Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」のネタバレあらすじ結末

2015/10/26掲載

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲の紹介:2010年日本映画。哀川翔主演の娯楽作品の第二弾で、今作ではゼブラーマンではなく、ホワイトゼブラーマンとなって悪と戦う姿が描かれていきます。
監督:三池崇史 出演者:哀川翔、仲里依紗、阿部力、井上正大ほか

「ゼブラーマン」のネタバレあらすじ結末

2015/10/26掲載

ゼブラーマンの紹介:2003年日本映画。俳優の哀川翔が自身の俳優人生における映画100本を記念して日本映画監督の代表でもある三池崇史監督を迎え入れ、制作された娯楽作です。
監督:三池崇史 出演者:哀川翔、鈴木京香、市川由衣、岩松了

「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」のネタバレあらすじ結末

2015/10/26掲載

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴの紹介:2007年日本映画。平家と源氏が西部劇となっているという設定で全編のセリフが英語という異色作であり、ヴェネチア国際映画祭にも出品された作品です。
監督:三池崇史 出演者:伊藤英明、佐藤浩市、伊勢谷友介、堺雅人ほか

「バックトゥザフューチャー3」のネタバレあらすじ結末

2015/10/25掲載

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3の紹介:1990年アメリカ映画。人気シリーズバックトゥザフューチャー3作目で完結編。前作「バックトゥザフューチャー2」から話は続きます。1955年のドクに隠してあったデロリアンを修理してもらうと、1885年へとタイムトラベルしてしまったドクを助けに行く為に、今度は開拓時代の西部へと一人旅立つマーティは、そこで現代に戻る為に様々な苦労をすることに。
監督:ロバート・ゼメキス 出演者:マイケル・J・フォックス(マーティ・マクフライ)、クリストファー・ロイド(ドク/エメット・ブラウン博士)、トーマス・F・ウィルソン(ビュフォード・タネン)、メアリー・スティーンバージェン(クララ・クレイトン)ほか

「バックトゥザフューチャー2」のネタバレあらすじ結末

2015/10/25掲載

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2 の紹介:1989年アメリカ映画。1955年からやっと現代に戻って来たマーティのもとに、未来へと旅立ったドクが現れ「未来へ一緒に来て欲しい」と頼まれる。今度は未来のマーティの子供に問題が起きている事を知り、ジェニファーも一緒にデロリアンに乗り未来へと旅立つ。今回の物語は未来と過去を行き来する壮絶な旅になる。バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ三部作として、三作目と同時に制作されていた作品。今作では2015年の未来が舞台であり、実際に2015年を迎えた事から、様々なイベントが開かれた。
監督:ロバート・ゼメキス 出演者:マイケル・J・フォックス(マーティ・マクフライ)、クリストファー・ロイド(ドク/エメット・ブラウン博士)、トーマス・F・ウィルソン(ビフ・タネン/グリフ・タネン)、エリザベス・シュー(ジェニファー・パーカー)ほか

「バックトゥザフューチャー」のネタバレあらすじ結末

2015/10/25掲載

バック・トゥ・ザ・フューチャーの紹介:1985年アメリカ映画。1985年、ブラウン博士により一台の自動車 デロリアンがタイムマシンへと作り変えられた。その実験に成功し、まさに歴史的瞬間を目の当たりにした博士のドクとマーティの前に、過激派が現れドクが撃たれてしまう。テロリストから逃げるためにデロリアンに乗ったマーティは、過去へとタイムトラベルしてしまう。
監督:ロバート・ゼメキス 出演者:マイケル・J・フォックス(マーティ・マクフライ)、クリストファー・ロイド(ドク/エメット・ブラウン博士)、トーマス・F・ウィルソン(ビフ・タネン)、リー・トンプソン(ロレイン・ベインズ・マクフライ)、クリスピン・グローヴァー(ジョージ・マクフライ)、クローディア・ウェルズ(ジェニファー・パーカー)ほか

「THE 有頂天ホテル」のネタバレあらすじ結末

2015/10/24掲載

THE 有頂天ホテルの紹介:2006年日本映画。THE 有頂天ホテルは、大晦日に起こるホテルマンとそこに泊まる数多くの訳アリ客たちとのトラブル劇。年が明けるその瞬間まで宿泊支配人(役所広司)の心労は止まない。稀に見る豪華キャスト陣と演劇舞台作家三谷幸喜がメガホンをとったリアルタイムストーリー。
監督:三谷幸喜 キャスト:役所広司、松たか子、佐藤浩市、香取慎吾、唐沢寿明、西田敏行、篠原涼子、戸田恵子、生瀬勝久、麻生久美子、YOU、オダギリジョーほか

「ウェールズの山」のネタバレあらすじ結末

2015/10/24掲載

ウェールズの山の紹介:1995年イギリス映画。第一次世界大戦中、イギリスのウェールズ地方にある小さな村を、軍の測量技師が訪れる。村人が心の拠り所としている山を測量し、「丘」と認定。地元の心意気をかけて村人がとった行動とは?
監督: クリストファー・モンガー 出演者:ヒュー・グラント、タラ・フィッツジェラルド、コルム・ミーニイ、イアン・マクナイスほか

「トウキョウソナタ」のネタバレあらすじ結末

2015/10/23掲載

トウキョウソナタの紹介:2008年日本,オランダ,香港映画。東京を舞台に、どこにでもある平凡な家族の崩壊と再生を書いた作品。現代社会にありがちな、知らず知らずのうちに壊れていく家族の闇をリアルに描いた本作は、第61回カンヌ国際映画祭、「ある視点」部門審査賞を受賞するなど、国内外から高い評価を受けました。
監督 :黒沢清 出演: 香川照之 (佐々木竜平)、泉今日子(佐々木恵)、小柳友 (佐々木貴)、井之脇海(佐々木健二)、井川遥(金子先生)、津田寛治(黒須)、児嶋一哉(小林先生)、役所広司(泥棒)ほか

「図書館戦争 LIBRARY WARS」のネタバレあらすじ結末

2015/10/22掲載

図書館戦争の紹介:2013年日本映画。検閲により、本が狩られる時代となった。そこへ本を守るために立ち上がった図書館組織「図書隊」。自分を助けてくれた王子様を追いかけ、図書隊に飛び来んだ少女の成長を描くアクションラブコメディ。
監督:佐藤信介 出演:岡田准一(堂上篤)、榮倉奈々(笠原郁)、田中圭(小牧幹久)、福士蒼汰(手塚光)、西田尚美(折口マキ)、橋本じゅん(玄田竜助)、栗山千明(柴崎麻子)、石坂浩二(仁科巌)ほか

「龍三と七人の子分たち」のネタバレあらすじ結末

2015/10/22掲載

龍三と七人の子分たちの紹介:2015年日本映画。元ヤクザの親分がオレオレ詐欺にひっかけられ、子分どもを連れて現代の詐欺集団・京浜連合へ報復に行く。北野武監督作品、コメディータッチの人間ドラマ。
監督・脚本:北野武 出演:ビートたけし、近藤正臣、中尾彬、萬田久子、勝村政信、安田顕ほか

「サボテン・ブラザース」のネタバレあらすじ結末

2015/10/21掲載

サボテン・ブラザースの紹介:1986年アメリカ映画。ハリウッド・スターの三人組が映画から飛び出してきたような活躍をして、最後は役を上回るかっこ良いヒーローになるところが魅力。ヒロイン役の貧しいながらも凛とした美しさが花を添えてくれる、抱腹絶倒の映画
監督:ジョン・ランディス 出演:スティーヴ・マーティン、チェヴィー・チェイス 、マーティン・ショート、トニー・プラナ、パトリス・マルティネス、ジョー・マンテーニャ、フィリップ・ゴードンほか

「マリーアントワネット」のネタバレあらすじ結末

2015/10/20掲載

マリー・アントワネットの紹介:2006年アメリカ映画。フランス王妃マリーアントワネットの生涯を描いた伝記映画。ソフィア・コッポラが監督を務め、女性監督ならでの目線で、一人の女性としてのマリーアントワネットの生涯が描かれています。劇中に使われている華やかなファッションも見どころの一つです。
監督:ソフィア・コッポラ 出演者:キルスティン・ダンスト(マリー・アントワネット)、ジェイソン・シュワルツマン(ルイ16世)、ダニー・ヒューストン(ヨーゼフ2世)、ジュディ・ディヴィス(ノアイユ伯爵夫人)、アーシア・アルジェント(デュ・バリー夫人)ほか

「ムーラン・ルージュ(2001年)」のネタバレあらすじ結末

2015/10/20掲載

ムーラン・ルージュ(2001年)の紹介:2001年アメリカ映画。パリのキャバレーを舞台に、貧乏な作家志望の青年とパリの高級娼婦の悲恋を描いた、ミュージカル映画。アカデミー賞衣装デザイン賞と美術賞を受賞しており、舞台に登場する豪華なセットや華やかな衣装も必見です。
監督:バズ・ラーマン 出演者:ニコール・キッドマン(サティーン)、ユアン・マクレガー(クリスチャン)、ジョン・レグイザモ(ロートレック)、リチャード・ロクスバーグ(公爵)ほか

「しあわせの雨傘」のネタバレあらすじ結末

2015/10/19掲載

しあわせの雨傘の紹介:2010年フランス映画。旦那のお飾りとして退屈な日々を過ごしていた主婦が、生きがいをみつけ、自立していく姿を描いたハッピーなサクセスムービー。自分の生きるべき道を見つけた主人公の姿は、勇気づけられること間違いなしです。
監督:フランソワ・オゾン 出演者:カトリーヌ・ドヌーブ(スザンヌ)、ジェラール・ドバルデュー(市長)、ファブリス・ルキーニ(スザンヌの夫)、ジュディット・ゴドレーシュ(スザンヌの娘)、ジェレミー・レニエ(スザンヌの息子)ほか

1 490 491 492 493 494 495 496 497 498 534
TOP↑