Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「花様年華」のネタバレあらすじ結末

2019/03/10掲載

花様年華(かようねんか)の紹介:2000年香港映画。「愛は、もうはじまっている。」と1960年代の香港を舞台に、大人の切ない恋をスタイリッシュ綴ったウォン・カーウァイ監督のラブロマンス映画です。主演は『HERO』(2002年)のトニー・レオンとマギー・チャン。トニー・レオンがカンヌ国際映画祭男優賞を受賞するなど、数々の賞を受賞した作品です。
監督:ウォン・カーウァイ 出演:トニー・レオン(チャウ)、マギー・チャン(チャン夫人)、スー・ピンラン(ピン)、レベッカ・パン(スエン夫人)、ライ・チン(ホウ社長)、ほか

「処刑ライダー」のネタバレあらすじ結末

2019/03/10掲載

処刑ライダー(別題:死神レーサー)の紹介:1986年アメリカ映画。凶悪な暴走族たちに車を奪われ殺された青年が復活し、漆黒のハイパー・スポーツカーで復讐していく姿を描いたハード・カー・アクション映画です。映画のキャッチコピーは「もう許せない!悪い奴はめざわりだ!!」
監督:マイク・マーヴィン 出演:チャーリー・シーン(ジェイク・ケシー)、ニック・カサヴェテス(パッカード・ウォルシュ)、シェリリン・フェン(ケリー・ジョンソン)、ランディ・クエイド(ルーミス保安官)、マシュー・バリー(ビリー・ハンキンス)、グリフィン・オニール(オギー)、ジェイミー・ボジアン(ガッターボーイ)、クリント・ハワード(ラヘッド)、ほか

「カオス(2005年)」のネタバレあらすじ結末

2019/03/09掲載

カオスの紹介:2005年カナダ,イギリス,アメリカ映画。ベテランと新米の刑事が張り巡らされた策略に挑むサスペンス・アクション。シアトルで銀行強盗が発生した。犯人グループの要求は、数ヶ月前に犯人もろとも人質を死なせ停職処分中の刑事、コナーズを現場に引きずり出すこと。新人のデッカーとコンビを組んだコナーズは指揮を執るが、犯人グループには逃げられてしまった。捜査を続けるコナーズ達の前に次々現れる謎。やがてそれらは驚愕の真実を暴くのだった。
監督:トニー・ジグリオ 出演者:ジェイソン・ステイサム(クエンティン・コナーズ)、ウェズリー・スナイプス(ローレンツ)、ライアン・フィリップ(シェーン・デッカー)、ジャスティン・ワデル(テディー・ギャロウェー刑事)、ヘンリー・ツェーニー(マーティン・ジェンキンス刑事)ほか

「この森で天使はバスを降りた」のネタバレあらすじ結末

2019/03/09掲載

この森で、天使はバスを降りたの紹介:1996年アメリカ映画。罪を背負った女性が小さな田舎町で人生をやり直すヒューマン・ドラマ。傷害致死の罪で5年服役していたパーシーは、ギリアドという小さな村に移り住む。住み込みで働く食堂の女主人が店を売りたがっていると知り、作文コンテストの開催を提案した。これをきっかけに排他的な村に徐々に馴染んでいくパーシー。しかし彼女は誰にも言えない悲しい秘密を抱えていた。1996年のサンダンス映画祭で観客賞を受賞。
監督:リー・デヴィッド・ズロトフ 出演者:アリソン・エリオット(パーシー・タルボット)、エレン・バースティン(ハナ・ファーガソン)、マーシャ・ゲイ・ハーデン(シェルビー・ゴダード)、ウィル・パットン(ネイハム・ゴダード)、キーラン・マローニー(ジョー・スパーリング)ほか

「マスカレードホテル」のネタバレあらすじ結末

2019/03/09掲載

マスカレード・ホテルの紹介:2018年日本映画。今や知らない人はいないと言っても過言ではない有名作家 東野圭吾の「マスカレード」シリーズ第1弾の実写映画化作品。連続殺人事件の新たな殺人現場になると断定されたホテル・コルテシア東京で、エリート刑事とホテル従業員が犯人を追いつめていく。刑事初挑戦の木村拓哉と長澤まさみがW主演を演じて話題になりました。二転三転する展開に驚きを隠せないでしょう。
監督:鈴木雅之 出演:木村拓哉(新田浩介)、長澤まさみ(山岸尚美)、小日向文世(能瀬)、梶原善(本宮)、泉澤祐希(関根)、東根作寿英(久我)、石川恋(川本)、濱田岳(宿泊客)、前田敦子(宿泊客)、笹野高史(宿泊客)、高嶋政宏(宿泊客)、菜々緒(宿泊客)、生瀬勝久(宿泊客)、宇梶剛士(宿泊客)、橋本マナミ(宿泊客)、田口浩正(宿泊客)、勝地涼(宿泊客)、松たか子(宿泊客)、鶴見辰吾(田倉)、篠井英介(尾崎)、石橋凌(藤木)、渡部篤郎(稲垣)、ほか

「コリーナ、コリーナ」のネタバレあらすじ結末

2019/03/09掲載

コリーナ、コリーナの紹介:1994年アメリカ映画。母を亡くして心を閉ざした幼い少女のもとへ、家政婦としてやってきた黒人女性。彼女は少女の心を開き、やがて人種の壁を超えてその父親と惹かれあうようになる。
監督:ジェシー・ネルソン 出演:ウーピー・ゴールドバーグ、レイ・リオッタ、ティナ・マジョリーノ、ドン・アメチー、ジョーン・キューザック、ウェンディ・クルーソン、エリカ・ヨーン、ルイス・マスティーロ、ほか

「フランソワの青春」のネタバレあらすじ結末

2019/03/09掲載

フランソワの青春の紹介:1969年フランス映画。両親を事故で亡くし、伯父夫婦に引き取られた孤独な少年が、伯父の友人の娘だという若く美しい娘に淡い恋心を抱くが、彼女がやってきたことには秘密があった。11歳の少年の、美しく寂しすぎる初恋…ジャクリーン・ビセット絶頂期の美貌が堪能できる激レア映画。
監督:ロバート・フリーマン 出演:ジャクリーン・ビセット 、ジャン=フランソワ・モーラン 、ピエール・ジメール 、ジゼール・パスカル 、マルク・ポレル、ほか

「名前のない女たち」のネタバレあらすじ結末

2019/03/09掲載

名前のない女たちの紹介:2010年日本映画。22歳の純子は内向的で冴えないOL。たまたま出てきた渋谷でセクシー女優にスカウトされ“桜沢ルル”としてデビューすることになる。コスプレ路線があたり人気女優となるが、ストーカーにより会社にもバレ、更に彼女自身にもその手が伸びようとしていた・・。セクシー女優の浮き沈みや母親との確執を経て純子が向かう先とは。原案はフリーライター中村淳彦によるノンフィクション書籍。
監督:佐藤寿保 出演:安井紀絵(小倉純子/桜沢ルル)、佐久間麻由(栗原綾乃)、新井浩文(裕也)、渡辺真紀子(小倉恵子)、鳥肌実(井川)、河合龍之介(隆)、草野イニ(三宅)、木口亜矢(青木リエ)、鎌田奈津美(春奈)、ほか

「DEATH FILE デスファイル」のネタバレあらすじ結末

2019/03/08掲載

DEATH FILEの紹介:2006年日本映画。刑事だった亡き父の意志を継ぐように刑事になった実奈は、女性連続殺人事件を山辺と共に追っていました。そして『DEATH FILE』というサイトにぶつかり、このサイトが事件に大きく関係していることを掴みました。DEATH FILEの管理人を探す二人ですが…という内容のオカルトサスペンス映画です。
監督:福田陽平 出演者:長澤奈央(唐沢実奈)、染谷将太(堀口)、秋山奈々、川原真琴、入船加澄実、ほか

「ダークウォッチ 戦慄の館」のネタバレあらすじ結末

2019/03/08掲載

ダークウォッチ 戦慄の館の紹介:2014年アメリカ映画。23歳の誕生日に母の遺産である古い屋敷を相続したニックが、妻と友人と一緒に屋敷を探しに行きます。地元の測量員たちと一緒になって屋敷を見つけますが、屋敷にはセスという男がいて、斧を持った男達を使って襲ってきました。やがて皆の行動がおかしくなり…というオカルトホラー映画です。
監督:ヴィクター・サルヴァ 出演者:ルーク・クラインタンク(ニック)、トビン・ベル(セス)、アンソニー・レイ・ペレス(ライアン)、アレックス・マッケンナ(イブ)ほか

「残像」のネタバレあらすじ結末

2019/03/08掲載

残像の紹介:2016年ポーランド映画。第二次世界大戦後、ポーランド史に残る画家ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキの体制に抗い闘い続けた生涯を描いています。ストゥシェミンスキが亡くなるまでの数年間に焦点を当てています。一方、芸術に全てを捧げるストゥシェミンスキの人間としての弱さも描いています。本作は「地下水道」「灰とダイヤモンド」など、数々の名作で知られる巨匠ワイダ監督の遺作となります。
監督:アンジェイ・ワイダ 出演者:ボグスワフ・リンダ(ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキ)、ゾフィア・ヴィクラシュ(ハンナ)、クシシュトフ・ピチェンスキ(ユリアン・プシボシ)、ブロニスワバ・ザマホフスカ(ニカ・ストゥシェミンスカ)、シモン・ボブロフスキ(ヴウォジミェシュ・ソコルスキ)ほか

「ティモシーの小さな奇跡」のネタバレあらすじ結末

2019/03/08掲載

ティモシーの小さな奇跡の紹介:2012年アメリカ映画。レオナルド・ディカプリオ主演映画『ギルバート・グレイプ』(1993年)の原作者であるピーター・ヘッジズが監督・脚本を手掛けた、ディズニーが贈るハートフルなファンタジー作品です。子供ができない夫婦の前にくるぶしから葉っぱの生えた不思議な少年が現れたことから始まる奇跡を描きます。
監督:ピーター・ヘッジズ 出演者:ジェニファー・ガーナー(シンディ・グリーン)、ジョエル・エドガートン(ジェームズ・“ジム”・グリーン)、CJ・アダムス(ティモシー・グリーン)、オデヤ・ラッシュ(ジョニ・ジェローム)、ショーレ・アグダシュルー(イヴェット・オナト)、ローズマリー・デウィット(ブレンダ・ベスト)、デヴィッド・モース(ジェームズ・グリーン・Sr)ほか

「ピープル・ライク・アス」のネタバレあらすじ結末

2019/03/08掲載

ピープル・ライク・アスの紹介:2012年アメリカ映画。ニューヨークで働くサムに父親の訃報が入り実家に戻ります。その後、弁護士から連絡が入り父親のセカンドバックを渡され中にはメモと大金が入っており、異母姉妹のフランキーが居る事を知らされます。フランキーとその息子ジョシュに金を渡す前にフランキー達の生活を探るため身分を隠して接近します。実家とは疎遠になっていたサム、出て行った父親を待ち続けながらも恨んでいたフランキー、家族のあり方と愛を実話を元に作られた作品です。
監督:アレックス・カーツマン 出演:クリス・パイン(サム・ハーパー)、エリザベス・バンクス(フランキー・デイヴィス)、オリヴィア・ワイルド(ハンナ)、マイケル・ホール・ダダリオ(ジョシュ・アラン・デイヴィス)、ミシェル・ファイファー(リリアン・ハーパー)、マーク・デュプラス(テッド)、フィリップ・ベイカー・ホール(アイク・ラファーティ)、ジョン・ファヴロー(リチャーズ)、サラ・モーネル(アマンダ医師) 他

「喜劇 大安旅行」のネタバレあらすじ結末

2019/03/08掲載

喜劇 大安旅行の紹介:1968年日本映画。国鉄紀勢本線の専務車掌の並木大作が乗る列車は、大安吉日ともなると新婚旅行客で満員でした。そんな並木大作と、周りの人たちの巻き起こすドタバタ劇の作品です。松竹喜劇の旅行シリーズ第一作です。
監督:瀬川昌治 出演者:フランキー堺(並木大作)、伴淳三郎(並木甚吉)、新珠三千代(丸山雪子)、笠置シヅ子(丸山うめ)、倍賞千恵子(新庄晴子)、生田悦子(丹羽美知子)、左とん平(戸川光子)、園佳也子(戸川圭子)ほか

「橋の上の娘」のネタバレあらすじ結末

2019/03/07掲載

橋の上の娘の紹介:1999年フランス映画。曲芸師ガボールはナイフ投げの的にするため自殺志願者を探していた。そしてツキのない女、アデルに出会う。的としての才能を開花させていく彼女には困った癖があった。
監督:パトリス・ルコント 出演:ヴァネッサ・パラディ、ダニエル・オートゥイユ、ニコラ・ドナト、イザベル・プティ=ジャック、ナターシャ・ソリニャック、イザベル・スパッド、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 547
TOP↑