカー)、クロエ・コールマン(ルー)、ミシェル・ブトー(メリッサ)、カリル・ミドルトン(コフィ)、カット・カニング(タイラ)ほか

「風雲のチャイナ」のネタバレあらすじ結末

風雲のチャイナの紹介:1933年アメリカ映画。異国の地で翻弄される女性の運命を描くドラマ作品。敬虔なキリスト教徒であるアメリカ人女性ミーガンは、宣教師の婚約者ボブと結婚するため戦禍の中国へやって来た。ミーガンは争いに巻き込まれる一般人の姿に心を痛め、人助けに奔走する。しかしその混乱の中、ボブとはぐれたミーガンは負傷して気を失ってしまった。中国の軍人イェン将軍に保護されたものの、ミーガンを手に入れたいと目論む彼に監禁されてしまう。非情なイェン将軍を拒絶するミーガンだったが、次第に理想ばかりの己の未熟さに気付かされていくのだった。別題は「袁将軍の苦いお茶」「風雲の支那」。
監督:フランク・キャプラ 出演者:バーバラ・スタンウィック(ミーガン)、ニルス・アスター(イェン将軍)、ウォルター・コノリー(ジョーンズ)、ギャヴィン・ゴードン(ボブ)、ルシアン・リトルフィールド(ジャクソン氏)ほか

「ピート・スモールズは死んだ!」のネタバレあらすじ結末

ピート・スモールズは死んだ!の紹介:2010年アメリカ映画。1万ドルの借金のカタに愛犬を誘拐されたケイシーは、友人で大物映画監督のピートの死を知ります。そんな時、友人のジャックから電話があり、死ぬ前に撮影した映画の脚本がケイシーのものを盗用したものだと教えられる。証書を手にした二人はピートの未亡人にくっつく悪党のラザーから金を巻き上げる計画を立てますが…という内容のコメディ映画です。
監督:アレクサンダー・ロックウェル 出演者:マーク・ブーン・ジュニア(ジャック)、スティーヴ・ブシェミ(バーニー)、ピーター・ディンクレイジ(ケイシー)、レナ・ヘディ(シャンナ)、マイケル・ラーナー(レニー)ほか

「7Wish セブン・ウィッシュ」のネタバレあらすじ結末

7Wish セブン・ウィッシュの紹介:2017年アメリカ映画。幼い頃に母が自殺し、今は父のゴミ漁りで生活している高校生クレアは、父が拾ったオルゴールをもらいました。7つの願いと刻まれた文字を読んで、願い事を言うとその通りになります。しかし、願いを一つ叶えると身の回りに哀しい代償が起こっていました。そうとは知らないクレアは5つもの願いを叶え、欲しいものは全て手に入れていましたが、その分自分の周りの人たちの死という代償を払っていることに気づき、読めない刻まれた文字の残りを解読しようとライアンを頼っていきますが…という内容のミステリーホラー映画です。
監督:ジョン・R・レオネッティ 出演者:エリザベス・ローム(ジョアンナ)、シェリリン・フェン(デルカ夫人)、ジョーイ・キング(クレア)、シャノン・パーサー(ジューン)、ライアン・フィリップ(ジョナサン)、シドニー・パーク(メレディ)、キ・ホンリー(ライアン)、ミッチェル・スラガート(ポール)、アリス・リー(ジーナ)ほか

「シークレット・チルドレン 禁じられた力」のネタバレあらすじ結末

シークレット・チルドレン 禁じられた力の紹介:2015年アメリカ映画。高い壁で社会から隔絶された土地で両親と暮らすザックとエヴァには、瞬間移動できるという力があった。彼らの力を恐れる父親は、病弱な母親の死を引き金に、彼らを引き離したのだが…。
監督:アンドリュー・ドロス・パレルモ 出演者:ティモシー・シャラメ(ザック)、キーナン・シプカ(エヴァ)、エリザベス・リーサー(エリザベス)、グラント・バウラー(ダニエル)、レイヴン・シモーン・ファレル(ダニー)、レベッカ・クーン(ジェイミー)、ほか

「魔の家」のネタバレあらすじ結末

魔の家の紹介:1932年アメリカ映画。不気味な館で巻き起こる狂気を描いたホラー&コメディ。ドライブの途中嵐に見舞われたフィリップは、偶然見つけた古い屋敷に一夜の宿を求める。屋敷に住む初老の男性ホレスに滞在を許可されるが、彼は屋敷内の何かに酷く怯えていた。不審な声を聞いたフィリップが屋敷内を探してみると、ホレスの父親ロドリックを見つける。ロドリックは、屋敷に監禁されているホレスの兄サウルに気を付けろと忠告した。監督を務めるのは、「フランケンシュタイン(1931年)」等数々の名作ホラーで知られるジェームズ・ホエール。
監督:ジェームズ・ホエール 出演者:ボリス・カーロフ(モーガン)、メルヴィン・ダグラス(ロジャー・ペンドレル)、チャールズ・ロートン(サー・ウィリアム・ポーターハウス)、グロリア・スチュアート(マーガレット・ウェバトン)、リリアン・ボンド(グラディス)ほか

「クリスチナ女王」のネタバレあらすじ結末

クリスチナ女王の紹介:1933年アメリカ映画。17世紀のスウェーデン。戦死した父に代わりわずか6歳の女の子が王位に就く。賢明な君主に成長した彼女は、しかし、重大な人生の選択を迫られる。グレタ・ガルボがかつて恋仲であったと言われるジョン・ギルバートと共演。ギルバートは名作『ビッグ・パレード』に主演しガルボとも何度も共演したサイレント時代の大スターだったが、映画のトーキー化以後人気を落としていた。監督のルーベン・マムーリアンはトーキー到来と共にハリウッドに招かれて映画監督として成功した舞台演出家の一人。
監督:ルーベン・マムーリアン 出演者:グレタ・ガルボ(クリスチナ)、ジョン・ギルバート(アントニオ)、イアン・キース(マグヌス)、ルイス・ストーン(オクセンシュルナ)、エリザベス・ヤング(エバ)、C・オーブリー・スミス(オーゲ)そのほか

「愛欲の十字路」のネタバレあらすじ結末

愛欲の十字路の紹介:1951年アメリカ映画。古代イスラエルの王ダビデはある夜、水浴びする美女を見て、遠征中の部下の妻と知りながら彼女を王宮に招く。恋に落ちた二人は道に背く関係を結ぶが、その罪は神の怒りに触れざるを得なかった。パラマウント映画の『サムソンとデリラ』の大ヒットに対抗して20世紀フォックスが放ったテクニカラー史劇。ヘンリー・キング監督は『頭上の敵機』、『拳銃王』に続いて主演グレゴリー・ペックとの仕事となった。
監督:ヘンリー・キング 出演者:グレゴリー・ペック(ダビデ王), スーザン・ヘイワード(バテシバ), レイモンド・マッセイ(預言者ナタン), キーロン・ムーア(ウリヤ)、ジェーン・メドウス(ミカル)そのほか

「三人の女」のネタバレあらすじ結末

三人の女の紹介:1977年アメリカ映画。アルトマン監督の見た夢が元になった前衛的なドラマ。砂漠の中の街に暮らす3人の女――高齢者リハビリセンターに勤めるミリー、彼女の新しい同僚でルームメイトになるピンキー、彼らの住むアパートを夫と共同で所有し不思議な絵を描くウィリー――がミステリアスな関係を織りなす。アルトマン監督の『BIRD★SHT バード・シット』に出演を求められたことをきっかけとして俳優になったシェリー・デュヴァルはこの作品の演技で第30回カンヌ映画祭女優賞、第3回ロサンゼルス映画批評家協会賞主演女優賞を獲得した。ピンキーの父親を演じているのは、撮影所黄金時代のハリウッドを支えた映画監督の一人であるジョン・クロムウェル。俳優ジェームズ・クロムウェル(『ベイブ』、『L.A.コンフィデンシャル』等)のお父さんです。
監督:ロバート・アルトマン 出演者:シェリー・デュヴァル(ミリー)、シシー・スペイセク(ピンキー)、ジャニス・ルール(ウィリー)、ロバート・フォーティア(エドガー)そのほか

キーワードから探す

TOP↑