Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女」のネタバレあらすじ結末

2015/09/07掲載

ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女の紹介:2005年アメリカ映画。CSルイスの児童文学であるナルニア国物語(原題:The Chronicles of Narnia)を映画化した作品。ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーの4人兄弟は第二次大戦下、ロンドンにある実家を離れて田舎の屋敷に疎開する。そこで偶然末のルーシーが衣装タンスを発見。中に入ってみると一面銀世界の異世界に舞い降りてしまう。そこは人間でない住人達が住むナルニアという国だった。
監督:アンドリュー・アダムソン 出演:ティルダ・スウィントン(白い魔女)、リーアム・ニーソン(アスランの声)、ジョージー・ヘンリー(ルーシー・ペベンシー)、スキャンダー・ケインズ(エドマンド・ペベンシー)、ウィリアム・モーズリー(ピーター・ペベンシー)、アナ・ポップルウェル(スーザン・ペベンシー)、ジェームズ・マカヴォイ(タムナスさん)ほか

「マンマ・ミーア!」のネタバレあらすじ結末

2015/09/06掲載

映画マンマ・ミーア!の紹介:2008年イギリス,アメリカ映画。世界170都市以上で上演された大ヒットミュージカル「マンマ・ミーア!」の映画化。母と娘の強い絆を描いた、見る人をハッピーにさせてくれるハートフルなミュージカル映画。サウンドトラックには、全曲ABBAの楽曲が使われていて、楽しい気持ちを盛り上げてくれること間違いなしです。
監督:フィリダ・ロイド 出演:メリル・ストリープ(ドナ)、アマンダ・セイフライド(ソフィ)、ピアース・ブロスナン(父親候補1)、コリン・ファース(父親候補2)、ステラン・スカルスガルド(父親候補3)ほか

「ローマの休日」のネタバレあらすじ結末

2015/09/06掲載

ローマの休日の紹介:1953年アメリカ映画。王女と新聞記者という身分違いの恋を描いた、ロマンチックで切ないラブストーリー。永遠の妖精と呼ばれるオードリー・ヘップバーンの可憐な魅力が遺憾なく発揮された作品です。作品の舞台となるローマの街の美しさも見どころの一つとなっています。
監督:ウイリアム・ワイラー 出演:オードリー・ヘップバーン(アン王女)、グレゴリー・ペッグ(新聞記者 ジョー)、エディ・アルバート(ジョーの同僚のカメラマン)、ハートリー・パワー(ジョーの上司)ほか

「Shall we ダンス?」のネタバレあらすじ結末

2015/09/06掲載

Shall we ダンス?(シャルウィダンス?)の紹介:1996年日本映画。社交ダンスをテーマとしたハートフルコメディー。平凡なサラリーマンが、社交ダンスに生きがいを見出していく姿を面白おかしく描かれています。興業的にも大成功をおさめ、この映画をきっかけに社交ダンスブームが巻き起こりました。
監督:周防正行 出演:役所広司(杉山)、舞(草刈民代)、竹中直人(ダンス教室の仲間)、渡辺えり子(ダンス教室の仲間)、草村礼子(たま子先生)、原日出子(杉山の妻)ほか

「着信アリFinal」のネタバレあらすじ結末

2015/09/06掲載

着信アリFinalの紹介:2006年日本映画。韓国へと修学旅行に来ていた学生たちの元に、死の予告電話が鳴り始める。その着信の電話を受けとった者は、誰かに転送すれば助かるというものであった。転送すれば死なないと分かった生徒達は、自分だけは助かろうと恐ろしい行動に出る。
監督:麻生学 出演:堀北真希(松田明日香)、黒木メイサ(草間えみり)、板尾創路(木部義孝)、チャン・グンソク(アン・ジヌ)、ほか

「下妻物語(2004年)」のネタバレあらすじ結末

2015/09/06掲載

下妻物語の紹介:2004年日本映画。下妻を舞台に、ロリータとヤンキーという意表をつく組み合わせの2人が、奇妙な友情で結ばれていく様子を描いた作品。ロリータ娘の桃子を演じる深田恭子とヤンキーのイチゴを演じる土屋アンナが等身大の女子高生の姿を好演し、面白くて最期にはほろっと泣ける感動の青春映画です。
監督:中島哲也 出演:深田恭子(桃子)、土屋アンナ(イチゴ)、宮迫博之(桃子の父)、篠原涼子(桃子の母)ほか

「フラガール」のネタバレあらすじ結末

2015/09/06掲載

フラガールの紹介:2006年日本映画。常盤ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の誕生の軌跡を描いた、実話をもとにした感動作。男性優位の炭鉱の町で、フラダンスを通じて女性の自己実現を成し遂げたフラガール達の若い生命力と希望に満ち溢れる姿は、新しい時代の幕開けを感じさせ、観るものに爽やかな感動を与えます。第30回日本アカデミー賞最優秀賞作品賞受賞作品。
監督:李相日 出演:蒼井優(紀美子)、松雪泰子(まどか)、山崎静代(小百合)、豊川悦司(紀美子の兄)、岸部一徳(吉本)、富司純子(紀美子の母)ほか

「君に届け」のネタバレあらすじ結末

2015/09/05掲載

映画 君に届けの紹介:2010年日本映画。小学生の頃、遊具の土管の穴から出て来た爽子を見て子供達が、「貞子」にそっくりだと言われたのが爽子の運の尽きとなる。その日から「貞子」とあだ名が付けられ、みんなから恐れられる様になってしまった。高校生になった爽子の前に、ある日風早翔太が現れた事から爽子の運命の歯車が回り始める。
監督:熊澤尚人 出演:多部未華子(黒沼爽子)、三浦春馬(風早翔太)、夏菜(矢野あかね)、蓮佛美沙子(吉田千鶴)、桐谷美玲(胡桃沢梅)ほか

「おくりびと」のネタバレあらすじ結末

2015/09/05掲載

映画 おくりびとの紹介:2008年日本映画。死という誰にでも起こりうる最期の時に立ち会う納棺師という職業をテーマに、おくりびと(納棺師)として働く主人公の葛藤や成長を描いた映画。生と死、家族の絆、愛する人との別れについて、深く考えさせられる名作です。おくりびとは第81回アカデミー賞外国語映画賞受賞作品です。
監督:滝田洋二郎 出演:本木雅弘(大悟)、広末涼子(大悟の妻)、山崎努(社長 佐々木)、余貴美子(事務員)ほか

「スチュアート・リトル2」のネタバレあらすじ結末

2015/09/05掲載

スチュアート・リトル2の紹介:2002年アメリカ映画。養護施設から貰われてきてから2年、リトル家には新しい家族がまた増えていた。ジョージとスチュワートに、妹ができていた。スチュワートは学校へ通うようになっていた、そんなある日タカに追われて傷ついた小鳥のマーガロに出会う。
監督:ロブ・ミンコフ 出演:スチュアート・リトル(声)マイケル・J・フォックス/藤原竜也、マーガロ(声)メラニー・グリフィス/島本須美、ジーナ・デイヴィス、ヒュー・ローリーほか
     ジョナサン・リプニッキ

「スチュアート・リトル」のネタバレあらすじ結末

2015/09/04掲載

スチュアート・リトルの紹介:1999年アメリカ映画。ニューヨークの大きなビルに囲まれた場所に、小さな一軒家を構えている「リトル家」に新しい家族が増える。「弟が欲しい」と言うジョージの為に、養子をとる事を決めたリトル夫妻が養護施設で見つけた子は、なんとネズミの「スチュワート」だった。
監督:ロブ・ミンコフ 出演:スチュアート・リトル(声 マイケル・J・フォックス、藤原竜也、三ツ矢雄二)、ジョナサン・リプニッキ、ヒュー・ローリー、ジーナ・デイヴィス、スノーベル(声 ネイサン・レイン、恵俊彰、内田直哉)ほか

「巴里のアメリカ人」のネタバレあらすじ結末

2015/09/03掲載

巴里のアメリカ人(パリのアメリカ人)の紹介:1951年アメリカ映画。ジーン・ケリーとレスリー・キャロンの恋物語を描くミュージカル映画。ルソー、ルノワール、ロートレック等の名画をバックに美しい衣装で登場し、ジョージ・ガーシュインの「パリのアメリカ人」に合わせて踊るクライマックスは必見。
監督:ヴィンセント・ミネリ 出演:ジーン・ケリー(ジェリー)、レスリー・キャロン(リズ)、オスカー・レヴァント(アダム)、ニナ・フォック、ジョルジュ・ゲタリほか

「若草物語(1949年)」のネタバレあらすじ結末

2015/09/03掲載

若草物語(1949年)の紹介:1949年アメリカ映画。四人の美しい姉妹がアメリカのニューイングランドで共に暮らす日々を綴ったルイザ・メイ・オルコットの「若草物語」の小説を映画化した。銀幕で活躍した人気女優が四人揃った他、脇を固める名優達の演技や豪華な美術にも注目。愛情にあふれた良い映画です。
監督 :マーヴィン・ルロイ 出演:Jo・ ジューン・アリソン、Laurie・ピーター・ローフォード、Beth・マーガレット・オブライエン、Amy・エリザベス・テイラー、Meg・ジャネット・リー、Professor_Bhaer・ロッサノ・ブラッツィほか

「ホビット 決戦のゆくえ」のネタバレあらすじ結末

2015/09/02掲載

ホビット 決戦のゆくえ(第3部)の紹介:2014年アメリカ/ニュージーランド映画。大ヒットのファンタジーシリーズ「ロード・オブ・ザ・リング」の原作者J・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』を映画化した、“ホビット”シリーズ三部作の第3作にして完結編です。13人のドワーフ族とともに冒険の旅に出たホビット族の男ビルボが、ドワーフの国を奪った邪悪な竜に戦いを挑みます。
監督:ピーター・ジャクソン 出演者:マーティン・フリーマン(ビルボ・バギンズ)、イアン・マッケラン(ガンダルフ)、リチャード・アーミティッジ(トーリン・オーケンシールド)、オーランド・ブルーム(レゴラス)、ベネディクト・カンバーバッチ(スマウグの声/サウロン)、イアン・ホルム(年老いたビルボ・バギンズ)ほか

「ホビット 竜に奪われた王国」のネタバレあらすじ結末

2015/09/02掲載

ホビット 竜に奪われた王国(第2部)の紹介:2013年アメリカ/ニュージーランド映画。大ヒットのファンタジーシリーズ「ロード・オブ・ザ・リング」の原作者J・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』を映画化した、“ホビット”シリーズ三部作の第2作です。13人のドワーフ族とともに冒険の旅に出たホビット族の男ビルボが、ドワーフの国を奪った邪悪な竜に戦いを挑みます。
監督:ピーター・ジャクソン 出演者:マーティン・フリーマン(ビルボ・バギンズ)、イアン・マッケラン(ガンダルフ)、リチャード・アーミティッジ(トーリン・オーケンシールド)、オーランド・ブルーム(レゴラス)、ベネディクト・カンバーバッチ(死人遣い(ネクロマンサー)/スマウグの声(二役))ほか

1 515 516 517 518 519 520 521 522 523 545
TOP↑