「幸せになるための27のドレス」のネタバレあらすじ結末

2015/01/25掲載

幸せになるための27のドレスの紹介:2008年アメリカ映画。他人の結婚式を成功させることに情熱を燃やしてきた万年“花嫁付添い人”のヒロインが、片想いの上司ジョージの結婚式のために奔走することになるロマンチック・コメディー。
監督:アン・フレッチャー 出演:キャサリン・ハイグル(ジェーン・ニコルズ)、ジェームズ・マースデン(ケビン・ドイル)、マリン・アッカーマン(テス・ニコルズ)、ジュディ・グリア(ケイシー)、エドワード・バーンズ(ジョージ)、ほか

「リトル・ダンサー」のネタバレあらすじ結末

2015/01/24掲載

リトル・ダンサーの紹介:2000年公開イギリス映画 (原題:Billy Elliot : ビリーエリオット) ふとしたきっかけでバレエに目覚めてしまった少年ビリー。「バレエは女のやるもの」と大激怒する職人気質の炭鉱夫の父親。初めはお互いに理解し合えない二人が、かけがえのない大切な親子の絆をつかみ、ビリーの夢を叶えるまでを丁寧に描いていく。
監督:スティーブン・ダルドリー  脚本:リー・ホール  出演:ジェイミー・ベル、アダム・クーパー

「インシディアス」のネタバレあらすじ結末

2015/01/23掲載

インシディアスの紹介:2011年アメリカ映画。ジョシュ&ルネ夫婦は3人の子供と新居に引っ越してきた。屋根裏から物音がするなどの怪奇現象に見舞われたが、ある日長男のダルトンがイスから落ちて意識を失った。しかしダルトンの身体に異常はなく原因が分からなかった。この新居が呪われていると思った夫婦は引っ越しをしたにもかかわらず怪奇現象はおさまらない。霊能者に相談しても事態は悪化へと向かっていく。
監督:ジェームズ・ワン 出演:パトリック・ウィルソン(ジョシュ)、ローズ・バーン(ルネ)、タイ・シンプキンス(ダルトン)、リン・シェイ(エリーズ)、ほか

「白い肌の異常な夜」のネタバレあらすじ結末

2015/01/22掲載

白い肌の異常な夜の紹介:1971年アメリカ映画。南北戦争で傷を負った北軍の兵士クリント・イーストウッドがとある森の中の男子禁制の女子寄宿舎に命からがら保護され手厚い看病を受けます。男を知らない或いはしばらく男と遠ざかっていた彼女たちは女のいやらしい性(さが)に目覚め平静を装いながらそれぞれの思惑で男に近づき、それをいいことに男もまた彼女たちにそれぞれの方法で誘惑し、ワルな男と怖い女のおどろおどろしい展開となります。ドン・シーゲル監督とイーストウッドのコンビ作のひとつで、アクションを手掛けてきた彼らにとっては異色作。一人の男をめぐる女性たちの異常心理を描く。ノコギリを使った手術場面が凄惨。
監督・製作:ドン・シーゲル キャスト:クリント・イーストウッド(ジョン・マクバニー伍長)、エリザベス・ハートマン(エドウィーナ・ダブニー)、ジョー・アン・ハリス(キャロル)、ダーリーン・カー(ドリス)、ジェラルディン・ペイジ(マーサ・ファーンズワース)、メエ・マーサー(ヘイリー)、ほか

「アナと雪の女王」のネタバレあらすじ結末

2015/01/20掲載

アナと雪の女王の紹介:2013年アメリカ作品。ディズニー史上最高の記録的No.1大ヒット長編アニメ「アナと雪の女王(アナ雪)」。過酷な運命を辿る王家の美しい姉妹アナとエルサを主人公に、雪と氷に閉ざされてしまった王国とエルサを救う、真実の愛が描かれた物語。主題歌の 『Let It Go(レットイットゴー)』も世界中で大ヒットしました。
声優:クリステン・ベル(アナ)、イディナ・メンゼル(雪の女王/エルサ)、ジョシュ・ギャッド(オラフ)ほか

「ベイマックス」のネタバレあらすじ結末

2015/01/19掲載

ベイマックス(原題:Big Hero 6)の紹介:2014年アメリカ/ウォルト・ディズニー・スタジオ製作 孤独な少年「ヒロ」と心優しいロボット「ベイマックス」の絆や冒険を描くヒーローアクション映画。第87回アカデミー賞で長編アニメーション賞受賞。ベイマックスは和をベースにした近未来の街に住む主人公ヒロとその兄タダシ、そしてタダシが制作したケアロボット『ベイマックス』や友人たちと主人公が苦難を超え心を通わせながら新たな気持ちに気付いていく感動のストーリー。
監督:ドン・ホール/クリス・ウィリアムズ 声優:ライアン・ポッター/スコット・アツィット/T.J.ミラー/ジェイミー・チャン/デイモン・ウェイアンズ・Jr./ジェネシス・ロドリゲス/ダニエル・ヘニー/マーヤ・ルドルフ/ジェームズ・クロムウェル/アラン・テュディック/小泉孝太郎/菅野美穂/川島得愛/本城雄太郎 ほか

「キス&キル」のネタバレあらすじ結末

2015/01/18掲載

キス&キルの紹介:2010年アメリカ映画。お嬢様のジェン(キャサリン・ハイグル)は、旅行先の南フランスで理想の男性スペンサー(アシュトン・カッチャー)と出会い、あっという間に結婚してしまう。郊外で幸せな新婚生活をスタートさせるジェンだったが、スペンサーがすご腕の元CIAのエージェントだったため一緒に命を狙われ、銃を手にして戦うハメになってしまう。
監督:ロバート・ルケティック 出演:アシュトン・カッチャー(スペンサー・エイムス)、キャサリン・ハイグル(ジェン・コーンフェルド)、トム・セレック(ミスター・コーンフェルド)、キャサリン・オハラ(ミセス・コーンフェルド)、ほか

「心の旅」のネタバレあらすじ結末

2015/01/17掲載

心の旅の紹介:1991年アメリカ映画。タバコを買いに行ったヘンリーは、店に押し入った強盗にピストルで撃たれてしまう。一命は取りとめたものの、すべての記憶を失ってしまっていた。昨日まではNYを代表する有能な弁護士。だが今は、自分の家族の顔もわからず、文字も読めないリハビリに励む一人の男。妻や娘の献身的な愛を得て、家族はひとつに・・・。
監督:マイク・ニコルズ 出演:ハリソン・フォード(ヘンリー・ターナー)、アネット・ベニング(サラ・ターナー)、ビル・ナン(ブラッドレー)、ミッキー・アレン(レイチェル・ターナー)、ドナルド・モファット(チャーリー・キャメロン)、ほか

「暁の7人」のネタバレあらすじ結末

2015/01/16掲載

暁の7人の紹介:1975年アメリカ映画。1942年、連合軍は起死回生を狙ってヒトラーに継ぐNo.2、ハイドリッヒ占領軍最高司令官の暗殺を計画。即刻、解放軍兵士の中から勇気ある3人をプラハに送り込んだ。
監督:ルイス・ギルバート 出演:ティモシー・ボトムズ(ヤン・クビシュ)、アンソニー・アンドリュース(ヨゼフ・ガブチック)、マーティン・ショー(カレル・チューダ)、ジョス・アクランド(ヤナク)、ニコラ・パジェット(アンナ)、アントン・ディフリング(ラインハルト・ハイドリッヒ)、シリル・シャップス(ペトレク)、ほか

「食べて、祈って、恋をして」のネタバレあらすじ結末

2015/01/14掲載

食べて、祈って、恋をしての紹介:2010年アメリカ映画。エリザベス・ギルバートが自らの体験をつづった世界的ベストセラー「食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探究の書」を、ジュリア・ロバーツ主演で映画化。
監督:ライアン・マーフィー 出演:ジュリア・ロバーツ(リズ・ギルバート)、ハビエル・バルデム(フェリペ)、ジェームズ・フランコ、リチャード・ジェンキンス、ヴィオラ・デイヴィス、ビリー・クラダップ

「レ・ミゼラブル(1998年)」のネタバレあらすじ結末

2015/01/07掲載

レ・ミゼラブル(1998年)の紹介:1998年/アメリカ映画。1812年、19年の刑期を終えて仮出獄したジャン・バルジャンは、銀食器を盗んだ自分をかばってくれた司教との出会いから、改心を決意。9年後、ヴィゴーの工場主兼市長として、市民の尊敬を集める男に生まれ変わった。世界的に有名な小説、そして多くのミュージカルにもなっているレ・ミゼラブルを映画化した作品で、今作ではリーアム・ニーソンがバルジャンを演じています。本作はミュージカルで大人気の「レ・ミゼラブル」ですが、ミュージカルではない、ビレ・アウグスト監督による作品です。
監督:ビレ・アウグスト キャスト:リーアム・ニーソン ジェフリー・ラッシュ ユマ・サーマン クレア・デインズ

「戦場でワルツを」のネタバレあらすじ結末

2014/12/25掲載

2008年イスラエル/フランス/ドイツ/アメリカ合作映画 監督・脚本・製作: アリ・フォルマン 「戦場でワルツを」は、2009年、アカデミー賞外国英語賞を受賞した戦争ドキュメンタリー映画で、イスラム人監督アリ・フォルマンが自ら、イスラエル国防軍歩兵としての戦争体験を題材としている。

「96時間」のネタバレあらすじ結末

2014/12/22掲載

96時間の紹介:2008年アメリカ映画。『トランスポーター』シリーズなどのヒットメーカーであるリュック・ベッソンが製作を務めた本格アクションスリラー映画。96時間のタイムリミットで誘拐された娘を父親が警察の助けを借りずに一人で異国の敵からの奪還を試みる様子を描く。
監督: ピエール・モレル 製作・脚本: リュック・ベッソン  出演:リーアム・ニーソン(ブライアン・ミルズ)、マギー・グレイス(キム)、リーランド・オーサー(サム)、ジョン・グライス(ケイシー)ほか

「LIFE! / ライフ」のネタバレあらすじ結末

2014/12/19掲載

LIFE! / ライフの紹介:2013年アメリカ映画。ベン・スティラーが監督と主役を務めており、ジェームズ・サーバーの「虹を掴む男」が原作となっています。普通のサラリーマンである主人公が写真雑誌「LIFE」の編集部を舞台に、あるネガの喪失をきっかけに冒険の渦に巻き込まれていきます。
監督・製作: ベン・スティラー キャスト:ベン・スティラー(ウォルター・ミティ)、クリステン・ウィグ(シェリル・メルホフ)、アダム・スコット(テッド・ヘンドリックス)、キャスリン・ハーン(オデッサ・ミティ)、シャーリー・マクレーン(エドナ・ミティ)、ショーン・ペン(ショーン・オコンネル)、パットン・オズワルト(トッド)、ほか

「キャラメル」のネタバレあらすじ結末

2014/10/20掲載

映画キャラメルの紹介:2007年レバノン、フランス映画(日本公開:2009年)。レバノン・ベイルートのヘアエステが舞台で、女性たちの感情の交錯を皮肉やユーモアを交えてハートウォーミングに描く。アラブ地域の文化や女性観に縛られ、婚姻や不倫、セクシャルマイノリティや家族の問題などに悩むアラブ社会で生きる女性を描く。
監督:ナディーン・ラバキー 出演:ナディーン・ラバキー(ラヤール)、ヤスミン・アル=マスリー(ニスリン)、ジョアンナ・ムカルゼル(リマ)、ジゼル・アウワード(ジャマル)、シハーム・ハッダード(ローズ)

キーワードから探す

TOP↑