「銀のエンゼル」のネタバレあらすじ結末

2021/01/20掲載

銀のエンゼルの紹介:2004年日本映画。妻の交通事故をきっかけに、田舎のコンビニエンス・ストアで働くことになった主人公が、コンビニエンス・ストアに集まる人々との交流の中で、家族との向き合い方を見つめなおしていく、北海道を舞台にした心温まるヒューマン・ドラマ。見た後にほっこりとした気持ちになれる作品です。水曜どうでしょうでお馴染みの鈴井貴之が原案・監督を務める。
監督:鈴井貴之 出演:小日向文世(北島昇一)、佐藤めぐみ(北島由希)、山口もえ(小林明美)、辻本祐樹(中川武)、安田顕(担任)、大泉洋(ロッキー)、西島秀俊(佐藤耕輔)、ほか

「目撃者 彼女が見たもの」のネタバレあらすじ結末

2021/01/20掲載

目撃者 彼女が見たものの紹介:2017年カナダ映画。父と婚約者を殺害された富豪の女性と、無実を訴え脱獄してきた殺害犯。緊迫する状況の中で2人が事件の真相にたどり着くまでを描いたサスペンス。
監督:アンドリュー・C・エリン 出演:リンディ・ブース(ダイアナ)、クレイグ・オレジニク(ルイス)、ジョン・マクラーレン(クリス)、アレクシス・メイトランド(トゥルーディ)、トーマス・チョヴァネック(マーティン)、ほか

「恋とスフレと娘とわたし」のネタバレあらすじ結末

2021/01/20掲載

恋とスフレと娘とわたしの紹介:2007年アメリカ映画。女手ひとつで3人の娘を育ててきたシングルマザーが、男運に恵まれない三女を心配したあげく、勝手に娘の結婚相手を募集する広告を出したことから騒動に発展するラブ・コメディ。
監督:マイケル・レーマン 出演:ダイアン・キートン(ダフネ)、マンディ・ムーア(ミリー)、ガブリエル・マクト(ジョニー)、パイパー・ペラーボ(メイ)、トム・エヴェレット・スコット(ジェイソン)、ローレン・グレアム(マギー)、スティーヴン・コリンズ(ジョー)、ほか

「オリーブの樹は呼んでいる」のネタバレあらすじ結末

2021/01/20掲載

オリーブの樹は呼んでいるの紹介:2016年スペイン映画。代々大切にしていた樹齢2000年を超えるオリーブの樹を売られたことで、衰弱してしまった祖父を元気づけるため、樹を取り戻そうと家族や友人を巻き込んで奮闘する孫娘の姿を描いた社会派ドラマ。
監督:イシアル・ボジャイン 出演:アンナ・カスティーリョ(アルマ)、ハビエル・グティエレス(アーティチョーク)、ペップ・アンブロス(ラファ)、マヌエル・クカラ(祖父のラモン)、ミゲル・アンヘル・アラドレン(ルイス)、ほか

「CHiLDREN チルドレン」のネタバレあらすじ結末

2021/01/19掲載

CHiLDREN チルドレンの紹介:2006年日本映画。家庭裁判所の調査員である武藤。堅物の武藤は非行少年少女と話をしますが、いつも騙されています。そんな武藤は万引き常習者の志郎少年の担当となり、先輩調査員の陣内の助言も参考にし話しているうちに、少しずつ成長していきます。そんな調査員・武藤の姿を中心に描いたヒューマンドラマです。
監督:源孝志 出演者:坂口憲二(武藤俊介)、大森南朋(陣内達也)、小西真奈美(青木美春)、國村隼(木原周五郎)、加瀬亮(永瀬政人)、三浦春馬(木原志朗)、長谷川初範(青木良平)ほか

「痩せゆく男」のネタバレあらすじ結末

2021/01/19掲載

スティーヴン・キング/痩せゆく男の紹介:1996年アメリカ映画。町を訪れたジプシーの老婆を轢き殺し、ジプシーの長老に”痩せてゆく”呪いをかけられた巨漢の弁護士が追い詰められ、呪いを解くために恐るべき行為に走るさまを描いた、スティーヴン・キング原作のホラー映画。
監督:トム・ホランド 原作:スティーヴン・キング 出演:ロバート・ジョン・バーク(ビリー)、ジョー・マンテーニャ(ジネリ)、カリ・ウーラー(ジーナ)、ルシンダ・ジェニー(ハイディ)、マイケル・コンスタンティン(レムキ)、ジョーイー・レンツ(リンダ)、ほか

「さよなら、退屈なレオニー」のネタバレあらすじ結末

2021/01/19掲載

さよなら、退屈なレオニーの紹介:2018年カナダ映画。やりたいことが見つからず全てにいら立つ17歳の少女が、葛藤しながら自分の進む道を模索していく。監督はカンヌ映画祭やトロント国際映画祭でも受賞経験のあるカナダの新鋭セバスティアン・ピロット。
監督:セバスティアン・ピロット 出演:カレル・トランブレ(レオニー)、ピエール=リュック・ブリヤン(スティーヴ)、フランソワ・パピノ、マリー=フランス・マルコット、リュック・ピカール、ほか

「パリ、嘘つきな恋」のネタバレあらすじ結末

2021/01/19掲載

パリ、嘘つきな恋の紹介:2018年フランス映画。女性を落とすためには嘘も方便の遊び人の男と、車椅子の女性との恋の行方を、豊かな映像美で描いたラブ・コメディ。フランスの人気コメディアン、F・デュボスクが監督・主演の2役を務める。
監督:フランク・デュボスク 出演:フランク・デュボスク(ジョスラン)、アレクサンドラ・ラミー(フロランス)、ジェラール・ダルモン(マックス)、エルザ・ジルベルスタイン(マリー)、キャロリーヌ・アングラーデ(ジュリー)、ほか

「のぼる小寺さん」のネタバレあらすじ結末

2021/01/18掲載

のぼる小寺さんの紹介:2020年日本映画。珈琲の同名漫画を『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』の工藤遥の主演で実写映画化した青春映画です。ボルダリングに情熱を燃やす女子高生と、彼女のひたむきさに少しずつ心を揺り動かされていく周囲の人間模様を描きます。
監督:古厩智之 出演者:工藤遥(小寺)、伊藤健太郎(近藤)、鈴木仁(四条)、吉川愛(倉田梨乃)、小野花梨(田崎ありか)、両角周(益子)、田中偉登(津田)、中村里帆(烏丸梢)、小林且弥(国領)ほか

「カマロン・ザ・ムービー」のネタバレあらすじ結末

2021/01/18掲載

カマロン・ザ・ムービーの紹介:2018年スペイン映画。フラメンコ歌手として世界に名を馳せたカマロンの棺に集まる民衆。彼の歌はなぜ人々の心を掴み、音楽は世界規模へ発展したのか。その歩みを追う。
監督:アレクシス・モランテ 出演者
:カマロン・デ・ラ・イスラ、パコ・デ・ルシア、フアン・ディエゴ

「トップ・シークレット」のネタバレあらすじ結末

2021/01/18掲載

トップ・シークレットの紹介:1984年アメリカ映画。人気ロック歌手が世界征服の陰謀に巻き込まれていくコメディ作品。アメリカのロック歌手ニックは、東ドイツで行われる国際文化フェスティバルに招待され現地に向かう。しかし東ドイツの真の目的は、フェスティバルを隠れ蓑に新兵器を用いて世界征服することだった。ニックは兵器開発のために拉致された天才科学者の娘、ヒラリーを助けたことから陰謀に巻き込まれてしまう。果たして世界征服の野望を阻止することは出来るのか。数々の名作映画のパロディをふんだんに盛り込んでいることでも有名。
監督:ジム・エイブラハムズ 出演者:ヴァル・キルマー(ニック・リバース)、ルーシー・ガタリッジ(ヒラリー・フラモンド)、オマー・シャリフ(エージェント・セドリック)、クリストファー・ヴィリアーズ(ナイジェル)、ジェレミー・ケンプ(ストレック将軍)ほか

「セリーナ 炎の女」のネタバレあらすじ結末

2021/01/18掲載

セリーナ 炎の女の紹介:2014年チェコ,フランス映画。大恐慌の始まった年、大地主の製材所経営者ジョージが都会で、孤独なセリーナと出会う。都会の社交生活よりも大自然の中にいることを愛する二人の結婚は理想的に思われたが…。『世界にひとつのプレイブック』のジェニファー・ローレンスとブラッドリー・クーパーが再び共演した、狂気にまで至る愛のドラマ。ロン・ラッシュの小説を『未来を生きる君たちへ』でアカデミー外国語映画賞を受賞したスサンネ・ビア監督で映画化する。
監督:スサンネ・ビア 出演者:ジェニファー・ローレンス(セリーナ・ペンバートン)、ブラッドリー・クーパー(ジョージ・ペンバートン)、リス・エヴァンス(ギャロウェイ)、トビー・ジョーンズ(マクダウエル保安官)、ショーン・ハリス(キャンベル)、デヴィッド・デンシック(ブキャナン)そのほか

「シスターズ(2006年)」のネタバレあらすじ結末

2021/01/17掲載

シスターズの紹介:2006年アメリカ映画。診療所で起きた謎の犯罪を追及する女性記者が殺人事件を目撃してしまう。彼女は事件現場にいた女性の秘められた過去を知ることになるが…。本作は『悪魔のシスター』(ブライアン・デ・パルマ監督)のリメイク。驚きの結末が待っていますが、血が嫌いな人はご注意。診療所の名称、「ズルワン」はゾロアスター教に由来すると思われます。
監督:ダグラス・バック 出演者:ルー・ドワイヨン(アンジェリーク/アナベラ)、スティーヴン・レイ(フィリップ・ラカン医師)、クロエ・セヴィニー(グレース・コリエ)、ダラス・ロバーツ(ディラン・ウォレス医師)、ジェイアール・バワーン(ラリー)ほか

「ウンベルトD」のネタバレあらすじ結末

2021/01/17掲載

ウンベルトDの紹介:1951年イタリア映画。貧しさに喘ぐ老人の苦悩と苛立ち、そして飼い犬との絆を描くドラマ作品。老人ウンベルトは飼い犬フライクと共に、僅かな年金で糊口を凌いでいた。しかし意地の悪いアパートの管理人から家賃を値上げされ、金策の無いウンベルトは途方に暮れてしまう。友人知人はあてにならず、物乞いはプライドが許さない。いよいよ自殺を決意したウンベルトの心残りはフライクだった。彼はせめてフライクが安心して暮らせるところを探してから死のうとするが、それさえも上手くいかない。
監督:ヴィットリオ・デ・シーカ 出演者:カルロ・バティスティ(ウンベルト・D・フェラーリ)、マリア・ピア・カジリオ(マリア)、リナ・ジェナリ(アントニア・ベッローニ)、イレアナ・シモバ(ウンベルトの部屋の女性)、エレナ・レイ(病院の修道女)ほか

「クローゼット(2020年)」のネタバレあらすじ結末

2021/01/17掲載

クローゼットの紹介:2020年韓国映画。自らが運転する車で起こした交通事故のせいで妻を亡くした主人公。そのトラウマと残された娘との関係修復のために引っ越した新居で、次々と奇妙な現象に悩まされる中、娘が忽然と姿を消してしまいます。主人公は懸命にその行方を追い、その元凶であろうクローゼットの謎に足を踏み入れていくのでした。
監督:キム・グァンビン 出演:ハ・ジョンウ(サンウォン)、キム・ナムギル(ギョンフン)、ホ・ユル(イナ)、キム・シア、シン・ヒョンビン、キム・スジン、パク・ソンウン、パク・チア、ほか

1 2 3 4 5 6 7 742

キーワードから探す

TOP↑