「イグジステンズ」のネタバレあらすじ結末

2020/01/24掲載

イグジステンズの紹介:1999年カナダ,イギリス映画。バーチャルリアリティゲームの世界で繰り広げられる予測不能な戦いを描いたSFホラー。脊椎に穴を開け、コードを人体に直接繋ぐことでバーチャルリアリティゲームをプレイするようになった世界。天才ゲームデザイナーのアレグラは、最新ゲーム「イグジステンズ」の発表イベントに参加した。しかしそこにゲームに反感を持つ「現実主義者(リアリスト)」が現れ、アレグラは命を狙われる。会場警備をしていたテッドに助けられた彼女は、イグジステンズに異常がないか調べるためゲームの世界にダイブする。
監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演者:ジェニファー・ジェイソン・リー(アレグラ・ゲラー)、ジュード・ロウ(テッド・パイクル)、イアン・ホルム(キリ・ビヌカー)、ウィレム・デフォー(ガス)、クリストファー・エクルストン(ウィトルド・レヴィ)ほか

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 誕生 赤い彗星」のネタバレあらすじ結末

2020/01/24掲載

機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 誕生 赤い彗星の紹介:2018年日本映画。TVアニメ「機動戦士ガンダム」でキャラクターデザインなどをてがけた安彦良和が、TVアニメをベースにしてエピソードを追加したコミック「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」のうち、シャア・セイラ編を中心に全6部でアニメ化した作品の最終章。ルウム会戦で戦功をあげ「赤い彗星」として英雄となったシャアが、地球連邦軍のモビルスーツ開発計画「V作戦」を探索する任務を負うまでのTVアニメ「機動戦士ガンダム」の前日譚を描きます。
総監督:安彦良和 監督:今西隆志 出演:シャア・アズナブル(池田秀一)、セイラ・マス(潘めぐみ)、アムロ・レイ(古谷徹)、ドズル・ザビ(三宅健太)、ヨハン・イブラヒム・レビル(中博史)

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦」のネタバレあらすじ結末

2020/01/24掲載

機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦の紹介:2017年日本映画。TVアニメ「機動戦士ガンダム」でキャラクターデザインなどをてがけた安彦良和が、TVアニメをベースにしてエピソードを追加したコミック「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」のうち、シャア・セイラ編を中心に全6部でアニメ化した作品の第5章。地球連邦とジオンの戦争が開始され、ジオンが、地球連邦軍の基地を攻撃するため、地球にコロニーを落下させるなど、激しさを増していきます。そして、サイド5のルウムにおいて、地球連邦軍とジオン軍の主力が激突する運命のルウム会戦が始まろうとしていました。
総監督:安彦良和 監督:今西隆志 声優:シャア・アズナブル(池田秀一)、アムロ・レイ(古谷徹)、ドズル・ザビ(三宅健太)、セイラ・マス(潘めぐみ)、カイ・シデン(古川登志夫)

「奴が嘲笑う」のネタバレあらすじ結末

2020/01/24掲載

奴が嘲笑うの紹介:2015年韓国映画。若手エリート弁護士ホソンが、新薬「ロミックス」の副作用の裁判を製薬側の弁護人として担当していました。その後、女子大生殺害事件の容疑者の弁護を担当したホソンは、調べるうちに、新薬ロミックス訴訟と女子大生殺害事件が関係していることに気づき…という内容のコメディタッチのサスペンス映画です。
監督:ホ・ジョンホ 出演者:イ・ソンギュン(ピョン・ホソン)、キム・ゴウン(チン・ソンミン)、チャン・ヒョンソン(ムン・ジフン)、キム・ユネ(ハン・ミンジョン)、チェ・ジェウン(キム・ジョンファン)ほか

「ムーンライト・ジェリーフィッシュ」のネタバレあらすじ結末

2020/01/23掲載

ムーンライト・ジェリーフィッシュの紹介:2004年日本映画。難病を患い知的障害のある弟の面倒を見るために、裏社会で生きることを決めた青年・セイジ。ある日、一人の女性と出会ったことで、幸せな未来への淡い夢を抱くこととなる。儚くも切ないラブストーリー。
監督:鶴見昴介 出演者:藤原竜也(寺沢セイジ)、岡本綾(南谷佳子)、木村了(寺沢ミチオ)、袴田吉彦(三木忠)、虎牙光輝(王)、水島かおり(高田美津子)、酒井法子(寺沢由紀子)、小沢仁志(柿崎健一)、石立鉄男(山下組組長)、石橋蓮司(杉浦警部)ほか

「Gガール 破壊的な彼女」のネタバレあらすじ結末

2020/01/23掲載

Gガール 破壊的な彼女の紹介:2006年アメリカ映画。正義の味方スーパーウーマン“Gガール”はパワーも超人的だったが嫉妬深さもケタはずれ。その恐ろしさから別の女性に走った元カレを、超人的な破壊力で追い詰めていくラブ・コメディ。
監督:アイヴァン・ライトマン 出演:ユマ・サーマン(ジェニー=Gガール)、ルーク・ウィルソン(マット)、アンナ・ファリス(ハンナ)、レイン・ウィルソン(ヴォーン)、エディ・イザード(ベッドラム教授)、ワンダ・サイクス(カーラ)、マーク・コンスエロス(スティーヴ)、ほか

「罠の女」のネタバレあらすじ結末

2020/01/23掲載

罠の女(別題:罠の女/殺意のプライベート・レッスン)の紹介:1993年アメリカ映画。重役昇進を狙う夫に身を犠牲にしてまで尽くした妻が、その座を奪われて自殺した夫の復讐のため、重役となった男の家庭に入りこんで破滅へと追い込んでいくサスペンス。
監督:アンドリュー・スティーヴンス 出演:シャノン・トゥイード(パティ)、アンドリュー・スティーヴンス(アレックス)、ダニエル・マクヴィカー(トルーマン)、キム・モーガン・グリーン(マリーナ)、マイケル・D・アレンツ(ロービー)、スティーヴン・ヤング、ほか

「BOYS/ボーイズ」のネタバレあらすじ結末

2020/01/23掲載

BOYS/ボーイズの紹介:2014年オランダ映画。2020年日本公開。陸上部でリレーの選手として選ばれた高校生シーヘル。チャンピオンシップ大会の強化チームで同じく選手として選ばれた少年マークと出会う。チームのメンバーとして毎日接していくうちに、シーヘルの中にマークへの特別な感情が芽生えはじめる。思春期を迎えた少年たちの恋愛模様を描く。オランダでテレビ映画として製作され大反響を呼んだため急遽劇場公開された話題作。オランダ映画祭ではオランダ映画批評家賞と最優秀助演男優賞の2冠に輝いた作品。
監督:ミーシャ・キャンプ 出演:ヘイス・ブローム(シーヘル)、コ・サンドフリット(マーク)、トン・カス(シーヘルの父/テオ)、フェルディ・ストフミール(コーチ)、ジョナス・スムルデルス(シーヘルの兄/エディ)、ステイン・タヴェルネ(ステフ)ほか

「われに撃つ用意あり」のネタバレあらすじ結末

2020/01/22掲載

われに撃つ用意あり READY TO SHOOTの紹介:1990年日本映画。佐々木譲の小説「真夜中の遠い彼方」を原作に描く若松孝二監督によるハードボイルドアクション映画。全共闘運動に青春を捧げ今はひっそりと新宿歌舞伎町でバーを経営する郷田克彦はひょんかことからベトナム難民の少女をかくまうことに。彼女は香港マフィアから命を狙われていた。店を襲撃され仲間を失った郷田はマフィアに一人立ち向かうことを決意しますが…。孤高のアウトローを演じる原田芳雄の骨太な演技が光る作品です。
監督:若松孝二 出演者:原田芳雄(郷田克彦)、桃井かおり(李津子)、ルー・シュウリン(ヤン・メイラン)、蟹江敬三(刑事・軍司浚平)、山口美也子(今井江里子)、斉藤洋介(馬場)、西岡徳馬(有本)、小倉一郎(三宅)、麿赤児(桜田)、室田日出男(香港マフィア・リュウ)、石橋蓮司(秋川)、ほか

「エブリバディ・ウォンツ・サム!!」のネタバレあらすじ結末

2020/01/22掲載

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中にの紹介:2016年アメリカ映画。野球推薦で大学へ入学することになった主人公が、一癖も二癖もある先輩たちに囲まれて新学期までの3日間をバカ騒ぎして過ごしながら未来に向けて夢と希望を抱く青春ドラマ。
監督:リチャード・リンクレイター 出演:ブレイク・ジェナー(ジェイク)、ゾーイ・ドゥイッチ(ビバリー)、ワイアット・ラッセル(ウィロビー)、オースティン・アメリオ(ネズビット)、テンプル・ベイカー(プラマー)、ウィル・ブリテン(ビューター)、ジャストン・ストリート(ナイルズ)、フォレスト・ヴィッカリー(コーマ)、ほか

「葬式の名人」のネタバレあらすじ結末

2020/01/22掲載

葬式の名人の紹介:2018年日本映画。大阪府茨木市の市制70周年記念事業として、茨木市ゆかりの作家・川端康成の短編小説『葬式の名人』のほか『十六歳の日記』『師の棺を肩に』『少年』『バッタと鈴虫』『片腕』などをモチーフに現代にアレンジした群像コメディです。実生活でも1児の母である主演の前田敦子が自身初となる母親役に挑戦しています。
監督:樋口尚文 出演者:前田敦子(渡辺雪子)、高良健吾(豊川大輔)、白洲迅(吉田創)、尾上寛之(緒方慎吾)、中西美帆(竹内みさ)、奥野瑛太(島村範男)、佐藤都輝子(島村ゆう)、樋井明日香(大森奈都)、中江有里(岩日京子)、大島葉子(奥村郁子)、佐伯日菜子(小畑典子)、阿比留照太(渡辺あきお)、堀内正美(吉田栄吉)、和泉ちぬ(吉田葉子)、桂雀々(葬儀屋)、中島貞夫(組長)、福本清三(若頭)、栗塚旭(僧侶)、有馬稲子(謎の女)ほか

「愛を綴る女」のネタバレあらすじ結末

2020/01/22掲載

愛を綴る女の紹介:2016年フランス,ベルギー映画。情熱的な愛を求めながら望まない結婚をした女性が運命的な出会いを果たすが、そこには思わぬ真実が秘められていた。M・アグスのベストセラー小説「祖母の手帖」を映画化。
監督:ニコール・ガルシア 出演:マリオン・コティヤール(ガブリエル)、ルイ・ガレル(アンドレ・ソヴァージュ)、アレックス・ブレンデミュール(ジョゼ)、ブリジット・ルアン(アデル)、ヴィクトワール・デュボワ(ジャニーヌ)、アロイーズ・ソヴァージュ(アゴスティーヌ)、ダニエル・パラ(マルタン)、ほか

「ザ・ピーナッツバター・ファルコン」のネタバレあらすじ結末

2020/01/21掲載

ザ・ピーナッツバター・ファルコンの紹介:2019年アメリカ映画。ザックはダウン症候群のため施設で自由のない生活を送っています。彼の夢は憧れのプロレスラーの下で修行しプロレスデビューすることです。彼は金もなく施設を脱走しますが、仕事を失った漁師に出会い、彼の助けで憧れのプロレスラーに会うための旅が始まります。『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』は実際にダウン症であるザック・ゴッザァーゲン主演の映画、彼自身が映画スターになりたいという夢からこの企画が実現しました。アメリカ映画批評サイト”Rotten Tomato””でも好意的に評価されています。
監督:タイラー・二ルソン、マイケル・シュワルツ 出演:シャイア・ラブーフ(タイラー)、ダコタ・ジョンソン(エレノア)、ザック・ゴッザァーゲン(ザック)、ジョン・ホークス(ダンカン)、トーマス・ヘイデン・チャーチ(ソルトウォーター・レッドネック)、ブルース・ダーン(カール)、ジェイク・ロバーツ(サム)他 

「バーニング・デッド」のネタバレあらすじ結末

2020/01/21掲載

バーニング・デッドの紹介:2015年アメリカ映画。1984年に悪魔の山と呼ばれるゾンビを飲み込んだ火山が、現代において再び爆発を起こし、飲み込んでいたゾンビを地上に送り出します。火山から避難中のデントン保安官やミンディらの家族は、溶岩から逃げる途中ゾンビ達に襲われ、闘いながら下山する方法を模索するという内容の、火山ゾンビ映画です。主演のダニー・トレホは、火山にまつわるゾンビの話をする語り部の役を演じています。
監督:レネ・ペレス 出演者:ダニー・トレホ(ナイトウルフ)、トム・ダウニー(デントン保安官)、モニカ・プランテ(ミンディ)、ニコール・カミンズ(ニッキー)、ケヴィン・ノーマン(ライアン)、ロバート・F・ライオンズ(ベン)、カイル・T・ヘフナー(スティーブンス博士)、ジュリア・レーマン(イブ)、アダム・グレゴリー(ルー)ほか

「黄昏(1951年)」のネタバレあらすじ結末

2020/01/21掲載

黄昏の紹介:1951年アメリカ映画。職を求め、シカゴへやってきた娘キャリーは劣悪な職場環境で怪我を負い、居候先の姉夫婦の家にも居づらくなってしまう。行き場を失ったキャリーは口説いてきた会社経営者チャールズのもとに身を寄せる一方で、高級レストランのオーナー、ジョージにも惹かれていき…。「ローマの休日」の名匠ウィリアム・ワイラーが描く叙情的メロドラマ。イギリスが誇る名俳優ローレンス・オリヴィエが若き女性との出会いによって人生を破滅させていく初老の紳士役を魅力的に演じています。
監督:ウィリアム・ワイラー 出演者:ローレンス・オリヴィエ(ジョージ・ハーストウッド)、ジェニファー・ジョーンズ(キャリー・ミーバー)、ミリアム・ホプキンス (ジュリー・ハーストウッド)、 エディ・アルバート(チャールズ・ドルーエ)、ベイジル・ルイスディール(ミスターフィッツジェラルド)、ほか

1 2 3 4 5 644

キーワードから探す

TOP↑