「ファイティング・ファミリー」のネタバレあらすじ結末

2019/11/22掲載

ファイティング・ファミリーの紹介:2019年アメリカ映画。プロレスの本場アメリカWWE(ワールド・レスリング・エンターテイメント)に憧れるイギリスの少女はチャンスをものにするも、厳しさに勝てずイギリスに帰ることになります。しかし、家族の励ましを受け、再びWWEに挑戦し夢をかけたタイトルマッチに挑みます。『ファイティング・ファミリー』は、実在のレスラー”ペイジ”ことサラヤ・ジェィド・べヴィスと彼女のプロレス家族の夢を実現する物語です。プロレスファンはもちろん、夢に向けて頑張る女性などに勇気を与えてくれる映画です。プロレスに興味のない人も、この映画を見たらプロレス好きになるかもしれません。
監督:スティーヴン・マーチャント 出演:フローレンス・ピュー(サラヤ・ナイト / ペイジ)、レナ・ヘディ(ジュリア・ナイト)、ニック・フロスト(リッキー・ナイト)、ジャック・ロウデン(ザック・ナイト)、ヴィンス・ヴォーン(ハッチ・モーガン)、ドウェイン・“ザ・ロック”・ジョンソン(本人役)

「シュワルツェネッガー/レッドブル」のネタバレあらすじ結末

2019/11/22掲載

シュワルツェネッガー/レッドブルの紹介:1988年アメリカ映画。アーノルド・シュワルツェネッガーが東西冷戦時代・ソ連崩壊前のモスクワ市警察警務大尉を演じたアクション巨編で、ハリウッド映画としては初めてモスクワ市内でのロケが許可された作品です。アメリカに逃亡した麻薬王を追ってソ連の警務大尉がアメリカ・シカゴの刑事とタッグを組んで捜査に乗り出す過程を描きます。
監督:ウォルター・ヒル 出演:アーノルド・シュワルツェネッガー(イワン・ダンコ)、ジェームズ・ベルーシ(アート・リジック)、ピーター・ボイル(ルー・ドネリー)、エド・オロス(ヴィクター・ロスタビリ)、ローレンス・フィッシュバーン(チャーリー・スタッブス)、ジーナ・ガーション(キャサリン・“キャット”・マンゼッティ)、リチャード・ブライト(ギャラガー刑事)、ブライオン・ジェームズ(ストリーク)ほか

「釣りバカ日誌スペシャル」のネタバレあらすじ結末

2019/11/22掲載

釣りバカ日誌スペシャルの紹介:1994年日本映画。やまさき十三と北見けんいちの原作による人気コミック『釣りバカ日誌』を西田敏行と三國連太郎のダブル主演で映画化したシリーズ第7作にして特別編第1作です。スーさん(三國連太郎)の親友の息子が浜ちゃん(西田敏行)の上司の娘に恋をするのですが、そこに恋のライバルが現れ・・・。さらには些細なことで浜ちゃん夫妻の仲がこじれてしまい・・・。
監督:森崎東 出演:西田敏行(浜崎伝助(浜ちゃん))、三國連太郎(鈴木一之助(スーさん))、石田えり(浜崎みち子)、加藤武(秋山専務)、谷啓(佐々木和男)、戸川純(恵)、山瀬まみ(久美子)、中本賢(太田八郎)、富田靖子(佐々木志野)、加勢大周(山内健吾)、西村晃(山内昭男)、田中邦衛(田宮辰夫)、清川虹子(田宮はな)、松尾嘉代(舞子)、大森嘉之(武)ほか

「ドリアン・グレイの肖像」のネタバレあらすじ結末

2019/11/22掲載

ドリアン・グレイの肖像の紹介:1945年アメリカ映画。幾度も映像化されているオスカー・ワイルド原作の小説を、脚本家としても有名なアルバート・リューインが脚色監督した作品です。純朴だった青年があるきっかけで色を知り美しく変貌、様々な人達を魅了していくという話です。
監督:アルバート・リューイン 出演:ハード・ハットフィールド(ドリアン・グレイ)、ジョージ・サンダース(ヘンリー)、ローウェル・ギルモア(バジル)、ドナ・リード、アンジェラ・ランズベリー、ピーター・ローフォード、モートン・ロウリー、ほか

「ア・ホーマンス」のネタバレあらすじ結末

2019/11/21掲載

ア・ホーマンスの紹介:1986年日本映画。二つのヤクザが縄張り争いをする新宿に現れた記憶喪失の大柄な男。この男に興味を持った大島組の幹部・山崎は、男を風さんと呼び一緒に行動するようになりました。そして山崎が抗争事件に巻き込まれると、風も手伝うと言い出しました…という内容のアクション映画です。監督、主演が松田優作の作品です。
監督:松田優作 出演者:松田優作(風)、石橋凌(山崎道夫)、手塚理美(杉本千加)、片桐竜次(池広豊)、ポール牧(藤井達巳)ほか

「自殺マニュアル」のネタバレあらすじ結末

2019/11/21掲載

映画 自殺マニュアルの紹介:2003年日本映画。テレビ局の橘と理恵が集団自殺の取材をしたことから、『自殺マニュアル』というDVDを見てしまい、自殺願望に取りつかれてしまうというミステリー風のホラー映画です。普通の人間が自殺願望に取りつかれるというオカルト的な内容です。
監督:福谷修 出演者:森下千里(泉川理恵)、水橋研二(橘悠)、中村優子(リッキー)、榊英雄(屋代啓太)、堀江慶(西山刑事)ほか

「血まみれスケバンチェーンソー」のネタバレあらすじ結末

2019/11/21掲載

血まみれスケバンチェーンソーの紹介:2016年日本映画。うぐいす学園でスケバンをはるギーコは、チェーンソーを持って登校し、暴れまくっていました。元いじめられっ子のネロは、ネロ様と崇められ、生徒達を改造して人間兵器にしていました。ネロの最終目標はギーコでした。ネロに恨まれる覚えのないギーコは、訳のわからないままネロを追い詰めました・・という内容のコメディスプラッター映画です。
監督:山口ヒロキ 出演者:内田理央(鋸村ギーコ)、山地まり(碧井ネロ)、佐藤聖羅(爆谷さゆり)、玉城裕規(怨憎)、奥田佳弥子(仙崎)ほか

「丑三つの村」のネタバレあらすじ結末

2019/11/21掲載

丑三つの村の紹介:1983年日本映画。岡山県で実際に起こった、村人30人殺しの『津山事件』を題材にした作品です。結核と診断され、徴兵を断られた青年が村人からバカにされ、ののしられ続けた結果、村人全員の殺害を起こしてしまうという問題作です。同じ題材を扱った『八つ墓村』がありますが、『丑三つの村』の内容のほうが事実に基づいています。
監督:田中登 出演者:古尾谷雅人(犬丸継男)、原泉(はん)、田中美佐子(やすよ)、五月みどり(赤城ミオコ)、石橋蓮司(赤木中次)、池波志乃(千坂えり子)、団巌(千坂多四郎)、大場久美子(竹中和子)ほか

「トマトのしずく」のネタバレあらすじ結末

2019/11/20掲載

トマトのしずくの紹介:2012年日本映画。最愛の母の死をきっかけに疎遠となってしまった父と娘。結婚することになった娘は父をパーティーに招待しますが、父はなかなか現れず…。小西真奈、石橋蓮司共演によるハートフルなヒューマンドラマです。
監督:榊英雄 出演者:小西真奈美(椿山さくら)、吉沢悠(椿山真)、石橋蓮司(春辰夫)、原日出子(椿山誠子)、水野美紀(宮田律子)、柄本時生(小澤)、角替和枝(斉藤さん)、ほか

「鉄輪(かなわ)」のネタバレあらすじ結末

2019/11/20掲載

鉄輪(かなわ)の紹介:1972年日本映画。能の演目「鉄輪」を題材に中年男と若い愛人、夫を奪われた妻の三角関係をスリリングに描いた作品。嫉妬から鬼と化した中年女の呪いと男女のエロスをテーマにした新藤兼人監督による実験的な作品であり、カルト色の強い作品として有名です。
監督:新藤兼人 出演者:乙羽信子(中年の女)、観世栄夫(中年の男)、フラワー・メグ(若い女)、殿山泰司(人相見)、戸浦六宏(警部)、ほか

「真昼の欲情(神の小さな土地)」のネタバレあらすじ結末

2019/11/20掲載

真昼の欲情(別題:神の小さな土地)の紹介:1958年アメリカ映画。黄金の夢にとりつかれた老農夫タイ・タイ。失業中の女婿ウィルは工場再開と義理の妹に妄執をいだく。南部の農夫一家を描いてベストセラーとなったアスキン・コールドウェルの小説の映画化。老け役に取り組んだロバート・ライアンは『最前線』に続くアンソニー・マン作品の主演。アルド・レイとヴィック・モロウも『最前線』に続く共演であるだけでなく、製作者、脚本家、撮影監督、作曲家も『最前線』と共通。脚本はフィリップ・ヨーダン名義になっているが、赤狩りでブラックリストに載せられ当時は名前を出せなかったベン・マドウが実質的脚本家であると考えられている。なお、日本公開時のタイトルは『真昼の欲情』で『神の小さな土地』のタイトルでDVDが発売された。劇場公開版とDVDになったUCLA修復版とではいくつか異同箇所が見られる。
監督:アンソニー・マン 出演者:ロバート・ライアン(タイ・タイ)、アルド・レイ(ウィル・トンプソン)、ティナ・ルイーズ(グリゼルダ)、バディ・ハケット(プルート・スウィント)、ジャック・ロード(バック)、フェイ・スペイン(ジルちゃん)、ヴィック・モロウ(ショウ)その他

「望郷(1937年)」のネタバレあらすじ結末

2019/11/20掲載

望郷の紹介:1937年フランス映画。1930年代のフランスの映画運動である詩的リアリズムの代表的な作品。アシェルベ探偵が書いた小説を基に、ジュリアン・デュヴィヴィエ監督が共同で脚本を担当している。1939年のキネマ旬報ベストテンでは見事1位に輝いた。フランス領アルジェリアのカスバを舞台に、多くの犯罪を重ねているが魅力的な人柄の男が美しい女性と恋仲になる。しかしそれは、彼を逮捕すべく警察が仕組んだ罠だった…。
監督: ジュリアン・デュヴィヴィエ 出演者:ジャン・ギャバン(ペペ・ル・モコ)、ミレーユ・バラン(ギャビィ)、リュカ・グリドゥ (スリマン刑事)、リーヌ・ノロ (イネス)、ジルベール・ジル (ピエロ) ほか

「GONIN」のネタバレあらすじ結末

2019/11/19掲載

GONINの紹介:1995年日本映画。バブルがはじけ、ヤクザからの借金が返せないディスコ経営者の万代は、自分に似た境遇の4人を集め、ヤクザから金を強奪しようと計画しました。金を奪って上手くいったと思った5人でしたが、やくざは殺し屋を雇い5人の命を狙い始めました…という内容のバイオレンス映画です。
監督:石井隆 出演者:佐藤浩市(万代樹木彦)、本木雅弘(三屋純一)、根津甚八(氷頭要)、竹中直人(荻原昌平)、椎名桔平(ジミー)、永島敏行(大越康正)、鶴見辰吾(久松茂)、ビートたけし(京谷一郎)、木村一八(柴田一馬)、室田日出男(式根)、横山めぐみ(ナミィー)ほか

「アラン 阿娘」のネタバレあらすじ結末

2019/11/19掲載

アラン-阿娘-の紹介:2006年韓国映画。立て続けに友人同士の男性が殺害されました。3人の共通点は『塩の村』からのメールとホームページでした。女刑事ソヨンは新人刑事のヒョンギと捜査を続けるうち、ミンジョンという女性が鍵を握っていることを突き止めますが・・・という内容の韓国のホラーサスペンス映画です。
監督:アン・サンフン 出演者:イ・ドンウク(ヒョンギ)、ソン・ユナ(ソヨン)、イム・ジュファン、チュ・サンウク、イ・ジョンス(ドンミン)ほか

「Sweet Rain 死神の精度」のネタバレあらすじ結末

2019/11/19掲載

Sweet Rain 死神の精度の紹介:2007年日本映画。死ぬ運命となった人の前に現れる死神は、その人が死ぬべきかそうではないかを見極める役割をしていました。そんな死神の千葉が、死ぬ運命にある3人の男女と関わりを持ち、最終的に下した判断はどうなるのか…という内容のファンタジー映画です。
監督:筧昌也 出演者:金城武(千葉)、小西真奈美(藤木一恵)、富司純子(老女)、光石研(藤田敏之)、石田卓也(阿久津伸二)ほか

1 2 3 4 5 627
TOP↑