「画家モリゾ、マネの描いた美女 名画に隠された秘密」のネタバレあらすじ結末

画家モリゾ、マネの描いた美女 名画に隠された秘密の紹介:2012年フランス映画。マネが最も多く描いた女性と言われるベルト・モリゾ。女性が絵を描く事がまだ難しかった時代、ベルト・モリゾが画家として迷いながらも大成していく姿を描く。
監督:カロリーヌ・シャンプティエ 出演:マリーヌ・デルテリム、アリス・バトード、マリック・ジディ、ベランジェール・ボンヴォワザン、パトリック・デカン、フランソワ・ディユエードほか

「ネイバー 美しき変態隣人」のネタバレあらすじ結末

ネイバー 美しき変態隣人の紹介:2009年アメリカ作品。この街に殺人犯が逃亡してきた。閑静な街に、大きなニュースが奔る。だが皆、そんなことを気に求めず性活する。その殺人犯が、親切で美しい隣人だとも知らずに。
監督:ロバート・アンジェロ・マサイアントニオ 出演:アメリカ・オリーヴォ、クリスチャン・キャンベル、 ミンク・ストール、 ローレン・ルーニーほか

「プリティ・ウーマン」のネタバレあらすじ結末

プリティ・ウーマンの紹介:1990年アメリカ映画。「マイ・フェア・レディ」の現代版として、大ヒットしたシンデレラストーリー、プリティウーマン。ジュリア・ロバーツの出世作で90年全米第一位となった作品。実業家のエドワードは売春婦のビビアンと出会います。彼はビビアンと6日間3000ドルの契約をし、ともに過ごすことになりました。ビビアンの天真爛漫な言動に惹かれて行くエドワードは仕事に対する考えにも彼女に影響を受けていきます。
監督:ゲイリー・マーシャル 出演:リチャード・ギア(エドワード・ルイス)、ジュリア・ロバーツ(ビビアン・ワード)、ラルフ・ベラミー(ジェームズ・モース)、ジェイソン・アレクサンダー(フィリップ・スタッキー)、ローラ・サン・ジャコモ(キット・デ・ルカ)、ヘクター・エリゾンド(バーニー・トンプソン)ほか

「ぼくを探しに」のネタバレあらすじ結末

ぼくを探しにの紹介:2013年/フランス作品。ピアニストのポールはひょんなことからプルースト夫人の催眠療法で亡くした母の思い出を辿ることに、両親を亡くしてから口を閉ざしが彼が喋る日は来るのか。
監督:シルバン・ショメ 俳優:ギョーム・グイ、アンヌ・ル・ニ、ベルナデット・ラフォン、エレーヌ・バンサン、ルイス・レゴほか

「96時間 レクイエム」のネタバレあらすじ結末

96時間 レクイエムの紹介:2014年フランス作品。界的に大ヒットを記録したリーアム ニーソン主演のアクション大作96時間の第3弾。今作は前作とは違い、ロサンゼルス市内のみの撮影となり、警察に追われるなどスリリングな展開が待ち受けます。
監督:オリヴィエ メガトン 出演者 リーアム ニーソン、フォレスト ウィテカー、ファムケ ヤンセン、マギー グレイスほか

「96時間 リベンジ」のネタバレあらすじ結末

96時間/リベンジの紹介:2012年フランス作品。リーアム・ニーソン主演のアクション・サスペンスシリーズ第2弾です。前作「96時間(2008年)」で元妻と娘を救い出した世界一過保護な元CIA工作員が、前作で倒した敵の父であるマフィアが仕掛けた報復劇に立ち向かいます。
監督:オリヴィエ・メガトン 出演者:リーアム・ニーソン(ブライアン・ミルズ)、マギー・グレイス(キム・ミルズ)、ファムケ・ヤンセン(レノーア)、ラデ・シェルベッジア(ムラド)、オリヴィエ・ラブルダン(ジャン=クロード)ほか

「ポンペイ」のネタバレあらすじ結末

映画ポンペイの紹介:2014年/アメリカ作品。ヴェスビオ火山噴火前夜、ポンペイの人々は闘技場へ繰り出し、いつもと変わらぬ日々を過ごしていた。灰に埋もれた町ポンペイ、突然終止符を打った彼らの日常とは。
監督:ポール・W・S・アンダーソン 俳優:キット・ハリントン、エミリー・ブラウニング、アドウェール・アキノエ=アグバエ、キーファー・サザーランド、キャリー=アン・モスほか

「ひつじのショーン バックトゥザホーム」のネタバレあらすじ結末

映画 ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム~の紹介:2015年公開イギリス・フランス作品。田舎暮らしに飽きてきたイタズラ好きのひつじのショーン。仕掛けたイタズラのせいでみんなで大都会を奔走、今、ひつじたちの大作戦が始まる。 『ウォレスとグルミット、危機一髪』に登場するひつじのショーンを主演に据えた劇場版。
監督:マーク・バートン、リチャード・スターザック 声優:ジョン・スパークス、ジャスティン・フレッチャー、ジョー・アレンほか

「真珠の耳飾りの少女」のネタバレあらすじ結末

真珠の耳飾りの少女の紹介:2004年イギリス/ルクセンブルク作品。17世紀のオランダの天才画家フェルメールが描いた1枚の名画に封じ込められた許されぬ想い。この絵画に秘められた謎を解き明かす至高の愛の物語。
監督:ピーター・ウェーバー 原作:トレイシー・シュヴァリエ 出演:スカーレット・ヨハンソン、コリン・ファース、トム・ウィルキンソン、キリアン・マーフィほか

「激突!」のネタバレあらすじ結末

激突!の紹介:1971年アメリカ映画。「E.T」や「ジュラシックパーク」等大ヒット作品を数々生み出した世界的にも有名なスピルバーグ監督が無名時代に手掛けた低予算作品です。激突!は、主人公がタンクローリーに執拗に追われる様が非常にスリリングに作られていて監督のセンスの良さを感じずにはいられない古き良き作品となっています。
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:デニス・ウィーヴァー(デヴィッド・マン)、キャリー・ロフティン(トラックの運転手)、エディ・ファイアストーン(カフェの主人)、ルー・フリッゼル(バスの運転手)、ルシル・ベンソン(蛇屋の女性)、ジャクリーン・スコット(マン夫人)、アレクサンダー・ロックウッド(車の老人)、ほか

「ベスト・キッド(1984)」のネタバレあらすじ結末

ベスト・キッドの紹介:1984年アメリカ映画。空手など全くしたことのなかったダニエル・ラルーソー(ラルフ・マッチオ)が、日系人のミヤギ(ノリユキ・パット・モリタ)に空手を教わり、いじめた相手を倒そうとするカラテ少年を主人公にしたスポーツ青春映画。
監督:ジョン・G・アヴィルドセン 出演:ラルフ・マッチオ、ノリユキ・パット・モリタ、エリザベス・シュー、ウィリアム・ザブカ、マーティン・コーヴ、ロン・トーマスほか

「ダークナイトライジング」のネタバレあらすじ結末

ダークナイト ライジングの紹介:2012年アメリカ映画。DCコミックスが誇るアメコミヒーローの代名詞「バットマン」の劇場版第7作にして、傑作と名高いクリストファー・ノーラン監督の「ダークナイト」三部作の最終章となる超大作です。前作「ダークナイト」の衝撃から8年後のゴッサムシティを舞台に、街に君臨しようとする最強の敵ベインを相手に、前作の事件により世間から完全に姿を消していたバットマンが立ち上がります。CGを極力使わずに撮影された壮大な映像美と世界観、そして前作をも遥かに超える衝撃のラストに注目です。
監督:クリストファー・ノーラン 出演:クリスチャン・ベール(ブルース・ウェイン/バットマン)、マイケル・ケイン(アルフレッド・ペニーワース)、ゲイリー・オールドマン(ジェームズ・“ジム”・ゴードン)、ジョセフ・ゴードン=レヴィット(ジョン・ブレイク/ロビン)、モーガン・フリーマン(ルーシャス・フォックス)、アン・ハサウェイ(セリーナ・カイル/キャットウーマン)、マリオン・コティヤール(ミランダ・テイト/タリア・アル・グール)、キリアン・マーフィー(ジョナサン・クレイン/スケアクロウ)、ベン・メンデルソーン(ジョン・ダゲット)、リーアム・ニーソン(ラーズ・アル・グール)、トム・ハーディ(ベイン)ほか

「ダークナイト」のネタバレあらすじ結末

ダークナイトの紹介:2008年アメリカ映画。新生バットマンシリーズのダークナイト三部作で「バットマン・ビギンズ」に続く第2作目。ダークナイトはアメコミ作品を凌駕した作品として社会現象となった作品です。ジョーカーを演じた故ヒース・レジャーがアカデミー賞助演男優賞を受賞したことでも話題になりました。
監督 :クリストファー・ノーラン 出演:クリスチャン・ベイル(ブルース・ウェイン/バットマン)、ヒース・レジャー(ジョーカー)、アーロン・エッカート(ハービー・デント検事/トゥーフェイス)、ゲイリー・オールドマン(ゴードン警部補)、マイケル・ケイン(アルフレッド)、ケイティ・ホームズ(レイチェル・ドーズ)、モーガン・フリーマン(フォックス)ほか

「バットマン ビギンズ」のネタバレあらすじ結末

バットマン ビギンズの紹介:2005年アメリカ映画。DCコミックスの人気ヒーロー『バットマン』の実写映画シリーズ作であり、これまでの前4作からスタッフ・キャスト・設定などを一新したリブートシリーズ「ダークナイト」三部作の第1作です。監督をクリストファー・ノーランが務め、主人公バットマンをクリスチャン・ベイルが演じます。本作は原作のエピソードの中から『The Man Who Falls』『バットマン:イヤーワン』『バットマン:ロングハロウィーン』を基とし、これまで語られることのなかったバットマンの誕生についての秘話を描いています。
監督:クリストファー・ノーラン 出演者:クリスチャン・ベイル(ブルース・ウェイン/バットマン)、マイケル・ケイン(アルフレッド・ペニーワース)、ゲイリー・オールドマン(ジェームズ・“ジム”・ゴードン巡査部長)、モーガン・フリーマン(ルーシャス・フォックス)、リーアム・ニーソン(ヘンリー・デュカード/ラーズ・アル・グール)、ケイティ・ホームズ(レイチェル・ドーズ)、キリアン・マーフィー(ジョナサン・クレイン/スケアクロウ)、渡辺謙(ラーズ・アル・グール(影武者))、トム・ウィルキンソン(カーマイン・ファルコーニ)、ルトガー・ハウアー(リチャード・アール)、マーク・ブーン・ジュニア(アーノルド・フラス刑事)、コリン・マクファーレン(ギリアン・B・ローブ警視総監)、ラリー・ホールデン(フィンチ検事長)、ジェラルド・マーフィー(フェイデン判事)、ライナス・ローチ(トーマス・ウェイン)、サラ・スチュワート(マーサ・ウェイン)、ガス・ルイス(ブルース・ウェイン(幼少期))、エマ・ロックハート(レイチェル・ドーズ(幼少期))、リチャード・ブレイク(ジョー・チル)、ジョン・ノーラン(ジョージ・フレデリックス)、ティモシー・ジョン・ブース(ミスター・ザーズ/ビクターザーズ)ほか

「バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲」のネタバレあらすじ結末

バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲の紹介:1997年アメリカ映画。アーノルド シュワルツェネッガーが初の悪役に臨んだ映画でもあり、ジョージクルーニーがコミカルなバットマン像を作り上げた作品。
監督:ジョエル・シューマカー 出演者:アーノルド・シュワルツェネッガー(Mr.フリーズ/ヴィクター・フライズ)、ジョージ・クルーニー(バットマン/ブルース・ウェイン)、クリス・オドネル(ロビン/ディック・グレイソン)、ユマ・サーマン(ポイズン・アイビー/パメラ・アイズリー)、アリシア・シルヴァーストーン(バットガール/バーバラ・ウィルソン)、マイケル・ガフ(アルフレッド・ペニーワース)、パット・ヒングル(ゴードン市警本部長)、エル・マクファーソン(ジュリー・マディソン)、ジョン・グローヴァー(ジェイソン・ウッドルー)、ほか

キーワードから探す

TOP↑