「愛と死をみつめて」のネタバレあらすじ結末

2020/02/17掲載

愛と死をみつめての紹介:1964年日本映画。1960年代、当時大学生だったジャーナリストの河野實と軟骨肉腫により21年の短い生涯を閉じた大島みち子との3年間に及ぶ文通にまつわる実話を基にした同名のベストセラー書簡集を映画化した作品です。当時の日活の花形スターであり、幾度も共演している吉永小百合と浜田光夫がダブル主演を務めています。
監督:斎藤武市 出演者:吉永小百合(小島道子)、浜田光夫(高野誠)、内藤武敏(K先生)、初井言栄(オールドミス)、笠智衆(小島正次)、北林谷栄(吉川ハナ)、笠置シヅ子(中井スマ)、ミヤコ蝶々(佐竹トシ)、宇野重吉(中山仙十郎)ほか

「チスル」のネタバレあらすじ結末

2020/02/17掲載

チスルの紹介:2013年韓国映画。韓国の済州島で実際に起こった、島民3万人惨殺事件を再現した作品です。突然、指令が下され上陸した軍人たち、宣告文を見て逃げて隠れる島民たち、それぞれの視点から同時進行させていく内容で、リアリティを出すためモノクロ映像になっています。
監督:オ・ミョル 出演者:ヤン・ジョンウォン(ヨンピル)、イ・ギョンジュン(ギョンジュン)、ソン・ミンチョル(マンチェル)、ホン・サンピョ、ムン・ソクポン、パク・スンドン、カン・ヒほか

「ひとつの太陽」のネタバレあらすじ結末

2020/02/16掲載

ひとつの太陽(原題:陽光普照 A Sun)の紹介:2019年台湾映画。優秀な兄に劣等感を抱えながら幼少期を過ごしたアーフーは、いじめられたオレンを懲らしめるためにツァイトウと共に事件を起こします。この事件をきっかけに家族の歯車が大きく崩れる台湾のヒューマン映画です。中国の映画祭の一つ「金馬奨(第56回ゴールデン・ホース・アワード)」で作品賞を含む5冠を制した作品。
監督:チョン・モンホン 出演:ウー・ジェンホー(アーフー)、チェン・イーウェン(アーウェン)、コー・シューチン(アーフーの母親)、グレッグ・ハン(アーハオ)、ほか

「ザ・センチネル/陰謀の星条旗」のネタバレあらすじ結末

2020/02/16掲載

ザ・センチネル/陰謀の星条旗の紹介:2006年アメリカ映画。大統領暗殺計画に関わっているという疑いをかけられたシークレットサービスの男が、追い詰められながらも真相を暴き出すアクション・サスペンス。G・ペティヴィッチ原作「謀殺の星条旗」を映画化。
監督:クラーク・ジョンソン 出演:マイケル・ダグラス(ピート・ギャリソン)、キーファー・サザーランド(デヴィッド・ブレッキンリッジ)、エヴァ・ロンゴリア(ジル・マリン)、キム・ベイシンガー(サラ・バランタイン)、ほか

「神は死んだのか」のネタバレあらすじ結末

2020/02/16掲載

神は死んだのかの紹介:2014年アメリカ映画。クリスチャンのジョシュは、無神論者の教授の授業を受けることによって、神の存在を否定するよう促されてしまいます。ジョシュは神の存在を証明するため、様々なものを犠牲にして取り組みます。
監督:ハロルド・クロンク 出演:シェーン・ハーパー(ジョシュ)、ケヴィン・ソーボー(ラディソン教授)、デヴィット・A・R・ホワイト(デイヴ牧師)、ディーン・ケイン(マーク)、コリー・オリヴァー(ミーナ)、ほか

「ゾンビ・ウォー101」のネタバレあらすじ結末

2020/02/16掲載

ゾンビ・ウォー101の紹介:2010年アメリカ映画。炭鉱の爆発事故により、近くに埋蔵していた薬品兵器が流出し、その水を使った密造酒を飲んだ人たちが次々ゾンビになって襲い始め、ゾンビの拡散が始まります。そのころ義理の父がゾンビになり、ショットガンで撃ったケイは、友人のデイブ兄弟とゾンビから逃れてスーパーに籠っていました。しかし事態は悪化する一方になり、車を改造して逃げ出しますが…という内容の低予算コメディゾンビ映画です。
監督:ネリー・ローソン 出演者:ティーグ・クィレン(ケン)、トラヴィス・ムーディ(デイブ)、ブランドン・ジェンキンス(ブランドン)、シャノン・ウォーレン(ジミー)ほか

「ふたりのJ・T・リロイ」のネタバレあらすじ結末

2020/02/15掲載

ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏の紹介:2018年アメリカ映画。兄のパートナーであるローラからの依頼で、男装してJ・T・リロイを演じることになったサヴァンナ。マネージャーに扮したローラと共に、J・T・リロイに慣れていくにつれ、やめられない感覚になっていく。『サラ、いつわりの祈り』の原作者としても知られる“彼”J・T・リロイはふたりの女性からなる架空の人物だった。2000年代半ばに一大スキャンダルとして報じられた実際の事件に基づく物語。
監督:ジャスティン・ケリー 出演:クリステン・スチュワート(サヴァンナ)、ローラ・ダーン(ローラ)、ジム・スタージェス(ジェフ)、コートニー・ラヴ(サーシャ)、ダイアン・クルーガー(エヴァ)、ケルヴィン・ハリソン・Jr(ショーン)、ジェームズ・ジャガー(ベン)、デイヴ・ブラウン(ブルース)ほか

「1917 命をかけた伝令」のネタバレあらすじ結末

2020/02/15掲載

1917 命をかけた伝令の紹介:2019年アメリカ映画。1917年、第一次世界大戦の真っ只中、西部戦線にいたドイツ軍は後退していた。しかしそれは戦略的な後退で、連合国軍をヒンデンブルク線まで誘引する罠だった。イギリス軍はその事実を航空偵察によって把握したが、進撃中のD連帯へ伝えたくても電話線は切れてしまっているため、2人の若い上等兵トムとウィルに現地へ行って伝えるよう命じた。1600名のD連隊にはトムの兄ジョセフもいた。味方を救うため、命をかけて2人は無人地帯へ飛び込んだ。本作はゴールデングローブ賞で作品賞と監督賞の2冠を獲得。サム・メンデス監督が祖父から聞いた話を元に作られた。全編ワンカットで撮られたように見える長回し撮影と、生々しいほどのリアリティあふれる映像も見どころ。
監督:サム・メンデス 出演:ジョージ・マッケイ(スコフィールド上等兵)、ディーン=チャールズ・チャップマン(ブレイク上等兵)、マーク・ストロング(スミス大尉)、アンドリュー・スコット(レスリー中尉)、リチャード・マッデン(ブレイク中尉)、クレア・デュバーク(ラウリ)、コリン・ファース(エリンモア将軍)、ベネディクト・カンバーバッチ(マッケンジー大佐)他

「カットバンク」のネタバレあらすじ結末

2020/02/15掲載

カットバンクの紹介:2014年アメリカ映画。恋人とともに田舎町を出て都会へ行くことを夢見る青年が、報奨金目当てに殺人事件を偽装したことがきっかけで、本当の連続殺人事件に巻き込まれていくサスペンス。
監督:マット・シャックマン 出演:リアム・ヘムズワース(ドウェイン・マクラーレン)、テリーサ・パーマー(カサンドラ・スティーリー)、ビリー・ボブ・ソーントン(ビッグ・スタン・スティーリー)、ブルース・ダーン(ジョージー・ウィッツ)、マイケル・スタールバーグ(ダービー・ミルトン)、オリヴァー・プラット(ジョー・バレット)、ジョン・マルコヴィッチ(ローランド・ボーゲル保安官)、ほか

「ヲタクに恋は難しい」のネタバレあらすじ結末

2020/02/15掲載

ヲタクに恋は難しいの紹介:2020年日本映画。pixivに連載されていた漫画「ヲタクに恋は難しい」。2018年にテレビアニメ化もされたこの作品が、あの「銀魂」「斉木楠雄のΨ難」の福田雄一監督によって、全く新しいミュージカルラブコメディとして生まれ変わった。W主演を務めたのは数多くのミュージカル主演経験をもつ高畑充希と、漫画実写化映画なら他の追随を許さない山﨑賢人。美声を披露する菜々緒やムロツヨシ、斉藤工のダンスも見逃せない。そして、最近の福田組には欠かせない賀来賢人の振り切った演技も大きな見どころのひとつだ。
脚本・監督:福田雄一 キャスト:高畑充希(桃瀬成海)、山﨑賢人(二藤宏嵩)、菜々緒(小柳花子)、斎藤工(樺倉太郎)、賀来賢人(坂元真司)、今田美桜(森田悠季)、若月佑美(未来)、ムロツヨシ(バーのマスター)、佐藤二朗(石山邦雄)、内田真礼(本人役)ほか

「スケアリーストーリーズ 怖い本」のネタバレあらすじ結末

2020/02/14掲載

スケアリーストーリーズ 怖い本の紹介:2019年アメリカ映画。ベトナム戦争のため多くの若者が戦場に送られた1968年のアメリカ。十代の若者たちはハロウィンで楽しい時を過ごします。しかし、地元の幽霊屋敷に忍び込み、そこで見つけた怖い本にあったストーリーが現実化して高校生たちを襲います。怖い本の謎を探る高校生たちは、幽霊屋敷の所有者であったベロウズ家のサラとその一族の謎を追います。『スケアリーストーリーズ 怖い本』は十代の若者の恐怖体験を描いた映画で、アメリカ映画批評サイト”Rotten Tomatoes” でも好意的に評価され続編も企画されています。
監督:アンドレ・ウーヴレダル 出演:ゾーイ・マーガレット・コレッティ(ステラ)、マイケル・ガーザ(ラモン)、ゲイブリエル・ラッシュ(オギー)、オースティン・エイブラムズ(トミー)、ディーン・ノリス(ロイ)、ギル・ベローズ(ターナー警察署長)、ロレイン・トゥーサント、ほか

「ボクと空と麦畑」のネタバレあらすじ結末

2020/02/14掲載

ボクと空と麦畑の紹介:1999年イギリス映画。傷つきやすい少年の内面を詩情豊かに描いたドラマ作品。グラスゴーで貧しい暮らしを送る12歳のジェイムズは、強い感受性のために家族から孤立していくのを感じていた。ある事件をきっかけにますます傷つく彼の心は、ミステリアスな少女マーガレット・アンや朗らかな友人ケニーの存在によって少しずつ癒えていくのだが…。新進気鋭の女流監督リン・ラムジーの初監督作品。
監督:リン・ラムジー 出演者:ウィリアム・イーディー(ジェイムズ)、トミー・フラナガン(父親)、マンディ・マシューズ(母親)、リーアン・マレン(マーガレット・アン)、ジョン・ミラー(ケニー)ほか

「ボヴァリー夫人とパン屋」のネタバレあらすじ結末

2020/02/14掲載

ボヴァリー夫人とパン屋の紹介:2014年フランス映画。パン屋を営む読書好きな中年男が、隣家にノルマンディーを舞台にしたフローベールの小説「ボヴァリー夫人」のヒロインと同名の女性が越してきたことで、小説の筋書きと重ね合わせて女性に引き込まれていく様子を描く。
監督:アンヌ・フォンテーヌ 出演:ファブリス・ルキーニ(マルタン・ジュベール)、ジェマ・アータートン(ジェマ・ボヴァリー)、ジェイソン・フレミング(チャーリー・ボヴァリー)、イザベル・カンドリエ(ヴァレリー・ジュベール)、ニールス・シュネデール(エルヴェ)、ほか

「インドシナ」のネタバレあらすじ結末

2020/02/14掲載

インドシナの紹介:1992年フランス映画。フランスの植民地であったインドシナが独立を果たすまでの激動の時代に生きた、フランス人女性とその養女となったインドシナ人の娘、母娘が愛したフランス人士官の激動の人生を描いた社会派ドラマ。
監督:レジス・ヴァルニエ 出演:カトリーヌ・ドヌーヴ(エリアーヌ・ドュブリー)、ヴァンサン・ペレーズ(ジャン=バティスト)、リン・ダン・ファン(カミーユ)、ドミニク・ブラン(イヴェット)、ジャン・ヤンヌ(ガイ)ほか

「国家が破産する日」のネタバレあらすじ結末

2020/02/13掲載

国家が破産する日の紹介:2018年韓国映画。残された時間は7日間――。1997年に実際に韓国を襲った通貨危機の裏側を、危機を回避しようとする韓国銀行の通貨政策チーム長・危機を利用して一儲けを目論む金融コンサルタント・政府の言うことを何の疑いもなく信じる町工場の経営者という立場の異なる三人の視点から描いた社会派エンターテイメント映画です。
監督:チェ・グクヒ 出演者:キム・ヘス(ハン・シヒョン)、ユ・アイン(ユン・ジョンハク)、ホ・ジュノ(ガプス)、チョ・ウジン(パク・デヨン)、ヴァンサン・カッセル(IMF専務理事)、クォン・ヘヒョ、キム・ミンサン、オム・ヒョソプ、キム・ホンパ、ほか

1 2 3 4 5 6 7 652

キーワードから探す

TOP↑