Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「蛇のひと」のネタバレあらすじ結末

2016/04/28掲載

蛇のひとの紹介:2010年日本映画。第2回WOWOシナリオ大賞受賞作。その人は出会った人をすこし不幸にする~人間の血と業、哀しいひとの物語。今までにない新しい展開。よくできた脚本と俳優陣の演技力。
監督:森淳一 出演:三辺陽子(永作博美)、今西由起夫(西島秀俊)、今西の幼なじみ(板尾創路)、島田剛(劇団ひとり)、田中一(田中圭)、里中(勝村政信)、柴田(河井)、のりこ(ふせえり)、里中の妻(佐津川愛美)、原田(北村有起哉)、原田の妻(奥貫薫)功太夫(河原崎建三)、今西の母(遠山景織子)、伊東部長(國村隼)、伊東牧子(石野真子)、陽子の婚約者(ムロツヨシ)

「カンフー・パンダ」のネタバレあらすじ結末

2016/04/27掲載

カンフー・パンダの紹介:2007年アメリカ映画。スタッフは中国の文化を数年にわたって研究し、本格的なカンフー映画に仕上げました。声優にはダスティン・ホフマンやアンジェリーナ・ジョリーを始め、有名なハリウッド俳優を起用しています。舞台は古代の中国でカンフーを使って悪と戦う主人公を活き活きと描いています。
監督:マーク・オズボーン、ジョン・スティーヴンソン 出演:ジャック・ブラック(ポー)、ダスティン・ホフマン(シーフー老師)、イアン・マクシェーン(タイ・ラン)、アンジェリーナ・ジョリー(マスター・タイガー)、ランダル・ダク・キム(ウーグウェイ導師)ほか

「6階のマリアたち」のネタバレあらすじ結末

2016/04/27掲載

6階のマリアたちの紹介:2010年フランス映画。別題「屋根裏部屋のマリアたち」。1960年代のパリを舞台に、中流階級夫婦の夫ジャン=ルイと彼に雇われたマリア、その仲間であるメイドたちとの交流をメインに繰り広げられるコメディ。2012年に日本でも上映されている。フランス映画賞の第37回セザール賞で、助演女優賞・美術賞・衣装デザイン賞の3部門にノミネートされた。
監督 :フィリップ・ル・ゲ 出演:ファブリス・ルキーニ(ジャン=ルイ・ジュベール)、サンドリーヌ・キベルラン(シュザンヌ・ジュベール)、ナタリア・ベルベケ(マリア)、カルメン・マウラ(コンセプシオン)ほか

「ダーティハリー」のネタバレあらすじ結末

2016/04/27掲載

ダーティハリーの紹介:1971年アメリカ映画。大都市サンフランシスコを舞台に当時世間を賑わした連続殺人事件をヒントに、卑劣な連続殺人鬼とまるで西部劇から抜け出してきたようなアウトロー刑事の対決を描く。またハリーの使う当時世界最強の拳銃S&WM2944マグナムが話題となった。
監督:ドン・シーゲル 出演:クリント・イーストウッド(ハリー・キャラハン)、ハリー・ガーディノ(ブレスラー)、アンディ・ロビンソン(さそり)、ジョン・ヴァーノン(市長)ほか

「告白」のネタバレあらすじ結末

2016/04/27掲載

告白の紹介:2010年日本映画。湊かなえの同名ベストセラー小説を映画化したものです。愛娘を自分のクラスの生徒に殺された女性中学教師が、生徒たちを相手にその真相を告白、追究し、復讐するというミステリー学園映画です。キャッチコピーは「告白が、あなたの命につきささる。」で、その内容と描写には、少年犯罪、イジメ、家庭内暴力などの過激な部分があります。しかし、現代社会が抱える学校教育での問題点などを考えさせるシリアスな内容で、第34回日本アカデミー賞では4冠を受賞、他にも多数の映画賞を受賞した作品です。
監督:中島哲也 出演:松たか子(森口悠子)、木村佳乃(下村優子(直樹の母))、岡田将生(寺田良輝(ウェルテル))、西井幸人(渡辺修哉)、藤原薫(下村直樹)、橋本愛(北原美月)ほか

「プリンセス トヨトミ」のネタバレあらすじ結末

2016/04/26掲載

プリンセス トヨトミの紹介:2011年日本映画。会計検査院の松平は大阪で不審な財団法人の調査に当たります。調査を進めるうちに明らかになった大阪国という存在。そして大阪国が守っている王女の存在とは?
監督:鈴木雅之 出演:堤真一(松平元)、綾瀬はるか(鳥居忠子)、岡田将生(旭ゲンズブール)、沢木ルカ(橋場茶子)、森永悠希(真田大輔)ほか

「新劇場版 頭文字D Legend2 闘走」のネタバレあらすじ結末

2016/04/26掲載

新劇場版 頭文字[イニシャル]D Legend 2 -闘走-の紹介:2015年日本映画。父の豆腐屋を手伝う藤原拓海は、“秋名のハチロク”として、名を馳せる、クールな走り屋。我関せずの拓海だったが、あることがきっかけで、秋名でのドライブバトルを叩きつけられる!
監督:中智仁 声優:宮野真守(藤原拓海)、諏訪部順一(中里毅)、中村悠一(高橋啓介)、小野大輔(高橋涼介)、阪口周平(庄司慎吾)ほか

「心が叫びたがってるんだ。」のネタバレあらすじ結末

2016/04/26掲載

心が叫びたがってるんだ。の紹介:2015年日本映画。玉子の妖精に魔法をかけられ、喋るとお腹が痛くなるという、呪いをかけられた少女・成瀬順と、その再生を描く、超青春ど真ん中ムービー。
監督:長井龍雪 声優:水瀬いのり(成瀬順)、内山昂輝(坂上拓実/玉子)、雨宮天(仁藤菜月)、細谷佳正(田崎大樹)、村田太志(三嶋樹)、高橋李依(宇野陽子)ほか

「アーロと少年」のネタバレあらすじ結末

2016/04/26掲載

アーロと少年の紹介:2015年アメリカ映画。ディズニーアニメ映画。川で流され家族と離れ離れになってしまった臆病な恐竜アーロ。小さいが勇敢な人間のスポットとともに、アーロは家を目指して長い旅に出る。驚異的なまでにフォトリアルなCGを駆使しながら、大自然の様々な脅威に立ち向かう2人の成長を描く。
監督:ピーター・ソーン 声の出演:アーロ(レイモンド・オチョア)、スポット(ジャック・ブライト)、ブッチ(サム・エリオット)、ナッシュ(A・J・バックリー)、ラムジー(アンナ・パキン)、カミナリドカン(スティーブ・ザーン)ほか

「私の中のあなた」のネタバレあらすじ結末

2016/04/25掲載

私の中のあなたの紹介:2009年アメリカ映画。白血病の姉のドナーになるために生まれてきた主人公の姿を通して、命の重みや家族愛を描いた感動作。すれ違いながらも、お互いを思いあう家族の深い愛に涙がとまらなくなります。
監督:ニック・カサヴェテス 出演者:キャメロン・ディアス(サラ)、アビゲイル・ブレスリン(アナ)、ソフィア・ヴァジリーヴァ(ケイト)、ジェイソン・パトリック(ブライアン)ほか

「ハンニバル・ライジング」のネタバレあらすじ結末

2016/04/25掲載

ハンニバル・ライジングの紹介:2007年アメリカ映画。映画『羊たちの沈黙』『ハンニバル』『レッド・ドラゴン』に続く、ハンニバル・レクター博士シリーズの第4弾の映画。しかし時系列としては最初になる。レクター博士の幼少期から青年期にかけてを描く作品。
監督:ピーター・ウェーバー 出演者:ギャスパー・ウリエル(ハンニバル・レクター)、コン・リー(レディ・ムラサキ)、リス・エヴァンス(グルータス)、リチャード・ブレイク(ドートリッヒ)ほか

「レッド・ドラゴン」のネタバレあらすじ結末

2016/04/25掲載

レッド・ドラゴンの紹介:2002年アメリカ映画。映画『羊たちの沈黙』『ハンニバル』に続く、ハンニバル・レクター博士シリーズの第3弾の映画。時系列としては、シリーズ4作目の『ハンニバル・ライジング』に次いで、2番目にあたる映画。1980年の頃のアメリカで、グレアム捜査官とレクター博士の対決を描く。
監督:ブレット・ラトナー 出演者:エドワード・ノートン(ウィル・グレアム)、アンソニー・ホプキンス(ハンニバル・レクター)、ハーヴェイ・カイテル(ジャック・クロフォード)、レイフ・ファインズ(フランシス・ダラハイド)、エミリー・ワトソン(リーバ・マクレーン)ほか

「ハンニバル」のネタバレあらすじ結末

2016/04/25掲載

ハンニバルの紹介:2001年アメリカ映画。映画『羊たちの沈黙』の続編にあたる映画。トマス・ハリスの小説の映画化。猟奇的なシーンが多く、日本公開時にはR-15指定を受けた。『羊たちの沈黙』で強烈な印象を残したハンニバル・レクター博士のその後を描く。
監督:リドリー・スコット 出演者:アンソニー・ホプキンス(ハンニバル・レクター)、ジュリアン・ムーア(クラリス・スターリング)、ゲイリー・オールドマン(メイスン・ヴァージャー)、レイ・リオッタ(ポール・クレンドラー)、ジャンカルロ・ジャンニーニ(パッツィ捜査官)ほか

「うさぎドロップ」のネタバレあらすじ結末

2016/04/24掲載

うさぎドロップの紹介:2011年日本映画。祖父の葬式に実家に帰って祖父に隠し子の6歳の女の子りんがいたことを知るダイキチ。親族は皆口々にその子のことを厄介そうに話す。いたたまれなくなったダイキチは自分が育てることにする。一人暮らしの会社員のダイキチが6歳の子を育てるのは生易しいことではなかったが、様々な問題を乗り越えて、りんとダイキチは絆を深めていく。
監督: SABU 出演:松山ケンイチ(河地ダイキチ)、香里奈(二谷ゆかり)、芦田愛菜(鹿賀りん)、桐谷美玲(河地カズミ)、キタキマユ(吉井正子)、佐藤瑠生亮(二谷コウキ)、木村了(鈴木雄一)、綾野剛(キョウイチ)、高畑淳子(杉山由美子)、池脇千鶴(後藤由起)、風吹ジュン(河地良恵)、中村梅雀(河地実)、

「リリイ・シュシュのすべて」のネタバレあらすじ結末

2016/04/24掲載

リリイ・シュシュのすべての紹介:2001年日本映画。いじめや売春、犯罪などをテーマに、14歳という多感な時期にいる子供達の心の闇を鮮烈に描いた衝撃作。インターネットに書き込まれる子供たちの心の叫びが、心に突き刺さります。
監督:岩井俊二 出演者:市原隼人(蓮見雄一)、忍成修吾(星野修介)、蒼井優(津田詩織)、伊藤歩(久野陽子)ほか

1 490 491 492 493 494 495 496 497 498 571
TOP↑