「肉の蝋人形(1933年)」のネタバレあらすじ結末

2021/06/30掲載

肉の蝋人形の紹介:1933年アメリカ映画。遺体安置所から死体が消えた。事件を追う女性記者は新しくオープンした蝋人形館に目をつけるが、彼女のルームメイト(『キングコング』のフェイ・レイ。本作品でも悲鳴を上げます)に危険が迫る。大手撮影所で作られた最後の二色テクニカラー作品(1935年に三色テクニカラーによる最初の長篇映画が製作され、『白雪姫』、『オズの魔法使』等の名作を生みだし、イーストマンカラーの普及までカラー撮影の主流になる)。1953年にアンドレ・ド・トス監督・ヴィンセント・プライス主演の3D映画としてリメイクされる。
監督:マイケル・カーティス 出演者:ライオネル・アトウィル(イワン・イゴール)、フェイ・レイ(シャーロット・ダンカン)、グレンダ・ファレル(フローレンス・デンプシー)、フランク・マクヒュー(ジム)、アレン・ヴィンセント(ラルフ・バートン)、ギャヴィン・ゴードン(ジョージ・ウィントン)、エドウィン・マクスウェル(ジョー・ワース)ほか

「スーパーノヴァ」のネタバレあらすじ結末

2021/06/30掲載

スーパーノヴァの紹介:2020年イギリス映画。サムとタスカーは20年来の男性カップル。しかしタスカーの認知症が悪化し二人の関係に危機が訪れます。二人は対立し、口論しながら解決策を探ることになります。『スーパーノヴァ 』は、高齢化社会に生きることの難しさと愛の素晴らしさを描いた映画です。
監督:ハリー・マックイーン 出演:コリン・ファース(サム)、スタンリー・トゥッチ(タスカー)、ピッパ・ヘイウッド(リリー)、ピーター・マックイーン(クライブ)、ニナ・マーリン(シャーロット)、イアン・ドライズデイル(ポール)、ほか

「貝殻と僧侶」のネタバレあらすじ結末

2021/06/29掲載

貝殻と僧侶の紹介:1927年フランス映画。僧侶の抑圧された欲望を極めて絵画的に描いたドラマ作品。禁欲的な生活を送る僧侶は、欲望を払うかのようにガラスを砕いている。ガラスを砕く度に将軍の姿が現れては消えていく。将軍に止められた僧侶は椅子から落ち、四つん這いで外に出た。すると将軍とその妻の姿を発見する。僧侶にとって将軍の妻は理想の女性だった。僧侶は嫉妬に狂い、将軍を絞殺してしまう。僧侶が将軍夫人の胸元を露にすると、その胸は貝殻に包まれた。夫人を追いかける僧侶。しかし彼女は彼のものにはならない。僧侶は大きな二枚貝の片方を握り締め、そこに満たされた黒い水を飲み込んだ。
監督:ジェルメーヌ・デュラック 出演者:アリクス・アラン(僧侶)、ジェニカ・アサナシュー(将軍の妻)、ルシアン・バタイユ(将軍)ほか

「ハッピー・オールド・イヤー」のネタバレあらすじ結末

2021/06/28掲載

ハッピー・オールド・イヤーの紹介:2019年タイ映画。タイ映画界の新鋭ナワポン・タムロンラタナリット監督の日本劇場初公開作品。海外留学から帰った主人公のジーンは、父親の自宅兼教室を自分の事務所にしようと大掛かりな断捨離を始めるが、様々な思い出の品が次々と出てきて作業は一向に進まなかった…。
監督:ナワポン・タムロンラタナリット 出演:チュティモン・ジョンジャルーンスックジン(ジーン)、サニー・スワンメーターノン(エム)、サリカー・サートシンスパー(ミー)、ティラワット・ゴーサワン(ジェー)、パッチャー・キットチャイジャルーン(ピンク)、アパシリ・チャンタラッサミー(ジーンとジェーの母)、ほか

「カリガリ博士」のネタバレあらすじ結末

2021/06/27掲載

カリガリ博士の紹介:1919年ドイツ映画。ドイツ表現主義映画の代表作であり、世界初のホラー映画とも言われている。フランシスは村人に、ある恐ろしい体験を語って聞かせることにした。フランシスは親友アランと共に祭りへ出かけ、カリガリ博士と名乗る人物の見世物小屋を見つける。カリガリ博士が所有している夢遊病の男チェザーレは、どんな質問にも答えられる能力を持っているらしい。面白がったアランが自分の寿命を尋ねると、チェザーレは明日の朝までだと答えた。翌朝、アランは何者かに殺害され遺体で発見される。不審に思ったフランシスは、思い人ジェインの父親オルセン博士と共に、カリガリ博士の身辺を調べ始めるのだった。
監督:ロベルト・ウイーネ 出演者:コンラート・ファイト(チェザーレ)、ヴェルナー・クラウス(カリガリ博士)、リル・ダゴファー(ジェイン)、フリードリッヒ・フェーヘル(フランシス)、ハンス・ハインリッヒ・フォン・トワルドフスキー(アラン)ほか

「犬の生活」のネタバレあらすじ結末

2021/06/27掲載

犬の生活の紹介:1918年アメリカ映画。1人の放浪者と1匹の野良犬が、ささやかな幸せに行き着くまでを描いたコメディ作品。不景気の世の中、1人の放浪者が職を求めて職業安定所に向かった。しかし他の失業者との競争に敗れてしまい、肩を落として道端に座り込む。すると近くで野良犬同士の喧嘩が勃発し、放浪者は慌てていじめられていた犬を助けた。放浪者は犬と酒場に入り、1人の新人歌手と仲良くなる。監督・脚本・主演を務めるのは、喜劇王チャールズ・チャップリン。
監督:チャールズ・チャップリン 出演者:チャールズ・チャップリン(放浪者)、エドナ・パーヴィアンス(酒場の歌手)、ヘンリー・バーグマン(太った失業者/酒場の客の女)、シドニー・チャップリン(屋台の主人)、アルバート・オースチン(悪漢)ほか

「サニーサイド」のネタバレあらすじ結末

2021/06/27掲載

サニーサイドの紹介:1919年アメリカ映画。ホテルの雑用係が愛する女性を振り向かせようと奮闘するコメディ作品。とある農村のホテルで働くチャーリーは、唯一の従業員としてあらゆる仕事を行っていた。しかし朝寝坊をしたり、牛に逃げられたりとドジばかり踏んでいる。そんな彼にも美しい想い人がいた。ところが彼女は街からやって来た紳士に惹かれ始めてしまう。チャーリーは何とか娘を振り向かせようと、あの手この手でアピールを続けるのだが。監督・脚本・主演を務めるのは、喜劇王チャールズ・チャップリン。
監督:チャールズ・チャップリン 出演者:チャールズ・チャップリン(ホテルの雑用係)、エドナ・パーヴィアンス(村一番の美人)、トム・ウィルソン(ホテルの主人)、トム・テリス(都会からきた若者)、アルバート・オースチン(村の医者)ほか

「夫婦」のネタバレあらすじ結末

2021/06/26掲載

夫婦の紹介:1953年日本映画。井手俊郎と水木洋子の共同によるオリジナル脚本を巨匠成瀬巳喜男が映画化。『めし』『妻』と併せて「成瀬の夫婦もの」と称される。『妻』と同じように上原謙が覇気のない夫役を好演。クリスマスの街の様子が描かれるのが当時の邦画としては珍しい。
監督:成瀬巳喜男 出演:上原謙(中原伊作)、杉葉子(中原菊子)、三國連太郎(武村良太)、小林桂樹(早川茂吉)、藤原釜足(早川直吉)、滝花久子(早川たか)、岡田茉莉子(早川久美子)、豊島美智子(三島波子)、ほか

「妻」のネタバレあらすじ結末

2021/06/26掲載

妻の紹介:1953年日本映画。巨匠成瀬巳喜男が『めし』『稲妻』に続いて林芙美子の小説(『茶色の目』)を映像化。脚本は成瀬作品を多く手がけた井手俊郎が担当している。前作『夫婦』に出演した三國連太郎が再び上原謙と共演。
監督:成瀬巳喜男 出演:上原謙(中川十一)、高峰三枝子(中川美穂子)、丹阿弥谷津子(相良房子)、高杉早苗(桜井節子)、中北千枝子(松山栄子)、伊豆肇(松山浩久)、新珠三千代(新村良美)、三國連太郎(谷村忠)、ほか

「命美わし」のネタバレあらすじ結末

2021/06/26掲載

命美わしの紹介:1951年日本映画。劇作家八木隆一郎のNHKラジオ小説を映画化した一風変わったホームドラマ。笠智衆が自殺志願者を助ける元中学校校長をユーモラスに演じ、毎日映画コンクールやブルーリボン賞の助演男優賞を受賞した。監督は後に『君の名は』を撮る名匠大庭秀雄。
監督:大庭秀雄 出演:笠智衆(伊村早吉)、杉村春子(伊村みね)、三國連太郎(伊村寛一)、佐田啓二(伊村修二)、小園蓉子(伊村民子)、坂本武(高山医師)、小沢栄太郎(快雲)、淡島千景(あさ子)、宮口精二(大島)、桂木洋子(大島房江)、北竜二(梅澤)、土紀就一(梅澤忠清)、ほか

「草原に黄色い花を見つける」のネタバレあらすじ結末

2021/09/16掲載

草原に黄色い花を見つけるの紹介:2015年ベトナム映画。ベトナムの人気作家グエン・ニャット・アインのベストセラー小説を映像化した作品。少年時代の淡い恋心を、ベトナムの美しい自然に乗せて描いています。ベトナムでの大ヒットでアカデミー賞の外国語映画賞に出品するに至ります。
監督:ヴィクター・ヴー 出演:ティン・ヴィン(ティエウ)、チョン・カン(トゥオン)、タイン・ミー(ムーン)、マイ・テー・ヒエップ(ニャン先生)、グエン・アイン・トゥー(ダンおじさん)、カイン・ヒエン(ヴィン)、ミー・アイン(ニー)、ほか

「パリの調香師 しあわせの香りを探して」のネタバレあらすじ結末

2021/09/16掲載

パリの調香師 しあわせの香りを探しての紹介:2019年フランス映画。人生に挫折してしまった調香師と、同じく人生に挫折してしまい崖っぷちの際にいる運転手が、互いに交流することで再生していく姿を描いた作品。ディオールに協力を得て、香水業界の事情をリアルに表現しています。フランスで大ヒットした大人向けの感動作です。
監督:グレゴリー・マーニュ 出演:エマニュエル・ドゥヴォス(アンヌ・ヴァルベルグ)、グレゴリー・モンテル(ギヨーム・ファーヴル)、セルジ・ロペス(バリェステル先生)、ギュスタヴ・ケルヴェン(アルセーヌ)、ゼリー・リクソン(レア・ファーヴル)、ほか

「バルーン 奇蹟の脱出飛行」のネタバレあらすじ結末

2021/09/15掲載

バルーン 奇蹟の脱出飛行の紹介:2018年ドイツ映画。東西冷戦下の1979年の東ドイツで、手作りの熱気球で西ドイツに亡命した2組の家族。1982年にディズニーが『気球の8人』として映画化した実話を『小さなバイキング ビッケ』のミヒャエル・ブリー・ヘルビヒ監督がメガホンを取り、当事者である家族の協力を得て再映画化した作品です。
監督:ミヒャエル・ブリー・ヘルビヒ 出演者:フリードリヒ・ミュッケ(ペーター・シュトレルツィク)、カロリーヌ・シュッヘ(ドリス・シュトレルツィク)、ダフィット・クロス(ギュンター・ヴェッツェル)、アリシア・フォン・リットベルク(ペトラ・ヴェッツェル)、トーマス・クレッチマン(ザイデル中佐)、ヨナス・ホルデンリーダー(フランク・シュトレルツィク)、ティルマン・ドブラー(フィッシャー・シュトレルツィク)、ティル・パッツ(ピーターチェン・ヴェッツェル)、ベン・タイシュマン(アンドレアス・ヴェッツェル)ほか

「種まく旅人 華蓮のかがやき」のネタバレあらすじ結末

2021/09/15掲載

種まく旅人 ~華蓮のかがやき~の紹介:2020年日本映画。農業や漁業などの第一次産業に従事する人たちを描いてきた『種まく旅人』シリーズの第4作です。加賀れんこんの名産地・石川県と大阪・堺を舞台に、れんこん農家を営む父が倒れたことを機に家を継ぐか畑を手放すか決断を迫られる銀行員の葛藤と決断を、石川県に出向してきた農林水産省の女性官僚の視点から描きます。
監督:井上昌典 出演者:栗山千明(神野恵子)、平岡祐太(山田良一)、大久保麻梨子(伊藤凛)、木村祐一(良一の上司)、永島敏行(太田忠志)、綿引勝彦(山田竹市)、吉野由志子(良一の母)、柴やすよ(高津美紀)、駒木根隆介(谷)、小久保寿人(石橋)、平山祐介(高津)ほか

「リトル・ニキータ」のネタバレあらすじ結末

2021/09/14掲載

リトル・ニキータの紹介:1988年アメリカ映画。東西冷戦末期のアメリカを舞台に、愛国心の強いごく普通の高校生が自分の両親の正体と自らの出目の秘密を知り、家族と国家との間で苦悩する姿を描いたサスペンス映画です。主人公の高校生をリバー・フェニックスが演じています。
監督:リチャード・ベンジャミン 出演者:リバー・フェニックス(ジェフ・ニコライ・グラント/ニキータ)、シドニー・ポワチエ(ロイ・パーメンター)、リチャード・リンチ(スキューバ)、キャロライン・カヴァ(エリザベス・グラント)、リチャード・ブラッドフォード(コンスタンティン・カルポフ)、リチャード・ジェンキンス(リチャード・グラント)、ルーシー・ディーキンズ(バーバラ)、ロレッタ・デヴァイン(ヴァーナ)、ジェリー・ハーディン(ブリューワー)ほか

「アーカイヴ」のネタバレあらすじ結末

2021/09/14掲載

アーカイヴの紹介:2020年イギリス映画。近未来の日本の山奥を舞台に、事故で妻を亡くしたロボット工学者が妻を甦らせるために契約違反を犯してまでアンドロイド開発に挑む姿とその顛末を描いたイギリス発のSFミステリー映画です。
監督:ギャビン・ロザリー 出演者:テオ・ジェームズ(ジョージ・アルモア)、ステイシー・マーティン(ジュールス・アルモア/J3/J2(声))、ローナ・ミトラ(シモーヌ)、トビー・ジョーンズ(ヴィンセント・シンクレア)、ピーター・フェルディナンド(ミスター・タッグ)、リチャード・グローヴァー(メルヴィン)、ハンス・ピーターソン(エルソン)、リア・ウィリアムズ(管理システムの電子音声)ほか

「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」のネタバレあらすじ結末

2021/09/13掲載

ワイルド・スピード/ジェットブレイクの紹介:2020年アメリカ映画。全世界的な人気を誇るカーアクション映画『ワイルド・スピード』シリーズの第9作(スピンオフを除く)、シリーズ最終章となる三部作の第1弾です。本作は第3作『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006年)から第6作『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013年)までの4作のメガホンを執ったジャスティン・リンが監督に復帰。前作『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017年)の5年後が舞台となり、主人公ドミニク(ヴィン・ディーゼル)の弟(ジョン・シナ)が本作の敵として登場。『X3 TOKYO DRIFT』で死んだはずのハン(サン・カン)がまさかのカムバックを果たし、ドミニクとファミリーは新たな闘いに巻き込まれていきます。
監督:ジャスティン・リン プロデュース:ヴィン・ディーゼル、ジャスティン・リンほか 出演者:ヴィン・ディーゼル(ドミニク・トレット)、ミシェル・ロドリゲス(レティ・オルティス)、ジョーダナ・ブリュースター(ミア・トレット)、タイリース・ギブソン(ローマン・ピアース)、クリス・リュダクリス・ブリッジス(テズ・パーカー)、ナタリー・エマニュエル(ラムジー)、サン・カン(ハン・ルー)、ヘレン・ミレン(マグダレーン・ショウ)、マイケル・ルーカー(バディ)、カート・ラッセル(ミスター・ノーバディ)、ルーカス・ブラック(ショーン・ボズウェル)、バウ・ワウ(トゥインキー)、ジェイソン・トビン(アール)、シェー・ウィガム(マイケル・スタジアック捜査官)、カーディ・B(レイサ)、アンナ・サワイ(エル)、ジム・パラック(ケニー・リンダー)、マーティン・フォード(スー)、トゥエ・アーステッド・ラスムッセン(オットー)、ヴィニー・ベネット(若き日のドミニク・トレット)、フィン・コール(若き日のジェイコブ・トレット)、ドン・オマール(リコ・サントス)、オズナ(若き日のリコ・サントス)、J・D・パルド(ジャック・トレット)、ジェイソン・ステイサム(デッカード・ショウ)、シャーリーズ・セロン(サイファー)、ジョン・シナ(ジェイコブ・トレット)ほか

「地獄ヘの逆襲」のネタバレあらすじ結末

2021/09/13掲載

地獄ヘの逆襲の紹介:1940年アメリカ映画。西部開拓時代に実在した無法者ジェシー・ジェームズの生涯を描いた『地獄への道』(1939年)の続編となる西部劇です。本作はジェシーの兄フランクを主人公とし、弟を殺した裏切り者兄弟への復讐を誓うフランクの闘いが描かれます。
監督:フリッツ・ラング 出演者:ヘンリー・フォンダ(フランク・ジェームズ/ベン・ウッドソン)、ジーン・ティアニー(エレノア・ストーン)、ジャッキー・クーパー(クレム)、ジョン・キャラダイン(ボブ・フォード)、チャールズ・タネン(チャーリー・フォード)、ヘンリー・ハル(ルーファス・コッブ)、ドナルド・ミーク(マッコイ)、J・エドワード・ブロムバーグ(ジョージ・ラニアン)、アーネスト・ホイットマン(ピンキー)、ロイド・コリガン(ランドルフ・ストーン)ほか

「鬼滅の刃 浅草編」のネタバレあらすじ結末

2021/09/12掲載

鬼滅の刃 竈門炭治郎 立志編 特別編集版 第二夜 浅草編の紹介:2020年日本作品。TVアニメ「鬼滅の刃」の第6話~第10話を再編集した特別編。鬼滅隊の隊員となった竈門炭治郎は、最初の任務で鬼を倒し、次の任務地である浅草に向かいます。浅草で炭治郎は偶然、家族を殺し妹の禰豆子を鬼にした鬼舞辻無惨に出会います。炭治郎は家族の敵を前にして怒りに震えますが、無惨は通行人を鬼にすることで騒ぎを起こし、その隙に姿をくらましてしまいます。無惨に逃げられた炭治郎でしたが、もう一体の鬼珠世と巡りあいます。珠世は、一旦鬼になったものの人の心を取り戻した稀有な鬼で、炭治郎は、禰豆子を人間に戻す希望を見出します。
監督:外崎春雄 声優:竈門炭治郎(花江夏樹)、竈門禰豆子(鬼頭明里)、沼の鬼(木村良平)、珠世(坂本真綾)、愈史郎(山下大輝)、鬼舞辻無惨(関俊彦)、朱紗丸(小松未可子)、矢琶羽(福山潤)、鱗滝 左近次(大塚芳忠)、ほか

「地獄への道」のネタバレあらすじ結末

2021/09/12掲載

地獄への道の紹介:1939年アメリカ映画。アメリカ西部開拓史に名を残す実在の無法者ジェシー・ジェームズの波乱の生涯を描いた伝記的西部劇です。本作では数々の強盗を働いた無法者ながらも人々に愛された存在としての一面も描かれています。翌1940年にはジェシーの兄フランクを主人公とする続篇『地獄への逆襲』が公開されました。
監督:ヘンリー・キング 出演者:タイロン・パワー(ジェシー・ジェームズ)、ヘンリー・フォンダ(フランク・ジェームズ)、ナンシー・ケリー(ゼレルダ)、ランドルフ・スコット(ウィル・ライト)、ジェーン・ダーウェル(サミュエルズ夫人)、ヘンリー・ハル(ルーファス・コッブ)、J・エドワード・ブロムバーグ(ジョージ・ラニアン)、ブライアン・ドンレヴィ(バーシー)、ジョン・キャラダイン(ボブ・フォード)、クレア・デュ・ブレイ(フォード夫人)、ドナルド・ミーク(マッコイ)、ジョン・ラッセル(ジェシー・ジェームズJr.)、チャールズ・タンネン(チャールズ・フォード)、アーネスト・ホイットマン(ピンキー)ほか

「フロッグ」のネタバレあらすじ結末

2021/09/12掲載

フロッグの紹介:2019年イギリス映画。とある町で二人の少年が失踪してしまいます。現場には15年前に解決済みの連続少年殺人事件で使用されたのと同じナイフが残されていました。模倣犯か過去の事件は冤罪なのか、警察を嘲笑うかのような事件の担当刑事が不可解な出来事に巻き込まれていく様を描いています。
監督:アダム・ランドール 出演:ヘレン・ハント(ジャッキー)、ジョン・テニー(グレッグ)、ジュダ・ルイス(コナー)、オーウェン・ティーグ(アレック)、リブ・ベアラー、グレゴリー・アラン・ウィリアムズ(スピッツ)、エリカ・アレクサンダー、ほか

「私のパパはマフィアの首領」のネタバレあらすじ結末

2021/09/11掲載

私のパパはマフィアの首領(ドン)の紹介:1989年アメリカ映画。テレビドラマ『刑事コロンボ』シリーズでおなじみのピーター・フォークが主演を務めたクライム・コメディ作品です。主人公であるマフィアのドンが部下の裏切りに遭いながらも一人娘との絆や裏社会での自身の地位を取り戻そうと奮闘する様を描きます。
監督:スーザン・シーデルマン 出演者:ピーター・フォーク(ドミニク・ディノ・カピスコ)、エミリー・ロイド(カルメラ・クッキー・ヴォルテッキ)、ダイアン・ウィースト(レノーア・ヴォルテッキ)、エイドリアン・パスダー(ヴィト)、マイケル・V・ガッツォ(カーマイン)、ボブ・ガントン(リッチー・セグレット)、ブレンダ・ヴァッカロ(バニー・カピスコ)、ジェリー・ルイス(アーノルド・ロス)、ライオネル・スタンダー(エンツォ・デラ・テスタ)、ジョー・マンテロ(ドミニック)、リッキー・レイク(ピア)、ジョイ・ベハー(ドッティ)ほか

「愛うつつ」のネタバレあらすじ結末

2021/09/11掲載

愛うつつの紹介:2018年日本映画。本作が長編映画監督デビュー作となる葉名恒星監督が、自らの実体験を基に脚本を書き上げて作り上げたラブストーリーです。主演は葉名監督の友人でもある『佐々木、イン、マイマイン』の細川岳が務め、愛するがゆえに恋人を抱けない男と愛しているからこそ抱かれたい女というカップルの葛藤を描きます。
監督:葉名恒星 出演者:細川岳(新田純)、nagoho(白井結衣)、佐藤岳人、井上実莉、大澤由理、黒木克幸、ほか

「セイバー+ゼンカイジャースーパーヒーロー戦記」のネタバレあらすじ結末

2021/09/10掲載

セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記の紹介:2021年日本映画。『仮面ライダー』生誕50周年および『スーパー戦隊シリーズ』45作を記念して、『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』(2017年公開)以来4年ぶりに仮面ライダーとスーパー戦隊のコラボレーションが実現。令和仮面ライダーシリーズ第2作『仮面ライダーセイバー』とスーパー戦隊シリーズ第45作『機界戦隊ゼンカイジャー』を軸に歴代ライダーと戦隊が集結、2大ヒーロー誕生の謎に迫っていくダブルアニバーサリー作品です。同時上映は仮面ライダー50周年記念作&令和ライダー第3作の劇場版短編作品『仮面ライダーリバイス』です。
監督:田﨑竜太 脚本:毛利亘宏(「ゼンカイジャー」監修:香村純子) 原作:石ノ森章太郎&八手三郎 主題歌:東京スカパラダイスオーケストラ

「アメリカ THE MOVIE」のネタバレあらすじ結末

2021/09/10掲載

アメリカ THE MOVIEの紹介:2021年アメリカ映画。英国に支配されていた植民地の住人たちは、英国から独立するために独立宣言を目指します。しかし、英国人に寝返ったアーノルドが邪魔をし、なかなか思うようにいきません。ジョージ・ワシントンを筆頭に、植民地の住人は自由のために英国人に挑みます。史実を基に、おもしろおかしく現代風にアメリカが独立する日までが描かれたアニメーション映画です。
監督: マット・トンプソン 出演: チャニング・テイタム(ジョージ・ワシントン)、オリヴィア・マン(トーマス・エジソン)、ボビー・モイニハン(ポール・リビア) 、ラオール・トゥルヒロ(ジェロニモ)、ジュディ・グリア(マーサ)、アンディ・サムバーグ(ベネディクト・アーノルド)、ウィル・フォーテ(エイブラハム・リンカーン)、ほか

1 2 3 4 5 786

キーワードから探す

TOP↑