「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」のネタバレあらすじ結末

2022/01/19掲載

ボス・ベイビー ファミリー・ミッションの紹介:2021年アメリカ映画。大ヒットした「ボス・ベイビー」の続編に当たる本作、ボス・ベイビーとして活躍したティムとテッドも大人になりました。しかしある日、娘のティナが彼らと同じようにボス・ベイビーだということが分かり、二人はある任務に挑むことになります。
監督:トム・マクグラス 声優:アレック・ボールドウィン / ムロツヨシ(テッド)、ジェームズ・マースデン / 宮野真守(ティム)、エイミー・セダリス / 多部未華子(ティナ)、アリアナ・グリーンブラット / 芳根京子(タビサ)、エヴァ・ロンゴリア / 坂本真綾(キャロル)、ジェフ・ゴールドブラム / 大塚芳忠(アームストロング博士)、ほか

「キャンディマン」のネタバレあらすじ結末

2022/01/18掲載

キャンディマンの紹介:2021年アメリカ映画。1992年に映画化され、カルト的な人気を獲得した同名タイトルを「ゲットアウト」や「アス」を手掛けたジョーダン・ピールが製作に加わり、新たなキャンディマンとしてリメイクしました。同じコンセプトに新たな解釈を加えているところが、ファンならずとも楽しみな点となります。
監督:ニア・ダコスタ 出演:ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世(アンソニー)、テヨナ・パリス(プリアンナ)、ネサン・スチュアート=ジャレット(トロイ)、コールマン・ドミンゴ(ウィリアム)、ブライアン・キング(クライブ)、ほか

「スティルウォーター」のネタバレあらすじ結末

2022/01/17掲載

スティルウォーターの紹介:2021年アメリカ映画。アメリカのオクラホマ州スティルウォーターの石油会社に勤めていたビル・ベイカーは、マルセイユに1年間留学しガールフレンドを殺害した容疑で逮捕・起訴されているひとり娘アリソンに面会するためにフランスを訪れた。法的手段は使い果たし打つ手がない中で、ビルはフランスに移住し、娘の無実を晴らすために奮闘する。そんな中、ビルはフランス人女性ヴィルジニーと彼女の幼い娘マヤと出会い助けられる。しかしこの事件を調査するうちにビルは衝撃の事実を突きつけられる。
監督:トム・マッカーシー 出演:マット・デイモン(ビル・ベイカー)、アビゲイル・ブレスリン(アリソン・ベイカー)、カミーユ・コッタン(ヴィルジニー)、リル・シャウバウ(マヤ)、イディル・アズーリ(アキム)、ディアナ・ダナガン(ビルの義母シャロン)、アンヌ・ル・ニ(ルパルク弁護士)ほか

「マリグナント 狂暴な悪夢」のネタバレあらすじ結末

2022/01/16掲載

マリグナント 狂暴な悪夢の紹介:2021年アメリカ映画。「ソウ」や「インシディアス」シリーズを手掛けたジェームズ・ワン監督が作り上げたホラー作品。凶暴かつ残忍な男と、その男が悪夢として常々マディソンの前に現れる。その関係性には、過去にあったある事件が絡んでいるのだった…。
監督:ジェームズ・ワン 出演:アナベル・ウォーリス(マディソン)、ジェイク・アベル(デレク)、ジョージ・ヤング(ケコア)、ジャクリーン・マッケンジー(フローレンス)、マディー・ハッソン(シドニー)、ミコレ・ブリアナ・ホワイト(レジーナ)、ジーン・ルイーザ・ケリー(セリーナ)、ほか

「ハウス・オブ・グッチ」のネタバレあらすじ結末

2022/01/16掲載

ハウス・オブ・グッチの紹介:2021年アメリカ映画。イタリア、フィレンツェで創業され、現代のファッションブランドの元祖と呼ばれるGUCCI。その富と名声に翻弄され、一族崩壊となった衝撃の実話。裏で画策していたのは、創業者グッチオ・グッチの孫にあたる3代目社長マウリツィオ・グッチの妻パトリツィア・レッジャーニ。1970年から始まった一族の30年にわたる愛、裏切り、退廃、復讐、そして殺人に至るまでをパトリツィアの視点で見つめる。
監督:リドリー・スコット 出演:レディー・ガガ(パトリツィア・レッジャーニ)、アダム・ドライバー(マウリツィオ・グッチ)、アル・パチーノ(アルド・グッチ)、ジェレミー・アイアンズ(ロドルフォ・グッチ)、ジャレッド・レト(パオロ・グッチ)、ジャック・ヒューストン(ドメニコ・デ・ドーレ)、サルマ・ハエック(ピーナ・アウリエンマ)、カミーユ・コッタン(パオラ・フランキ)ほか

「アイス・ロード」のネタバレあらすじ結末

2022/01/15掲載

アイス・ロードの紹介:2021年アメリカ映画。「96時間」等のアクション映画で名高いリーアム・ニーソン主演の作品です。鉱山で起こった事故で生き埋めになった人たちを救うため、一歩間違えると命の危険さえあるアイスロードに主人公らトラックドライバーたちが挑んでいく話です。
監督:ジョナサン・ヘンズリー 出演:リーアム・ニーソン(マイク・マッシャン)、ローレンス・フィッシュバーン(ジム・ゴールデンロット)、ベンジャミン・ウォーカー(トム・バルネイ)、アンバー・ミッドサンダー(タントゥー)、マーカス・トーマス(ガーティ)、ホルト・マッキャラニー(ランバート)、マーティン・センスマイヤー(コーディ)、マット・マッコイ(シックル)、マット・サリンジャー(CEO)、ほか

「クライ・マッチョ」のネタバレあらすじ結末

2022/01/14掲載

クライ・マッチョの紹介:2021年アメリカ映画。マイクはテキサス州の元ロデオスター、今は引退して平凡な日々を過ごしています。そんな彼に勤務先の上司は「メキシコにいる子供を連れてきてほしい」と頼みます。マイクは単身メキシコに乗り込み、その子供と鶏のマッチョとともにアメリカに帰るという危険な旅にでかけます。本作は、クリント・イーストウッド監督50周年を記念する作品。アメリカのカウボーイに憧れるメキシコの少年とともに、90歳を超えたイーストウッドがメキシコで悪人と闘い、恋に落ちるカウボーイを熱演しています。
監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド(マイク・ミロ)、エドゥアルド・ミネット(ラフォ)、ナタリア・トラヴェン(マルタ)、ドワイト・ヨーカム(ハワード・ポーク)、フェルナンダ・ウレホラ(リタ)、オラシオ・ガルシア=ロハス(アウレリオ)、ほか

「ザ・ボーイ 鹿になった少年」のネタバレあらすじ結末

2022/01/14掲載

ザ・ボーイ 鹿になった少年の紹介:2015年アメリカ映画。アルコール依存症の父ジョンが経営するモーテルに住む9歳のテッド。母親は出ていき、父親から構われない日々の中で、ふとしたきっかけから「死」への憧れを抱きはじめる。テッドに芽生えた邪悪な心によって行動はエスカレートしていく。
監督:クレイグ・ウィリアム・マクニール 出演:デヴィッド・モース(ジョン・ヘンリー)、ジャレッド・ブリーズ(テッド・ヘンリー)、レイン・ウィルソン(ウィリアム・コルビー)、ビル・セイジ(保安官ディーコン・ホワイト)ほか

「プレイ 獲物」のネタバレあらすじ結末

2022/01/13掲載

プレイ 獲物の紹介:2010年フランス映画。脱獄囚、連続殺人犯、刑事による三つ巴の逃走・追跡劇を描くサスペンス&アクション。銀行強盗で服役中のフランクは、出所間近となり愛する妻子と共に暮らす日を楽しみにしていた。そんなある日、同房のモレルが冤罪を認められ釈放されることになる。フランクは生活に困っている妻アンナに、強盗で得た金の隠し場所を何とか伝えたいと考えていた。協力を申し出たモレルを信頼し、アンナへのメッセージを託したフランク。ところがモレルの正体は狡猾な連続殺人犯だった。焦ったフランクは刑務所を脱走し、妻子のもとへ向かう。そして逃げたフランクを追うため、敏腕刑事クレールがチームと共に動き出すのだった。
監督:エリック・ヴァレット 出演者:アルベール・デュポンテル(フランク・アドリアン)、アリス・タグリオーニ(クレール・リンネ)、ステファーヌ・ドゥバク(ジャン・ルイ・モレル)、セルジ・ロペス(マヌエル・カレガ)、ナターシャ・レニエ(クリスチーヌ)ほか

「ラム・ダイアリー」のネタバレあらすじ結末

2022/01/12掲載

ラム・ダイアリーの紹介:2011年アメリカ映画。1960年、ニューヨークからプエルトリコに移り住んだジャーナリストのケンプが、地元の落ち目の新聞社で記事を書きながら、リゾート開発詐欺師の口車に乗りながらも恋をしたり、警察に捕まりながらも成長していく姿を描いた内容で、米国のジャーナリストであるハンター・S・トンプソンの同名自伝小説を題材にした作品です。
監督:ブルース・ロビンソン 出演者:ジョニー・デップ(ポール・ケンプ)、アンバー・ハード(シュノー)、アーロン・エッカート(ハル・サンダーソン)、リチャード・ジェンキンス(ロッターマン)、マイケル・リスポリ(ボブ・サーラ)ほか

「フランケンジョーズ」のネタバレあらすじ結末

2022/01/12掲載

フランケンジョーズの紹介:2016年アメリカ映画。1942年にドイツで行われていたフランケンシュタイン実験から押収した生きた心臓と脳を、現代でも生かし続けて人造サメを作る実験をしている男がいました。男は観光地であるカッツコーブにサメを放ち、人を襲わせていました。休暇でやってきたマッジら3人は、おりしもその実験室を見つけてしまい…という内容の超低予算でチープ映像のホラー映画です。
監督:マーク・ポロニア 出演者:グレタ・ヴォルコヴァ(マッジ)、ケン・ヴァン・サント(デューク)、ジェームズチャールズ(スキップ)、タイタス・ヒムルバーガー(クープ)、ジェフ・カーケンドール(クラウス)ほか

「レッド・ノーティス」のネタバレあらすじ結末

2022/01/11掲載

レッド・ノーティスの紹介:2021年アメリカ映画。伝説のクレオパトラの3つの卵型宝石を手に入れるため、ひょんなことから、業界で有名な詐欺師ブースとFBIのハートリーが手を組むことに。お互いにけむたい存在でしたが、ライバルのビショップに卵を横どりされないよう、協力しあいます。『ジュマンジ ネクストレベル』のドウェイン・ジョンソン、『デッドプールー』のライアン・ノイノルズ、『ワンダーウーマン』のガル・ガドット、豪華俳優陣が揃った話題作です。
監督: ローソン・マーシャル・サーバー 出演: ドウェイン・ジョンソン(ハートリー)、ライアン・ノイノルズ(ブース)、ガル・ガドット(ビショップ)、リトゥ・アーヤ(ダス)、クリス・ディアマントプーロス(ソット・ボーチェ)、ほか

「アンダーウォーター」のネタバレあらすじ結末

2022/01/11掲載

アンダーウォーターの紹介:2020年アメリカ映画。突然の大震動で壊滅的打撃を負った海底基地。エンジニアのノラをはじめとする基地に残された6人がサバイバルを図るが、彼らに深海の未知の大小の生物が襲いかかる。環境破壊への警鐘とも言えるSFパニック・スリラー映画。ディズニー傘下に入った20世紀フォックス社はこの作品の公開の後、伝統ある社名を「20世紀スタジオ」に変更したため、本作が20世紀フォックス名義で配給された最後の映画になりました。
監督:ウィリアム・ユーバンク 出演者:クリステン・スチュワート(ノラ・プライス)、ジェシカ・ヘンウィック(エミリー・ハヴァシャム)、ジョン・ギャラガー・Jr(リアム・スミス)、ママドゥ・アティエ(ロドリゴ・ナジェンダ)、ヴァンサン・カッセル(W・ルシアン)、T・J・ミラー(ポール・アベル)

「殺人カメラ」のネタバレあらすじ結末

2022/01/10掲載

殺人カメラの紹介:1948年イタリア映画。被写体を殺す秘術を得た写真屋が、欲深い悪人を次々消していくコメディ作品。アマルフィ海岸の小さな漁村で写真屋を営むチェレスチノは、気のいい人物で人間の善性を信じている。守護神聖アンドレアの祝日の夜、写真屋に1人の老人が泊めて欲しいとやって来た。快く応じると、老人は既にある写真をカメラで撮影することで、写真の人物を殺すことが出来る秘術をチェレスチノに与える。チェレスチノは老人を聖アンドレアだと考え、善のために悪人と戦う決意をした。目に余る悪人達を次々殺していくが、世の中は一向に良くならない。それどころか殺すべき悪人は増すばかりで、チェレスチノは頭を抱えるのだった。
監督:ロベルト・ロッセリーニ 出演者:ジェンナロ・ピサノ(チェレスチノ)、マリリン・バッファード(アメリカ人の女の子)、ウィリアム・タッブス(アメリカ人の女の子の父親)、ヘレン・タッブス(アメリカ人の女の子の母親)、ジョヴァンニ・アマート(町長)ほか

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のネタバレあらすじ結末

2022/01/09掲載

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホームの紹介:2021年アメリカ映画。ミステリオによって正体を世間に暴かれ、殺人犯の容疑までかけられてしまったピーター・パーカーの人生は大混乱に陥る。高校生活最後の1年を恋人のMJ、親友のネッドと共に楽しもうとするが、正体がバレたことによりピーターの周囲の人々を混乱に巻き込んでしまう。この事態を解決するために、ピーターはかつて共にサノスと戦った魔術師ドクター・ストレンジのもとを訪ねる。全ての人から正体に関する記憶を消してほしいというピーターの願いを聞き入れたストレンジは、禁じられた魔法の呪文を唱える。しかし呪文は思いもよらぬ効果をもたらせ、多次元宇宙『マルチバース』の扉が開いてしまった。ニューヨークの街にヴィランの群れが現れ人々に危機が迫る。
監督:ジョン・ワッツ 出演:トム・ホランド(ピーター・パーカー/スパイダーマン)、ゼンデイヤ(MJ)、ベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ)、ジェイコブ・バタロン(ネッド・リーズ)、ジョン・ファヴロー(ハロルド・ハッピー・ホーガン)、ウィレム・デフォー(ノーマン・オズボーン/グリーン・ゴブリン)、アルフレッド・モリーナ(オットー・オクタビアス/ドック・オク)、ジェイミー・フォックス(マックス・ディロン/エレクトロ)、トーマス・ヘイデン・チャーチ(フリント・マルコ/サンドマン)、リス・エヴァンス(カート・コナーズ/リザード)ベネディクト・ウォン(ウォン)、トニー・レヴォロリ(ユージーンフラッシュ・トンプソン)、マリサ・トメイ(メイ・パーカー)、J・K・シモンズ(J・ジョナ・ジェイムソン)、チャーリー・コックス(弁護士マット・マードック)ほか

キーワードから探す

TOP↑