Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「ジョーカー」のネタバレあらすじ結末

2019/10/04掲載

ジョーカーの紹介:2019年アメリカ映画。大都会ゴッサム・シティで道化師として暮らしていた一人の孤独な男アーサー・フレック。ピエロメイクの大道芸人として、病弱な母を支える心優しい面もあり、同じアパートに住むソフィーに好意を抱いている。どんな時も笑顔で人々を楽しませなさいと言う母の言葉通り、コメディアンを目指してドン底から抜け出そうとするアーサーが、なぜ巨大な悪のカリスマ『ジョーカー』へと変貌したのか。切なくも衝撃的真実の物語。「ジョーカー」はヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を獲得。8歳で俳優デビューを飾ったホアキン・フェニックスは本作で「キャリア史上最高の演技」と称賛された。
監督:トッド・フィリップス 出演:ホアキン・フェニックス(アーサー・フレック/ジョーカー)、ロバート・デ・ニーロ(マレー・フランクリン)、ザジー・ビーツ(ソフィー・デュモンド)、フランセス・コンロイ(ペニー・フレック)、ブレット・カレン(トーマス・ウェイン)、ダグラス・ホッジ(アルフレッド・ペニーワース)、ダンテ・ペレイラ=オルソン(ブルース・ウェイン)ほか

「天使のいる図書館」のネタバレあらすじ結末

2019/10/20掲載

天使のいる図書館の紹介:2017年日本映画。新人司書のさくらは生真面目で不器用な性格が災いし、レファレンスサービスの仕事に行き詰まりを感じていました。ある日、さくらは古い写真を持ち歩く老婦人と知り合い、彼女のレファレンスを担当することになりますが…。豊かな自然が広がる奈良県の葛城地区を舞台に、新人司書の成長を描く心温まるヒューマンドラマです。
監督:ウエダアツシ 出演者:小芝風花(吉井さくら)、横浜流星(芦高幸介 / カフカ)、内場勝則(吉井満彦)、飯島順子(上嶋弘美)、森本レオ(田中草一朗)、香川京子(芦高礼子)、ほか

「青い棘」のネタバレあらすじ結末

2019/10/20掲載

青い棘(あおいとげ)の紹介:2004年ドイツ映画。1927年、ベルリンで実際に起きた「シュテークリッツ校の悲劇」を基に、繊細な青年達の愛と悲劇を描くロマンス&ドラマ作品。名門寄宿学校の生徒パウルとギュンターは、生まれも性格も正反対だったが不思議と良い友情を築いていた。とある週末、ギュンターから別荘に招待されたパウル。そこで以前から恋をしていたギュンターの妹ヒルデにますます夢中になってしまう。ヒルデには秘密の恋人ハンスがいたが、彼はかつてギュンターの恋人でもあった。愛に苦しむパウルとギュンターは、瑞々しくも危うい盟約を交わす。
監督:アヒム・フォン・ボリエス 出演者:ダニエル・ブリュール(パウル・クランツ)、アウグスト・ディール(ギュンター・シェラー)、アンナ・マリア・ミューエ(ヒルデ・シェラー)、トゥーレ・リントハート(ハンス)、ヤナ・パラスケ(エリ)ほか

「バチカン・テープ」のネタバレあらすじ結末

2019/10/19掲載

バチカン・テープの紹介:2015年アメリカ映画。誕生日パーティで怪我をした25歳のアンジェラは、病院で手術後に人格が変わり、狂暴になり始めました。当初は多重人格の疑いで精神病院に入院させますが、神父らは悪魔が憑りついたとして、悪魔祓いをすると言い出しました…という内容のオカルトホラー映画です。
監督:マーク・ネヴェルダイン 出演者:オリビア・テイラー・ダドリー(アンジェラ・ホーム)、マイケル・ペーニャ(ロサーノ神父)、ダグレイ・スコット(ロジャー・ホームズ)、ジャイモン・フンスー(イマーニ教皇代理)ほか

「闇金ドッグス」のネタバレあらすじ結末

2019/10/19掲載

闇金ドッグスの紹介:2015年日本映画。若くして組長に上り詰めた安藤でしたが、他組織のヤクザから借りた金が返せず、トラブルになりました。相手の組は関西の巨大組織の傘下に入っていて、命も狙われかねない事から、あっさりと組を解散して引退しました。堅気となった安藤に、早速闇金の小中が取り立てに来ました。小中の執拗なやり方に、自分も闇金を始める安藤でしたが…という内容のアウトロー作品です。
監督:土屋哲彦 出演者:山田裕貴(安藤忠臣)、古澤裕介(日向良夫)、 冨手麻妙(姫野えりな)、高岡奏輔(小中高志)、津田寛治(沢村清志)、ほか

「向う見ずの男」のネタバレあらすじ結末

2019/10/19掲載

向う見ずの男の紹介:1958年アメリカ映画。ライフル射撃の腕は抜群だが心優しいトッド・ローマンが、ボイド家の息子を殺したと誤解され、ボイド一家に追われる身となる。『ナイアガラ』や『勇気ある追跡』のヘンリー・ハサウェイ監督による西部劇。主演は『バス停留所』のカウボーイ、ドン・マレー。トッド・ローマンと恋に落ちる男勝りの娘を『青春物語』で注目されたダイアン・ヴァーシが演じる。コマンチ族襲撃シーンの馬車を使ったスタント等も見どころ。
監督:ヘンリー・ハサウェイ 出演者:ドン・マレー(トッド・ローマン)、ダイアン・ヴァーシ(ニータ・ブラッドリー)、チル・ウィルス(エイモス・ブラッドリー)、デニス・ホッパー(トム・ボイド)、R・G・アームストロング(ハンター・ボイド)、ジェイ・C・フリッペン(レファートフィンガー)ほか

「リズと青い鳥」のネタバレあらすじ結末

2019/10/19掲載

リズと青い鳥の紹介:2018年日本映画。京都アニメーションの若手女性監督山田尚子が、聲の形以来約一年半ぶりに制作した最新作。先行するテレビアニメ作品「響け!ユーフォニアム」のスピンオフ企画として、オーボエ担当の鎧塚みぞれとフルート担当の傘木希美の三年生二人に焦点を当てた青春劇を、監督特有の瑞々しい表現で描き出している。本作は国内外から高い評価を受け、第73回毎日映画コンクール大藤信郎賞を受賞した。
監督:山田尚子 声優:種崎敦美(鎧塚みぞれ)、東山奈央(傘木 希美)、本田望結(リズ)、 藤村鼓乃美 (中川夏紀)、山岡ゆり(吉川優子)、杉浦しおり(剣崎梨々花)、黒沢ともよ(黄前 久美子)、朝井彩加(加藤 葉月)ほか。

「ブラック・ミラー: バンダースナッチ」のネタバレあらすじ結末

2019/10/18掲載

ブラック・ミラー: バンダースナッチの紹介:2018年アメリカ, イギリス映画。視聴者が自らステファンの行動を選択することによって、ストーリーを進めることができる新感覚の映画です。
監督:デヴィッド・スレイド 出演:フィン・ホワイトヘッド(ステファン)、ウィル・ポールター(コリン)、クレイグ・パーキンソン(ステファンの父)、アリス・ロウ(ヘインズ先生)、ほか

「レオン(2017年)」のネタバレあらすじ結末

2019/10/18掲載

レオンの紹介:2017年日本映画。さえない派遣社員と大企業のワンマン社長が入れ替わってしまうというドタバタコメディ作品です。派遣OL役に知英、社長役として竹中直人を迎え、性格も立場も違う2人の人格が入れ替わるという役柄をコミカルに演じています。
監督:塚本連平 出演:知英(小鳥遊玲音)、吉沢亮(一条徹)、大政絢(サリナ)、斉藤慎二(朝比奈政夫)、ミッツ・マングローブ(猫田)、原幹恵(インタビュアー)、河井青葉(愛梨)、山崎育三郎(日下)、竹中直人(朝比奈玲男)、ほか

「今日も嫌がらせ弁当」のネタバレあらすじ結末

2019/10/18掲載

今日も嫌がらせ弁当の紹介:2018年日本映画。反抗期の高校生の娘をもつ母親が負けじと卒業まで作り続けた風変わりな弁当を紹介したブログを基にしたエッセイを映画化した作品です。反抗期の娘に向けたメッセージとも言える弁当が良くも悪くも胸に響いてきます。
監督:塚本連平 出演:篠原涼子(持丸かおり)、芳根京子(持丸双葉)、松井玲奈(持丸若葉)、佐藤寛太(山下達雄)、岡田義徳(持丸島次郎)、村上知子(浩実)、佐藤隆太(岡野信介)、ほか

「小さな嘘」のネタバレあらすじ結末

2019/10/18掲載

小さな嘘の紹介:2009年フランス映画。妻子ある眼科医の男の愛人が、子どもの同級生がついた小さな嘘から、男の浮気を疑いはじめ、やがてその猜疑心にとりつかれた彼女は凶行に走る。
監督:ドゥニ・マルバル 出演:フレデリック・ヴァン・デン・ドリーシュ、ジュリー・ジャド、ガエラ・ル・デヴェア、ミッキー・セバスチャン、ほか

「(r)adius ラディウス」のネタバレあらすじ結末

2019/10/17掲載

(r)adius ラディウスの紹介:2017年カナダ映画。記憶をなくしてしまったリアムは自身の周りで不可解な死が多発していることに気づく。彼を中心に半径15メートルに近寄ったものは死んでしまうのである。彼の力の及ばない助成ローズと出会うが…。
監督:カロリーヌ・ラブレシュ、スティーヴ・レオナール 出演:ディエゴ・クラテンホフ(リアム)、シャーロット・サリヴァン(ジェーン)、ブレット・ドナヒュー(サム)、ほか

「キルオール!! 殺し屋頂上決戦」のネタバレあらすじ結末

2019/10/17掲載

キル・オール!! 殺し屋頂上決戦の紹介:2012年アメリカ映画。バンコクで暗躍する殺し屋たちが、暗いコンクリートの部屋に集められました。そして殺し合いを行い生き残れるのは一人と言われ、闘いが始まりますが…という内容のソリッドスリラー&アクション映画です。低予算ながら格闘アクションは目を見張るものがあり、良作といえる一本です。
監督:レイムンド・ヒューバー 出演:ジョ二ー・メスナー(ガブリエル)、ゴードン・リュウ(スネークヘッド)、ジョー・ルイス(カーペンター)、アマラー・シリポン(ソム)、ティム・マン(キッド)ほか

「オズの魔法使」のネタバレあらすじ結末

2019/10/17掲載

オズの魔法使の紹介:1939年アメリカ映画。ライマン・フランク・ボームの児童文学「オズの魔法使い」を原作としたミュージカル映画。オズの国に迷い込んだ少女ドロシーが案山子やブリキ男、ライオンらとともにオズの大魔法使いの住むエメラルドの都を目指す冒険物語。ジュディ・ガーランドが歌った主題歌「虹の彼方に」は今日も歌い継がれる珠玉のスタンダードナンバーです。
監督:ヴィクター・フレミング 出演:ジュディ・ガーランド(ドロシー)、レイ・ボルジャー(案山子/ハンク)、ジャック・ヘイリー(ブリキ男/ヒッコリー)、バート・ラー(ライオン/ジーク)、ビリー・バーク(北の良い魔女グリンダ)、マーガレット・ハミルトン(西の悪い魔女/ミス・ガルチ)、フランク・モーガン(オズの大魔法使い/占い師マーヴェル/御者/門番)、ほか

「ジョン・ウィック:パラベラム」のネタバレあらすじ結末

2019/10/17掲載

ジョン・ウィック:パラベラムの紹介:2019年アメリカ映画。裏社会の掟を破ったことから粛清されることになったジョン・ウィックは育ての親に助けを求め、モロッコで再起します。しかし、彼を許さない裏社会の支配者の主席連合は彼を殺すため最強の殺し屋ゼロを雇います。ついに、ニューヨークを舞台にジョンと主席連合との壮絶なパラベラム(戦い)が始まります。『ジョン・ウィック:パラベラム』は大ヒットしたジョン・ウィックシリーズ3作目、キアヌ・リーブスのみせる激しいガン・フー(銃を使ったカンフーアクション)に、今回は馬、バイク、刀を使う激しいアクションが見どころです。
監督:チャド・スタエルスキ 出演:キアヌ・リーヴス(ジョン・ウィック)、ハル・ベリー(ソフィア)、イアン・マクシェーン(ウィンストン)、ローレンス・フィッシュバーン(バワリー・キング)、マーク・ダカスコス(ゼロ)、エイジア・ケイト・ディロン(裁定人)、ランス・レディック(シャロン)、アンジェリカ・ヒューストン(劇場ディレクター)、ランダル・ダク・キム(ドク)、トビアス・シーガル(アール)、ほか

「マキシマム・ブラッド」のネタバレあらすじ結末

2019/10/16掲載

マキシマム・ブラッドの紹介:2014年カナダ映画。フィリピンを舞台にしたヴァンダムお得意のアクション映画。内容はシリアスで、腎臓移植をモチーフとした贖罪の物語となっている。原題の”Pound of Flesh”は、シェイクスピアの「ベニスの商人」に基づいたもの。
監督:アーニー・バーバラッシュ 出演:ジャン=クロード・ヴァンダム(ディーコン)、ジョン・ラルストン(ジョージ)、アキ・アレオン(カン)、ダーレン・シャラヴィ(ドレイク)、シャーロッテ・ピーターズ(アナ・ライリー)、ほか

1 2 3 4 5 618
TOP↑