「007 ゴールドフィンガー」のネタバレあらすじ結末

007 ゴールドフィンガーの紹介:1964年イギリス作品。スパイアクションシリーズの金字塔『007』シリーズ第3作、初代ジェームズ・ボンドのショーン・コネリー出演3作目です。シリーズの生みの親であるイアン・フレミングの小説シリーズ第7作を原作とし、世界中の金を策略で支配しようとする大富豪の陰謀に立ち向かうボンドの闘いを描きます。本作よりガンバレルから始まるオープニング、ボンドカー、“Q”が提供する秘密兵器などは本作から導入され、アカデミー音響効果賞を受賞するなど今日に至るシリーズの基礎を築いた作品です。
監督:ガイ・ハミルトン 出演者:ショーン・コネリー(ジェームズ・ボンド)、ゲルト・フレーベ(オーリック・ゴールドフィンガー)、オナー・ブラックマン(プッシー・ガロア)、シャーリー・イートン(ジル・マスターソン)、タニア・マレット(ティリー・マスターソン/ティリー・ソームズ)、ハロルド坂田(オッド・ジョブ)、マイケル・メリンジャー(キッシュ)、バート・クウォーク(リン)、セク・リンダー(フェリクス・ライター)、バーナード・リー(M)、デスモンド・リュウェリン(Q)、ロイス・マクスウェル(マネーペニー)ほか

「007 ロシアより愛をこめて」のネタバレあらすじ結末

007 ロシアより愛をこめての紹介:1963年イギリス作品。007シリーズ第2作。前作の成功を元にさらなるアクションの見せ場を作り、大ヒットを記録します。後のボンドガールの方向性を決めた作品としても知られています。
監督:テレンス・ヤング 出演者:ショーン・コネリー(ボンド役)、ダニエラ・ビランキ(ボンドガール)、ペドロ・アルメンダリス、ロバート・ショウほか

「007 ドクター・ノオ」のネタバレあらすじ結末

007 ドクター・ノオの紹介:1962年イギリス作品。007シリーズ1作目。イアンフレミングの書いた小説を元に、アルバートブロッコリとハリーサルツマンが製作したスパイ活劇で、初代ジェームズボンドをショーンコネリーが演じています。
監督:テレンス・ヤング 出演者:ショーン・コネリー(ボンド役)、ウルスラ・アンドレス(ボンドガール)、ジョセフ・ワイズマンほか

「ターナー、光に愛を求めて」のネタバレあらすじ結末

ターナー、光に愛を求めての紹介:2014年/イギリス、フランス、ドイツ作品。イギリスの画壇において今でもファンの多いターナー、その色使いはフランスの印象派にも影響を与えたと言われる。多作ながら謎の多いその人物像に迫る。
監督:マイク・リー 出演:ティモシー・スポール、ドロシー・アトキンソン、マリオン・ベイリー、ポール・ジェッソン、レスリー・マンヴィル、マーティン・サヴェージほか

「アイロボット」のネタバレあらすじ結末

アイロボットの紹介:2004年アメリカ作品。SF小説の巨匠アイザック・アシモフの短編集:われはロボットをモチーフとしたSFサスペンスアクション。2035年の未来はロボットが人間のサポート役として家庭に溶け込み、人間もロボットにより快適に過ごしていた。人間に支配され言いなりになっていたロボットたちが人を支配しようとし始める。
監督:アレックス・プロヤス 出演:ウィル・スミス、ブリジット・モイナハン、ブルース・グリーンウッド、シャイ・マクブライドほか

「アイ・アム・レジェンド」のネタバレあらすじ結末

アイ・アム・レジェンドの紹介:2007年アメリカ作品。リチャード・マシスンの古典的傑作『地球最後の男』をウィル・スミス主演で映画化したSFアクション。ある日、大都市ニューヨークで治療不可能なウイルスが広がり、人類滅亡の危機にさらされる。なぜかウイルスに免疫のあったネビルは荒れ果てたニューヨークでただ一人の生存者となり、抗体を見つけるべく治療法を研究し続ける。地球最後の男に、希望はあるのか。
監督:フランシス・ローレンス 出演:ウィル・スミス、アリシー・ブラガ、ダッシュ・ミホク、チャーリー・ターハンほか

「宇宙戦争」のネタバレあらすじ結末

宇宙戦争の紹介:2005年アメリカ作品。映画界の巨匠 スティーブン・スピルバーグと映画界の大スター、トム・クルーズがタッグを組んだ一大SF作品で、世界中で大ヒットを記録。H G ウェルズの有名な小説、宇宙戦争が原作のSFスペクタクル超大作。
監督:スティーブン・スピルバーグ 出演:トム・クルーズ(レイ・フェリエ)、ダコタ・ファニング(レイチェル・フェリエ)、ティム・ロビンス(オギルビー)、ジャスティン・チャットウィン(ロビー・フェリエ)、ミランダ・オットー(メアリー・アン)ほか

「第9地区」のネタバレあらすじ結末

第9地区の紹介:2009年アメリカ作品。南アフリカに銀河の彼方から難民として現れたエイリアンの集団と、それを抑圧する人間たちの対立を、エイリアンの物質に触れて自らもエイリアンと化してゆく一人の男の視線から描いたドキュメンタリータッチのSF作品です。
監督:ニール・ブロムカンプ 出演者:シャールト・コプリー(ヴィカス・ファン・デ・メルヴェ)、デヴィッド・ジェームズ(クーバス・ヴェンター)、ジェイソン・コープ(クリストファー・ジョンソン/グレイ・ブラッドナム)、ヴァネッサ・ハイウッド(タニア・ファン・デ・メルヴェ)、ジョン・ヴァン・スクール(ニコラス・ファン・デ・メルヴェ)ほか

「ポカホンタス」のネタバレあらすじ結末

ポカホンタスの紹介:1995年アメリカ作品。ディズニー映画で初めて実在の人物を扱った作品。17世紀のアメリカで、自由と自然を愛するインディアンの娘と、金を求めて海を越えてきた冒険家のイギリス人青年が恋に落ちる物語。
監督:マイク・ガブリエル 声優:メル・ギブソン、アイリーン・ベダード、デヴィッド・オグデン・スタイアーズ、ラッセル・ミーンズ、リンダ・ハント、クリスチャン・ベイルほか

「塔の上のラプンツェル」のネタバレあらすじ結末

塔の上のラプンツェルの紹介:2010年アメリカ映画。ディズニーアニメ映画。グリム童話の“ラプンツェル”の映画化作品。魔法の長い髪を持つラプンツェルが、仲間を裏切って逃げて盗賊の男とともに、閉じ込められた塔を抜け出して冒険をする様子を描く。
監督:ネイサン・グレノ 声優:マンディ・ムーア、ザカリー・リーヴァイ、ドナ・マーフィ、ブラッド・ギャレットほか

「チャッピー」のネタバレあらすじ結末

チャッピーの紹介:2015年アメリカ映画。チャッピーは第9地区の監督による第三弾作品。今作チャッピーでは、人工知能を搭載したロボットの成長物語が迫力のアクションとともに語られます。映画の舞台と同じヨハネスブルグで撮影が行われた。
監督:ニール ブロムカンプ 出演:シャールト ・コプリー、ヒュー・ジャックマン、デーブ・パテール、シガニー・ウィーバーほか

「マイティ・ソー ダークワールド」のネタバレあらすじ結末

マイティ・ソー/ダーク・ワールドの紹介:2013年アメリカ作品。マーベル・コミックのキャラクターであり後に“アベンジャーズ”の一員でもある“ソー”の戦いを描いたシリーズ第2弾にして「マーベル・シネマティック・ユニバース」第8弾です。「アベンジャーズ」(2012年公開)の戦いから1年後を舞台に、ソーは銀河の支配を目論むダークエルフとの死闘に挑みます。
監督:アラン・テイラー 出演者:クリス・ヘムズワース(ソー)、ナタリー・ポートマン(ジェーン・フォスター)、トム・ヒドルストン(ロキ)、アンソニー・ホプキンス(オーディン)、クリストファー・エクルストン(マレキス)ほか

「マイティ・ソー」のネタバレあらすじ結末

マイティ・ソーの紹介:2011年アメリカ映画。マーベル・コミックのキャラクターであり後に“アベンジャーズ”の一員となる“ソー”の戦いを描いたシリーズ第1弾にして「マーベル・シネマティック・ユニバース」第4弾です。神失格の烙印を押されて地球に追われた神の子ソーが強大な力を宿したハンマー“ムジョルニア”を手に闘いを繰り広げます。
監督:ケネス・ブラナー 出演者:クリス・ヘムズワース(ソー)、ナタリー・ポートマン(ジェーン・フォスター)、トム・ヒドルストン(ロキ)、アンソニー・ホプキンス(オーディン)、浅野忠信(ホーガン)ほか

「ブロークバック・マウンテン」のネタバレあらすじ結末

ブロークバック・マウンテンの紹介:2005年アメリカ作品。アメリカ西部ワイオミングのブロークバック・マウンテンで出会った2人の男の20年に及ぶ禁断の愛を描く。監督賞を含むアカデミー賞3部門を受賞した感動の一大叙事詩。
監督:アン・リー 出演:ヒース・レジャー、ジェイク・ギレンホール、ミシェル・ウィリアムズ、 アン・ハサウェイ、ランディ・クエイドほか

「アルマゲドン」のネタバレあらすじ結末

アルマゲドンの紹介:1998年アメリカ映画。緑豊かな地球を恐竜たちが歩き回っていた頃、地球に幅80㎞の岩がぶつかり全てが変わったのだ。その衝撃は核爆弾が1万個爆発したに等しく、1兆もの岩や土が大気中に舞い散り、そして分厚い層を形作り1000年もの間、太陽光線を遮り生物達は息絶えた。それから6500万年後、同じ事が地球に起ころうとしていたのである。
監督:マイケル・ベイ 出演:ブルース・ウィリス(ハリー・スタンパー)、ベン・アフレック(A・J・フロスト)、リヴ・タイラー(グレイス・スタンパー)、ウィル・パットン(チック)、スティーヴ・ブシェミ(ロックハウンド)、ピーター・ストーメア(レヴ・アンドロポフ)、キース・デヴィッド(キムジー将軍)、ウィリアム・フィクトナー(ウィリー・シャープ大佐)、マイケル・クラーク・ダンカン(ベアー)、オーウェン・ウィルソン(オスカー)、ビリー・ボブ・ソーントン(ダン・トゥルーマン)、クリス・エリス(クラーク)、ジェイソン・アイザックス(ロナルド・クインシー)、ケン・ハドソン・キャンベル(マックス)、ジェシカ・スティーン(ジェニファー・ワッツ)、グレイソン・マッコーチ(グルーバー)、ショウニー・スミス(レッドヘッド)、マーシャル・R・ティーグ(デイヴィス大佐)、ウド・キア(心理学者)、J・パトリック・マコーマック(ボファー将軍)、グレイス・ザブリスキー(ドッティー)、ジョン・メイホン(カール)、スタンリー・アンダーソン(大統領)、ほか

キーワードから探す

TOP↑