Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「ホテル・ムンバイ」のネタバレあらすじ結末

2019/09/18掲載

ホテル・ムンバイの紹介:2018年オーストラリア,アメリカ,インド映画。パキスタンと領土問題をめぐり対立するインド、その最大都市ムンバイでパキスタン系のイスラム過激派によるテロが起きます。テロリストはムンバイのシンボルのタージマハル・ホテルに乱入、無慈悲にも殺戮を繰り返します。ホテルの料理長とその従業員は客を守りテロリストの乱入を防ぎます。『ホテル・ムンバイ』は2008年のムンバイで実際に起きたテロ事件を題材にホテル従業員の英雄的行動を描いた映画です。
監督:アンソニー・マラス 出演:デヴ・パテル(アルジュン)、アーミー・ハマー(デヴィッド)、ナザニン・ボニアディ(ザーラ)、アヌパム・カー(オベロイ)、ジェイソン・アイザックス(ワシリー)、ティルダ・コブハム・ハーヴェイ(サリー)ほか

「顔」のネタバレあらすじ結末

2019/09/18掲載

顔の紹介:1957年日本映画。列車から、邪魔な男を突き落として殺した秋子は、自分に都合のいい男を利用して、ファッションモデルのスターにまでのし上がっていました。しかし秋子の周りには、刑事と列車殺人の目撃者の石岡がうろつきはじめ・・・という内容の岡田茉莉子が悪女を演じる、松本清張原作のサスペンス映画です。
監督:大曾根辰夫 原作:松本清張 出演:大木実(石岡三郎)、岡田茉莉子(水原秋子)、笠智衆(長谷川刑事)、森美樹(江波彰)、宮城千賀子(三村容子)、内田良平(前田記者)、山内明(飯島哲次)、千石規子(久子)ほか

「シンデレラ 後編」のネタバレあらすじ結末

2019/09/18掲載

シンデレラ 後編の紹介:2011年イタリア映画。シンデレラを現代風にアレンジした物語の後編。オーロラとセバスチャンは仮面舞踏会でお互いに惹かれ合うようになる。オーロラに仮面を取るよう頼むセバスチャンだったが、時刻は12時を過ぎてオーロラはその場を去って行く。オーロラにまた会いたいと願うセバスチャンは、残されたオーロラの靴を頼りに彼女を探すものの手掛かりは見つからず…。
監督:クリスチャン・デュゲイ 出演者:ヴァネッサ・ヘスラー(オーロラ)、フラヴィオ・パレンティ(セバスチャン)、ルート=マリア・クビシェック(クーパー)、ナタリア・ヴォルナー(イレーネ)、ロザベル・ラウレンティ・セラーズ、イラリア・スパーダ

「シンデレラ 前編」のネタバレあらすじ結末

2019/09/18掲載

シンデレラ 前編の紹介:2011年イタリア映画。シンデレラを現代風にアレンジした物語の前編。幼くして母親を亡くしたオーロラは、音楽家の父と暮らしています。オーロラは母親に似ていて、ピアノが得意な女の子です。父が再婚した義母と義姉はオーロラが嫌いで意地悪をしてきます。そして、大切な父を亡くしてしまい…。
監督:クリスチャン・デュゲイ 出演者:ヴァネッサ・ヘスラー(オーロラ)、フラヴィオ・パレンティ(セバスチャン)、ルート=マリア・クビシェック(クーパー)、ナタリア・ヴォルナー(イレーネ)、ロザベル・ラウレンティ・セラーズ、イラリア・スパーダ

「今さら言えない小さな秘密」のネタバレあらすじ結末

2019/09/18掲載

今さら言えない小さな秘密の紹介:2018年フランス映画。 仏プロヴァンヌ地方のとある村に伝説の男タビュランがいた。彼は少年の頃に自転車で空中回転を成し遂げ、曲乗りの天才と称えられた村のヒーロー。しかし両親を自転車事故で亡くしたマドレーヌと結婚をしたことを機に自転車乗りを封印。今では自転車店を開業し、充実した日々を送っていた。ところがパリからやってきた著名な写真家に自転車で疾走する姿を撮らせてほしいと頼まれたことから、タビュランの人生は窮地へ追い込まれることとなる。本当はタビュランは自転車に乗れない男だった!追い詰められたタビュランは意外な行動へ出る。原作はフランスの国民的作家にして漫画家でもあるジャン=ジャック・サンペの絵本。サンペ自らが共同脚本に参加、監督を名プロデューサー、フィリップ・ゴドーを父に持つ新鋭ピエール・ゴドーがつとめ人間関係の尽きない悩みを題材に生きるためのヒントが詰まった物語。
監督:ピエール・ゴドー  出演:ブノワ・ポールヴールド(ラウル・タビュラン)、エドゥアール・ベール(エルヴェ・フィグーニュ)、スザンヌ・クレマン(マドレーヌ)、ヴィクター・アッシェ(20歳のタビュラン)、グレゴリー・カドボワ(タビュランの父)、イローナ・バシェリナ(20歳のマドレーヌ)、ティミ・ジョイ・マーボ(11歳のタビュラン)、テオ・ガレット(6歳のタビュラン)ほか

「ヒットマン:ザ・バトルフィールド」のネタバレあらすじ結末

2019/09/17掲載

ヒットマン:ザ・バトルフィールドの紹介:2013年イタリア映画。ある男に雇われた殺し屋が、ホテル内で指示通り殺した相手は、自分と同じくある男に雇われた殺し屋でした。意味のわからなくなった殺し屋が男に説明を求めると、今度は自分がホテル内で殺し屋に襲われ始めました…という内容の、ゴアスプラッター映画です。全編VOP撮影で、主役の殺し屋の顔は映し出されず、スプラッターシーンはマニアが喜ぶようなゴアシーンの連続の作品です。
監督:ジェリオ・デ・サンティ 出演者:マイケル・ハウ(ジョージ・ミストランディア)、レイナー・バートン(フランク・ジモーサ)、ジェシカ・キャロル、ほか

「若おかみは小学生!」のネタバレあらすじ結末

2019/09/17掲載

若おかみは小学生!の紹介:2018年日本映画。「春の屋には、たくさんの出会いが待っていた…」令丈ヒロ子による児童文学小説シリーズをアニメ映画化した作品です。両親を亡くし祖母が女将である温泉旅館に引き取られた小学生の少女が、旅館の仕事を手伝ううちに不思議な体験を味わうことに・・・。
監督:高坂希太郎 声の出演:小林星蘭(おっこ(関織子))、松田颯水(ウリ坊)、水樹奈々(秋野真月)、一龍斎春水(おばあちゃん(関峰子))、一龍斎貞友(エツコさん(田島エツ子))、てらそままさき(康さん(蓑田康之介))、小桜エツコ(鈴鬼)、遠藤璃菜(秋野美陽)、薬丸裕英(おっこの父)、鈴木杏樹(おっこの母)、設楽統(神田幸水)、小松未可子(神田あかね)、ホラン千秋(グローリー水領)、山寺宏一(木瀬文太)ほか

「祇園囃子」のネタバレあらすじ結末

2019/09/17掲載

祇園囃子(ぎおんばやし)の紹介:1953年日本映画。巨匠・溝口監督の秀作で、戦前に作られた自身の「祇園の姉妹」を思わせる花柳映画。「西鶴一代女」「雨月物語」などと比べて知名度は低いが、その完成度の高さから戦後の代表作にあげる批評家もいる。
監督:溝口健二 出演:木暮実千代(美代春)、若尾文子(榮子)、河津清三郎(楠田)、進藤英太郎(澤本)、菅井一郎(佐伯)、田中春男(小川)、小柴幹治(神埼)、伊達三郎(今西)、浪花千栄子(お君)、ほか

「舞台恐怖症」のネタバレあらすじ結末

2019/09/17掲載

舞台恐怖症の紹介:1950年イギリス映画。ヒッチコックとしては珍しいフーダニット(犯人当て)のミステリー。精神に異常を抱えた犯人を描いている点で、のちの「見知らぬ乗客」や「サイコ」と共通する内容となっている。ディートリッヒの妖艶さも魅力的。
監督:アルフレッド・ヒッチコック 出演:ジェーン・ワイマン(イブ・ギル)、リチャード・トッド(ジョナサン・クーパー)、マレーネ・ディートリッヒ(シャーロット・インウッド)、マイケル・ワイルディング(ウィルフリッド・スミス)、アラステア・シム(イヴの父)、ほか

「マウトハウゼンの写真家」のネタバレあらすじ結末

2019/09/17掲載

マウトハウゼンの写真家の紹介:2018年スペイン映画。第二次世界大戦のときにナチスによって収容されていた7000人のスペイン人。そのうちのカメラマンの助手が、自分たちの収容所での経験を伝えるために、写真のネガを命がけで守り抜いた実話の映画です。
監督:マル・タルガローラ 出演:マリオ・カサス(フランセスク・ボシュ)、リシャルト・ファン・ヴァイデン(パウル・リッケン)、アラン・ヘルナンデス(バルブエナ)、アドリア・サラザール(アンセルモ)、ほか

「MR.LONG/ミスター・ロン」のネタバレあらすじ結末

2019/09/16掲載

MR.LONG/ミスター・ロンの紹介:2017年日本,香港,台湾,ドイツ映画。『ポストマン・ブルース』『天の茶助』などのSABU監督と『グリーン・デスティニー』『レッドクリフ』などの台湾の実力派俳優チャン・チェンがタッグを組んだハートウォーミング・バイオレンス映画です。日本での仕事に失敗して逃亡した台湾の殺し屋が、彼を迎え入れた田舎町の人々との交流を通じて人間らしさを取り戻していく様を描きます。
監督:SABU 出演者:チャン・チェン(ミスター・ロン)、青柳翔(賢次)、イレブン・ヤオ(リリー)、バイ・ルンイン(ジュン)、有福正志(平助)、諏訪太朗(忠雄)ほか

「バッド・チューニング」のネタバレあらすじ結末

2019/09/16掲載

バッド・チューニング(別題:新アメリカン・グラフィティ/クールで行こう)の紹介:1993年アメリカ映画。バッド・チューニングの紹介:夏休み最初の夜を満喫しようとする高校生たち。そこには大人たちの縛りがあり、自分らしく生きることを、お酒やドラッグに囲まれながらそれぞれが語り合う、豪華俳優人が揃った青春映画です。
監督:リチャード・リンクレイター 出演:ジェイソン・ロンドン(ピンク)、ミラ・ジョヴォヴィッチ(ミシェル)、ベン・アフレック(オバニオン)、ワイリー・ウィギンズ(ミッチ)、マシュー・マコノヒー(ウッダーソン)、サッシャ・ジェンソン(ドン)、ショーン・アンドリュース(ピックフォード)ほか

「アンデルセン物語(1952年)」のネタバレあらすじ結末

2019/09/16掲載

アンデルセン物語の紹介:1952年アメリカ映画。童話を愛するデンマークの小さな町の靴職人アンデルセン。ある日ひょんなことから弟子のピーターとともにコペンハーゲンを旅することになったアンデルセンはそこで美しいバレリーナに出会い…。童話作家アンデルセンの恋と冒険を美しい音楽とバレエとともに綴った伝記映画。「虹を掴む男」、「ホワイト・クリスマス」などで知られる喜劇俳優ダニー・ケイの名演が光ります。
監督:チャールズ・ビダー 出演者:ダニー・ケイ(ハンス・クリスチャン・アンデルセン)、ジョーイ・ウォルシュ(ピーター)、ジャンメイル(ドロ)、ファーリー・グレンジャー(ニールス)、フィリップ・トーン(オットー)、ピーター・ヴォトリアン(ラーズ)、ほか

「ワイルド・ギャンブル」のネタバレあらすじ結末

2019/09/16掲載

ワイルド・ギャンブルの紹介:2015年アメリカ映画。不動産屋の営業をするジェリーは、カジノで多額の借金を作って妻と子供に逃げられていました。それでもカジノ通いするジェリーの目の前に、カーティスという男が現れました。カーティスがいると、いつも勝つことが出来るジェリーは、カーティスのカジノめぐりの旅に付いて行くことになりますが…という内容のヒューマンドラマです。
監督:アンナ・ボーデン、ライアン・フレック 出演者:ライアン・レイノルズ(カーティス)、ベン・メンデルソーン(ジェリー)、シエナ・ミラー (シモーヌ)、アナリー・ティプトン(バネッサ)、アルフレ・ウッダード(サム)ほか

「クライテリア・ワン」のネタバレあらすじ結末

2019/09/16掲載

クライテリア・ワンの紹介:2015年イギリス映画。山でキャンプをしていたティムとスーが、古代から地球の生物調査やコントロールをしていた宇宙ロボット人間・コレクターに捕らわれました。行方不明のスーを探すティムでしたが、コレクターによってマインドコントロールされたティムは、幻覚と現実のはざまで、もがきはじめます…という内容のイギリスの映画です。サイケ、幻覚、抽象的な表現と、よく見ていても意味不明な事が多い、異色の作品です。
監督:サイモン・D・ビセット 出演者:オリー・ワッツ(ティム)、クロエ・ルイス(スー)、ルーファス・グラハム(騎士)、ほか

1 2 3 4 5 609
TOP↑